よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ミニスタジオで小物撮影に挑戦

<<   作成日時 : 2006/05/31 22:33   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

 ブログをつけるようになったり、ネットオークションにと小物の写真を撮る頻度が多くなってきました。今までは床に置いたり、台所の人工大理石のキッチンカウンターのところで撮影していました。ところが床だと木目が写ったり、キッチンカウンターも色が白なのでストロボをたくと被写体もバックも白くなったり、色のバランスが悪かったりといまいちな写真が多く、その仕上がりに満足できないものでした。

 芸術的写真を撮ったり、カタログなど、仕事で使う写真ならともかく、ブログやネットオークションに使う写真にそこまで凝る必要があるか微妙ですが、撮影用ミニスタジオを買ってみることにしました。

 個人ベースですので値段がそこそこ、使い勝手が良さそうなのがコクヨエツミ


 コクヨのはケースから出して広げて組み立てる。慣れていれば3分弱で組み立て完了。シートはブルーとグレーのリバーシブル。オプションでブラックとピンクのシートも用意されています。ライトは100Wタイプと60Wタイプの2種類が用意されています。


 エツミのはひもを引っ張るだけで簡単にセットできるのが最大の特長。シートはブルーとグリーンのリバーシブル。オプションでホワイトとグレーのシートが用意されています。ライトも自由に動かせるので便利そうです。


 エツミの簡単にセッティングできるのはかなり魅力なのですが、スタジオがSサイズ、Mサイズ、Lサイズと3種類あるのにライトは1種類しかないので、SサイズやLサイズではライトが不便そうだったのと、やっぱりシートはブラックが欲しかったと、コクヨの方が開口部が広いこと、コクヨのライトが格好よかったことなどから、コクヨのを選びました。

 右の写真はMサイズです。フラッシュ使ったら反射してしまった。このスタジオを使えばこんな失敗もなくなるだろう。。。



 同じくコクヨのライト。本当は100Wタイプが欲しかったのですが、ちょっと高さが高くて使いたいところでは使えなかったので、60Wタイプを購入することにしました。



 スタジオの次は卓上三脚を用意します。私はKENKOのミニ三脚を選びました。

 三脚の選び方ですが

  1. 下の方から見上げる形で写真を撮る場合はどれだけ低い位置で固定できるか、逆に高さはどこまで高くできるかが1つのポイントです。
  2. 一眼レフをつけるかどうかです。一眼レフカメラのような大きなカメラをつける場合、卓上三脚では小さすぎてうまく固定できない場合があります。大きい三脚を使うのがベストです。ただ、被写体が小物で動かないようなものの場合、小さな三脚につけて、手で三脚を押さえることもできます。通常ならこんな撮影方法は邪道なんですが、ライトをつけて動かない被写体を撮るくらいなら、シャッター速度が何秒になるわけではないので、よっぽどのことがない限り全然ぶれません。
  3. 90度回転させて縦長の構図で撮影する場合、カメラの重さを支えきれない三脚がありますので注意しましょう。
  4. カメラの取り付けやすさ。カメラにもよりますがカードを下から取り出すようなカメラは、メモリーカードを取り出す時に三脚をはずさなければならないことがあります。このような時、三脚はずして、データ読み込んで、また撮影したくなった場合意外に面倒です。(もちろんケーブル経由でPCに取り込めば良いんですが。。。)


 ようやく撮影ですが、ポイントは以下のようになります。

  1. ライトはできれば2本用意し、上からと横から照らします。この時、影やてかり、白飛びなど気をつけましょう。
  2. 被写体やカメラが傾いていないことを確認する。傾いていてもあとでフォトショップなどで回転させればいいやと思っていても、実際回転させると意外に不自然な写真になることがあります。
  3. ストロボは通常は使いません。ですからライトを使っていても直接ではなく間接的な光なので、暗めです。ですから特にシャッターを押す瞬間にぶれる可能性があります。一眼レフならレリーズを、コンパクトデジカメならばセルフタイマー機能を使うと良いでしょう。
  4. 被写体との距離が近い場合、カメラによってはマクロモードにする必要があります。
  5. 三脚が使用できずやむを得ずストロボを使う場合もマクロモードにしましょう。マクロモードにするとストロボが弱めになりますので、被写体がてかったり、白飛びしたりすることが少なくなります。
  6. シートの折りムラに注意する。
  7. よく見たらシートにゴミが・・・。っていう失敗も時々やってしまいます。





人口大理石のキッチントップで撮影。ストロボもライトも使わない状態

シートの折ムラが出てしまって失敗。気をつけないと時々やってしまう失敗です。

まあ、そこそこに。。。
これだけ背景がきれいだと背景抜いて合成したい場合も楽になるかも。



 最後にスタジオを買ってから失敗したなぁというのを紹介します。
 1つめは、サイズ。大きい方が良いだろう!と思いMサイズを買いました。(Lサイズはさすがにでかすぎ) でも、これは大きな間違え。大きいスタジオで小さい被写体を撮ろうと思った場合、ライトと被写体が遠くなるので良い位置からライトから照らせなかったりします。やっぱり被写体にあわせたサイズのスタジオを買いましょう。
 2つめですが、開口部の形状。コクヨのはトンネル状になっているので、ライトを前から照らせないんです。それに対してエツミのはテントのように入り口の部分が少し下までカバーが降りてます。ですからやや前面からもライトで照らせるんです。(下図参照)


 皆さんも小物をとる時に参考にしてみてください。ただ、スタジオとライトで11,000円くらいってのは正直高いような気もしますね。






Click here to visit our sponsor

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小物の写真を綺麗に撮影・補正するテクニック
私はこのブログの他にもう一つ、「青色文具」という文房具の紹介サイトを持っています。 ...続きを見る
ナレッジエース
2007/06/21 21:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ウェブリブログの会員しかコメントかけないようになっていました。制限を解除しましたので、コメントよろしくお願いします。
かんりにん
2006/06/02 23:08
よしなしごとさん、こんばんは〜♪
すすすッ凄いですネ!!(@Д@;本格的ですよォォ♪
確かに、オークションで同じものを購入するにしても、画像が綺麗な方を選びますものネ♪ここまで拘るよしなしごとさんの気持ちも分りますよ〜w
光のあて方でこんなにも変わるものなんですネ〜♪よしなしごとさんが私の写真を撮ってくれたら、凄い美人に撮って貰えそうですよネ〜(*ノ▽ノ)w

URL
2006/06/03 20:44
凛さん、今日はコメントいっぱいありがとうございます。

> 私の写真を撮ってくれたら、凄い美人に撮って
> 貰えそうですよ
うーん。凛さんじゃ、ミニスタジオに入れないからなぁ。
身長が15cmくらいになってくれたら、撮りますよ(笑)
かんりにん
2006/06/04 00:18
こんにちは☆
めいちゃんのレタスを書いているyokomです。
5月31日付けの記事にTBをして下さってありがとうございました。
コメントができるようになって、やっと挨拶できます。
もれからもよろしくお願いします。

yokom
2006/06/28 19:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




ミニスタジオで小物撮影に挑戦 よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる