よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS eos kiss digital X ショールームにて見てきました。

<<   作成日時 : 2006/08/25 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 昨日の24日にeos Kiss Digital Xが発表になったので、早速見に行ってきました。

 今回大きく変わったのが、ダスト対策1010万画素CMOSセンサー2.5インチ大型液晶です。



 まずは、ダスト対策です。eos kiss Digital Xには4つのダスト対策がなされています。

 1つめは、ゴミ、ほこりが出にくい構造、素材を使っている。
 2つめは、CMOSセンサー表面に静電気がたまらないように帯電体策を施し、ほこりがCMOSセンサーに吸着しないようにしている。
 3つめは、電源を入れた時と電源を切った時に自動でCMOSセンサー(正確にはローパスフィルタ)を圧電素子で振動させてゴミを除去する機構を設けている。(セルフクリーニング機構)
 4つめは、撮影時にCMOSセンサー上に残っているゴミを別の撮像素子で撮影し、付属の専用ソフトでゴミがあった付近の画像を補正する機能「ダストデリート機能」がついた。(設定が必要です。RAWデータのみ有効です。)

 特にCMOSを揺らしてゴミをとるというのは他社にはありましたが、キヤノンでは初の機能。もちろん電源入れた時にクリーニングが原因でシャッターチャンスを逃したというのでは意味がありません。クリーニング機能中もシャッターを半押しすればクリーニングは中止され、すぐに撮影できる状態になります。ちなみに僕の個人的な意見ですが、レンズを交換した時にもこの機能有効になればいいのにと思うのに・・・。

 電子シャッターで、レンズ交換のないコンパクトデジカメではセンサーが汚れることはまずないのですが、メカニカルなシャッターを使用し、レンズ交換を行い、シャッター速度を遅くできる一眼レフカメラはゴミが入りやすくなります。特にレンズ交換は手早くやる必要がありますが、入門機では慣れていない人がさわる場合もあり、特にゴミを気にする必要があります。特にCMOSセンサーにくっついてエアーで取り除けなきような場合は、メーカーでのメンテナンスが必要であったので、これらの機能は嬉しいと思います。

 ただし、ゴミが入らないように気をつけたり、レンズなどをいつもきれいにしておく事が一番有効であるので、無精ができるという機能ではありません。あくまでも補助的な機能です。


 次は、1010万画素CMOSセンサー。kiss Digital Nに800万画素から、一気にeos 30Dの820万画素を抜いて1,010万画素になっています。今年の春eos 30Dが発表になった時にeos 20Dと同じ820万画素であったため、ショールームの説明員は820万画素あれば中級クラスでは充分で、あえてコストを高くしてそれ以上にする必要はないと判断し820万画素にしたと説明していました。ところが!です。今回の入門機に1,010万画素CMOSを投入してきました。ショールームの説明員も、今回はどう説明していいのか迷っておられました。
 私個人的な考えですが、入門機を売る事によってレンズの購入も見込まれる事、さらに一眼レフカメラは一度購入するとレンズの関係からずっと同じメーカーを使い続ける事が多いので、少々利益率が悪くても入門機を売りたいというのがあるのだと思います。また、中級機(eos 30D)を購入する人はある程度一眼レフカメラを使い慣れている人で、レンズもある程度持っている人がメインだと思います。そのような人はあまりトリミングはしないのだと思います。一方入門機を使う人はレンズはせいぜい1本か2本しか持たない人が多いと思います。そのような人はちょうど良い画角のレンズを持っておらず、トリミングする事もあるかと思います。トリミングをする場合は少しでも画素数が多い方が有利です。
 しかし同じAPS-CというCMOSのサイズで画素数を多くすれば1画素あたりの光の量が少なくなります。中級機では1画素あたりのダイナミックレンジを多くするために1画素あたりの光の量を多くしたい。ですから820万画素あれば充分で、それ以上画素数を増やしてダイナミックレンジが低くなるよりは、820万画素でダイナミックレンジを維持させた方がきれいな写真が撮れるのだと思います。



 次は、液晶。eoss kiss digital Nは、1.8型(11.5万画素)から、2.5型(23万画素)とeos 30Dと同じになりました。(赤い部分が液晶部分) kiss digital Nでは画像を確認する液晶の上にモノクロの液晶でシャッター速度や絞りなどのデータが表示されていましたが、その部分が今回なくなりました。

 そのかわり2.5型の液晶画面にこれらのデータが表示されるようになりました。

 ただしファインダーを覗くと液晶がまぶしいので液晶が自動的に消灯します。これをディスプレイオフセンサーと言いますが、設定でこの機能を切る事も可能です。この場合はファインダーを覗いても液晶が点灯しっぱなしです。

 通常一眼デジカメは液晶画面は消えていて、撮影した直後と画像再生の時しか表示されなかったのですが、eos Kiss Digital Xでは、このような仕様になったので、長い間液晶が点灯している状態になります。(DISPボタンを押して消すか、オートパワーオフで電源が切れるか、ディスプレイオフセンサーで消えるか、焼き付け防止で30分経つかしないと消えない。))ですから、バッテリーの持ちが悪くなっています。撮影可能枚数はkiss Digital Nで約400枚であるが、同じバッテリーを使っていてもeos Kiss Digital Xは約360枚。(50%ストロボ撮影、23度時) この撮影枚数の測定はCIPA規格で、30秒ごとに1枚撮影します。2枚に1枚はストロボを発光します。10枚撮影するごとに1度電源を切ります。このような計測方法(詳しくはこちら(PDF)。)です。ですから撮影間隔が長いほど、液晶の消費電力が影響してこの撮影枚数に到達しなくなります。こまめに電源orディスプレイを切った方がよいようです。また、CMOSのクリーニングも電力を消費しますので、こまめに電源を入れたり切ったりするのもバッテリーの持ちを悪くさせそうです。

 ところで、このディスプレイオフセンサーですが、水中用のハウジングに入れるとどうでしょうか。。。実は背面にアクリルがあると顔が近づいたと判断し、ディスプレイオフセンサーが働いてディスプレイが切れます。水中用ハウジングに入れる場合は、ディスプレイオフセンサー機能を切る必要があります。すると常にディスプレイがつきっぱなしになるので、覗いた時にまぶしいでしょう。ディスプレイをつけたり切ったりと手間なので、素早い設定がしにくい水中で使うには、ちょっと不便なカメラかもしれません。


 他に、kiss Digital Nから変わった点として、ピクチャースタイルに対応しました。ピクチャースタイルについてはこちらを見てください。その他、オートフォーカスの測距点が7点からeos 30Dと同じ9点になった事、内部メモリーが増え、連続撮影可能枚数が約14枚から約27枚と増えた事など、ヒストグラムがeos 30Dと同様、輝度だけでなくRGBに対応した事などが上げられます。

 大きさはkiss Digital Nと比べてほとんど同じ(1mm奥行きが大きくなった)ですが、重さが510gと若干重くなりました。また、持った感じkiss Digital Nよりもやや高級感のある仕上がりになっているような気がします。

 kiss Digital Neos 30Dとの比較はこちら

 入門機には便利な簡単撮影ゾーンで「ポートレート」「風景」「クローズアップ」「スポーツ」「夜景ポートレート」「ストロボ非発光」モードで、ISO感度や絞り、シャッター速度からピクチャースタイルまで自動で設定してくれる機能や、高感度ISO1600で手ぶれもしにくい、しかも好評のキヤノン独自のノイズキャンセルでISO800でもノイズがそれほど目立ちません。動いている被写体にもフォーカスがあうAIサーボ、プリントもパソコンレスでできるPictBridge対応など、便利な機能はもちろん搭載されています。

 操作性ですが、ほとんどkiss Digital Nと変わりません。キヤノンのカメラを使っている人ならば、すんなり入り込めると思いますし、初めての人でも大丈夫だと思います。シャッターの反動も小さく、力のないお子さんでも平気だと思います。

 値段も2006年8月25日現在で、eos kiss digital Nが、ボディのみで79,800円。eos kiss digital Xが、同じくボディのみで89,800円。eos 30Dが出た時はマイナーバージョンアップでしたが、今回のeos Kiss Digital Xは、メジャーバージョンアップと言っていいと思います。これだけの機能でこの値段ならば買いだと思います。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
dgfreak.comのさらだです。
すみません、トラックバックをいただいていたのに、迷惑トラックバックに分類されていたため気付かず、あわてて解除しておきました。
EOS Kiss digital Xの丁寧な紹介記事、興味深く拝見させていただきました。
さらだ
URL
2006/08/28 10:27
さらださん、コメントありがとうございます。
この手の記事はスパムに分類される設定になっている場合も多いですよね。お手数をおかけしてすみません。
今後ともよろしくです。
かんりにん
2006/08/28 23:20
おはようございます!!

トラバ頂いてたのにお返事遅くなり申し訳御座いません。
記事遅くなりましたが、読ませて頂きました。
詳しい説明が書かれていて勉強になりました!
今後とも宜しくお願いします!!
MK
URL
2006/09/10 09:55
MKさん、コメントありがとうございます。
とうとう発売されましたね。次の機種も楽しみです。
かんりにん
2006/09/10 13:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




eos kiss digital X ショールームにて見てきました。 よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる