よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ゲド戦記」見てきました

<<   作成日時 : 2006/08/02 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 130 / コメント 29

 宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗初監督作品ゲド戦記を見てきました。



●ストーリー(ネタバレあり)
 西海域の果てに棲む竜が突如人間の住む世界に現れて共食いを始めた。それに呼応するように各地で作物が枯れ、家畜は死んでしまい、農民は土地を捨てる。魔法使いは言葉を忘れる。異変が起こりはじめた世界“アースシー”。世界の均衡が崩れ始めていた。
 異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカ(菅原文太)は、その途中で影に操られ父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレン(岡田准一)と出会った。心に闇を持つアレンは得体の知れない影におびえていた。2人はホートタウンという都城につく。そこでアレンは、人狩り・ウサギ(香川照之)に襲われる少女・テルー(手嶌葵)を助ける。その場は切り抜けられたがアレンが油断している間にアレンはやられてしまう。
 ハイタカに救出されるもののアレンは怪我をしてしまう。そこでハイタカの昔なじみ・テナー(風吹ジュン)の家へ身を寄せる。そこでテナーと共に住んでいたテルーと再会する。しかし心に闇を持ち自暴自棄となるアレンを嫌悪するのだった…。
 ハイタカはさらわれる時になくしたアレンの剣を探しに町に行く。そこで均衡を崩して世界に災いをもたらすその背景に、クモ(田中裕子)がいる事を知る。クモはかつてハイタカと戦い破れた大魔法使いだった。
 クモの手下のウサギはアレンとテナーをさらいハイタカに復習すべく罠を張る。そしてハイタカはその罠にかかってしまう。テルーは、クモに心を奪われてしまったアレンに助けを求めるが・・・。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 スタジオジブリ作品なので、もう少し子供向けなのかと思ったら、思いっきり大人向けの作品なんですね。台詞が哲学的で子供にはわかりづらいのでは?との問いに、宮崎吾朗監督は「原作を尊重し、せりふをそのまま生かしました。」と答えています。
 しきりに「バランスが大事」と言っていますが、現世界では環境問題に当てはめるという事か。「命を大切にしない奴は嫌いだ。人間は死ぬから命を大切にできるんだ」は最近の若者達へのメッセージか。ちょっと説教じみた感じの映画でした。

 さてさて映画が始まってまず思ったのは音楽がきれい。今までスタジオジブリ作品は久石譲さんが担当する事が多かったのですが、寺嶋民哉さんが担当。正直この人は知らなかったのですが、久石譲さんとは雰囲気の違う音楽が心地よかったです。

 絵を見ると、そう思った人はたくさんいると思うのですが、風の谷のナウシカみたい。特にクモとウサギは風の谷のナウシカのクシャナ殿下とクロトワに見えるし(声優は違いますが何となく声も似て聞こえてくるから不思議)、ハイタカはユパ様に見えてくる。まあ、だからどうしたという感じですが。

 見終わってからの感想は、宮崎吾朗監督は何がしたかったのか?と言う事。宮崎駿監督作品と、大きな差はない。「監督になったら親父のここが嫌いだからこう作りたい!」とかってのがあって制作に挑まなかったのか?同じ風に作るんだったら宮崎吾朗が作る必要はないんじゃないかと思ったのです。
 それは今日になって解決しました。ソウルでの会見で、「今回の作品で父とは違う道を選んだ自分がアニメの世界に戻りました。これが初めての作品なので、父との差別化を図ったりはしませんでした。ただ、次の作品からは父より何倍も優れた作品を作りたいと思っています」とインタビューに答えています。初作品だから差別化しなかったのは理由になっていないような気がしますが、まあ、次回作以降から「吾朗らしさ」が出てくるのを期待します。

 ところで、アレンですが国に帰ると言っていますが、国王を殺した身ですぞ。帰ったらどんな理由があるにせよ、帰ったら大変な事になるんじゃないの?一番最後僕はかなり心配しながら見ていたのですが、実際に帰るところまでやっていなかったので、どうなる事か。。。
 そう言えば「ゲド戦記」なのにゲドってほとんど戦ってないよね。あっという間に罠にはまっちゃうし。。。大賢人なんだからもう少しがんばらなきゃね。



オススメ度:●●●○○
まあ、いろいろ言いたい事はあるけど、初監督作品という事で大目に見ましょう






  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(130件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゲド戦記・・・・・評価額1050円
「指輪物語」「ナルニア国物語」に並ぶ三大古典ファンタジーの一つ、アシューラ・K・ル=グィン原作の「ゲド戦記」シリーズ初の映画化・・・・ではない。 一応、原作の三巻「さいはての島へ」をベースとしてはいるが、はっきり& ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2006/08/03 01:40
ゲド戦記
 story竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、世界の均衡が崩れはじめた多島海世界アースシーで、エンラッド王子アレンは父王を刺して国を飛び出した。その旅の途中、ゲド(ハイタカ)と出会う。2人は共に旅をし、ハイタカの昔なじみ・テナーの家へ身を寄せる。... ...続きを見る
playtcafe*cinema*art...
2006/08/03 02:05
『ゲド戦記』
『ゲド戦記』試写。ジブリ作品の『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』は好きですが、それ以降の作品からはあまり期待しないように。でも、どんなストーリーでも楽しめるシーンが必ずあるので、その期待値は毎回高くなる一方でもあります。 今回の『ゲ.. ...続きを見る
試写会帰りに
2006/08/03 02:21
『ゲド戦記』鑑賞!
『ゲド戦記』鑑賞レビュー♪ヽ(´・ω・`)ノ ...続きを見る
☆★☆風景写真blog☆★☆healin...
2006/08/03 05:23
「ゲド戦記」
7月29日(土)新宿アカデミーにて世界三大ファンタジー(他のふたつは「指輪物語」と「ナルニア国物語」)のひとつをスタジオジブリが映画化した話題作。興収100億円を狙う今夏最大のアニメ大作です。宣伝も相当な額をかけているのでしょう。テレビのCMスポットを... ...続きを見る
不良中年・天国と地獄
2006/08/03 08:16
ゲド戦記「影との戦い」
朝っぱらから見てきました「ゲド戦記」監督宮崎吾朗声の出演岡田准一、手嶌葵、田中裕子、小林薫、夏川結衣内容多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。やがて人々が魔... ...続きを見る
だめ男のだめ日記
2006/08/03 09:54
「ゲド戦記」この映画を見てタイトルを理解するのは難しい
「ゲド戦記」★★★ 岡田准一、手嶌葵 声の出演 宮崎吾朗監督、スタジオジブリ作品、2006年 ...続きを見る
soramove
2006/08/03 10:25
『ゲド戦記』
世界の均衡(バランス)が崩れている。 セルアニメとCGアニメのバランスが。 ...続きを見る
ねこのひたい〜絵日記室
2006/08/03 11:54
ゲド戦記
試写会があたったので瑠璃さんと見に行ってきました。。。 感想ですか・・・・ ねむたかったぁ~って言ったら「寝てたじゃん」って。。。 はい、寝てました(- −;) ストーリーがスローテンポ。どんでん返しもないサプライズもない。 途中寝ててもしっかりお話はわかり.. ...続きを見る
ちわわぱらだいす
2006/08/03 17:17
ゲド戦記
本日、公開作品です。 映画館は人で溢れ、ロビーは冷房もきかない状態。 書店でもゲドの本が山積みされ、ラルーの唄がエンドレスでかかっていました。今日はゲド戦記にハイジャックされたようです。 誰もが、ジブリの作品という事で期待して待ち望んだ公開日だったと思... ...続きを見る
愛猫レオンと年間170本映画生活日記
2006/08/03 21:41
ゲド戦記 -Tales from Earthsea-
 ことばは沈黙に  光は闇に  生は死の中にこそあるものなれ  飛翔せるタカの  虚空にこそ輝ける如くに 観てきました。MOVIX仙台だったんですが、ゲド戦記のポスターに宮崎吾朗監督と鈴木プロデューサーのサインと& ...続きを見る
*うわのそらブログ*
2006/08/03 22:01
『ゲド戦記』2006・7・30に観ました
?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるようになる。災いの源を探る旅に出てる大賢人ゲド(通称ハイタカ)(菅原文太)は、道中で国 ...続きを見る
映画と秋葉原とネット小遣いと日記
2006/08/03 22:22
『ゲド戦記』2006・7・30に観ました
?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるようになる。災いの源を探る旅に出てる大賢人ゲド(通称ハイタカ)(菅原文太)は、道中で国 ...続きを見る
映画と秋葉原とネット小遣いと日記
2006/08/03 22:27
「ゲド戦記」を見に行きました。
まずビックリしたのが、ガラガラだったこと!びっくりです・・・。MOVIXの一番大きなシアター(518席)での上映だったのに多分50人くらい・・・(~_~;)いくら平日のお昼の回だとは言え、これはないでしょう・・・。まだ公開して1週間たってないし、夏休み中ですよ!確かにネット上で見る評価は、どれもびっくりするくらい酷評なんですよね。見ての感想は、まず画がかなり初期のジブリみたい。未来少年コナンとか ...続きを見る
ランチママの徒然日記
2006/08/03 23:26
ゲド戦記
今回のゲド戦記は・・・う〜ん、、 小さい子供向けの作品ではないです。 世間の評価もかなり厳しいと予想できます。 でも荒削りだけどイイものも感じました。 ...続きを見る
色即是空日記+α
2006/08/03 23:40
『ゲド戦記』
一応は原作を途中まで読んだんですがアレンが出てくるところはまだでした。なので ほとんどまっしろけ状態で行きました〜。感想を。初の吾朗氏の監督作品と言うことですがやはり路線がちょっと違うなぁという素直な感想です。世間の評としては 高評価もあり、酷評もあり... ...続きを見る
francois'sgarden2
2006/08/04 00:03
「ゲド戦記」観て来ました
てなわけで。ジブリとファンタジーをこよなく愛する相方が、「たとえ監督が宮崎Jr.で、どれほど酷評されようとも、観に行くんだ!」と、公開を心待ちにしていた映画「ゲド戦記」を観て来ました。ゲド戦記 公式サイト公開2日目。無計画なわたし達にしては、稀に観る俊敏... ...続きを見る
ヨカッタ探し
2006/08/04 00:11
ゲド戦記/TALES from EARTHSEA
「見えぬものこそ。」 監督:宮崎吾朗 原作:アーシュラ・K.ル=グウィン 脚本:宮崎吾朗、丹羽圭子 出演:岡田准一、手蔦葵、田中裕子、香川照之、風吹ジュン、内藤剛志、倍賞美津子、夏川結衣、小林薫、菅原文太、他 公式HP: http://www.ghibli.jp/ged/ 鑑賞:TOHO Cinemas Kawasaki ■ストーリー 世界の均衡が崩れている・・・。大賢人ゲドはその災いの元を探す旅の中で、エンラッドの王子アレンと出会う。アレンの中に、かつての自分と同じ心の影の部分... ...続きを見る
きょうのあしあと
2006/08/04 00:14
ゲド戦記と消費社会
◆【ゲド戦記】⇒Yahoo!ムービーとにもかくにも、あまりに不評なので可愛そうになってしまうが、今更しょうがあるまい。封切前から予想できた事態で「やっぱりね」と簡単に片付ける気分には正直なれない。この辛い体験もある種、世代交代による通過儀礼なのかもしれない、... ...続きを見る
RentedHouse
2006/08/04 00:17
ゲド戦記
家族連れで見に来ることが予想される作品で、父殺しの逸話をいれたことは勇気ある決断だったと思う(ただし、この逸話を宮崎父子の対立といったワイドショー的なネタとからめてプロデューサーが話題にするのはどうかと思うが& ...続きを見る
Kinetic Vision
2006/08/04 00:17
ゲド戦記
見えぬものこそ。 2006年 日本 監督 宮崎吾朗 声の出演 岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫 /夏川結衣 /香川照之/内藤剛志/倍賞美津子/風吹ジュン/菅原文太 原作 アーシュラ・K・ル=グウィン ...続きを見る
レンタルだけど映画好き 
2006/08/04 00:22
ゲド戦記
♪夕闇迫る雲の上、 いつも一羽で飛んでいる〜 鷹はきっ〜と悲しかろ・・・♪ 印象に残ったには、 このテルーの歌と 鮮やかな映像くらいかな〜〜〜。 ...続きを見る
ルナのシネマ缶
2006/08/04 00:35
ゲド戦記(評価:△)
【監督】宮崎吾郎 【声の出演】岡田准一/手嶌葵/田中裕子/香川照之/風吹ジュン/菅原文太 【公開日】2006/7.29 【製作】日本 ...続きを見る
シネマをぶった斬りっ!!
2006/08/04 00:39
受け継がれしもの「ゲド戦記」
「ゲド戦記」もしくは「海辺のカフカ」? (これは映画を見ている途中、ふっと思った ...続きを見る
映画雑記・COLOR of CINEMA
2006/08/04 00:42
『ゲド戦記』・試写会
今日は某雑誌で当選した 『ゲド戦記』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 本当 ...続きを見る
しましまシネマライフ!
2006/08/04 00:50
「 ゲド戦記 」
監督 : 宮崎吾朗 出演 : 岡田准一 / 手嶌葵 / 菅原文太      公式HP:http://www.ghibli.jp/ 原作は、ル=グウィン箸 「ゲド戦記」 清水真砂子翻訳 「指輪物語」や「ナルニア国物語」と並び称されるファンタジー文学の傑作とのこと。 何度となくジブ... ...続きを見る
MoonDreamWorks
2006/08/04 00:53
感想/ゲド戦記(試写)
きたよきたよジブリ! 駿の息子・宮崎吾朗が監督でナニかと超話題。周りの映画ライターは低評価出してたけど、どうなの『ゲド戦記』? 7月29日公開。 ゲド戦記 ...続きを見る
APRIL FOOLS
2006/08/04 00:56
ゲド戦記
2006年 [声の出演] 岡田准一、手島葵、菅原文太ほか ...続きを見る
ぺったろへげたの奮闘記
2006/08/04 00:59
『ゲド戦記』映画レビュー/苦痛な映画/物語の世界31
ゲド戦記酷評続く/Web2.0的映画レビュー&上映システム/物語の世界30から続きます。今回、僕は何とかこの作品『ゲド戦記』のいい所を探そうとしました。で、結果のレビューがこれです。席を立ちたくなる苦痛開始10分ぐらいで席をたちたくなりました。見るのが苦痛... ...続きを見る
新世紀の生き方、物語の世界
2006/08/04 01:17
映画「ゲド戦記」
公開初日,10時からの回に合わせて,長女と見に行く。そう娘の言う「カントク作品」。車内ではCDに合わせて娘は挿入歌の「テルーの唄」を歌う。私が歌おうとすると「女の子の歌だよ。お父さんは歌っちゃダメ。」って。「ゲド見に行くからね。」っていうと,「ゲドじゃない... ...続きを見る
まぎぃ別館2
2006/08/04 02:51
ゲド戦記:原作脳内ダイジェスト
最近頭の中がゲド戦記な、謎のPCメンテ員です(意味不明前にも書きましたが、ゲド戦記は大好きな物語だったのですが、いかんせん古の時代の記憶なので、それこそ映画冒頭に出てきた風の司のごとく、「物語を確かに読んでいたのに、思い出せないのです」無性にゲド戦記を... ...続きを見る
マウスの単位は1ミッキー
2006/08/04 03:13
劇場鑑賞「ゲド戦記」
「ゲド戦記」を鑑賞してきました「指輪物語」「ナルニア国物語」と並び、世界3大ファンタジーと称されるアーシュラ・K.ル=グウィンの児童文学を映画化。スタジオジブリ20年越しの企画を、宮崎駿の息子で本作がデビュー作となる吾朗が実現させた。全6巻からなる壮大... ...続きを見る
日々“是”精進!
2006/08/04 04:08
ゲド戦記
 基本として無敵の私。ボストンでも誰でもめったぎり・・・・でも二つ怖いものがあ ...続きを見る
eclipse的な独り言
2006/08/04 05:18
「ゲド戦記」(ネタバレあり)
ただただ、静かな映画でした。「ゲド戦記」をセカイ系というフレームで再構築したような物語。『新世紀エヴァンゲリオン』で一躍有名になった「セカイ系」という言葉があります。キミとボクの閉ざされた世界。彼らの個人的な物語が、世界の命運に直結する。主人公達の意思... ...続きを見る
読書とジャンプ
2006/08/04 06:11
ゲド戦記の試写会見てきたよ〜!(ネタバレは反転式)
ゲド戦記の試写会に行って来たよーっ! ネタバレは反転式なので安心して見てね&#9825; ...続きを見る
。*。:゜☆キュートに生きちゃおうっ☆゜...
2006/08/04 08:36
『ゲド戦記』★その1
残念でした。これは『ゲド戦記』とはいえない。ヤフーの映画評を読んでも酷評が多い。さすがに私もこれは駄作としかいえない。これだったら、『ブレイブストーリー』の方が面白かった。『ゲド戦記』が持つ良さも独特の雰囲気もほとんど描けていない。がっかりです。次々と... ...続きを見る
ふつうの生活 ふつうのパラダイス
2006/08/04 10:10
『ゲド戦記』★その2
その1から続きます。ところで、この中に出て来た『シュナの旅』ですが、これは、宮崎駿の絵物語で、しかも、かなりマイナーなものなので、どれくらいのひとが知っているでしょうか。私はこの作品がアニメにならないものかなーとずっと思っていました。ただ、ものすごく暗... ...続きを見る
ふつうの生活 ふつうのパラダイス
2006/08/04 10:11
映画『ゲド戦記』(2006年日本)
宮崎駿の実の息子宮崎吾朗の監督第一作。アーシュラ・K・ル=グウィン「ゲド戦記」シリーズを映像化したファンタジー・アニメ超大作。映画の日だったので、友達が見たいっていうことで観てきました。あんまり興味なかったし期待してなかったけど、やっぱりイマイチだった... ...続きを見る
-bluescreenlife-
2006/08/04 12:24
ゲド戦記
「ち、ちょっと・・・気分が・・・ゲド」ε=( ̄ω ̄υ) ...続きを見る
UkiUkiれいんぼーデイ
2006/08/04 14:12
『ゲド戦記』(2006)
スタジオジブリファンの人は安心して良いでしょう。立派な後継者の誕生です。例えて言えば、山田康雄亡き後、栗田貫一が『ルパン三世』を引き継いでいるようなものです。 ついでに原作が、『指輪物語』や『ナルニア国ものがたり』と並んで<世界三大ファンタジー>と称されている程の作品だということも忘れた方が良いでしょうね。「ジブリだ〜い好き♪」という人、「ジブリ作品に駄作などあり得ない」と信じている人は劇場に足を運んで下さい。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2006/08/04 17:18
「ゲド戦記」みた。
評判が芳しくないという話はちらほらと聞いていた。でもそれはそれ。自分で観ないことにはなんともね。原作は未読。そして原案が宮崎駿の『シュナの旅』だということをはじめて知った。最初に登場する文章が、この作品のテーマだとわかっていれば、理解に苦 ...続きを見る
たいむのひとりごと
2006/08/04 19:46
ゲド戦記
公開日 2006/7/29監督:宮崎吾朗声の出演:岡田准一/手嶌葵/菅原文太/田中裕子/小林薫/夏川結衣/香川照之 他【あらすじ】多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。や... ...続きを見る
Good job M
2006/08/05 00:00
ゲド戦記/感想
2006年07月29日公開のアニメ映画「ゲド戦記」を見ました。 ...続きを見る
映画★特典付き前売り券情報局
2006/08/05 01:18
ゲド戦記を見た
ゲド戦記を見た☆映画見てない人は、読まないほうが、いいよ。。ちょっと、ありゃ、怖かったよ。。。最後のほうの、悪役が変形しちゃうとこ…。なんか、見たことあるような、図だったんだけど、…?なんだろう?マンガ?アニメかな?思い出せない…。よくあるパターンなの... ...続きを見る
ぴよ39日記
2006/08/05 09:34
ゲド戦記
「ゲド戦記」 宮崎吾朗 2006 ネタバレあります。感想を一言で言うと、「教科書 ...続きを見る
しろすけのつれづれ
2006/08/05 11:07
ゲド戦記を観て来たよ♪
こんばんは(*^^)v今日も。。相変らず。。あつかったぁみなさん。。ばててない?今日は。。めちゃくちゃ。。忙しかった・・。今日は。。月末で忙しいのは分かってたけど・・ダーリンと。。とんかつ食べてきた(*^。^*)おなかいっぱいです♪では・・今日も・・遅いけど・・い... ...続きを見る
あなたとぽじてぃぶ
2006/08/05 11:17
ゲド戦記
アサヒ飲料で「ゲド戦記」の試写会が当たったので、9歳の長男と行って来ました。 画像がとても美しいので、絵画を習っている長男や、油絵を習い始めた私にも勉強になるのではないかな、と思ったからです。 ...続きを見る
まぁず、なにやってんだか
2006/08/05 18:22
「ゲド戦記」45点。
ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック ...続きを見る
mountain77 D.Reverse...
2006/08/05 22:49
『ゲド戦記』
「心を何に喩えましょう」 ...続きを見る
Simply Wonderful ‐Ci...
2006/08/06 00:05
ゲド戦記
見終わった後、wikiで調べてみたところ、このゲド戦記(原題はEARTHSEA)は世界三大ファンタジーと言われているらしく、他の二つが指輪物語(Lord Of The Ring)とナルニア国物語。なるほど。 ...続きを見る
バイヤーKENの全力疾走「商売日記」
2006/08/06 20:47
ゲド戦記(TALES from EARTHSEA)
●スタジオジブリの「悲劇」を露呈しつつも、ブランド力を知らしめた作品●名前・言葉・言霊の題材が興味深い。主人公の成長を意識的に描こうとする姿勢がいい。『「ゲド戦記」で露呈か!ジブリの悲劇!?宮崎駿作品群の「ムラ」のワケ』とは!? ...続きを見る
わかりやすさとストーリー
2006/08/06 23:20
ゲド戦記
さて、ここで書いた、日曜日に観てきた映画というのが、この「ゲド戦記」。 ...続きを見る
欧風
2006/08/06 23:32
ゲド戦記 観てきました〜
ゲド戦記 ...続きを見る
玉露 いかがです?
2006/08/06 23:41
ゲド戦記感想(ネタバレあり)
まずは、映画館の感想からw &amp;nbsp; 400席以上あるスクリーンでしたが、入りは30名ぐらいでした。 でもまぁ、こちらの映画館では私が見ている映画の中でも入っている方です。 ただ、今回はDLPシネマプロジェクターでの上映だったので、画質は無茶苦茶綺麗でした。 .. ...続きを見る
生きているって素晴らしい!
2006/08/06 23:43
『ゲド戦記』という物語
映画『ゲド戦記』といえば、今夏の「ジブリ映画」なのだが、制作決定となってから懸念の声が強かった、それが大当たりしたかのように、現在、ネットでは酷評が続いているようだ。 それは、ずぶの素人である二代目と、父親宮崎駿、そしてジブリという世界のブランドとの落差に ...続きを見る
手当たり次第の本棚
2006/08/06 23:43
『ゲド戦記』 (初鑑賞64本目・劇場)
☆☆−−− (5段階評価で 2) 7月29日(土) 109シネマズHAT神戸シアター9にて 16:30の回を鑑賞。 私にとっては 初のDLP方式での上映作品でした☆ ...続きを見る
みはいる・BのB
2006/08/07 00:18
『ゲド戦記』若き指揮者と熟練のオーケストラが紡ぎ出す新たなハ...
『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということは、なんと説得力があるのだろうか。今の自称映画マニアは理屈っぽく醒めすぎているのではないかと思うことしばしば。見えぬものこそ、というコピーは深い。 ...続きを見る
よろ川長TOMのオススメ座CINEMA
2006/08/07 00:34
ゲド戦記
映画『ゲド戦記』を観た。 この夏話題の宮崎吾朗初監督のジブリアニメ。原作はアーシュラ・K・ル=グウィンの「ゲド戦記」シリーズだが、エンドロールには原案として宮崎駿の「シュナの旅」がクレジットされている。原作を読んでないし、「シュナの旅」も昔読んだだけなのでこれらの関係は不明。もしかすると、オリジナル色が強いかも。ストーリーは省略するが、作品としては想定内だがイマイチだった。39歳の宮崎監督には少し荷が重かったようだ。 アレン、テルーそしてゲドの三人の主人公が、それぞれのドラマを展開する。誰が主役... ...続きを見る
あ〜るの日記@ココログ
2006/08/07 02:18
「ゲド戦記」レビュー
ジブリアニメ映画 「ゲド戦記」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主なキャラクター(声優):アレン(岡田准一)、テルー(手嶌葵)、クモ(田中裕子)、ウサギ(香川照之)、テナー(風吹ジュン)、ハジア売り(内藤剛志)、女主人(倍賞美津子)、王.. ...続きを見る
映画レビュー トラックバックセンター
2006/08/07 04:05
ゲド戦記
先日「となりのトトロ」テレビでやってましたね。 もちろんこの作品の宣伝を兼ねてなんでしょうけど、 何度観てもいいなぁと思ってしまいます。 たまたまテレビつけたらやってたんですが、途中から 観てもすんなり物語りに入っていける作品だと思いました。 この... ...続きを見る
It's a Wonderful Lif...
2006/08/07 07:13
『ゲド戦記』★その1
残念でした。これは『ゲド戦記』とはいえない。ヤフーの映画評を読んでも酷評が多い。さすがに私もこれは駄作としかいえない。これだったら、『ブレイブストーリー』の方が面白かった。『ゲド戦記』が持つ良さも独特の雰囲気もほとんど描けていない。がっかりです。次々と... ...続きを見る
ふつうの生活 ふつうのパラダイス
2006/08/07 07:37
『ゲド戦記』★その2
その1から続きます。ところで、この中に出て来た『シュナの旅』ですが、これは、宮崎駿の絵物語で、しかも、かなりマイナーなものなので、どれくらいのひとが知っているでしょうか。私はこの作品がアニメにならないものかなーとずっと思っていました。ただ、ものすごく暗... ...続きを見る
ふつうの生活 ふつうのパラダイス
2006/08/07 07:37
ゲド戦記を見て
いやぁ、これは想像以上でしたよ。 まさかここまですごいとは思ってもいなかった。 期待以上のモノを見せてもらいましたよ。 え?「時をかける少女」とどっちがよかったと思うかですって? そんなの決まってるじゃないですか 放映映画館数が少ないほうですよ。 ※激しくネ.. ...続きを見る
SOBUCCOLI
2006/08/07 08:01
[映画]ゲド戦記
期待が大きすぎたか。 ストーリーは満足だけど、アニメーションとしてどうなの? 公... ...続きを見る
ほしいものリスト
2006/08/07 09:00
『ゲド戦記』
娯楽度[:テレビジョン:]         2006/07/29公開  (公式サイト)  満足度[:星:][:星:]  ...続きを見る
アンディの日記 シネマ版
2006/08/07 14:18
『ゲド戦記』・・・試写会
田舎の風や雨の匂い、火の香り、時には血の臭い… 今までのジブリの映画には何かしらの香りや匂いを 感じながら観てきたのですが、 この映画にはそれが感じられませんでした。 ...続きを見る
映画館で観ましょ♪
2006/08/07 15:15
ゲド戦記
【ゲド戦記】 ★★★  2006/08/05 ストーリー 多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現わ ...続きを見る
りらの感想日記♪
2006/08/07 19:21
ゲド戦記・・・・・・・宮崎吾朗監督
ゲド見てきました。午後からの上映時間に行ったせいか、お客もいっぱいでしたね〜。ところで「笑止」という言葉。「笑止千万」などと使われますね。笑止:1ばかばかしいこと。おかしいこと。また、そのさま。2気の毒に思うこと。また、そのさま。 3困っていること。ま... ...続きを見る
ぷち てんてん
2006/08/07 20:40
映画「ゲド戦記」
噂の映画「ゲド戦記」を鑑賞してきました。 やはり多くの人が並んでいましたよ(驚) ...続きを見る
FREE TIME
2006/08/07 22:58
「ゲド戦記」の感想
日曜日、「ゲド戦記」を観てきました。 いろいろと前評判を聞いていましたし、同じく原作を元にした映画「ハウルの動く城」と原作の、余りの内容の違いに仰天したことがありましたので、今回も原作と違ったものになっているのではないかと、不安半分、心配半分(あれ?)だったのですが、思ったより悪くなかったというのが最初の印象でした。 ただし。 ...続きを見る
Mugen Diary
2006/08/07 23:11
ゲド戦記観てきました〜
今日はいろいろあり、病院にも行って薬を貰って飲みましたが、まだ胃は痛かったけど、「ゲド戦記」を観てきました。うーん、やっぱりどうしてもジブリ作品と言うことで、宮崎駿監督作品とは比べちゃいけないと思いますが、全く違う作風とか画風なら比べないんだろうけど、... ...続きを見る
すみれ色の日常
2006/08/07 23:50
『ゲド戦記』、観ました。
 『ゲド戦記』、映画館で観ました。 無数の島から出来たアースシーでは、様々な異変が起 ...続きを見る
肯定的映画評論室ココログ支店
2006/08/08 08:49
『ゲド戦記』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
舞台挨拶シリーズも定着してきたのかな?(ぉぃ今回は、邦画では一番の超大作『ゲド戦記』でございます。ジブリの舞台挨拶は、『猫の恩返し』以来2度目。あの時は、鈴木敏夫Pにサインもらったっけ(爆)にしても、東宝系映画の舞台挨拶、日劇でやる事減ってきたなぁ・・・.... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2006/08/08 17:26
ゲド戦記
スタジオジブリ最新作「ゲド戦記」観てきました! 前売りチケット買ってとっても楽しみにしてました。実は最近までずっと宮崎駿が監督だと思ってたんですが息子だったとは!(遅!)でもどう見ても今までの宮崎作品の作画だし、観たい気持ちに変わりなし。例のごとく原作は手付かずです。シリーズなのは知ってるので、それをどう2時間くらいの映画にまとめるのか、たぶんオリジナリティ強い、まぁ、もしかしたら外れな感じの映画になるかもなぁとも思ってました。 というわけで以下微妙なネタバレなのでお気をつけ下さい。 ↓ ... ...続きを見る
スナフキンの背中
2006/08/09 21:00
『ゲド戦記』を検索
●作品情報 作 品 名:ゲド戦記 原  作:ル=グウィン(著)清水 真砂子(訳) 監  督:宮崎 吾朗 ジャンル:アニメ 製 作 年:2006年 製 作 国:日本 配  給:東宝 ●キャスト アレン:岡田 准一 テルー:手嶌 葵 ハイタカ(ゲド):菅原 文太 ●あらすじ 物語の舞台は多島海世界“アースシー”。西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界である東の海に現れた。それと呼応するかのように世界では、さまざまな異変が起こり始めていた。農民は田畑を捨て、職人は... ...続きを見る
21歳フリーター生活日記
2006/08/10 12:25
「ゲド戦記」次作でがんばれ
 街並みの描写がすばらしい。さすがジブリと思うのはそれぐらい。  モチーフがはっきりしないこと、感情移入できる人物がいないことの2点が致命的。  最初に登場する竜が、結局何を表しているのかわからないまま終わるように、いろいろ重要なテーマらしきものが提示.. ...続きを見る
ももたろうサブライ
2006/08/10 18:13
ゲド戦記
深みに欠ける部分はあるけれど, 絵画的な背景で展開される人間ドラマが, ゆったりと心地よく,LOHASな気分に浸り, 響くメッセージは胸を打ち,二カ所で涙。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2006/08/11 10:08
父。と息子。
昨日、てつサンと一緒に、『ゲド戦記』、観に行ってきました。 ...続きを見る
Secret Seven
2006/08/11 15:10
見えないもの…人生の真実を探る旅/『ゲド戦記』ジブリ・宮崎吾郎監督
●ゲド戦記● ●原作;アーシュラ・K、ル=グウィン ●監督:宮崎吾朗 ●声の出演:岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫/夏川結衣 ●公開:2006年7/28 ●上映時間:115分 ...続きを見る
活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世
2006/08/11 22:51
ゲド戦記
「ゲド戦記」を観ました。 ★★★ ...続きを見る
ふわふわり
2006/08/12 00:20
ゲド戦記観て来ました
ひとことで言うと「強かな」印象。 ...続きを見る
070707
2006/08/12 15:59
映画鑑賞記「ゲド戦記」
鑑賞日:06.08.11 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16 スタジオジブリ制作。監督には宮崎駿の息子、宮崎吾朗。 ...続きを見る
けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ
2006/08/12 20:24
ゲド戦記
《ゲド戦記》 2006年 日本映画 - 英題 - TALES FROM EAR ...続きを見る
Diarydiary!
2006/08/12 21:01
ゲド戦記
ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。 とは言っても原作は未読。( ^ _ ^; しかしいきなり評判悪いですね、この作品。汗 でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2006/08/13 02:02
真・映画日記『ゲド戦記』
8月12日(土) ...続きを見る
CHEAP THRILL
2006/08/13 14:50
『ゲド戦記』寸感
先日公開された新作ジブリ作品『ゲド戦記』が余り好評ではないようですね。ざっと一般の反響をネット上で垣間見たところ、なぜ余り好評となっていないのかそのメカニズムが見えてきた気がしたので寸感です。傾向としては、物語、つまりナラティブが分かりにくい、というところでしょうか。もちろん私は未見なので、実際のところは把握しかねます(よってこの記事はレビューや評ではないです)けど、映画の外から見えてくるものを少しばかり。現代(商業)映画批評をする上で映画の内容から外に出た、つまり外郭となるイメージを検証すると... ...続きを見る
フィルム・アカデミア
2006/08/15 15:19
「ゲド戦記」を観る
「ゲド戦記」というお話は、全六巻もあって‘ゲドさん’が少年の時からの長い長い話なのだそうです。 ...続きを見る
紫@試写会マニア
2006/08/15 17:38
ゲド戦記
スタジオジブリの最新作で、宮崎吾朗第一回監督作品。 ジブリ最新作ということで今、話題の作品ですね。 ...続きを見る
BOA SORTE
2006/08/15 19:07
ゲド戦記
“ ことばは沈黙に 光は闇に 生は 死の中にこそ あるものなれ 飛翔せる鷹の 虚 ...続きを見る
遠い海から来た・・
2006/08/15 20:05
【映画】ゲド戦記
『ゲド戦記』観てきました〜 ライブまでの待ち時間に、映画でもということで。 初日だったけど、午前中だったからか?満員という感じではなかったかな。 時間ぎりぎりでも入れたので、ラッキーでした。 ...続きを見る
まったり読書日記
2006/08/15 20:10
シネマ日記 ゲド戦記
子供には難しく、大人には、物足りない。 ...続きを見る
skywave blog
2006/08/15 20:24
ゲド戦記
う〜ん・・どうなんだろう。。 あまりにも壮大な物語、壮大なテーマすぎて2時間という枠で納得させることが無理なのかもしれない。 「世界の均衡は崩れようとしている」「人間のあたまがおかしくなっている」〜〜 まさに今この時代そのもの。 「永遠の命なんて」「寿.... ...続きを見る
future world
2006/08/15 21:40
ゲド戦記。
試写会に行ってきました。 ...続きを見る
ゆきよんの部屋
2006/08/15 21:56
「ゲド戦記」続き
あまり長いので、Part2にした。 といっても残るは声優の感想プラス追加の感想だけなんだが。 ...続きを見る
ぱせりブログ
2006/08/15 22:15
「 ゲド戦記 」
監督 : 宮崎吾朗  出演 : 岡田准一 / 手嶌葵 / 菅原文太        公式HP : http://www.ghibli.jp/  原作は、ル=グウィン箸 「ゲド戦記」 清水真砂子翻訳  「指輪物語」や「ナルニア国物語」と並び称されるファンタジー文学の傑作とのこと。  何度となくジブリの宮崎駿が映画化を打診したが、原作者が映画化を拒否し続けて20年、「千と千尋の神隠し」がアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞したことにより、逆に原作者より映画化の打診が来ることなり... ...続きを見る
MoonD.W.☆rikocchinの超...
2006/08/15 22:32
『ゲド戦記』 試写会鑑賞
物語の舞台は、多島海世界“アースシー”。西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界である東の海に現れた。それと呼応するかのように、世界では、さまざまな異変が起こり始めていた。農民は田畑を捨て、職人は技を忘れモノを作らなくなった。街では、人々はせわしなく動き回って ...続きを見る
映画な日々。読書な日々。
2006/08/16 00:05
「ゲド戦記」
 2006年/日本  監督/宮崎 吾朗 ...続きを見る
It's a wonderful cin...
2006/08/16 00:21
ゲド戦記
ゲド戦記 ...続きを見る
It's Called Acting
2006/08/16 01:24
ゲド戦記
猪木を大切にしないヤツなんて大嫌い1・2・3・ダーっ!命を大切にしないヤツなんて大嫌いだ!えーっと、ゲド戦記見てきました。ゴロー第一回作品です。(別に知り合いじゃないけど)むー、「最初で最後」になりませんように。何と言えばいいですかね〜。ジブリ前作の「 ...続きを見る
Barbarossa Blog
2006/08/16 13:16
ゲド戦記
宮崎ブランドの暖簾わけ...。 ...続きを見る
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
2006/08/16 14:06
ゲド戦記
今日はジブリのゲド戦記を見てきました。 前評判はあまりよくないんですが、私的には面白かったのです。 まぁ原作は何巻かあるのに映画は1話完結なので、そこの部分で、?って部分が少し生まれえてきてるような気がしますが。 あとは、何書けばいいのだろう・・・ ネタばれ的なものは書きたくないんですよ。 見ようとしてる人の楽しみが減っちゃいますから。 ...続きを見る
OH! MY ブログ!
2006/08/16 20:35
ゲド戦記
アースシーでは、さまざまな異変が起こり始めていた。 聖なる生き物である竜が共食いを始め、 家畜は疫病に倒れ、農民は田畑を捨て、 職人は技を忘れていく。 街では人狩りによる人身売買が行われ、 まがい物が売られ、麻薬が蔓延し、 人々は忙しく動き回っている... ...続きを見る
Enjoy Life♪
2006/08/17 06:56
『ゲド戦記』
この前友達と「ゲド戦記」を見に行ってきたよぉ~♪ ストーリー 島と海の世界、アースシー。 ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に世界中でさまざまな異変が起こるようになる。 災いの源を探る旅に出た大賢人ゲドは、道中で国を捨てた王子アレンと出.. ...続きを見る
☆えみたんの日記帳☆
2006/08/17 10:12
ゲド戦記
話題作「ゲド戦記」を見ました。 一言で言うと内省的、人の内面世界をテーマにした映画でした。 胸おどる活劇(→血わき肉躍る…って『天空の城ラピュタ』のキャッチだったな〜 懐かしw)もなく(というか印象に残ってない)、映像よりも台詞(言葉)に重点が 置かれ... ...続きを見る
ray’s home
2006/08/19 06:10
ゲド戦記 06年165本目
ゲド戦記 2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。 息子さんが、初めて監督したんですよね。 てか、やっぱり、お子様... ...続きを見る
猫姫じゃ
2006/08/19 13:27
「ゲド戦記」
 ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック ...続きを見る
NUMB
2006/08/20 00:11
ゲド戦記(06・日)
巷の評価がイマイチな「ゲド戦記」を見てきた。 ...続きを見る
no movie no life
2006/08/20 10:54
「ゲド戦記」
ジブリ好きなので、今回の「ゲド戦記」はとても楽しみにしていました。…しかし前評判通り、正直あまり良い出来とは言えませんでした。まず話の前後がぽっかり抜けている為、主題が何なのかよく分からず疑問がたくさん残ります。またセリフが説明口調で堅い。ジブリの持ち味というのが全然活かされていないように感じます。やはり宮崎駿でないとダメなのかな?と思わせる作品でした。 …それでも「テルーの唄」はやたら耳に残ります(笑) ...続きを見る
Tokyo Sea Side
2006/08/26 14:52
命を大切にしないやつなんて大嫌いだ!
「 ゲド戦記  」見たよ〜 ...続きを見る
キャバ嬢このはの気まぐれ日記
2006/08/27 02:45
ゲド戦記
監督:宮崎吾朗 原作:アーシュラ・K.ル=グウィン 声の出演:岡田准一、手嶌葵、菅原文太、その他 ...続きを見る
いつかのダイアリー
2006/08/27 08:49
ゲド戦記
すーっと物語りに入っていけた。  王の子息である少年が父親を殺す。  宮崎吾郎 ...続きを見る
幸田回生
2006/08/27 08:59
「ゲド戦記」
■公式 http://www.ghibli.jp/ged/ ...続きを見る
地味な女子の読書日記(最近映画ばっかりだ...
2006/08/27 22:48
〈映画〉ゲド戦記/アーシュラ・K. ル・グウィン
 「ゲド戦記」見てまいりました。  映画の「ゲド戦記」は、原作「影との戦い」〜「帰還」までの細々とした部品を集めて新しい物語を作ってしまった――そんなイメージを受けました。 なので原作をものすご〜く好きで思い入れの深い人には「なんじゃこりゃ〜?」的な1本.... ...続きを見る
Crescent Moon
2006/08/28 08:44
ゲド戦記
宮崎吾朗さんデビュー作の「ゲド戦記」初日の7/29の土曜日に観てきました。ネタバレしないよ。感想を書くと超〜長くなるから5つだけ。面白かった。 怖がりの私にはちょい怖いところも。 (ちなみに私は”もののけ姫”も”アキラ”も ”ムーミン”さえも怖いという人です.... ...続きを見る
神近まり 歌うたいのBlog 〜Mari...
2006/08/28 13:38
Tales From Earthsea
『ゲド戦記』 前評判を見る限りあまり期待しない方がいいのは分っていましたが、それでもなぜか期待してしまうのがスタジオジブリ。けれど今回ばかりはガッカリと言わざるを得ません。状況説明は全部セリフで言ってしまうし、場面転換も荒削り、ジブリ映画に欠かせない“愛くるしいキャラ”もこの作品には一切登場しませんでした。命の大切さを説くならば、ジブリ映画で父殺しは止めて欲しかったです。 [:URL:] 『ゲド戦記』 ...続きを見る
Tokyo Bay Side
2006/08/29 20:50
ゲド戦記
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/08/30 21:13
真(まこと)の名を教えること
174「ゲド戦記」(日本)  西海域の果てに棲む竜が突如人間の世界に現れる。世界ではさまざまな異変が起こり始める。家畜の大量死。農民は畑を捨て、魔法使いは魔法を使えなくなる。光の力が弱まり、世界の均衡が崩れようとしていた。災いの源を探るため大賢人ハイタカは旅に出る。そして心に闇を持つエンラッドの王子アレンと出会う。少年は父、王を刺し、国を捨てたのだと言う。  二人はホート・タウンという町に辿り着き、街の外れに住むハイタカの知り合いテナーの元を訪れる。彼女の家には顔に火傷の痕の残る少女テ... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2006/09/01 11:17
ゲド戦記/岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、香川照之 、菅原文太
ゲド戦記ってゲドが主人公じゃないんだっけ?アレレ?最初だけなのかな? ...続きを見る
カノンな日々
2006/09/02 00:01
【ゲド戦記】後継者作りに焦るジブリ
ずっとずっと楽しみにしていた「ゲド戦記」を見てきました。感想ですが。。。公開してだいぶ日が経っていますが、話題作だから、まだこれから見ると言う方も多いでしょう。だから、簡潔に、まず書かせていただきます。         ビミョ。。。          ... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2006/09/02 14:26
ゲド戦記
観てきた。 ...続きを見る
Moving Planet(惑星ブログ)
2006/09/16 14:25
ゲド戦記
「ゲド戦記」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。 トラックバックURL : http://ghibli-movie.jugem.jp/trackback/15 ...続きを見る
ジブリトラックバック
2006/09/17 13:50
【 ゲド戦記 】
ル=グウィンのファンタジー小説を映画化した長編アニメーション。監督は息子または七光り、あるいはどっちも。 宮崎駿やスタジオ・ジブリの作品はキャラや色彩が好みじゃないのでどうでもいい気持ちで鑑賞してきましたよ。原作は未読です。 原作ありきじゃないとダメ... ...続きを見る
もじゃ映画メモメモ
2006/09/20 02:30
ゲド戦記
夏休みに従妹と一緒に観てきました。 アニメ作品は今年初です。 ...続きを見る
PLANET OF THE BLUE
2006/09/27 00:42
文庫本「ゲドを読む」の無料配布!ゲリラ的に首都圏で!
話題のフリーペーパー「ゲドを読む」明日から東京で移動しながら配布するようです。詳しくはこちら日本中の話題を集めていた文庫型フリーペーパー「ゲドを読む」の無料配布が6月6日から始まり、208ページもの充実した内容が評判になり、全国で在庫切れの設置店が続出している... ...続きを見る
芸能情報と身近なニュース
2007/06/20 11:18
「ゲド戦記」映画(DVD)感想
ジブリアニメ映画の「ゲド戦記」がDVDで出たので、レンタルして見た感想です。 結 ...続きを見る
Wilderlandwandar
2007/07/07 23:58
ゲド戦記−(映画:2007年95本目)−
監督:宮崎吾朗 声の出演:岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2007/09/02 14:23
Milf hunter.
Milf hunter sue. Milf hunter. ...続きを見る
Milf hunter videos.
2008/09/21 02:27
アニメ評:ゲド戦記
エンラッドの王は、「手紙を片付けたい」と重臣たちと別れ、自室への階段を昇った。 国に、不吉な影が迫りつつある。 土地は痩せて、原因不&... ...続きを見る
写真と映画のブログ
2009/04/01 16:53
「ゲド戦記」 熟成度が足りないワインのような・・・
「ゲド戦記」観てきました。巷では評判あまりよろしくなかったので、やや期待度低かっ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/12/26 09:30
評論(映画) ゲド戦記
製作: 2006年度作品/日本映画 興行収入: 76.5億円 ジャンル: 伝記(アニメ) 5段階評価: 2・・・勉強してください ...続きを見る
プチパルレビュー・ワールドエンド
2010/11/25 20:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
吾朗ちゃんにとって初監督ですし、ジブリにとっても駿ちゃん依存体質脱却への架け橋ですし、このレベルならまぁよし、といったところです。

寺嶋民哉さんの音楽は心地よかったですね。
宮崎作品に限らずかつてのタケシの映画でも、画面よりも前に出ようとしてる久石譲の音が苦手だったもので(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
にら
URL
2006/08/03 11:53
TBありがとうございました。感想も興味深く読ませていただきました。
サラ
2006/08/03 22:21
TB ありがとうございました。
>まあ、いろいろ言いたい事はあるけど、初監督作品という事で大目に見ましょう
という言葉が私的にはぴったりかと。
私もTBさせていただきますね〜。
次回作に期待したいです。
francois
URL
2006/08/04 00:06
●サラさん、コメントありがとうございます。
今後ともよろしくです。

●francoisさん、こんばんは。
宮崎吾朗本人も、次回からは父よりも優れたのを出すと言っているので、期待して待っていましょう!
かんりにん
2006/08/04 00:31
●にらさん、こちらにもコメントありがとう。久石譲さんの音楽も好きなんですけどね。でも少なくともこの映画は久石譲さんよりは、寺嶋民哉さんの方が良かったと思います。

●e-アフィリさん、申し訳ございませんが、出会い系サイト、その他18禁系の書込は削除させて頂きます。ご了承ください。
かんりにん
2006/08/04 00:35
TB有難うございます。こちらからもTBさせて頂きました。
駿氏とは比較する気にもなりませんが二世の苦悩もあるでしょうから今回だけは大目にみてやります。
失敗から得たものは大きい筈。
見捨てませんよぉ。次回作に期待します。
大目に見ても評価は★1個ですが…。
hegeta
URL
2006/08/04 01:05
hegetaさん、コメントありがとうございます。
みなさん、評価厳しいですねぇ〜。
でも、まあ、次回作がんばってね。(^^ゞ
かんりにん
2006/08/04 02:26
はじめまして。TBありがとうございます。
自分はジブリ作品も好きだし、ゲド戦記(原作)も大好きです。

確かに原作からかなりアレンジが加わっていますが、原作(当時3部作)を読んだときに感じたものは映画の中にも確かに息づいているように感じました。
#自分はそんなつもりないんですが、ちょっと贔屓目に見てるでしょうか?

よく「子供には難しい」「大人向け」という意見を目にしますが、自分が読んだのって中学生のとき、しかも「児童文学」ジャンルにあったハードカバーの奴なんですけど・・・そんなに難しいかなぁ?(^^;

ps.こっちらからもTB貼らせていただきました。
謎のPCメンテ員
URL
2006/08/04 03:33
謎のPCメンテ員さん、コメントありがとうございます。
宮崎吾朗本人が、子供は内容を正確には理解できないかもしれないとインタビューで答えています。ただ、何を話しているかはわかると思うと付け加えています。
僕的には、子供には難しいのではなく、子供が楽しめる(大人もですが)作品かが意見の分かれるところだと思います。
かんりにん
2006/08/04 04:06
こんにちは♪
私も音楽は好きです。久石さんじゃなくてもいいじゃん!なんてね(笑)
確かに、ゲドはいいとこなしでしたね。文太さんの渋い演技で救われてましたが。
かずは
URL
2006/08/04 06:12
トラックバックありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
よしくん
URL
2006/08/04 09:31
TBどうもです。
>国に帰る
と言いながら、みんな仲良く食事をしている場面には「へ?」と(笑)

キャラがナウシカに似通っているのは原案が「シュナの旅」だからかなと納得しました。
そういえば、馬には「ヤックル?」とか思ったり(笑)
たいむ
URL
2006/08/04 19:59
よしなしごとさん、こんばんは〜♪
確かにナウシカっぽい感じはしますよネ〜(ノ∇≦*)w
手嶌葵さんの声が素敵で、うっとりしますよネ〜♪私も早く観たいな〜って思っています(*´∇`*)♪
でも●3つですか‥‥‥‥DVDで( *′ω`ノ)ノ

URL
2006/08/05 21:46
●かずはさん、コメントありがとうございます。
久石さんの場合、この映画はこの曲っていうテーマ曲が2,3曲はありますが、今回のはテルーの唄しか残っていないなぁ〜。

●よしくんさん、こんばんは。
今後ともよろしくですぅ〜!

かんりにん
2006/08/06 22:30
●たいむさん、コメントありがとうございます。
食事してから帰っても、まあ、ゆるしてあげましょう。
もののけ姫のヤックルですね。アシタカじゃなくてハイタカってのも似てますしね。

●凛さん、こんばんは。
他の方のブログを読むと、さんざんな言われようですけどね〜。そこまで言わなくてもと思います。正直DVDでもいいかなという気はしますけど。
かんりにん
2006/08/06 22:34
こんばんは♪
結構楽しみにしていて期待してたんですけど、観てがっくり。ゲドが活躍してなーい!
もう少し彼の見せ場があると思ってたのに、あれじゃあ、ただの説教おじさん……。
アレンとテルーが主役だから、仕方ないのかもしれないけどね〜。いっそのこと違うタイトルにしてほしかったです(>_<)
りら
URL
2006/08/07 19:30
りらさん、こんばんは。
アレンを人さらいから助けるしか活躍しませんでしたからね〜。もしかしたらすべてを見越していたのかもしれませんけどね。
かんりにん
2006/08/08 00:14
トラックバックありがとうございます☆
今後ともお互い頑張ってブログを作っていきましょう(・ω・)
羅針
URL
2006/08/10 12:26
羅針さん、コメントありがとうございます。今後ともよろしくです♪
かんりにん
2006/08/11 00:11
TBありがとうございました〜
どうしても偉大な父の作品に対する期待を、ジブリブランドとして高いハードルをもうけて観てしまうようです。
話が半分しかわからないし、いつものジブリ作品の惹きつけて病まない魅力のようなものが感じられず、ちょっとがっかりでしたが、絵的には絵画のようで美しかったですし、テルーの唄も心地よかったです☆
rikocchin
URL
2006/08/15 22:37
rikocchinさん、コメントありがとうございます。
テルー役の手嶌葵さんの写真(一番で回っている奴)って、表情がなくて、どういう方なのか謎ですよね。とっても良い唄です。
かんりにん
2006/08/16 03:15
TBどうもでした〜♪
>絵を見ると、そう思った人はたくさんいると思うのですが、風の谷のナウシカみたい。
僕もそう思った。過去に戻ってる感じですかねぇ・・・
はっち
URL
2006/08/16 21:34
はっちさん、コメントありがとうございます。
それだけナウシカの完成度が高かったのか。。。そう言う作風ということで、過去に戻ったという感じではないと思いますが、やっぱり違和感はありますね。
かんりにん
2006/08/17 07:26
TBありがとうございました。
酷評多いですけれど、ワタシ的にはナウシカやラピュタに近く、絵は好感持てました。どーも、千と千尋とかハウルのほうが苦手ですね。たぶん次回作はないとは思いますが、美術とかで参加してもらいたいですね、ゴローさんには・・・
gajumaru
URL
2006/08/21 23:50
gajumaruさん、コメントありがとうございます。
ハウルは確かに僕も苦手。。。

ジブリはやっぱり、タイトルに「の」が入っていないと人気が出ないんですかね?(笑)
かんりにん
2006/08/22 00:27
こんにちは。TBありがとうございます。
全く期待していなかったので、楽しめなかったのはいいんですがね。
やっぱりジブリの名前で人一杯入るんだろうなぁ。
もじゃ
URL
2006/09/20 02:35
もじゃさん、こんばんは。
今回タイトルに「の」が入っていないのでセオリー通りならヒットしないハズなんですけどね。宮崎吾朗の今後に期待って事で。
かんりにん
2006/09/20 02:51
よしなさん、こんばんは!

説教じみているというのは、僕も同感です。
初めての作品なので、気負ってしまったのかもしれませんが・・・。
けれども結局次回作はないですねえ。
本作があまり評判よろしくなかったので、懲りたのかな・・・。
はらやん
URL
2009/12/26 19:48
はらやんさん、コメントありがとうございます。
宮ア吾朗さんはもともと本業が映画ではないので、次回作はないかもしれませんね〜。たんなる趣味?
よしな
2009/12/28 01:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




「ゲド戦記」見てきました よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる