よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノン Pwoershot A550 A460 を触ってきました。

<<   作成日時 : 2007/02/12 13:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 2007年2月8日、キヤノンが新しいデジカメを発表しました。Powershotシリーズのエントリーモデル、A550と、A460です。発売は3月上旬予定。

 と言うわけで、早速、ショールームに見に行ってきました。



Powershot A550
 Powershot A550は有効画素数約710万画素で、単3電池が使用できる実売価格約22,000円前後のエントリーモデル(キヤノンはエントリーモデルよりも上のフレンドリーモデルと位置づけています。)。約1年前に発売されたPowershot A530の後継機種です。主な改良点は、画素数が約500万画素から約710万画素にアップしたことです。他に液晶が1.8型から2.0型に若干大きくなったり、重さが10g軽くなって約160g(本体のみ)になったりしていますが、改良点はそれだけ。
 細かいことを言えば、自動的に感度を向上させる「高感度オート」、撮影サイズをミドルなどにした場合に画像を劣化させることなくさらなるズームができる「セーフティズーム」に対応させています。
 新たな機能が加わってはいますが、なくなっている機能もあります。SIセンサー(撮影時にカメラが横だったか縦だったかを検知し、再生時に見やすい方向に開店してくれる機能)や、海の中でウミウシなどマクロ撮影する時に重宝するマニュアルフォーカス(本機種用のウォータープルーフケースは発売されません。)、マニュアル露出がなくなってしまっています。再生時も多くの画像から目的の画像を探すのに便利なジャンプ機能もなくなってしまっています。
 しかも2006年秋に発表されたIXY Digitalシリーズは画像エンジンにDIGIC IIIが採用されているのですが、今回の機種は従来のDIGIC IIのまま。おそらく710万画素程度ならDIGIC IIIの高速演算はいらないと判断したのでしょうか。でも、DIGIC IIとDIGIC IIIを生産するならDIGIC III一本に工場ラインをした方が安く作れるような気がします。と言うわけで、強力なノイズリダクション機能が使えないため、ISOも従来の800のまま。当然顔認識機構もありません。ちょっと寂しいです。たぶん、単3電池で使用しようとするとDIGIC IIIは電力を消費するので使用できないのかなぁ〜?!(私の推測ですので、その真意は保証しません。)

 各シーンごとに自動で設定してくれるスペシャルシーンモードや簡単撮影モードを内蔵した710万画素、手に入りやすい単3電池が使用できるというエントリーモデル(フレンドリーモデル)という位置づけならば、実売価格約22,000円ですし、コストパフォーマンスは良いと思います。
 ボクの予想では、このクラスでもスーパーマクロに対応すると思っていたのですが、それはまだでした。。。






Powershot A460
 次に、本当のエントリーモデルのPowershot A460。こちらは有効画素数約500万画素。こちらも約1年前に発売になったPowershot A430の後継機種。
 主な変更点は有効画素数が約400万画素から約500万画素にアップしたことと、液晶画面が1.8型から2.0型に大きくなったこと。
 細かい変更点は、撮影した画像を連続できるスライドショー機能が新設されています。
 実売価格は約18,000円程度と思われるエントリーモデルですが、撮影するシーンに応じた8種類のスペシャルシーンモデル、光学4倍ズーム、上のA550にはない被写体1cmまで寄れるスーパーマクロなどがついています。安いエントリーモデルですが、画像もDIGIC IIで、画素数は少ないもののL版(サービス版)、2L程度ならとてもきれいですし、初めての方だけでなく、ブログ用、オークション用として2台目としても便利な機種に仕上がっていました。




 実際に両機種とも撮影した画像をL版に印刷してもらいましたが、エントリーモデルとは言え、さすがキヤノン。少なくともL版に印刷したものは上位機種に比べて見劣りすることはありませんでした。ちょっと大きめの筐体ですが、IXY Digitalに慣れているボクとしては大きさの割に軽く感じられました。(重さ自体はIXY Digitalに比べてあまり変わらないのですが。)
 発売前なので撮影した画像を持って帰れないのが残念です。

 おそらくあと1〜2ヶ月程度で、IXY Digitalシリーズを含め、新製品が発表されると思います。機能にこだわりのない人は新製品発表直前から直後の旧機種の安くなった時点で、新しもの好きな方はもう少し待って新機種の発表を待ちましょう。

 新機種が発表される前後はネットオークションで旧機種の出品数も多くなるので、中古でも良いから安いのが欲しい人はオークションもチェックしましょう。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【子どもに買ってあげたいデジカメ】PowerShot A550
こぱふぅが愛用しているPowerShot A530の後継製品である。携帯型ゲーム機より安いくらいなので、壊れるのを前提で子どもに買ってあげたい。 ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2007/03/07 13:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コンパクトDCの自分の中の1位はixyシリーズなのだけれども、決め手は操作性と電池の持ち具合でしょうか?
以前Pwoershotも使用してましたがすぐに電池が切れちゃうしチャージに時間がかかるし大変な思いをしたのを覚えてます。
今や、携帯電話に高性能なカメラ機能が搭載されてるので『カメラ』として所持するのは「ちょっと、イイやつ」になるんでしょうね。映画「バブルへGO!」でもコンパクトカメラが出てきましたが、携帯電話でしたもんね。思い切って、IXYにщ@能を付けて発売すれば売れるかも。
masya
2007/02/13 00:30
masyaさん、こんばんは。
さすがに専用バッテリーの方が小型化、超寿命化できますからね。ただいざというときに電池が買えないのが痛いところ。携帯のようにコンビニで電池で充電(使用)できるようなアダプタが手に入ればいいのに。
IXYに電話が付いたら。。。メモリーがいっぱいになってもメールでデータ送れるし良いかも。でも長電話すると手が痛くなりそうですが。
かんりにん
2007/02/13 02:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




キヤノン Pwoershot A550 A460 を触ってきました。 よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる