よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:パコと魔法の絵本 を観てきました。

<<   作成日時 : 2008/11/01 11:42   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 66 / コメント 9



 前回の映画関連記事を書いたのが10/5なので、映画ブログのくせに約1ヶ月ぶりの映画記事です。
 しかも観てから記事を書くまでに気がつけば2週間たってしまいました!!ちょっと記憶が薄れ気味です(^^ゞ と言うわけでパコと魔法の絵本を観てきました。


●ストーリー(ネタバレもろあり)
 大貫の屋敷に1人の老人がやって来た。その老人は1冊の絵本を見に来たのです。そしてこの家の前の主、大貫のことについて語り始めます。


むか〜し、むか〜し、
といってもそれほど昔じゃないけれど、
あるところに病院がありました


 その病院にはちょっと変わった患者さん達が入院しています。
 昔は有名子役として活躍していたが、かわいい演技しかできないため大人になってからは廃れてしまった俳優の室町(妻夫木聡)。
 消防士でありながら消防車にひかれてしまい骨折で入院している滝田(劇団ひとり)。
 ジュディ・オング好きでうわさ話が大好きなオカマの木之元(國村隼)。
 銃で撃たれて入院してきたヤクザの龍門寺(山内圭哉)。
 よくわからないへんな患者の堀米(阿部サダヲ)。
 そしてそして、一代で会社を作り大企業へと成長させたやり手の社長・大貫(役所広司)。大貫は一代で会社を大企業へと成長させたことが誇り。そのことから部下や他の人を信じられず、わがまま放題の偏屈クソじじい。彼の口癖は「お前が私を知ってるってだけで腹が立つ!気やすく私の名前を呼ぶな。おまえの頭の中になんかいたくないんだ!」この病院でも他の患者に怒鳴り散らしている。
 患者だけでなく、この病院の医者や看護師も変わり者。ピーター・パン気取りの医者・浅野(上川隆也)。そして言葉遣いが悪くタトゥーを入れている看護師・タマ子(土屋アンナ)。顔が怖くお金に弱い雅美(小池栄子)。
 雅美の亭主・浩一(加瀬亮)は大貫の会社で働く部下。雅美は大貫が死ねば浩一が出世できると、大貫が死ぬことを願っている。

 そんな病院でのこと、今日も大貫が他の患者や看護師を怒鳴ったりとわがまま放題。そんな大貫は中庭に向かうと、いつも大貫が座っているベンチで1人の少女が絵本を読んでいました。彼女の名前はパコ(アヤカ・ウィルソン)。

ゲロゲ〜ロ。ゲロゲ〜ロ。
ガマの王子はわがまま王子。


 自分がいつも座っているベンチにいるその少女ですら突き飛ばしてしまいます。ベンチから突き飛ばされた少女は、地べたで絵本の続きを読みます。
 調子の狂わされた大貫はその場から去っていきますが、その時大事な純金のライターを落としてしまいます。
 それを見つけたパコはきれいなライターをあとで返そうととりあえずポケットにしまいます。

 翌日、以前入院していた患者さんが作った花壇の花を荒らしています。他の患者さんがやめろというと大貫は彼を殴って怪我をさせてしまいます。大事なライターがなくなったので探しているというのです。
 疲れた大貫はタバコを吸おうとすると、パコが純金のライターで大貫に火をつけようとします。そうそれは大貫がなくしたライターでした。怒った大貫はパコの頬を思いっきり殴ってしまいます。

 パコは交通事故で両親を亡くし、かろうじて助かったパコも脳を損傷して1日しか記憶が持たないのです。あとで返そうと思って昨日拾ったライターも、今日には何で自分のポケットに入っているのかわかりません。大貫のことも誰だか覚えていないのです。昨日をなくしてしまう少女です。
 パコは両親が死んだことも知りません。と言うよりは次の日には忘れてしまうのです。そしてベッドの片隅にあった絵本。それはパコが毎日読んでいる絵本です。そして最後のページにはお母さんからのメッセージがありました。「お誕生日おめでとう。毎日読んでね。」と書かれていました。
 パコは朝起きるとその絵本を見つけ、こう思うのです。「昨日ママが来てくれたんだ。」そして今日が自分の誕生日であると知ります。そう、この朝は毎日毎日続くのです。パコにとっては毎晩お母さんが来てくれて、毎日が誕生日なのです。

 その事を知った大貫は、さすがに反省し、パコに謝ろうとします。「おじさんのこと知ってるか?」そう問う大貫にパコはこう答えます。「ううん。パコ知らな〜い。」
 大貫がパコの頬に触れると、パコの表情が変わります。「おじさん、、、昨日もパコのほっぺに触ったよね。」
 1日しか記憶がもたないはずのパコが大貫のことを覚えていたのです。他のことは覚えていないのに、よりによって偏屈じじいで、自分を殴った大貫のことを。。。

 翌日、大貫はパコに言います。「おじさんは、大貫。」パコが答えます。「私、パコ。今日誕生日なんだ。」そして大貫はパコの頬に触ります。「おじさん、、、昨日もパコのほっぺに触ったよね。」そう答えるパコ。そして大貫はパコに絵本を読んで聞かせます。これがパコと大貫の日課になりました。毎日毎日同じことが繰り返されます。

ばちゃ〜ん、けろ〜ん


 パコとの日々を過ごすうちに大貫は今までの生き方に疑問を持ち始めます。毎日毎日、この世にいないママからもらった絵本を楽しそうに読んでいるパコをみて大貫の目から涙がこぼれます。初めて涙をこぼした大貫はとまどい、浅野に「どうしたらこの涙は止められるんだ?」と問います。浅野は答えます。「簡単です。いっぱい泣けば止まります。」と。

 大貫は、そんなパコのために何かできないかと考え始めます。ところが最近胸が苦しくなり倒れ込むこともあり、もう自分は長くないのではないかと悟り、必死にパコのことを考えます。
 そんなとき噂好きのオカマの木之元があることに気がつきます。今まで動作していなかったエアコンの室外機が最近動き始めたというのです。その室外機は霊安室のエアコンのものであり、近々誰かが死ぬんじゃないかと言うのです。

 この病院では毎年、「夏のクリスマスイベント」を行います。ピーター・パン気取りの浅野は今年はピーター・パンをやりたいというのですが、大貫はパコが読んでいる絵本「ガマ王子対ザリガニ魔神」をやりたいと、みんなに台本を配ります。
 もちろんみんなは大反対。今までわがまま放題やって来た大貫の提案など聞く耳持ちません。

意味ね〜だろ!
どうせすぐ忘れちまうガキのために
なんで芝居なんか!


 大貫は必死に説得します。社長になってから人に頭を下げたのは初めてかも知れません。
 大貫に首を絞められ、かわいがっているネコを蹴飛ばされた木之元、ケンカを繰り返す龍門寺、メダカの役なんてイヤだと言っていたタマ子、役がない堀米、演技に自身のない室町。みんながやる気になります。

 そしていよいよ夏のクリスマス当日。パコが目を覚ましてロビーにやってくると、ガマ王子(大貫)が、アメンボ家来(浩一)が、ミズスマシ君(龍門寺)が、タニシ(浅野)にメダカちゃん(タマ子)、サカナ(滝田)・・・。絵本のキャラクターが目の前にいます。喜ぶパコ。

ゲロゲ〜ロ。ゲロゲ〜ロ。


 今日もガマ王子がわがままを言っています。水の上しか移動できないアメンボ家来とミズスマシ君に蜂の子をとってこいと命令するガマ王子。その命令を聞けなかったアメンボ家来とミズスマシ君は、ガマ王子に家を壊されてしまいます。
 そんな時、ザリガニ魔神(室町)が現れ、池の仲間を皆殺し。怒ったガマ王子とパコはザリガニ魔神を倒そうと必死です。
 病院中がステージです。病院内を駆け回っての大冒険。

 その頃、浅野はつぶやいています。あの二人が会えたことすら奇跡的なことなんだからと。

 ガマ王子はザリガニ魔神に悪戦苦闘。そしていよいよクライマックス。ところがガマ王子を演じる大貫は心臓の発作で途中で倒れてしまいます。劇を中止しようとするみんなに「大丈夫だ。最後までやらせてくれ。」と懇願します。

 しばらくして。ベッドの脇でみんなが悲しんでいます。「なんでだよ〜(涙)」

 「こんなもの!」と言って絵本を破る大貫。ベッドに横なっているのはパコ。パコの脳は記憶野だけでなくその他の部分も損傷しており、こんなに生きられるはずすらなかったのです。



 バラバラになった絵本はこの物語を忘れないようにと、患者と医者がそれぞれを持つことにしました。そして大貫もこの世を去り・・・。それぞれのピースはこの大貫の屋敷に集められたのです。そしてこの屋敷に来た老人は、この絵本の作者。この絵本はヒットはしなかったけれど、自分の絵本がきっかけで起こった、とある病院での出来事を誇らしげに語るのでした。






●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 中島哲也嫌われ松子の一生などカラフルな映画が好みのようです。嫌われ松子の一生ではその造りにだいぶ違和感を感じたのですが、本作品ではそのような造りが、ホントに絵本の中にいるようでとても新鮮でした。
 ところどころにちりばめられた笑いと、感動のラスト。でも明るい気分でエンディングを向かえて劇場をあとにする頃にはすっきりした気分になれる構成も○。
 キャストも豪華メンバーなんですが、渋キャラの國村隼がオカマを演じたり、良い役ばかりの妻夫木聡が人生に苦悩する落ちぶれた俳優を演じていたりと、これまでの役とは違う役を演じているのもとても新鮮です。劇団ひとりは「う〜ん、納得」という役でしたが。そしてアヤカ・ウィルソンがとっても、とってもかんわいぃ〜んです。そして阿部サダヲもぶっ飛んでます。それ以外にもキャスト全員が本当にすばらしい演技でした。

 1日しか記憶の持たないパコが、なぜ夏のクリスマスの日に絵本のキャラクターを知っていたのかなど、細かいところはとりあえず置いておいて、大人も子どもも楽しめる作品ではないでしょうか。
 この記事を書いている時点で終わってしまっている映画館も多く、今やっているほとんどの映画館で11/7まで。一部11月下旬までの上映。と言うことで、もうすぐ終わってしまいますが、できればDVDとかではなく劇場で観た方が楽しめる作品だと思います。


観て良かった度:●●●●● 5点










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(66件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
130●パコと魔法の絵本
ファンタジー風彩りの、大人の絵本物語。クドカンのドラマでも見ているかのように、ゲラゲラ笑いながら楽しめてしまう♪真面目な映画ファンにはとてもオススメできないけど、たまには馬鹿もいいかもー、って楽しめる人は大勢居そう! ...続きを見る
レザボアCATs
2008/11/01 19:33
パコと魔法の絵本
公式サイト。中島哲也監督、役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也。「お前に名前覚えられるだけで不愉快だ」という傲岸不遜の偏屈じじい大貫(役所広司)が、決して自分の名前を覚えて.... ...続きを見る
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
2008/11/01 19:55
『パコと魔法の絵本』・・・アヤカ・ウィルソンの才華
異様なメイク、派手な色彩、そして実写とCGの合成と、私の苦手な要素が揃っているにもかかわらず、最初に劇場予告を見た時から注目していた『パコと魔法の絵本』。公開が待ち遠しかったこの作品をさっそく観てきた。 ...続きを見る
SOARのパストラーレ♪
2008/11/01 21:33
「パコと魔法の絵本」の試写会へ行ってきました。
プレイの合間に時間を作って、 ...続きを見る
華岡瞳女王様のブログ URAHANA B...
2008/11/01 23:18
映画「パコと魔法の絵本」
パコと魔法の絵本 2008年 日本 これは予告編を見たときから、絶対に映画館で観たいと思っていた作品。こういう映像が命の作品はやはり劇場の大スクリーンのほうが見ごたえがあります。 舞台はとある病院。貧しい出身から独りで会社を大きくし、周囲のものを誰も信じない偏屈もの入院患者、大貫(役所広司)は、誰かの記憶に中に自分が残ることを嫌がり、他人に名前を覚えられることさえ、忌み嫌っていた。 ある日、大貫は病院に入院している少女パコ(アヤカ・ウィルソン)と出会う。毎日同じ絵本を声を出して朗読するパコを鬱陶 ...続きを見る
Andre's Review
2008/11/01 23:44
「パコと魔法の絵本」大人が泣けるおとぎ話。
 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也 監督、最新作。「パコと魔法の絵本」(東宝)。最初に言っておきますが、ムッチャクチャ面白かったですわ! ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2008/11/02 09:22
パコと魔法の絵本
 『昨日をなくした女の子と明日がいらない大人達のミラクル感動ファンタジー』  コチラの「パコと魔法の絵本」は、2004年に上演された「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」という舞台をベースに、日本映画では初となる3DのフルCGキャラと実写を融合させ映画化し.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/11/02 14:51
映画「パコと魔法の絵本」を試写会にて鑑賞
 「パコと魔法の絵本」@新宿厚生年金会館大ホール 客入りは上々1階席は満席だ。客層は大人に混じり小さなお子さん達も多数来場している。 映画の話 昔々、大人の俳優に脱皮できなかった元有名子役や、消防車にひかれたまぬけな消防士など、患者だけでなく医者や看護... ...続きを見る
masalaの辛口映画館
2008/11/02 16:21
映画感想『パコと魔法の絵本』 結構面白いですね
内容その病院の入院患者は、奇妙な連中ばかり。その中でも、際だっているのは、みんなからの嫌われ者の老人・大貫(役所広司)一代で、大会社を作り上げた自信もあり大富豪。ワガママで偏屈じじいだった。そして『お前が私を知っているだけで、腹が立つ』が口癖だった。そ... ...続きを見る
レベル999のマニアな講義
2008/11/02 16:42
パコと魔法の絵本/役所広司、アヤカ・ウィルソン
独特な色彩感覚の映像が魅力的な『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の最新作です。予告編は飛び出す絵本がさらに立体映像になったような華やかさ。豪華な顔ぶれの出演者たちによるブラックなファンタジーに期待です。 ...続きを見る
カノンな日々
2008/11/02 17:06
パコと魔法の絵本
2008/09/13公開(09/14鑑賞)製作国:日本監督:中島哲也出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也 子どもが大人に、読んであげたい物語。 ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2008/11/02 17:45
「パコと魔法の絵本」何が出てくるかわからない奇想天外なパコのマジックストーリー
「パコと魔法の絵本」は病院に入院している嫌われジイさんが記憶が1日しか持たない少女と出会い心に残る事をしようと病院全員でお芝居をして頑張るコメディーファンタジーストーリーである。ストーリーは殆どハチャメチャだが最初から最後まで笑えて呆れてしまうコントの連... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2008/11/02 18:09
パコと魔法の絵本
パコと魔法の絵本’08:日本 ◆監督・脚本: 中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆主演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、上川隆也 ◆STORY◆一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大.... ...続きを見る
C'est Joli
2008/11/02 19:54
????????????????????
2008/08/29??????????????????????wyco???????????????????????????????COBS&escalacafe??????????????????????????????????????????????????????????... ...続きを見る
????????
2008/11/02 20:43
『パコと魔法の絵本』
笑って泣ける感動ファンタジーと謳っていた予告編通りに、大いに笑って大いに泣かしてもらった映画でした。やはり『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督は素晴らしい映画監督さんです。濃い色彩にオーバーアクション、反則レベルの笑いや見事なCGと実写の融合など様々な要素を.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2008/11/02 20:44
『パコと魔法の絵本』 (2008) / 日本
監督・脚本:中島哲也原作:後藤ひろひと出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉公式サイトはこちら。<Story>一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫(役所広司)は、持病で入院して... ...続きを見る
NiceOne!!
2008/11/02 21:05
映画「パコと魔法の絵本」
3連休中に映画「パコと魔法の絵本」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2008/11/02 21:53
パコと魔法の絵本
&nbsp;偏屈爺と、飛び出す絵本と、涙の止め方。 ...続きを見る
悠雅的生活
2008/11/02 22:30
「パコと魔法の絵本」泣いて笑って大人の絵本
バカにしていたら、いけませんな。 子供だましの絵本ファンタジーと思うなかれ。 泣いて笑って、笑って泣いて、すごく変だけど、癒される。 出演者でまともなのは、劇団ひとりだけ〜〜〜って、どうよ?・・・・・・・・・・・小池栄子さん、やりすぎです。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・ジャパン
2008/11/02 22:31
パコと魔法の絵本
舞台そのもののような極端な登場人物がひしめく和製ファンタジー。入院中の大富豪・大貫は嫌われ者の偏屈ジジイ。そんな彼が、記憶が1日しか持たない少女パコのために彼女が愛読する絵本をお芝居にすることを思いつく。映像は一場面に原色が多すぎてちっとも美しくない。セ.... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライター...
2008/11/02 23:09
「パコと魔法の絵本」
舞台「ガマ王子vsザリガニ魔人」を映画化した「パコと魔法の絵本」を観ました。 ...続きを見る
またり、すばるくん。
2008/11/02 23:17
パコと魔法の絵本
予告編の役所公司のメイクのインパクトで、ぜひ観たいと思っていました。アヤカ・ウイルソンも可愛いし。 巨大な屋敷に住む青年をひとりの老紳士が訪ねてきた。老紳士は青年の父親の叔父の遺影と1冊の絵本を手に話を始める。とある病院でのお話。変な医者と悪魔のような... ...続きを見る
がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記
2008/11/02 23:18
映画 「パコと魔法の絵本」
映画 「パコと魔法の絵本」 を観ました。 ...続きを見る
ようこそMr.G
2008/11/03 05:35
「パコと魔法の絵本」試写会、感想。
&nbsp;プチ感想は後程。ん、人集りが。おぉ、ガマ王子ではないか。&nbsp;以下、ネタバレ感想。&nbsp;いあ、泣いた。 ガチで泣いた。あの、役所広司が、パコに暴力をふるって、次の日、何も覚えていない、パコに、しかし、役所広司がパコの頬に触れた、その感覚だけ「一日... ...続きを見る
Beinthedepthsofdespa...
2008/11/03 07:50
【パコと魔法の絵本】
元気、いただいてきましたぁ [:楽しい:] ...続きを見る
じゅずじの旦那
2008/11/03 08:51
249「パコと魔法の絵本」(日本)
あの子の心に残りたい  変わり者ばかりが集まっている、とある病院。中でも一代で会社を築いてきた我儘放題の大貫は「お前が私を知っているだけで腹が立つ」と傍若無人な振る舞いで、病院中の嫌われ者。毎日同じ絵本を読んでいる無邪気な少女パコに対しても容赦がない。そしてある日些細な誤解で大貫はパコを引っ叩いてしまう。  ところが翌日何もなかったようにケロッとしているパコ。パコは事故の後遺症で一日しか記憶がもたないのだった。しかもその事故で両親を亡くしていた。そのことを知った大貫が反省し、パコの頬に... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2008/11/03 10:30
「パコと魔法の絵本」
試写会で 観てきました。「パコと魔法の絵本」公式サイト先週観たのに更新すっかり遅れ・・ タラタラ1日しか記憶が持たないパコのために、大人たちが思い出を残そうと大奮闘。舞台が病院内のみ、セリフもみんな次々と・・で芝居っぽいナーって思ったらコレ、元は舞台な... ...続きを見る
かいコ。の気ままに生活
2008/11/03 13:09
パコと魔法の絵本
「パコと魔法の絵本」監督中島哲也出演*役所広司(大貫(ガマ王子))*アヤカ・ウィルソン(パコ)*妻夫木聡(室町(ザリガニ魔人))*土屋アンナ(タマ子(メダカちゃん))*阿部サダヲ(堀米(ヤゴ))*加瀬亮(浩一(アメンボ家来))*小池栄子(雅美(沼エビの魔女)... ...続きを見る
だめ男のだめ日記
2008/11/03 13:12
「パコと魔法の絵本」完成披露試写会
昨日は、国際フォーラムの「パコと魔法の絵本」の完成披露試写会を観てきました。 ...続きを見る
まぁず、なにやってんだか
2008/11/03 13:49
パコと魔法の絵本(2回目鑑賞)
7月29日に「パコと魔法の絵本」完成披露試写会に行ったのですが、もう一度劇場で観たいのと、息子たちにもぜひ観せたくて、今日また「パコと魔法の絵本」を観に行ってきました〜。同じ映画を2度も劇場で観るのは初めて。それだけこの映画を気に入っているのです。 ...続きを見る
まぁず、なにやってんだか
2008/11/03 13:51
パコと魔法の絵本
JUGEMテーマ:映画 ...続きを見る
UkiUkiれいんぼーデイ
2008/11/03 14:50
「パコと魔法の絵本」
 あの子の心に居たいんだよ!という大貫のまっすぐな思い、その大貫の声で朗々と語られるガマ王子の物語にすっかり引き込まれて夢中になっていました。特に“涙がいっぱい出てくるよ”から“ザリガニ魔人を許せない”と立ち上がるあたりに涙腺を貫かれて、本編前に見たはずの予告編を全部忘れてしまうほど、私にしては珍しく沢山泣きました。先生の“いっぱい泣けば(涙は)止まります”などなど、ふとしたセリフも珠玉のものばかり。時には溢れ出す感情を我慢しないのも良いかな、と思い、何だか心が温まって励まされた気分にもなりまし... ...続きを見る
首都クロム
2008/11/03 16:27
パコと魔法の絵本
9月20日(土) 16:40〜 TOHOシネマズ川崎スクリーン6 料金:0円(TOHOシネマズ会員シネマイレージカードのポイント使用) プログラム:600円(後日購入予定) 『パコと魔法の絵本』公式サイト 連続で少女主演作品を観ている・・・ で、「クリスマス・キャロル」を幼少の頃読んで、えらく感動した者です。 『嫌われ松子の一生』『下妻物語』とヘンテコ映画の監督中島哲也の新作。 CG、手作り合わさった派手派手の映像のファンタジー映画。 素晴らしい作品だ。今年の日本映画ナンバー1(たぶん... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2008/11/03 17:43
「パコと魔法の絵本」(2008・日)
中島哲也監督映画「パコと魔法の絵本」を観てきました。 元は”大王"後藤ひろひとの芝居 「MIDSUMMER CAROL〜ガマ王子VSザリガニ魔人」で、 それの映画化です。 ...続きを見る
ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー
2008/11/03 18:04
パコと魔法の絵本 (2008)
{%キラキラwebry%}試写会で見てきました{%クローバーwebry%} レヴューが遅くなっちゃった(^^ゞ ...続きを見る
白ブタさん
2008/11/03 18:07
パコと魔法の絵本
予告が始まった当初はあんまし興味なかったけど、ふと深夜の BSで放送されてた舞台 ...続きを見る
まじめにふまじめ★
2008/11/03 19:00
パコと魔法の絵本
ここは、高台にある古いお屋敷。一階はダンス教室になっていて、黒塗りの顔の男性が雄叫びの響く中、大勢の主婦たちがハワイアン&タヒチアンのリズムに乗って踊っていました。 その屋敷の前に、ひとりの老紳士の姿がありました。彼を迎えたのは、屋敷に住む青年です。青... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2008/11/03 20:16
パコと魔法の絵本 観て来ました
台風が近づいてきているようで心配です。 進路に当たっている皆様、お気をつけ下さいませ。 ...続きを見る
サトシの独り言
2008/11/03 20:23
「パコと魔法の絵本」大人の方が泣ける
監督 中島哲也少しあらすじ 自殺未遂を繰り返す元有名子役や、消防車にひかれた消防士など変わり者ばかりが集まる病院があった。中でも一代で自分の会社を築いた大貫(役所広司)は、我がままで一番の嫌われ者。ある日大貫は、いつも同じ絵本を読んでいる少女パコ(アヤ... ...続きを見る
ももたろうサブライ
2008/11/03 21:07
★パコと魔法の絵本(2008)★
子どもが大人に、読んであげたい物語。 上映時間105分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2008/09/13ジャンルドラマ/コメディ/ファンタジー【解説】04年に上演され話題となった舞台『MIDSUMMERCAROLガマ王子vsザリガニ魔人』を原作に、「下妻物語」「嫌われ松... ...続きを見る
CinemaCollection
2008/11/03 21:19
パコと魔法の絵本
こないだ、「パコと魔法の絵本」を見てきました。 ...続きを見る
ヱェテルノヲト。
2008/11/03 22:46
パコと魔法の絵本
 先日「パコと魔法の絵本」を見てきました。  不覚にも泣いてしまいました・・・・・。 ...続きを見る
悟空の絵日記
2008/11/04 00:14
パコと魔法の絵本
中島哲也監督が、もともと舞台劇だった 「MIDSUMMER CAROLガマ王子vsザリガニ魔人」を 思い切りカラフルで、コスプレ全開の中島ワールドで仕上げた作品です。 パコ役のアヤカ・ウィルソンの可愛さは、まさに天使のようでした。 ...続きを見る
ルナのシネマ缶
2008/11/04 01:31
パコと魔法の絵本
可笑しな医者に可笑しな看護婦、可笑しな患者達が集まる病院。偏屈な老人おーぬきは、自分勝手な言動でみんなから嫌われていた。ある日、おーぬきは一日しか記憶が持たない少女・パコと出会った事で、その心情に変化が現れる。おーぬきは、パコの記憶に残るよう、彼女の大... ...続きを見る
5125年映画の旅
2008/11/04 07:10
パコと魔法の絵本
映画「パコと魔法の絵本」の感想です ...続きを見る
ジャスの部屋 -映画とゲーム-
2008/11/04 11:01
パコと魔法の絵本
患者さんもお医者さんも看護師さんも全員変わり者の病院がありました。 偏屈な入院患者、大貫は嫌われ者で、ある日少女パコを突き飛ばします。 翌日そのことを忘れているパコは、一日しか記憶が持たない患者でした。 パコとふれあううちに、大貫は今までの生き方に疑問を感じるようになり、パコのためにあることを思いつきます…。 ハートフル・ファンタジー。 ...続きを見る
象のロケット
2008/11/04 11:22
パコと魔法の絵本
大好きな中島監督。ブログの皆さんの評判は上々ということで久々の劇場鑑賞です。 ...続きを見る
とりあえずブログ。
2008/11/04 12:11
パコと魔法の絵本
「パコと魔法の絵本」監督・脚本:中島哲也原作:後藤ひろひと出演:役所広司/アヤカ・ウィルソン/妻夫木聡/土屋アンナ/阿部サダヲ/加瀬亮/小池栄子/劇団ひとり/山内圭哉配給:東宝概要:一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していた。病院... ...続きを見る
マー坊君の映画ぶろぐ
2008/11/04 18:35
パコと魔法の絵本
土曜、イオン下田での映画鑑賞。1本目に観たのは、「20世紀少年」。2本目に観たのが、<a href="http://minkara.carview.co.jp/us ...続きを見る
欧風
2008/11/04 19:30
パコと魔法の絵本
子供向けなのかな?と思ったけれど、 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」と、 中島哲也監督作品は、いつもとても楽しんで見ているので、 やっぱり見に行ってきました。 ...続きを見る
毎日が映画記念日
2008/11/04 20:14
「パコと魔法の絵本」
思い返しただけで涙が溢れてくる。中島哲也監督の前作「嫌われ松子の一生」のときもそうだった。満員の客席で、隣に座ってた小学生の男の子には奇異に映ったかもしれない。でも大貫と同じ。涙の止め方が分からないのだ。それも早々と中盤で。毎日元気な笑顔で絵本を広げて... ...続きを見る
☆ EL JARDIN SECRETO ...
2008/11/04 20:42
パコと魔法の絵本
中島マジック健在!この作品のことを知ったのはつい最近でシネコンの特大ポップを見て ...続きを見る
ぐっち〜の映画DAISUKI!
2008/11/04 20:45
中島哲也監督 『パコと魔法の絵本』 
『パコと魔法の絵本』(中島哲也監督 2008)を観て来ました。 ...続きを見る
L'ATALANTE
2008/11/05 00:19
「パコと魔法の絵本」
「パコと魔法の絵本」試写会 よみうりホールで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2008/11/05 15:58
パコと魔法の絵本(2008)
“子どもが大人に、読んであげたい物語…” ...続きを見る
☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆
2008/11/06 00:24
「パコと魔法の絵本」
『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督によるファンタジー色の強いドラマ。話はシンプルながら、一筋縄ではいかない凝った映像表現で、原色の強い色彩設計に箱庭のような舞台設計。役者のメイクは濃く、誰が誰だか判らないほどの化けっぷり。そんな個性的でしつこ過ぎるような作品なのだが、これで感動させられてしまったのだから脱帽である。リアルとはかけ離れた人工的な映像にあって、操り人形のような役者によって演じられた作品に感動を持ち込めた中島哲也監督は、やはり只者ではない。個性的な患者が入院している病院で、... ...続きを見る
古今東西座
2008/11/06 19:50
映画『パコと魔法の絵本』(お薦め度★★★★)
監督、中島哲也。脚本、中島哲也、門間宣裕。原作、後藤ひろひろ 舞台『ミッドサマー ...続きを見る
erabu
2008/11/08 21:40
パコと魔法の絵本☆独り言
絵本や童話は基本的に好きな世界カラフルポップなイメージと予告のカエルの王子様が飛びだして、サリーちゃんのパパみたいなヘアの役所さんとフワフワヘアのかわいい女の子この世界は、たぶん好みだわ♪という予感もあって久しぶりに初日鑑賞してきたのは『パコと魔法の絵本』 ...続きを見る
黒猫のうたた寝
2008/11/09 00:28
映画「パコと魔法の絵本」
ファンタジーは苦手[E:shock]ですが、「下妻物語」の中島哲也監督なんで「パ ...続きを見る
徒然なるままに
2008/11/09 15:55
試写会 「パコと魔法の絵本」
今日は先日ちらっと書いた試写会。 ...続きを見る
ぶっかにっき
2008/11/12 23:04
【2008-215】パコと魔法の絵本
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/11/29 00:34
?????????????????
?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????&?&??????... ...続きを見る
HAPPYMANIA
2008/12/18 04:21
【映画感想】パコと魔法の絵本(役所広司×阿部サダヲ)[2009-074]
「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が監督した『パコと魔法の絵本』を観ました。 予告編を見ていて、すっかり子供向けの映画だとばっかり思っていたんです。が、実際は全然違いましたね。 笑いあり、感動あり、涙あり。美しい映像美と独特の世界観、個性溢れるキャラクターで、本当に楽しめるエンターテイメント作品でした。 ...続きを見る
映画+小説+家族=MyLife
2009/06/15 00:11
『パコと魔法の絵本』'08・日
あらすじ舞台はちょっと変わった人たちが集まっている、とある病院。中でもわがまま放題のクソジジイ・大貫は病院中の嫌われ者。そんな大貫がある日、パコという名の女の子と出会います・・・。感想『下妻物語』、『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の作品。後藤ひろひと... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2009/10/17 15:51
役所広司 小池栄子 妻夫木聡 / パコと魔法の絵本
ワケもなくペロペロ ...続きを見る
中川ホメオパシー 
2010/04/04 17:53
パコと魔法の絵本
2008年:日本 原作:後藤ひろひと 監督:中島哲也 出演:役所広司、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、アヤカ・ウィルソン、上川隆也 ...続きを見る
mama
2010/07/28 03:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
TB恐縮です〜♪
別冊編集人
URL
2008/11/02 19:17
別冊編集人さん、いつもTBさせてもらってありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
よしな
2008/11/02 20:03
トラバ、ありがとうございました。
ゴクウ
2008/11/03 23:32
ゴクウさん、コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
よしな
2008/11/04 04:06
TBありがとうございました。
はじけたメイクに役どころで、役者さんたちも相当はじけたんじゃないでしょうか?
ええ、はじけてました!
あとから見ると、CGキャラにそっくりで楽しいです。
ちいず
2008/11/04 12:11
トラックバックしていただき有難うございます。
ぐっち〜
2008/11/04 20:44
●ちいずさん、コメントありがとうございます。
そうですよね〜。ガマ王子VSザリガニ魔神のCGがそれぞれのキャラにとっても似ていてかわいかったし、おもしろかったですよね〜。CGが効果的に使われていましたよね。

●ぐっち〜さん、コメントありがとうございます。
TBさせてもらってこちらこそありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
よしな
2008/11/05 06:51
コメントありがとうございました。
本当に、今までとはイメージの違う役をしてましたね。
ただ、阿部サダヲは、そんなにぶっとんでなかったと思いました。
阿部サダヲは、あれぐらいが普通ですから(笑)
YOSHIYU機
URL
2009/10/19 21:12
YOSHIYU機さん、コメントありがとうございます。
阿部サダヲを初めて意識してみたのが医龍だったので、ぶっ飛んだ役じゃなくまじめ系だったんで、僕的にはやっぱりまだ違和感がありますね〜。
よしな
2009/10/20 07:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:パコと魔法の絵本 を観てきました。 よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる