よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京港野鳥公園

<<   作成日時 : 2009/05/07 01:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0




EF75-300 Tv:1/1600 Av:5.6 Sv:200
 eos 20Dからeos 50Dに買い換えてから、今まで使っていた1GのCFじゃ物足りなくなってしまいました。カメラの画素数が820万画素から1510万画素に約2倍弱になりましたからね〜。しかもRAW現像ソフトを買ってからはRAW+sJPEGでとるので、1Gだと40枚しか撮れないんです。
 そこで、CFを買おうと決意。仕事柄いろいろなCFを使いますが、やっぱり信頼性を考えるとSanDiskだよな〜。撮影に出かけて1枚の画像が壊れるだけならまだしも、下手するとすべてのデータが壊れますからね〜。やっぱり信頼性が高いものが良いですよね。
 でも会社の金で買うならともかく、Extreme IVなんて高くて買えない。と言うわけでちょっと速度を犠牲にしてExtreme IIIの8Gを買いました。



EF75-300 Tv:1/1600 Av:7.1 Sv:400
 Amazonで買おうと思ったら、同じExtreme IIIの8Gって値段が全然違う2種類あるんです!なんで?Amazonと上海問屋が販売しているらしいのですが、ユーザーレビューを見ると上海問屋の方は、保証書が入っていないらしい。回復CDも入っていなくて、中国製だったという書き込みもありますが、昔は確かにMade in USAだったんですが最近は本物もmade in Chinaです。調べてみると上海問屋は名前の通り中国からの逆輸入品らしく、偽物を掴まされたらイヤだと、Amazonが販売する高い方を買うことにしました。こちらはMade in Chinaでしたが、保証書はちゃんと入っていました。メディアも安くなったとは言え、個人で買うとまだそれなりの出費ですよね〜。

 前置きが長くなりましたが、EF70-200 F2.8L IS USMという定価28万円(税別)の僕では手が出せないレンズを借りることができました。200mmという望遠なのにF2.8という明るいレンズで、手ぶれ補正機能もついている優れもの。重さも約1.5kgとそれほど重くない。(いや、充分重いです。)UDレンズで色収差も少ないという優れもの。高いだけあるレンズです。
 こんなレンズで何を撮れば良いんだろう?と言うことで、東京港野鳥公園に行ってみることにしました。
 他にレンズを・・・。まずマクロレンズは手放せないと言うことで、EF-S60mm F2.8 macro。ワイド側も撮るかもということで、EF-S 18-200 F3.5-5.6、念のためEF70-300 F4-5.6の4本。う・う・う〜〜っ、レンズだけど3kg。重い。カメラなどを入れると5kg。ちょっとつらい。ひ弱な、よしなです。



EF75-300 Tv:1/1600 Av:7.1 Sv:400
 正直言って、EF70-200 F2.8L IS USMは全くもって役に立たなかった。1枚も撮影しませんでした。鳥を撮影するのに200mmなんて広角です。300mmのレンズを使ってさらにトリミングもしていますからね〜。600mmくらいが欲しいと言うことです。しかもAv f=2.8っていらない。飛んでる鳥を撮ろうとするとマニュアルフォーカスなわけですが、そんなに解放にしちゃうとピントが合わない。最近のカメラは高ISOでも充分きれいなので、絞ってISOあげてぶれないようにする方が楽。だから鳥を撮るのにこのレンズはちょっと選択ミスでした。

EF75-300 Tv:1/1600 Av:7.1 Sv:400
 動きの遅いカモばっかりです。飛んでいる鳥を撮るのには僕の実力が完全に不足しています。技術的にも不足していますし、良い感じで飛んできてくれるのを待つ忍耐力、木に止まっている小鳥を探す能力も完全に不足です。

EF-S60mm macro Tv:1/100 Av:2.8 Sv:400
 このかわいらしい花はカタバミ。“クローバー”かと思っていたら全然違う科らしい。一般にクローバーというとシロツメクサ(白い花で、よく小さい頃花輪をつくって冠にして遊んだ花。葉の1枚1枚は丸っこい。カタバミは葉がハート型。)を指すらしいです。

EF-S60mm macro Tv:1/320 Av:2.8 Sv:640
 ISO640まであげるとちょっとノイズが見えてきちゃった。でも手持ち撮影なのでISOあげないとぶれちゃうんですよね。ちょっと風もあったし。

EF-S60mm macro Tv:1/2000 Av:2.8 Sv:200
充分明るいけど、ISO200なのは高輝度階調優先の機能を入れているから。。。

EF-S60mm macro Tv:1/800 Av:2.8 Sv:200
 ハチも大忙し。もうちょっと被写界深度を深めにすればよかった。

EF-S60mm macro Tv:1/1600 Av:2.8 Sv:200
 花の名前がわからない・・・。図鑑買おうと決意!

EF-S60mm macro Tv:1/1600 Av:2.8 Sv:200
 何気ない草でもマクロでぼかして撮るとちょっと作品風に見えますよね〜。

EF-S60mm macro Tv:1/640 Av:2.8 Sv:200
 う〜ん。ハルジオンとヒメジョオンどっちだろう。花はとってもよく似ているので混同しやすい雑草。ヒメジョオンは背が高く1mを越えることもあり、蕾は上を向いている。舌状花(白い部分)の数が少なめ。花は初夏から秋にかけて咲く。ハルジオンは背が低く蕾は下を向いている。舌状花(白い部分)の数が多め。花は4〜5月に咲く。
 この写真は、背が20cmくらいで蕾は下を向いていて、なにより5月に咲いているのでハルジオン、いわゆる貧乏草でしょう。

EF-S60mm macro Tv:1/1000 Av:3.2 Sv:250
 すみません。これも花の名前がわかりません。

EF-S60mm macro Tv:1/800 Av:3.2 Sv:200
 言わずと知れたタンポポ。実はタンポポの写真を撮りたくてここまで来たんです。

EF-S60mm macro Tv:1/800 Av:3.2 Sv:200
 今度はアップ
 今年、ほとんどタンポポ終わっちゃってるんです。5年くらい前、ゴールデンウィーク時期にちょうどタンポポがたくさんきれいに咲いていたのですが・・・。今年はやっぱり温かいのでしょうか。温暖化なのかたまたま今年がなのかはわかりませんが。温暖化ではなく、温Down化しなくてはね!

EF-S60mm macro Tv:1/800 Av:2.8 Sv:200
 今度は小さめ。

EF-S60mm macro Tv:1/1600 Av:2.8 Sv:200
 たぶん、セイヨウタンポポではなく在来種だと思います。

EF-S60mm macro Tv:1/800 Av:2.8 Sv:200
 タンポポの親子ですね。

EF-S60mm macro Tv:1/500 Av:3.2 Sv:200 -2/3補正

EF-S60mm macro Tv:1/640 Av:2.8 Sv:200
 花のつぼみ。花も咲いていたけど、蕾がおもしろかったので蕾だけ。

EF-S60mm macro Tv:1/3200 Av:3.2 Sv:200
 手持ちでここまで撮れるってすごくない?


 結局、野鳥公園なのに、ほとんど花の写真。しかも4本もレンズ持って行ったのに使ったのは2本。しかもほとんどマクロレンズ。せっかく高いレンズを借りられたので試し撮りのつもりだったのに・・・。
 冒頭に5kgで重い!なんて書きましたが、レンズだけで5kgあるような器材を抱えている人がざらにいます。そう言う器材は三脚もそれなりに重いので大変です。5kgで重かったら写真なんて撮れませんね
 ちなみに行きに1台、帰りに2台、白バイに捕まっている車を見かけました。皆さん、気をつけて運転しましょうね〜。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京港野鳥公園
一家揃って双眼鏡を持って東京港野鳥公園へ向かった。水鳥やカニを見ることができた。≫写真を大きくしました。 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2009/08/02 19:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




東京港野鳥公園 よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる