よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:ボルト

<<   作成日時 : 2009/08/13 22:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 38 / コメント 11



 ディズニーのCG映画ボルトを観てきました。


●ストーリー(ネタバレあり)
 シェパード犬のボルト。彼はペットショップに来た女の子・ペニー(マイリー・サイラス / 白石涼子)に気に入られ買われていった。科学者であるペニーの父親は悪の総帥ドクター・キャリコ(マルコム・マクダウェル)に狙われており、娘に危害が加えられるのを危惧してボルト(ジョン・トラヴォルタ / 佐々木蔵之介)をスーパードッグへと返信させていた。走れば車よりも速く、車を持ち上げるほどの怪力、目からはビームを出し、破壊力抜群のスーパーボイス。そんなスーパーパワーを持ったスーパードッグだ。
 ある日、ペニーの父親はキャリコに捕まってしまう。ペニーとボルトはキャリコの手下を捕まえ、キャリコと父親の居場所を突き止める。ところがキャリコの手下が二人(と言うか、一人と一匹)を執拗に追い回すが、ボルトのスーパーパワーで一網打尽に!
 ここで今日の撮影はお終い。

 ペニーとボルトの物語はハリウッドのテレビドラマ。しかし必ず最後にはボルトとペニーが勝ってしまい、10代後半から30代前半の視聴者の人気が落ちてきてしまっている。監督はディレクターから、なんとしてもこの世代からの支持率を上げるように言われていた。
 一方、ペニーは役者としてではなく本当にぼるとのことが大好き。家に連れて帰りたいと母親やマネージャーに願い出るが、ボルトはハリウッドの撮影所のトレーラーで育てられ、ドラマの世界が現実だと思っている犬。キャリコもスーパーパワーも現実だと思っている。だからこそ犬がリアルな演技をするのだ。そんなボルトがペニーの家に行ったらドラマが現実ではないとボルトにばれてしまうため、絶対に叶わぬ夢なのだった。

 この日の撮影では、ペニーがキャリコに捕まってしまうシーンだ。いつもハッピーエンドだと言われた監督はこの日はペニーが捕まったところで終わらせることにしたのだ。だがボルトにとってはペニーが心配でたまらない。ボルトはトレーラーから抜け出し、撮影所から抜け出し、ペニーを探しに向かう。
 ところがふとしたトラブルから配送業者のトラックに乗ってしまい、西海岸のカリフォルニア州のハリウッドから東海岸のニューヨークまで運ばれてしまう。
 ペニーはどこだ?そこで知り合ったネコ・ミトンズ(スージー・エスマン / 江角マキコ)をキャリコの手下だと勘違いしたボルトは、ミトンズを人質にとり、ペニーを探す。何のことか全くわからないミトンズだが、ペニーの居場所を吐かないと殺すというボルトの脅しに「ペニーはハリウッドにいる。」と言う。ボルトの首輪に書かれていた「ハリウッド」の文字を見つけたからだ。
 ボルトとミトンズはハリウッドに向かって旅をはじめるが、オハイオ州のキャンピング場でハムスター・ライノ(マーク・ウォルトン / 天野ひろゆき)と出会う。テレビオタクのライノはボルトの大ファン。ライノはミトンズに「スーパーボイスを知らないの?」と言うが、ミトンズはそれがテレビの中のパワーであることを知る。しかしボルトはまだ自分がスーパードッグであると信じている。
 3匹は汽車に乗ろうとするが、途中汽車から振り落とされてしまう。お腹がすけばお腹が鳴り、汽車から落ちれば血を流す。今までまったく経験をしたことのないことを経験し落ち込むボルト。ミトンズは「それが現実なんだ。」と言うが、ボルトは力を失ったのは梱包材の発泡スチロールの所為だと思い込む。
 ところがある日、ミトンズとボルトは動物管理局に捕まってしまう。ボルトはスーパーパワーで逃げだそうとするが、目からビームは出ないし、体当たりしても檻を破れない。スーパーボイスも出せない。
 ライノの活躍でボルトは脱出することができたが、ボルトの力ではなくライノが鍵を開けたから出られたことを知らされたボルトは自分には本当に力がないのではないかと思い始める。
 力がないならばないなりに頭を使ってミトンズを救い出すボルトとライノ。2匹の計画はうまくいき、無事にミトンズを助け出すことに成功する。そして3匹はまたハリウッドに向けて出発する。
 途中でボルトはミトンズから、普通の犬がどんな生活をしているのかを教えられる。一方、ミトンズはかつて人間の飼い猫だったが人間に捨てられたことを告白する。ペニーは所詮子役。ボルトのことを好きなのも演技さ。ペニーだってあんたのことを気にしちゃいないさと告げるミトンズ。ボルトはその言葉にショックを受けるが、ペニーだけは違うと信じる。
 その事が原因でボルトとミトンズはケンカになり、一人でハリウッドに向かうボルト。
 なんとか撮影所に戻れたボルトだが、ペニーは他の犬を「ボルト!」と言ってかわいがっているのを見かけるボルトはショックを受け、撮影所を後にする。ケンカしたものの心配になったミトンズも撮影所に駆けつけるが、ペニーと別の犬のやり取りは撮影のリハーサルだったことを知る。ミトンズは落ち込むボルトに「あんたの言うとおりペニーは違うよ。あんたのことを心配していたのさ。」と言うが、この目で他の犬をかわいがっているのを目撃したボルトはミトンズの声が届いていなかった。

 撮影所ではボルトの代わりの犬を使った撮影が行われはじめた。ペニーを助けようとするボルトの撮影だ。ところが代役の犬はセットに怖がってしまい、スタジオから逃げ出してしまう。その時にセットのロウソクを倒してしまい、スタジオは火事に。誰も縛られたままのペニーを助ける余裕はなかった。
 力を落として撮影所を後にするボルトの鼻に焦げた匂いが。火事の匂いだ。ペニーのことが心配になったボルトはスタジオへと向かうが、スタジオは火の海。ミトンズとライノのおかげでスタジオに入れたボルトはなんとかペニーを見つけ、助けようとする。
 しかし炎と煙にまかれたペニーとボルトはもはや逃げ場所はなく、とうとうペニーも煙を吸ってしまい倒れてしまう。ボルトはペニーを引きずって歩こうとするがスーパーパワーのないボルトは彼女を連れて歩く力はなかった。
 そんな時、ボルトは排気ダクトを見つける。スーパーボイスはないが、今自分にできることは大声で叫んで助けを呼ぶことしかない。「ワン!ワン!」
 外ではペニーの母親が娘を捜していた。消防隊もスタジオの中は火の海。どこにいるのかも、ましてやまだ生きているのかもわからないペニーを探しに入ることはできなかった。
 そんな彼らの耳に届いたのは犬の鳴き声。ペニーがここにいるんだ!消防隊は犬の声のする排気ダクトの近くの壁をぶち破り突入する。救急車で運ばれるペニーとボルトだが、その横ではマネージャーが、ドラマの世界ではなく現実の世界でもペニーを守ったボルト、これは話題になると言うが、母親は娘は今日で引退とマネージャーを張り倒す。

 こうして、ペニーとボルト、そしてミトンズとライノは幸せに暮らすことができるようになりました。

p.s.
 同時上映(ショートムービー)はメーターの東京レース。






●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 短編ムービーの方はメーターの東京レース。2006年のディズニー長編アニメカーズのスピンオフアニメ。もとのカーズがあんまりおもしろくなかったんですが、今回の作品はまぁまぁ。改造されたメーターが日本で東京タワーを目指してドリフトレースをする内容。東京が舞台なだけあって、違和感のある日本語の看板(ネオン)などもあり、車は左車線を通行している。でも、メーターが若い頃の話(メーターの妄想なんだけど)のわりには東京タワーに地上波デジタルのアンテナが設置されていたり、やっぱり外国人が見た日本という感じがして、おもしろいです。ちなみに、スピンオフは4本作られていますが、初めて見ました。4本ともメーターの妄想が舞台となっていて、途中からマックイーンが不自然な形で無理矢理登場するらしいです。

 本題のボルトの方も最高です。ディズニー映画ですから、実話の世界でもボルトがペニーを救って、一緒に暮らしてめでたしめでたしなんだろうなというのは見る前から想像できますし、全くその通りで、驚きはないけれど安心してみられる期待を裏切らない作品。
 それなのに、偽物のボルトと仲良くしているところを見てしまうボルトの場面や、スーパーボイスで助けを呼ぶシーンなんかは、わかっているのに目頭が熱くなってしまいます。
 以前、トリビアの泉で、犬は飼い主がピンチになった時助けを呼びに行くのはどのくらいの率かというので、一部やらせがありましたね。うちの犬は僕がひき逃げにあったり、ピンチになった時、助けを呼びに行ってくれるかなぁ?うちの犬は僕に飼われて幸せなのかなぁ?気になるところです。
 話がずれましたが、オーソドックスなストーリーではありますが、笑いのツボがいくつかあって、結構笑ってました。僕が一番はまったのは、動物管理局にミトンズを助けに行く時のライノがBGMを歌うシーン。レイトショーだったので観客が少なく、みんなシーンとして見ていたので、笑いをこらえるのが大変でした。僕と左後ろにいた女性はいろいろなシーンでクスクスしていましたが、イマイチレイトショーは静かなのでノリが悪いですね。(普段はレイトショーは静かで好きなんですが。笑うところは笑いたいですよね。)
 今回は2Dで観たのですが、3Dはどんな感じなんでしょうね。2Dでも充分楽しめました。やっぱり映画の善し悪しは2Dか3Dかじゃないですよね。3Dだからっていう理由で高い料金を払わなくても、2Dでもおもしろい作品はおもしろいと思います。いや、ホントのことを言うと、3Dで観たかったのさ。でも、3Dの字幕版がなかったのさ。だから仕方なく2Dで観たのさ。映画館さん、3Dやるときは字幕版もよろしくです。



観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点






※キャンペーンは本記事掲載時3/31までの期間限定キャンペーンです。実際のキャンペーン内容は各サイトでご確認の上ご利用ください。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(38件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ボルト
ディズニー+ピクサーの合併第1作。製作総指揮に『レミーのおししいレストラン』、『WALL・E/ウォーリー』のジョン・ラセターを迎えたアドベンチャーアニメーション。主役の犬の吹替えをジョン・トラボルタが演じているが、日本語吹替え版では佐々木蔵之介が務める。他にも白石涼子、江角マキコ、天野ひろゆきといった俳優陣の声優も注目です。初の3Dでの鑑賞でした。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2009/08/13 23:15
ボルト
犬版「トゥルーマン・ショー」と呼びたいこのアニメは、ハリウッドのスター犬・ボルトが主人公。手違いでNYに来たボルトは、自分のスーパー・パワーがすべて偽物でTVドラマの世界のことだと知るが、大好きな共演者の少女ペニーを助けるため、本物の冒険へと旅立つ。主人.... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2009/08/13 23:54
映画「ボルト」@ウォルト・ディズニー・スタジオ試写室
   同時上映「メーターの東京レース」の話 まず本編上映前にピクサー作品「カーズ」のスピンオフ短編作品「メーターの東京レース」が上映された。監督はピクサーの生みの親ジョン・ラセターだ。 映画の主人公は整備車のメーターだ。舞台はメーターの妄想世界で東京の... ...続きを見る
masalaの辛口映画館
2009/08/14 00:38
ボルト
人気TVドラマでスーパードッグとして活躍するタレント犬のボルトが、 ひょんなことからスタジオの外の世界に飛び出し、初めて体験する現実 世界でいろいろな体験を経て、共演する女の子のもとへ帰る道中を描いた ディズニーの3Dアドベンチャーアニメ。アメリカで人気テ.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/08/14 01:44
ボルト
★★★ ...続きを見る
スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
2009/08/14 02:23
CGアニメ「BOLT」(ボルト)これ、面白いよぉ!
前からちょっと気になっていた、CGアニメのボルト。 子供向けなので機内映画でも日本語字幕があったから、楽に鑑賞できた。 でも子供向けとナメてかかってはいけない。 たまに、どんな年齢層を対象にしているのか、CG技術にばかり気を取られて、ストーリーがおざなりになってしまっているCGアニメとかあるけど、これは違う! しっかりと子供も大人も楽しめて、ストーリーもなかなかなのだ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・London
2009/08/14 03:20
『ボルト(吹替え版)』
  「ずっと家族だって、信じてる」   ■白い犬のボルトはハリウッドのスタジオで育ったスター犬。TVドラマの中で、飼い主の少女ペニーを守るために改造されたスーパードッグとして無敵のスーパーパワーを発揮し、悪党たちを次々と退治していた。人間たちは、ボルト ...続きを見る
唐揚げ大好き!
2009/08/14 05:15
『ボルト』(2009)/アメリカ
原題:BOLT監督:クリス・ウィリアムズ、バイロン・ハワード製作総指揮:ジョン・ラセター声の出演:ジョン・トラボルタ、マイリー・サイラス試写会場 : ウォルト・ディズニー試写室公式サイトはこちら。<Story>人気TVドラマのスーパー・ドッグのボルトは、ド... ...続きを見る
NiceOne!!
2009/08/14 05:40
ボルト
監督・脚本: クリス・ウィリアムズ キャスト (声の出演) ボルト☆ジョン・トラヴォルタ ペニー☆マイリー・サイラス ミトンズ☆スージー・エスマン ライノ☆マーク・ウォルトン Dr.キャリコ☆マルコム・マクダウェル 監督☆ジェームズ・リプトン エージェント☆グレッグ・ジャーマン 他 【ストーリー】 アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。 ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに運ばれる途中、迷子になってしまった彼は、アメリカ... ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2009/08/14 05:53
ボルト
吹替えがお勧め!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/08/14 10:36
「ボルト」試写会、感想。
着眼点は斬新、何処かで観たようなストーリーでは無く、確かに展開に予定調和な感じは拭えませんが、「この先どうなるのかな?」な感じは、子供達を最後迄飽きさせずに引っ張る魅力はあるかと思います。子供達が頻繁に笑い声をあげていた感じからして、ターゲット層を緻密... ...続きを見る
Beinthedepthsofdespa...
2009/08/14 11:00
ボルト 3D日本語吹き替え版
脚本がすばらしく、3Dでなくても物語だけでも内容が濃い。アクションをたっぷりと楽しみ、動物たちのぬくもりも感じたいなら3Dで見てほしい。この物語は非常によくできていて、大人の鑑賞にも堪えうると思う。動物を幸せにできない人間は、自分も幸せにできないと思った。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2009/08/14 14:25
『ボルト』
飼い主ペニーを探してアメリカ横断の大冒険。でもOPからのスピーディーで格好のいい劇中劇には敵わない。ボルト、ミトンズ、ライノといった3キャラクターが凄く愛らしくて、展開が読めるとはいえ面白いお話なんですけど、やっぱりOPの劇中劇が面白すぎて最後までどこか物足.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/08/14 14:26
ボルト
トゥルードッグ・ショー ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2009/08/14 16:53
ボルト
改造されたスーパードッグのボルトは、飼い主のペニーと共に、襲い掛かる悪党たちを次々と退治していた。 スーパーパワーを持ちペニーを守&... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2009/08/14 17:51
ボルト・・・・・評価額1550円
私はどちらかと言うと猫派の猫バカなので、ハリウッド映画における過剰な犬偏愛主義にはしばしば拒否反応を感じてしまう。 だが、そんな私で... ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2009/08/14 18:24
『ボルト』・・・全てが嘘だとわかっても
よりによって「千円の日」に特別料金2千円はどうよ?・・・と多少の躊躇はあったものの、結局3D(日本語吹替版)にて鑑賞。 ...続きを見る
SOARのパストラーレ♪
2009/08/14 19:11
ボルト
あなたはホントにいい子。 ...続きを見る
悠雅的生活
2009/08/14 19:37
スーパー・ドッグ!〜『ボルト』 【吹き替え版】
 BOLT ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2009/08/14 20:56
ボルト 3D吹替版/佐々木蔵之介、江角マキコ
ディズニーアニメなんですけど、これまでとちょっと違う感じがするのは、やはりピクサーのジョン・ラセター製作総指揮によるものだからなのでしょうか。犬好きな私としては先ずボルトのルックスに一目惚れしちゃったんですけど、ストーリーもアメリカ横断の大冒険劇という事.... ...続きを見る
カノンな日々
2009/08/14 22:32
ボルト [映画]
原題:BOLT公開:2009/08/01製作国:アメリカ上映時間:96分鑑賞日:2009/08/01監督:バイロン・ハワード声の出演: ジョン・トラヴォルタ/ボルト マイリー・サイラス/ペニー スージー・エスマン/ミトンズ マーク・ウォルトン/ライノ マルコム・マクダウェル/ドク.... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2009/08/14 22:43
【映画評】<!-- ほると -->ボルト
ハリウッドのスタジオ育ちで自分をスーパー犬と信じ込んでいたボルトが、スタジオ飛び出して嘘を知ってもなお飼い主ペニーを信じて旅するアドベンチャー・アニメ映画。 ...続きを見る
未完の映画評
2009/08/14 23:23
ボルト(試写会) BOLT
ウォルト・ディズニー&ビクサーが贈る、ハートウォーミングでアクション満載のエンターテインメント作!大人でも充分楽しめます。ボルトはペニーの父の研究の結果、特別な能力を身につけた超能力犬。常にペニーを助けて悪い奴らに挑んでいくんだけど、それは実はドラマの... ...続きを見る
まてぃの徒然映画+雑記
2009/08/16 10:05
ニューヨークからハリウッドへ!☆映画 『ボルト / BOLT』☆
ピクサーと合併した新生ディズニーの記念すべき第1作。 製作指揮にはもちろんのジョン・ラセター♪ 本作は3D版もあるんだけど毎度々の試写会での鑑賞だった為、2D版で鑑賞。 冒頭のアクションシーン(撮影シーン)は迫力満点で、これで掴みはバッチリ! ペニーを守るスーパ... ...続きを見る
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
2009/08/16 14:49
ボルト
水曜は試写会が当たったので行ってきた〜。 ...続きを見る
欧風
2009/08/16 18:11
ボルト/ Bolt
わんこ祭りだ〜!第 1 弾! ...続きを見る
描きたいアレコレ・やや甘口
2009/08/17 08:33
【ボルト】
甥っ子と姪っ子連れての観賞です。 一番最初に予告見て以来「これみる!」と言い続けていた映画、子供心くすぐる要素満載なのでしょうね〜 タイトルも覚えやすくていいみたい♪ 吹替え版での観賞です。 ...続きを見る
日々のつぶやき
2009/08/17 16:18
「ボルト」は〜とうぉ〜みんぐ!
[ボルト] ブログ村キーワード  この夏休みも“我が娘・かぁたん(仮名・7歳)”と行きました、“娘と映画・第9弾!”今回は「ボルト」(ウォルト ディズニー スタジオ モーションピクチャーズ ジャパン)。もちろん、“日本語吹替え版”そしてお楽しみの“デジタル3−D”を観に行きました! ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2009/08/21 22:13
「ボルト」
かみしめる普通の幸せ。自分が特別な犬じゃないことを知り落ち込むボルトに猫のミトンズは、普通の犬でいることがいちばん幸せなことと諭す。「普通」って何よ?思わずそう言ってしまうこともあるが今日だけはよく分かる。「普通」とは「異常じゃない」ことだ。「スーパー... ...続きを見る
☆ EL JARDIN SECRETO ...
2009/08/21 22:48
映画「ボルト」
昨日は「神宮外苑花火大会[E:shine]」。天気が危ういけれど休暇を取ったので ...続きを見る
徒然なるままに
2009/08/22 17:45
「ボルト」 幸せな結婚
一時期、不調和となっていたディズニーとピクサーの関係は、2006年ディズニーがピ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/08/23 10:03
ボルト 安心して子供たちを映画館に連れて行ってね
【 39 -9-】 ひっさしぶりの試写会{/onigiri_2/}(途中何度か当たっていたが他用で泣く泣く行けず)、しかしアニメ・・・{/panda_2/} いやいや、ディズニーだしピクサーだし、わんこのお話だし、ましてやあのむちゃくちゃ感動したウォーリーや、抱腹絶倒したカンフーパンダのように素晴らしい巡り会いもあるかも知れないしとワクワクして試写会場へ。 ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2009/08/24 08:55
ボルト
様々なスーパーパワーで悪と戦うヒーロー犬が主人公の大人気TVドラマ。その主人公を演じている俳優犬のボルトは、ドラマの話を現実だと信じ込んでいた。ある時、ドラマは急展開を向かえ、飼い主のペニーが悪人にさらわれてしまう。ボルトはペニーを救うためにスタジオを.... ...続きを見る
5125年映画の旅
2009/08/25 06:25
『ボルト』
ディズニーアニメの『ボルト』を観賞ー。 ジョン・トラヴォルタのボイスキャストってどうだろう?って思っていたけれど、結構違和感なく観られました。 ...続きを見る
cinema!cinema! ミーハー映...
2009/08/28 12:15
ボルト
 『ずっと家族だって、信じてる』  コチラの「ボルト」は、飼い主のペニー(マイリー・サイラス)を守るために改造されたスーパードッグだというTVドラマの設定を信じ込まされているボルト(ジョン・トラヴォルタ)の活躍を描いたピクサーと合併し新生ディズニー第1弾作... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/08/28 13:20
★「ボルト」
今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 夏休みなので子供連れのお客さんでにぎわってましたが、 日本語吹き替え版のみの上映だけど、特別料金の吹き替え3D版も併映されてたからか、 意外とすいてたね。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/08/28 23:26
映画『ボルト<日本語吹替え版>』(お薦め度★★★)
監督、バイロン=ハワード、クリス=ウィリアムズ。脚本、ダン=フォーゲルマン、クリ ...続きを見る
erabu
2009/08/30 00:45
『ボルト』'08・米
あらすじ車よりも早く、ヘリを飛び越え、破壊力抜群の吠え声で悪の軍団と闘うスーパードッグのボルト。でも、それはTVドラマの中のお話で・・・。感想アカデミー賞長編アニメ賞ノ... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2010/11/08 23:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!今日見てきました。
期待していなかったので、すごく良かったです☆
私は吹替え版を見たので、劇場内は家族連れがいっぱい!
親御さんも思わず吹きだしたり、爆笑してました(笑)!
マキサ
2009/08/14 23:41
マキサさん、こんばんは。
吹き替え版キャストをみると、芸人とか下手そうな人はいなそうだったので良かったですね。
僕は字幕版のレイトショーだったので子どもはおらず、大人も少なめ。だから笑ったりするひとも少なく、ちょっと寂しい上映でしたよ。
よしな
2009/08/17 02:19
3Dにしなくてもいいような・・・。実を言うと自分の体質に合わないみたいで、エンドスクロールの前にホールから出たんです。ちょっと気分というか目がクシュクシュして仕方なくなりました。
効果は赤青セロファンのものより数倍自然に飛び出してました。短編の方が効果が顕著だった用に思います。
気になってるのは、撮影にビビッて火事の原因まで作って逃げていった「ボルト2号」の行く末です。
で、3Dはあまり長編は自分には合わないことが判明。トイストーリーの新作は3Dらしいけれど、過去の2作品を3Dに焼直して劇場公開するらしいんです。慣れるかどうか不安はあります。
DVDやBDで販売する時はめがねも付録で付けるんでしょうか?家族向けに複数のめがねが必要かも。
msya
2009/08/21 20:06
masyaさん、こんばんは。
3D映画って、誇張しすぎるので不自然に飛び出すんですよね。最近では疲れない飛び出し具合を計算していると言われていますが、やっぱり疲れます。ハリーポッターは最初の12分が3Dでしたが、それくらいの時間が限度だと思います。でも、そのあとずっとメガネを持っていなくてはいけないのが不便ですが。

行く末と言えばボルト2号もそうですが、火を使うのに近くに消化器などを用意していなかったスタッフの方が大問題だと思います。

p.s.
以前、スパイキッズの3D版をレンタルした時は、3Dメガネを無料でもらえましたよ。
よしな
2009/08/22 02:01
masyaさんへ。
今日のニュースで、パナソニックは2010年中に家庭用3Dテレビ、3D対応Blu-rayレコーダーを投入する予定だそうです。富士フイルムも3Dデジカメを発売したり、ソニーも3D映画用撮影カメラや映写装置などに力を入れており、これから映画業界、家電でも3D化がすすむでしょうね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090822-00000172-yom-bus_all
よしな
URL
2009/08/22 02:44
おはようございます。追記まで、ありがとうございます。
パナソニックのニュースは自分も確認しました。
そのうち、SWに出てきたホログラム装置なども実現するんでしょうね。
masya
2009/08/22 08:00
お久しぶりです。
映画「ボルト」は、笑えて泣けて観終わって暖かな気持ちになりました。大人が観るのを恥ずかしいと思いましたが大人観賞沢山の方がしているので安心しました。
「アマルフィ」は私の理解力不足(それで助かってる?)故、それなりに楽しく観ちゃいました。殆どの映画が楽しめるタイプ・・・でもその後、よしなさんの記事読んで考えさせられちゃうんですけどね。
余計なコメントですが、「空の入らないひまわり」写真。私は好きです。太陽に向かった女性の顔に見えて、顔を上げて生きてるように感じます。
Nao
URL
2009/08/22 17:58
●masyaさん、こんにちは。
スターウォーズでR2-D2が「助けて、オビワン=ケノービ。あなただけが頼りです。」っていうシーンとかですよね。(もちろん他のシーンでもたくさん出ていますが。)確かにアレが実現できたらすごいですよね。アレができると言うことは、ホントに3Dテレビができるってことですし。でも、電話する度に女性は化粧しなくちゃいけないし、仮病で会社休む時も大変そうですね。(笑)
よしな
2009/08/23 10:10
Naoさん、こんにちは。お久しぶりです。
ボルトはNaoさんのおっしゃるとおり、大人が観ても笑え、泣け、とても良い作品でしたよね。

ひまわりに関するコメントですが、読んでいてさだまさしの「ひまわり」という曲を思い出しました。
歌詞だけではこの曲の良さは半分くらいしか伝わりませんが、もしよければ一度歌詞を観てみてください。

http://www.kashizo.com/data/011sa/005_sada_masashi/039.html
よしな
URL
2009/08/23 10:37
よしなさん、こんばんは。

さだまさしさんの「ひまわり」紹介下さりありがとうございました。早速アクセスして読んでみました。
特にさださんのファンではありませんが、「償い」「オーロラ」等沢山の心に沁みる名曲があります。

「ひまわり」も是非聞いてみたいと思いました。
Nao
2009/08/23 22:30
Naoさん、こんばんは。
“ひまわり”は、平原綾香さんも好きな曲で、カバーしたこともあるんですよ。さだまさしさんの曲は笑える曲、心に沁みいる曲たくさんあって、聞いていて飽きません。高校の時からのファンです。
中島みゆきのファンでもあって、こちらはベスト盤以外のすべてのCDを持っています。すべてのCD持っているからベスト盤を買う必要がないんですね。
最近は、アンジェラ・アキが好きです。

って、全然関係ない話題になっちゃいました。すみません(笑)
よしな
2009/08/24 03:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:ボルト よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる