よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄旅行陸上編

<<   作成日時 : 2009/11/07 02:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2



 今年2回目の沖縄ダイビング旅行。初日はサンゴの植え付け体験(記事はこちら。)をし、2日目、3日目は普通にダイビング(その時の記事はこちら。)をしました。
 本記事はその陸上編です。



 初日の夜は、東京などにも支店がありますが、ぱいかじという沖縄料理の居酒屋さんです。民族衣装を着た女性がお出迎え。他に三線の弾き語りなんかもやってくれますし、カメラマンが徘徊して写真を撮りその場で印刷してくれるサービスなんかも。
 そのカメラマン、カメラの仕事をしている僕にカメラのうんちくを語っていました。しかも間違った知識ですし。。。周りの友達が笑っているにもかかわらずその似非うんちくは止まらず・・・。釈迦ってほどではありませんが、釈迦に説法です。
 料理はおいしかったですよ。

 2日目の夕飯は、豚しゃぶ専門店 我那覇豚肉店。山原豚(やんばるとん)、やんばる島豚あぐーの豚しゃぶのお店です。最初「豚しゃぶに行こう!」と言い出した人に賛同する人は誰もいなかったのですが、さすがにドライバーの提案は強い!賛成する人は僕1人しかいなかったにもかかわらず、半ば強制的に連れて行かれました。
 でも!!!おいしぃ。豚しゃぶって固いイメージだったのですが、柔らかくて口の中でとろけるほどです。全員が豚しゃぶで良かったと言うほどです。

 3日目は毎回行く、すば屋さんうみちか食堂。ホテルから近いので。
 いつもはそんなことなかったんですが、今回、店員さんがイヤなことがあったのかずっとふてくされていて、こちらも気分が悪かったので長居はせずに食事だけしてすぐ帰って来ちゃいました。
 帰ってからホームページを見たら、笑顔サービス券なるクーポン券がありました。そうか!これを持って行かなかったからダメだったのかと納得です。
 すばは値段も安く、いろんな種類があっておいしいんですよ。沖縄すばは“すば”なのに、焼きそばは“そば”なんですね。

 4日目はダイビングができないので、体験王国むら咲むらに行くことにしました。本島はマングローブ林をカヤックで散策しようという予定だったのですが、台風で雨風がある日にカヤックなんてやったら転覆して海まで流されてしまいます。
 入場券を買って入ろうとするのですが、台風の所為か、入場券をチェックする人がいない。正直、入場券いらなかったねぇ〜なんてことを話しながら入っていきます。
 まずは紅型染め体験をすることに。
 

 先生から紅型の歴史とやり方を教わり、お手本を見ながら染めていきます。
 外は看板が飛んだり、木の枝が飛んできたりしていますが、染めている僕らはおしゃべりもせずに筆先に集中しています。

 途中、免停になってしまったとか、不景気だとか、先生の愚痴を聞きながらなんとか完成です!

 3日間乾燥させ、アイロンで定着させ、その後ぬるま湯で洗って糊をおとし、乾燥させるとこんな感じになります。下手な方が味がでるので、不器用な僕でもそれなりの仕上がりになりました。

 次は漆塗り。3年前に携帯電話にマンタを描いたときは我ながらうまくできたので、今回は難易度を上げてキジムナに挑戦です。(3年前の記事はこちら。)

 今回は時間もあまりなかったのと、キジムナは難しすぎるので、納得できるできにはなりませんでした。みんなのを集めて写真を撮ったのですが、恥ずかしいので僕のは一番奥にして撮りました。

 空港の警備員に頼んでみんなで記念撮影。一人別の飛行機で帰ったため8人だったのですが7人での撮影です。そう言えば何回も那覇空港に来ていますが、空港で記念撮影したのって初めてです。


 今回は台風に巻き込まれて、ダイビングも陸上観光もイマイチでしたが、何度行っても沖縄って飽きません。また来年行きたいです。
 来年来る時は飛行機から見える眺めが違うかも知れません。沖縄ってずいぶん手前から飛行機は低空飛行しますよね。有事の時にアメリカ軍の飛行機がすぐにスクランブル発進できるように、沖縄の空はアメリカ軍の管制塔が監視しているんです。上空の方はスクランブル発進した戦闘機が飛べるように開けておかなくてはいけないので、民間機は低いところを飛ぶんです。低いところは空気密度が高くスピードも出せないし、燃費も悪くなるので、本来ならばぎりぎりまで上空を飛びたいのに。。。
 ところが来年4月から、民間機も高いところを飛べるようになるので、ぎりぎりまで高度を維持できるので飛行機の窓からの眺めが変わるんですって。
 余談ついでですが、普天間基地の一部がグアムに移設され、その費用の一部を日本が負担することになっており、今でも日米でもめていますよね。日本の要望が認められてグアムに移設することになったと言うことになっていますが、実際は違います。
 以前は中国や北朝鮮などの軍事設備は貧弱で沖縄を攻撃できませんでしたが、今では沖縄が射程内に入ってしまいました。一方でアメリカ軍の兵器も進化し、沖縄からではなくグアムからでもアジアを射程内におけるようになったのです。沖縄の基地はアジアを射程内に置いている反面、相手国からも射程内に入ってしまったのです。これをグアムに移設すれば、アジア諸国から射程外に出ますがグアムからは射程内なんです。ですから、グアムに基地を移設した方が有事の時に有利に戦略を進められるのです。それを日本に恩を着せて移設費用を出させようとしているんです。
 有事の時以外は深夜は離発着を禁止しているはずなのに、2本ある滑走路のうち住宅に遠い方の滑走路しか使っていないんだからいいだろ!とわけのわからない論理をつきつけるアメリカ軍。そんな理不尽なアメリカ軍に守られている日本。迷惑を被っている沖縄の人と、基地があるから仕事がある沖縄。
 沖縄に住んでいない部外者の僕かも知れませんが、難しい問題だと思います。どうなるのが一番みんなが幸せになれるのかわかりませんが、早期解決を祈っています。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
よしなさん今晩は、熱海の釣りから先ほど帰りましたがJRの車中にそれぞれが大きい荷物を持ち込んできた5〜6人の若者。ダイビングの一行でしたが大変なんですねー、自分が入れるねと言ったら大笑いしていました。
 海中は大分見えやすくなってきたから楽しいですと明るい一行でした。
 沖縄の米軍基地の問題は、そんな面もあるのですか。簡単に結論めいた事は言えませんが、戦争を知っている者としては自国を守ってもらっているその事から考えなければと思いますが。
 戦後60年以上も過ぎていますからねー?。
nana
2009/11/08 21:51
nanaさん、こんにちは。
電車でダイビングに行く時は大変です。ダイビング器材と着替えだけで手一杯になってしまうのでカメラを持つ余裕もありません。電車が混んでくると荷物が邪魔ですしね。
ちなみに友達が実際にバッグの中に入れるか試してみたところ・・・。顔を出して良いのなら入れましたよ(笑)。
もちろん僕は戦争を知らない世代ですが、世界のどこかではまだ戦争をやっていますからね。悲しいことですね。
よしな
2009/11/09 07:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




沖縄旅行陸上編 よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる