よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 写真:紅葉の鎌倉

<<   作成日時 : 2009/12/05 18:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0




EF-S18-200 130mm Tv:1/50 Av:5.6 Sv:200
 仕事もとりあえず山場を超えたし、12/04はいい天気のようだったので代休をとって鎌倉に行くことにしました。今回もeos 50Dを持って出かけてきました。
 実はデジタル一眼レフカメラを買ってからかれこれ5年ちょっとたちますが、紅葉を撮りに出かけたのはなんと初めてなんです。銀塩一眼の時は毎年行っていたのですが、なぜかデジタル一眼を買ってからは一度も行っていなかったんです。

 写真は浄智寺で撮影した写真。ご結婚でしょうか?もしご本人がこの記事を見ていらっしゃいましたら、このページ右下の「メッセージを送る」を押すかこちらにご連絡ください。本人様であることが確認できましたら、お祝いにフォトフレームか何かに入れてプレゼントしますので。。。



EF-S18-200 40mm Tv:1/60 Av:5.0 Sv:200
 まず最初に向かったのは、北鎌倉駅を降りてすぐのところにある円覚寺。ここはかなり広い敷地で夏はイマイチですが、春、秋、冬と四季折々の花が目を楽しませてくれます。(夏はアジサイや夏ツバキがありますが、あまりオススメではない。)

EF-S18-200 70mm Tv:1/400 Av:5.6 Sv:200
 同じく円覚寺。フォトサークルか何かの集団が一斉に三脚を構えて撮影していたので、他のカメラマンも通行人もホントに迷惑。人が構えている前に三脚を立てたり、通行人のことも考えずに三脚を立てたり。こういうマナーを考えられない人たちがいるから、三脚使用禁止のお寺が増えるんです。

EF-S28-200 130mm Tv:1/320 Av:4.5 Sv:200
 円覚寺の方丈。

EF-S18-200 20mm Tv:1/500 Av:4.5 Sv:200
 円覚寺の方丈と如意庵の間にある竹林。紅葉の紅と竹の緑と空の青がきれいでした。

EF-S60mm MACRO Tv:1/250 Av:3.2 Sv:400
 円覚寺黄梅院の庭園にあったミツマタ。朝露がきれいでしたがなかなかうまく撮れず。

EF-S60mm MACRO Tv:1/640 Av:3.2 Sv:400
 円覚寺黄梅院の庭園にあったミツマタの葉。

EF-S18-200 35mm Tv:1/100 Av:4.0 Sv:200
 円覚寺黄梅院の庭園。露出補正を-1 1/3までアンダーにして撮影。僕の思い通りにAEがなってくれないので、露出補正しまくりです。3割くらいはカメラを信用せずマニュアル露出。デジカメならば撮って露出が気にくわなければ削除してまた撮影しなおすことが可能ですし、ライブビューで露出を確認してから撮影できるのでホント便利。銀塩カメラだったら失敗の嵐ですね。

EF-S18-200 18mm Tv:1/100 Av:3.5 Sv:200
 円覚寺山門近くの階段。露出補正を-1 2/3までアンダーに。
 着物を着た女性が鎌倉の雰囲気似とてもあっていました。他のカメラマンからモデルになってと話しかけられていたようです。

EF-S18-200 18mm Tv:1/100 Av:3.5 Sv:200
 円覚寺総門。

EF-S18-200 18mm Tv:1/800 Av:3.5 Sv:200
 場所を変えて東慶寺へ。いわゆる縁切り寺です。このお寺はそれほど広いお寺ではありません。春(ここの梅は早咲きなので冬としておきます。)以外の夏、秋、冬が美しいお寺です。特に壁一面の岩タバコ(6月)と、ろう梅などが有名。その他、アジサイや花菖蒲などもきれいです。
 イチョウの黄色い絨毯などとてもきれいだったのですが、僕の腕が悪くあまりよい写真が撮れなかったので東慶寺はこの1枚だけ。今回18-200mmと60mmマクロの2本しか持って行かなかったのです。10-22mmの超広角レンズを持って行かなかったことをとても後悔したお寺でした。

EF-S18-200 24mm Tv:1/80 Av:4.5 Sv:200
 浄智寺。ここは木や花の種類が多いので1年中何かしら見頃の花があるんですが、いまいち絵にならないんですよね〜。あっ、でもアジサイはきれいで必見です。その頃の竹林も美しい緑ですよ。

EF-S18-200 18mm Tv:1/500 Av:3.5 Sv:200
 アジサイ寺として有名な明月院。アジサイの季節はブルーのアジサイはもちろん、モミジの新緑が美しいお寺です。残念ながらそれ以外の季節は微妙ですが。
 写真は北条時頼のお墓の前の庭園。

EF-S18-200 100mm Tv:1/1600 Av:5.6 Sv:400
 明月院の庭園。今回の鎌倉で一番きれいなモミジでした。他のはまだ早くて緑だったり、もう散り際だったり、紅ではなく黄色だったり、元気なかったり・・・。明月院はアジサイの時もそうですが、本当に庭をきれいに手入れしています。

EF-S18-200 50mm Tv:1/100 Av:5.0 Sv:400
 明月院と言ったらこれ。方丈の円窓。定番スポットなだけあって、逆にどうやって撮って良いのかが難しい。明るさは?色合いは?画角は。。。しかも人気スポットなので人が写真を撮るために並んでいるのでいろいろ試す時間がないので、あらかじめイメージして撮影しないと・・・。

EF-S18-200 28mm Tv:1/100 Av:5.0 Sv:400
 お地蔵さんも冬支度。わらじがかわいかったので一枚撮りました。実はこの上はクリスマス仕様で飾り付けられていました。お寺でもクリスマス???

EF-S18-200 18mm Tv:1/100 Av:3.5 Sv:200
 お次は建長寺。銀塩カメラ時代に撮影に夢中になっている間にレンズを盗まれたことのある僕にとって曰く付きのお寺です。ここは広いお寺で、春、夏、秋が美しいです。梅もありますが数少ないので。
 なんと円覚寺で出会った人とまたここでも出会ってしまいました。着物の女性と迷惑なフォトサークルの人たちです。その人たちと競り合って写真を撮る気にもならず。。。天源院と竜峰院に向かうちょっとした脇道がとてもきれいなんですが、今年はイマイチでしたね。
 一番奥にある半僧坊までは結構距離もあり、階段もあるので結構つらい。この日もおばあさんが四つん這いになって階段を上っていました。写真を撮っていると例の着物の女性が。やっぱり絵になるので撮らせてもらおうかと思いましたが、円覚寺話しかけていたカメラマンのように話しかける勇気が出ず。。。

 半僧坊を超えさらに上に登ると勝上献展望台があり。絶景です。この日は残念ながら富士山は雲の中でした。
 


 戻って鶴岡八幡宮のイチョウを見ようか迷ったのですが、結局そこから天園のハイキングコースへ行くことにしました。峠の茶屋でビールとおでんを食べたかったからなのですが、5分も行くとそれは後悔に変わりました。
 前日の雨でハイキングコースはぬかるんでいるんです。岩も土の部分も滑りやすい。気をつけながら進むのでいつもよりも遅い。それでも何とか天園の峠の茶屋に到着。その頃は汗だくで、ビールがうまい!そう言えば朝もお昼も食べていないのでおでんに追加してトウモロコシも食べちゃいました。ビールも2缶も飲んでしまいました。あまり酔っぱらうと山から下りられなくなるので、ここで終え、山を下りることに。
 獅子舞というイチョウがきれいなところを経由して鎌倉宮へ向かいます。残念ながら獅子舞ではお見せできるような写真が撮れず。。。
 ハイキングコースから降りてくると伊勢原から来たという夫婦に話しかけられました。「君も靴が泥だらけだねぇ。ハハハ。」「そうですね。でも、尻もちつかなかったのでよかったことにしましょう(笑)」とそんなこんなで話が弾んで一緒に鎌倉宮の前まで。
 いつもなら鎌倉宮でも写真を撮るのですが、ぬかるんでいて歩く速度が遅いことと、峠の茶屋で長居しすぎたので鎌倉宮についた時にはすでに写真を撮るような明るさではありませんでした。”厄割石”という素焼きの杯に自分の厄を乗り移らせて岩に向かって割る厄払いだけやって帰ってきました。これが結構ストレス発散になるんです。

 帰りはお土産に鳩サブレと谷戸歩きという栗を使った和菓子を買い、店じまいの絵画展で安売りしていたラッセンの絵を買って帰ってきました。

 久しぶりに鎌倉のハイキングコースに行きましたが、確実に体力が落ちてます。いつもなら半僧坊であんなに息が切れないし。ショックを受けた鎌倉撮影旅行でした。。。ちなみに、歩いた距離は7.5kmくらいかな。
 次は梅の写真を撮りに鎌倉を訪れたいと思います。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




写真:紅葉の鎌倉 よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる