よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:塔の上のラプンツェル

<<   作成日時 : 2011/04/23 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 41 / コメント 2



 近くの映画館はほとんどが吹き替え版だったので、まぁ吹き替え版でもいいかという気持ちになっていたのですが、吹き替えが声優じゃなくて中川翔子ということを知って、なんとしても字幕版で見なくては!と言うわけでブログにも書きましたが109シネマズを運営している東急レクリエーションの株主総会の帰りに、TOHOシネマズ塔の上のラプンツェルを観てきました。



●ストーリー(ネタバレあり)
 太陽から生み出された一滴の光。それは地上に零れ落ち一輪の魔法の花になった。老婆のゴーテル(ドナ・マーフィ、剣幸)はその花に若返りの力がある事を知り、自分の姿を美しく若い姿へと変身させていた。また老いるとその力で若返り、長い間それを繰り返して暮らしていたのだ。
 とある日、その国の国王の妃が妊娠する。しかし妃は重い病にかかってしまい、このままではお腹の赤ん坊も妃も命が危ない。国王は兵に怪我や病を治す魔法の花の捜索を命ずる。ゴーテルはその花を独占するために隠していたが、兵に見つかってしまう。国王がその花のエキスを妃にやるとみるみる回復し、元気な女の子を出産した。女の子はラプンツェルと名付けられた。
 花の力を独占したかったゴーテルは城に忍び込み、花の力が眠るラプンツェルの黄金の髪を切って持ち帰ろうとする。ところが切り取られた髪は色が消え、力も消え去ってしまう。ゴーテルは仕方なく、ラプンツェルを誘拐し、城を立ち去る。ゴーテルは森の奥にある塔の頂上にラプンツェルを隠して暮らしていた。

 それから18年後、大泥棒フリン・ライダー(ザッカリー・リーヴァイ、畠中洋)はスタビントン兄弟(ロン・パールマン、飯島肇)と協力して城に忍び込む。目当ては王女のティアラ。フリンはまんまと盗み出す事に成功するが、警護隊長(M・C・ゲイニー、佐山陽規)が愛馬であるマキシマムに乗って3人を追う。フリンは姉弟を裏切って逃げ仰せるが、その途中で森の中で入口のない塔を発見する。フリンは追っ手から身を潜めるためにその塔に忍び込む。
 18歳になったラプンツェル(マンディ・ムーア中川翔子、歌:小此木麻里)は、母親だと信じるゴーテルから外は危険だから塔から出てはならないと聞かされていた。パンを焼いたり、絵を描いたり、裁縫をしたり・・・それがラプンツェルの毎日。唯一の友達はカメレオンのパスカルだけ。一緒に遊んだり、何でも話し合える大事な友達。そんなラプンツェルは外に行きたいと言うがやはりゴーテルに反対される。毎年ラプンツェルの誕生日には山の向こうから不思議な光が空に登っていく。とても美しい光景だ。ラプンツェルの18回目の誕生日である今日、彼女はどうしてもその光を間近で見たい、そしてその光が何なのかを知りたいと懇願するが、それは叶わぬ夢だった。
 ゴーテルが出かけ、塔で一人遊んでいるラプンツェルの前に現れたのがフリンだった。ラプンツェルは長い髪を利用してフリンを捕まえる事に成功する。髪でフリンを椅子に縛り付け、フライパンを構えて恐る恐る近づくラプンツェル。ラプンツェルはフリンの持っていたティアラを隠し、それを隠す代わりに自分を謎の光のところまで連れていって欲しいと言う。フリンは仕方なくその条件を呑む事に。
 2人は塔を降りる。初めて踏む大地。草の感触がとても気持ちいい。大はしゃぎするラプンツェルだが、一方で大好きな母親・ゴーテルを裏切った自分が許せないという葛藤に襲われる。
 もしあの光を見に行くのなら時間がないとせかすフリン。実は彼にはある計画があったのだ。そうとは知らずフリンに着いていくラプンツェル。そしてフリンが目指した先は荒くれどもが集まる酒場だった。フックの片手を持つフックハンド、大きな鼻のビッグノーズ、大男ウラジミールなど、強面の荒くれ者ぞろい。怖がるラプンツェルだが、パントマイムで有名になりたいなど、みんな夢を持つ心優しい仲間ばかりだった。そこに現れたのはフリンを追う警護隊長たち。2人はみんなの協力を得て逃げ出す事に成功する。その一部始終を見ていたゴーテルはスタビントン兄弟を誘惑し、2人を捕まえるように言う。
 そんな事とは知らない2人は光の放たれる場所、城へと向かう。城下町を初めて見るラプンツェル。お店も、たくさんの人も、目に入るものすべてが彼女にとっては初めてのことばかり。そんな無邪気にはしゃぐラプンツェルのためにフリンはボートを手に入れ、そのボートに乗る。夜になり、光が放たれる。その光はランタンで、誘拐された娘を思って、国王と妃が毎年、娘の誕生日にランタンを放っていたのだ。悲しい光ではあるが、とても美しい光。
 とても幻想的な光景を見終えて岸に戻ってきた2人。ラプンツェルはフリンにティアラを渡すと、フリンはそのまま立ち去ってしまう。一人残されたラプンツェルをスタビントン兄弟が襲う。そこに現れたゴーテルはスタビントン兄弟を倒して、ラプンツェルを連れて逃げる。しかしフリンはティアラを持って逃げたのではなく、スタビントン兄弟に捕まり、衛兵に渡されていたのだ。
 怖い思いをし、フリンにも裏切られたラプンツェルは塔で一人悲しむ。ラプンツェルが何気なく天上や壁に書いた絵を見ると、そこには昨日見た城の紋章と似た絵が描かれていた。それを皮切りに小さかった頃の記憶が蘇る。自分はゴーテルの娘ではなく、国王の娘だ。ゴーテルは自分の髪に宿った力欲しさに幽閉されていたことを知ったラプンツェルだが、ゴーテルに捕まってしまう。
 一方、フリンは処刑をされる所だったが、間一髪、酒場の荒くれどもに助けられた。仲良くなったマキシマムが彼らを呼びに行ったのだ。助けられたフリンはマキシマムに乗って塔へと向かう。ところがゴーテルに刺されて瀕死の状態に。ラプンツェルはゴーテルに彼を助けたらいつまでもついていくことを誓うと言う。ゴーテルはその条件を呑む事にするが、「ダメだ!」というフリンは最後の力を振り絞ってラプンツェルの髪を切ってしまう。途端にラプンツェルの髪はブロンドに変わり、不思議な力もなくなってしまう。
 取り乱したゴーテルはパスカルが仕掛けたロープに躓いて塔から転落してしまう。
 ラプンツェルは動かなくなったフリンに近づき涙を流す。その涙がフリンにこぼれ落ちた時、不思議な力が働いてフリンは回復する。
 そしてフリントラプンツェル、そしてパスカルは再び城へと向かう。王妃と王はラプンツェルを見るなり、18年間探し求めていた我が娘である事を感じ、涙する。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 いや〜、やっぱりディズニーですね。おもしろかった。
 昨年のプリンセスと魔法のキスは、ディズニー的にはもっと稼げると思っていたらしいんですって。失敗の原因が、タイトル(原題:Princess and the Frog)に“プリンセス”とあり、男性に不人気だったと分析したそうです。邦題こそ“塔の上のラプンツェル”ですが、原題は“Tangled”(もつれた、こみいった、当惑した)に変更したそうです。なるほど。観たくなるタイトル、観たくなくなるタイトルって確かにあるかも。そう言う所も気にするんですね。
 内容ですが、まぁディズニー映画なので安心して見られますね。だけど脚本や絵がとてもきれいで音楽もすばらしい。だからちょっとした事で感動しちゃうんですよね。ディズニー映画なんだから生き返るとわかっていてもフリンが生き返った時はウルウルしちゃう。ラスト国王と妃に迎え入れられる時も、「髪の色が変わっていたらそう簡単に受け入れられないだろ〜。今まで『自分が娘です。』と偽物だって大勢現れただろうし。」と、冷静な自分なのに、ジーンと来ちゃう。ラプンツェルが昔の記憶を思い出すシーンなんて、もう大の大人なのに大興奮でした。
 ラプンツェルが塔から抜け出した時、はしゃぎたい気持ちと母親を裏切った気持ちでいっぱいになるあのシーンの見せ方、ディズニー映画的には斬新と思ったのですが、みなさんどうでした?個人的にはいい描き方だなぁと思ったのですが。
 そして一番の見せ場はやっぱり、ボートの上のシーンですよね。ホントにきれいでしたね。美女と野獣のダンスシーン、アラジンのカーペットでのシーンなどを思い出させますが、やっぱり感動する王道ですね。
 話は変わるけど、フリンって言われるとやっぱりトロン・レガシーを思い出しちゃう。不倫じゃないよ。
 これぞディズニー映画!という名作がまた1つ増えたと思う作品でした。

 またまた話は変わりますが、ラプンツェルは左利き?紅茶屋ロンドのSUZUさんにツイッターで指摘されたんですが、確かに右のシーンを見ると左利きに見えますよね。


 まぁ、そんなわけで納得していたんです。で、今回の記事を書くために公式サイトを訪れ、トレーラー動画を見ていて違和感が!それが右のシーン。持つ手が反対!
 と言うわけで、結論はラプンツェルは両利きです!



 たぶん。


 もしかして鏡?






観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(41件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
塔の上のラプンツェル
ディズニー長編アニメーションの第50作目で、グリム童話に登場するラプンツェルを映画化。若さと健康を保つ彼女の魔法の髪を巡り繰り広げられるファンタジー・アドベンチャーだ。監督は『ボルト』のバイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で務める。日本語吹替え版では、アイドルの中川翔子がラプンツェルの声を担当している。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/04/23 22:25
「塔の上のラプンツェル」 伝統と新風
「『ラプンツェル』って、あれか、ブッシュ(息子)元大統領が喉に詰まらせたやつ?」 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/04/24 12:03
映画:「塔の上のラプンツェル」♪。
平成23年4月13日(水)。 映画:「塔の上のラプンツェル」。 【監   督】バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ 【製作総指揮】グレン・キーン、ジョン・ラセター 【製   作】ロイ・コンリ 【脚   本】ダン・フォーゲルマン 【美   術】ダグ… ...続きを見る
☆みぃみの日々徒然日記☆
2011/04/25 09:59
塔の上のラプンツェル・・・・・評価額1650円
「塔の上のラプンツェル」は、ディズニー長編アニメーションの記念すべき第50作目にして、伝統のプリンセス物としては初の3DCG作品だ。 ベースとなっているのは、グリム童話の「髪長姫」だが、髪の長い少女が... ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2011/05/01 16:09
『塔の上のラプンツェル』 あなたも超能力者?
 ディズニーは『魔法にかけられて』で失敗したと思ったのだろう。結局『魔法にかけられて』のジゼル姫をディズニー・プリンセスから外すことに決定した。何しろ、おとぎの国のジゼル姫が現代のニューヨークへ... ...続きを見る
映画のブログ
2011/05/01 19:02
塔の上のラプンツェル 3D 吹替版/中川翔子
ディズニー・アニメの記念すべき50作品目はグリム童話の「ラプンツェル」です。私の持っているグリム童話集にはこの「ラプンツェル」は載っていないんですけど、ずっと前にNHKだっ ... ...続きを見る
カノンな日々
2011/05/01 21:16
塔の上のラプンツェル (IMAX 3D)
Living On A Prayer ...続きを見る
sailor's tale
2011/05/01 21:45
塔の上のラプンツェル
塔の上のラプンツェル ★★★★☆(★4つ) ...続きを見る
食はすべての源なり。
2011/05/01 22:01
『塔の上のラプンツェル』('11初鑑賞36・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:30の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2011/05/01 22:19
塔の上のラプンツェル
21メートルの長く美しい髪を持つ少女ラプンツェルは、髪に宿る神秘の力を守るために塔に閉じ込められ、一度も外に出た事がなかった。自分の誕生日に空に現れる光の河を間近で観 ... ...続きを見る
5125年映画の旅
2011/05/01 23:02
塔の上のラプンツェル
塔の上のラプンツェル オリジナル・サウンドトラックディズニーの記念すべき50作目は、グリム童話“髪長姫”のヒロイン・ラプンツェルを主人公にしたファンタジー・アドベンチャー ... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2011/05/02 00:09
塔の上のラプンツェル
めちゃくちゃ便利な長い髪 ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2011/05/02 00:21
『塔の上のラプンツェル』・・・魔法の髪、元気印のプリンセス
ディズニーのプリンセス・ストーリーをこれまでじっくり観たことがないので断定はできないが、ここまで躍動的で表情豊かなお姫様はこのラプンツェルがおそらく初めてなのではないだろうか。 好奇心と勇気と優しさをしっかりと兼ね備えた明るく生き生きとしたヒロイン像は、まるでジブリが創り出す朗らかな女の子たちのようだ。 ...続きを見る
SOARのパストラーレ♪
2011/05/02 00:58
■映画『塔の上のラプンツェル』
キュートな髪長姫が歌って踊って、愛する人と夢を実現させていく、映画『塔の上のラプンツェル』。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2011/05/02 02:51
塔の上のラプンツェル2D日本語吹き替え版
ディズニー長編アニメ50作目の作品は、3Dで見るべきだった。3Dでの上映を意識したシーンが多くあって、特にお城から空に昇る風船を湖から見るシーンは絶対に3Dの方がきれいだ。ラプンツェルの髪の毛が持っている能力は、神の万能の力だ。本来人間が持つことがない能力を偶然 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2011/05/02 06:47
塔の上のラプンツェル
公式サイト。原題:Tangled。グリム童話「ラプンツェル」が原作のディズニー・アニメ。電子図書館青空文庫「ラプンツェル」にも収録されている。バイロン・ハワード、ネイサン・グレ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/05/02 08:22
塔の上のラプンツェル
私は知りたい ― 新しい世界を ...続きを見る
Recommend Movies
2011/05/02 09:27
塔の上のラプンツェル
「素敵」としか言い様がない!  ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/05/02 10:17
塔の上のラプンツェル
★★★★☆  赤ちゃんのとき魔女にさらわれて、18年間もの長い歳月に亘って塔の上に閉じ込められ、魔女を母親と信じてきた、魔法の長髪を持つ王女さまのお話である。王女は一度でいいから塔の外へ出て、外の世界を見てみたかった。そして毎年自分の誕生日に、夜空一杯光り ...続きを見る
ケントのたそがれ劇場
2011/05/02 11:39
【塔の上のラプンツェル】
3D、吹替版での鑑賞です。 初めてのIMAX、メガネも軽くとっても見やすかったですっ。 これなら最近あまり好きじゃなかった3D作品、見れるかも! ...続きを見る
日々のつぶやき
2011/05/02 12:52
『塔の上のラプンツェル』は美しくないところに恋するよ。
 今週の『海賊戦隊ゴーカイジャー』はゴーカイイエロー・ルカの主役回。『デカレンジャー』くらいから毎回ヒロインはメイド服着させられている気がする。    怪人の声を当てていた高木渉さんが悪ノリ... ...続きを見る
かろうじてインターネット
2011/05/02 16:31
塔の上のラプンツェル
「塔の上のラプンツェル」監督:ネイサン・グレノ声の出演:マンディ・ムーアザカリー・リーヴァイドナ・マーフィブラッド・ギャレット ジェフリー・タンバー 配給:ウォルト・デ ... ...続きを見る
マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)
2011/05/02 18:32
塔の上のラプンツェル<3D吹替>
【塔の上のラプンツェル】<3D吹替> ★★★★ 映画(19)ストーリー 驚くほど長い魔法の髪を持つ少女ラプンツェル。深い森に囲まれた高い塔の ...続きを見る
りらの感想日記♪
2011/05/02 22:42
塔の上のラプンツェル
人生で一番大事な日。最強の武器。最強の馬。3D日本語吹替え版 ...続きを見る
悠雅的生活
2011/05/02 22:51
塔の上のラプンツェル 3D・吹替
まぁ、ディズニー・クラシックは、わたしの映画館初体験(たぶんシンデレラ)ですから、なんだか気になるものです。これは、3Dで観るつもりじゃなかったんですが、時間の関係で。 ... ...続きを見る
晴れたらいいね〜
2011/05/03 00:07
髪長姫〜『塔の上のラプンツェル』 【3D・字幕版】
 TANGLED  魔法の長い長いブロンドの髪を持つ少女ラプンツェルは、塔の上から18年間 出たことが無い。彼女を王国からさらった老女を母親と思い込まされ、幽閉され ているのだった。彼女の夢は、... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/05/03 07:40
塔の上のラプンツェル
第50作目となるディズニー・アニメ。18年もの間、外の世界を知らずに高い塔の上で暮らしてきた少女が、大泥棒との出会いをきっかけに未知なる世界へと旅立つ物語。「ボルト」のバイ ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2011/05/03 13:04
塔の上のラプンツェル
&amp;nbsp; 深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェル。自由に操れる不思議な長い髪を持つ彼女は、18年間一度も塔の外に出たことがなく、母親以外の人間に会ったこともなかった。そんな彼女の楽しみは、自分の誕生日になると遠くの空に浮かぶ神秘的な&quot;灯り&quot;を見ること。&quot;あの灯りは、私とどんな関係があるのだろう?&quot;成長するにつれ、彼女は灯りへの好奇心を抑えきれなくなっていた。そんな時、お尋ね者の大泥棒フリンが追手を逃れて塔に侵入し、ラプンツェルの魔法の... ...続きを見る
voy's room
2011/05/04 05:36
映画:塔の上のラプンツェル
映画:塔の上のラプンツェル 2011-3-26(キャナルシティ13) ストーリー:深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがないラプンツェルは、母親以外の人間に会ったこともなかった。ある日、お尋ね者の大泥棒フリンが、追手を逃れて塔に侵入してくるが、ラプンツェルの魔法の髪に捕らえられてしまう。しかし、この偶然の出会いはラプンツェルの秘密を解き明かす冒険の始まりのきっかけとなり……。[シネマトゥデイより] 相変わらず面白いの作りますね、ディズニーは。 18年もの長い間、塔の... ...続きを見る
伊八のいろいろ
2011/05/05 06:31
塔の上のラプンツェル
2011年公開作品、朝の10時に2D吹き替えで観賞。時間ギリギリだったが、休日でもないし券買が混むことはないだろうと余裕こいてたら、長蛇の列!ん?今日って学校休みなのかな〜 ... ...続きを見る
映画 大好きだった^^
2011/05/05 21:57
「塔の上のラプンツェル」
2010年・米/ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ原題:Tangled監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード原作:グリム兄弟製作総指揮:ジョン・ラセター製作総指揮/アニメーション・スーパーバイザー ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2011/05/07 01:29
塔の上のラプンツェル☆独り言
次にもう一度観る機会があるのなら字幕で〜なんて思ったけど、初めてのIMAXで吹替えの観賞は満足度はかなりのもの♪3Dは好きじゃないけど、IMAXならお金出した甲斐はあるもんだ〜〜っと実感してきました。(笑)『塔の上のラプンツェル』塔の上に住んでいるラプンツェル外界のこ ...続きを見る
黒猫のうたた寝
2011/05/08 00:31
『塔の上のラプンツェル』 映画レビュー
『 塔の上のラプンツェル 』 (2010) &#160;監  督 :バイロン・ハワード、ネイサン・グレノキャスト :マンディ・ムーア、ザッカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ブラッド・ギャレット、 ロン・パール... ...続きを見る
さも観たかのような映画レビュー
2011/05/09 11:32
塔の上のラプンツェル
「私は知りたい──新しい世界を」 ...続きを見る
『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』...
2011/05/15 03:19
塔の上のラプンツェル
TANGLED/10年/米/101分/ファンタジー・アドベンチャー/劇場公開 監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード 製作総指揮:ジョン・ラセター ...続きを見る
銀幕大帝α
2011/07/21 21:33
『塔の上のラプンツェル』(2010)
グリム童話を元にした、ディズニー・アニメーション・スタジオ第50作記念作品。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2011/08/17 22:59
塔の上のラプンツェル【映画】
この映画は映画館に観に行こうと思っていて見逃した作品 ...続きを見る
as soon as
2012/01/18 03:29
映画 塔の上のラプンツェル
JUGEMテーマ:洋画&amp;nbsp; ...続きを見る
こみち
2014/03/23 11:04
映画レビュー『塔の上のラプンツェル』ディズニー映画の感想等々
こんにちはー(*´−`*)ノその感動は、全世界で『美女と野獣』『アラジン』を超えた!『塔の上のラプンツェル』を観ました塔の上のラプンツェル 3Dスーパー・セット [Blu-ray]デジタル・コピー用DVDが付属してますスマホやiPhoneとかiPadなどのタブレットにコピーして持ち歩けるで持ち歩きたい人にもおすすめです!ラプンツェルはこんなお話しです森の奥深く、人目を避けるようにしてたたずむ... ...続きを見る
嶋津球太の日記(∩)´ω`(∩)
2014/05/11 21:19
映画レビュー『塔の上のラプンツェル』アフィリエイト・ブルーレイ
こんにちはー(*´−`*)ノその感動は、全世界で『美女と野獣』『アラジン』を超え ...続きを見る
映画レビュー主体の嶋津球太のブログ
2014/05/11 21:22
塔の上のラプンツェル(2011)
この作品、かなり好みだなぁ、と感じてしまいました。ずっと、誘拐され、悪い魔女に塔の中に閉じ込められて育った、ラプンツェル。彼女が、初めて外界に出て、万物に感動するシーンは、まるで、「アバター」で主人公が、美しい異世界に感動するシーンのようで、ジーーン。特に、終盤、夢を語ってた男達が、本当に夢を叶えちゃう遊び心も素敵。吹き替えのしょこたんも合ってました。自立あり、ロマンスあり、冒険とアクションあり、夢と美とユーモアにあふれた素晴らしい作品でした。     (解説)グリム童話の「ラプンツェル(髪長姫... ...続きを見る
のほほん便り
2017/03/11 23:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
偏見も甚だしい。まさに町山智浩状態。しょこたんの吹替えは、確実に他の声優を上回ってました。オタクアイドルのイメージで避けたのだろうが、偏見はとにかくソンをする。
みっきい
2011/08/15 03:47
みっきいさん、コメントありがとうございます。
お〜!しょこたんの吹き替え良かったですか?!それは失礼しました。前回、なんだったかなぁ〜?ゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌だったかなぁ?吹き替えではないですが、実写映画に出演していた時に、かわいいけど、演技うまくないなぁと思ったもので・・・。あれから確実に成長していると言うことですね。次回機会があれば…。
よしな
2011/08/15 04:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:塔の上のラプンツェル よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる