よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:モールス  〜今年ベスト1候補です!

<<   作成日時 : 2011/08/22 22:30   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 41 / コメント 4



 キック・アスで世の男を魅了したクロエ・グレース・モレッツ主演の切ないスリラー映画モールスを見てきました。


●ストーリー(ネタバレあり)
 1983年、ニューメキシコ州の高知、雪に閉ざされた田舎町。そんな田舎町の病院に不審な怪我人の男性・トーマス(リチャード・ジェンキンス)が運ばれてくる。車を盗もうとして事故に遭い、自ら硫酸をかぶって頭から体にかけてヤケドしており、しゃべることもできない。警官(イライアス・コティーズ)が尋問しようにも口がきけず、困った警官はメモ用紙とペンを置き、身元を書くように言う。そんな時、1階の受付に彼の娘が来ていると連絡を受け、病室を後にする。
 警官はナースセンターから受付に電話をしていると、病室から看護師の悲鳴が聞こえる。急いで駆けつけるとその男性は窓から転落していたのだ。メモ帳には「すまない。アビー。」と記されていた。

数日前。。。

 この町に住む12歳のオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は、学校ではいじめられ、父親と母親は離婚。母親は精神的にも不安定で、いじめのことなどを相談できず、悩みを自分の胸に押し込むのであった。そんな彼の唯一の楽しみは自分の部屋から望遠鏡で他の人の部屋をのぞき見すること。ボディビルをする若者。ケンカしては仲直りする夫婦。。。そんな時、雪の中を素足で歩く少女(クロエ・グレース・モレッツ)と、父親が歩いているのが見えた。その二人は自分の隣の部屋に超してきたのだ。
 ある雪の夜、オーウェンが中庭でルービックキューブで一人遊んでいると、アビーと名乗るその少女が現れる。「友達にはなれない。」というアビーだが、彼女はオーウェンが遊ぶルービックキューブに興味を持つ。知らないの?と訪ねるオーウェンは彼女にそれを貸すことにする。翌朝、中庭のジャングルジムには全面揃えられたルービックキューブが置かれていた。
 何度か会ううちにオーウェンは彼女に惹かれていくが、彼女には不思議な一面もある。時々嗅いだことのない匂いがする。昼間は学校には行かず夜にしか現れない。また彼女は家では父親に荒々しい怒鳴り声を発していた。オーウェンはモールス符号のメモをアビーに渡し、壁越しに話をしようという。こうして次第に二人は打ち解けるようになる。
 そんな時、アビーはオーウェンが学校でいじめられていることを知る。アビーは「やり返すのよ。私が守ってあげるから。」と言う。オーウェンはいじめられてばかりでなく、好きな女の子を守れる力が欲しいと、学校で先生に頼んで放課後に体力作りをすることにする。
 一方、町では殺人事件が起きるようになる。トーマスが人の車に忍び込み、持ち主が戻ってきた所で殺害し、森に連れて行って彼の血を抜き取るのだ。
 課外授業で凍った湖にやってきたオーウェンたち。アイスホッケーをする生徒など各々に遊ぶ生徒たち。そんな時、オーウェンは柵の棒が倒れているのを見つける。そんな一人のオーウェンにいじめっ子たちが近づいてくる。オーウェンはアビーに言われたようにやり返そうと、これ以上近づいたらこの棒で殴ると警告するが、いじめっ子たちはお前にできる訳がないと近づく。起こったオーウェンがその棒で殴るが、耳に当たり切れてしまう。それを見た先生が駆け寄ろうとするが、女生徒の悲鳴がとどろく。湖の氷の中から死体が出てきたのだ。
 オーウェンはいじめっ子に一矢報いたのに喜び、アビーを秘密の場所へと連れて行く。そして自分の指を切って、血の誓いをかわそうという。すると今まで優しい笑顔だったアビーの様子が急変する。目はぎらぎらとし、体は震え、オーウェンを睨み「消えろ!」と言って人間とは思えないスピードで走り去る。
 外に出たアビーはそこにいた女性に噛みつき血を吸い出す。近くにいた男性に止められると、アビーは飛ぶように去っていった。
 その夜、オーウェンは父親に電話をし、「この世に悪は存在するの?」と電話をする。
 この連続殺人事件を追っていた警官が被害にあった女性の病院へとやってくる。その女性と男性の証言から犯人は金髪の少女だったという。警官が病院の廊下で事情聴取をしていると看護師が病室のカーテンを開けると、日の光を浴びたその女性は発火し、病室丸ごと火に包まれてしまった。
 トーマスがいつものように車に侵入し、持ち主を殺害しようとしていた。しかし途中で乗ってきた持ち主の友人に見つかってしまう。トーマスは必死に抵抗し、車を奪って逃げ去ろうとする。しかし崖から転落して身動きできなくなってしまった彼は、自ら硫酸をかぶってしまう。そして病院へと搬送される。
 トーマスは警官からメモを渡されるが、ふと外を見るとそこにはアビーの姿が。トーマスは最後の力を振り絞って窓を開け、彼女に首を差し出す。アビーは彼の首に噛みつき血を吸うと、トーマスは力を失って転落してしまう。
 悲しみに暮れるアビーはオーウェンの部屋にやってくる。「招き入れて」というアビーだが、アビーの正体に不安を抱くオーウェンは「言わなかったらどうなるの?」と返す。アビーは招き入れられていないのに無言で部屋の中に入るが、彼女は震え体中から血が噴き出し始める。慌ててオーウェンは彼女を抱き、「入っていいよ。」と言う。ついにオーウェンは彼女の正体が吸血鬼であることを知るのだった。「ホントは何歳なの?」「12歳。でもずっと12歳なの。」
 オーウェンはアビーの部屋に行くが、そこには12歳の姿のアビーと、同じくらいのトーマスの写真を発見するオーウェン。
 一晩アビーの部屋で過ごしたオーウェンが浅めをさますと、アビーからの手紙が置いてあった。バスルームにいるというのだ。そんな時、警官はトーマスの部屋へとやってきたのだ。中で息を凝らすオーウェンだが、足音を聞かれてしまう。オーウェンは身を隠すが、警官はアビーの部屋に踏み込む。警官はアビーの手紙を発見し、バスルームへと向かう。電気もつかないバスルームで警官は窓に張ってある日よけをはずそうとする。するとアビーが目をさますや否や、アビーは警官を襲い、辺り一面血の海と化してしまう。そんなアビーを抱きしめるオーウェン。
 しかしアビーはこれ以上この町にいるとオーウェンに迷惑をかけると思い、この町を出て行く決意をする。
 彼女がいなくなったオーウェンは抜け殻のようになるが、そんなある日、プールにいるといじめっ子の兄貴たちがやって来てオーウェンを水の中に押し込む。3分我慢すれば目をえぐり出すだけで勘弁してやるという。オーウェンが水の中で息を堪えてもがいていると、水が血の色に染まっていく。オーウェンがプールから這い上がると、そこには死体の山の中にアビーが立っていた。
 翌朝、オーウェンはアビーを箱に詰めて電車に乗って旅立っていくのだった。





●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 この映画を知ったのはツイッターのモールス公式アカウントにフォローされたことでした。たぶんキック・アスの公式アカウントをフォローしていたからフォローされたんだと思うんですが。最初はクロエ・グレース・モレッツが出ている作品という今年から知らなかったんですが、みんなのつぶやきを読んでいるうちに楽しみになってきました。他のフォロワーさんからぼくのエリ 200歳の少女のリメイクだと知り、吸血鬼の話だと知り、そうなんだけどとても切ない話なんだと知り、だんだん楽しみに。
 最初見た時は、いきなりそんなグロイ怪我人が?!どうなっちゃうんだろうか。クロエ・グレース・モレッツが出てきて、おー!かんわいぃ〜♪オーウェン役のコディ・スミット=マクフィーが出てきて、誰だっけ?見たことあるなぁ。
 そんなミーハーな感じだったんですが、雪のジャングルジムのシーンからはもう物語に釘付け。やばい。切ない。ホントに切ない。おっさんが言う言葉じゃないですが(いや、おっさんだからこんな死語を言えるのかも知れませんが)、胸キュンです(笑)。
 ところが父親が父親ではなく、12歳のアビーと同じくらいの少年のトーマスの写真があった所からは、切ないのではなく怖い。オーウェンもあのトーマスと同じ運命をたどることになるのか。オーウェンもそれをわかっているんだろうが、トーマスと同じ選択をして最後には母親の元から旅立ってしまう。オーウェンは純粋な愛なんだろうけれど、アビーにしてみたら純愛ではなく、計算した行動なのかもしれない。女って、怖いという感想に。
 結局、どちらが正しいのかは匂わすシーンはなく、両方を含んだ終わらせ方となっている。電車のシーンではハイキーな絵作りで、余計に今後オーウェンがどうなっていくのか、怖くなる映画でした。
 ちなみにパンフレットでは原作・ぼくのエリ 200歳の少女との違いや、ぼくのエリ 200歳の少女ではボカシがかかっている部分の解説なども書かれていて、ぼくのエリ 200歳の少女も見たくなってしまいます。TSUTAYAで借りて見たら、もう一度本作が見たいです。
 見たら見ただけ新しい発見がありそうな本作は、僕の中では今年ベスト1映画です。

 クロエ・グレース・モレッツレオンナタリー・ポートマンを初めて見た時やダコタ・ファニングシアーシャ・ローナンを初めて見た時のようなオーラを感じます。今後もいろいろとオファーが決まっているようなので、今後の成長と活躍が楽しみです。ちなみに彼女はキック・アスで初めて見たのかと思ったけれど、悪魔の棲む家アイズで見たことあったんだなぁ。彼女のオーラに気がつかなかったなぁ。




観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(41件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/e46afe07ceモールス
ヴァンパイアの少女と少年の恋を描いたスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』をハリウッドリメイク。監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』マット・リーヴス監督が務める。主人公の少年を『ザ・ロード』のコディ・スミット=マクフィー、ヴァンパイアの少女を『キック・アス』のクロエ・グレース・モリッツが演じている。あのスティーヴン・キングお勧めの一作だそうだ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/08/22 23:27
モールス
元映画は見ていない。けれども大体の「設定」は知っている。元映画の存在をまったく知らなかったらどうだったろうか。それなりに「いい映画」として記憶していたのではないか、と思う。 監督 マット・リーヴ... ...続きを見る
くまさんの再出発日記
2011/08/23 18:23
モールス
1983年、ニュー・メキシコの田舎町。 孤独でいじめられっ子のオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は、隣に引っ越してきた少女アビー(クロエ・モレッツ)と出会い、少しずつうちとけていく。 そ... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2011/08/26 01:06
モールス
『モ−ルス』7月22日(金)@なかのZERO大ホール。 愚妻と通路にしゃがんみこんで食物を摂取していたらKLYさんに発見されてしまった。(笑) 今日はしょうもないカサキケイを連れていく。 ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2011/08/26 05:36
2011年7月27日 『モールス』 なかのゼロホール
今日は、『モールス』 を試写会で鑑賞です。 ...続きを見る
気ままな映画生活
2011/08/26 07:50
映画「モールス」 感想と採点 ※ネタバレあります
映画『モールス』(公式)を、初日の初回(8:45開演)にて鑑賞。130席余りに6名は多いのか少ないのか…。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog
2011/08/26 09:01
モールス
マイケル・ジアッキノ/オリジナル・サウンドトラック 『モールス』スウェーデン映画の「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッド・リメイク。名子役二人の共演が見所だ。雪に閉ざさ ... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2011/08/26 09:23
モールス
暗夜行路のドラマチックホラー。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/08/26 10:36
モールス
モールス ★★★☆☆(★3つ) ...続きを見る
食はすべての源なり。
2011/08/26 15:28
モールス。
『モールス』の試写会に行ってきました。 スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッド版。 オリジナルは邦題がイマイチなので観なかったんだけど、面白いという噂を後で聞いた。 観なかったことを後悔していたら、ハリウッドが早々とリメイク。 両方とも、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの小説をもとに映画化したそうだ。 ちなみに『モールス』は邦題で、この映画の原題は『LET ME IN』。 映画を観ると原題の意味が分かる。 何で読んだのか忘れたけど、吸血鬼は招かれないと入れない... ...続きを見る
すぷのたわごと。
2011/08/26 20:24
モールス・・・・・評価額1700円
雪に閉ざされた街で出会ったのは、二つの幼く孤独な魂・・・・ トーマス・アルフレッドソン監督による、スウェーデン発の異色のヴァンパイア映画、「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッド・リメイク版。 ... ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2011/08/26 21:00
モールス  LET ME IN
これは万人向けの映画ではなく、かなりの映画マニアの方にしかお勧めできない。暑い夏をエアコンの効いた映画館で、怖くてもいいから涼しくなりたい方には最適の映画だろう。孤独な12歳の少年と隣に引っ越してきた同年代の少女の恋の物語は、怖いけど切ない。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2011/08/26 21:02
モールス/コディ・スミット=マクフィー、クロエ・グレース・モレッツ
スウェーデンのスティーヴン・キングと呼ばれるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説を映画化した『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッドリメイク版です。予告編 ... ...続きを見る
カノンな日々
2011/08/26 21:20
「モールス」
ハリウッド・リメイク。オリジナルを観て話を知っているから、どうしても新鮮な驚きはないのだが…。 ...続きを見る
或る日の出来事
2011/08/26 22:11
裸足の少女〜『モールス』
 LET ME IN  1983年3月、ニューメキシコ州ロスアラモス。孤独な少年オーウェン(コディ ・スミット=マクフィー)は、ある夜裸足の少女アビー(クロエ・グレース・モレッ ツ)と出逢う。 ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/08/26 22:26
「モールス」はやっぱり「モールス」で良いんじゃない?
ポスターに惹かれ、ついフラッと映画館に入りました。 5日より公開中の「モールス」を観るために。 ...続きを見る
気楽にMyway
2011/08/26 22:53
おとぎ話は死んだ!
好きな映画のハリウッドリメイク作品を観た。そのリメイク作品を語るのに「ハリウッドリメイク」ほど端的、且つ明確に云いあらわす言葉はない。 潤沢な予算はギャラの高い俳優をキャスティングできる。また、撮影にも金をかけられるので、大掛かりなセットを組めたり贅沢なロケを実現できたりする。腕利きのスタントマンを雇え、CGは細部にいたるまで精度を上げられる。すべては調達できる資金の額が桁違いに大きいからこそできること。この点についてままならない日本映画を思うと、ハリウッドの状況は羨ましいかきりだ。 「この点... ...続きを見る
MESCALINE DRIVE
2011/08/26 23:21
「モールス」、クロエ・グレース・モレッツの可愛さがウリ
「僕のエリ200歳」のリメーク作品、 エリの方を観ていないので比較できないが 聞くところによれば まんまリメークしたようだ。 12歳ぐらいの少女と少年の物語、 主演のアビー役は「キックアス」で一躍有名になった可愛いぃクロエ・モレッツだ。 ハリウッドでリメークしようと持ってきたときには既に 彼女に演じさせることが決まっていたのだろう。 ...続きを見る
カサキケイの映画大好き!
2011/08/27 08:46
『モールス』 (Let Me In)
マットリーヴス監督、クロエグレースモレッツ、コディスミットマクフィー、リチャードジェンキンス 雪に閉ざされた町。オーウェンは母と2人暮らしで学校ではいじめにあう孤独な少年。ある日隣にアビーという少女が越してくる彼女は雪の上でも裸足で自分の誕生日も知らない謎めいた少女だった。 孤独を抱えた2人はお互い惹かれあいお互いにしか解らない壁越しのモールス信号で会話をしていた。 しかし町では猟奇的殺人が起こり捜査する刑事は二人の住む団地にたどり着く。 そこでオーウェンはアビーの哀しくも怖ろしい... ...続きを見る
Mooovingな日々
2011/08/27 12:31
モールス
試写会で見ました。ぼくのエリのハリウッドリメイクだそうです。お話は、隣に女の子が ...続きを見る
うろうろ日記
2011/08/27 15:04
「モールス」(原題「Let Me In」)ハリウッドの底力
日本でも高い評価だった昨年のヴァンパイア映画「ぼくのエリ 200歳の少女」 原作もちょうど読み終わったし・・・・ ハリウッドがすぐさまリメイクした「Let Me In」は、さすがハリウッドも捨てたもんじゃない・・・・と思わせておいて〜 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2011/08/27 16:10
『モールス』 ('11初鑑賞112・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 8月15日(月) TOHOシネマズ西宮ガーデン スクリーン5にて 12:30の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2011/08/27 20:20
【映画】モールス
<モールス を観て来ました> ...続きを見る
★紅茶屋ロンド★
2011/08/27 22:08
モールス
2011年8月14日(日) 16:35〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:900円(TOHOシネマズデイvit購入) パンフレット:未確認 『モールス』公式サイト スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のリメイク。オリジナルは、昨年公開されたばかりでないか。(スウェーデンでの公開は2008年。) 凄く細かい処は覚えていないが、トラヴィス状態の主役の少年、おっさんが血を抜き取る方法、吸血姫が空腹で我慢できなくて男を襲うところ、おっさんが濃硫酸を浴びる、少年がいじめっ子の耳に傷を負わせる... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2011/08/27 22:38
モールス
原題を越えられない邦題 ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2011/08/27 23:00
モールス
ヴァンパイアの恐怖と少年少女のピュアな恋が同時に描かれたオリジナリティ 溢れる物語を恐ろしくも切ない作品に仕上げて世界中で評判を呼んだ スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を、 「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督がハリウッ… ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2011/08/29 01:49
映画レビュー 「モールス」
モールス  原題:Let Me In ...続きを見る
No Movie, No Life (映...
2011/08/29 02:28
モールス
《モールス》 2010年 アメリカ映画 − 原題 − LET ME IN 12歳 ...続きを見る
Diarydiary!
2011/08/30 20:57
モールス
全世界で60の映画賞を受賞したスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督が、ハリウッド版として映画化。連続猟奇殺 ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2011/08/31 14:33
映画「モールス」
ちょっと前になりますが[E:movie]「モールス」を歌舞伎町で鑑賞。その日も暑 ...続きを見る
徒然なるままに
2011/09/05 18:28
モールス
ルービック・キューブ。ロミオとジュリエット。閉ざされた窓。 ...続きを見る
悠雅的生活
2011/09/14 23:09
■映画『モールス』
スウェーデンのヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの原作小説「MORSE―モールス」をハリウッドで製作したこの映画『モールス』。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2011/09/15 12:59
モールス 純愛ホラー?否、とても敵わぬ女性に恋する恐怖<ネタバレ>
「キックアス」(私の上半期満足度ベストテンの第3位)の11歳のヒットガールとしてブレイクしたクロエ・グレース・モレッツ主演作。これだけで見に行く理由としては十分だ。今回も、前作ほどではないにしろ、満足度の高い作品であった。 ...続きを見る
もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画...
2011/09/23 12:40
映画「モールス」を観て
11-52.モールス■原題:Let Me In■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:116分■鑑賞日:8月20日、シネスクエア東急(歌舞伎町)■料金:1,800円 □監督・脚本:マット・リーヴス□原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト□撮影監督:グレイグ・フレイザ... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2011/10/29 11:17
モールス
ブログネタ:語りたいこと 参加中 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2011/11/13 03:37
モールス
LET ME IN/10年/米/116分/ホラー・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:マット・リーヴス 過去監督作:『クローバーフィールド/HAKAISHA』 原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト『MORSE-モールス-』 脚本:マット・リーヴス オリジナル脚本:ヨン・アイヴィデ・... ...続きを見る
銀幕大帝α
2012/01/12 16:19
モールス
再見につき加筆修正あり。 「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク作品です。クロエ・グレース・モレッツちゃんがヴァンパイア役に扮しています、相変わらず可愛らしいですね。 話の流れは大体同じ。苛められっこのオーウェンがアビーと出会う。モールス信号を使って交信し、次第に近づいていく二人。 この作品はオリジナルが中性的なヴァンパイア役だったのより、よりアビーが女性的になっていますね。少年と少年よりもこちらは「少女」として描くことにしたんでしょう。そのほうが切ない恋愛としてわかり... ...続きを見る
いやいやえん
2012/01/15 12:01
モールス (Let Me In)
監督 マット・リーヴス 主演 コディ・スミット=マクフィー 2010年 イギリス/アメリカ映画 116分 ラブロマンス 採点★★★★ 中学の時に初めて出来た彼女が年上だったこともあってか、しばらくの間は作る彼女全員年上って状態だった私。いいもんなんですよねぇ、… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2012/01/23 11:30
映画「モールス」批評 切ないホラー(u_u。) 
モールス観ましたよ〜(◎´∀`)ノ こんばんは、現在夜勤中っす[E:happy0 ...続きを見る
ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴ...
2012/02/04 21:19
『モールス』
モールス いじめられっ子オーウェンの隣室に 引っ越して来た少女はヴァンパイアだった... ...続きを見る
cinema-days 映画な日々
2012/07/03 01:07
モールス : 危険な純愛映画
 「尖閣諸島どうすれば守れるかな」のアンケートのご回答ありがとうございます。今までのアンケートの中でも、回答いただくペースが一番早いものになっております。それだけ、日 ...続きを見る
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
2012/09/06 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
TB有難う御座います。僕もこの映画好きです。怖く・切なく。残りますね。
旦那@八丁堀
URL
2011/08/26 17:02
訪問&TBありがとうございます。
オーウェンの選んだ道は、きっと一人目じゃないんでしょうねぇ。
切ないです。
すぷーきー
URL
2011/08/26 20:23
旦那@八丁堀さん、コメントありがとうございます。
好きな人がいてよかったです。職場で最近オススメの映画ない?と聞かれてこの映画を紹介すると、「吸血鬼とかホラーにがて。」「ラブストーリーはダメ。」と言われてしまいます。とっても素敵な作品なのに・・・。
よしな
2011/08/26 20:28
すぷーきーさん、こんばんは。
そうでしょうね。僕だってアビーなら・・・。あっ、僕英語はなせないからモールス符号でも会話でも、意思疎通ができない。。。
よしな
2011/08/26 20:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:モールス  〜今年ベスト1候補です! よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる