よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:捜査官X

<<   作成日時 : 2012/08/23 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 2



 どんな映画かも調べずにドニー・イェン金城武が出ているという理由だけで見に行くことにした捜査官Xですが。


●ストーリー(ネタバレあり)
 1917年の中国・雲南省のとある山奥の村の両替商で強盗事件が発生する。この犯人は指名手配中の脅迫犯の2名で、目的のためには人も平気で殺すような輩たち。そんな時、たまたま居合わせた紙職人のリウ・ジンシー(ドニー・イェン)は凶悪犯2人に襲われるが、犯人が足を滑らせたり、ジンシーの攻撃がたまたま急所を突いたりと、偶然にも勝ってしまう。一庶民であったジンシーはこの事件をきっかけに村の英雄として称えられるが、当の本人は気取ることもなくただただ照れているだけであり、依然とかわらず妻のアユー(タン・ウェイ)、息子と慎ましい暮らしを送っていた。
 そんな時、この事件を捜査するためにシュウ捜査官(金城武)がやって来た。自らも気を操るために鍼を用いるシュウ捜査官は、ジンシーの攻撃1つ1つが的確に相手の急所をつき、一見すると無造作な攻撃もその1つ1つが確実に相手を死に至らしめていたことを突き止める。このことでシュウはジンシーがただの庶民ではなく武術の達人なのではないかと思い始める。シュウはジンシーの正体を確かめるために鎌で襲ったり、谷から落としたりするが、しっぽを出すことはなかった。しかし調べれば調べるほどその疑惑は信念に変わったシュウは荊州の同僚にジンシーのことを調べさせる。
 その返事はジンシーがタン・ロンに似ているというものだった。タン・ロンとは残虐な犯罪組織の首領の息子で、10年前まで獄中にいた人物だ。そんな人物がこんな村で慎ましく暮らしている。驚くシュウだった。
 タン・ロンは組織の残虐さに嫌気がさして組織を抜け出し、ジンシーと名前を変えてこの村にやってきたのだ。そして同じくこの村にやってきて孤独だったアユーと結婚したのだ。ジンシーの正体を知ったアユーは「この村で初めてであったのが私だったから、私と結婚したの?」と問うがジンシーは答えない。しかしアユーはジンシーの過去よりも今を認め、一緒に暮らすことを決意していた。
 一方、シュウがタン・ロンのことを調べていることが、その組織の耳にも入ってしまう。ずっとタン・ロンを探していたその組織がこの村を襲う。タン・ロンとして組織に戻らなければこの村を滅ぼすという組織に、ジンシーは刀をとって、なんと自分の腕を切り落としてしまう。片腕を失った男に組織の長になる資格はない。組織は村から撤退しようとしたものの、彼らはジンシーの息子に目をつける。
 怒ったジンシーは組織の長、すなわち自分の父親と戦うことを決意する。。。


●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 この邦題決めたの誰?このセンスの無さ。確かに金城武分するシュウは捜査官ですし、シュウ・バイジョウを英語表記すると“Xu Bai-jiu”なので、捜査官Xは間違っていないですが、捜査官Xなんて言われると現代劇のスパイものかと思うじゃないですか!しかも前半はシュウの執拗で見事なまでの捜査で観客を惹き付けますが、後半はスケールが大きくなってきてアクションメイン。悪い意味でもいい意味でも裏切られました。
 さて内容ですが、いきなり強盗犯とジンシーの戦いですが、これまた爽快。切られた耳が飛んでいったり、偶然を装った攻撃、水の中の戦い。スローモーションを効果的に使って迫力ある見事なシーンでした。ただこの時はジンシーがホントは武術の達人であることがわからないので、若干の違和感はありましたが、その???っていう感覚がシュウの捜査のところで、なるほど!に変わるので、これまた面白い演出。
 そのシュウの捜査も1つのヒントからシュウの頭の中を映像化して見せる効果はとてもいい!別に真新しいものではなくシャーロック・ホームズが戦いのシーンを脳内シミュレーションするシーンにも似ています。LOVE Cinemas 調布のKLYさんによればMAD探偵 7人の容疑者に似ているそうです。
 そしてジンシーに疑念を抱いたシュウですがその疑念を確信に変えるために谷に突き落としたり…。首をかしげていないで謝れよ!と思うのですが、そんな無茶苦茶なことをするのがレッドクリフの孔明とは違うね。はちゃめちゃなシュウが自分に疑念を持っていると知りながらも彼をもてなすジンシーもかっこいい!
 ところがジンシーの過去がわかってからの後半はまるっきり様相が変わります。アユーがジンシーに結婚した理由を問うた時に答えないもどかしいジンシーや、ジンシーのことを恐れるシュウなど、面白いと思うシーンはありますが、犯罪組織が出てきて普通のアクション映画に。
 アクションはとても良かったですけど前半が秀逸だっただけに後半のすぼみ感がちょっと残念。でもおもしろい作品でした。




観て良かった度:●●●●○ 4点 最低1点、最高5点










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(18件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
捜査官X
捜査官X@東商ホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2012/08/26 14:11
『捜査官X』をミラノ座3で観て、ど真ん中ふじき★★★★★
   ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2012/08/26 21:42
『捜査官X』『ミッドナイトFM』をキネカ大森2で観て、バリバリバリバリゴゴゴゴゴゴゴゴふじき★★★★...
という事で『捜査官X』2回目を観ました。 痺れるう。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2012/08/26 21:42
角が立ったり流されたり
「捜査官X」を観た。 金城武とドニー・イェンが共演。日本でも活躍する金城武と、アクション映画好きならばその名を知らぬ者のないドニー・イェン。二大スターと表してちっとも大袈裟ではない。 この二人が魅せるのは、ドラマか? それともアクションか? 1917年の雲南省。山奥の村を二人の男が訪れた。見たところ武術家の二人は両替商を襲う。 事件らしい事件の起こらない村に死体が出た。それも二体。いずれも異邦人のものだ。 暴力に物を云わせて金を奪おうとした二人組は、しかし店に居合わせた紙職人の抵抗に遭い、その... ...続きを見る
MESCALINE DRIVE
2012/09/01 04:14
『捜査官X』 これぞヒーロー物の王道だ!
 【ネタバレ注意】 ...続きを見る
映画のブログ
2012/09/01 06:07
捜査官X
捜査官Xの献身? 公式サイト。原題:武侠(侠客)、英題:WU XIA。ピーター・チャン監督、ドニー・イェン、金城武、タン・ウェイ、ジミー・ウォング、クララ・ウェイ、リー・シャオラン。19 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2012/09/01 08:05
捜査官X/ドニー・イェン、金城武
金城武とドニー・イェンというアジアを代表するスター俳優の二人がW主演を果たした本作は奇怪な事件の真相を巡るアクション・ミステリー作品です。監督は『ウィンター・ソング』『 ... ...続きを見る
カノンな日々
2012/09/01 09:02
『捜査官X』 2012年4月10日 なかのゼロホール
『捜査官X』 を試写会で観てきました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2012/09/01 10:03
捜査官X
捜査官X [DVD]クチコミを見るミステリーと武闘アクションをミックスした娯楽作「捜査官X」。13年ぶりにジミー・ウォンの姿が拝める!1917年、雲南省の小さな村で、不可解な事件が発生 ... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2012/09/01 11:03
捜査官X
『捜査官X』 “武侠” (2011・香港=中国・1h55) 製作・監督 : ピーター・チャン  アクション監督・出演 : ドニー・イェン 出演 : 金城武、タン・ウェイ、ジミー・ウォング 村にやってきた強盗を偶然倒してしまった男。しかしその強盗は名うての武術家でもあった。 何故男は武術家を倒せたのか?捜査官の執拗な捜査によって辿り着いた真相とは。 『捜査官X』というタイトルに惑わされてしまった。捜査官を主役として観るとどうにも納まりが悪い。 最終的に物語は村の男と... ...続きを見る
映画原ひろし
2012/09/01 14:06
捜査官X
★ネタバレ注意★ ...続きを見る
キノ2
2012/09/01 20:03
捜査官X
2012年4月29日(日) 16:30〜 丸の内TOEIA 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『捜査官X』公式サイト 何ともセンスの無いタイトルだ。 金城がその捜査官Xらしいのだが、そのセンスのないタイトルから、現代劇かと思っていたが、清の末期の中国の話だった。 ドニーさんが、悪党二人にボコボコにやられながらも結局退治、死に至らしめる。ドニーさんが正統な闘いもせずの偶然勝利を治める訳が無いのだが、金城も同じ思いで、ドニーさんは逃亡中の殺人者(武... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2012/09/01 20:43
捜査官X
金城武&ドニー・イェン主演。 中華風なミステリーかな?って程度の前知識で鑑賞。 前半は金城武演じる捜査官の鋭いんだか単なる妄想なんだか分からないような推理を主軸としたミステリー、後半はドニー・イェンがさすがの大活躍の武侠映画といった感じ。 中国の田舎の風景が奇麗だったのが印象的。 ほのぼのとした農村の風景と凄惨な殺人シーンが奇妙にマッチしちゃってるんですよね。 農村の風景がキレイあればある程グロさが増す…って感じで(^^;) 捜査官シュウのキャラクターがどこか病的で、妄想のような推理を展開するシ... ...続きを見る
てるてるブログ
2012/09/03 09:11
「捜査官X」
「捜査官X」新宿ピカデリーで鑑賞 2012-042 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2012/09/06 20:56
捜査官X
《捜査官X》 2011年 香港/中国映画 − 原題 − 武侠 雲南省の山奥で起き ...続きを見る
Diarydiary!
2012/09/13 21:28
捜査官X
ドニーさんがかっちょいいアクションをみせてくれればそれで満足。 ...続きを見る
いやいやえん
2012/10/18 09:01
捜査官X
武侠 2011年 香港/中国 115分 アクション/ミステリー PG12 劇場公開(2012/04/21) ...続きを見る
銀幕大帝α
2015/02/25 03:21
捜査官X (武侠)
監督 ピーター・チャン 主演 ドニー・イェン 2011年 香港/中国映画 115分 アクション 採点★★★ 過去の積み重ねが今現在の自分を作り上げてるだけあって、変えようと思ってもそうそう変えられるものじゃないですよねぇ。理想の姿があったとしても、「まぁ、無理… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2015/11/09 17:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小噺やります。

「X?」
「そうさ」
ふじき78
2012/08/26 21:43
ふじき78さん、吹いちゃったじゃないですか!
笑ったぁ〜!
よしな
2012/08/27 01:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:捜査官X よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる