よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:スノーホワイト

<<   作成日時 : 2012/09/05 19:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 29 / コメント 2



 1997年のシガニー・ウィーバースノーホワイトが結構怖かった印象が強いのですが、再び実写映画化された本作はどんな風になっているのでしょうか。と言うわけで今回の映画記事はスノーホワイトです。


●ストーリー(ネタバレあり)
 スノーホワイト(クリステン・スチュワート)はマグナス王(ノア・ハントリー)と今は亡き王妃に大切に育てられた外見も心も美しいプリンセス。ある時、国に何者かが攻め入ってきた。マグナス王率いる軍は侵略者を皆殺しにする。そして彼らの捕虜であった美しき女性・ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)を連れ帰る。ラヴェンナはマグナス王を誘惑し、ついにマグナス王は彼女を新しい王妃に迎える。
 しかしこれはラヴェンナの策略であった。彼女は王を殺し、弟のフィン(サム・スプルエル)を呼び寄せ、国を乗っ取ってしまったのだ。多くの要人が殺されるがスノーホワイトと幼なじみのウィリアム王子とハモンド公爵(ヴィンセント・リーガン)は体勢を立て直すために撤退を余儀なくされる。一方スノーホワイトはラヴェンナに捕らえられ牢に7年間幽閉される。
 ラヴェンナは魔女であり、美貌を維持するために女性の精気を吸い取って生きていた。スノーホワイトは隣の牢にいた女性がフィンに連れて行かれて戻ってくると、老婆になっていたことからラヴェンナが魔女であることを悟る。
 一方、女王となったラヴェンナは魔法の鏡にいつも問いかけていた。

  鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」  


  「もちろん女王様です」  


 しかしある日、鏡はこう言う。

  「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも美しい娘が現れます。その時、娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美と若さを手に入れ、不死身となるでしょう」  


 その娘がスノーホワイトだと知ったラヴェンナはフィンに彼女を連れてくるように言うが、スノーホワイトは隙を見て闇の森に逃げていく。ラヴェンナは森に詳しい狩人のエリック(クリス・ヘムズワース)を刺客として行方を追わす。だが女王を毛嫌いしているエリックはスノーホワイトと手を組み、彼女に生き延びるための術を教え込む。一方、その中で森の番人である7人のドワーフと知り合い、彼らもまたスノーホワイトに力を尽くす。
 そうこうしているうちにラヴェンナの精気は費やされ、次第に容姿は見にくく魔法も衰え始めて来た。ラヴェンナはあの手この手を使ってスノーホワイトを追跡の手を強める。
 このまま逃げていては次々と犠牲者が出る。女王を倒さなければ自分も国も滅んでしまう。そう考えたスノーホワイトとエリックはハモンド公爵とウィリアム王子(サム・クラフリン)の居場所を突き止め、援軍を要請する。
 危機を感じ取ったラヴェンナはフィンを派遣するが、フィンもエリックらに殺されてしまう。もう頼れるのは自分しかいない。ラヴェンナは魔法でウィリアム王子に変身し毒リンゴをスノーホワイトに食べさせる。次の瞬間スノーホワイトは仮死状態となってしまう。彼女のことを献身的に看病するエリックとウィリアム王子。彼女が愛する者がキスをすれば魔法が解けるという話を耳にしたウィリアムが彼女に口づけをするが彼女は目をさまさなかった。
 彼女にはウィリアム王子がいることを知っているが彼女に惹かれてしまったエリックもキスをする。するとしばらくしてスノーホワイトの目がさめる。
 反ラヴェンナの象徴であるスノーホワイトが目覚めたことで、兵士たちは士気を取り戻し、彼らはラヴェンナを倒し国を取り戻す戦に向かう。。。


●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 中世の世界がとてもきれいに再現されていますね。ラヴェンナ率いる魔法の軍隊との戦闘もかっこよく、迫力もある。魔女ラヴェンナの姿や鏡も技術も進歩して15年前とは打って変わった見せ方。特にしわしわのラヴェンナが美しく変身していく姿はとても自然で怖いくらい。美しくと言えばラヴェンナを演じたシャーリーズ・セロンがとても魅力的でスノーホワイトを演じたクリステン・スチュワートよりも数段美しい。マグナス王もこの美しさにころっと逝っちゃったワケね。
 クリステン・スチュワートはやっぱりトワイライトサーガにイメージがついちゃっていて、クライマックスの戦いのシーンはちょっと違和感。
 ただストーリー的にそれ以上のものもそれ以下のものもなくて、良くも悪くもいたって普通のファンタジー映画という感じ。もうひとひねりアクセントが欲しかったなぁと言うのが感想。




観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(29件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スノーホワイト
中途半端が点在。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2012/09/07 09:02
『スノーホワイト』(2012)
今年は「グリム童話誕生200周年」なんだそうですが、これまでのイメージとはかなり違った「白雪姫」物語となったのがこの作品です。王子様に助けられる受身のヒロインではなく、自らの運命を自ら切り開くという新しい「白雪姫」像を作り上げています。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2012/09/08 23:24
ビジュアルと女王は文句なしで素晴らしい 映画“スノーホワイト”
★★★2.5グリム童話の白雪姫をアレンジした物語。鈍色のビジュアルと凝った衣装、女王役のシャーリーズ・セロンは素晴らしいが、ストーリーの薄さと肝心な主役の存在感の弱さが残念。ストーリーは伏線になるのかなと思ったシーンが回収されることもなく、人間関係の描写も希薄で意外と薄い感じがしました。スノーホワイト役のクリステン・スチュワートはシャーリーズに比べると存在感が薄い感じがしましたが、妖精の森での輝きには目を見張るものがありました。... ...続きを見る
映画とライトノベルな日常自販機
2012/09/16 07:28
スノーホワイト
スノーホワイト (竹書房映画文庫)クチコミを見る覚醒した白雪姫が邪悪な女王に挑戦状を叩きつける「スノーホワイト」。この話、王子サマなんていらないんじゃないの?!恐ろしい魔 ... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2012/09/16 07:33
スノーホワイト/シャーリーズ・セロン
予告編を目にするといつも思うことがありました。グリム童話『白雪姫』の名シーンの1つでもある女王が「鏡よ鏡。この世で一番美しいのは誰?」と問いかけるあのシーンなんですけど ... ...続きを見る
カノンな日々
2012/09/16 10:00
スノーホワイト
公式サイト。原題:Snow White and the Huntsman。ルパート・サンダース監督、クリステン・スチュワート、クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、サム・クラフリン、ニック・フロス ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2012/09/16 10:43
スノーホワイト
2012年6月23日(土) 20:00〜 ユナイテッド・シネマ豊洲7 料金:1000円(割引) 『スノーホワイト』公式サイト 白雪姫。 シガニー・ウィーバーの鬼婆のがあったが、あっちは観ていない。 今回の悪役は、シャーリーズ・セロン。クリステン・スチュアートもベラでない限りは好きなほうなので、女優二人で観る価値はある。 話は、シンプルなRPGのようで、特に語ることもない。 戦闘シーンは、呆気なかった。もう少し気合が欲しい。 何年も幽閉されていた姫には格闘の特訓が必要だと思うのだが。 総じ... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2012/09/16 12:20
映画「スノーホワイト」@品川プリンスシネマ
 公開2週目、日曜日の夜。上映館となったシアター9には30名弱くらいの客入りだ。       ...続きを見る
新・辛口映画館
2012/09/16 13:57
スノーホワイト
Data 原題 SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN 監督 ルパート・サンダーズ 出演 クリステン・スチュワート  シャーリーズ・セロン  クリス・ヘムズワース  サム・クラフリン  イアン・マクシェーン 公開 2012年 6月 ...続きを見る
映画 K'z films 2
2012/09/16 14:21
「スノーホワイト」 スノーホワイトが象徴するもの
みなさんご存知グリム童話の「白雪姫」、こちらを新解釈で映画化したのが本作品です。 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2012/09/16 15:39
スノーホワイト
幼い頃に母を亡くしたプリンセスのスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、継母となったラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)王妃に実父マグナス王を殺され、城の塔で幽閉生活を強いられる。 それ... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2012/09/16 16:17
『スノーホワイト』
映像だけは凄い!ただ盛り上がってほしい場所では全然盛り上がらない脚本のまま続編製作決定は早計すぎるのでは? グリム童話「白雪姫」をダークファンタジーにアレンジしたこの ... ...続きを見る
こねたみっくす
2012/09/16 20:22
映画『スノーホワイト』★ 白雪姫vsシャーリズ女王〜存在感の分(ぶ)はシャーリズにあったような(*^...
&nbsp; &nbsp; &nbsp; 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157154/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 &nbsp; &nbsp; ≪継母・女王に毒りんごを食わされて 1 度死んだ白雪姫は 王子様のキスで蘇り、幸せに暮らしましたとさ≫ &nbsp; 〜〜というのは、ディズニーの白雪姫でした。 &nbsp; 今作は、その... ...続きを見る
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)...
2012/09/16 20:52
スノーホワイト
シシ神とラヴェンナのあっけなさ ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2012/09/16 21:26
スノーホワイト
★ネタバレ注意★ ...続きを見る
キノ2
2012/09/16 21:43
スノーホワイト
★★★☆  いわゆるおとぎ話の『白雪姫』である。だがこれまでにアニメや実写で何度も映画化されているため、まっとうな展開では誰も興味を持たないだろう。従って本作では、かなり捻りを入れて、従来作品にない特長を醸し出している。  まず魔女役にシャーリーズ・セロン ...続きを見る
ケントのたそがれ劇場
2012/09/18 17:59
『スノーホワイト』 2012年6月19日 TOHOシネマズ日劇
『スノーホワイト』 を鑑賞してきました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2012/09/21 00:50
スノーホワイト
スノーホワイト SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN ...続きを見る
Blossom
2012/09/21 09:09
映画『スノーホワイト』(お薦め度★★★)
監督、ルパート=サンダーズ。脚本、エヴァン=ドーハティ、ジョン=リー=ハンコック ...続きを見る
erabu
2012/09/21 09:26
映画『スノーホワイト』観てきたよ〜〜
Do you know the story of snow-white? She is a very beutiful princess. But her mother does not like her. Her mother is the Queen. She is a very bad woman.   って、小学校の時にスピーチコン... ...続きを見る
よくばりアンテナ
2012/09/21 16:25
スノーホワイト
監督:ルパート・サンダース、衣装デザイン:コリーン・アトウッド、音楽:ジェームス・ニュートン・ハワード 出演:クリステン・スチュワート、シャリーズ・セロン、クリス・ヘムワース、サム・クラフリン ...続きを見る
tom's garden
2012/09/22 08:41
『スノーホワイト』('12・初鑑賞66・劇場)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 6月16日(土) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン6にて 12:30の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2012/09/23 10:04
スノーホワイト
《スノーホワイト》 2012年 アメリカ映画 − 原題 − SNOW WHITE ...続きを見る
Diarydiary!
2012/09/23 20:58
スノーホワイト
『スノーホワイト』 “SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN” (2012・アメリカ・2h07) 監督 : ルパート・サンダーズ 出演 : クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、ボブ・ホスキンス、イアン・マクシェーン、レイ・ウィンストン、ニック・フロスト 魔力を持つ継母により王国を乗っ取られた姫。圧政により国は荒れ果てた。姫は王国と民を救うため自ら剣を持って立ち上がるのだった。 アメリカでも日本でも結構ヒットし... ...続きを見る
カプサイシンノココロモチ
2012/09/26 21:22
スノーホワイト
「スノーホワイト」監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート(『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』『エクリプス/トワイライト・サーガ』)シャ ... ...続きを見る
マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)
2012/10/02 12:32
『スノーホワイト』 新解釈の白雪姫
■ストーリー『幼い頃に母を亡くしたプリンセス“スノーホワイト”は、継母となった魔女ラヴェンナによって実父マグナス王を殺され、自身も城の塔で幽閉生活を強いられていた。そ ... ...続きを見る
ひたすら映画を観まくる日記アルティメット...
2012/10/07 13:41
スノーホワイト
グリム童話「白雪姫」を基にしたアクションアドベンチャー。 「アリス・イン・ワンダーランド」のスタッフが大胆なアレンジを加え 「戦うプリンセス」として映画化しました。 ...続きを見る
愛猫レオンとシネマな毎日
2012/10/26 20:09
スノーホワイト
いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。 戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこから絶対的な揺ぎ無い美の力ってものがあるでしょうよ。そんでもってシャーリーズの存在感にクリステンも喰われちゃってるのよね。 類い稀な美貌と老けメイクで女優としても格の違いを見せ付けたって感じでしょうか。新旧(といったら失礼ですが)女優対決はどう考えたってシャーリーズのほう。クリステンはだんだん顎がしゃくれていきますね(... ...続きを見る
いやいやえん
2012/10/28 09:37
スノーホワイト
スノーホワイト &#039;12:米 ...続きを見る
C’est joli〜ここちいい毎日を♪...
2012/10/31 21:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>美しくと言えばラヴェンナを演じたシャーリーズ・セロンがとても魅力的でスノーホワイトを演じたクリステン・スチュワートよりも数段美しい。
他のブログも拝見してみましたが
セロンが演じた悪の女王のほうが 白雪姫よりも好評価みたいですね〜
 セロンが白雪姫でもよかった気はしますよ・・・まあ、熟女(失礼!)の白雪姫も悪くないかな

 
zebra
2012/11/14 19:32
zebraさん、こんばんは。
いや、確かにセロンが白雪姫だったら…。白雪姫のお話というより、その後のストーリーって感じですね(笑)。
よしな
2012/11/15 02:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:スノーホワイト よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる