よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:髑髏城の七人〜アカドクロ

<<   作成日時 : 2013/01/19 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1



 1/12から小栗旬主演の髑髏城の七人の上映が始まっていますが、それに先駆けて2004年にに上映された髑髏城の七人〜アカドクロが一部の劇場で再び上映されました。たまたまその映画館の近くにいたので見に行くことに!



●ストーリー(ネタバレなし)
 時に天正18年。戦国の雄、織田信長が逆臣の手にかかり倒れはや8年。天下統一は、浪速の猿面冠者・豊臣秀吉の手でなされようとしていた。しかし、関東地方では平和の世になじまない野武士たち、織田、豊臣に抵抗して追われた一揆衆、侍の支配を嫌い流れ込んだ苦界の民たちが、牙城を築いて抵抗していた。ところが、その関東をまたたく間に手中に収める者がいた。黒甲冑に身を包んだ武装集団「関東髑髏党」の首魁、自らを<天魔王>と名乗る仮面の魔人である。関東の大平野に忽然とそびえる漆黒の城こそ、彼らの根城、髑髏城だった。天下統一を狙う秀吉の最後にして最大の敵、天魔王。風雲急を告げる関東平野に、奇しき縁にあやつられるかのように、集まる者たち。関東髑髏党に追われる沙霧(佐藤仁美)を、行きがかりから助けた謎の浪人・狸穴二郎衛門(佐藤正宏)と、玉ころがしの捨之介(古田新太)。彼らは、色街無界の里の主人である無界屋蘭平衛(水野美紀)に、かくまってくれるよう頼む。そこには関東随一の大太夫こと、極楽太夫(坂井真紀)、関八州荒武者隊を名乗る抜かずの兵庫(橋本じゅん)らがいた。沙霧を追う髑髏党の斬光の邪鬼丸(山本亨)は、無界の里に隠れる沙霧を見つけ出し、里を襲う。そこに突然現れた天魔王によって、捨之介と蘭平衛たちの過去が明らかになる。さらに、天魔王の魔の手は、捨之介の旧知の刀鍛冶の贋鉄斎(梶原善)にも伸びるのだった。時代の裂け目に現れた名もなき七人の戦いが、いままさに始まろうとしていた。

goo映画より引用



●感想、思ったこと(ネタバレなし)
 この作品、1990年に劇団新感線によって上演され、1997年に再上演。そして2004年に古田新太を主演に迎え、演劇をメインにして再々上演。さらに同じ年に市川染五郎を主演に迎え、歌や踊りを交えた演出で再び上演。前者が本作のアカドクロ、後者をアオドクロと称した。ゲキシネとして両方公開されましたが、2013年、再び上演です。今度はどんな演出になるのか。この記事を書いているときにはまだ小栗旬主演の髑髏城の七人は見ていませんが、前売り券を買って楽しみにしています。
 今回その小栗旬主演の髑髏城の七人を見てから改めてストーリーを書こうと思い、今回のストーリー欄はgoo映画よりそのまま引用させてもらいました。でも長いストーリーのごく一部だけしか書かれていないのでどんな話かわからないですよね。おもしろみも伝わって来ないないようだと思います。
 でも毎回ですがゲキ×シネは芝居の迫力と映画の大画面が融合してとても見応えある作品です。ゲキ×シネとして何作品も作られる理由もわかる作品だと思います。
 今回は小栗旬主演の髑髏城の七人を見てから感想も一緒に書こうと思いますので、これにて。新作の方も是非見て欲しいと思います。





観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
髑髏城の七人
公式サイト。中島かずき作、いのうえひでのり演出。劇団新感線のゲキ×シネ。今年夏と秋、大阪と東京で行われた舞台劇を映像化、新春に全国公開。小栗旬、森山未來、早乙女太一、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/03/19 10:35
髑髏城の七人
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 森山君+早乙女君VS小栗君の争い時代劇 ...続きを見る
うろうろ日記
2013/03/19 15:21
映画『髑髏城の七人』★ 今回は早乙女太一に現実逃避す(*^_^*)
&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159501/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 &nbsp; &nbsp; &nbsp; 「劇団☆新感線」のゲキシネシリーズです。 &nbsp; 『 薔薇とサムライ 』 を観て、血がさわぐようなワクワク感を体験したので 面白さ病み付き!で鑑賞しました☆ ... ...続きを見る
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)...
2013/03/19 17:35
髑髏城の七人 ワカドクロ」ゲキ×シネの勢い
私の今年初の映画となったのは、劇団☆新幹線のゲキ×シネシリーズ10作目「髑髏城の七人」。 観劇が趣味のtomocoさんに誘っていただいて、2週間に及ぶ引きこもり生活から抜け出し、豪雪の渋谷へ出かけてみた☆ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2013/03/23 23:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
よしなさん☆
コメントありがとうございました。
アカドクロも興味ありますねぇ〜

ところでご結婚なさったのですね。おめでとうございます!
人生で最も幸せな瞬間♪ですね。末永くお幸せに!!
ノルウェーまだ〜む
URL
2013/03/24 23:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:髑髏城の七人〜アカドクロ よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる