よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:ダイ・ハード/ラスト・デイ

<<   作成日時 : 2013/04/16 19:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




ダイ・ハード/ラスト・デイ

 人気アクションシリーズダイ・ハードの5作目です。前作はダイハード4.0。4ではなく4.0にした意図がわからないまま5作目ですが、今度は“5”という数字も使われなくなり、結局“.0”がなんだったのかは永遠に封印されてしまったようです。
 そして前作ではジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)の娘ルーシーが登場していたので、まさかねぇ〜と思ったりしたのですが、今度はやっぱり息子が登場。しかも娘同様、父親との仲は悪いらしい。
 そんな息子ジャック(ジェイ・コートニー)がロシアで警察に捕まってしまったことを知ったジョンは身柄を引き受けにロシアに向かいます。ところが向かう先の裁判所が爆破されジョンも巻き込まれてしまう。ところがとある事件の容疑者・もと大統領のユーリ・コマロフ(セバスチャン・コッホ)を逃がそうとしていたのが、なんと息子のジャック!
 ジャックはコマロフを車に乗せたまま逃走するが、それを追う謎の武装集団。事の成り行きを理解しないままジョンはその武装集団を追いかける。これがまたはちゃめちゃなカーチェイス。そんな渋滞している車の上を走るより、横を走った方が速いだろ!という突っ込みを入れたくはなりますが、ともかく無茶苦茶なカーチェイスで迫力と言うよりもひいてしまいます。
 そんなこんなでジャックはジョンのおかげで武装集団から逃げ切れ、“隠れ家”に到着。“隠れ家”とはCIAの秘密施設のことを言う。ところがこの隠れ家も襲撃を受け、再び3人は追われる身に。コマロフはCIAの保護下に入るには自分だけではなく娘のイリーナ(ユーリヤ・スニギル)も一緒というのが彼の条件。ジャックは仕方なくその条件を呑み、イリーナと待ち合わせたホテルへと向かう。しかし長年の経験で違和感を感じたジョン。しかし時すでに遅し。イリーナはその武装集団に金で買収されていたのだ。金で父親をも売る娘!武装ヘリに襲われ、窓から飛び降りるジャックとジョン。怪我はする者の戦いは続行できるくらいの怪我。運が悪いのか良いのかわからなくなります。
 まぁその謎の組織の狙いはコマロフが大統領時代にチェルノブイリにため込んだ核兵器に転用可能なプルトニウム。ジャックとジョンはイリーナらがそれを手にするのを阻止するためにチェルノブイリに向かうが、放射能の中和剤なるものが出てきてイリーナは防護服を脱いじゃいます。そんな中和剤があるなら福島にくれよと思ったのは僕だけではないはず。
 そしてクライマックスは、これまたはちゃめちゃなアクションがあっておしまい。ふふ〜ん。ざま〜みろ!悪は滅ぼされる事になってるんだよ!というような爽快なクライマックスで、これぞやっぱりダイ・ハードですね。

 ちなみにジョン・マクレーンと言えば吹き替えは野沢那智さんですが、残念ながら2010年に亡くなってしまいました。今度はつくってあそぼのゴロリ役でおなじみの中村秀利さんが引き継ぐんだそうです。ゴロリがジョン・マクレーン…。どうなんだろ。。。



観て良かった度:●●●●○ 4点 最低1点、最高5点















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:ダイ・ハード/ラスト・デイ よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる