よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:フライト

<<   作成日時 : 2013/05/14 19:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0




 この映画、宣伝の仕方に怒っている人も多いのではないでしょうか。

フライト

 いきなり主人公ウィトカー機長(デンゼル・ワシントン)と恋人カトリーナ(ナディーン・ベラスケス)とのベッドシーン。ここで遅れてきた子ども連れの家族が劇場に入ってきます。でもいきなりこんなシーンで美しい女優のナディーン・ベラスケスのヌードシーンもあり、気まずい雰囲気でしょうね。
 映画に戻りますが、ウィトカーはまだ酔っています。それどころか向かい酒。さらには気付け代わりにドラッグまで。しかもそのままフライトです。日本ではこの映画、航空サスペンスのような宣伝をしていましたし、この映画を見る数日前にテレビでヘリオス航空522便墜落事故(パイロットや乗客全員が動かない状態で自動操縦でギリシャ上空に来たが、1人だけ動く人の影が見えた。テロかもわからない状況で戦闘機がスクランブル発進し、あと5分で戦闘機がこの旅客機を撃墜するところだったが、燃料切れで山間部に墜落した事故。)のことをやっていたので、完全にサスペンス的な映画だと思っていました。ところが最初の10分で“なんか違う。”と感じました。
 酔っぱらったウィトカー機長はそのまま操縦…。と思いきや、若手の副機長・ケン・エヴァンス(ブライアン・ジェラティ)に操縦をまかせて自分は寝てしまいます。ところが副機長が半分パニックになるほどの乱気流が発生。飛び起きたウィトカーはそれをなんなく乗り越えます。ホッとしたのもつかの間。今度は機内サービスのウォッカを飲み干します。
 しばらくして今度は水平尾翼が破損し、機体は急降下。再び副機長のエヴァンスはパニックに。水平尾翼が下降状態で動かなくなったことを直感で感じたウィトカーは背面飛行で下降をとめた。その際投げ出された子どもを守ろうとしたカトリーナが頭を天上に打ち付け死亡してしまう。その後、なんとか不時着に成功し乗員乗客102名のうち、96名が生還。ウィトカーは奇蹟のパイロットとして一躍時の人となる。
 ところが事故調査委員は全員の血液検査を実施しており、ウィトカーの体内にはかなりの量のアルコールが残っていたことを知っていた。このままではウィトカーは終身刑になる。
 そこでウィトカーの旧友でパイロット組合の代表であるチャーリー・アンダーソン(ブルース・グリーンウッド)は敏腕弁護士ヒュー・ラング(ドン・チードル)に、本人の同意なく行われた血液検査は証拠能力がないとその情報を隠滅させる。
 マスコミから隠れたウィトカーだったがそのストレスから一度はやめようとした酒を再び飲むようになる。一方、入院中に知り合った同じく薬物中毒患者のニコール・マッゲン(ケリー・ライリー)と、依存症の会に参加する。自分が依存症であることを認め自分のことを会で話して立ち直ろうとするニコールに対してウィトカーは自分以外あの事故から生還できたパイロットはいないという自負から、決して自分を中毒だと認めようとはしなかった。
 チャーリーや弁護士のおかげで事故はウィトカーとは無関係であると証明されようとしていた。ところが最終の事故調査委員会での質問の時に、緊張に耐えられなくなった彼はチャーリーたちの目を盗んでまた飲酒してしまう。もうダメダメ男ですね。
 この機体は過去も水平尾翼をコントロールするシャフトに傷があり、その修理記録が無いことから、事故調査委員会は水平尾翼のシャフトの破損が事故原因であることが報告された。さらに乱気流の影響で機内サービスがなかったにもかかわらずゴミ箱からウォッカの瓶が発見されたのは、乗務員の中にアルコール依存症の人がおり、病院の記録から子どもを助けようとして亡くなったカトリーナがそうだったことも報告された。ところがウィトカーは恋人で子どもを救った彼女のせいにはできず、自分がウォッカを飲んだ本人で、今も酔った状態であることを告白する。そして彼は刑務所に入ることとなった。

 不時着するところは興奮しましたが、頭は完全に航空サスペンス、航空パニック映画を見るつもりだったので、なんだよ〜!って感じです。確かに薬物を題材にしたヒューマンドラマだと宣伝していたらこれほど観客は入らなかったでしょうね。でも騙すような宣伝は納得できないです。遅れて入ってきた子ども達はどう思ったのだろうか。年間数十本見るような人ならそれでも許せるけど、年間1,2本しか観ないような人が思っていたのと違うと思ったらちょっとかわいそうだし、逆の立場だったら納得できないよなぁ。
 悪くはないと思うんだけど、見たい映画とは違ったなぁ。残念。


観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[映画][☆☆☆★★]「フライト」感想
 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス監督、「デンジャラス・ラン」のデンゼル・ワシントン主演。上空で制御不能となった旅客機を、奇跡的な操縦と判断で胴体着陸を成功させ、一躍ヒーローとなったベテランパイロット。しかし、彼の血液からアルコール ...続きを見る
流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
2013/05/14 19:56
「フライト」 コントロールする
100人以上の乗員乗客を乗せた航空機が突如、制御不能になり、墜落の危機に。 それ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/11/09 23:21
「フライト」(2012年、アメリカ)
「フライト」(原題:Flight)は、2012年公開のアメリカのヒューマン・ミステリー・ドラマ映画です。奇跡的な緊急着陸を成功させて多くの人命を救い一躍国民のヒーローとなったパイロ... ...続きを見る
楽天売れ筋お買い物ランキング
2015/06/14 00:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:フライト よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる