よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:アイアンマン3

<<   作成日時 : 2013/08/29 18:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




(基本的にネタバレありですのでご注意ください。)
アイアンマン3
 アベンジャーズの地球の存亡をかけた戦いから1年後。政府は未曾有の機器にヒーローという個人を頼らざるを得ない状況を危惧し、アイアンマンとにたバトルスーツを開発。ジェームズ・ローズ中佐がそのスーツを着てテロリスト組織「テン・リングス」を追っていた。
 一方、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は地球上だけでなく宇宙にも人類の脅威があることを知り、精神を病んでいた。彼は会社を恋人のポッツ(グウィネス・パルトロー)に任せ、自分は何かに取り憑かれたようにパワースーツを作り続けていた。今ではその数42体。
 そんなある日、ポッツの元にシンクタンク組織・AIMの創設者であり科学者であるアルドリッチ・キリアン(ガイ・ピアース)が現れ、人の脳の使われていない部分を活性化させるウィルスの研究を合同で行いたいと話を持ちかける。ポッツは軍事利用に利用されかねないその研究を断る。キリアンが帰る際に、トニーの親友でもある警備主任のホーガンが不審に思い、彼を尾行する。するとキリアンに男が接触。その男がキリアンから手渡された薬品を飲むと、その男は爆発してしまう。その影響を受けてホーガンも重傷を負ってしまう。
 その事件を知ったトニーはマスコミに報復の決意を告げると、マスコミヘリに偽装した武装ヘリに自宅が襲われてしまう。トニーはスーツをまとってそこに訪れていた植物学者のマヤとポッツを助けることに成功する。
 その場をしのいだトニーは同じような爆発が起こったテネシーへと向かい、そこで知り合った少年と共に手掛かりを掴もうとする。その爆発がAIMに関係していることを知ったトニー。実はキリアンは以前トニーに共同研究をしたいとアポをとっていたが、寒い雨の中を待っていたのにその約束をすっぽかされていたのだ。キリアンはその事を根に持ち、自分の研究した脳の活性化ウィルスを使ってトニーに復讐しようとしていたのだ。しかし研究は不完全。成功すれば驚異的な体力を備えられるが、失敗すると爆発してしまうのだ。
 
 アクション最高!予告編でも使われていた自宅の襲撃は予告編以上のドキドキ感。もちろんクライマックスの何十体のアイアンマンが終結する処なんて、もうワケわからないけれどすごい!アイアンマンシリーズの集大成という処でしょうか。他の肩の感想を見ていると3D IMAXで見るのがオススメらしいですが、2Dで鑑賞です。
 ストーリーも1作目の布石を見事に受けていて、なるほど、そうつながるのかぁ〜!と感心させられます。敵もキリアンにテロリストのマンダリン。もう見終わって3ヶ月たつと詳しいストーリーは忘れちゃっていますが、ストーリーもアクションもただただ脱帽でしたね。



観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:アイアンマン3 よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる