よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:ホワイトハウス・ダウン

<<   作成日時 : 2013/11/03 18:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0




(基本的にネタバレありですのでご注意ください。)
ホワイトハウス・ダウン
 大統領を護衛するSPを目指している警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、娘・エミリー(ジョーイ・キング)とはうまくいっていない。先日も彼女が学芸会で旗を振る名シーンを見に行けず、エミリーのご機嫌ナナメだ。そんなエミリーは平和主義のジェームズ・ソイヤー大統領(ジェイミー・フォックス)をヒーローと慕っていた。
 ある日、ジョンは知人のSPからホワイトハウスの見学ツアーのチケットをもらい、SP採用試験後にツアーに見学していた。ジョンはSPに不採用だったことをなかなか切り出せず、ツアー中にたまたま通りがかった大統領に父親がSPになると伝えてはしゃいでいた。
 そんな3人の裏で不吉な動きをしている者たちがいた。すごい轟音が鳴り響き、ホワイトハウスが爆弾攻撃されたのだ。瞬く間に武装集団に選挙されるホワイトハウス。たまたまトイレに行っていたエミリーは武装集団の様子を動画で撮影しYoutubeにアップロード。一方ジョンは武装集団の隙を見て監禁場所から抜け出す。
 大統領は定年間際の主任大統領警護官、マーチン・ ウォーカー(ジェームズ・ウッズ)の指示で地下のバンカーへと逃げる。
 ところがウォーカーは他の警護官を殺し、大統領を人質にとろうとする。長年大統領を警護してきた警護官がこのテロの首謀者だったのだ。そこをたまたま通りがかったジョンが大統領を救出。2人はエレベーターシャフトを通り、ホワイトハウスから脱出しようとする。
 一方テロリストはホワイトハウスのコンピュータ施設を制圧し、ハッキングを始める。一方で屋上も占拠。駆けつける軍も手出しができない。この異常事態を収拾できるのはジョンだけだ。
 大統領の安否がわからないペンタゴンは、エアフォースワンに乗り込んだ副大統領に米国憲法修正第25条に乗っ取り、大統領権限を委任することを決める。副大統領は宣誓をするが、その直後テロリストが放ったミサイルに撃墜されてしまう。そこでペンタゴンにいたイーライ・ラフェルソン下院議長が大統領権限を委任されることになる。
 イランに核兵器がなかったことを受け核兵器の撤廃、世界的な軍縮を決めた大統領に対してウォーカーは「今、イランは核兵器を持っていなかったとしてもすぐに持つようになる。」とハッキングしたコンピュータからイランや近隣諸国に核兵器を発射しようとする。そんなことをすれば、いやそんなことをしなくてもアメリカが核兵器を発射しようとしていることが他国にばれただけでも世界第三次大戦が勃発。世界が核兵器を使用すれば地球が破滅してしまう。大統領権限を与えられたラフェルソン下院議長はホワイトハウスを空爆することを決意する。
 残された時間は残りわずか。ジョンとジェームス大統領はウォーカーの狙いを阻止することに成功。しかし外では空爆をしようとしている戦闘機の轟音が。
 そんな時一人の少女が大統領旗を持ってホワイトハウスの庭に出てきた。合衆国の旗を振る少女。それを見た戦闘機のパイロットは中止許可を求めるが、下院議長は作戦を続行を決める。しかしパイロットは現場の権限で作戦を中止。ホワイトハウスは、そしてアメリカのメンツはその少女、エミリーに救われたのだ。エミリーは今やアメリカのヒーローに。
 しかし事件はそれだけには終わらなかった。ウォーカーに新しい核爆弾の発射コードを教えた人物がいる。それを知っているのは新しい大統領権限を与えられた下院議長だったのだ。空爆が成功していればそれも証拠も一緒に吹き飛ぶはずだったのだ。

 2ヶ月前に見たエンド・オブ・ホワイトハウスもホワイトハウスが占拠されるという内容。これってどちらかが企画をぱくっタノではないかと思うほどタイミングがばっちり。日本だけじゃなくアメリカでの公開も差は3ヶ月ですから。個人的にはどちらも緊迫した内容でハラハラしながら楽しく見ることができました。
 エンド・オブ・ホワイトハウスでは、大統領が地下シェルターであるバンカーに入ってからもストーリーが続くのに対して、ホワイトハウス・ダウンでは地下シェルターに入ってしまうと外から入れなくなってしまうので、うまく入る前にストーリーを展開してシェルター内部に入らないようにしています。シェルターの入口で大統領を助け出したあともホワイトハウスの中をうろちょろできるのだったら、バンカーにもう一度連れて行けばいいのにと思ってしまいますが。でもそうしたら物語が進まなくなっちゃいますものね。
 実は飛行機の中でもう一度見ることができたのですが、2度目もエミリーが旗を振るシーンでうるっと来てしまいました。でもどこかで見たことがルような…。ザ・ロックのクライマックスかな。銃で撃たれたのに時計で助かるとか、古典的なネタも多いんですけど、おもしろかったです。



観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ホワイトハウス・ダウン
ホワイトハウス・ダウン@ニッショーホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2013/11/08 06:25
「ホワイトハウス・ダウン」 サービス精神がギュッとコンパクトに
今年は本作と「エンド・オブ・ホワイトハウス」という二つの作品で、ホワイトハウスが ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/11/08 21:51
「ホワイトハウス・ダウン」
めっちゃ、おもしろいじゃん! で、ホワイトハウスにマリリンとの逢引き用秘密通路が、あるんかい!? ...続きを見る
或る日の出来事
2013/11/09 08:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:ホワイトハウス・ダウン よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる