「ナイロビの蜂」を見てきました。

 アフリカにおける製薬会社の汚職を命を省みず暴いていく感動作と思ってナイロビの蜂を見てきました。間違ってはいなかったけど、でも、この映画のテーマってラブストーリーだったのね。そんな風には全然思って見に行かなかった・・・。


 この映画を後援しているWFP:国連世界食糧計画に、当ブログの広告収入3,000円を寄付させていただきました。みなさま、ありがとうございました。



●ストーリー(ネタバレあり)
 外務省アフリカ局長の代理で講演を行う英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、講演後に活動家テッサ(レイチェル・ワイズ)に、イギリスのイラク政策について糾弾される。自分にないその情熱に惹かれたジャスティンはお茶に誘う。それがきっかけで二人はつきあい出す。しばらくしてジャスティンにアフリカ駐在の辞令が出されるが、テッサは一緒に行きたいとプロポーズする。

 テッサはナイロビの実情を知るに連れ活動家の血が騒ぎ出す。妊娠しているにもかかわらず医師アーノルドと共に医療施設の改善を目指してスラム地区をも駆けめぐる。一方腐敗した権力にもたてつき、夫の立場を悪くするが、ジャスティンはそれを見ないふりをする。

 テッサの子供は死産であった。彼女は入院中黒人しかいないはずの入院先で白人医師が不審な行動をしているのを目撃する。また、彼女は少女ワンザの死にも疑問を持ち、これらをアーノルドと共に調査する。二人は大手製薬会社スリービーズの陰謀に気がつき、その証拠を集めるためロキへとたつ。わずか二日で帰ってくる予定であった。

 ジャスティンのところに来たのはテッサの姿ではなく、テッサの訃報であった。彼女は帰る途中に盗賊に襲われたという。しかし警察はテッサのパソコンを初めいろいろなものを押収する。さらにはジャスティンの上司である高等弁務官事務所長サンディの手紙を見つけ、テッサの死に疑問を抱く。

 ジャスティンはテッサが疑問を抱いたワンザの死を調べる。しかし医療施設にはワンザがいた形跡がない。医療施設に許可泣く入った罪で警察に逮捕されてしまうジャスティン。釈放後スリービーズの経営責任者ケニーに会いに行った彼に帰国命令が出る。

 ジャスティンは別のルートで調べると、テッサが浮気をしているらしい手紙を見つける。後にアフリカで新薬の人体実験が行われていたこと、テッサは自分の体を売ってまで陰謀を暴くための証拠を見つけようとしていたことを知り、彼はそれを引き継ぐことを決意する。

 ジャスティンは偽造パスポートを手に入れドイツの製薬会社監視団体ヒッポへ向かう。さらにパリ経由でケニアに戻り、テッサを売ったのは上司のサンディであることを知る。

 難民キャンプに食料を運ぶ飛行機に乗り、一連の真相を知る医師ローピアーを探す。そしてテッサが書いたレポートを手に入れ、それを郵便で送り、ジャスティンは窮地に陥る。

 使命を果たしたジャスティンはテッサが殺されたトゥルカナ湖に向かう。そしてテッサの幻と語り合う。背後にはジャスティンの暗殺をたくらむ一団が潜んでいることを知りながら。。。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 冒頭にも書いたようにラブストーリーとは思っていなかったのでちょっと裏切られた感じでしたが、とても良い映画だと思います。

 ただ、残念なことが2点。知り合ったその日に愛し合うってどうよ。って感じがするんですが。

 2点目が、焦点がぼけているんですよね。アフリカの現状(特に思ったのは最後の部族間の争い)や、大企業の権力などを伝えたいのか、テッサとジャスティンのラブストーリーを伝えたいのか。なんか焦点がさだまっていなくて、いまいち落ち着かなかったなぁ。

 感動したシーンは最後の飛行機の中でジャスティンが黒人の子供を連れて行こうとした時、パイロットから「連れて行けいない」と言われるシーン。テッサが生きていた時は同じ言葉をジャスティンが言い放っている。テッサの意志を継ぐことで、ジャスティンにも活動家としてのテッサも息づいている。そして「連れて行けない」と聞いた子供は無言で立ち去る。「連れて行って」と懇願せずに。。。いざというとき助けてはくれないと言うことをわかっている。その悲しさ。涙がでる場面です。

 話は変わりますが、ハリソン・フォード逃亡者も、治験を無理矢理遠そうとして、それをハリソン扮するキンブル医師に見破られそうになったという設定でしたね。

 ところで、医者に「●●製薬の薬を処方して」ってお願いしますか?普通しませんよね。他の商品は消費者である我々が買うものを選ぶのに、薬は医者が選んで私たちには決定権はほとんどない市場です。「△△電器のテレビが不良で火をふきました」なんて不祥事があると、「あそこのメーカーのは買わない」ってなりますが、治験で少々問題があってもそこの製薬会社の薬は買わない!ってわけには行かないし、そもそもそういう情報は医者や薬剤師で止まってしまいます。そんな製薬会社・医者主導の市場だからいけないんでしょうね。



 おなじみ前売りのおまけ。ハニーソープ。使っていないからわかりませんが、においが結構します。でもハニーのにおいじゃないなぁ。。。



オススメ度:●●●●○




2006.06.05追記
当ブログの広告収入(アフィリエイト収入)を
この映画を後援しているWFP:国連世界食糧計画に3,000円、
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に3,000円寄付しました。
みなさまのご協力に感謝いたします。






  

この記事へのコメント

2006年06月02日 23:07
ウェブリブログの会員しかコメントかけないようになっていました。制限を解除しましたので、コメントよろしくお願いします。
2006年06月04日 18:31
はじめまして☆
「ナイロビの蜂」で検索してこちらに来ました。
私も先日見てきました。厳しいアフリカの現実、それに向き合おうとした夫婦のたどる運命・・なかなか重い内容でしたが、ラストは感慨深くもありました。ちょっと宣伝文句につられた気もしますが。。

HPで川柳など書いておりまして、時々映画をネタにしています。
「ナイロビの蜂」でも二句作ってみました。よかったら読みに来て下さいm(__)m
2006年06月04日 23:42
rayさん、こんばんは。
うーん。正直宣伝に踊らされたというか、期待しすぎちゃったのもあって、ちょっと残念。でもとてもいい映画でした。

川柳読みましたよー。
川柳とか句とか読める人ってかっこいいですよね。
2006年06月11日 13:23
こんにちは、いつもありいがとうございます。
あの石鹸気になってたんですが、ハニーじゃないんや(^^;
私も前売買うことも多いのですが、役立つおまけは
少ないですよね~ 
2006年06月11日 13:40
カヌさん、コメントありがとうございます。
ははは。そうですね。役立つおまけは少ないですね(笑)
まあ、石けんは使えますけどね。
2007年02月17日 12:13
はじめまして。
やっと本作を観る事ができ、レビューを掲載させてもらいました。
そうですね、この夫婦の在り方になかなか共感はできませんよねぇ。よって感情移入もしにくいと思います。
それでも、必要以上に派手でないところに製作者側の伝えたいであろう真意が見えるようで誠意が持てました。
トラックバック作成させて頂きます。
2007年02月17日 13:12
Bikke兄さん、コメントありがとうございます。
もちろん制作者側はもっと違うところを言いたいのだと思います。
本作品は、当ブログで時々紹介している「やぐちひとり」という番組でも紹介していて、矢口真里さんが「おもしろそ~!見た~い。」と騒いでいた作品です。

また、遊びに来てください。
2007年10月27日 07:38
TBさせていただきました。

噂どうりの名作で、心から感動しました。
2007年10月27日 08:57
タウムさん、コメントありがとうございます。
もう1年以上前の作品ですが、最後の、やるせない気持ちは今でも色あせていません。良い映画の1本でしたね。

この記事へのトラックバック

  • 「ナイロビの蜂」を見た/Constant Gardener

    Excerpt: 最近めっきり映画を見る機会が減っている・・・とほほ~。ちょっと忙しすぎ。久しぶり Weblog: Choco Break racked: 2006-05-31 01:42
  • *ナイロビの蜂*

    Excerpt: {{{   ***STORY***             2005年   イギリス アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は.. Weblog: Cartouche racked: 2006-05-31 10:41
  • 映画「ナイロビの蜂」試写会

    Excerpt: ナイロビの蜂〈上・下〉 集英社文庫 ジョン ル・カレ (著), J... Weblog: 毎日が日曜日blog2 racked: 2006-05-31 10:51
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 渇いた大地から届く,深い愛のドラマ。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-05-31 18:47
  • 映画のご紹介(133) ナイロビの蜂

    Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(133) ナイロビの蜂-「きっかけは、妻の死」 「たどり着いたのは、妻の愛」 と.. Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス racked: 2006-05-31 19:32
  • ナイロビの蜂 (米国盤DVD)

    Excerpt: 原題: The Constant Gardener (2005) 2006年5月13日 日本初公開 公式サイト: http://www.nairobi.jp/ ゴウ先生総合ランキング: .. Weblog: 映画と本と音楽にあふれた英語塾 racked: 2006-05-31 19:47
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 「ナイロビの蜂」 2006年 英 ★★★★☆ この春、一番観たくて心待ちにしていた、作品。やっと公開です。雄大なアフリカ大陸の大自然を舞台に、夫婦の愛や不条理に立ち向かう正義感や、やりきれ.. Weblog: とんとん亭 racked: 2006-05-31 19:57
  • 『ナイロビの蜂』

    Excerpt: 『ナイロビの蜂』(原題 The Constant Gardener)試写。 とても不思議な映画です。ラブストーリーといえばそうだけれど、観ている間は、終始社会派サスペンススリラーのようでいて、見終わる.. Weblog: 試写会帰りに racked: 2006-05-31 20:05
  • 「ナイロビの蜂」

    Excerpt: (2005年・英/監督:フェルナンド・メイレレス) 原作ジョン・ル・カレ。ル・カレと言えば40年ほど前、「寒い国から帰ったスパイ」というサス Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2006-05-31 20:17
  • 「ナイロビの蜂」96点。

    Excerpt: 「ナイロビの蜂」hp とても美しい映画。 ここまでいいとは思ってなくて、レイチェル・ワイズが助演で出ているということで以前から気にしていたし記事にもしていた。時間的に鑑賞は難しいと思いつつ.. Weblog: mountain77 D.Reverse side racked: 2006-05-31 20:30
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 原題はThe Constant Gardener。よく手入れされた庭が先進国であり、その外は貧困に苦しむ国々、特にアフリカだ。僕たちは庭の美しさを愛でながら、それがどこから養分を吸い上げているのか、 Weblog: Kinetic Vision racked: 2006-05-31 20:36
  • 『ナイロビの蜂』観て来ました!

    Excerpt: 『ナイロビの蜂』鑑賞レビュー! 原題▶The Constant Gardener 後援::::国連世界食糧計画 (WFP) きっかけは、妻の死。 た.. Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! racked: 2006-05-31 20:52
  • 社会派サスペンス:『ナイロビの蜂』

    Excerpt: 縷『ナイロビの蜂』朝一で見てまいりました。(>Д<)ゝ” 社会派サスペンスです獵 (適当につけました。) 朝から見る映画ではなかった...かな&a.. Weblog: この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! racked: 2006-05-31 21:32
  • シネマ日記 ナイロビの蜂

    Excerpt: 妻の死の謎を追う夫を描く、社会派サスペンス。 アフリカにおける製薬会社の新薬の人体実験を暴こうとし、そして殺された妻。そんなことなど知らず、幸せな夫婦と思っていた英国 Weblog: skywave blog racked: 2006-05-31 21:49
  • 「ナイロビの蜂」

    Excerpt: 「The Constant Gardener」2005 UK/ドイツ オスカー助演女優賞(2005)/レイチェル・ワイズ 監督はブラジル出身のフェルナンド・メイレレス(シティ・オブ・ゴッド/2.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2006-05-31 21:52
  • 蜂なのに、蝿、ハエ・・・『ナイロビの蜂』

    Excerpt: あ~、ハエ、ハエ~♪ 蝿、蝿~♪はえはえぇ~♪ 『ナイロビの蜂』観に行きました。 行ってからというもの、ここ2日間ほど、「あ~ハエ、ハエ♪」の音楽がアタマから離れず、「ハエ病」にうなされてお.. Weblog: 虎の意地っぱり~何がなんでもタイガース racked: 2006-05-31 21:58
  • 「ナイロビの蜂」意外と宣伝通り、かつ傑作

    Excerpt: ストーリー: アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、弁護士で救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャス.. Weblog: 小生の映画日記 racked: 2006-05-31 22:04
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 【ナイロビの蜂】 評価不可能   2006/5/9  試写会 ストーリー アフリカの太陽のように情熱的な妻テッサ(レイチェル・ワイズ)と、イ Weblog: りらの感想日記♪ racked: 2006-05-31 22:20
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: http://hatchi.jugem.jp/trackback/165 Weblog: 私のひとりごと、主に映画評中心で…。 racked: 2006-05-31 22:29
  • ■ナイロビの蜂

    Excerpt: 英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を見送った。しかし2日後に帰ってくる筈だったテッサは、車で出かけたトゥルカ.. Weblog: ルーピーQの活動日記 racked: 2006-05-31 22:56
  • 『ナイロビの蜂』

    Excerpt:  ナイロビに滞在するイギリスの書記官ジャスティンの元に妻テッサの訃報が届く。二日ほど前に空港で見送った妻の姿。同行した黒人医師は依然行方不明、葬儀を済ませ自宅へ戻ると妻� Weblog: flicks review blog II racked: 2006-05-31 23:01
  • ナイロビの蜂 / The Constant Gardener

    Excerpt: 「地の果てで、やっと君に帰る」 監督:フェルナンド・メイレレス 原作: ジョン・ル・カレ 脚本:ジェフリー・ケイン 音楽:アルベルト・イグレシアス 出演:レイフ・ファインズ 、レイチ.. Weblog: きょうのあしあと racked: 2006-05-31 23:25
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 地の果てで、やっと君に帰る。 John Le Carre The Constant Gardener きっかけは、妻の死。 たどり着いたのは、妻の愛。 世界.. Weblog: そこで馬が走るかぎり racked: 2006-05-31 23:33
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: ストーリー ナイロビの英国高等弁務官事務所に勤務する外交官ジャスティンのもとに、妻テッサが惨殺されたという知らせが入る。ガーデニングを趣味とし、穏やかで礼.. Weblog: コンパス・ローズ  racked: 2006-05-31 23:40
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ダニー・ヒューストン ピート・ポスルスウェイト イギリス外務省に勤めるジャスティンは、妻テッ Weblog: カタログ racked: 2006-05-31 23:41
  • ナイロビの蜂・・・・・評価額1700円

    Excerpt: ブラジル、リオのスラムで生きる少年たちの姿を鮮烈に描いた、「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督のハリウッド進出第一作。 何と「鏡の国の戦争」などで知られ� Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2006-05-31 23:50
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: ナイロビの蜂 2005:英 監督:フェルナンド・メイレレス演:レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン地の果てで、やっと君に帰る。突然の訃報―「悪い知らせだ.. Weblog: C'est Joli racked: 2006-05-31 23:54
  • 「ナイロビの蜂」

    Excerpt: 少々退屈だった。 妻は、なぜ殺されたのか。アフリカの地を舞台に、人命を軽視した製薬会社の悪行をつきとめようとする夫。 サスペンス・ミステリーを縦糸に、夫婦愛を横糸に、アフ Weblog: 或る日の出来事 racked: 2006-06-01 00:04
  • ナイロビの蜂(05・英)

    Excerpt: ナイロビってどこだろう。ネットの地図で探したら ケニアの首都でした。ルワンダとも近いんですね。 原題は「The constant gardener」。邦題「ナイロビの蜂」の方がいいですね。イギ.. Weblog: no movie no life racked: 2006-06-01 00:11
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: それは、しばしの別れのはずだった。 英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。 「行ってくるわ」「じゃ2日後に」それが妻と交わす最後の会話になるとも知.. Weblog: とりあえずな日々(仮) racked: 2006-06-01 00:18
  • ナイロビの蜂☆独り言

    Excerpt: 公開から、どれぐらいスルーしてたんでしょう?(笑) 先週、タッチの時差で見逃して、今週レディースディまで持ち越してしまいました。 『ダ・ヴィンチ・コード』は初日で観ちゃったのにねぇ~ 今日の映画.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2006-06-01 00:44
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 梅田ピカデリー 日本人の感覚として、映画はまだ「特別な時間」である。多くの日本人は、1年に映画を10本も観ない。平均すると5~6本。つまり、2ヶ月に1本である。10年で50本。だから私は「ターミネー.. Weblog: 映画評論家人生 racked: 2006-06-01 00:44
  • 映画 「ナイロビの蜂」

    Excerpt: 映画 「ナイロビの蜂」の試写を新宿明治安田生命ホールにて。 Weblog: ようこそMr.G racked: 2006-06-01 00:54
  • 映画「ナイロビの蜂」

    Excerpt: 原題:The Constant Gardener アフリカ・ナイロビで、3人に一人が死ぬという結核のための新薬の人体実験が・・人命を軽々しく扱う巨悪に立ち向かい、不正を暴こうとするが・・。 .. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-06-01 01:08
  • 「ナイロビの蜂」レビュー

    Excerpt: 「ナイロビの蜂」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ユベール・クンデ、ビル・ナイ、ピート・ポスルスウェイト、他 .. Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター racked: 2006-06-01 02:53
  • ナイロビの蜂

    Excerpt:  レイチェル・ワイズ。綺麗です・・・と思ったら「ハムナプトラ」シリーズの女優だ Weblog: eclipse的な独り言 racked: 2006-06-01 05:14
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: アフリカの太陽のように情熱的な妻テッサと、 イギリスの庭園のように秩序正しい 外交官の夫ジャスティン。 愛し合っているからといって、 相手のすべてを理解しているとは限らない。 ジャス.. Weblog: Enjoy Life♪ racked: 2006-06-01 07:20
  • ナイロビの蜂/試写会

    Excerpt: ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER 公式サイト→http://www.nairobi.jp/ 監督: フェルナンド・メイレレス   製作: サイモン・チャニング=ウィリアムズ .. Weblog: 如意宝珠 racked: 2006-06-01 07:26
  • アフリカの太陽 『ナイロビの蜂』

    Excerpt: ラブストーリーとしてさんざん宣伝されているにもかかわらず、 なぜか、私はサスペン Weblog: パフィオ - People of About Forty Years Old - racked: 2006-06-01 08:06
  • The Constant Gardener

    Excerpt: 週末、『ナイロビの蜂』を観ました。 アフリカの大地そのもののような底力を感じさせ Weblog: haljion_blog racked: 2006-06-01 08:22
  • お題:『ナイロビの蜂』

    Excerpt: レイチェル・ワイズって、 大胆に脱いでも品を損なわないと言うか、 男の人はそそられるんだろうけど、いやらしくない感じですよね。 今回特に妊婦役だったからでしょうか? ・・・・それにして.. Weblog: 映画の一言二言 racked: 2006-06-01 08:50
  • 『ナイロビの蜂』

    Excerpt: the constant gardener  2005年/英 ★★★★★:星5つ  日本公開:2006/05  http://www.nairobi.jp 監督:フェルナンド・メイレレス(『シティ・オ.. Weblog: おりょんキネマ racked: 2006-06-01 10:43
  • 「ナイロビの蜂」

    Excerpt: 「ナイロビの蜂」東京厚生年金会館で鑑賞 口コミでラブストーリーよりもサスペンと聞いていたので気持ちは楽でした。これでラブストーリーと思ったらとてもついていけない感じです。先入観を持ってしまうと作.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2006-06-01 11:15
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 『ナイロビの蜂』は、ただの大河ドラマでもロマンスでもない映画でした。 ガーデニングが趣味の、英国外交官のジャスティンは、探究心と正義感が強く魅力的なテッサと恋に落ち、ともにアフリカへ旅立ちます。.. Weblog: ロッタのひなたぼっこ racked: 2006-06-01 11:29
  • ナイロビの蜂

    Excerpt:    テッサの愛に彼は包まれる・・・世界の果てで。  ナイロビでイギリス外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)。  ある日、訃報が訪れる。.. Weblog: とにかく、映画好きなもので。 racked: 2006-06-01 14:14
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 6点/10点満点 アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず.. Weblog: 映画をささえに生きる racked: 2006-06-01 16:10
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: “世界がアフリカを食いものにしている” このセリフが胸を突いた。 夫婦の深い愛を描いた感動のラブストーリー、というぐらいしか予備知識なく鑑賞しました。 少々“愛”などというものが.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2006-06-01 16:12
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 「ナイロビの蜂」 The Constant Gardener/製作:2005年、 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2006-06-01 18:40
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: フェルナンド・メイレイス監督の「シティ・オブ・ゴッド」は衝撃的な作品。 ブラジルのスラムの子供たちが銃を持って簡単に隣人や友達まで殺してしまう 衝撃的な要素ももちろんなんですが、 俳優が.. Weblog: It's a Wonderful Life racked: 2006-06-01 18:59
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 【鑑賞】試写会 【日本公開】2006年5月13日 【製作年/製作国】2005/イギリス 【監督】フェルナンド・メイレレス 【出演】レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ダニー・ヒューストン/.. Weblog: 映画日記 racked: 2006-06-01 19:46
  • 「ナイロビの蜂」

    Excerpt:  2005年/イギリス  監督/フェルナンド・メイレレス  出演/レイフ・ファインズ      レイチェル・ワイズ  重い。すごく重い。でも、目を逸らしてはならない。そんな気分にさせられた.. Weblog: It's a wonderful cinema racked: 2006-06-01 22:01
  • 『ナイロビの蜂』&アカデミー賞結果

    Excerpt: 今日はもともと『ナイロビの蜂』の試写に行くつもりでいたのだけど、折りしもアカデミー賞授賞式当日。出かける前に中継を観ていたら、本作で助演女優賞にノミネートされていたレイチェル・ワイズが見事受賞しました.. Weblog: моя комната (私の部屋) racked: 2006-06-02 01:58
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 大好きレイチェルの新作、しかもこれでアカデミー賞まで獲っちゃったとなれば、観に行かない訳にはいかない。地元のシネコン、よくかけてくれた。またスルーかと思ってたよ。レイトで観てきた。 Weblog: CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ> racked: 2006-06-02 02:34
  • 映画:ナイロビの蜂 スニーク試写会

    Excerpt: 「ナイロビの蜂」スニーク試写会@明治安田生命ホール 「テッサが僕の帰る家だ」 スニークプレビュー、5月公開の感動大作とのことで「デイジー」か「ジャケット」?と思ってたのですが・・・こち.. Weblog: 駒吉の日記 racked: 2006-06-02 11:50
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: ナイロビの蜂を見てきました。私は、もうちょっと派手な映画を想像して見に行ったのですが、全然違っていました。 ジャスティンは、亡き妻の意志を引き継いで、巨大企業、国家に立ち向かって行くのだが。 そこには.. Weblog: ブログ:映画ネット☆ログシアター racked: 2006-06-02 13:15
  • 『ナイロビの蜂』・試写会

    Excerpt: 今日はおそらく某雑誌で当選した 『ナイロビの蜂』の試写会に行ってきた。 [アンケートに答えて4色ボ Weblog: しましまシネマライフ! racked: 2006-06-02 16:50
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: TBさせて頂きます。 世界的陰謀の真相を巡るサスペンスと愛のドラマが見事に融合されていると思います。重厚な社会派映画でありながらも、愛の強さと尊さを改めて感じるドラマでもあり、とても様々なことを考え.. Weblog: シアフレ.blog racked: 2006-06-02 20:18
  • 『ナイロビの蜂』公開前に思ったことなどなど

    Excerpt: 公式HPとかで・・・ ハチミッツはないだろ~! テッサの気持ちを思えば、あのマーク(あのマークとは違うと思うけど)見たくもないよ! って思わないのかしら~?プンプン! 江原啓之さん(スピリチュアル・.. Weblog: 映画子の映画日記 racked: 2006-06-02 20:49
  • ナイロビの蜂(2005/イギリス/監督:フェルナンド・メイレレス)

    Excerpt: 【VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ】アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン(レイフ・ファインズ)。事なかれ主義の彼は、アフリカ.. Weblog: のら猫の日記 racked: 2006-06-02 23:30
  • FUN … 『ナイロビの蜂』

    Excerpt: 【cinema de refresh(?)】 Weblog: FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~ racked: 2006-06-02 23:34
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: テレビCMで、この映画を推薦しているのはなんと!スピリチュアル・カウンセラーの江原哲之さん。確かに、冒頭5分で逝ってしまった妻と交信するわけですから、「スピリチュアル映画」といえるのかも。。。 Weblog: エリ好み★ racked: 2006-06-03 00:06
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: ナイロビの蜂 上映時間 2時間8分 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ユベール・クンデ ビル・ナイダニー・ヒューストン 評価 6点(10点満点) .. Weblog: メルブロ racked: 2006-06-03 00:08
  • ナイロビの蜂

    Excerpt:  彼女が私の家 。私は彼女の元へ帰る。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2006-06-03 10:07
  • 【映画】ナイロビの蜂

    Excerpt: ダビンチ・コード公開初日のなか裏をかいて『ナイロビの蜂』を観賞。(話題作でも別に初日に見なくてもいいんです・・・) 映画の内容は、政治に無関心なガーデニングが趣味の外交官ジャスティン(レイフ・フ.. Weblog: Glows in the Dark racked: 2006-06-03 11:11
  • 【ナイロビの蜂】

    Excerpt: ★主人公の女性に感情移入出来ない作品は、観ていて辛いです。アカデミー賞でレイチ Weblog: 空の「一期一会」 racked: 2006-06-03 11:23
  • 行き着く先は・・彼女の心

    Excerpt: 105「ナイロビの蜂」(イギリス)  イギリス外務省一等書記官のジャスティン・クエイルはある朝訃報を聞く。数日前ナイロビの空港で見送った妻が死んだという。しかも殺されたと。妻のテッサは元々アフリカの.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2006-06-03 11:56
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 《ナイロビの蜂》 2005年 イギリス映画 - 原題 - THE CONSTA Weblog: Diarydiary! racked: 2006-06-03 19:26
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 夫婦の深いラブストーリーであり、重い社会派サスペンス。怒りを覚え、恐ろしくもあり、切なくもあり、感動の話でもある。見ている間は感動も何もなかった。ただただ圧倒されて。エンドロールが流れ出しても最後まで.. Weblog: 色即是空日記+α racked: 2006-06-04 02:57
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 「ナイロビの蜂」 2006年 英 ★★★★☆ この春、一番観たくて心待ちにしていた、作品。やっと公開です。雄大なアフリカ大陸の大自然を舞台に、夫婦の愛や不条理に立ち向かう正義感や、やりきれ.. Weblog: とんとん亭 racked: 2006-06-04 10:10
  • 『ナイロビの蜂』を観てきた。

    Excerpt: 一途な愛の映画です。 (スピリチュアルカウンセリングの江原さんのCM・・・やめてもらいたいです。) ストーリーは、少しの間の夫婦の別れだったはずが、、、旅先で妻はむごい姿で殺害されてしまう。 夫.. Weblog: 映画観たよ(^^) racked: 2006-06-04 19:27
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズが出ている映画、『ナイロビの蜂』を随分前ですが、映画館で観て来ました。 レイチェル・ワイズが、この作品でアカデミー賞とったんですよね� Weblog: ERi’s room racked: 2006-06-04 22:12
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★★  地の果て、愛と信念を胸に・・・   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-06-05 01:19
  • ナイロビの蜂

    Excerpt:  この作品を、妻の死にまつわる疑惑を調査する社会派サスペンスとみるか、亡き妻との思いを綴る恋愛映画とみるか、見解は分れるでしょう。  自分は Weblog: シネクリシェ racked: 2006-06-05 07:35
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: ★本日の金言豆★ イヴェット・ピアパオリ:女性活動家で慈善事業家。19歳で国際難民救済協会の職につき、1999年に60歳で交通事故死するまでの間、アフリカの貧民の為に精力的に活動し� Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等 racked: 2006-06-09 15:40
  • 妻の死後、初めて彼女の真実の愛を知る

    Excerpt: 「ナイロビの蜂」  社内結婚のいいところは、表の顔も裏の顔も相手のことをかなり知り尽くした上で、同居を開始できるということです。もちろんそれでも「えっ」って言う Weblog: 人生はお伽話もしくは映画のよう racked: 2006-06-10 17:57
  • 「ナイロビの蜂」

    Excerpt: あーこの映画はちょっと難しいです。 よかったのか、そうでもなかったのかも、判断しにくいところ。 私はあまり感想はあいまいにはならない方なんですが…。 ちぐはぐなんですよね、社会派と思いきや思い.. Weblog: That's the Way Life Goes racked: 2006-06-10 23:09
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 第453回 ★★★★☆(劇場) (綺麗事と思われる文面あるので、ご注意あそばせ) 「何かがキレイになるには、何かが汚くなければならない」  これは「汚れ保存の法則」と呼ばれるも.. Weblog: まつさんの映画伝道師 racked: 2006-06-11 09:16
  • 「ナイロビの蜂」

    Excerpt: 「世界中が絶賛し涙した、壮大なラブストーリー」というコピーと、予告編を見た時に、アフリカをだしに使った、自己中心な女の話「すべては愛のために」を思い出した。この作品も似たようなもんじゃないのと思ってま.. Weblog: the borderland  racked: 2006-06-11 13:20
  • ナイロビの蜂。

    Excerpt: 見てきました。 ちょっと前に見た映画の上映前の予告で気になっていた映画です。 最終的な感想は、「あぁ・・・、こんな愛の形もあるんだな」といったところでしょうか。 「テッ� Weblog: 一期一会・・・。 racked: 2006-06-11 18:35
  • 蜂蜜洗顔でしっとり~ナイロビの蜂

    Excerpt: アフリカで横行する貧しい人々に対する薬物実験、官僚とその薬品メーカーの癒着を密告し、数日後帰らぬ人となってしまった妻テッサ。そんな「妻の死」の真相を追う中で彼女自身について、彼女の自分に対する愛を夫ジ.. Weblog: ○○をアレしちゃいました racked: 2006-06-15 01:04
  • 『ナイロビの蜂』

    Excerpt: ★★★☆原題:『The Constant Gardener』誠実な庭師ケニアの Weblog: mimiaエーガ日記 racked: 2006-06-16 15:07
  • ナイロビの蜂 - The Constant Gardener - (個人的評価:★★★)

    Excerpt: 作品の内容よりはレイチェル・ワイズ見たさにナイロビの蜂を観て来ました。 邦題名を... Weblog: 地方競馬情報品質向上委員会 racked: 2006-06-22 03:47
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: こんち 公開して結構経つんだけど… 賞味期限としてはギリギリで鮮度が悪いですが、観たのでグダグダとアレします。 あっ、6月ですが五月病のBasettaです。 一緒に手を引いて通勤して下さい.. Weblog: 不景気風にロシアンフック、ステキなあの娘にオモプラッタ、そして金曜の夜にはシングルモルトを… racked: 2006-06-25 22:45
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: ずっと観たくて観たくて、やっと今日渋谷のレイトショーで観て来ました <ストーリー> 英国外務省一等書記官であるジャスティンは、ナイロビ空港から黒人医師アーノルドと共に、ロキへ向かう妻テッサ.. Weblog: わたくしぶろぐ おもしろぶろぐ racked: 2006-07-01 10:18
  • [ ナイロビの蜂 ]アフリカの今を伝える

    Excerpt: [ ナイロビの蜂 ]@吉祥寺で鑑賞。 4年も前になるのか[ シティ・オブ・ゴッド ]。 当時、おすすめの1作はと友達に聞かれたら、必ずこの [ シティ・オブ・ゴッド ]をあげていた。グルーヴ.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2006-07-02 17:08
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: ナイロビの蜂レイフ・ファインズ (2006/11/10)日活この商品の詳細を見る [監督] フェルナンド・メイレレス [出演] レイフ・ファインズ,レイチェル・ワイズ,ダニー・ヒューストン,ユベ.. Weblog: Myシネマ情報局 racked: 2006-09-15 15:44
  • ナイロビの蜂 (The Constant Gardener)

    Excerpt: 監督 フェルナンド・メイレレス 主演 レイフ・ファインズ 2005年 イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★★ 一部の比較的裕福な国を除いて、平均寿命が50歳代を軒並み割ってしまうアフリカ.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2006-11-21 13:30
  • 『ナイロビの蜂』 蝶のように舞い蜂のように…

    Excerpt: ラブストーリーだったのか…。 にしちゃ、あんーまり愛を感じなかった私は、 感受性だか何だかが、鈍ってる? 過去と現在が行ったり来たりで (よくありがちな手法だけと私はコレが苦手)、 .. Weblog: *モナミ* racked: 2006-12-09 19:24
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 2005年 イギリス 2006年5月 128分 原題:The Constant Weblog: 銀の森のゴブリン racked: 2006-12-22 12:50
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 【THE CONSTANT GARDENER】2005年/イギリス 監督:フェルナンド・メイレレス  出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ピート・ポスルスウ.. Weblog: BLACK&WHITE racked: 2007-01-11 23:59
  • 『ナイロビの蜂』

    Excerpt: 監督:フェルナンド・メイレレス 原作:ジョン・ル・カレ 脚本:ジェフリー・ケイン   出演:レイフ・ファインズ(ジャスティン・クエイル)、レイチェル・ワイズ(テッサ・ク.. Weblog: COFFEE & LEMON WATER racked: 2007-02-06 09:07
  • 【映画レビュー】ナイロビの蜂

    Excerpt: 2005年/イギリス 監督: フェルナンド・メイレレス 製作: サイモン・チャニング・ウィリアムズ 製作総指揮: ジェフ・アッバリー ジュリア・ブラックマン ゲイル.. Weblog: Hisa-Bo's Walk racked: 2007-02-17 12:14
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 最近DVDを見ていないなぁと思い、レンタルしてきたのが「ナイロビの蜂」(公式HP)。 突然起きた妻の死に隠された秘密を暴いていく、サスペンス。 しかし、リアリティーがありドキュメンタリー映画の.. Weblog: ひまつぶし racked: 2007-03-01 00:17
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 話題になった作品。 DVDで鑑賞。 ガーデニングが趣味の英国外務省一等書記官のジャスティンは、 赴任先のアフリカのナイロビで妻のテッサと暮していた。 現地の救援活動に熱心なテッサは ある.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2007-04-10 11:11
  • inno brigata sassari

    Excerpt: 「ナイロビの蜂」を見てきました。 Weblog: inno brigata sassari racked: 2007-05-09 23:20
  • 薬品会社の陰謀  映画 「ナイロビの蜂」

    Excerpt: 映画 「ナイロビの蜂」 評判になるだけあって、素晴らしい作品でした。 社会派で、不正をただすような内容だとなんとなく知っていて、ちょっと面倒くさそうだなと思って、敬遠�... Weblog: 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々 racked: 2007-10-27 07:46
  • ナイロビの蜂

    Excerpt: 冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの原作を映画化したもの。妻の死に世界的な陰謀の存在を嗅ぎ取った主人公の心の旅路を、ナイロビの雄大な自然を背景に映し出す。監督はフェルナンド・メイレレス、キャストはレイフ・.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2012-05-01 23:12