嫌われ松子の一生見てきました。

 正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。



●ストーリー(ネタバレあり)
  昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚佐伯(谷原章介)とイイ感じになるも、しかし、修学旅行で問題発生。誰かが売店のレジのお金を盗んだのだ。他の先生方も松子も生徒の龍が犯人だと疑っている。しかし龍は否認する。めんどくさがり屋の松子は、自分の財布と足りない分は同僚の財布から勝手にお金を抜き出し、生徒の代わりに店員に返しに行く。しかし本人を連れてこいと言われた松子は、実は生徒ではなく自分がやったと言ってしまう。教頭(竹山隆範)は店の勘違いと言うことですまそうとするが、校長にばれてしまう。追求される松子は龍に「自分が盗んだと言え」と言うが、龍は他の先生方の前で松子に自供しろと脅されたと言う。責任をとらされ松子は学校をやめてしまう。

 松子の妹の久美(市川実日子)についつい当たってしまい、それを親に責められ、松子は家を飛び出す。

 ここから、松子の転落人生が坂を転がり落ちるがごとく、始まっていく。愛を求める松子の前にはさまざまな男が現れるが、彼女の選択はことごとく不幸へと繋がってしまう。ダメな文学青年にお金を貢ぐ日々、そのライバル(劇団ひとり)との不倫。ソープ嬢となり、あげくヒモを殺害して8年間服役する日々。そこで知り合ったAV会社社長と知り合い、さらに教え子龍(伊勢谷友介)と恋に落ちるが、やくざの龍は逮捕されてしまう。そして松子53歳、河川敷で死体となって発見された。

 松子の甥(瑛太)が、松子に関わった人々から聞き、叔母の松子がどのような一生をたどったかを解き明かしていく。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 上にも書きましたが他の方のブログを読むとかなり評判がよいので見に行くことにしました。ところが、いや、最悪。中盤ぐらいまでは僕的にはかなりつまらなかった。最近仕事も忙しく、寝たいというのもあって、まじで途中で帰ろうかなとも思いました。が、AV女優で、アダルトビデオ会社社長が出てきたあたりから、なんとなくましになってきました。といっても、おもしろいというわけではなく・・・。結局何が言いたかったのか、松子の生き方をただ紹介しただけという感じ。結局僕にはおもしろみがわかる前に終わってしまった。。。

 甥の視点、松子の視点、友人の視点、いろいろな視点から物語を見つめる映画の作り方はおもしろいとは思いますが、ストーリーに共感できず、でした。

 要所要所で使われている歌は、とても美しく、またその時々の松子の心境を表しており、とても言い音楽だったとは思いますが、僕的にはその音楽の良さしかわかりませんでした。

 でも、暴力をふるわれても付き会い続ける女性の気持ちがなんとなくわかったような気がします。

 話は変わりますが、片平なぎさが、映画の中の火曜サスペンス(?)の刑事だか探偵役で出ています。一方トリック劇場版2では、片平なぎさは、インチキ霊能力者で出ています。180度違う片平なぎさがちょっと新鮮でした。

 そう言えば、某スポーツ新聞で、劇団ひとりと中谷美紀がつきあっているという記事が載っていたようで、劇団ひとりが「僕らつきあっているんだ!」って一人喜んでいたそうです。

 話は変わりますが、私の行った映画館では笑ってもよさそうなところも、誰一人笑いませんでした。みんなテンション低かったのかなぁ。

 最後に1つ。今時の若者(甥)が、「荼毘に付する」なんて使うかなぁ~。




オススメ度:●●○○○







  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年06月16日 01:58
ネタばれするのは困るので,飛ばし読みです(笑)
評判はいいですよね。。。
でも,イマイチかぁ。。。
うーん,見るのどうしようかなぁ。。。
2006年06月16日 04:17
よしなしごとさん、こんばんは~♪
これ、原作読んだ方はとっても良かった!って言ってる方が多いんですよネ!!(* ̄m ̄)‥まじで途中で帰ろうかなとも思ったなんて‥‥ww
笑えそうなんですけど、笑えないんですネ?!
劇団ひとりさんが中谷美紀さんと付き合っているって言う話、何となく嘘でも綺麗な人と付き合っている!って言いたいですものネ~(ノ∇≦*)ww
2006年06月16日 04:35
●ひろさん、こんばんはー。
すみませーん。他の人がよくやるようなネタバレ部分を色を変えるのやってないんです。面倒なので。。。(笑)
映画全般に言えることですが、人それぞれってことですよねー。他の方のブログを読んでいると、ホントに評判良いので、是非見てみてください。で、「よしなしごとさん、ここがいいんですよー!」ってコメントくださいねー。


●凛さん、夜更かしはお肌に悪いですよー(笑)
僕も松子と同じで、誰かに愛された~い。(^^ゞ
映画検定受けに行った時に会ったら、真相を聞いておきますね♪
K(妻)
2006年06月16日 09:04
松子、ダメでしたか。
私のまわりでも「よかった」って言う人と「ぜんぜんダメ」っていう人と分かれます。
私は、今まで見た邦画の中で最高!って思ったんですが、多分今までの人生経験とか自分の置かれている状況とかで違うんでしょうね。
だとしたら、「初恋」も微妙かも、、、( ̄ー ̄;
来週はよしなしごとさん絶賛の「明日の記憶」舞台挨拶付きに行って来ます!生「謙さん」楽しみ!
2006年06月16日 21:29
トラックバックありがとうございました。この映画は演出がきついので多分評価が真っ二つに分かれるだろうなと思いました。自分も初めはあまりのしつこさに「こりゃ、だめかな」と思いましたが、見ているうちにぐんぐん引き込まれていきました。松子の心情に共感できるか否かで、かなり感想も変わってくると思います。自分はすごく共感できました。
みかん
2006年06月17日 11:19
私も松子みてきました  インパクトの強い映像とあの歌しか覚えてません‥ 中島監督が中谷美紀に「女優辞めちまえ」などなど暴言を吐いたって事で私は観に行きましたけど‥  撮影中に書いていた中谷美紀の日記の本が出版されたみたいですね そっちのほうがおもしろいかもしれないですね(*^_^*)
2006年06月17日 12:43
●K(妻)さん、こんにちは。
K(妻)さんとは、ホント趣味あわないですねー。と言うことは「タイヨウのうた」は僕にはおもしろいかも(笑)
明日の記憶がダメだったって言われたらどうしよう・・・?!
舞台挨拶良いですねー。昔、今のように予約できない時代、徹夜で並んで舞台挨拶行ったことがあるんですが、寝てしまいました(^^ゞ

●なっちゃんさん、コメントありがとうございます。
途中からは少しおもしろくなってきましたが、それでも、やっぱり・・・。
話は変わりますが、太っているおばさんって声が低い人が多いのに、終盤の松子は声が高くてちょっと違和感がありました。。。

●みかんさん、こんにちは。
うんうん、あの歌は残りますね。
へぇ~、そんな暴言を吐いたこともあったんですか。うーん。何があったんだろう。気になりますね。
2006年06月17日 12:46
実は、近日中に見ようと思っているんですよ。
どうなのかしら。
他の人の評判とか見てないので、見るのが楽しみです。
2006年06月17日 14:06
くとさん、コメントありがとう。
うーん。評価は2分されますねー。
見てきたら是非またコメント書いてね。
2006年06月18日 11:56
トラバありがとうございました!
ほんと評価が分かれる作品ですね。
私も“笑い”はありませんでした。
ところどころは良かったと思うんですけどね。
片平なぎささんとか。
途中で「女優・中谷美紀を観る映画」だと割り切って観ました。
2006年06月18日 14:48
ジャジャ丸さん、コメントありがとうございます。
片平なぎささん、ちょい役ですが良かったですよね。サスペンス劇場で追いつめる役ですが、トリック劇場版2ではインチキ霊能力者として追いつめられる役。その対比がおもしろかったです。
2006年06月19日 01:12
 トラックバック、ありがとうございました。「嫌われ冨田の一生」は、本評を書いて以来、完全に嫌われ者になりました。私は本作は自分からトラックバックをしていませんが、たくさんのトラックバックをいただきました。かなり辛辣に毒舌に書いたので、批難メールもいただきます。でも、映画はこれではいけない。映画館でテレビドラマを流してはいけない。そう思い、書き綴りました。
 いつも読ませていただいています。ありがとうございました。  冨田弘嗣
2006年06月19日 02:13
冨田弘嗣さん、いつもコメントありがとうございます。
うーん。そうそう、有名どころの俳優さんもたくさん登場するのに、もったいないよなぁ~。
2006年06月19日 09:10
TBありがとうございました♪
かなり笑っちゃいました!(私の行った劇場もノリがよかったし)
小さな小さなこだわりネタを探して、
いちいちうけていました(^o^)
2006年06月19日 22:58
奈緒子と次郎さん、コメントありがとうございます。
こういう映画は周りの観客も笑ってくれないと楽しさ半減しちゃいますよね。奈緒子と次郎さんのところはみんなノリがよかったみたいで、良かったですね
2006年06月20日 10:05
こんにちは、たびたびおジャマします。
私はこの映画好きです。
内容が少々キツかったですが・・・
笑えて泣ける映画でした。
2006年06月20日 23:16
gakoさん、こちらにもコメントありがとうございます。
うーん。残念ながら僕にはあわなかった・・・。です。
gakoさんは楽しめたみたいで何よりです♪
2006年07月07日 14:53
共感、とか、感情移入、とか、拒絶しまくりでしたよね、特に前半。
たたみかける「あるあるネタ」も、ほとんど笑えないし、特に前半。
いや、後半もか(笑)。

なんて書いてますけど、今作をそこそこ楽しんだ者ですが(笑)、TBありがとうございました。
2006年07月08日 05:22
にらさん、コメントありがとうございます。
映画に入ろうとせず、ぽけーっと見ていれば楽しめたのかな。
にらさんは楽しめたようで良かったです。
2007年02月03日 21:51
コメントありがとうございます!
そうなんですよ~生涯初の一人観賞でした。
そのすぐ後にモンスターハウスでも体験したというオドロキの1月でした。
郊外のシネコンだと圧倒的に「映画でもみっか~」の一見さんが多いからエンドロールで退席する人ばっかりですよね。自分も何度も証明ついたら一人になってた、って経験してます。
2007年02月04日 01:39
八ちゃんさん、いつもありがとうございます。
一人鑑賞、ホントうらやましいです。(映画館にとっては残念なことでしょうけど)今年は、超マイナー映画の平日レイトショーでチャレンジしてみようかな。

この記事へのトラックバック

  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 「下妻物語」と言えば、前も書きましたが、私の終身名誉映画。永遠の1位です。未だに観ていないなどと言う不届き者は、日本にはもう居ないと思いますが、万が一観てない場合は今すぐレンタル屋にダッシュして観るべ.. Weblog: 欧風 racked: 2006-06-16 01:53
  • 映画よりも面白い 『嫌われ松子の一年』

    Excerpt:  映画『嫌われ松子の一生』は、  ①主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ②その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ③宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子.. Weblog: 海から始まる!? racked: 2006-06-16 04:28
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 空仰ぎ 曲げて伸ばして 星になる   そういえば、「無法松の一生」ってありましたね。それが何って、別に何でもないけど。  この映画、「おもろいやんけ、でも、ちと浅いかなあ」タイプと「つまん.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2006-06-16 05:35
  • 感想/嫌われ松子の一生(試写)

    Excerpt: 『下妻物語』でその名を知らしめた中島哲也監督の新作『嫌われ松子の一生』。5月27日いよいよ公開! これ必見!! 嫌われ松子の一生 最高に不運で不憫で不器用な女、川尻松子の一生を紐解くお話。親の.. Weblog: APRIL FOOLS racked: 2006-06-16 06:28
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けを.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2006-06-16 07:13
  • 映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生

    Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生-生きること、愛すること。 三人兄弟の長女。 真ん中は男、末っ子は病弱.. Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス racked: 2006-06-16 07:24
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 嫌われ松子の一生 [◆◆◆◆◆◆6/6] ○2006日本/130min/ 東宝 ○コメディ/ドラマ/ロマンス/公開2006/05/27 ○イントロダクション あるきっかけで教師を辞めることになった川.. Weblog: Big Screen racked: 2006-06-16 07:33
  • 「嫌われ松子の一生」演出過剰

    Excerpt: ストーリー: 昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしま.. Weblog: 小生の映画日記 racked: 2006-06-16 07:48
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 2006年5月27日 初公開 公式サイト: http://kiraware.goo.ne.jp/ 池袋・テアトルダイヤ 2006年5月29日(月)1時5分からの回 ゴウ先生総合ラン.. Weblog: 映画と本と音楽にあふれた英語塾 racked: 2006-06-16 07:59
  • 『 嫌われ松子の一生 』

    Excerpt:  公式サイト 映画 『 嫌われ松子の一生  』  [劇場鑑賞] 2006年:日本  【5月27日ロードショー】 [上映劇場 ] 監 督:中島哲也 脚 本:中島哲也 原 .. Weblog: やっぱり邦画好き… racked: 2006-06-16 08:06
  • (今日の映画)嫌われ松子の一生

    Excerpt: 嫌われ松子の一生 (2006/日) Memories of Matsuko Weblog: Kozmic Blues by TM racked: 2006-06-16 09:21
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 不幸って何? 公式サイト 【ストーリー】 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セク.. Weblog: PM5:00*OLサンの放課後日記 racked: 2006-06-16 09:23
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 気分転換にということで映画に行ったので、予告を見ていて興味のあった『嫌われ松子の一生』を見てきました。『デイジー』と迷ったんだけど。なんとなくこっちを。泣く気分ではなかったし。やっぱりイオンはサティと.. Weblog: Childish Garden racked: 2006-06-16 09:30
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 嫌われ松子の一生 2006/05/27公開 原作:山田宗樹 監督・脚色:中島哲也 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之 市川実日子 ジャニーズはひきこもり.. Weblog: お熱いのがお好き racked: 2006-06-16 09:33
  • 『嫌われ松子の一生』鑑賞ヽ(δ▽δ)ノ♪

    Excerpt: 『嫌われ松子の一生』鑑賞レビュー! テーマソング▼ (♪音量注意!) ★ポチッとナ! 松子。人生を100%生きた女。 『下妻物語』の中島哲也監督が贈る.. Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! racked: 2006-06-16 09:37
  • 『嫌われ松子の一生』

    Excerpt: 監督:中島哲也  CAST:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介他 平成13年、東京に暮らす川尻笙(瑛太)は、父親に叔母の川尻松子(中谷美紀)が住んでいたアパートを片付けるよう頼まれる。松子は荒.. Weblog: *Sweet Days*  ~movie,music etc...~ racked: 2006-06-16 10:04
  • 映画「嫌われ松子の一生」を観て

    Excerpt:  大泣き。 Weblog: とみのひとりごと racked: 2006-06-16 10:08
  • 【嫌われ松子の一生】

    Excerpt: ★とても不思議な作品でした。原作はずっと、読むのを我慢していたので映画を観たこ Weblog: 空の「一期一会」 racked: 2006-06-16 10:12
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ! Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-06-16 10:14
  • 嫌われ松子の一生/中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介

    Excerpt: レディスデイということを差し引いても平日の昼間の回にしてはけっこうなお客さんの入りで、しかもこの作品にはあまり似つかわしくないような年配の女性も多くてちょっとビックリ。逆に男性はほんの数人しかいなくて.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-06-16 10:43
  • 嫌われ松子の一生@シネクイント

    Excerpt: 地肌から2センチほど厚塗りした人が、スープの表面5センチほどに背脂が浮いたラーメンと、皿に1センチほどの油が敷かれたギョーザを食べているような、こってり具合だった。いろいろ施されている。手段を選ばない.. Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象 racked: 2006-06-16 10:55
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: “生れて、すみません。” 松子の一生は、駆け足のように足早に・・・ ・・・その中で人を愛し・・・ ・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。 その松子の人生に、私は・・・.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2006-06-16 11:04
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 公開:2006/05/27(05/31)監督:中島哲也原作:山田宗樹『嫌われ松子の一生』(幻冬舎文庫刊) 出演: 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明 昭和22年.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2006-06-16 11:28
  • 「嫌われ松子の一生」

    Excerpt: 「嫌われ松子の一生」TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7で鑑賞 2時間サスペンスの女王 片平なぎさ 何とも…、こんな映画初めて見ました。映画をを見る前にスポーツクラブにいてバイクをこ.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2006-06-16 11:34
  • 『嫌われ松子の一生』

    Excerpt: 『嫌われ松子の一生』試写。 終盤からラストまで、涙が止まらなくなりました。 何故なのか? 自分でもわからないほどに。 松子は、女の子なら誰もが持っている感情の固まりで、その行く末も、哀しいけれど、誰で.. Weblog: 試写会帰りに racked: 2006-06-16 11:53
  • 「嫌われ松子の一生」史上最悪の男運でも男を愛し続けた一生

    Excerpt: 「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2006-06-16 12:26
  • 映画「嫌われ松子の一生」

    Excerpt: 昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説"嫌われ松子の一生"の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-06-16 12:26
  • なんで?!のマシンガン。~嫌われ松子の一生~

    Excerpt: いや~、わかってはいたんですが、 なんともはや極彩色のケバイ映像にこれでもかと 花が咲き、鳥が飛び、、蝶が舞い、彼女は歌い踊る。 でも「なんで?!」の連続する転落人生は 映像の華やかさとは真逆に地獄.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2006-06-16 13:36
  • 嫌われ松子の一生・・・・・1200円

    Excerpt: 中島哲也はCMの世界の巨匠である。 業界には彼を崇拝している人も多いし、実際素晴しい仕事を多く残している。 長編映画三作目となった前作、「下妻物語」もエキセントリックな映� Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2006-06-16 14:40
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 去年の秋、原作を読んで松子に釘付けになった日々がありました。 その頃から映画化の話を耳にしていて、どんな風になるんだろうと 楽しみに待っていました。 あっという間に時は過ぎ、中谷美紀.. Weblog: m e r c i * racked: 2006-06-16 14:53
  • 映画:嫌われ松子の一生 試写会

    Excerpt: 嫌われ松子の一生@TFMホール 「♪ま~げて~のばして~おほしさまをつかもう~♪」」 予告では悲惨なストーリーにカラフルな映像、派手な音楽・・・まさか泣かされるとは思ってなかったです。主演.. Weblog: 駒吉の日記 racked: 2006-06-16 14:56
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 監督は中島哲也。キャストは、前作の『下妻物語』がここ10年の邦画の中で最高傑作だと思っています。そんな訳で期待度大だったんですが、充分応えてくれる内容でした。観にいこうかどうしようかと悩んでる人にも自.. Weblog: 映画をささえに生きる racked: 2006-06-16 17:02
  • 「嫌われ松子の一生」みた。

    Excerpt: いやぁー、なんと波乱万丈で壮絶な一生だったことか。笑っていいのか、泣いたほうがいいのが、とにかく忙しかった。人生の転落と挫折から再浮上まで、いったい何度繰り返したことだろう?松子は「不撓不屈の精神の.. Weblog: たいむのひとりごと racked: 2006-06-16 19:22
  • 嫌われ松子の一生/感想

    Excerpt: 2006年05月27日公開の中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介出演の映画「嫌われ松子の一生」を見ました。 重いものを貰ってしまうのでは、と思っていたのですが…なんだかよくわからないものを� Weblog: 映画★特典付き前売り券情報局 racked: 2006-06-16 20:15
  • 嫌われ松子の一生(評価:◎)

    Excerpt: 【監督】中島哲也 【出演】中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明/他 【公開日】2006/5.27 【製作】日本 【ストーリー】 昭和22年。福岡県に�.. Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2006-06-16 20:49
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: これはスゴイ傑作でした。期待以上に圧倒されましたよ。 「下妻物語」の中島哲也監督の新作。 全編派手な演出で、テンポが速くて、 スクリーンから溢れる情報量が半端じゃないのに ちゃんと芯の.. Weblog: It's a Wonderful Life racked: 2006-06-16 20:58
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 『下妻物語』の中島哲也監督最新作。下妻が好きなので期待してたんですがこれはちょっと・・・・・。 僕はこの映画に明るいコメディを求めて観に行きました。この映画は確かにコメディ要素が満載でしたが決.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2006-06-16 21:06
  • *嫌われ松子の一生*

    Excerpt: {{{   ***STORY***             2006年   日本 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師と.. Weblog: Cartouche racked: 2006-06-16 21:27
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 松子(中谷美紀)の人生を客観的に眺めれば、不幸とか悲惨とか、そういう言葉が思い浮かぶかもしれない。しかし、彼女はいつも楽しい歌を口ずさんでいて、彼女の意識の中ではかわいら Weblog: Kinetic Vision racked: 2006-06-16 22:04
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt:          嫌われ松子の一生(2006年、東宝) http://kiraware.goo.ne.jp/ 監督・脚本:中島哲也  原作:山田宗樹 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介.. Weblog: ライターへの道。女32歳の挑戦。 racked: 2006-06-16 23:46
  • 「嫌われ松子の一生」

    Excerpt: 「嫌われ松子の一生」 「下妻物語」は、 嶽本野ばらの小説の面白さと、中島哲也監督の映像センスの相乗効果で、 最近ではもっとも好きな作品である。 中島監督の最新作ということで、当然のことながら期.. Weblog: わたしの見た(モノ) racked: 2006-06-16 23:49
  • 嫌われ松子の一生/山田宗樹

    Excerpt: やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。 体の弱い妹に父の愛情を奪われ.. Weblog: 文学な?ブログ racked: 2006-06-17 00:52
  • 『嫌われ松子の一生』

    Excerpt:  中谷美紀 罵声監督と“涙の和解”  ヤフーのニューストピックスにこんな記事が掲載されているのを発見して興味を持って記事を読んでみました。その記事によるとこの映画の撮影中に中島哲也監督から中谷美.. Weblog: 映画大陸 racked: 2006-06-17 01:19
  • 「嫌われ松子の一生」レビュー

    Excerpt: 「嫌われ松子の一生」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴咲コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範.. Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター racked: 2006-06-17 02:45
  • ★「嫌われ松子の一生」

    Excerpt: たまには邦画でも・・・(なんでーーー) たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー) 下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー) 見てみることにしてみました。 そう、この映画の.. Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2006-06-17 02:51
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: かなり、映画感想アップしてないのがあるんですけど…。 (約5作品あげてないw) 先に舞台挨拶付きで観せて頂いたし、 大好きな中谷美紀さん主演の映画なので 感謝(宣伝?)の意味も込めてこちらを!.. Weblog: きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/ racked: 2006-06-17 06:31
  • 嫌われ松子の一生☆独り言

    Excerpt: ま~げて♪伸ばして~ お星様をつかもう♪ 冒頭とラストでこの曲の思い入れ度がこんなに変化するなんて思わなかったなぁ 音楽の使い方とテンポのよさ、ファンタジックにデフォルメされた映像に 『ムーラン.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2006-06-17 08:08
  • 嫌われ松子の一生 / MEMORIES OF MATSUKO

    Excerpt: 「不幸って何?」 監督:中島哲也 原作:山田宗樹 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、市川実日子、黒沢あすか、ゴリ、武田真治、荒川良々、劇団ひとり、マギー、谷原章介、竹山隆範、甲本雅裕、片平なぎさ.. Weblog: きょうのあしあと racked: 2006-06-17 09:37
  • シネマ日記 嫌われ松子の一生

    Excerpt: まさに、下り坂を転げ落ちる人生。こんなに暗い話だとは、思っていませんでした。予告編はミュージカル仕立ての下妻物語風だったので、軽めに楽しむつもりだったのですが・・・ Weblog: skywave blog racked: 2006-06-17 13:49
  • 本当の価値

    Excerpt: 昨日久しぶりに映画を見に行った。     「嫌われ松子の一生」    理由はた Weblog: 楽々主義 racked: 2006-06-17 14:22
  • 嫌われ松子の一生 【B面】

    Excerpt: 第471回  昨日からライブドアブログの閲覧及び投稿障害が発生したようで、ブログ仲間の皆様にはご迷惑をおかけしました。 【B面:幸福】 ★★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あ.. Weblog: まつさんの映画伝道師 racked: 2006-06-17 14:43
  • 嫌われ松子の一生 【A面】

    Excerpt: 第470回 【A面:不幸】 ★★★★☆(劇場) (例え話になっているので、ご注意あそばせ)  子供の頃、女の子は多かれ少なかれ「白馬の王子」のような存在に憧れ、明るい未来を「夢.. Weblog: まつさんの映画伝道師 racked: 2006-06-17 14:43
  • 『嫌われ松子の一生』

    Excerpt: 感動度[:ハート:][:ハート:]   5/27公開       公式サイト(壁紙、特別映像あり) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 衝撃度[:!:][.. Weblog: アンディの日記 シネマ版 racked: 2006-06-17 16:10
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 「嫌われ松子の一生」 製作:2006年、日本 130分 PG-12指定 監督:中 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2006-06-17 20:27
  • 数奇な女性の生涯をポップに表現◆『嫌われ松子の一生』

    Excerpt: 5月27日(土)TOHOシネマズ木曽川にて ある日、荒川の河川敷で女性の他殺死体が見つかった。被害者は川尻松子(中谷美紀)53歳。今まで自分に伯母が居たことを知らなかった甥の笙(瑛太)は、父親(.. Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 racked: 2006-06-18 00:08
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 鮮やかな色彩のド派手な美術、 かっこいい音楽にのせたミュージッククリップのような映像。 一歩間違えば、悪のりのおバカ映画になりそうだが、 細部まで徹底的にこだわった演出と中谷美紀の確かな演技で、 とて.. Weblog: Take it Easy racked: 2006-06-18 00:22
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 『嫌われ松子の一生』 を観てきました。 ぴあの出口調査で「松子」が観たいと言ったのはもう1ヶ月も前か。 待ったよ、松子。 いやぁ・・.. Weblog: だらっくま日記 racked: 2006-06-18 00:34
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: ・・・凄まじい愛・・・ しかし共感しまくりです。松子が刑務所に入ったあたりから・・・自然と涙が止まらなかったなあ。 Weblog: エリ好み★ racked: 2006-06-18 00:39
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt:  嫌われ松子の一生  千葉県の日ということで学生が800円だった15日。レイトショーが組まれていないこの作品を見に行った。いやートリッキーだね。トリッキー。主人公も『下妻』よりトリッキーだった。兎も角.. Weblog: woody経済新聞 racked: 2006-06-18 08:29
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 山田宗樹原作の奇想天外な女の一生を描いた同名小説を映画化した作品。 出演は中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ、片平なぎさ、ゴリ、榊英.. Weblog: Imagination From The Other Side racked: 2006-06-18 12:03
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ピンクの象を飼う女   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-06-18 22:38
  • 【劇場鑑賞55】嫌われ松子の一生(MEMORIES OF MATSUKO)

    Excerpt: 『私、川尻松子。大きくなったら素敵な王子様と結婚するんだぁ♪』 だけど、現実は・・・ 教師をクビ 家出 同棲相手の暴力 不倫相手に捨てられ ソープ嬢になり ヒモを.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2006-06-19 00:46
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: ナビオTOHOプレックス 長い期間、同じ予告を何度も見せられた。撮影の進捗状況にあわせて、違った長めの予告も何度も見せられた。正確ではないが、50回は見せられた。こういうことをされると、期待は膨らむ.. Weblog: 映画評論家人生 racked: 2006-06-19 01:07
  • 「嫌われ松子の一生」鑑賞

    Excerpt: 嫌われ平社員。 石塚です。 Weblog: BIGLOBE平社員ブログ racked: 2006-06-19 01:46
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 『下妻物語』が大好きなので、早速見てきました。 すごい!中島ワールド炸裂です。 オープニングからコテコテしていて、 ついていけるかちょっと不安になるくらい激しかったです。 でも、見ていたらすぐに、こ.. Weblog: まるっと映画話 racked: 2006-06-19 08:57
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 映画、嫌われ松子の一生の一生を見てきました。ネタバレです。最初に松子が死んでいるところから話が始まるのですが本人は、いないのにどうやってこの先話を進めていくのだろうと思っていたらうまい具合に話が繋がっ.. Weblog: ブログ:映画ネット☆ログシアター racked: 2006-06-19 09:36
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 盛りだくさんの内容でした。 いろんな角度から楽しめる映画で、DVD欲しくなっちゃいました。 パンフレットを買ったのも久しぶりだな~。 邦画ってすごいことになってきてるな~。 Weblog: 王様の耳はロバのママ racked: 2006-06-19 10:33
  • 堕ちていく女の姿を、前向きにミュージカル仕立てで楽しむ?!

    Excerpt: 「嫌われ松子の一生」  「堕ちていく人生」っていいますよね。この「堕ちる」というのに若い頃はなんか憧れて。「ああオレも下手したら、歓楽街にはまって、堕ちていくの Weblog: 人生はお伽話もしくは映画のよう racked: 2006-06-19 14:27
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子も、そのひとり。 でも、現実は… (公式HPより) Weblog: 邦画大好き☆ゆるゆるプレーリーの、さんぽみち racked: 2006-06-19 16:49
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt:    昭和22年。福岡県の大野島に一人の女の子が生まれた。  彼女の名は、川尻松子(中谷美紀)。シンデレラストーリーを夢見る彼女は、教師になり爽やかな教師に恋焦.. Weblog: とにかく、映画好きなもので。 racked: 2006-06-19 21:09
  • 「嫌われ松子の一生」

    Excerpt: 壮絶な女の孤独な生涯の話らしい。これはかなり期待。 常に駄目男に引っかかってしまう女っていますよね・・・。不幸体質というのか。 来春公開される映画は「下妻物語」の中島哲也監督。映画.. Weblog: 主婦の秘め事 racked: 2006-06-20 14:47
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 嫌われ松子の一生 監督:中島哲也 出演:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介ほか 昨日は前の会社の先輩と恵比寿で飲む。 「50/50」という店。 久々に明石焼きを食べる。 .. Weblog: 東京ミュービー日記 racked: 2006-06-22 18:28
  • 「嫌われ松子の一生」中谷美紀は代表作を手に入れた

    Excerpt: 「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演 中島哲也監督、2006年 リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。 悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、 .. Weblog: soramove racked: 2006-06-23 21:01
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 《嫌われ松子の一生》 2006年 日本映画 - 英題 -MEMORIES OF Weblog: Diarydiary! racked: 2006-06-24 22:32
  • こんな悲惨な話で感動できるかっ!(竹山で) 『嫌われ松子の一生』

    Excerpt: 人に嫌われるのには、嫌われるなりの理由がある。 肝心なのはその理由を自分でどう受け止めるかだ。 プライドが高いクセに、コンプレックス全開の人間は、 自分が人に嫌われたという事実を認めたくない.. Weblog: 瓶詰めの映画地獄 ~地獄が闘えと俺を呼ぶ~ racked: 2006-06-25 08:55
  • 嫌われ松子の一生:「主観」で暴走する人生

    Excerpt: ★監督:中島哲也(2006年 日本作品) 新京極シネラリーベにて鑑賞。 シアターの名称が「弥生座」か... Weblog: 「朱雀門」という方法・第2章 racked: 2006-06-25 18:45
  • '06-048 『嫌われ松子の一生』

    Excerpt: 笑いあり歌あり涙あり、これは感動の一大巨編だ 「人に何をしてもらったがでなく、人に何をしてあげたたが大切だ」 松子の付き合う男は、皆癖のある悪い男たちばかり しかし、松子は全身全霊男たちを愛する.. Weblog: 闇に歌えば racked: 2006-06-26 14:02
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: ずいぶん前、5/30に「嫌われ松子の一生」を観てきました。 山田 宗樹の壮絶な原 Weblog: Black Pepper's Blog racked: 2006-06-26 17:40
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 2006年 東宝 06年5月27日公開 監督、脚本:中島哲也 原作:山田宗樹『 Weblog: 銀の森のゴブリン racked: 2006-06-27 20:19
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: オフィシャルサイト → 嫌われ松子の一生 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも� Weblog: 日々映画三昧 racked: 2006-06-28 13:29
  • 「嫌われ松子の一生」鑑賞

    Excerpt: 嫌われ平社員。 石塚です。 Weblog: BIGLOBE平社員ブログ racked: 2006-06-29 02:53
  • 『嫌われ松子の一生』…うーん、ディズニー映画でした!

    Excerpt:  昨日、「嫌われ松子の一生」観ました。先週の「デスノート」と2本続けての邦画、Hanaには珍しいことでした。  「嫌われ松子の一生」は原作を以前に読みましたが、ディズニー映画のノリだと言われてピン... Weblog: きれい組 スタッフルーム racked: 2006-06-29 12:46
  • 嫌われ松子の一生 06年134本目

    Excerpt: 嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2006-07-06 18:01
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: goo 嫌われ松子の一生 オフィシャルサイト ふざけているよで、ふざけていない、下妻物語に通ずる世界観に中島監督パワーが炸裂、目まぐるしい映像遊びにモノホンの歌手が出.. Weblog: ロハンのゲロゲログ racked: 2006-07-07 00:16
  • 「嫌われ松子の一生」

    Excerpt: 映画化が決まった頃に本を買おうか悩んだけど、長いのと暗~い話そうだったので敬遠してました。そしたら、あの予告編、「本当にあの本なの?!」という疑問が渦巻き、観たくて、うずうずしてましたよ。さらに同じく.. Weblog: the borderland  racked: 2006-07-07 00:18
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: う~~ん、なんともすごい!! 小説とはまた違う 川尻松子の一生を 中島ワールドで、 お腹いっぱい過ぎる?くらい 堪能させてもらいました。 中谷美紀の身体をはった松子は、たしかにすごかっ.. Weblog: ルナのシネマ缶 racked: 2006-07-07 00:48
  • 『花よりもなほ』

    Excerpt: 是枝裕和と書いて「これえだひろかず」と読みますが、桂三枝と書いて「かつらさんし」と読みますが、三枝成彰と書いて「さえぐさしげあき」と読む人が、日テレ系「11PM」の後番組「EXテレビ」の生放送で、いち.. Weblog: ねこのひたい~絵日記室 racked: 2006-07-07 14:53
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: (06年6月鑑賞) 「近年稀に見る傑作。極めて悲惨な一生の物語を見せられて何故こんなに清々しい気持ちになれるのか。それはきっと人間讃歌になってるから。単なるカタルシス以上の物がそこにある。」監督:中島.. Weblog: 丼 BLOG racked: 2006-07-08 07:11
  • 二題話あるいは「嫌われ松子の一生」幻の脚本

    Excerpt: 好評上映中の和製ミュージカル「嫌われ松子の一生」には、ボツになった幻の脚本があった。刑務所から出てきた恋人が、ずっと待っていた松子を振ってしまった後、自暴自棄になりながら山谷で働いていた時期のエピソー.. Weblog: 再出発日記 racked: 2006-07-08 12:20
  • [ 嫌われ松子の一生 ]中島哲也ワールド

    Excerpt: [ 嫌われ松子の一生 ]@吉祥寺で鑑賞 なんで、一人でこんな世界が描けるのか。 すごい。すごすぎる。 中島哲也監督って、たぶん完ぺき主義なんだろうな。 音楽といい、画といい一つの世界が完成.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2006-07-08 14:09
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: http://kiraware.goo.ne.jp/最寄りの映画館で鑑賞。テレビでやっていた下妻物語を録画し見ていて15分ぐらいして見に行くことを決めたのが昨日でした(ぉでまだ下妻物語は見終わっていま.. Weblog: 勝弘ブログ racked: 2006-07-08 22:15
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: goo 嫌われ松子の一生 オフィシャルサイト ふざけているよで、ふざけていない、下妻物語に通ずる世界観に中島監督パワーが炸裂、目まぐるしい映像遊びにモノホンの歌手が出.. Weblog: ロハンのゲロゲログ racked: 2006-07-09 01:41
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: (06年6月鑑賞) 「近年稀に見る傑作。極めて悲惨な一生の物語を見せられて何故こんなに清々しい気持ちになれるのか。それはきっと人間讃歌になってるから。単なるカタルシス以上の物がそこにある。」監督:中島.. Weblog: 丼 BLOG racked: 2006-07-11 07:24
  • 嫌われ松子の一生:歌を唄っておうちに帰ろう シネクイント

    Excerpt: この映画は見なきゃ後悔する。中谷美紀渾身の一本。 好きだったバンドもやめて、彼女にもふられたショウ(瑛太)。 何もする気がなくて家で寝ていたら、枕元におやじが立っていた。 びっくりして飛び起.. Weblog: 気ままに映画日記☆ racked: 2006-07-12 00:15
  • 『嫌われ松子の一生』

    Excerpt: goo 嫌われ松子の一生 オフィシャルサイト 監督・脚本:中島哲也 原作:山田宗樹 出演:中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 2006年/日本/13.. Weblog: Rabiovsky計画 racked: 2006-07-13 00:54
  • Memories Of Matsuko

    Excerpt: 『嫌われ松子の一生』 “嫌われ松子”と聞くと、最初は誰しも性格ブスな女性をイメージするのではないでしょうか?しかし川尻松子(中谷美紀)は決して人から嫌われていた訳ではなく、本当はむしろ愛されていた気.. Weblog: Tokyo Bay Side racked: 2006-07-18 21:59
  • 映画「嫌われ松子の一生」を観た!

    Excerpt: 中島哲也監督は「松子に会いたいから映画にする」と言ってくれた、主演の中谷美紀さんは「松子を演じるために女優を続けてきたのかも知れない」と言ってくれたと、原作者の山田宗樹は、コメントしています。それにし.. Weblog: とんとん・にっき racked: 2006-07-29 09:49
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 「嫌われ松子の一生」 2006年 日本 ★★★★★ もう、最高ヘ(≧▽≦ヘ) きゃーーん♪ この映画は、市内のシネコンでも、郊外に行かなきゃ観れなかったのが(そこに行ってまで.. Weblog: とんとん亭 racked: 2006-07-30 12:13
  • 嫌われ松子のとりこに

    Excerpt:  映画「嫌われ松子の一生」を観てきました。  観にいくまえに何人かの人に感想を聞いたら、「すっごく楽しいよ」「かなり辛い…へこむよ」と、両極端な感想。  でも、どちらも本当だったのです。 .. Weblog: シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 racked: 2006-08-12 14:46
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 嫌われ松子の一生(2006)ひとつのごまかし、一回のボタンのかけちがいから転がる人生。かなり暗い内容をコミカルに。コメディー映画が泣けるのは、表面上の明るさ、コミカルさと、対照的な心境が重なるから。ギ.. Weblog: MY BEST HIT TODAY cinema! racked: 2006-09-14 23:37
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が.. Weblog: スーパーヅカン racked: 2006-10-19 23:42
  • 嫌われ松子の一生-(映画:2006年140本目)-

    Excerpt: 監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2006-11-18 14:38
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 130分 監督 中島哲也 原作 山田宗樹 脚本 中島哲也 音楽 ガブリエル・ロベルト 、渋谷毅 出演 中谷美紀 、瑛.. Weblog: タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 racked: 2006-11-19 21:13
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: ●キャスト 川尻松子/中谷美紀 川尻笙/瑛太 龍洋一/伊勢谷友介 八女川徹也/宮籐官九郎 岡野健夫/劇団ひとり 小野寺/武田真治 島津賢治/荒川良々 ? ●原作? 嫌われ松.. Weblog: ちょっと変な話 racked: 2006-12-11 01:36
  • 「嫌われ松子の一生」見ました!

    Excerpt: 前から気になっていた「嫌われ松子の一生」見ました!あらすじ:昭和22年(1947年)福岡県に生まれた松子。お姫様のような人生にあこがれた少女時代をすごし、中学校の教師となるが、ある事件が発端でクビに。.. Weblog: パワーオブハセケン♪ racked: 2006-12-12 20:36
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 誰に聞いても絶賛のこの作品。 2006年が終わる前にDVDでやっと観ました。 ふぅ。 平成13年の夏、。荒川の河川敷に何者かに撲殺された女性の死体。 その姿は醜く肥え太り、身なりはホームレ.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2006-12-29 16:34
  • 映画 嫌われ松子の一生(主演 中谷美紀)動画有

    Excerpt: 福岡県の大野島で産声を上げた川尻松子(中谷 美紀)は、幼い頃からお姫様のような人生を夢見る少女。 病弱な妹、久美(市川 実日子 )のことばかりを気遣う父親(柄本 明)に、自分も愛された.. Weblog: エンタメ動画日記 -映画等の紹介- racked: 2007-01-10 01:00
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: ついに実現!スクリーン内一人独占観賞!映写技師さん、八ちゃんの為にご苦労様でした。と、いうか噂どおり凄まじい映画・映像です。邦画の新しいエンタメ時代の到来でしょうなぁ。2007年劇場観賞20本目です。.. Weblog: 八ちゃんの日常空間 racked: 2007-02-03 07:28
  • 映画・嫌われ松子の一生~悲劇かコントか、時々ミュージカル!

    Excerpt: 映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-02-15 21:23
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt:  『不幸って何? 松子。人生を100%生きた女。』  コチラの「嫌われ松子の一生」は、山田宗樹さんの同名小説の映画化で、5/27公開になったPG12指定の映画なんですが、公開3週目にも関わらずか.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-06-29 20:15
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: 松子。人生を100%生きた女。 Weblog: Addict allcinema 映画レビュー racked: 2009-07-19 15:03
  • 嫌われ松子の一生

    Excerpt: これはTVドラマでもやってましたね。なのでなんとな~く大体の展開を知っていました。(TVドラマをみてたわけじゃないんですが)人生をもがいてあがいて、幸せになろうとする1人の女性の物語。 進むたび.. Weblog: いやいやえん racked: 2011-05-19 17:35