バックダンサーズ! 見てきました。



 僕の好きな(好きだった)アーティストが3人も出ているバックダンサーズ!。ホントは舞台挨拶に行きたかったんだけど、すっかり忘れていて思い出した時にはチケットは完売。ショックです。
 その3人とは、hiroSPEED出演のアンドロメディアは、徹夜で舞台挨拶に並びました。徹夜で並びながら日本化学会で学会発表する準備をしていたのを覚えています。ちなみに舞台挨拶はともかく、映画本編中に寝てしまいました。
 次にソニンEE JUMPが好きだったのですが、KENやYUKIがあんなことになっちゃって、ソニンも大迷惑ですよね。
 そして、サエコ。これは映画NANAで、奈々から彼氏を奪うサチコとして出ていたのを見て知りました。会社の女性に言わせると、あんな計算高いサチコ(というかサエコ)がいいなんて絶対騙されるよ。と言われてしまいましたが。。。(汗)気をつけます。
 まあ、そんなわけで、ストーリーと言うよりもキャストにひかれて見に行ってきました。



●ストーリー(ネタバレあり)
 ミウ(平山あや)とよしか(hiro)はダンス好きな高校生。しかしクラブで踊っているところを18歳未満という事で補導されてしまう。コレガ原因で二人は高校を退学してしまう。行き場を失った二人はクラブの前でたたずむのみ。そこにジュリ(長谷部優)に誘われてムーンダンスクラブと呼ばれる空き地に連れられ、そこで仲間とダンスに明け暮れる。
 ある日レコード会社からスカウトの話が出るが、スカウトされたのはジュリ一人のみ。それでもミウとよしかはダンスにかける。しばらくして同じレコード会社から2人とも呼び出され、ともえ(ソニン)と愛子(サエコ)と4人でユニットを組み、ジュリの後ろで踊って欲しいと。ユニット名は部長の思いつきで「バックダンサーズ」。
 ジュリwithバックダンサーズは、あっという間に若い世代の心をつかみ、トップアーティストに仲間入り。ところがツアーでジュリが電撃の結婚引退を表明する。何も聞かされていない4人は呆然となる。
 ジュリが戻るまでつなぎ止めておけという部長の指示で新人マネージャー茶野(田中圭)が担当する。ところがふてくされた4人はやっと見つけたイベントも悩殺&はちゃめちゃダンスでぶちこわし。次は無名のロックグループ「スチクレ(スチールクレイジー)」の前座として地方公演に出るが、それは地方公演と言うよりは地方巡業。ダンサーのゴールとは何か、4人は迷い始める。
 あげくに後輩ユニット「真由withスーパータイガース」は人気が出てきてバカにされる。部長も真由withスーパータイガースがあればジュリはいらないと判断し、バックダンサーズも解散させろと指示する。
 最後のステージ直前に解散を聞かされた4人は喧嘩してしまい、最後のステージも踊れなくなってしまう。
 バラバラになった4人。ミウとよしかはムーンダンスクラブに戻る。ともえは昔働いていたキャバクラに戻るが、客達にはバカにされる。愛子はソロでデビューしようとグラビアの仕事を見つけてきたが、それはヌードグラビアの仕事だった。
 結局4人は行き場がなく戻ってくる。「悔しい。」 そんな彼女のダンスにかける熱意を知っている茶野は、ダンスだけでステージを作りたいと決心。音楽プロモーター磯部(梶原善)を説得し、二人はまずスポンサーを見つける。ストリートダンス界を仕切るテル(真木蔵人)とクラブオーナーのセイジ(鈴木一真に話を持ちかけると、今までダンスだけでステージを作ろうとする話は何度もあったが、すべて失敗に終わっていると相手にされない。しかし、レコード会社部長の小西とチーフマネージャーの高橋を見返してやりたいと情熱を告げると、快く協力してくれる事になった。そうテルとセイジも昔は小西と高橋にコケにされた過去があるのだ。曲はスチクレのジョージ(陣内孝則)が担当。ステージは同じくスチクレのロジャー(つのだ☆ひろ)がスチクレと掛け持ちのバイトで知り合ったメンバーで担当。宣伝は茶野の先輩美浜礼子(木村佳乃)がFM枠を40個以上もとってくる。
 こうして準備が進むとレコード会社にも問い合わせが殺到。でも1つ問題が。場所の使用許可がとれていない。つまりゲリラライブなのだ。
 ステージの途中警察がかけつける場面もあったがなんとか成功を収める。小西と高橋もCDの発売を決定したが、もう小西の所属する第二制作部はバックダンサーズを解散させているので契約満了。美浜たちの部署でバックダンサーズのCDを作製する事となった。

 バックダンサーズの熱意は2010年、若者の間でも受け継がれている。






●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 ごめんなさいね。ダンスに興味ないので感情移入できなかったのですが、でも好きな事に熱中するっていいね。僕のように仕事に熱意を入れられないでぼーっと仕事をしている人生よりもきっと彼女らは何倍も人生を楽しんでいるんだろうなぁとうらやましく思います。

 ダンスの事は余りよくわからないのですが、4人ともというか、みんなダンスうまかったです。特に平山あやはダンス初挑戦だったらしく、3人とは1ヶ月早くダンスレッスンに入ったとか。見ていてそんなの全然わからないくらいでした。と言うか、サエコってダンス経験者だったんだ・・・。

 あとは、hiroアンドロメディアでは学芸会レベルの演技だと思ったのですが、格段に成長しています。特にしゃべり方やちょっとした仕草が自然で、アンドロメディアの言わされている感がなかく、好感が持てました。

 映画としてはストーリーは至ってシンプル。見せ場はダンスと歌しかなく、ちょっと残念でした。ダンス好きにはたまらない作品だと思いますけど。




オススメ度:●●●○○ おまけで3点。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月17日 14:37
はじめまして。
トラックバックありがとうございます。

私は映画を見ておらず、原作のみなのですが…
感想で「見せ場はダンスと歌しかなく、ちょっと残念でした。」と書かれていたのですが、まぁ仕方ないかなと。
原作が…
映画化するには、ちょっとストーリーが薄いですからね。

hiroの成長が救いですかね。

2006年09月17日 14:48
junn_411334さん、コメントありがとうございます。
そうですね~。junn_411334さんの記事でも内容が浅くて立ち読みでも充分って書いてありますからね。たぶん、これ映画だからまだましで、文字だけだと結構辛い者がありそう。。。
2006年09月25日 21:08
初めまして。
トラックバック、どうもありがとうございます。

こちらもトラックバックさせていただきました。
それでは失礼致します。
2006年09月25日 21:39
マイルドさん、コメントありがとうございます。
こちらこそTB返しありがとうございます。
今後ともよろしくです。
2006年09月25日 22:16
初めまして、トラックバックありがとうございます。
私も好きなArtist目当てでした。hiro、長谷部優、舞さんの3人ですね。
映画を観て、ダンス映画というほどダンス重視でもないかな?と私は感じました。
では、失礼いたします。
2006年09月25日 22:53
Ex-ellewyさん、コメントありがとうございました。
長谷部優もかわいいですよね。正直ダンスについてはわからないので・・・。でも、正直映画としては期待していなかったので、まあ、良い意味でも悪い意味でも期待は裏切られなかったかな。
2006年09月26日 09:20
この度はアメブロ版やっぱり邦画好き…にTBをいただき、ありがとうございます。
勝手ながら都合によりメインのJUGEM版やっぱり邦画好き…でTBの返信をさせていただきます。
これからもよろしくお願い致します。
2006年09月26日 23:18
やっぱり邦画好き…さん、コメントありがとうございまうす。
今後ともよろしくです。

この記事へのトラックバック

  • バックダンサーズ

    Excerpt: 橘 もも バックダンサーズ! ちょっと前に映画 がクランクインしたってことでチラッと聞いたので、読んでみようかと…。 [内容] “ムーンダンスクラブ”―CDラジ.. Weblog: 乱読日記 racked: 2006-09-17 14:33
  • 「バックダンサーズ」実在モデルをオリジナル化して描いたサクセスストーリー

    Excerpt: 「バックダンサーズ」は人気絶頂のユニットのボーカルが突然引退してしまい、残されたバックで踊っていたダンサーが紆余曲折を経て自分達の居場所を見つけていくストーリーである。音楽業界入れ替わりの激しい中でも.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2006-09-17 18:19
  • 『バックダンサーズ!』を観たよ。

    Excerpt:  熱くてクサい青春映画が大好きで、わざと狙ってそういうのを何本も観ていて、相当免疫ついているはずの私が、「うわ! この映画、クサすぎ!!」とあいた口がふさがらなくなってしまったわけだから、……尋常でな.. Weblog: 【待宵夜話】++徒然夢想++ racked: 2006-09-17 20:55
  • バックダンサーズ!

    Excerpt: DEPOTのおすすめ度:★★☆☆☆ 公開日:2006年9月9日 配給:ギャガ・コミュニケーションズ 監督:永山耕三 出演:hiro,平山あや,ソニン 鑑賞日:2006年8月26日(試写会) .. Weblog: CINEMA DEPOT's BLOG racked: 2006-09-17 21:04
  • バックダンサーズ!/hiro、平山あや、ソニン、サエコ

    Excerpt: 一応舞台挨拶の回のチケットは入手済みだったたんだけど、この日の本命はイ・ボムスってことで、こっちは見れたらでいいやってことにして遅れて劇場に行ったら終映には余裕で間にあっちゃいました。なので、次の回の.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-09-17 21:35
  • 「バックダンサーズ!」

    Excerpt: 世間が予想しているみたいな、 “安室奈美○withスーパーモンキー○”をモデルにした映画。 では決してございませんです、、、(が、実際はどうなんでしょ?w)。 Weblog: しんのすけの イッツマイライフ racked: 2006-09-17 22:57
  • バックダンサーズ!

    Excerpt: バックダンサーズ!~BACK STAGE PASS~ 【作品概要】 ●『バックダンサーズ!』スト... Weblog: UNITY REC-site racked: 2006-09-17 23:26
  • 『バックダンサーズ!』・試写会

    Excerpt: 今日は某出版社で当選した 『バックダンサーズ!』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★ Weblog: しましまシネマライフ! racked: 2006-09-18 00:05
  • 【バックダンサーズ!】

    Excerpt: ★この映画、好きだなぁ・・・。私は踊れないけど、観るのは大好き!昔、フジテレビ Weblog: 空の「一期一会」 racked: 2006-09-18 00:16
  • 「バックダンサーズ!」邦画ブームに乗れず

    Excerpt: 「バックダンサーズ!」オープニング興収5090万円。永山耕三監督の前作「東京フ Weblog: 映画コンサルタント日記 racked: 2006-09-18 00:23
  • 自分貫き通さなきゃ、カッコつかないだろ

    Excerpt: 187「バックダンサーズ!」(日本)  誰が付けたのか〝ムーンライト・クラブ〟と呼ばれる空き地でダンスの練習に励む女の子たち。そこで踊ることにふと疑問を感じるが、彼女たちは思い出す。この地から羽ばた.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2006-09-18 02:45
  • バックダンサーズ!☆独り言

    Excerpt: ダンスものなので気になっていた『バックダンサーズ!』 でもねーーー日本モノ・・・感動の度合いはどうなんでしょう?^^; とりあえずポイント溜まってるしでタダで鑑賞・・・ まぁ、そーいう意味ではは.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2006-09-18 09:53
  • バックダンサーズ!/試写会

    Excerpt: バックダンサーズ! 監督 永山耕三 脚本 永山耕三 、衛藤凛 出演 hiro 、平山あや 、ソニン 、サエコ 、田中圭 *********************************.. Weblog: 如意宝珠 racked: 2006-09-18 13:16
  • バックダンサーズ!

    Excerpt: 昨日の2本目は「バックダンサーズ!」 ダンスに賭ける女の子たちを描いた作品。ボー Weblog: HIROMIC WORLD racked: 2006-09-18 22:46
  • バックダンサーズ!

    Excerpt: 「さみ~(寒い)デイビスJr.」と何気ないオヤジギャグに笑ってしまったあなたは70年代の音楽を語る資格があるのかもしれませんが、「爆弾サーズ」などとつまらないことを口走らないように注意しましょう。 Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2006-09-19 00:51
  • バックダンサーズ!

    Excerpt: 土曜日に見に行ってきました。 (ストーリー) トップ・ボーカリスト(樹里)の電撃 Weblog: いろいろと racked: 2006-09-19 21:13
  • 『バックダンサーズ!』

    Excerpt: 感動度[:ハート:][:ハート:]    2006/09/09公開  (公式サイト) 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:星:][:星:.. Weblog: アンディの日記 シネマ版 racked: 2006-09-24 02:26
  • 【劇場鑑賞96】バックダンサーズ!(BACKDANCERS!)

    Excerpt: トップヴォカリストの突然の引退! 残された4人のバックダンサーズたち! ピンチをダンスで チャンスに変えろ! Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2006-09-24 23:16
  • 【映画評】バックダンサーズ!

    Excerpt: ダンスに夢を託す若者たちを追いかけた無邪気な青春ダンスムービー。 Weblog: 未完の映画評 racked: 2006-09-25 00:27
  • 観てきましたぁあ!!

    Excerpt: どうもマイルド@自宅です。こんばんは。 えっとですねぇ、「これから映画を観ます! Weblog: マイルドのでたらめ投稿板 racked: 2006-09-25 21:06
  • バックダンサーズ!

    Excerpt:  月の下で踊る少女達。上がりの無い希望を追い求め、その中のほとんどは、散っていってしまう世界。  人気絶頂のまま、引退を発表した樹里。彼女の後ろで踊ってい.. Weblog: とにかく、映画好きなもので。 racked: 2006-10-04 01:42
  • バックダンサーズ!(9月9日公開)

    Excerpt: とつぜん引退を発表した,トップボーカリストの樹里. 残されたバックダンサーの4人は,そのことを知って呆然とする. ダンスへの情熱なら誰にも負けない新井美羽(ミウ:平山あや). ダンス.. Weblog: オレメデア racked: 2006-10-04 11:18
  • 「バックダンサーズ!」 涙腺の蛇口がキュッと閉まる

    Excerpt: 映画「フラガール」、TV「ダンドリ。」と最近ダンスもので涙腺が緩んでいるので、そ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2006-10-09 21:52
  • バックダンサーズ!-(映画:2007年23本目)-

    Excerpt: 監督:永山耕三 出演:hiro、平山あや、ソニン、サエコ、田中圭 評価:62点 公式サイト (ネタバレあります) 芸能界は厳しい。 メインボーカルがコンサート中に突然引退.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-02-15 23:11
  • 平山あや、田中圭との熱愛を完全否定

    Excerpt: 俳優の石田卓也(20)と女優・平山あや(23)が8日都内で映画「キトキト!」(17日公開、吉田康弘監督)トークショーを行った。平山は一部で俳優の田中圭(22)との熱愛が報じられたが「あれはビックリ。デ.. Weblog: 宝くじ@全国自治宝くじ情報館 racked: 2007-05-28 13:08
  • 【映画】バックダンサーズ

    Excerpt: 最近邦画をろくに見てないので何でもいいから借りた作品です。やっぱり邦画は字幕見ないでいいから楽ですね。邦画も一時期難しいテーマを扱ったものが多かったですけど、今は青春ものが増えていますね。この作品はそ.. Weblog: DOMANGOLIAN Blog racked: 2008-06-05 16:19