グエムル -漢江の怪物- 見てきました

 見たい映画が4本あるのですが、その中でも一番早く終わってしまいそうな映画グエムル 漢江(ハンガン)の怪物を見に行く事にしました。



●ストーリー(ネタバレもろあり)
 ソウルの中心を南北に分けるように流れる川、漢江(ハンガン)は休日には、家族連れや恋人達が遊びに来るような穏やかで雄大な川。そのほとりで売店を営む一家がいた。家長ヒポン(ピョン・ヒボン)の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)は、店番すると居眠りしてしまう。お客さんの食べ物をつまみ食いしてしまう、いい大人なのに店番すらまともにできない。でも、娘のヒョンソ(コ・アソン)を愛する気持ちは人一倍強かった。
 ある天気の良い日、イカ焼きとビールを行楽客に出すため川の方へと向かう。そこには川をのぞき込む人だかりが。そちらに向かうとカンドゥンは、橋にぶら下がり、うごめく大きな”何か”を目撃する。その”何か”は川を泳ぎながら土手に近づく。カンドゥンは持っていた缶ビールを川に投げ入れると、そいつは缶ごと呑み込んでしまった。おもしろがる人々は次々と持っていた物を投げ入れる。すると”何か”は土手に這い上がり、あっという間に人々を襲って喰い始めた。
 カンドゥンとアメリカ軍韓国在留士官はその怪物に戦いを挑む。しかし太刀打ちできる相手ではない。
 そしてカンドゥンは娘ヒョンソの手を取って逃げるがその混乱の中手を離してしまう。振り向くとカンドゥンの目の前でヒョンソはその怪物にさらわれてしまう。ヒョンソを連れた怪物は川を反対側に泳ぎ去ってしまう。
 合同葬儀で泣き崩れるヒポンとカンドゥン、そこにヒポンの長女ナムジュ(ペ・ドゥナ)が、その日行われたアーチェリー大会でとった銅メダルを持ってやってきた。続いて次男のナミル(パク・ヘイル)も。4人はヒョンソの写真の前で泣き崩れる。「おまえがヒョンソの手を離して、知らないこの手を握って逃げるからいけないんだ!」とカンドゥンを卑下するナミル。
 そんな時、黄色い防護服を着た人が現れ、現場にいた人とその人に触れた人は全員病院に連れられてしまった。士官の皮膚に異常が見られ、未知のウイルスが発生した可能性が高いからだ。
 医者から明日の検査までは何も食べると釘を刺されたカンドゥンだが、夜中にこっそりと缶詰を開けて食べている。すると一本の電話がカンドゥンにかかってきた。「おとうさん、助けて…」。娘は生きている!
 警察にそのことを話すが、ウイルスで頭が行かれたと取り合ってくれない。ヒポンは袖の下を渡そうとするが、それでも取り合ってくれない。一家は病院から逃げ出してヒョンソを助け出すことを決意する。見事病院を逃げ出し、闇からショットガンと地図を購入する。

 4人は製薬会社の車を手に入れ検問を通過しようとするが、怪しまれたヒポンはまた袖の下を渡して検問を通過する。そして漢江の近くの排水溝を順番に探す。なかなか見つける事ができない4人は自分たちの売店に戻り食事をとっている。ふと窓から外を見ると、例の化け物が!銃をとる4人。銃弾は見事命中!しかし怪物にとって大した傷ではない。怒って4人を攻撃してくる怪物。しかし、もう残弾は少ない。ヒポンは「俺が奴をしとめる。カンドゥンおまえの銃は何発残ってる?」「1発だ」と自信ありげに答えるカンドゥン。ヒポンは「おまえらは逃げろ!」と叫ぶと空になった銃を取り替え、残り1発の銃を持って立ち向かう。しかし、カチッ!カンドゥンは銃弾を数え間違えていたのだ。あっけなくやられるヒポン。そこへ政府の人たちがやって来て、カンドゥンは捕まってしまう。ナミルとナムジュも逃げる際にバラバラになってしまう。
 ナミルは携帯電話会社に勤める先輩を頼って、ヒョンソの通話記録からその携帯がどこにあるかを突き止める。しかし先輩はナミル達にかかった懸賞金を手に入れるためにナミルに協力したのだ。ナミルを捕まえようとする先輩やその仲間。なんとか逃げ出すも土手から落ちたナミルは動けなくなってしまう。最後の力を振り絞ってナムジュにヒョンソの最後の場所をメールする。
 メールを受け取ったナムジュはアーチェリーを持って助けに行くが返り討ちに遭い、排水溝に落ちてしまう。
 一方捕まったカンドゥンは看護師の隙をついて逃げ出す事に成功する。カンドゥンがヒョンソのいる排水溝についた時は、怪物はヒョンソを口の中に入れ別の場所に移動するところだった。
 意識を取り戻したナミルは、助けてくれた浮浪者に金を払って、空き瓶に灯油を詰め武器を作る。浮浪者と一緒に怪物を倒しに向かう。
 兄弟3人集結したその場は、アメリカ軍が対細菌兵器用に秘密裏に開発したコードネームイエローエージェントを散布する場所だった。イエローエージェントが散布され弱る怪物に空き瓶で作った火炎瓶を投げつけるナミル、橋の上から灯油をかける浮浪者、そこに火炎瓶をぶつければ怪物が燃えさかるのも必至。しかし最後の火炎瓶を投げようとするナミルは手を滑って落としてしまう。ナミルの足下で最後の火炎瓶が燃えている。落胆するナミル。そこにナムジュが現れ、燃える脱脂綿を矢の先に付け怪物に向けて射る。見事命中し、燃えさかる怪物は川に逃げようとする。そこにカンドゥンがとどめの一発。
 見事息の根を止めた怪物の口から、ヒョンソを助け出す。しかし苦労の甲斐なくヒョンソの息はすでに途絶えていた。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 期待しないで見に行ってきました。最近期待していない映画はそこそこおもしろかったのですが、この映画は期待しなかったのにもかかわらず、おもしろくなかった。なんでこんなにメディアが注目しているのかわからない作品です。ホラー映画なのか、サスペンス映画なのか、パニック映画なのか、そしてコメディなのか・・・?!なんか中途半端です。笑えるシーンもありましたが、イマイチ笑いのツボが日本人(or自分)と違うのか、苦笑という感じでしたし。

 こういう映画では、最初原因不明の死体が発見され恐怖をあおり、徐々に怪物の正体が明らかにされていくってパターンが多い中、この映画では最初から怪物の全形が明らかになって、それがいきなり人を襲い出すというパターンは少ないので、最初はおもしろかったのですが、だんだんと飽きてきてしまいます。
 間抜けな主人公が、かっこよく活躍するというパターンも多いですが、そう言う映画は今までさえなかった人が急に変わるわけないだろ!と思いますが、この映画では間抜けな主人公はいつまでも間抜け。そこが自然ですが、見ていてやっぱりイライラします。残弾の計算を間違えるのは予想できましたが、まさかそれが原因で自分の親が死んでしまうとは思いませんでした。自分が娘の手を離さなければこんなことにならなかったかもしれないわけだし、カンドゥンは一段落したクライマックスではどんな気持ちなんだろう・・・。

 次にCGですが。これはよくできているなぁと思いました。ただし、最後の最後でボロが出ました。燃えているシーンは、ちょっとCGとアニメの間くらいのクォリティ。今までがすごかっただけにあの燃えているシーンはがっかり。

 突っ込みどころは、いっぱいありすぎて、全部覚えていられませんでした。最初のホルムアルデヒドを捨てるシーン。あんなに大量のホルムアルデヒドを扱った事はないのでわかりませんが、発煙はしなかったような気がする。ホルムアルデヒドは吸引だけでなく皮膚などからも吸収するので、あそこまで大量に扱う場合は防毒マスクだけじゃなく、保護メガネもしなくちゃダメです。そもそもあんなに大量に使うのになんで500mL瓶で購入しているんだろう。ガロン便などもっと大きな容器で購入するんじゃないの?それに腐食性があるからあんなに大量に捨てていたら排水管に穴空いちゃいそうだし。そもそも毒物で危険物のホルムアルデヒドを、上司に言われたからって捨てちゃダメだよ。
 それにホルムアルデヒドで突然変異ができる可能性はあるけど、未知のウイルスができるってのは考えにくいし、あんなに元の生物とかけ離れた生物が1匹だけできてしまうなんてのは、まずあり得ない話ですよね。
 カンドゥンの検査もおかしいし。のどの付近にあんなに太い組織をとるプローブを差し込まれておいて次のシーンではきれいに傷跡が消えているし。そもそも彼に麻酔が効かなかったのはなぜ?
 そして、ウイルスがいなかったのなら、士官の腕の痕はなんだったの?それに細菌兵器対策用のイエローエージェントが、最近とは関係ないあの化け物に効果があって人間に影響がないのも不思議だし。そもそも政府達がウイルスばかりに気をとられて肝心の怪物の捕獲作戦とかがないのはどうして?
 そして最後。カンドゥンが突進してくる怪物に棒を突き刺すシーン。あんなに大きな怪物があの速度で突っ込んできたら、怪物に棒が刺さるだろうけど、カンドゥンの方もちょっと後ずさりするだけじゃ済まないだろう。しかも怪物が死ぬほど突き刺さるなら、持っていたカンドゥンの手にも刺さるだろ・・・。

 話は変わりますが、俳優達って誰かに似てません?ヒポンは長門裕之と津川雅彦を足して2で割った感じ?カンドゥンは原口あきまさと、うーん、誰かを足して2で割った感じに見えるんだけどなあ。



オススメ度:●●○○○




★2006/09/12追記
 そうそう、突っ込みどころ1つ書き忘れてました。ヒョンソの携帯なんですが、怪物に連れられて川を泳いで向こう岸まで連れて行かれましたよね。携帯完全に水没です。あんなに水没したらまず使えないはずなのに。





  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2006年09月10日 18:29
TBありがとう。
私の感想とほぼ同じです。でもつっこみどころをここまで丁寧に解説しているブログは少ないですね。なかなか鋭いと見方をしているなと感心しました。
良かったのが怪物のCG。あれくらいの大きさの怪物が一番面白いですね。しかもあれはハリウッド製で、映画の中では米国批判という一貫性のなさも矛盾だらけ。これが韓国という国なのでしょうか。同じアジアの隣国でありながらも、韓国の人とは感性が全く異なることを再認識させられた作品でした。
2006年09月10日 19:01
こんばんは、よしなしごとさん♪

不法投棄はいけませんよね~。
まず、オープニングの場面で唖然。
次に、笑っていいのか悲しんでいいのかがわからない場面が結構あって戸惑ってしまったし。
どうにもリアクションに困る作品でした~(-_-;)
2006年09月10日 21:34
TBありがとうございました!

いやぁ、凄く面白い感想でした。私の良く分からない部分まで書いてあって非常に面白かったです。

韓国でヒットしているのは理由があるんでしょうが、日本ではヒットしてるんですかね?見ている方は多い様なんですが。

この監督の「殺人の追憶」は面白かったですよ…
2006年09月10日 22:28
こんにちは、TBありがとうございました。
こちらは、辛口評価ですね。
私は面白かったですよ。専門的な知識が無くても、あの薬品のビンの多さには「何だこりゃ」って思いましたが ^^;
まっ、言いたいのは人間の身勝手によって生まれてしまった醜い怪物と、それを倒した庶民の家族愛。 それってズズッと私には響きました。
また、宜しくお願いします。
2006年09月10日 23:42
TBありがとうございます。貴TBを公開し、幣TBを返そうと思いましたが返すのが出来ませんでしたので、当方についても取り敢えず、改めてTB一旦非公開とさせていただきました。不都合があればお知らせください。
しぇんて
2006年09月10日 23:55
すいませんでした。当方のブログ管理ページの表示エラーだったようですね。どうもTBありがとうございました。こちらも公開させていただきました。
この映画は人によって大いに異なる感想だと思います。この映画の監督の作品だと、殺人の追憶が普通に受け入れやすい方で、ただ一番最初のほえる犬は噛まないとかだと、もう相当ふざけた人だというのは知ってる人は知ってるので、前からのファンは満足して、始めて観たので受け付けないと言うのは良く分かります。
2006年09月12日 01:40
●ケントさん、コメントありがとうございます。
韓国映画もいろいろですよね。シュリやシルミド、僕の彼女を紹介しますなどは、とっても好きなんですが、グエムルやこっくりさんのように、あわない物はとことこんあわない。まあ、洋画や邦画もおもしろい物はおもしろいし、つまらない物はつまらない。お国柄と言うよりは、やっぱりスタッフの感性があるかどうかなんでしょうね。
2006年09月12日 01:44
●りらさん、こんばんは。
そうそう。泣いていいのか、笑っていいのか、リアクションに困りますよね~。疲れる作品でしたね。

●かつさん、コメントありがとうございます。
エンターテイメントは人それぞれの感性ですからね。かつさんは楽しめたようで良かったです。人間の身勝手さと言えば、あのヒポンの何でも金で解決しようとするのが、意味深だなと思いました。

●しぇんてさん、コメントありがとうございます。
トラバできて良かったです。またよろしくお願いいたします。
思い雰囲気のところに笑いを入れるのは、スピルバーグも時々やる手法ですからね。
2006年09月12日 11:51
いやぁ、手厳しいですな。
怪物がいる、というこの映画における最もリアリティに欠ける部分を信じてあげることにしたので、細かいところは大目に見たり、それなりに自己解釈してあげました(笑)。

ところで、今作の予告編はご覧になられました?

自分は昨日、公式HPで見たんですが、あれはヒドイ。
シリアスで感動的なパニック映画みたいな作りになってる。予告に煽られて本編見たら、評価下げたくもなるヒドイシロモノです。

予告編で先入観植えられることもなく、ジュノ監督の作風も知っていたので、中途半端な今作をそこそこ楽しめたのかもしれません(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
2006年09月12日 23:09
にらさん、コメントありがとうございます。
実は直前まで興味なかったので、予告編見た事なかったんですが、今見ました。こういうシリアスな映画だったら良かったのになぁ~。
ちなみに北朝鮮では大絶賛のようですね。アメリカ批判が受けているそうです。
2006年09月15日 00:31
TBありがとうございます。
私はかなり楽しんだ観客でしたが、ダメな人はダメだろうな~と思ってました。
薬品の不法投棄は実話らしいですが、さすがに流しに捨てることはなさそうですね。

「携帯完全に水没です」に爆笑してしまいました...。そういやそうだった!
2006年09月15日 01:53
●rivarisaiaさん、コメントありがとうございます。
あれだけの不法投棄はすごいですねぇ~。びっくりしましたよ。
2006年09月18日 09:31
TBどうもでした~♪

ネットの掲示板なんかでは、評判エエみたいだったので観にいったんですけどね・・・僕の腐った感性にはヒットしませんでした。
ペ・ドゥナちゃんもずっとジャージ姿だし・・・
2006年09月18日 12:24
はっちさん、いつもコメントありがとうございます。
うん、確かに僕にもヒットしませんでしたよ。
なんで、あんなに絶賛されているのか謎です。

この記事へのトラックバック

  • 「グエムル -漢江の怪物-」

    Excerpt: 「グエムル -漢江の怪物-」 公開直前まで全くノーマークだった本作だが、 劇場で観れて良かったと思う。 怪獣映画であるが侮れない、十分にお金を払う価値のある作品。 ハリウッドのヒーローモノとは.. Weblog: わたしの見た(モノ) racked: 2006-09-10 17:04
  • 『グエムル -漢江の怪物-』

    Excerpt: 『グエムル -漢江の怪物-』(『THE HOST』『怪物』)試写。「私は高校のとき、漢江(ハンガン)で怪物を見た」という ポン・ジュノ監督のオリジナルストーリーによる最新作。ソン・ガンホもペ・ドゥナも.. Weblog: 試写会帰りに racked: 2006-09-10 17:18
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: カンヌで絶賛され、韓国では『王の男』が4ヶ月かかった観客動員数を、わずか1ヶ月で塗り替えたという、文字通りモンスタームービーだ。 しかも、ただの怪獣映画ではない。 アクション、SFスリ.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2006-09-10 17:19
  • グエムル -漢江の怪物-

    Excerpt: 社会派の怪獣映画。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-09-10 17:28
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 主人公のパク一家は不器用な人たちだ。売店を営む老父(ピョン・ヒボン)の家に母はいない。長男(ソン・ガンホ)は店先で眠りこけている。次男(パク・ヘイル)は大学を出たもののフリーター。長女(ペ・ドゥナ)は.. Weblog: Kinetic Vision racked: 2006-09-10 17:35
  • グエムル 漢江の怪物 包容力

    Excerpt:  ←クリックするとグエムルと再会w これからバイ貝をみたら この映画を思い出すこと100%w ゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ネタバレばればれ 観たひとだけ゚・:,。゚・:,。★゚.. Weblog: ・・・の続き racked: 2006-09-10 17:39
  • グエムル 漢江の怪物(評価:○)

    Excerpt: 【監督】ポン・ジュノ 【出演】ソン・ガンホ/ペ・ドゥナ/パク・ヘイル/ピョン・ヒボン/コ・アソン 【公開日】2006/9.2 【製作】韓国 【ストーリー】 韓国で一番大きく、美しく穏.. Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2006-09-10 17:44
  • グエムル -漢江の怪物-/ソン・ガンホ、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、ピョン・ヒボン、コ・アソン

    Excerpt: 面白かったァ。けっこう序盤から笑えたんだけど客席の反応イマイチなんですよ。自分だけウケてるみたいなとこもあって戸惑ったんだけど笑うの遠慮してると楽しめないので開き直りましたけど、もしかしてみなさんビミ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-09-10 17:44
  • 感想/グエムル ―漢江の怪物―(試写)

    Excerpt: 甘ちょろラブだけが韓国映画にあらず、と思わせる秀作! カンヌで大絶賛、本国でいろいろ新記録叩き出してる怪物パニックで家族愛を再確認せよ。『グエムル ―漢江の怪物―』9月2日公開。 グエムル ―漢江.. Weblog: APRIL FOOLS racked: 2006-09-10 17:48
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 韓国での大ヒット...嘘じゃないですね。 これは絶対に観ておくべきかもしれません!! 原題   「괴물」   (怪物) 出演   ガンドゥ: Weblog: KAOMEAブログ版 racked: 2006-09-10 17:48
  • グエムル~漢江の怪物

    Excerpt: グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- この監督、やっぱり怪物か。 Weblog: ロハンのゲロゲログ racked: 2006-09-10 17:51
  • 『グエムル 漢江の怪物』燃える家族VS怪物

    Excerpt: 期待大で観に行き、その期待に見事応えた稀有な作品。 『グエムル 漢江の怪物』   監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ ぺ・ドゥナ他 atシネプレックス幕張 私的満足度:★★★★☆ 雄大な.. Weblog: 演劇と本とTVと漫画とかにまつわるエトセトラ racked: 2006-09-10 18:08
  • 映画 「グエムル -漢江の怪物-」

    Excerpt: 映画 「グエムル -漢江の怪物-」 を観ました。 Weblog: ようこそMr.G racked: 2006-09-10 18:09
  • 映画「グエムル 漢江の怪物」

    Excerpt: 韓国映画『グエムル 漢江の怪物』の試写会に行った。 元々エイリアン好きなうえに Weblog: いもロックフェスティバル racked: 2006-09-10 18:15
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: ★★★  韓国の漢江に突然変異によって、巨大なナマズガエルのような生物が誕生する。そして突如として漢江の河川敷に現われ、逃げ惑う人々に次々と襲いかかるのだった。 この騒ぎで怪物に娘を拉致された家族が、.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2006-09-10 18:18
  • 『グエムル 漢江の怪物』

    Excerpt: ポン・ジュノ監督が、かいぶつーっ!? 以前鑑賞した作品『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』の2本がお気に入りだった事もあり、普段はクリーチャーもの苦手なのに・・頑張って観てきました~&#638.. Weblog: Brilliant Days racked: 2006-09-10 18:47
  • 『グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-』(2006年) ★★★★☆

    Excerpt: 今年のカンヌで絶賛されて結局何の賞にも引っかからず肩透かしを食らった感のある本作。聞けばその時点ではまだ完成品ではなかったそうですが。その後、韓国で公開されると至上最短で観客動員1000万人を突破。記.. Weblog: どっぷりレビュー racked: 2006-09-10 18:48
  • グエムル 漢江の怪物(試写会)

    Excerpt: 知人からお誘いを受け、ふたつ返事でオッケーし行ってきましたです。前評判がかなりいいようでカンヌ国際映画祭では大絶賛だったとか。そうなると観たくなるのが人の心情というもの(笑)踊らされてるかなあ?と思い.. Weblog: まったりでいこう~ racked: 2006-09-10 18:49
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 「グエムル 漢江の怪物」 THE HOST/製作:2006年、韓国 120分 監 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2006-09-10 18:49
  • グエムル-漢江の怪物-

    Excerpt: 【グエムル-漢江の怪物-】 ★★★ 2006/9/2 ストーリー ソウルの中心を東西に貫く大きな河、漢江(ハンガン)。その河川敷で売店を営む Weblog: りらの感想日記♪ racked: 2006-09-10 18:56
  • グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-☆独り言

    Excerpt: 今朝の目覚ましTVでのびっくり(笑) 韓国で『日本沈没』が『グエムル』の観客動員数を超えた!!って そりゃ、"日本"が沈没するから・・・受けたんでしょうに(ぉ って、ことはさておき『グエムル.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2006-09-10 19:33
  • グエムル -漢江の怪物-

    Excerpt: クソ、ムカつくぜこの映画! VFXは『ロード・オブ・ザ・リング』のWETAデジタルが手掛け、韓国では新記録を次々打ち立てる大ヒット。さらにカンヌでも絶賛され世界視野でも順風満帆。何よりこの映画.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2006-09-10 20:02
  • 『グエムル 漢江の怪物』はおもしろい!

    Excerpt: 日本でも先日封切された『グエムル 漢江の怪物』ですが、あれはスッゲーおもしろい映画です。今年みた映画の中では文句なく一番でしょう。 (ってか、今年見た映画が『SAYURI』だとか『ダ・ヴィンチ・.. Weblog: 薫のハムニダ日記 racked: 2006-09-10 20:09
  • 『グエムル 漢江の怪物』 (初鑑賞83本目・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 9月2日(土) 109シネマズHAT神戸シアター4にて 15:40の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2006-09-10 20:13
  • 「グエムル 漢江の怪物」感想

    Excerpt:  韓国映画「グエムル 漢江の怪物(原題 “The Host”)」(ポン・ジュノ監督)を見に行きました。今回はネタバレなしの感想を。 Weblog: 日々是雑感ブログ racked: 2006-09-10 20:22
  • グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- 06年176本目

    Excerpt: グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- 2006年    ポン・ ジュノ 監督ソン・ガンホ 、ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 、コ・アソン (一番下) 恐れ入りました、、、 .. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2006-09-10 20:30
  • 『グエムル 漢江(ハンガン)の怪物』

    Excerpt:  ソウル中心部を流れる漢江に突如現れた“怪物”が川を訪れていた行楽客を次から次へと襲い人々を恐怖に陥れる。パニック状態の中逃げ出そうとしたところ、川べりで売店を営むパク一家の長男の娘ヒョンソは怪物.. Weblog: flicks review blog II racked: 2006-09-10 21:02
  • 괴물:グエムル 漢江の怪物

    Excerpt:  韓国映画『グエムル 漢江の怪物』を観に行ってきた。  予定ではクォン・サンウと Weblog: 口惜しいけれど韓流かつ racked: 2006-09-10 22:22
  • グエムル

    Excerpt: 韓国の人々のオアシス漢江(バンカン) に突如出現した怪物をめぐる事件に 肉迫す Weblog: いろいろと racked: 2006-09-10 22:57
  • 映画「グエムル 漢江の怪物」

    Excerpt: けっこう気に入りましたw大陸っぽいギャグをまじえながらの怪物モノ。人間の敵はやっぱり人間だ(^^)いきなり怪物がドドドっと出てくるのはいさぎよくてグー。最近アニメとか見てても「思わせぶり」なのばっかで.. Weblog: ★かるぱら★ racked: 2006-09-10 23:00
  • グエムル 漢江(ハンガン)の怪物

    Excerpt: グエムル対ガンちゃん。やっぱり怪物に対抗しうる役者ですね~、ソン・ガンホという人は。と、いうことで「ほえる犬は噛まない」「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督最新作にして超ヒット作(韓国において)の「グエム.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2006-09-10 23:00
  • 【劇場鑑賞91】グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-(THE HOST 原題:怪物)

    Excerpt: 「お父さん、助けて!」 正体不明の怪物がソウルのど真ん中に出現! 娘をさらわれた家族は、 怪物を倒すことが出来るのか? 怪物にヒョンソをさらわれた家族の命をかけた死闘が始まる! .. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2006-09-10 23:00
  • 「グエムル」 へんてこ映画で胸をなでおろす

    Excerpt: 日本の配給さんがパニック怪獣映画っぽく宣伝している部分があり、単にそんなんでなかったことで安心です。しかし韓国で1000万人以上の動員だったのはやはり観た後ではびっくりです。これは映画や韓国の映画観客.. Weblog: しぇんて的風来坊ブログ racked: 2006-09-10 23:35
  • 『グエムル -漢江の怪物-』 試写会鑑賞

    Excerpt: ソウル市内を流れる川、漢江のほとりで売店を営む一家がいた。家長ヒポンの長男カンドゥは、いい大人なのに店番すら頼りにならないが、娘のヒョンソを愛する気持ちは人一倍強かった。行楽客でにぎわうのどかな午後、.. Weblog: 映画な日々。読書な日々。 racked: 2006-09-10 23:35
  • 『グエムル/漢江の怪物』を観たよ。

    Excerpt:  ああ、もしかしたら大傑作なのかもしれない。 『グエムル/漢江の怪物』 英題:"THE HOST" 参考:グエムル 漢江の怪物@映画生活 グエムル―漢江の怪物―-シネマトゥデイ 2006年.. Weblog: 【待宵夜話】++徒然夢想++ racked: 2006-09-10 23:36
  • 「グエムル -漢江の怪物-」

    Excerpt: 「ほえる犬は噛まない」、「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督の最新作。監督だけでなく、ソン・ガンホ、ペ・デゥナと大好きな俳優が出てるので、大注目でした。 劇場もなんと一番大きい388名入るシアター1.. Weblog: the borderland  racked: 2006-09-10 23:52
  • グエムル ~漢江の怪物~

    Excerpt:  長期出張から戻り、土日働いていたので代休を取って『時をかける少女』をもう一度見 Weblog: 荻木譲の独り言 racked: 2006-09-11 00:32
  • グエムル 漢江の怪物・・・・・評価額1700円

    Excerpt: すばらしい。 監督第二作にして、「殺人の追憶」という殿堂級の傑作を物にしたポン・ジュノが、何と「怪獣映画」をやると聞いて以来、観たくてたまらなかった作品だが、今日観て確信した。 ポン・ジュノは、韓.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2006-09-11 00:46
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: ? うーん…正直言ってなんとも評価しづらい映画でした。傑作だとは思わないんですが決して駄作というわけでもない…。とりあえず色んな意味で新鮮だったことは間違いないです。上映中の2時間退屈することはなか.. Weblog: 三度の飯より映画好き racked: 2006-09-11 01:10
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt:  グエムル 漢江の怪物  正体不明の怪物がソウルのど真ん中に出現!  お父さん、助けて!  アジアと世界の才能が融合!  未体験の怪物が誕生した!   全世界驚愕のパニック・エンター.. Weblog: my life of my life racked: 2006-09-11 01:13
  • 『グエムル 漢江の怪物 』   怪物映画を超えた‘怪物’。ポン・ジュノ監督最新作!

    Excerpt: 出演■ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ、パク・へイル、ピョン・ヒボン、コ・アソン、キム・レハ  他・・・・ 監督■ポン・ジュノ <ストーリー>  ソウル中央を流れる雄大な河、漢江(ハン.. Weblog: enjoy! MOVIE☆LIFE racked: 2006-09-11 02:36
  • 「グエムル 漢江の怪物」レビュー

    Excerpt: 「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソン *監督:ポン・ジュノ *模型制.. Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター racked: 2006-09-11 03:07
  • グエムル~漢河の怪物~/ちょっとB級なのだが/物語の世界51

    Excerpt: グエムル~漢河の怪物~という韓国映画を朝から見て来ました。スートリーはこんな感じ。ソウルの中心を流れる穏やかで美しい河、漢江パク一家は漢江の河川敷で売店を営み、楽しく暮らしていた……ソウルの中心を南北.. Weblog: 新世紀の生き方、物語の世界 racked: 2006-09-11 04:44
  • 劇場鑑賞「グエムル漢江の怪物」

    Excerpt: OST/グエムル(漢江の怪物)(送料無料)「グエムル漢江の怪物」を鑑賞してきました「殺人の追憶」で韓国を代表するフィルムメーカーとなったポン・ジュノ監督最新作!弱冠36歳の鬼才が創造したパニック・ムー.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2006-09-11 05:08
  • グェムル 漢江の怪物

    Excerpt: ようやく観てきました。おもしろかったです。 私は怪獣やパニック映画には全く興味が無く、『ゴジラ』や『ガメラ』なども一切見たことありません。 怪獣映画といえどもポン・ジュノ監督、普通の怪獣映画を.. Weblog: 韓国映画好き racked: 2006-09-11 06:18
  • グエムル:これはれっきとした社会派映画

    Excerpt: ★監督:ポン・ジュノ(2006年 韓国作品) MOVIX京都にて鑑賞(9月9日、2回目)。 初回鑑賞... Weblog: 「朱雀門」という方法・第2章 racked: 2006-09-11 09:14
  • 河の生き物

    Excerpt: 昨日は、試写会のため新橋へ。 観たのは、「グエムル」。 韓国で大ヒットした映画らしいです。 怪物にさらわれた女の子を、その家族が救出しようとするお話。 化け物が出るから、とても怖いスト.. Weblog: 藻、たくさんの日々。 racked: 2006-09-11 10:08
  • 「グエムルー漢江の怪物」情熱ほとばしる怪物映画を見に行こう

    Excerpt: 「グエムルー漢江の怪物」★★★☆オススメ ソン・ガンホ、 ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 主演 ポン・ジュノ 監督、2006年、韓国 現在も韓国で公開中、 5週連続首位をひた.. Weblog: soramove racked: 2006-09-11 11:31
  • 『グエムル -漢江の怪物-』

    Excerpt: The Host(2006/韓国) 【監督】ポン・ジュノ 【出演】ソン・ガンホ/ピョン・ヒボン/パク・ヘイル/ペ・ドゥナ グエムルの小ささがいい。 普段あまり新作の感想は書きません.. Weblog: 愛すべき映画たち racked: 2006-09-11 13:19
  • 「グエムル -漢江の怪物-」

    Excerpt: 「グエムル -漢江の怪物-」ヤクルトホールで鑑賞 現在韓国内で興行収入1位の作品と聞いてそんなにすごい作品なのかと期待。怪物というのだから架空の話だとは思いますが漢江に現れた怪物というのだからゴ.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2006-09-11 13:29
  • 『グエムル 漢江の怪物』

    Excerpt:  韓国で歴代ナンバー1のヒットを驀進中の怪物映画がついに日本上陸!  僕は公開初日に出かけましたが、日本での上映に際してもなかなかお客さんの入りは良かったと思います。劇場は9割方埋まっていましたから.. Weblog: 映画大陸 racked: 2006-09-11 20:57
  • 『グエムル 漢江の怪物』試写会にて

    Excerpt: ただの怪物映画と思うことなかれ! 超一流エンターテイメント映画です! 「怪獣映画?おもしろいの?B級?」「勇敢な家族が(勇敢な父が)子供を救うって話?」「ホラーじゃないよね?」と思われがちだが違.. Weblog: 映画子の映画日記 racked: 2006-09-11 22:11
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: “お前たちの目にはカンドゥが間抜けに見えるか。” ポンジュノ監督のパニック映画“グエムル 漢江の怪物”を観ました。 ソウル市内を流れる川、漢江のほとりで小さな売店を営むヒポンの息子カンドゥ.. Weblog: たにぐちまさひろWEBLOG racked: 2006-09-11 22:39
  • **〈 グエムル 漢江の怪物 〉怪物映画のフリして実は**

    Excerpt: 「いろいろな意味で53年以降の事象を詰め込みまくってみました。」とは、ポン・ジュノ監督は言ってないですけどそうとしかとれませんよ。コレは実際。 先にボクの立ち位置を明確にしておくと嫌韓流で間違いな.. Weblog: 日刊【考える葦】Returns racked: 2006-09-12 00:06
  • オルタナティブ映画としてみれば面白い 「グエムル」

    Excerpt: 「グエムル 漢江の怪物」 [韓国] 監督:ポン・ジュノ 主演:ソン・ガンホ、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、ピョン・ヒボン  なんつーか、評価に困る映画。決してつまらなくはないんだけど、韓国の興行で「王の.. Weblog: あじあん・ちゃんぷるー racked: 2006-09-12 00:32
  • 『グエムル -漢江の怪物-』

    Excerpt: 『グエムル -漢江の怪物-』公式サイト 『グエムル -漢江の怪物-』特集Yahoo!ムービー 監督:ポン・ジュノ 脚本:ポン・ジュノ 、ハ・ジョンウォン 、パク・チョルヒョン .. Weblog: Rabiovsky計画 racked: 2006-09-12 00:35
  • その怪物は現れた

    Excerpt: 185「グエムル 漢江(ハンガン)の怪物」(韓国)  広大な河川、漢江(ハンガン)。家族連れや恋人で賑わう休日、それは現れた。正体不明の巨大怪物。人々が襲われるなか、売店を営むパク一家の長男カンドゥ.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2006-09-12 01:14
  • 映画「グエムル -漢江の怪物-」

    Excerpt: 2006年46本目の劇場鑑賞です。公開当日劇場で観ました。「ほえる犬は噛まない」「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督作品。謎の巨大生物に娘をさらわれた一家が、政府の理解を得られぬまま独力で怪物に立ち向かう.. Weblog: しょうちゃんの映画ブログ racked: 2006-09-12 01:25
  • 『グエムル~漢江の怪物~』

    Excerpt: 情報求む! 後半に出てくる斜視の米軍医。 あの人って『羊たちの沈黙』に昆虫学者役で出てた人でしょうか? Weblog: ねこのひたい~絵日記室 racked: 2006-09-12 11:52
  • 『グエムル 漢江の怪物』★★★★★★★★★(9点)

    Excerpt: さて、待ちに待ったポン・ジュノ監督の最新作にして、 現在韓国で観客動員記録を更新している真っ最中という超話題作、 『グエムル 漢江の怪物』を鑑賞して参りました! (今回はちょっとネタバレ.. Weblog: ginpeichanの映画日記。 racked: 2006-09-12 18:44
  • 「グエムル 漢江の怪物」

    Excerpt: この映画をそんな言い方で感想言うなら、 「なんの期待もなく見に行ったのに、  よく出来ていたのでビックリして楽しめた!」 ですね Weblog: しんのすけの イッツマイライフ racked: 2006-09-12 22:49
  • グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-

    Excerpt: オフィシャルサイト → グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- ソウル市内を流れる川、漢江のほとりで売店を営む一家がいた。家長ヒポンの長男カンドゥは、いい大人なのに店番すら頼りにな� Weblog: 日々映画三昧 racked: 2006-09-13 02:07
  • グエムル 漢江(ハンガン)の怪物

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  立ちはだかる、さまざまな゛怪物゛   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-09-13 22:05
  • グエムル漢江(ハンガン)の怪物

    Excerpt: グエムル漢江(ハンガン)の怪物の試写会に行ってきました。ソウルの中心を流れる川、漢江に突然、巨大な怪物(グエムル)が現れる。そして、その怪物が次々と人間を襲い、漢江の河川敷で売店を営むパク一家の家族で.. Weblog: やつがれ racked: 2006-09-15 00:06
  • 「グエムル 漢江の怪物」

    Excerpt: 気づくべきだった。マスコミが大々的に取り上げたと思ったら、間髪入れず公開した訳に。 アメリカ軍が漢江(ハンガン)に流した薬品によってモンスターが生まれるというのは、古典的なパターンで、アメリカのB級S.. Weblog: 古今東西座 racked: 2006-09-15 01:05
  • グエムル~漢江の怪物~

    Excerpt: 友人から試写会の招待状をもらったので「グエムル~漢江の怪物~」を文京シビックホールで鑑賞しました。 招待券をもらわなければ、きっと自腹では観に行かないジャンルの映画ですが、これがなかなか面白かったん.. Weblog: まぁず、なにやってんだか racked: 2006-09-15 11:46
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 昨日見てきました。日本の怪獣映画、ほとんど見ていない。TVで見た怪獣といえばウルトラマンシリーズの怪獣ぐらいだ。しかも、リアルタイムではなく、自分の子どもに付き合ってみたのだから、何度めかのウルトラマ.. Weblog: ぷち てんてん racked: 2006-09-15 20:32
  • グエムル-漢江の怪物-(韓国)

    Excerpt: 株主優待券を持っていたので「グエムル-漢江の怪物-」を観ました。 ( → 公式HP  ) ? 出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソン .. Weblog: 映画でココロの筋トレ racked: 2006-09-15 23:41
  • グエムル -漢江の怪物-

    Excerpt: 缶ビールで ほんとうの怪物に かんぱ~い   おっもしろいなあ、この映画。長女ナムジュのアーチェリー大会のテレビ中継に食い入る長男カンドゥとその娘のヒョンソ。親父は店の売り物の缶ビールを二人.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2006-09-16 13:59
  • グエムル/漢江(ハンガン)の怪物

    Excerpt: 韓国映画パワー炸裂!ヾ(@^▽^@)ノ オイラはそんなに韓国映画は観てませんが、 Weblog: まじめにふまじめ★ racked: 2006-09-18 22:53
  • ★「グエムル -漢江の怪物-」

    Excerpt: 久しぶりの韓国映画。 ・・・といっても異色の怪物モノ。 韓国では大ヒットしたらしいけど、怪獣王国ニッポンではどうかなっ? Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2006-09-19 05:03
  • グエムル -漢江の怪物-

    Excerpt:    基本的にネタバレはしませんが、この映画を白紙の状態で純粋に楽しみたい方は読まない方が良いかもしれません。  『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督.. Weblog: とにかく、映画好きなもので。 racked: 2006-09-19 05:23
  • 「グエムル 漢江の怪物」 頭イテ~~~(笑)

    Excerpt: まず言っておきたいこと。てれすどん2号が梅田三番街シネマで映画観終わった後、頭がイタイ。久しぶりに大学の体育の授業、バスケで走り回ったからかな(笑)、それともこの映画のせい!?(笑)とにかく、この映画.. Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  racked: 2006-09-19 13:13
  • 毒物、捨てちゃダメよ!「グエムル~漢江の怪物」

    Excerpt: エンターテインメント韓国怪獣物語。コリアンムービー「グエムル~漢江の怪物」、劇場で鑑賞。 韓国映画、初めて劇場で観たかも。 うほー。めちゃおもろいぃ~~。ドキドキワクワク大満足! 怪獣映画な.. Weblog: 絵描人デイズ racked: 2006-09-21 12:37
  • 映画:グエムル漢江の怪物 試写会

    Excerpt: グエムル漢江の怪物 試写会@なかのZEROホール 「お父さん、聞こえてる?」 韓国映画でパニックものは初めてかも。駒吉の中のパニックものの定石を色々覆してくれました。 こういう怪物っ.. Weblog: 駒吉の日記 racked: 2006-09-22 17:31
  • 映画/グエーグエー

    Excerpt: 映画「グエムル-漢江の怪物-」公式サイト 監督・脚本 ポン・ジュノ 出演 ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ Weblog:  サ バ ペ racked: 2006-09-23 00:29
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 韓国映画には珍しいクリーチャーもの、『グエムル 漢江(ハンガン)の怪物』を見た。こういった作品が韓国流にアレンジされるとどうなるのか?そんな興味もあったけど、それよりなにより異生物やUMAや宇宙人とい.. Weblog: LaoYeのひとりごと racked: 2006-09-23 06:34
  • 『グエムル~韓江の怪物~』/ソン・ガンホ 、ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 、コ・アソン

    Excerpt: 面白かった~~~~ 怖いんだけど笑っちゃう、怪獣映画のようで家族愛や環境汚染への警鐘をを描いた映画かな。 現在韓国で大ヒット中の映画を同じ時期に日本でも見られるっていうのがウレシイではないですか。.. Weblog: 雲のゆくえ racked: 2006-09-23 20:22
  • 「グエムル -漢江の怪物-」、公開

    Excerpt: 本日公開された「グエムル -漢江の怪物-」の情報を。韓国の人々のオアシス、漢江に突如出現した怪物を巡る事件に肉迫するパニック映画。 出演:ソン・ガンホ(パク・カンドゥ役)、ペ・ドゥナ(パク・ナムジュ.. Weblog: Mugen Diary racked: 2006-09-23 23:48
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 「グエムル」 漢江の怪物 評価 ★★★★☆ (4.3) 『あらすじ』  韓国、ソウルの中心を流れる大河・漢江(ハンガン)。人々の生活の憩いの場として、その日も多く .. Weblog: 何を書くんだろー racked: 2006-09-24 08:39
  • グエムル--漢江の怪物

    Excerpt:  映画「グエムル---漢江の怪物」を見ました。 いわゆる「韓流」ブームにはあまり乗れてませんでした。韓流といえば純愛もの、というイメージがあって、この路線はどうも苦手でして・・。  そんなわけで、.. Weblog: 明け方シネマ racked: 2006-09-25 11:46
  • 映画寸評:グエムル

    Excerpt: 平日レイトショーを観るテクニックを身に付け、 映画「グエムル」を観てきました。 ちなみに、「グエムル」ですが、「THE HOST」という英語のタイトルもあります。 これは、「ウィルスのホスト」と.. Weblog: 太郎日記’79J racked: 2006-09-27 01:05
  • 映画「グエムル -漢江の怪物-」

    Excerpt:  製作年度:2006年。映画「殺人の追憶」などで知られるポン・ジュノ監督作品。  2006年5月。今年のカンヌ映画祭で、ニューヨーク・タイムズなどが「今年のカンヌ国際映画祭で最高の映画だ!」.. Weblog: ある在日コリアンの位牌 racked: 2006-09-27 03:21
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt:  漢江に流された毒薬が原因で突然変異した怪獣グエムルが人々を殺傷。娘を怪獣に奪われたばかりかウィルス感染と決めつけられた父とその家族が、怪獣 Weblog: シネクリシェ racked: 2006-10-04 07:36
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt:  漢江に流された毒薬が原因で突然変異した怪獣グエムルが人々を殺傷。娘を怪獣に奪われたばかりかウィルス感染と決めつけられた父とその家族が、怪獣 Weblog: シネクリシェ racked: 2006-10-07 04:18
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt:  漢江に流された毒薬が原因で突然変異した怪獣グエムルが人々を殺傷。娘を怪獣に奪われたばかりかウィルス感染と決めつけられた父とその家族が、怪獣 Weblog: シネクリシェ racked: 2006-10-11 05:35
  • グエムル-漢江の怪物-/韓国映画

    Excerpt: 監督 : ポン・ジュノ 出演 : ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、 ペ・ドゥナ、コ・アソン 韓国映画では珍しい怪獣映画です。 グエムルの登場シーンが、妙に滑らかな蛇のよ.. Weblog: 映画をガブリ racked: 2007-01-27 20:31
  • グエムル -漢江の怪物--(映画:2007年11本目)-

    Excerpt: 監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) なんでだよう。 どうして死んじ.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-01-27 21:02
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 2006年 韓国 2006年9月公開 評価:★★★★☆ 監督オリジナルストーリー Weblog: 銀の森のゴブリン racked: 2007-02-12 01:55
  • 「グエムル 漢江の怪物」 小市民VS怪獣!

    Excerpt: 公開前から話題になっていた「グエムル 漢江の怪物」を観てきました。 初日初回の有 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2007-03-04 21:50
  • グエムル -漢江の怪物-

    Excerpt: 【THE HOST】2006年/韓国 監督:ポン・ジュノ  出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソン、イ・ジェウン 突然漢江から現れた正体不明の怪物。.. Weblog: BLACK&WHITE racked: 2007-03-11 13:33
  • グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: 私好みのB級映画の臭いがプンプンしますねー。 韓流は好きではないのですが 「箪笥」以来、韓国B級映画に一目置いている私です。 韓国では大ヒットした映画だとか。 しかし、脚本ゼミの友人が 「自.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2007-03-13 00:55
  • 映画レビュー#47「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」

    Excerpt: 基本情報 「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」(2006、韓国) 監督:ポン・ジュノ(殺人の追憶、ほえる犬は噛まない) 脚本:ポン・ジュノ、ハ・ジョンウォン、パク・チョルヒョン 製作:チョ・ヨン.. Weblog: Production Rif-Raf racked: 2007-04-02 04:47
  • 『グエムル 漢江の怪物』(20)

    Excerpt: この映画のピークは開始20分。 白昼堂々惜しげもなく人ごみの中に怪物が現れるシーンは 斬新で、かなりのインパクト。 けれど、悲しいかな以降の一.. Weblog: 君も僕もポーカーフェイス (言語と芸術作品のサロン) racked: 2007-05-08 01:14
  • グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-

    Excerpt: 2006年9月6日お台場で観てきました。 久々にお台場で映画観た! 専門学校のときの特別講義以来かも?w 嗚呼、ソン・ガンホ上手く描けないよう…orz 「グエムル -漢江の怪物.. Weblog: きょうのできごと…。 racked: 2007-05-23 00:56
  • グエムル~漢江の怪物

    Excerpt:  ただの怪物映画ではありません。  『ゴジラ』第1作のように(←ちゃんと観たことはないですが)社会風刺に満ちた作品です。しかも、シニカル以上に笑いも豊富と言う、娯楽志向の作品でもあります。もちろん、.. Weblog: 舞台女優の鑑賞録【映画・本・ミュージアム】 racked: 2007-06-03 08:27
  • 映画『グエムル 漢江の怪物』

    Excerpt: 原題:The Host 盗作疑惑もあったりして、日本公開ではすっかりすべってしまったけど、モンスターパニック映画なのにコメディ要素がとっても効いててバランスはいいね・・・ パク・カ.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-08-02 01:35
  • 『グエムル-漢江の怪物』映画残念賞!

    Excerpt: NO.12『グエムル-漢江の怪物』  今回紹介する作品は韓国で昨年記録的な大ヒットをした怪獣映画『グエムル-漢江の怪物』です。 私は小さい時から怪獣映画好きで『ゴジラ』を筆頭に古今東西数多くの作品を見.. Weblog: オン・ザ・ブリッジ racked: 2007-08-04 18:53
  • グエムル 漢江の怪物【韓国映画】

    Excerpt: グエムル 漢江の怪物(2006年) 見ました。 原題:怪物 괴물 邦題:グエムル 漢江の怪物 英題:The Host <超概略のあらすじ> 漢江.. Weblog: Kio -朔北- De nuevo racked: 2007-12-31 12:59
  • グエムル-漢江の怪物-って怖いの?

    Excerpt: モンスターパニックアジア ホラー映画初心者のすけきよです。すけきよ初の韓国作品「グエムル-漢江の怪物-」観ました。 あらすじ:「助けて、お父さん!」ソウルの中心を南北に分けて流れる雄大.. Weblog: ホラー映画って呪怨が怖いの? racked: 2008-02-07 22:03
  • グエムル -漢江の怪物-

    Excerpt: THE HOST/怪物 2006年:韓国 監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ、イム・ピルソン、イ・ドンホ、コ・アソン、ピョン・ヒボン、イ・ジェウン、ペ・ドゥナ、パク・ヘイル ソウル.. Weblog: mama racked: 2008-05-17 05:30
  • グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-

    Excerpt:  『お父さん、助けて!』  コチラの「グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-」は、9/2公開になる韓国のパニック・ホラーなんですが、試写会で観て来ましたぁ~♪想像してたよりも割とコミカルなシーンが多.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-05-27 21:17
  • 『グエムル -漢江の怪物-』生かしきれなかった怪物

    Excerpt: 映画の評価(5点満点) ★★★☆☆ プアーです。ポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』で映画の奇跡を目の当たりをした僕は期待をパンパンに膨らませて見た『グエムル -漢江の怪物-』。だが、「え? 同じ監督?」.. Weblog: 映画をもっと楽しく![シネマポスト] racked: 2010-03-02 22:50
  • 【映画】グエムル 漢江の怪物

    Excerpt: <グエムル 漢江の怪物 を観ました> 原題:The Host 製作:2006年韓国 ←クリックしてね♪ランキング参加中 「殺人の追憶」「母なる証明」のポン・ジュノ監督作品。 以前「母なる証明」.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2010-10-31 16:03
  • グエムル-漢江の怪物-

    Excerpt: 徐々に姿を見せて恐怖感を煽るんじゃなくて、堂々と最初からその姿を目にすることの出来る迫力ある怪物というのが面白い。漢江の川べりをすばやい動きで走りぬけ、人々を襲って喰らっていく。両生類なのか魚.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-06-12 09:50