「暗いところで待ち合わせ」見てきました。

 いつもコメントをいただくKさんから前売りチケットをいただいたので「暗いところで待ち合わせ」を見てきました。



●ストーリー(ネタバレ少しあり)
 交通事故が原因で視力を奪われたミチル(田中麗奈)は、父親(岸部一徳)と二人で暮らしていた。ところがある日その父親が死んでしまう。親戚の引き取るという申し出を断り、ミチルは悲しみを胸に一人で思い出のあるこの家でひとり暮らしをすることを決意する。

 ミチルの朝は、居間の窓を大きく開けて、新鮮な空気をいっぱいに吸うことから始まる。この窓からは駅のホームが見下ろせるが、ミチルにはそれが見えず、ただ駅のアナウンスと電車の音が聞こえるだけだった。

 この日の朝はいつもとちょっと違った。通過するはずの急行電車が警笛とブレーキ音と共に停車した。その音から何か起きたことがわかった。

 9時5分。チャイムの音が聞こえたミチルは玄関を開ける。「どなたですか?」ミチルの声だけが響く。しかしそこには物音をさせず、気配を消して、そっと家の中に入り込む男性の姿が見えた。彼の名前は大石アキヒロ(チェン・ボーリン)。彼は印刷会社で働く中国人と日本人のハーフ。中国で育ったため日本語はあまりうまくない。そんな生い立ちから会社でも仲間とはうち解けずに、不条理な理由でいじめにも遭っている。そんな彼はミチルの家の居間の窓の下にそっと座って、駅を眺めている。そこには警察の捜査が始まっていた。

 しばらくして、またチャイムがなった。「交番のものです。」不審な男を見なかったか聞かれたミチル。
 そしてこの日はまたお客さんが来た。「洗濯物が飛ばされてきたんですけども。」そんなことがきっかけで近所に住むハルミ(井川遥)と知り合いになる。彼女はイタリアンレストランのウエイトレス。「今度食べに来て」という言葉を交わしてこの日は帰って行った。

 その日の夜、ミチルはニュースで今朝起きた事故のことを知る。それは事故と言うよりは殺人事件。ホームで松永トシオ(佐藤浩市)が何者かに突き落とされて電車にはねられ死んでしまった。松永は大石の同僚でもあり、大石はその事件の重要参考人であることが報じられていた。

 ミチルはいつも通りの生活を送っていた。小学校時代からの親友のカズエ(宮地真緒)と買い物に出かけたり、ハルミの勤めるレストランに食事に行ったり・・・。しかし、それ以外は外に出ることはない。

 一度ひとりで外出する練習をしたが、横断歩道で車にクラクションを鳴らされ、自転車に杖を引っかけられ壊されてしまった。彼女はひとりで穏やかに暮らしているが、心の中は不安と孤独でいっぱいだ。

 やがてミチルは家の中に気配を感じるようになった。パンが減っていたり、物音がしたり。。。そして決定的だったのは、棚の上から物をとろうとして、踏み台から落ちた時。棚の上に置いてあった鍋がミチルの頭めがけて落ちてきた。しかし、鍋は割れずにそっと床の上に置かれていた。

 誰かいると確証したミチルは夕飯を二人分作る。アキヒロはそっと椅子に座ってミチルが用意してくれた夕飯を口にする。

 この日もいつものようにカズエと買い物をし、いつものイタリアンレストランで食事をして帰った。しかし、カズエの外に出る練習もしなくちゃというアドバイスがきっかけで喧嘩をしてしまう。自分が悪いのはわかっていてもついつい甘えてしまうミチル。一晩頭を冷やして、カズエに謝るため電話するが電話が通じない。直接謝ろうと玄関の扉を開けるが、横断歩道や自転車のことを思い出してしまい、躊躇(ちゅうちょ)する。扉を閉めようとした瞬間、扉がドンと音がし、扉が閉まらない。アキヒロだ。ミチルはアキヒロにアシストしてもらいカズエの家に向かう。ミチルはカズエに謝り、仲直りをする。

 そして、クリスマスイヴ。今日はカズエとミチルはクリスマスケーキを作ったりしている。この日はあのハルミも来る予定だった。そして。。。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 この映画、ジャンルは「サスペンス」なんですね。見るまではなんで?と思っていたけど、見終わって納得。ちょっと(僕的には)意外な展開だったのでびっくり。それまで静かな感じで続いていたのにクライマックスでいきなり様相が変わるんで驚きました。最近寝るのが午前3時から4時で、起きるのが7時という生活を送っていたおかげで、前半から中盤まではかなり眠かったのですが、いきなり目が覚めてしまいました。

 この映画、なんていうんだろう。優しさいっていうのか、丁寧というか、独特の雰囲気が素敵でした。父親が死んで悲しみにくれるミチル。父親が生きていた時は食事をきちんと用意しているのだが、一人になると、パンばかり。沈んでいるのがわかる。また、父親からもらったオルゴールをピアノで弾くのだが、最初は未完成で悲しいメロディだったのが、後半になるに連れて徐々に軽やかになっている。ピアノはミチルの心を表現しているのが、とても素敵でした。

 そして、力をくれる映画でもありました。カズエに謝りに行こうと玄関を開けるが出られなかった時、アキヒロが手をさしのべるシーン。目が見えないのにハルミを追求するシーン。最後に外を歩いているシーン。自分が全盲になったら果たして生活できるのか。それをミチルはがんばっている。自分も仕事やその他で元気ない時も、この映画を見ればミチルの力を分けてくれる、そんな映画です。

 違和感があったのが、宮地真緒田中麗奈が盲目の役なので当然化粧はできないので薄目の化粧でした。その分宮地真緒が、すっっっごく、厚化粧に見えるんです。宮地真緒の方が約4年若いのに、年上に見えてしまいます。
 それと、佐藤浩市は、カツラ?なんて思えてしまう髪型。。。ちょっとダサイよ。
 ここからネタバレです!反転して見てね。
 最後に、井川遥が、線路からホームにあがってくるシーン。あの顔コワイよぉ~。っていうか、ホームの下に隠れていたと言うことは計画的犯行なんだろうけど、その割には逃げる時に目撃されなかったのは偶然だし、計画甘過ぎですよね。
 他にも、妙にまわりになじんでいない家とか、殺意を抱く動機が小さかったりと、突っ込みたいところはたくさんあって、マイナス点も多いです。この映画の良いところは田中麗奈一人で作られているような気がします。もっと丁寧に作り込めば、もっと良い映画になったはずだと思います。でも全体的には満足いく映画。本作は単館系ですが、もっと多くの人に見てもらいたい映画です。もっと上映館多くても良いと思うんだけどなぁ~。




2006/12/08追記
 家に帰って、目をつむって歩いて、足の小指を角にぶつけたのは僕だけではないと信じています。。。




2006/12/21追記
 そう言えば、田中麗奈って、NIN × NIN 忍者ハットリくん THE MOVIEでも、目の見えない女性の役をやっていましたね。ずっと気になっていたんですが、ようやく思い出せました。


オススメ度:●●●●○





※送料無料キャンペーンはこの記事掲載時に実施しているものです。実際は注文時に送料をご確認ください。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2006年12月08日 02:55
 私は評価が低いのですが・・・トラックバックをいただき、ありがとうございます。本作は原作者が携わっているのに、どういうわけか、私としては不自然さが目立ちました。「とても古い家だから」という台詞では「新築そのものじゃないか。」と思ったし、盲目であれば五感は敏感なのに目の前の息を殺している人がわからない。家の外観は、他の家に溶け込んでなく妙に新材の目立つ明るい家。とても生活観のあるとは思えない室内・・・。私は自分の評には書きませんでした。雰囲気や銀幕を吹く風がとても心地よいのに、もったいないと、美術さん、大道具さんに言いたい。監督は納得したのでしょうか。
 読ませてもらいました。温かい評論で、私の評論は毒舌で恥ずかしいかぎりです。ありがとうございました。  冨田弘嗣
2006年12月08日 03:16
冨田弘嗣さん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね。あの家、階段以外は新しいし、他の家とマッチしておらず、撮影のために立てたの?って感じはいやめません。
息を殺している人に気がつかないのも、気にはなりましたが、自分自身盲目になったことがないので、とりあえずそこは納得するようにしておきました。
あの目の不自由な人が持っている杖を持っているのに、「バカ野郎」と罵声を飛ばす人なんかいるのか?あの車のドライバーにも腹立ちさを覚えます。
その点が減点対象となって、5点は付けずに4点になってしまったんです。
でも、僕的にはそれ以上良いところがあったので、良しとしました。
監督さんは、こだわるところにはこだわるけど、それ以外のところは注意を払わない性格の人なのかなと思っています。

それでは、今後ともよろしくお願いします。
K
2006年12月08日 13:23
見に行っていただけてよかったです。
最初眠くなるのもちょっと納得。鍋が落ちるところまでは、あんまり動きが無くてダレちゃいますよね。
あの最後の展開は、それまで普通のドラマ仕立てだったのが、いきなり火曜サスペンス劇場みたいになっちゃって、びっくりしましたよねー。
宮地真緒さんの化粧についてですが、舞台挨拶で見たときは紹介されなかったら誰なのか全くわからないほど、ものすごいハデなお顔立ちでした。テレビで見る雰囲気と全然違っていて、実際は叶姉妹バリのモデルみたいな雰囲気でした。
その点、田中麗奈ちゃんは、お化粧して舞台に立ってもあのまんな清楚な感じで、とっても対照的でした。
2006年12月09日 00:15
Kさん、こんばんは。
チケットありがとうございました。
そうですね。急に展開が変わりますからね。ちょっとびっくりです。
いいなぁ、舞台挨拶・・・。
2006年12月10日 13:42
はじめまして。トラックバックありがとうございました。
不満がないわけじゃないけれど(とくにクライマックスの無防備すぎる追及シーン)、とても好きになれた映画でした。
皆さん指摘されてる新しすぎる家とか、派手な宮地真緒さんの風貌とかは、あばたもえくぼで自分のいいように解釈しちゃってます(笑)ある意味心優しいファンタジー映画だと思うので。
見た目新しい家も、街中での罵倒も、ミチルの思う心象風景、お父さんの葬儀でのお母さんの白い服同様、ミチルにはそう見えてるんだろうと納得しています。
ただ一言不満を言うなら、

【ネタバレ注意】
原作があるので難しいでしょうが、事件の犯人はアキヒロでも良かったんじゃないかなって思っています。劇中の描写で充分情状酌量の余地がありましたから、最後に自首する話でよかったんじゃないかと。いい人=真犯人でないって大団円が安易に感じてしまいました。一方で真犯人への同情すべき背景をほとんど隠してしまっているので余計に唐突な感が否めないですし。

でも、この惜しいと感じさせる不出来な部分も含めて愛着を感じる、大好きな一本です。
2006年12月10日 16:20
かみぃさん、コメントありがとうございます。
クライマックスの追求は、たぶんミチルはハルミを心のどこかで信じているところがあったのではないかなと思っています。
そうですね。アキヒロじゃなくてほっとする反面、ハルミが追いつめられているシーンが少なかったので唐突さは胃やめませんでしたね。
あいり
2006年12月10日 22:13
>>もっと丁寧に作り込めば、もっと良い映画になったはずだと思います。

確かに、細かいところが気になったけど、私は満足しました。笑
原作と違い、アキヒロを混血の人にしてしまったのは?と思いましたが、監督の解釈もありだなと納得できました。
ハルミの心の中は分かりません。
ハルミは真剣だったのに、男は遊びだった。
よくある痴情のもつれですね。きっと。
時間があれば原作をお読みください。
面白いです。
TBをありがとうございました。
2006年12月10日 23:15
あいりさん、こんばんは。
僕にも本作も満足するレベルでしたよ~。
また、よろしくです。
2006年12月10日 23:46
TBありがとうございます。
私からのTB不調のため、コメントにて失礼いたします。
サスペンス要素があったのは驚きでしたが、
誰でも一度は悩む人間関係を描いているところに共感する部分がありました。
>カズエに謝りに行こうと玄関を開けるが出られなかった時、アキヒロが手を・・・。
このシーンは、何かをふっきったようなアキヒロの変化が、印象に残りました。
2006年12月11日 00:33
michiさん、こんばんは。
そうですね。あの瞬間はミチルにとっても、アキヒロにとっても、何かが変わった瞬間で、重要なシーンですものね。

またよろしくです。
2006年12月21日 16:57
こんにちは。
ボーリンくん贔屓の偏った記事にTBありがとうございました(笑)。ただただ家の中のミチルとアキヒロの動作をドキドキハラハラして見てた単純な私です。ふたりの思いが重なって通じ合うところが好きでした。
2006年12月22日 00:55
あさこさん、コメントありがとうございます。
僕はチェン・ボーリンをこの作品で初めて知ったのですが、結構ファンの方多いんですね。
またよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック

  • 『暗いところで待ち合わせ』

    Excerpt: 盲目の女性と、彼女の部屋に忍び込んだ殺人事件の容疑者の青年が、密かな静けさの中で、互いの存在をかすかに感じながら同じ家に暮らす日々。後半、サスペンス要素が強くなってくると、そこからまるで別の映画のよう.. Weblog: 試写会帰りに racked: 2006-12-08 02:34
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: シネ・リーブル梅田  田中麗奈主演ものは良作が多いと、私は思っている。ぱっぱっと浮かんでこないが、 Weblog: 活動写真評論家人生 racked: 2006-12-08 02:39
  • 映画 「暗いところで待ち合わせ」

    Excerpt: 映画 「暗いところで待ち合わせ」 を観ました。 Weblog: ようこそMr.G racked: 2006-12-08 02:48
  • 『暗いところで待ち合わせ』

    Excerpt:   『暗いところで待ち合わせ』   光をなくした女、 闇を抱える男。  殺人事件からはじまった不思議な共同生活   相変わらず原作は未見です。 だからあのプラットフォームからヌォ~っと飛.. Weblog: 唐揚げ大好き! racked: 2006-12-08 06:23
  • 感想/暗いところで待ち合わせ(試写)

    Excerpt: 乙一原作(未読)の映画化。田中麗奈×チェン・ボーリン『暗いところで待ち合わせ』11月25日公開。ある駅で起きた殺人事件。重要参考人として追われる男が、駅の前に住む盲目の女性の家に忍び込み、身を潜めた。.. Weblog: APRIL FOOLS racked: 2006-12-08 08:18
  • 映画「暗いところで待ち合わせ」

    Excerpt: ●他者とのコミュニケーションを欲する者たちが「変化という恐怖」に立ち向かい、一歩を踏み出す物語●常人では考えつかない設定と、それを形にする技術と勢いに原作者のホンモノの力量さえ感じる。 Weblog: わかりやすさとストーリー racked: 2006-12-08 11:19
  • 暗いところで待ち合わせ/田中麗奈、チェン・ボーリン

    Excerpt: 田中麗奈さんとチェン・ボーリンくん共演作第二弾は前作「幻遊伝」と打って変わってサスペンスなラブストーリー。原作は読んだことないんですけど、乙一さんのベストセラー作品だそうです。乙一さん原作の映画といえ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-12-08 11:34
  • 「暗いところで待ち合わせ」

    Excerpt: 「暗いところで待ち合わせ」ヤクルトホールで鑑賞 目が見えない女性と心に影を持った男性の奇妙な関係を描いた何故かほっとして暖かくなるようなストーリー。最後の最後までどう考えてもほっとするとは思えな.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2006-12-08 13:56
  • 映画:暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 暗いところで待ち合わせ@シネスイッチ銀座 「春になれば芽吹くように少しずつ開いていけたら、って思います」 奇しくも2本連続で主人公が盲目(「武士の一分 」)です。 劇場予告 → 原作.. Weblog: 駒吉の日記 racked: 2006-12-08 17:03
  • 心の目を開いて

    Excerpt: 263「暗いところで待ち合わせ」(日本)  交通事故で視力を失った女性ミチル。父親と二人で暮らしていたが、その父親も急死。深い悲しみの中ミチルは一人で暮らすことに。  印刷所に勤めるアキヒロは日本.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2006-12-09 01:21
  • 暗いところで待ちあわせ

    Excerpt: 30分ほど遅刻して鑑賞したので、ミチルの章はわかりません。でも途中からでも随分楽しめました。盲目で一人暮らしのミチル。そこに殺人の疑いをかけられているアキヒロが舞い込んでくる。誰かがいる、という雰囲気.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2006-12-10 10:38
  • 【映画評】暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 盲目の女性と殺人事件の容疑者との奇妙な共同生活を描いた心温まるサスペンス。 Weblog: 未完の映画評 racked: 2006-12-10 13:13
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 監督 天願大介(今村昌平監督の子息)原作 乙一(おついち)出演 田中麗奈(ミチル)チェン・ボーリン Weblog: あいりのCinema cafe racked: 2006-12-10 22:16
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 交通事故で視力を失ったミチル(田中麗奈)は、優しい父親(岸辺一徳)と二人で静かに暮していた。しかしその最愛の父が突然病死。ミチルは親類の反対をよそに一人暮しを始める。ある日、彼女の家の前の駅で.. Weblog: しまねこ日記 racked: 2006-12-11 06:38
  • 【劇場鑑賞136】暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 光をなくした女 闇を抱える男 そんな孤独な二人を引き合わせたのは ある殺人事件だった。 そしてはじまった不思議な共同生活。 ずっと自分の居場所を探してた で.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2006-12-11 19:47
  • この月光、生来目が見えん!

    Excerpt: 暗いところで待ち合わせ 鑑賞 50点(100点満点中) 若い層に人気のあるらしいライトノベル作家、乙一の同名作品を映画化。 主演は田中麗奈、共演にチェン・ポーリンと、台湾映画『幻遊伝』と同.. Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) racked: 2006-12-11 22:56
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt:  日本  ミステリー&ロマンス  監督:天願大介  出演:田中麗奈      チェン・ボーリン      井川遥      宮地真緒 交通事故が原因で視力を失ったミチル。ある日、一緒.. Weblog: 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 racked: 2006-12-12 11:33
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 昨日に引き続き映画館で鑑賞。設定も引き続き?目の不自由な方が主人公。  「暗いところで待ち合わせ」オリジナル・サウンドトラック-Story-交通事故で視力を失うが最愛の父と2人で幸せに暮らすミチル(田.. Weblog: たーくん'sシネマカフェ racked: 2006-12-18 21:17
  • 【劇場映画】 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: ≪ストーリー≫ 交通事故が原因で視力を失ったミチルは、父親と二人暮し。しかしその父が死に、ミチルは親類の反対をよそに一人暮しを始める。彼女の家の下は駅のホームだ。ある日、一人の男がそのホームから転落.. Weblog: ナマケモノの穴 racked: 2006-12-18 22:36
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt:  乙一の原作を映画化した作品。  交通事故により、視力を失ったミチル(田中麗奈)は父を亡くし、一人で暮らし始める。  彼女の家の窓からは、駅のホームを見渡す事が.. Weblog: とにかく、映画好きなもので。 racked: 2006-12-19 20:08
  • 『暗いところで待ち合わせ』

    Excerpt: 光を失くした女、闇を抱かえる男。     ■監督・脚本 天願大介 ■原作 乙一( 「暗いところで待ち合わせ」幻冬舎文庫刊)■キャスト 田中麗奈、チェン・ボーリン、佐藤浩市、宮.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2006-12-20 12:20
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 大好きなチェン・ボーリンくんが出てるので見なきゃ見なきゃと思ってたのですが梅田 Weblog: とっさの絵日記 racked: 2006-12-21 16:43
  • 暗いところで待ち合わせ -Waiting in the Dark-

    Excerpt: 16日は池袋シネマサンシャインで「硫黄島からの手紙」を観たんですが、ま、 Weblog: 欧風 racked: 2006-12-21 21:36
  • 暗いところで待ち合わせ ★★★★☆

    Excerpt: 盲目の少女と警察に追われる青年。二人の不思議な共同生活が始まった。 この作品は乙一の同名小説が原作だということで、 恐い、グロい映画じゃないかと少し心配してましたが、 今回はそういう部分が無.. Weblog: つぶやき。。。(日記帳) racked: 2006-12-21 23:17
  • 「暗いところで待ち合わせ」こんなホンワカした恐怖は新鮮だ

    Excerpt: 「暗いところで待ち合わせ」★★★ 田中麗奈、チェン・ボーリン主演 天願大介監督、2006年 原作はハチャメチャな暗さがありそうで、 何度か作品を手にとっては 読めていない作家のもの。.. Weblog: soramove racked: 2006-12-22 00:46
  • 『暗いところで待ち合わせ』

    Excerpt: 緊迫感[:ラブ:][:ラブ:]          2006/11/25公開  (公式サイト) 静寂さ[:富士山:][:富士山:][:富士山:][:富士山:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] .. Weblog: アンディの日記 シネマ版 racked: 2006-12-22 13:02
  • 暗いところで待ち合わせ:あなたはいい人だと思ってました シネスィッチ銀座

    Excerpt: 交通事故で視力を失ったミチル(田中麗奈)は、父親(岸部一徳)と二人暮らし。 いい感じの親子だなと思って見ていると一徳さんはあっさり死んでしまう。 父のお葬式で親戚から一人で暮らせるのと心配された.. Weblog: 気ままに映画日記☆ racked: 2006-12-22 13:43
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 【鑑賞】試写会 【公開日】2006年11月25日 【製作年/製作国】2006/日本 【監督】天願大介 【出演】田中麗奈/チェン・リーボン/井川遥/佐野史郎/岸部一徳/佐藤浩市 【原作】乙一「.. Weblog: caramelの映画日記 racked: 2006-12-23 22:35
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt:          暗いところで待ち合わせ(2006年、ファントム・フィルム) http://www.kuraitokorode.com/ 監督:天願大介  原作:乙一 出演:田中麗奈.. Weblog: ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~ racked: 2006-12-24 15:41
  • 暗いところで待ち合わせ = 日本

    Excerpt:   光をなくした女、 闇を抱える男。 殺人事件からはじまった不思議な共同生活。 予想外に面白かった。 3年振りの、チェン・ボーリン! Weblog: a day on the planet racked: 2006-12-24 23:20
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 映画「暗いところで待ち合わせ」の感想です Weblog: ジャスの部屋 -映画とゲーム- racked: 2006-12-25 15:28
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 暗いところで待ち合わせ公開中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価   Weblog: シネマ de ぽん! racked: 2006-12-28 19:33
  • [ 暗いところで待ち合わせ ]2人でいれば、こわくない

    Excerpt: [ 暗いところで待ち合わせ ]@銀座で鑑賞 新年になり心機一転といきたいところだが、昨年の映画が お名残り惜しいようで・・・・。2月いっぱいぐらいまで、 昨年観た映画を紹介します。 今.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2007-01-03 13:30
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt:  田中麗奈のうまさをつくづく感じさせる佳作でした。  視覚障害者とはいっても、住み慣れた家に他人が侵入してきてあれくらい近くに居座っているの Weblog: シネクリシェ racked: 2007-01-09 04:15
  • 暗いところで待ち合わせ 「利用」という言葉のもつ悪いイメージ

    Excerpt: タイトル:暗いところで待ち合わせ  原作:乙一 幻冬舎文庫 ジャンル:ベストセラーの映画化/2006年/129分 映画館:シネ・リーブル梅田(120席) 鑑賞日時:2006年12月24日 (日),20.. Weblog: もっきぃの映画館でみよう racked: 2007-01-21 04:27
  • 映画レビュー#42「暗いところで待ち合わせ」

    Excerpt: 基本情報 「暗いところで待ち合わせ」(2006、日本) 監督:天願大介(AIKI、無敵のハンディキャップ) 脚本:天願大介 製作:小穴勝幸 出演:田中麗奈、チェン・ボーリン、宮地真緒、井川遥、佐藤浩.. Weblog: Production Rif-Raf racked: 2007-03-08 14:21
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 【出演】 田中麗奈、チェン・ボーリン、井川遥、岸辺一徳、佐藤浩市、宮地真緒 【感想】 なんとなく設定に無理がある気が(笑) 原作はどうなんでしょうかね。 目が見えない人の家にあがりこみ、ご飯は漁るは.. Weblog: 邦画名作映画館 racked: 2007-05-01 21:38
  • mini review 07060「暗いところで待ち合わせ」★★★★★★★★☆☆

    Excerpt: カテゴリ スリラー/サスペンス ラブ・ストーリー 製作年 2006年 製作国 日本 時間 129分 公開日 2006-11-25~ 監督 天願大介 ストーリー 目の見え.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2007-07-07 18:31
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 【2006/11/25公開】製作国:日本監督:天願大介原作:乙一『暗いところで待ち合わせ』(幻冬舎刊)出演:田中麗奈、チェン・ボーリン、井川遥、宮地真緒交通事故が原因で視力を失ったミチル。ある日、一緒.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2007-07-19 18:39
  • TAKE 62「暗いところで待ち合わせ」

    Excerpt: 第62回目は「暗いところで待ち合わせ」です。 この作品『暗いところで待ち合わせ』は、乙一の長編小説です。 2007年には『きみにしか聞こえない』の劇場公.. Weblog: 映画回顧録~揺さぶられる心~ racked: 2007-07-23 01:03
  • 映画「暗いところで待ち合わせ」 ~我の必要は自分の存在を許す者~

    Excerpt: 交通事故が原因で視力を失ったミチル(田中麗奈)は、父(岸部一徳)と二人で静かに暮らしていた。 ミチルは深い悲しみを胸に、たった一人の生活を始める。 身の回りの家事を一人でこなすミチルの生活は、一見.. Weblog: 混沌と勇気日記。 ~破滅の世界に打ち砕く勇姿を持て~ racked: 2007-09-25 22:29
  • 映画「暗いところで待ち合わせ」

    Excerpt: 真犯人は身近にいて意外な人物・・ミステリーでサスペンスでちょっぴりラブストーリーだけど、気本的には不遇の若い男女による心温まる触れ合いの物語・・・ 事故で光を失った本間ミチル(田中麗.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-12-06 01:58
  • 暗いところで待ち合わせ

    Excerpt: 乙一氏の同名小説が原作だそうです。 3年前の交通事故が原因で視力を失ったミチルは、 父親と二人で静かに暮していた。 ところがその父が急死。 ミチルは親類の反対をよそに一人暮しを始める。 .. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2008-12-02 20:16