リーピング観てきました。イナゴの映画じゃないんですね。

 ちょっとラゾーナ川崎で買い物する用事があったので、その帰りに109シネマズに。ちょうど時間があうのがリーピングだったので観てきました。テレビCMを見ると、B級映画の臭いがぷんぷんしていたので不安だったんですけどね。



●ストーリー(ネタバレ少しあり)
 死体が腐らない。そんな不思議な現象を人々は神の奇跡とあがめ、その死体に触ると病気が治るというという噂が広まったが、その死体を見に行った人の多くは瞳孔が開き、廃人となってしまう。そんな現象を調べに行ったのは大学教授のキャサリン(ヒラリー・スワンク)と相棒のベン(イドリス・エルバ)。その正体は近くに不法投棄された産業廃棄物からメタノールやエタノールベンゼンなどの化学物質が流出したのが原因だった。
 キャサリンはいろいろなところで不思議な現象の調査を依頼され、その謎を科学的に解き明かしてきた。今までに解明できなかった奇跡はない。
 そんなキャサリンは以前は聖職者だった。以前夫と娘とスーダンで布教活動中に、雨が一切降らなくなってしまい、人々はキャサリンの娘を生け贄として差し出し神に祈ったのだ。娘を失ったキャサリンは信仰を捨て、夫と別れ、科学の道に生きることにした。

 そんなキャサリンに依頼が来たのは、ルイジアナの小さな町ヘイブンで川が真っ赤に染まるというものだった。早速キャサリンはベンとヘイブンに向かった。ヘイブンで牧師をしているダグ(デイビッド・モーリシー)の案内でその川に向かった。すると川は血のように一面真っ赤。そして死んだ魚たちが浮いていた。キャサリン達は魚の死体や水をサンプルとして採取し始めた。
 そんなときキャサリンは1人の少女と出会う。彼女はローレン(アナソファ・ロブ)。追いかけるが彼女は逃げてしまう。1人になったキャサリンはボートに戻ると、上から何かが降ってきた。それも無数に。それは蛙の死体だった。
 ボートに戻ったキャサリンはダグに少女の話をする。ダグの話では彼女はこの不思議な現象の元凶であると言われているという。彼女がこの川で兄を殺し、その直後川がこうなってしまったというのだ。
 キャサリンは採取したサンプルをラボに送った。その結果は赤い水の正体は、人間の血だという。もしそうだとすれば、何十万人分もの血が必要になる。
 その夜テラスで食事をとるキャサリン、ベンとダグ。しかしその食事をあぶが襲う。そんな折、電話がかかってきた。牧場で牛に異変が起こったのだ。牛が次々に死んでいく。感染症でも病気でもない。原因不明の死だ。
 ベンはこの現象がモーゼの10の災いに似ているという。信仰を捨てたキャサリンは10の災いも科学的に証明ができると反発する。
 人々の恐怖は頂点に達した。ローレンを殺せばこの現象は止まる。人々は銃を片手にローレンが住む家に向かう。ローレンの家には鎌を逆さにしたマークがあった。これはサタンを崇拝する者の印だ。ローレンが現れると人々は銃を向けた。そこに現れたのは無数のイナゴ。10の災いの8番目だ。人々はイナゴに殺された。ベンとキャサリン、ダグは無事に逃げるが離ればなれになってしまう。
 キャサリンはこれは10の災い、神の仕業であると信じる。神はこの災いを止めるために天使を使わされたと言われている。キャサリンはこの災いを止めるために対決を挑むが。



●感想、思ったこと(ネタバレ少しあり)
 映画とは関係ないけど、ラゾーナ川崎に言ってびっくり!今まで無料だったバイクの駐輪場が有料になっている!(3時間30分までは無料) 買い物&映画&食事を考えると4時間はかかる計算(ゆっくりしすぎ?)。そこでまず買い物だけ済ませて、一度駐輪場を出て、また駐車することに。まったく、面倒だなぁ~。
 買い物して、さて映画です。荷物が多かったので隣に人が来たらイヤだなぁと思いながら・・・。でも大丈夫でした。レイトショーでもなく、封切り5日目なのにこのお客さんの人数で大丈夫か?と思いながらも映画を見ることに。。。

 見終わった直後の感想は「イナゴの映画じゃないんだ。」です。イナゴが主役じゃなくて、ストーリーでも書いたようにエジプトの10の災い、つまりキリストのお話だったんですね。きっと「虫の映画なんて気持ち悪い~」なんて思って観に行かない人多いんじゃないでしょうか。予告を作る人はなんであんな宣伝にしちゃったのかなぁ?日本でキリスト教の宣伝しても受け入れられないと思われたのでしょうかね?
 映画の中で子供ができたときに性別を聞かれて「興味ないから」と言うシーンがあるんですが、かなり違和感ありますよね。自分の子供の性別に興味ないなんて言う人いるのか?って。何かの伏線と言うことはわかったのですが、キリスト教の10の災いを知らない僕にとってはその意味がわからず、話が進むにつれてだんだんとわかってきます。
 けれど、最後のどんでん返しを含めて、わかったような、よくわからないような、そんな映画でした。キリスト教の10の災いを知っている人ならば楽しめるのかな。
 でも、予告編ではB級映画の雰囲気を醸(かも)し出していましたが、そんなことはなく、きちんとした作りでよかったですよ。エンドロールを見て知ったのですが、なんと監督は24 -TWENTY FOUR-シリーズのスティーブン・ホプキンスなんです。正直、時間がちょうどあったから観ましたがそうでなければ観ようと思わない映画でした。監督がスティーブン・ホプキンスだって知っていれば観る気満々で観に行ったのに・・・。

 さて、エンドロールが終わり、客席が明るくなって隣を観るとポップコーンがたくさん落ちている。その人達の話では「ポップコーン持っているでしょ。怖くって手を顔の方に持ってくるでしょ。そうするとこぼれちゃうのよ。」だそうです。確かに怖いというか、突然現れてびっくりするようなシーンがありました。そんな話を聞いたからか、客席がいつもより汚いようにも見えます。(笑)



観て良かった度:●●●○○













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月11日 09:20
TBありがとうございます。
「イナゴ少女現る。」って? とコピーを読んだときに思いましたが、見てこういうことだったのか…、という感じですね。もう少し頑張って欲しかった(笑)と思います。
2007年06月12日 01:28
きぐるまんさん、コメントありがとうございます。
イナゴ少女って何だよ?って感じですよね~。他の方も予告やコピーの付け方を批判している方も多いです。僕もその1人ですが、でもそんな怪しげなコピーだからこそ観に行ったんだと思います。普通のコピーだったら行かなかったかも。。。

この記事へのトラックバック

  • 「リーピング(THE REAPING)」映画 感想

    Excerpt: 「イナゴ少女現る」という、よく判らないコピーで宣伝中のホラー映画「リーピング」( Weblog: Wilderlandwandar racked: 2007-05-26 14:26
  • ヒラリー・スワンク<イナゴ少女

    Excerpt: 「リーピング」、オープニング土日興収2260万円。「スネーク・フライト」(最終興 Weblog: 映画コンサルタント日記 racked: 2007-05-26 20:07
  • 映画「リーピング(THE REAPING)」

    Excerpt: ●「出エジプト記十の災い」の知識が必須の「信仰の物語」●作品の作り方としては素直。イスラエルの「過ぎ越しの祭り」の由来を知っている人はスグに観に行っても大丈夫。「いなご少女現る」って強烈コピーがたまら.. Weblog: わかりやすさとストーリー racked: 2007-05-26 20:49
  • リーピング☆独り言

    Excerpt: なんか気がついたらシネコンにポスターが掲示されあーーーホラー映画♪うれしいな~~っとちょっと期待してた『リーピング』観る前のイメージは、なんとなく元宣教師というヒロインと謎のイナゴ少女で『エクソシスト.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2007-05-26 21:37
  • リーピング

    Excerpt: 史上最恐の少女が、生まれてしまった。武器は、1000,000,000匹のイナゴ!!。 アフリカのスーダン在住のコスティガン牧師(スティーヴン・レイ)の元で宣教活動に赴いたキャサリン・ウィンター.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2007-05-26 23:20
  • リーピング

    Excerpt: 原題 THE REAPING 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 100分 監督 スティーヴン・ホプキンス 製作総指揮 ブルース・バーマン、エリック・オルセン、ステ.. Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 racked: 2007-05-27 04:53
  • リーピング

    Excerpt: 信仰を捨てた元宣教師の女性が、科学では解明できない現象を体験し信仰を取り戻す…、と言えば聞こえはいいが、宗教的荘厳さは皆無。もともと彼女が信仰深かった部分が描かれないので説得力に欠ける。そもそもホラー.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2007-05-27 11:23
  • リーピング

    Excerpt: どんだけぇぇぇ~!!! も、どんだけぇ~、ありえないイナゴの大群の数ぅ!!! 虫嫌いの私にはサブイボ(鳥肌)ものでした! 全くノーマークだったこの映画。 映画館のチラシをチ.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2007-05-27 16:54
  • 映画「リーピング」

    Excerpt: 2007年38本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」のスティーヴン・ホプキンス監督作品。オカルト・テイストのスーパーナチュラル・スリラー。家族の.. Weblog: しょうちゃんの映画ブログ racked: 2007-05-28 10:14
  • その少女が殺せるか?

    Excerpt: 134「リーピング」(アメリカ)  〝奇跡〟と呼ばれている事柄を常に科学的に解明していく大学教授のキャサリン。家族を悲劇的な死で亡くした彼女は信仰を失い、どんな奇跡も超常現象も信じてはいなかった。 .. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2007-05-29 00:28
  • リーピング (The Reaping)

    Excerpt: 監督 スティーヴン・ホプキンス 主演 ヒラリー・スワンク 2007年 アメリカ映画 100分 ホラー 採点★★★★ 全くもって似合わないのだが、中・高・大とミッション系の学校に通っていた私。しかも、.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2007-05-29 21:14
  • 映画「リーピング」

    Excerpt: かつてキリスト教の宣教師として活動していたキャサリンは、幼い娘と夫を失ったことで信仰を捨ててしまう。そして、宗教的な様々な“奇跡”を科学的に解明する専門家として、その道の第一人者となる。そんな彼女のも.. Weblog: 映画観ないとあかんてぇ~ racked: 2007-05-29 22:28
  • リーピング

    Excerpt: 【リーピング】 ★★★ 2007/05/19 ストーリー かつてキリスト教の宣教師として活動していたキャサリン(ヒラリー・スワンク)は、幼い Weblog: りらの感想日記♪ racked: 2007-05-29 23:18
  • ハンニバル・ライジング/リーピング

    Excerpt: 今回もレポ2本立て。(^^ゞ 最近ちょっと手を抜き過ぎかな? まぁ、道楽でやって Weblog: まじめにふまじめ★ racked: 2007-05-29 23:27
  • 「リーピング」怖いけど途中で醒める

    Excerpt: 「リーピング」★★★ ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリッシー主演 スティーヴン・ホプキンス 監督、2007年アメリカ 宗教と不思議な現象を研究している主人公は かつてアフリカで.. Weblog: soramove racked: 2007-05-30 20:32
  • リーピング

    Excerpt: 期待値: 53%  「イナゴ少女、現る」のホラー・オカルト映画。 ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モ Weblog: 週末映画! racked: 2007-05-30 23:25
  • リーピング(アメリカ)

    Excerpt: おびただしいイナゴの大群のなかに立つ少女がすっごく美人さんだったので気になってた「リーピング」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:ヒラリー・スワンク、デヴィッ.. Weblog: 映画でココロの筋トレ racked: 2007-05-30 23:55
  • 感想/リーピング(試写)

    Excerpt: なんか中期FFっぽ~い! 『リーピング』5月19日緊急公開。各地で起こる奇跡や神秘的とされる現象を、科学で解明する大学教授キャサリン。彼女は過去の事件により、神への信仰を捨てていた。そんなキャサリンの.. Weblog: APRIL FOOLS racked: 2007-06-01 15:47
  • 『リーピング』

    Excerpt:  『ミリオンダラー・ベイビー』『ボーイズ・ドント・クライ』で2度のアカデミー主演女優賞に輝くヒラリー・スワンクの主演による、ホラーor/andスリラーor/andミステリー映画。 本当に久しぶりに池袋.. Weblog: 分太郎の映画日記 racked: 2007-06-08 15:14
  • リーピング 07125

    Excerpt: リーピング The Reaping 2007年   スティーブン・ホプキンス 監督ヒラリー・スワンク デイビッド・モーリシー イドリエス・エルバ アナソフィア・ロブ スティーブン・レイ これがキリ.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2007-06-10 04:07
  • 『リーピング』

    Excerpt: [画像] 「イナゴ少女、現る」の宣伝文句につられてつい見てしまいましたが・・(笑)、これはけっこう正統派のオカルト映画なのでは。。B級ではなく、オカルトを真面目に(?)やってる感じ。さすがにロバート.. Weblog: 地球が回ればフィルムも回る racked: 2007-06-10 15:23
  • 『リーピング』

    Excerpt:  リーピング 特別版/ヒラリー・スワンクヒラリー・スワンク主演のオカルトスリラー。劇場公開時にめちゃくちゃ気になってた作品だったんだけど、あっという間に縮小上映になっちゃったので見逃してた作品。こうい.. Weblog: cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2008-03-07 01:19
  • リーピングって怖いの?

    Excerpt: ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。ヒラリー・スワンクとイナゴ少女が気になっていた「リーピング」観ました。 あらすじ:オスカー女優、ヒラリー・スワンクと『チャーリーとチョコレー.. Weblog: ホラー映画って呪怨が怖いの? racked: 2008-04-06 17:44
  • リーピング

    Excerpt: 何も考えたくない時に見たい映画シリーズの続き。(笑) 大丈夫か?私。( ^ _ ^; イナゴ少女のテレビCMが印象的でしたね。 “奇跡”と呼ばれる現象の真相を暴く第一人者である大学教授のキャ.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2009-03-03 14:46