血液、ちょいドロドロでした?!

 あなたの血液サラサラですか?健康番組でも良く取り上げられますが、ドロドロと病気との相関関係が素人ではわかりにくいため、インチキ商売の影が伴うというちょっと暗い感じもあります。先日も医師でも看護師でもない人が採血し、血液のドロドロ具合を診断、さらには高額な会員サービスの勧誘をしたとし、医療サービス会社が家宅捜査された事件がありました。そのニュースを見て、自分は?と思ってしまったので、病院に検査に行ってきましたので紹介します。


 病院に行くとこんなポスターが貼ってありました。

 基本的に健康的(と思われる)人が検査するときは健康保険の対象外(自費検査)なので、全額負担になりますのでちょっと値がはります。保険点数(1点=10円)が決まっているのかいないのかよくわからないけど、4,990円でした。

 呼ばれるまで受付の人とちょっと会話。。。「どんな方が受けられますか?」と言う僕の問いに対して、「40代、30代の方が多くて、興味で20代で受診される方もいますよ~。」とのことでした。「検査されたことありますか?」と聞くと、笑いながら「ないんです~。」だそうです。へぇ~。機械導入したときに、「試しにやってみよう」ってことにはならないんだ。。。
 そうこうしていると中から呼ばれました。
 「よろしくお願いします。」と挨拶をすると、最初に問診から。問診と言っても「健康診断とか、なにか気になるところあるんですか?」と聞かれ、「いえ、興味です。」と答えると、問診終了(^^ゞ 気になることがあると言えばもう少し問診が繰り広げられたのだろうか?
 その後血圧を測り、もちろん正常。
 じゃあ、採血してきてと看護師さんにバトンタッチ。

 普通の採血と同じように静脈から数ミリリットル採血し、「じゃあ、待合室で待っててください。」と言われ、待合室に。


 装置はこんな感じです。
 お~!流れてる、流れてる!サラサラじゃん!
   :
   :
   :
   :
   :
 と思っていると、だんだん詰まってきました。場所によっては完全に止まってます。え~っ!ドロドロじゃん!

 その他にも、一時期温泉や健康ランドにもありましたが、血液をプレパラート(スライドガラス)に採って顕微鏡で血球を見て、血液のドロドロを見せるサービスがありました。これは偽物だそうです。これで血液がサラサラかはわかりません。と言うのはサラサラ、ドロドロというのは、血液の粘性が古くなった油のようにドロドロなのではなく、赤血球の柔らかさ、変形度合いを言うのです。血球が柔らかくて変形しやすければ機械の中の格子をすり抜けて通過しますが、血球が堅く変形しにくいと詰まり、流れにくくなります。だからただ単に顕微鏡で見ただけではわかりません。

 

 当然と言えば当然ですが、最初はさらさら流れるのですが、だんだんと流れが遅くなってくるんです。だから、テレビでやっているようにさらさらな人でも時間が経てばドロドロのように見えるんです。画面を見ながら「サラサラですね」とか「ドロドロですね。ここなんか固まって、全然流れていないですよ。」なんて言うのはナンセンスなわけですね。
 じゃあサラサラかどうかってのはどうやってみるか?それは100μL(1mLの1/10≒約0.1g)が何秒で流れるかで判断するそうです。35秒以上、50秒以下で流れるのが「サラサラ」で、35秒よりも速いと血液が薄くて貧血気味なんだそうです。問題は50秒以上の場合。本当にドロドロの人は100μL流れきる前に完全に流れが止まってしまうらしいです。これはもうドロドロ。
 僕ですか?僕は約53秒。50秒を越えているのでドロドロなんですか?と聞くと、微妙らしいです。と言うのは汗をかいたり、水分を採っていなかったりするとこれくらいはすぐに変わるらしいんです。検査したのが16日の土曜日の午後。あの晴天の暑い日でした。ちょうど犬を散歩に連れて行き、そのまま病院に行きました。1時間以上歩きっぱなしで、3時間くらい水を摂取していなかった。その話をすると、ならば気にする必要はないでしょうと言われました。
 それに少々流れが遅くても若いときは血管がまだ柔らかいので詰まったりする可能性も低いそうです。
 ちょっと解せませんが、とりあえずドロドロではないと言うことがわかりました。(サラサラでもないけど。)言うなればちょいドロって感じでしょうか。



 
 帰りに「血液サラサラのすすめ」というリーフレットをもらって帰ってきました。自費で4千円も払っているんだから、もう少し詳しくアドバイスとかしてもらいたかったけど・・・。この辺は病院というか医者によって違うんでしょうね。。。

 ここからは健康番組のおさらいです。
 なぜ血液ドロドロがいけないか?
 簡単に言うと血管が詰まりやすくなると言うこと。血管が詰まればそれ以上先に栄養や酸素を運ぶ血液が行かないのですから健康に良いわけがないです。血液はそれ以外にも老廃物を運ぶという作用もあり、その血液が行かなければ老廃物が細胞に溜まっていきます。もし脳の中で血管が詰まれば脳血管障害などになりますし、他に動脈硬化、心疾患、良くても導尿病などの生活習慣病になると言うのです。
 濃いめの味が好き、脂っこい物が好き、毎日お酒を飲む、間食をする、甘い物が好き、タバコを吸う、運動しない、湯船に浸からない、ストレスなどがその原因になるそうです。詳しいことはe血液サラサラガイドなどを参照してください。

 食生活では「おさかなすきやね」を気をつけるそうです。お茶、魚、海草、納豆、酢、きのこ、野菜、ネギだそうです。僕ももう少しサラサラになるように気をつけようかな。


 なお、血液のサラサラ具合と疾病との関連を体系的に調査した論文はないそうです。また海外ではほとんど注目されていないらしいので、どこまで本当に因果関係があるかは不明だそうです。



  






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 脳血管障害

    Excerpt: 脳血管障害は、「脳卒中」という言葉で昔からよく使われてきました。脳血管障害は突然起こる脳の病気です。脳血管障害には出血性と梗塞性があります。出血性にはクモ膜下出血、脳内出血がありますが、どちらも重い場.. Weblog: たーしの徒然なるままに racked: 2007-08-16 14:27