サウスバウンド 観てきました

 風邪が完全に治らず、辛いのですが、サウスバウンドを観てきました。


●ストーリー(ネタバレあり)
 小学6年生の二郎(田辺修斗)の父親・一郎(豊川悦司)は納得いかないことは納得いかないと言う人間だった。二郎の箱根への修学旅行の積立金が高いと思えば、「それだけあればグアムにだって行けるだろう。学校と旅行会社の癒着か?」と校長に面会を求めて学校に乗り込んでくる。税金(公式サイトでは税金となっているけれど社会保険料だったような気がする・・・。だれか観た方教えてください。)を払わない二郎は取り立てに来た区役所のおばちゃん(吉田日出子)に「だったら国民やめちゃおう」と言う始末。
 そんな父親を二郎や姉の洋子(北川景子)は恥ずかしく思っていた。
 ある日、中学生のいじめっ子のカツらのグループから友達を抜けさせるために二郎はカツの家を訪ねる。ところがカツに母親・さくら(天海祐希)が昔人を殺したと言われ、怒った二郎はカツを殴り倒してしまう。ぴくりとも動かなくなったカツを見て、二人は逃げる。
 一晩ボートの上で野宿し、家に帰ると大変なことになっていた。学校の先生や少年課の刑事までが家に押しかけてきていた。さらにカツの父親も乗り込んできた。しかし一郎は動じない。こういう事態になってようやく校長に会えるのか。と意気揚々。
 ある夜さくらが突然言い出した。沖縄の西表島に引っ越すことにします、と。二郎も妹の桃子(松本梨菜)も気が進まなかったが、一郎は大賛成。洋子は東京に残ることになった。
 西表島に引っ越してみて二郎も桃子もびっくり。一郎はここ沖縄の出身で、この土地の革命のヒーロー、地元の人から大歓迎される。しかし、家の回りには何もない。家の改修も一郎と地元の人で行っている。
 やはり家族と一緒に暮らすことにした洋子が遅れて到着し、ようやく落ち着いたかに見えたが、東京の開発業者がやってきた。この土地は開発業者が買い取ったというのだ。このまま住むなら方に訴えてでも追い出すと意気揚々。対して一郎も入植者達の血と汗と涙の結晶の田畑を二束三文の金で好き勝手使えると思うなよ。資本家の手先どもが!と一歩も引かない。
 地元のお巡りさん(松山ケンイチ)もこの一家を心配する一方、とうとう裁判所命令の強制退去命令が出された。ブルドーザーで家を撤去しようとする開発業者に対して、バリケードを這って抵抗する一郎の家族。県警本部も出てきて、大騒動となってしまう。
 突進してきたショベルカーは、一郎達がつくった落とし穴にはまって機能しなくなる。しかし、大勢の業者と警察にはさすがにかないっこなかった。
 二郎、桃子、洋子は公営住宅に移されたが、一郎とさくらは公民館に監禁され翌日逮捕されることになった。ところが一郎とさくらは公民館から脱出し、行方をくらます。そして。。。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 この映画の予告ではあまり魅力は感じなかったのですが、沖縄が舞台と言うことで見に行くことに。アナキズムが良いか悪いかは置いておいて、今の時代正しいことを正しいと言えない時代でもある。泥棒を捕まえようとすれば逆に殺されたり、タバコのポイ捨てを注意すれば逆ギレされたり。やり方はむちゃくちゃだけど、自分が正しいと思ったことを言える一郎はちょっと格好いいかも。あんなバリケードどこから材料調達していつ作ったんだよ!と突っ込みを入れつつも、ショベルカーを落とし穴に落とした時は、スカッとしましたね。
 でも、言いたいことはいっぱい。まず子役が下手。一番まともなのはさすが映画3作目の妹役の松本梨菜。本作がデビュー作となる田辺修斗は、許せる範囲ですがやっぱり・・・。東京編で出てくる脇役の子役は最悪。演技も台詞もダメ。監督はちゃんと指導したのか?
 ストーリーも特にあのスイカ売りの外人さんがなぜあの家族に、犯罪を起こしてまで肩入れするのかわからないなど、いろいろ無理もある。
 原作は知りませんが、映画としては褒められる作品ではなかったのが残念。

 ちなみにエンドクレジットで「キノンマーケティングジャパン」と出ているのですが、正しくは「キノンマーケティングジャパン」
です。協力してもらった会社の名前を間違えるなんて・・・。



観て良かった度:●●○○○






※1:一部商品を除きます。注文時にご確認ください。
※2:当記事掲載時です。実際の送料は注文時にご確認ください。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たいむ
2007年10月22日 19:09
キユーピーもそうですよね♪(無関係ですけど)
間違いやすいのは分りますが、まずいですね、固有名詞を間違ってしまっては。
けど、「ナンセンス!」とか逆切れされたりして(^^)
2007年10月22日 23:23
 今晩は、よしなさん風邪はどうですか、若いからと薬を飲みながら無理をしているといいことないです。特に市販の風邪薬は恐ろしいですよ、nanaは薬大好きから免疫力不足で神経系統の病気になりました。休みましょう。
2007年10月23日 07:21
●たいむさん、コメントありがとうございます。
はは。そうですキユーピーとか富士写真フイルムとか。。。ただの固有名詞ではなく協力していただいた会社なのに。。。ナンセンス!ですよね。(笑)

●nanaさん、こんにちは。
あんまり回復しないんですよね~。昨日は頭が痛くて。薬はできるだけ飲まずにビタミン剤で頑張ってきましたが、これ以上のびるなら医者に行こうかな。でも薬で免疫力不足ですか。怖いですね。お互い健康には気をつけましょう。
体調悪いのに映画行ったり、出歩いてばかりなのがいけないですね。(汗)
タウム
2007年11月04日 01:38
TBさせていただきました。
トヨエツの親父役。なかなかよかったと思います。
2007年11月04日 01:50
タウムさん、こんばんは。
うんうん。トヨエツ、やっぱり渋い演技です。あの笑みを込めた演技がよかったです。

この記事へのトラックバック

  • サウスバウンド

    Excerpt: 原作ファンからは酷評が多いのは知っていたが、幸か不幸か、その原作は未読。 そんなサウスバウンドを見た。 若かりし頃に過激派リーダーとして活動していた父を持つ3人の子供たち。 長女は成人してい.. Weblog: 燃える管理人ブログ racked: 2007-10-22 01:31
  • サウスバウンド

    Excerpt: なんか最近映画観てないな~と。いつから観てないんだろうと思ったら、TOHOシネマズ浜松で観た「レミーのおいしいレストラン」以来観てなかった。 で、月曜日 Weblog: 欧風 racked: 2007-10-22 06:14
  • サウスバウンド(映画)

    Excerpt: 沖縄がきれいな映画だった。でも原作を読んでいないと難しかったと思う。原作に感動して映画を見に行ったわけだが、またか~という感じか。なかなか原作とぴったしな映画とは巡り会えない。 Weblog: 本と父親とadministrator racked: 2007-10-22 06:28
  • サウスバウンド

    Excerpt: 東京に暮らす上原家の生活はいつも波乱万丈。元過激派の父・一郎のせいで、家庭内では問題が絶えず、長男の二郎はそんな父の行動に困惑する毎日。そんなある日、上原家は国が勝手に定めた法律や社会から解放さ.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2007-10-22 06:41
  • 感想/サウスバウンド(試写、書籍)

    Excerpt: 夏終わっても沖縄いーよねー。『サウスバウンド』10月6日公開。上原一郎は元過激派の無職オヤジ。役所にたてつくは、学校にのりこんでくるわ、小6の二郎には恥ずかしくてしかたない! それはそれとして、最近た.. Weblog: EDITOREAL racked: 2007-10-22 07:55
  • 映画「サウス・バウンド」感想 小説と比較すると・・

    Excerpt: 良くない評判を聞いていたので、期待しないで鑑賞。 見た感想は、脚本が良くなかったのかなあ・・。2つ☆半 Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫 racked: 2007-10-22 08:29
  • 『サウスバウンド』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「サウスバウンド」 □監督・脚本 森田芳光□原作 奥田英朗(「サウスバウンド」角川文庫刊) □キャスト 豊川悦司、天海祐希、北川景子、田辺修斗、松本梨菜、松山ケンイチ、平田満.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-10-22 08:56
  • 【サウスバウンド】

    Excerpt: 監督・脚本 森田芳光       原作 奥田英朗   製作年度 2007年   上映時間 114分   製作国 日本   配給 角川映画 CAST 豊川悦司/天海祐希/北川景子/田辺修斗/松本梨菜.. Weblog: +++ Candy Cinema +++ racked: 2007-10-22 09:05
  • サウスバウンド

    Excerpt: アカン アカン・・・・・・アカンて、も~ ゜。(つ皿`;)。゜ ま、観る前から想像はしてたんですが もしかしたらイイ映画なのかも... と期待をかけてしまった自分が間違いでした。.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2007-10-22 09:09
  • サウスバウンド

    Excerpt: 骨太な映画を予想したが、意外にも軽い感じに仕上がっていた。全共闘の心意気を今も引きずる破天荒な父親を息子の視点で描く物語。悪しき社会への熱い反抗は、現代にも必要だというメッセージは分かるが、南の島へ移.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2007-10-22 09:11
  • サウスバウンド/豊川悦司、天海祐希

    Excerpt: 予告編の印象はちょっと毒がありそうでドタバタな感じの人情喜劇だったんですけど、想像していたのとはちょっと違ってました。まぁ、何となくそうなりそうな予感もなくはなかったので、ガックリくるとかそういうこと.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-10-22 09:28
  • サウスバウンド 21点(100点満点中)07-270

    Excerpt: わざとだよ! ついだよ! 公式サイト 奥田英朗の同名小説を映画化。監督は『模倣犯』で賛否両論を起こし昨年『間宮兄弟』が小ヒットした森田芳光。 彼が脚本まで手がけた作品においては、原作との.. Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) racked: 2007-10-22 11:57
  • 映画「サウスバウンド」を試写室にて鑑賞。

    Excerpt:  9月下旬、角川試写室にて「サウスバウンド」を鑑賞した。 映画の話  小学6年生の二郎(田辺修斗)の悩みは、父親の一郎(豊川悦司)があまりにも型破りで恥ずかしいこと。例えば修学旅行の積立金が高いと思え.. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2007-10-22 11:57
  • 「サウスバウンド」

    Excerpt: 「サウスバウンド」イイノホールで鑑賞 今時こんなオヤジ存在するのか?森田監督のつくる作品はふつうにみえて台詞回しなんかは意外と過激。とにかく場内は大爆笑の連続でした。こんなオヤジが家にいたらすっ.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2007-10-22 17:10
  • 「サウスバンド」みた。

    Excerpt: なんだか一郎さんとさくらさんに感動してしまった。その血をしっかりと引いている姉弟妹も素敵だ。今時ありえなさそうな上原家。とても私には真似のできない彼ら一家がどこか羨ましい。二郎くんの視点で、二郎くん.. Weblog: たいむのひとりごと racked: 2007-10-22 19:09
  • 「サウスバウンド」(2007・日)

    Excerpt: 豊川悦司&天海祐希が共演の映画「サウスバウンド」試写会に 行ってきました。 原作は奥田英朗の同名小説だそうですが……読んでないなあ。 映画の公開日は10月6日です。 お話はこんな感じ。.. Weblog: 雑記帳(ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー) racked: 2007-10-22 20:15
  • トップ10圏外 「サウスバウンド」

    Excerpt: 上映スクリーン数: 170オープニング土日祝興収: 4635万円この夏に撮影して Weblog: 映画コンサルタント日記 racked: 2007-10-22 20:55
  • 「サウスバウンド」

    Excerpt: 「イン・ザ・プール」でめちゃくちゃはまってしまって、原作読んだら、これも面白くて、奥田英朗の本(文庫だけですが)、昨年からほとんど読みました。色々なタイプの小説が書ける人なんですけど、どれも読み始めた.. Weblog: the borderland  racked: 2007-10-22 22:17
  • サウスバウンド

    Excerpt: 将来、私の主人が子供から「かっこいい」って言われたい。 と、独身の私は、勝手な妄想を(苦笑)・・・ Weblog: ともみの言いたい放題♪ racked: 2007-10-25 21:14
  • 【2007-140】サウスバウンド

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 東京→西表島 この一家、どこへ行っても何かある!! ナンセンスな奴らを蹴散らして、 上原一家の冒険が始まった! あの日、永遠に残る 父の.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2007-10-28 16:33
  • ●「サウスバウンド」

    Excerpt: やっと、豊川さん主演の「サウスバウンド」を観る。 「サウスバウンド」映画パンフ 原作を読んでから観たかったけど、 時間がなく、未読のまま映画鑑賞。 公開から一週間なの.. Weblog: 月影の舞 racked: 2007-10-29 11:41
  • サウスバウンド:やはり父親は不可解・・・

    Excerpt: ★監督:森田芳光(2007年 日本作品) TOHOシネマズ二条にて。 ★あらすじ(Yahoo!ムービ... Weblog: 犬儒学派的牧歌 racked: 2007-11-03 09:24
  • 『サウスバウンド』

    Excerpt: 感動度[:ハート:]         2007/10/06公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:]   【監督】森田芳光 【脚本】森田芳.. Weblog: アンディの日記 シネマ版 racked: 2007-11-03 14:14
  • 父親は元過激派 映画 「サウスバウンド」

    Excerpt: 映画 「サウスバウンド」 奥田英朗原作小説の映画化です。 奥田ファンですので原作は読んでいましたが、まさかこの作品が映画化されるとは正直思っておりませんでした。 ... Weblog: 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々 racked: 2007-11-04 01:37
  • mini review 07292「サウスバウンド」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: 元学生活動家の父親とその家族を、息子の視点で描く爽快(そうかい)な家族ドラマ。直木賞受賞作家の奥田英朗の同名小説を基に、監督の森田芳光が主役から脇役にいたるまで登場人物たちの魅力を見事に引き出した。家.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-05-02 04:05
  • 『サウスバウンド』

    Excerpt: 子供たちの演技というか台詞が、あまりにも棒読みすぎるのが、 気になって…。 可愛い子たちなんだけど。 だけどそんな不器用な子供たちが一生懸命生きようとしてるのがまた、 可愛くて。 幼すぎ.. Weblog: *モナミ* racked: 2008-12-30 09:47