歓喜の歌 観てきました。



 ブログ仲間BIGLOBE平主任ブログさんのお名前は石塚さん。しかも主任さんです。この歓喜の歌の主人公は飯塚主任。何を間違えたか、石塚主任と飯塚主任を勘違いしていまして、石塚主任が主人公なら観に行かねば!と思い、どんな映画かも知らずに、主人公の名前だけで観に行くことに決めました。


●ストーリー(ネタバレあり)
 暮れの12月30日、みたま文化会館に1本の電話がかかってきた。明日12/31大晦日にコンサートを行う「みたま町コーラスガールズ」からだ。「はい、みたま文化会館です。ええ、明日午後7時からコンサートのご予約をいただいてる『みたま町コーラスガールズ』さんですね。はいはい……大丈夫ですよ。」電話をとった飯塚主任(小林薫)は、調子の良い声で返事をする。しかし横で聞いていた部下の加藤(伊藤淳史)はその電話に違和感を覚えた。
 「今電話があったのは『みたま町コーラスガールズ』ですよね。昨日僕も予約の確認の電話を受けたんです。僕が話したのはたしか『みたまレディースコーラス』でした。」よく似た名前のママさんコーラス。二人はホワイトボードを確認する。「これって、ダブルブッキングっぽくないですか?」と加藤。それに対して、「っぽいじゃなくて、ダブルブッキングだよ~!」と答える飯塚。
 あってはならないミスだが、飯塚は、「まぁ何とかなるだろ、ママさんコーラスなら。どうせオバサンたちが暇つぶしでやってんだから…。」と楽観的。二つのコーラスの代表者に連絡をして文化会館に来てもらった。
 レディースコーラスは毎年大晦日の昼間にコンサートをやっているが、今年は20周年記念コンサートと言うことで夜に時間を変更していたのだ。セレブな奥様方で運営されるレディースコーラスの代表者・松尾(由紀さおり)は、スーパーの経営者。一方レディースコーラスはパートのママさんらで運営されており、今回は初めてのコンサートとなる。毎年レディースコーラスが昼にコンサートをやっているのを知っていてわざわざ夜に予約を入れたのだ。両者とも記念すべきコンサートで、時間変更も受け入れてくれず、話し合いは平行線。
 飯塚と加藤は菓子折をもってレディースコーラスの練習場に向かう。そこには健気なリーダー・五十嵐(安田成美)がいた。3人でレディースコーラスの代表者に会いに行く。移動中加藤は見覚えのある五十嵐に話しかける。五十嵐は加藤が学生だった頃の音楽の先生だったのだ。今は結婚をして学校をやめ、訪問介護のパートをしている。旦那(光石研)は後先考えずにやりたいことをやる性格。今は噺家を目指してタクシードライバーをしている。
 レディースコーラスの練習場に到着した3人だが、レディースコーラスには市長夫人がおり、説得どころか市長からのプレッシャーをかけられてしまう。
 五十嵐は今年だけでも一緒にやりませんか?と提案するが、お客が入りきらないと却下する。

 心底疲れ果てた飯塚を待ち受けていたのは、借金取り。飯塚は外国人ホステスに入れあげ、増えた借金は200万円。それが原因で市役所に勤めていた飯塚は文化会館に左遷され、妻からも離婚を迫られていたのだ。明日までに200万円を準備するように言われた飯塚だが、借金取りがらんちゅうを好きなことを知り、急いで文化会館に戻ってきた。文化会館には市長が道楽で飼っているらんちゅうが飾られているのだ。ところがらんちゅうは、市長が持ち帰ってしまったという。

 力が抜けた飯塚は事務所に戻り、とりあえず加藤と北京飯店にラーメンを注文する。しかし来たのはタンメン。「ちょっとお兄ちゃん、これタンメンじゃない。頼んだのはラーメンだよ。そりゃ同じ麺類だけど、ラーメンとタンメン、全然違うじゃん!」怒鳴り散らす飯塚に加藤は、「30分前のラーメンでこれだから、半年前のダブルブッキングはかなりのものですよね…。」とつぶやく。
 空いた皿を取りに来たのは北京飯店の女将さん(藤田弓子)の娘だった。彼女は餃子をもってきた。「餃子なんて頼んでないよ。また間違えたのか?」と言う飯塚に、娘は「女将さんからのお詫びです。」と答えた。加藤が「北京飯店って女将さんじゃなくて大将じゃなかったっけ?」と聞くと、大将は倒れてしまい、今では母親が洋服のリフォーム大田と北京飯店を両方切り盛りしているのだという。しかもコーラスガールズのメンバーでもあるのだ。今度はお母さんが倒れちゃうからやめなよという娘に対して、お父さんが戻ってきた時にお客さんが一人もいなかったらお父さん悲しむじゃないのと答えたというのだ。コーラスに参加していると大変なのは自分だけじゃない。みんなから元気をもらえるというのだ。
 飯塚はただのママさんコーラスではなく、一人ひとりが何かを背負って頑張ってやっていることを知る。なんとかなるだろうと思っていた飯塚だが、何とかしたいと思うようになる。そこで五十嵐の言うようになんとか合同でコンサートをする方法がないかを考え始めた。
 運よく舞台の後ろにはスペースがある。舞台を後ろにずらして、パイプ椅子を用意すればなんとかお客さんが入りきる。しかしレディースコーラスは、一緒にやれるかコーラスガールズの歌を試験するというのだ。
 松尾は舞台で歌うコーラスガールズを見て、舞台のソリストの前に立った。「あなたうちのスーパーで働いている?」鮮魚売り場で声を張り上げて働く彼女を松尾は何度も見ていたのだ。レディースコーラスは合同でコンサートをやることを承諾した。
 一方、飯塚と加藤は年末でもやっている工務店を探した。ところがその工務店は今日からハワイに社員旅行に行くというのだ。説得するためにレディースコーラスは彼らの前で歌った。感動したと社長の大河原(塩見三省)だが、それとこれとは別とバスに乗り込もうとする。飯塚は土下座をして頼むが、断られる。そこに現れたのは五十嵐と彼女が介護しているおばあちゃん・フク(渡辺美佐子)。彼女は大河原のお母さん。いつもよくしてくれる五十嵐のために工事を引き受けるように言う。
 かくして文化会館の舞台改造工事が始まった。

 しかし飯塚にはもう1つ問題が残されていた。らんちゅうだ。明日までにらんちゅうか200万を手渡さなければ行けない。飯塚に礼を言いに来た五十嵐は、飯塚からそんな話を聞かされ、1つの提案をする。五十嵐は市役所の警備員と顔見知りだというのだ。警備員を引き留めておく間に、市長室の鍵をとって忍び込もうというのだ。
 それは問題があるという飯塚に対して、飯塚さんがらんちゅうを手にすれば喜ぶし、それでこっちの問題に専念できるようになって合同コンサートができれば私たちも喜ぶ。みんなが喜ぶんです。そう説得され、飯塚は市長室に侵入し、らんちゅうを盗み出すことに成功する。
 そのらんちゅうを借金取りに渡すが、借金取りの女(ホステス)が、こんな魚と私とどっちが大事なの!とらんちゅうを放り投げてしまう。別れ際にホステスは飯塚さん好きだったよと言い残し、去っていく。

 いよいよコンサート当日。無事にコンサートは開催された。飯塚の妻・さえ子浅田美代子や娘の夏子も来ていた。レディースコーラスのメンバーの塚田の息子は、喫茶店で働きコーラスをやっている母親を恥ずかしいと思っているが、ニートである彼もまた聞きに来ていた。
 コンサートが進む中で飯塚は北京飯店の大田がいないことに気がついた。彼女は洋服のリフォームにミスがあり、お客さん(筒井道隆)から呼び出されたのだ。飯塚と加藤はそんな彼女を向かいに行く。
 大田は加藤に連れられて急いで文化会館に向かう。一方、飯塚は片方だけ長いという袖を切ろうとしていた。「大丈夫なんですか?」と心配するお客に対して、「任せなさい。主任なんですから。」と答える飯塚。「このお店の主任なんですか?」「いいえ、文化会館の主任です。」そう答える飯塚。
 袖を切った飯塚にお客さんがまつり縫いとかしないとほどけるでしょと言うが、そんな賑やかな縫い方知りませんよと答える。そこにさえ子が入ってきて、まつり縫いをやってくれることになった。
 もう一度チャンスをくれないかという飯塚に、さえ子は首を縦に振った。喜びに泣き崩れる飯塚の携帯が鳴る。娘の夏子からだ。みんなが飯塚さんにお礼の曲を贈りたいと待っているというのだった。


●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 冒頭にも書いたように、どんな映画か全然知らずに行きました。平日レイトショーにしては結構人が入っていました。しかも女性ばっかり。男性はほとんどいません。そう言えばこの日はレディースデイか。レイトショーでこれだけ人が入っていると言うことは、結構おもしろいのかなぁ。と思いながら上映時間になるのを楽しみにしていました。
 いよいよ始まり、あの独特な音楽がワクワクさせてくれますが、それとは裏腹にかなりゆる~い感じで始まります。ダメ主任と部下のやり取りに笑い、以後随所にちりばめられた笑い。原作(?)の志の輔とタクシードライバーとのやり取りも笑えました。
 めいっぱいご都合主義ですが、笑いあり、温かみがあり、そして笑いで終わるそんなこの作品、とてもおもしろかったです。

  歌は・・・。正直言うとコーラスガールズの練習場での「翼をください」を聞いた時はかなり心配になりました。ホントにママさんコーラスだなぁと。でも、それ以降はなかなか聞き応えがあったかも。最後のコンサート、もっときちんと聞かせてもらいたかったなぁ~。
 そう言えば第九の時、安田成美って上手から入ってこなかったっけ?普通指揮者は下手からでは?
 合唱をテーマにした(?)映画、うた魂も楽しみです。

 ちなみに、日本の合唱だと、「おかあさんのばか」(病気で母親を亡くした子供の詩を合唱にした曲)っていうのが好きなんですけど、CDも売ってないし・・・。あとは黒人霊歌とか。。。5月にはウィーン少年合唱団のチケットも買った(チケットのお求めはこちら)し、楽しみです。



観て良かった度:●●●●●







※1:当記事掲載時です。実際の送料は注文時にご確認ください。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月02日 21:56
飯塚ではなく石塚だったりします。。(笑)
でも面白かったようで何より(^^)
2008年03月03日 00:16
石塚主任、ごめんなさい。何を間違えたのか、勘違いしていました。お恥ずかしいです。お詫びします。
K
2008年03月03日 22:59
こんばんは。
私、この映画11月の中旬に観てもう終っているかと思っていたのに、まだ上映していたのですね(これってチッタで観たんですよね?)。
シネカノン系かと思うと、どうしても『フラガール』とか『パッチギ』的なローカルな人に焦点を当てて万人の気持ちを引き入れる映画を期待していたのですが、この映画は場所よりも人間の心にあるローカル性(「合唱」という)に的が絞られていて、合唱が苦手な私は溶け込めませんでした。
でも合唱モノでも、『うた魂』は夏帆ちゃんが出ているのですっごい期待しています(私の2007年度No.1は『天然コケッコー』なので)。
またまた関係無いけど、今日は『プライスレス 素敵な恋の見つけ方』を観て来ました。最近洋画をまったく受け付けなくなりつつありますが、この映画は結構良かったです。フランスのラブコメの王道って感じで。でも男の人に受けるかビミョーですが。
2008年03月04日 00:21
Kさん、こんばんは。
実はパッチギ観ていません。フラガールもまだ半分くらいで止まっています。(汗)
最近は「やばい、終わってしまうぅ~!」とあわてて見に行くパターンが多いです。映画を観ても、ブログに核時間がなかったり・・・。う~ん、今月乗り切れば少しは時間ができるかな。
サテヒデオ
2008年03月07日 21:23
拙ブログにトラックバックしていただきましたこと、お礼申し上げます。
お返ししようとしますも、どうにも受け付けていただけないようです。その代わりと云うわけではないですけれども、コメントを残させていただきます。

私も昨日観た映画が面白かったので挙げさせていただきます。
「ガチ☆ボーイ」は面白いですよ。もしポコッと時間が空いて劇場に足を運ばれましたならば、観賞作品の選択肢のひとつに「ガチ☆ボーイ」を加えてくださいませ。
2008年03月08日 08:01
サテヒデオさん、コメントありがとうございます。
TBできないと言うことでごめんなさい。NGキーワードを厳しめに設定しているのでその所為かもしれません。ごめんなさい。

ガチ☆ボーイですね。見たい物リストに付け加えておきますね~。

この記事へのトラックバック

  • 「歓喜の歌」 ダメダメ男としっかり女

    Excerpt: 予告の「餃子ですよ、餃子」という台詞が気になって観に行ってきました。 原作は立川 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2008-03-02 15:57
  • 歓喜の歌 36点(100点満点中)

    Excerpt: 安田成美が歌わない理由 公式サイト 立川志の輔の創作落語を原作に、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の松岡錠司監督にて映画化。 落語は当然ながら一人で座って喋るものだけに、時間.. Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) racked: 2008-03-02 16:36
  • 映画 「歓喜の歌」

    Excerpt: 映画 「歓喜の歌」 を観ました。 Weblog: ようこそMr.G racked: 2008-03-02 17:26
  • 歓喜の歌/小林薫、安田成美

    Excerpt: 題名から察するには年末に観るのが良さそうな題材な気もするけど、そーいえば大晦日の夜を舞台に三谷さんの映画「THE 有頂天ホテル」も正月明けの公開だったんですよね。 この映画、予告編が始まった頃は.. Weblog: カノンな日々 racked: 2008-03-02 17:46
  • 歓喜の歌

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2008年2月2日 公開 「ギョーザですよ・・・ギョーザ」・・・河北省のじゃないですから。 ああぁ~ん、これはちょっと惜しいなぁ~。 心の深い部.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2008-03-02 18:49
  • 歓喜の歌(ネタバレ)

    Excerpt: 歓喜の歌 (2007) Director : 松岡錠司 Cast : 小林薫, 安田成美, 伊藤淳史, 由紀さおり, 浅田美代子 Genre : Comedy / Drama Company.. Weblog: RE:ねこのうたたね racked: 2008-03-02 19:10
  • 29●歓喜の歌

    Excerpt:   落語家、立川志の輔の原作の映画化作品。笑えて、ホロっとして、大人の作品。安心して見れる良作でした。それにしても、「餃子ですよ、餃子」の決めゼリフが、とんでもないことに。奇し.. Weblog: レザボアCATs racked: 2008-03-02 20:00
  • 歓喜の歌

    Excerpt: 地元富山県出身の落語家、立川志の輔の同名新作落語を映画化した『歓喜の歌』を観てきた。上映終了後には、立川志の輔をはじめ、監督の松岡錠司、主演の小林薫による舞台挨拶も。 ... Weblog: POCKET BASE racked: 2008-03-02 20:41
  • 『 歓喜の歌 』

    Excerpt: 【松岡錠司監督作品集(No.9)】 映画 『 歓喜の歌 』  [試写会鑑賞] 2007年:日本【2008年2月2日公開】[ 上映劇場 ] 監督:松岡錠司 脚本:真辺克彦 松.. Weblog: やっぱり邦画好き… racked: 2008-03-02 20:46
  • 歓喜の歌@映画

    Excerpt: 先日落語をきいたばかりで、今度は落語が原作の映画。 これも何かの縁。 <以下ネタバレ的内容がありますのでご注意ください> 原作は立川志の輔さんの新作落語「歓喜の歌」 これはどんな落語な.. Weblog: 徒然なるサムディ racked: 2008-03-02 22:12
  • 歓喜の歌

    Excerpt: 落語が原作だけあって、落とし所が巧みな楽しい映画だ。コーラスのイベントを巡る、職員とママさんたちの騒動を描く人情劇だが、単なる合唱の話と思っちゃいけない。これは、いいかげんな中年男が、責任感ある大人に.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2008-03-02 22:26
  • 「歓喜の歌」

    Excerpt: (2008年・シネカノン/監督:松岡 錠司) 立川志の輔の同名の新作落語を元に、「東京タワー~オカンとボクと、時々オトン」の松岡錠司が監督したハートフル・コメディ。 大晦日に、市民 Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2008-03-02 22:35
  • 映画「歓喜の歌」を完成披露試写会にて鑑賞。

    Excerpt:  15日、渋谷C.C.レモンホールにて「歓喜の歌」の完成披露試写会に参加した。 幅広い客層で客入りはほぼ満席。見やすい席の多くが関係者席が占領していて、一般のお客さんを蔑ろにしている。 舞台挨拶の話 .. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2008-03-02 22:40
  • 映画 「歓喜の歌」

    Excerpt: 漫画の原作や携帯小説が映画化が多くされる中、これは落語が原作の映画化なんだそうです。 物語は地方の文化会館で役所から配置転換となっ�... Weblog: ちょっとひとことええでっかぁ~♪ racked: 2008-03-02 22:49
  • 【2008-23】歓喜の歌

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 大晦日のダブルブッキング発覚!! 誠意って何ですか? 真心って何ですか? どうすりゃいいの? この一大事。 きっとあなたの心にあ.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-03-02 23:25
  • 「歓喜の歌」

    Excerpt:  文化会館の職員の手違いで、大晦日のママさんコーラスがダブルブッキングであること Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2008-03-03 00:28
  • 歓喜の歌を観て

    Excerpt:  前から観たいと思っていた歓喜の歌を観に渋谷に行った。 意外に空いているな。  いわゆるオーバーブッキングって奴なんだよね。 また、小林薫のコミカルなトホホ演技がうまい。  いろいろな人間模様が錯.. Weblog: ★黄金郷(エルドラド)を求めて★ &amp;ccedil;a va? racked: 2008-03-03 01:21
  • 歓喜の歌

    Excerpt: 小さな地方都市の文化会館に勤務する飯塚主任(小林薫)は、事なかれで主義で面倒くさいことが大嫌い、他人に厳しく自分に甘いダメダメ公務員。彼はロシア人ホステスに入れあげたことが原因でその年の4月に.. Weblog: 韓国映画好き racked: 2008-03-03 06:20
  • 歓喜の歌

    Excerpt: 監督・脚本:松岡錠司 キャスト 飯塚正☆小林薫 五十嵐純子☆安田成美 加藤俊輔☆伊藤淳史 松尾みすず☆由紀さおり 飯塚さえ子☆浅田美代子 大田登紀子☆藤田弓子 他 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2008-03-03 17:41
  • 歓喜の歌

    Excerpt: どうすりゃいいの?・・・この一大事!ごく普通の人達が起こす、ささやかな日常の奇跡__。忘れかけた真心を歌にのせて贈る、ハートフルな音楽コメディーが誕生! 暮れも押し迫った12月30日。小さな町.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2008-03-03 22:06
  • 歓喜の歌

    Excerpt: 「歓喜の歌」製作:2007年、日本 112分 監督、脚本:松岡錠司 原作:立川志 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2008-03-03 22:59
  • 歓喜の歌☆独り言

    Excerpt: そういえば、京都の叔母がコーラスやってたなぁ~この映画、お勧めしたいかも(笑)『歓喜の歌』観てきました。なんで年末の公開じゃなかったのかが謎ですが^^;みたまレディースコーラスとみたま町コーラスガール.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2008-03-03 22:59
  • 「歓喜の歌」 第13位

    Excerpt: 上映スクリーン数: 116オープニング土日興収: 2270万円(BOX OFFI Weblog: 映画コンサルタント日記 racked: 2008-03-03 23:23
  • 歓喜の歌

    Excerpt: 映画「歓喜の歌」の感想です Weblog: ジャスの部屋 -映画とゲーム- racked: 2008-03-04 11:37
  • 『歓喜の歌』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「歓喜の歌」□監督・脚本 松岡錠司 □原作 立川志の輔 □キャスト 小林薫、伊藤淳史、由紀さおり、浅田美代子、安田成美、藤田弓子、田中哲司、根岸季衣、光石研、筒井道隆、笹野高.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-03-06 22:10
  • 歓喜に寄せて

    Excerpt: 神田神保町に足を運んでおきながら書店に立ち寄らないとは、自分でも信じられない。その日は書店には見向きもせずに一ツ橋ホールに急いだ。開映に間に合わないかもしれない。 試写会に当選したのだ。 「歓喜の.. Weblog: MESCALINE DRIVE racked: 2008-03-07 21:07
  • 『歓喜の歌』

    Excerpt: 2月公開で1番観たかった映画『歓喜の歌』公開3週目にしてやっと見れたんだけど良かったぁ♪期待を裏切らない面白さ。小林薫さんのあのいい加減さにねぇついつい共感しちゃうから始終笑えるし、やる気になっただけ.. Weblog: 晴れたらソファで何を見ようか racked: 2008-03-07 22:59
  • 映画『歓喜の歌』

    Excerpt: 今日は以前から一度行ってみたいと思っていた三宮のOSシネマズミント神戸へ出かけました。お目当ては15:30からの『チーム・バチスタの栄光』。ところが、14:30に着いたものの、全席売り切れ&amp;.. Weblog: 健康への長い道 racked: 2008-03-07 23:44
  • 『歓喜の歌』:うーむ、ユルさの原因は・・・:Myムービー掲載

    Excerpt: 落語ブームもここまで来たか!って感じのノリで、立川志の輔の創作落語が映画化である。 古典落語の本歌取りは、最近の『てれすこ』をはじめ数々あるが、創作落語の映画化というと、えーと、桂三枝の『ゴ.. Weblog: りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど racked: 2008-03-08 23:51
  • 歓喜の歌

    Excerpt: 庶民の生活のちょっとした所のおかしさや悲しさの表現が上手いなあ、と思ったら、立川 Weblog: ひとこと映画感想記 racked: 2008-03-10 04:39
  • 歓喜の歌

    Excerpt: 土曜日はイオン下田で「KIDS」を観ましたが、日曜日も Weblog: 欧風 racked: 2008-03-15 19:53
  • 感想/歓喜の歌(試写)

    Excerpt: 応援したくなるんだよね、こういうのさ。『歓喜の歌』2月2日公開。年の暮れも押し迫った12月30日のとある市民文化ホール。大晦日には、「みたま町コーラスガールズ」のコンサート予定が入ってて…、え、なに、.. Weblog: EDITOREAL racked: 2008-04-24 22:22
  • 『歓喜の歌』'08・日

    Excerpt: あらすじ町の文化会館に勤める飯塚主任は、半年前に市役所から飛ばされてきた典型的なダメ公務員だ。年も押し迫った12月30日の朝、飯塚主任は1本の電話を受ける。それは大晦日の夜に予定している「みたまコーラ.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-01-04 20:29
  • 歓喜の歌(’08)

    Excerpt: 公開時、気になりつつ未見のままだった作品、先日「SONGS」に出ていた由紀さおりも出演していた、ということもあってDVDで見ました。大晦日の文化会館で、ダブルブッキングになってしまった2つのママさんコ.. Weblog: Something Impressive(KYOKOⅢ) racked: 2012-03-07 11:27