太陽光発電導入日記:その11 フリーライダー







 久しぶりの太陽光発電導入日記です。

 今日のニュースで経済産業省が家庭用太陽光発電の設置費用を今後3~5年で半額にするため思い切った支援措置が必要と指摘。2005年に打ち切られた補助金を上回る補助を検討中とのこと。
 これまで日本は太陽光発電の導入量が世界一。ところが補助金が打ち切られる2005年頃からドイツに抜かれてしまいました。2005年現在日本は2位。それでもなんと全世界の4割を日本が締めていたのです。
 そして昨年くらいから国は、太陽光発電や風力発電は天気に左右され扱いにくいという理由で原子力に力を入れようとしてきました。ところがこのまま行けばウランも後85年で枯渇すると言われています。(石油は41年)それが原因かどうかわかりませんが、ここにきて太陽光発電にまた方針転換したことになります。
 もし来年度から本当に補助金が復活するとすると、2005年から2008年に太陽光発電を導入した人にとっては、なんの補助もなかったことになりますし、いち早く環境問題に注目し導入した人よりも来年からの方が補助金が多く支給されることになります。

 で、タイトルのフリーライダーですが、直訳すると「ただ乗り」。転じて「必要なコストをかけずに利益だけを受け取る」「受益しておきながら対価を払わない」さらには「不労所得者」という意味もあります。
 環境問題におけるフリーライダーとは、「容器包装リサイクル法の中で特定事業者として位置付けられているにもかかわらず、容器包装廃棄物の自主回収や独自の再商品化を実施しておらず、なおかつ再商品化のための費用を負担していない業者のこと。」という意味ですが、結果として正直に対策をしている企業が不利になります。つまり、積極的に対策を講じた企業や個人が不利になる問題をフリーライダーという場合もあります。

 太陽光発電を導入する際に補助金を出すのではなく、すでに無補助で導入した人にもメリットがあるような補助の仕方になるように希望します。例えば余った電力の売電価格を国が上なせするなど。
 でも国にとっては、もう導入した人なんか関係ないんだろうから、そんなことになるわけないか。。。一番買ってはいけない時期に太陽光発電を導入しちゃったみたいです。(涙)

 そもそもホントに半額になるのかも疑問です。だって数年で半額になるのなら半額になるまで太陽光発電を買おうなんて思う人はいなくなります。そんな誰も買わない状態で数年後にいきなり半額になるなんて信じられません。



 ところで、話は変わりますが、 先日はいくつかの自治体がコンビニの24時間営業の自粛を求めているというニュースもありましたね。少なくとも現在は夜間で力は余っていると言われています。将来、電気自動車やエコキュートなどの普及で夜間電力も昼間と同じくらい使われるようになったら、深夜の営業をやめることが温室効果ガス対策に寄与するかも知れませんが、現状では夜の使用電力を少なくしてもさほど効果はないんじゃないでしょうか。逆に昼間の営業を規制した方がよっぽど効果があると思います。
 第一、夜の営業をやめても冷蔵庫の電源は切れませんしね。
 しかも夜の営業をやめるとすると、夜やっている納品などは昼間やらなければなりません。昼間の車の多い時間帯に納品すればトラックは渋滞に巻き込まれてより時間がかかる。つまりトラックが吐き出す二酸化炭素は増えますし、納品のためにトラックを止めると渋滞の元凶にもなりかねません。
 もちろんコンビニは端から見ていて、昼間でも無駄に煌々と電気を灯していたり(夜でもまぶしいくらい)、寒いくらいエアコンが効いていたり、無駄に乱立していたり。省エネする余地は十二分にあると思いますが、夜間の営業を規制するのはどうかと思います。
 国や自治体の対策は、深く考えずに無計画に思いつくままやっている感じがするのは僕だけでしょうか。
 便利になったものを犠牲にしてもいいのならば、二酸化炭素排出量を減らすなんて簡単です。3丁目の夕日の時代の生活スタイルに戻りなさいと言えばいいだけですから。それではここまで成長した経済が成り立たないし、一度便利になった生活スタイルを元に戻すのは難しいから苦労しているのに、国民や経済をバカにしているとしか思えない施策です。

 なお、資源エネルギー庁が発表した新エネルギー政策の新たな方向性(PDF)についての意見を募集しているようです。詳細はこちら
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月09日 21:36
こんばんわ
 最近、ちらほらとソーラーパネルを乗せた家を見かけるたびに何とか我が家にも設置できないかマジメに検討を始めました。
 家を建て替える余裕はないものの家に荷重をかけずに設置する方法を検討中です。
 京セラは発売以来ソーラーパネルが損傷するような事故は無かったようなので 情報提供を拒否したシャープでなくて京セラで出来ればいいなと考えています。
2008年08月10日 13:02
ひこうちゅうねんさん、コメントありがとうございます。
今はまだ半導体型が主流なので難しいですが、将来ポリマー型が実用化されたら軽い物ができそうですよね。
ひこうちゅうねんさんはかなり専門的な知識もありそうですので、こんな展示会に参加されるのもおもしろいかと思います。事前登録すれば無料ですし。
http://www.pvexpo.jp/2009_jp/index.phtml

この記事へのトラックバック