映画:ハッピーフライト



 今年も残すところあとわずか。そんな中、今年70本目は、ハッピーフライトでした。


●ストーリー(ネタバレあり)
 ボーイングが羽田を出発。なんの問題もなく離陸した物の、その直後速度計がおかしいことに気がつく。パイロットの鈴木和博が必死で立て直そうとする。しかしその努力もむなしく、海へと突っ込んでしまった。「シミュレーションで良かったな。」教官の声が鈴木の心に響き渡る。「あんなむちゃな設定、あの教官、俺らをいじめて楽しんでるよ。」そうつぶやく鈴木。

 ある朝、キャビンアテンダントCAの斉藤悦子(綾瀬はるか)は仲間と羽田空港へ向かう。彼女たちは今まで国内線のCAを務めていたが、今日、初めての国際線を担当する。「あんたんところのチーフパーサーって、鬼の山崎(寺島しのぶ)じゃない?水分たくさんとっといたほうがいいって話よ。」「えっ?どうして?」「たくさん泣くからよ。」不安になる悦子。
 悦子が着替えて到着すると、すでにブリーフィングが開始されていた。早速鬼の山崎に怒られる悦子。出だしからつまずいてしまった。
 一方、鈴木は、機長昇格への最終訓練である、乗客を乗せた実機での操縦に臨む。教官は、まず間違いなく合格を出してくれる仏のような望月機長(小日向文世)。安心しきっていると、その望月は風邪をひいてしまい、代理を頼んでいた。その代理機長は厳しいことで有名な原田典嘉(時任三郎)。緊張の波に呑まれる鈴木。
 鈴木副操縦士は機体の点検を始めるが、エンジンからたれたオイルが顔に当たってしまう。それを機体から見ていたCA達は鈴木を笑う。CA達も機内食を積んだり準備で大忙しだ。一方鈴木は、もし目に入ったら試験どころじゃないぞ。なぜ帽子をかぶらないんだと怒られてしまう。
 今日の機体のトラブルは2つ。エンジン系と、ピトー管(速度を測る装置)の2つ。エンジンの交換パーツを持ってきたドック整備士の中村弘樹(森岡龍)は機長やライン整備士の小泉賢吾(田中哲司)の断りもなく交換を始めてしまう。時間的に両方を直すことができないこの状況では機長とライン整備士とが話し合って、何を優先的に直すか決めなければならないが、中村は勝手にエンジンのパーツを交換し始めたのだ。「何分かかる?」「8分でできます。」「7分でやれ。」中村はエンジンに工具を置き、小泉に怒られながら10分で交換が完了。「俺が7分でやれと言ったら、7分でやるんだ。」そう怒られる整備士。
 ピトー管は予備があるため、とりあえずエンジンのパーツ交換を行い、ピトー管の修理は行わないことになった。
 その頃グランドスタッフも大忙し。新婚旅行に行く予定だったが、飛行機が怖いから行きたくないと騒ぐ新婦(藤本静)。グランドスタッフの木村菜摘(田畑智子)らがなだめるがトイレの個室に隠れてしまう新婦。グランドマネージャー(田山涼成)がなだめることに成功するが、木村らは「二人分でいくらになると思ってるんだ!」とこれくらいさっさとなだめろと怒られる。
 田中を襲うトラブルは続く。先ほど預け荷物を受け取った男性は、他の人の荷物と間違えてしまったというのだ。同じスーツケースを持つ女性が遙か彼方を歩いているのが見えた。大声で呼び止めるがヘッドフォンをつけた彼女には届かない。走って追いかけるが転んでしまう田中。それでも追いかける。しかし彼女は荷物をバスに載せ、そのバスは出発してしまう。整理係から拡声器を奪いバスを追いかける田中。無事に荷物を交換でき一安心する田中に、その男性は「お礼がしたいから」と名刺を渡す。ちょっと嬉しい瞬間だ。田中の顔にも笑みがこぼれる。
 いよいよ登場開始。ところがここでもトラブルが。手荷物のサイズが大きいお客(菅原大吉)がいたのだ。CAの田中真理(吹石一恵)がお客に預け荷物にするように言うと、そのお客は激怒。木村は田中に「今から預けると定刻に出発ができません。お願いします。」とその荷物を飛行機に載せようと、足が飛行機に乗った瞬間、田中は怒り出す。グランドスタッフが飛行機に足を乗せるなどあってはならないのだ。
 悦子が客席を見て回るとお客(笹野高史)のカツラが今にも落ちそう。そーっと直す悦子。
 まだまだトラブルは続く。前の便の機長から管制官(宮田早苗)に連絡が入った。鳥が多いと。管制官は早速バードパトロール(ベンガル)に連絡。この日、バードパトロールの取材が入っており、記者を連れて現場へと向かう。バードパトロールは銃で鳥を威嚇するのだ。「カラスやスズメは頭がいいから飛行機に近づかないんだけど、カモメはダメだね。ありゃ、バカだ。」「カモメはバカですか。。。」管制官の指示でバードパトロールが銃を構えると、記者らが急に彼を止めにはいる。実は記者ではなく、愛鳥連盟の団員だったのだ。「これは空砲なの!だから大丈夫。」そう答えるバードパトロールだが、今出発した、鈴木の操縦するボーイング747-400はカモメの群れに突っ込んでしまった。
 近くの公園ではアマチュアカメラマンが無線を聞きながら飛行機の写真を撮っている。「あ~あっ、やっちゃいましたね。あれは突っ込みましたね。」と言いながら写真を撮っている。
 飛行機の中では離陸時の映像を乗客に見せているが、そこでもカモメの群れがうつっていた。それに動揺してしまった鈴木は、雲の中に突っ込んでしまう。飛行機はすぐに氷点下になってしまう。その前に雲に入れば、その水蒸気で凍ってしまう可能性があるからだ。早速原田に怒られる鈴木。そうこう言っている間に、右側のピトー管に異常が出始めた。右側のピトー管は修理できなかった物で、ヒーターが壊れているのだ。そこに先ほどの雲の水蒸気が入り凍結してしまった。「こういう場合はどうするんだ?」原田に言われて鈴木は「左側に切り替えます。」「その通りだ。」緊張で汗をかく鈴木は左側に切り替えるとコンピュータは正常に作動し始めた。
 ちょうどその頃キャビンのチーフパーサー山崎から連絡が入った。「ベルト着用サインはまだ消えませんか?」鈴木がベルト着用サインを消し、山崎が乗客へのアナウンスを始める。「何でこんなに遅いのよ?!」田中が吐き出すように言うが、悦子にはその意味がわからなかった。
 飲み物のサービス、機内食を配ったりと大忙し。またもやトラブル発生。悦子が配る機内食ではビーフの料理が足りなくなってしまったのだ。「頭使いなさいよ!」と怒られた悦子は「ペパーミントとローズマリーを効かせて焼き上げた白身魚と、ただのビーフどちらになさいますか?」とアナウンスするとみんなが魚料理を選択。しかし、すでにビーフを選択していたカツラのお客は噴き出してしまう。
 悦子はお客に色々頼まれる。カツラのお客からは酔い止めの薬を、子どもはアップルジュース、青年からはホワイトワイン、中年男性は週刊誌・・・。悦子がそれらを準備しようとすると先輩達は青竹踏みをしながら食事をかっ込んでいた。「あんたも食べないと持たないわよ。」悦子も食事を掻き込む。そしてジュースやワインを配ると・・・。青年からは「これジュースじゃねぇかよ!」と文句が出る。はっとする悦子。「飲んじゃダメ~!」そう、子どもに渡したのはワインだった。急いでワインを回収する悦子だが、勢い余ってワインを頭からかぶってしまう。さらに「私が頼んだ物は・・・。」「あれ?なんだっけ?・・・・あっ、酔い止め。」ところが時すでに遅し、カツラの男性は悦子のエプロンに戻してしまう。
 トイレでエプロンを洗って出てくると修学旅行中の女子高生が「一緒に写真撮ってください」と駆け寄ってくる。「CAになるためにはどんな勉強すればいいですか?」「CAなんてやめなさい。」涙が出てくる悦子。悦子はとうとう山崎にバックヤードに下がるように言われる。
 まだまだトラブルは続く。ビジネスクラスに出すチョコレートが吹きこぼれて台無しに。料理が得意な悦子が呼ばれ、機内でケーキを作ることに。限られた材料、機材でケーキを作り出す。お客も気に入ってくれ、悦子は少し自信を取り戻した。

 そんな時、山崎からコックピットに連絡が入った。エンジンに鳥のような物があたったとお客様から連絡があったというのだ。山崎が確認するとエンジンと翼が黒く汚れている。原田が客室に向かうと急に揺れが。その揺れで荷物が落ちて来た。とっさに受け止めた原田は手に怪我をしてしまう。原田がコックピットに戻ると、オートパイロットがキャンセルされていた。「何やってんだ!」
 みるみる速度が遅くなっている。焦る鈴木に原田は「こういう時は笑えと教えている。」「ハハハハ」乾いた笑いを見せる鈴木。
 長年の経験で原田は、失速しかかっているのではなく逆に速度が出すぎているのではないかと考える。そうピトー管が壊れ速度計が破損すればコンピュータは速度が落ちていると判断し速度を上げる。それでも速度が戻らないからオートパイロットはキャンセルされる。
 鈴木は羽田に連絡。「エマージェンシーを宣言しますか?」原田は「宣言します。」と答える。オペレーションセンターでは現在の気象、今後の予測、燃料の残り具合を計算、どうするかを判断する。鈴木はディスパッチャーの中島詩織(肘井美佳)に言う。「早くしてくれよ。こっちはさっさと戻りたいんだ。」
 整備士の中村も帰ろうとしているところにこのニュースを聞きつけた。エンジンの上に工具を置いて怒られたことを思い出し、自分の工具を点検する。スパナが1本ない。もしそのスパナがエンジンに置き忘れていたら・・・。整備士全員でスパナを探す。床の上、他の人の工具箱、ゴミ箱の中まで。
 木村も先ほどのお客と食事でも行こうかとルンルン気分のところにマネージャーから報告を受けた。戻ってくる乗客のためにホテルの用意などをしなくてはならない。そんな時、飛行機オタクがボーイングとカモメの衝突写真をネットで見ていたのを木村は思い出す。木村はオペレーションコントロールセンターに連絡。ピトー管にカモメが引っかかっているのを発見。そのカモメが何かのショックでピトー管と一緒に外れてそれが翼にあたったのだ。予備のピトー管がなければ速度がわからなくなるのも当然だ。
 羽田に引き返すことが決まった。怒る乗客、不安に思う乗客。それをなだめるCA達。さらに事態は悪化。原田が乗客を安心させる放送している間に落雷が。しかもその落雷に驚いてあげた鈴木の悲鳴が乗客に放送されてしまう。羽田にも落雷が。いくつかのコンピュータが使えなくなる。オペレーションコントロールセンターの窓際・高橋昌治(岸部一徳)の指示で、出発ロビーにある羽田空港の模型をオペレーションコントロールセンターに運び、アナログで指示を出すことに。
 いよいよ着陸態勢に。落雷のショックで凍結していたピトー管が溶け、速度が戻ってきた。ところが視界は悪く、横風は強い。斜めに流されながらも何とか着陸。乗客からは拍手がわき起こる。
 女子高生が降りる時、「やっぱりCAになりたい。」と悦子に言う。「きっびぃわよ」そう答える悦子。
 こうして長い一日は終わった。
 数日後、鈴木の制服は3本線から4本線に変わっていた。





●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 止めどなく襲うトラブル。そのスピード感というかテンポがとても良くって、良かったですね。平日でしたが決行お客さんも多くて、みんなで笑っていました。やっぱりコメディ(?)はガラガラの映画館よりもある程度お客さんが入っていて一緒に笑うような感じがいいですね。
 でも一つ気になることが。テーマになっているのは羽田発ホノルル行き国際線。僕はそれほど羽田空港を利用している方ではないと思いますが、撮影はたぶん国内線の第2ターミナル。しかも羽田空港の国際線はたしか2000km以内という距離制限が国土交通省から出されていて、ホノルル行きの国際線は飛べないはずなんですよね。まぁ、映画の本質とは関係ありませんけどね。
 しかし、映画の力ってホントすごいですよね。ボーイング747-4001機が15日間、撮影目的で無償貸与ですよ。ドラマGOOD LUCK!!は放送直後ANAの株価が急上昇したことも関係するのか、ANAは映画やドラマに優しいですよね。
 改めて思うのが、当然ですが、飛行機とばすのにいろいろな職業の人が関わっているんだなぁと言うこと。ホントお仕事ご苦労様です。でも、パーツの交換や工具の返却って1人でやるモンなんですかね?二人以上でチェックしながらやるもんだと思っていました。工具の置き忘れや、手術のガーゼや器具の置き忘れだけはやって欲しくないですね。それにしても、今回の責任を追及していないところが良かったですかね。もしかすると整備士が暴走せずにいればピトー管を直そうと言うことになり、1つ壊れても大丈夫だったかも知れないし、鈴木が雲に突っ込めばピトー管が凍らずにすんだかも知れない。バードパトロールが空砲を発砲していればカモメにあたらずにすんだかも知れないし。。。
 なんか、映画の感想をあまり書いていませんが、ブログの文字数制限があってこれ以上書けないのでこのくらいで終わりにさせてもらいます。m(_ _)m

 最後に、1つ疑問が。ピトー管で測定できる速度は風を考慮できないですよね。例えば飛行機が時速800kmとして追い風10km/hならピトー管で測定できる速度は790km/h。対地の速度や風の速度はどうやってわかるんでしょうか。この前飛行機に乗った時、風の速度と向きがリアルタイムに表示されていて疑問に思ったのですが。対地速度はGPSですかねぇ?


 ※僕が撮影した飛行機の写真はこちら。エプロンから撮影とかしてみたいですけど、素人カメラマンには叶わぬ夢か。


観て良かった度:●●●●● 5点










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

keyakiya
2008年12月17日 21:09
いつもながらの長文にほんとに感激します。
しっかり書き込んでいますね。
ボクはできるだけ400~800までに収まるようにと思っていますが、なかなか文が続きません。

円高で海外旅行のチャンスです。
日本の飛行機はなんとなく新幹線みたいで落ち着きます。(笑)
2008年12月17日 23:13
keyakiyaさん、コメントありがとうございます。
無駄に長く書いちゃってます。短く、端的に書きたいんですけど、難しいですね~。
確かに円高は海外旅行のチャンスですよね。特に1月から年長サーチャージも下がりますし。どっか行きたいなぁ
masya
2008年12月19日 22:06
チームの結束力の無さが可笑しさを増してたように思います。
ポジションごとに皆バラバラな価値観で動いてるんですね。職場というより、学校という雰囲気「スチュワーデス物語」や「アテンションプリーズ」「Good Lack!」と大差ない内容でした。
吹石・綾瀬のCAはとてもかわいい。それだけは間違いないです。
機上試写をしたようですが、ANA利用時にスピンオフ作品が観られるそうです。DVDのおまけ映像で観られるんでしょうか?レンタルが楽しみです。
ps.「チーパー」って「チーフ・パーサー」のことだったんですね。ひっかかってましたので、すっきりしました。ありがとうございます。
2008年12月20日 10:16
masyaさん、こんにちは。
スピンオフが作られたのは知っていましたが、どこで観られるのか謎だったんですが、ANAで観られるんですか。観たいなぁ。レンタルDVDでは特典映像がカットされる場合もあるので購入しないと観られないなんてこと、ないといいなぁ。

ちなみに、グランドスタッフはグランドホステス、略してグラホとも呼ぶそうです。もとグラホの友達に聞いたら、チェックインしたのに搭乗していないお客さんがいた場合、グラホも飛行機に乗って探すこともあるそうで、飛行機に足を乗せただけでCAににらまれると言うことは少ないそうです。時々、グラホが飛行機に乗ることをおもしろく思わないCAもいらっしゃるそうですが、何かあった時にやりにくいと言っていました。

この記事へのトラックバック

  • 『ハッピーフライト』・・・綾瀬はるかのサムアップ&ウインク

    Excerpt: 矢口史靖監督作品というだけで要チェックなのにそれが今回は飛行機映画! 「これはもう観るしかないでしょ!」というわけで初日に鑑賞した。 Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2008-12-14 17:07
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 「ウォーターボーイズ」「スイングガールズ」でメガホンを取った矢口史靖監督の、飛行機ストーリーです Weblog: ともみの言いたい放題♪ racked: 2008-12-14 22:24
  • 【試写会プレゼント】『ハッピーフライト』(綾瀬はるか、吹石一恵のキャビンアテンダント姿は必見!?)

    Excerpt: 【映画名】  ハッピーフライト 【当選者数】 50組100名 【プレゼント】試写会ご招待 【日時】   11月4日(火)18:30開場/19:00開映 【場所】   ニッショーホール(.. Weblog: 映画+小説+家族=MyLife racked: 2008-12-14 22:30
  • 映画「ハッピーフライト」

    Excerpt: 映画「ハッピーフライト」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2008-12-14 23:26
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 空港や飛行機と言えば、ついパイロットやスチュワーデスなど、華やか(に見える)な職 Weblog: ぶるこのひとこと映画感想記 racked: 2008-12-15 00:16
  • 「ハッピーフライト」これで飛んじゃうのか~?

    Excerpt: [ハッピーフライト] ブログ村キーワード   「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖 監督最新作。「ハッピーフライト」(東宝)。航空機業界の裏側を、“矢口監督流”に描いているのですが.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2008-12-15 00:22
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 11月28日(金) 21:30~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:600円(買わず) 『ハッピーフライト』公式サイト 妙な学園物を連続で作った矢口史靖の新作.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2008-12-15 00:53
  • 劇場鑑賞「ハッピーフライト」

    Excerpt:  「ハッピーフライト」を鑑賞してきました「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督が、飛行機と空港で働く人々を題材にした、笑いと感動の群像劇コメディ。2年間にわたり、国内外の航空関係者.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-12-15 04:55
  • ハッピーフライト

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2008年11月15日 公開 アイ・ハブ   ユー・ハブ 飛行場の横に住んでいながら飛行機には数回しか乗ったことがない。 いやぁ~面白かったです.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2008-12-15 09:03
  • 映画 「ハッピーフライト」

    Excerpt: 映画 「ハッピーフライト」 を観ました。 Weblog: ようこそMr.G racked: 2008-12-15 09:18
  • *ハッピーフライト*

    Excerpt: {{{   ***STORY***                2008年  日本 機長昇格への最終訓練である、乗客を乗せた実機での操縦に臨む副操縦士。その試験教官として同乗する威圧感バリバリの機.. Weblog: Cartouche racked: 2008-12-15 18:44
  • 【新宿ピカデリー】ハッピーフライト見た【6本見たら1本無料】

    Excerpt: 本日初日の空港や飛行機を舞台にしたコメディーです。 ANA全面協力ということもあ... Weblog: 西麻布でランチとか東京散歩とか。 racked: 2008-12-15 22:23
  • 「ハッピーフライト」どこがハッピーなのかわからないトラブルな毎日の緊急事態フライト

    Excerpt: 「ハッピーフライト」はANAの羽田発ホノルル行き1980便を舞台に様々なトラブルが発生する中ホノルルへフライトするはずのストーリーである。空港を舞台にしたドラマでは「GOOD LUCK!!」などがある.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2008-12-15 23:34
  • ハッピー・フライト

    Excerpt: 『ウォーター・ボーイズ』も『スイング・ガールズ』も観ていないのですが、飛行機好きなので観てきました。ANAが全面協力している映画です。副機長の鈴木は機長昇格の試験中。最終のOJT試験を行う機長は甘めの.. Weblog: がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記 racked: 2008-12-15 23:55
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 日曜日、八戸フォーラムでの映画鑑賞、1本目が「X-ファイル:真実を求めて」。2本目が Weblog: 欧風 racked: 2008-12-16 00:11
  • 「ハッピーフライト」 第2位

    Excerpt: 上映スクリーン数: 307オープニング土日興収: 2.16億円矢口史靖監督「スウ Weblog: 映画コンサルタント日記 racked: 2008-12-16 23:20
  • ハッピー・フライト☆独り言

    Excerpt: そういえば、数年前に仙台に遊びに行ったとき行きはANA、帰りはJALを利用したのですが帰りの飛行機で計器の異常があったとかで滑走路で10分待ちして、その後やっぱり飛ばないってことになって^^;;;成田.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2008-12-17 01:17
  • 「ハッピーフライト」試写会、感想。

    Excerpt: 端的に感想を書けば「全然ハッピーじゃない!」そんな映画です。CAの仕事に忙殺される姿は、映画の中とは言え、かなーり、痛々しい物がありました...ありゃ酷い。「楽な仕事はないと思うけど、CAは止めた方が.. Weblog: Beinthedepthsofdespair racked: 2008-12-17 08:39
  • 『ハッピーフライト』

    Excerpt: ハッピーフライトを見ました。矢口史靖監督、田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、岸部一徳、寺島しのぶほか。 巨大空港で、ある日ホノルル行き1980便の副操縦士鈴木和博は機長昇格の最後の試験。.. Weblog: Mooovingな日々 racked: 2008-12-17 10:18
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 機長昇格への最終訓練である実機操縦に臨む副操縦士。 初の国際線フライトに戦々恐々の新人キャビンアテンダント。 地上では、グランドスタッフ、整備士、管制官等、多種多様なスタッフ達。 空港で働く彼らの使命.. Weblog: 象のロケット racked: 2008-12-17 12:36
  • 映画「ハッピーフライト」を鑑賞

    Excerpt:  18日「ハッピーフライト」@109シネマズ川崎 シアター7 客入りは思ったより少な目の50名位、公開4日目でこれは寂しい。 映画の話 副操縦士の鈴木(田辺誠一)は、機長昇格の最終訓練である乗客を乗せ.. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2008-12-17 13:37
  • 映画感想『ハッピーフライト』 いろいろな意味で面白いですね

    Excerpt: 内容機長昇格訓練中の副操縦士・鈴木和博(田辺誠一)は、ついに、機長昇格試験を兼ねたフライトが決定する。試験官が、望月典嘉機長(小日向文世)と知り喜ぶ鈴木であったが、望月は風邪で欠席し代わりに教官となっ.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2008-12-17 17:43
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 映画「ハッピーフライト」の感想です Weblog: ジャスの部屋 -映画とゲーム- racked: 2008-12-17 18:07
  • ハッピーフライト 2006-66

    Excerpt: 「ハッピーフライト」を観てきました~♪ 機長昇格を目指す副操縦士の鈴木(田辺誠一)は、ホノルル行き1980便が機長昇格への最終試験だった。同じ便に国際線デビューとなるCAの斉藤(綾瀬はるか)が乗.. Weblog: 観たよ~ん~ racked: 2008-12-17 20:58
  • ハッピーフライト

    Excerpt: * ハッピーフフライトHP http://www.walkerplus.com/kansai/latestmovie/mo6253.html 矢口さん独特のユーモアとセンスが光る作品。そ.. Weblog: Art- Mill  あーとみる racked: 2008-12-17 21:00
  • 【映画】ハッピーフライト

    Excerpt: ▼動機 田畑智子と平岩紙。 ▼感想 空港アトラクション! ▼満足度 ★★★★★★★ あざやか ▼あらすじ 副操縦士の鈴木(田辺誠一)は、機長昇格の最終訓練である乗客を乗せて飛ぶ実地試.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2008-12-17 21:42
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 実は私は、結構な飛行機好き だったりします! セスナにもプロペラ旅客機にも、 ヘリコプターにも乗った事があります。 (・・・ってなんの自慢なんだか・・・笑) バカとなんとかは 高いトコが好.. Weblog: ルナのシネマ缶 racked: 2008-12-17 23:51
  • 『ハッピーフライト』劇場鑑賞

    Excerpt: 事前のアクシデントのせいで、と~っても最悪な気分のまま観ることになったわけで。。。でも、観終わった時には とりあえずはハッピーな気持ち!「矢口監督ありがとう!!」って感じで、劇場を出ることができました.. Weblog: ANNE'SHOUSE-since1990- racked: 2008-12-18 00:43
  • ハッピーフライト(2008)

    Excerpt: “矢口史靖監督が贈る、航空業界を舞台に贈る最高にハッピーなヒコーキ・ムービー” 今日は土曜日なのでまずは目黒でお姑さまの妹の様子見、大森でお姑さまの様子見してから大森駅前に向かいました[徒歩] 土.. Weblog: ☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆ racked: 2008-12-18 01:34
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 副操縦士の鈴木は、機長昇格テストの締め括りとして、1980便の実務試験に挑む。しかし試験教官が急遽、堅物の原田に変更になったことで、鈴木はパニックなる。同じく1980便に乗り込んだCAの斎藤は、.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2008-12-18 07:00
  • 映画『ハッピーフライト』

    Excerpt: 今週の松江は先週末のポカポカ陽気が嘘のようで、雪がちらついたりで、一気に冬がやって来た感じでした(_ Weblog: merseysideに佇んで racked: 2008-12-18 09:03
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 冒頭のフライトシュミレーションの墜落というシーンから始まるこの映画は、映画館で見る観客に「ハッピーフライト」を実体験させてくれる。登場人物たちを群像的に描くことで、観客は自分がほんとうにボーイング70.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Hamazo racked: 2008-12-18 09:36
  • ハッピーフライト■飛行機と空港のPR映画

    Excerpt: 「パリ・ルーブル美術館の秘密」というドキュメンタリー映画があった。これはルーブル美術館が実に多様な職種の人を紹介する内容であった。この「ハッピーフライト」は、その飛行機版ともいえる映画である。飛行機を.. Weblog: 映画と出会う・世界が変わる racked: 2008-12-18 09:59
  • 『ハッピーフライト』

    Excerpt: 一昨日は仕事がオフで昼間は予定が空いていたので、何か映画を観ておこうとは思っていたけれど、時間的に合うものと思って観たのが、『ハッピーフライト』。 観る予定の全くなかったこの作品だけれど、嬉しい誤算.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2008-12-18 17:49
  • 映画『ハッピーフライト』

    Excerpt: ことし映画館で観る、67作目はこちら。好きな題材に好きな監督さんということで、期 Weblog: いんどあかめさん日記 racked: 2008-12-18 21:42
  • 「ハッピーフライト」

    Excerpt: いいのか?ANA。2004年の帰国後にJALからANAに乗り換えたのは、ただ単にJALマイレージを使い切り、スターアライアンスにマイルが残っていたからだった。単身赴任になった今は、ヘビーとはいかないま.. Weblog: ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ racked: 2008-12-18 22:28
  • 「ハッピーフライト」

    Excerpt: (2008年・アルタミラ・ピクチャーズ/監督:矢口 史靖) 「ウォーターボーイズ」、「スウィングガールズ」で、我が国ウェルメイド・コメディ映画の第一人者となった矢口史靖監督の新作。 Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2008-12-19 01:52
  • 大画面で良かった「ハッピーフライト」

    Excerpt:  先週末に 見てきました「ハッピー・フライト」ハッピーフライト「ウォーターボーイズ」「スイングガールズ」のあとの 3作目ですね。 良かったですよ~。 観終わったあとにしあわせになる映画でした。 エンデ.. Weblog: 「プレシャス」な 女たち racked: 2008-12-19 16:37
  • 『ハッピーフライト』('08初鑑賞145・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 11月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:10の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2008-12-19 22:45
  • ハッピー・フライト

    Excerpt: HAPPY FLIGHT監督・脚本:矢口史靖映画 日 08☆☆☆☆ 多少は気にな Weblog: TRUTH?ブログエリア racked: 2008-12-19 22:58
  • 「ハッピーフライト」

    Excerpt: 転勤のお陰で今年の下半期は飛行機に乗る機会が頻繁にあった。飛行機が空港ターミナルを離れ、滑走路に向かうためにゆっくりとバックしていく。ふと窓の外を見ると整備士(だと思う)が横一列に並んで、こちらに向か.. Weblog: 古今東西座 racked: 2008-12-20 08:28
  • ハッピー・フライト HAPPY FLIGHT

    Excerpt: ●「ハッピー・フライト HAPPY FLIGHT」 2008 日本 フジテレビジョン、アルタミラピクチャーズ、東宝、電通 103min. 監督:矢口史靖 出演:田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹.. Weblog: 映画!That' s Entertainment racked: 2008-12-20 18:38
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 《ハッピーフライト》 2008年 日本映画 ある日の空港、ホノルル行きのジャンボ Weblog: Diarydiary! racked: 2008-12-20 19:34
  • ハッピーフライト

    Excerpt: はい、見てきました^^)少々体調が悪かったのですが、行くといったら行くのです(意気込み)♪☆ハッピーフライト☆(2008)矢口史靖監督田辺誠一時任三郎綾瀬はるか吹石一恵田辺智子寺島しのぶ岸部一徳笹野高.. Weblog: ぷち てんてん racked: 2008-12-20 22:03
  • 「ハッピーフライト」試写会

    Excerpt:  「ハッピーフライト」の試写会に行ってきた。「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の最新作。いかにも人がいっぱい出てきそう(笑)。羽田発ハワイ行きのジャンボジェットが舞台で、そのフ.. Weblog: 第1学区 学級日誌 racked: 2008-12-20 23:40
  • ハッピーフライト

    Excerpt: ● ハッピーフライト [日本 / 2008年] 航空業界というテーマを選らんだ邦画の中では際立ってオーセンティックな作品。突出した派手さはないが、航空業務のスペシャリストたちの魅力がしっかりと、.. Weblog: MOVIS racked: 2008-12-21 03:03
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 11月15日に公開になった映画。観に行ってきました。映画はあまり観ないのですが。 Weblog: ヒマ人のつぶやき racked: 2008-12-21 09:16
  • 矢口史靖監督『ハッピーフライト』を観た

    Excerpt: 技巧有り、情熱無し、の群像劇。「工芸品」映画。 この映画、制作者は本当に撮りたかったんでしょうか(^_^)。映画制作への“パッション”の“無さ”を感じてしまった作品。 映画そのものは、そつなく手馴れた.. Weblog: 『犬の鼻先におなら』 racked: 2008-12-21 13:06
  • ハッピーフライト

    Excerpt: ★★★☆  『スウィングガールズ』の矢口史靖監督作品である。飛行機が飛ぶためには、パイロットやスチュワーデスだけではなく、整備士、管制塔の職員など多くのプロフェッショナル達の支えが必要である。  当た.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2008-12-21 16:03
  • 『ハッピーフライト/HAPPY FRIGHT』 キャスティングが素晴らしい、傑作航空映画!

    Excerpt: 『ハッピーフライト』 監督・脚本: 矢口史靖 出演:田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、田畑智子、寺島しのぶ、岸部一徳、笹野高史、小日向文世、田山涼成、菅原大吉、田中哲司、ベンガル、森岡龍 .. Weblog: ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー racked: 2008-12-21 16:56
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 製作年:2008年 製作国:日本 監 督:矢口史靖 このとこ Weblog: いつか深夜特急に乗って racked: 2008-12-21 18:46
  • ハッピーフライト【2008日本】

    Excerpt: 監督:矢口史靖出演:田辺誠一/時任三郎/綾瀬はるか/他 もっと濃い笑いを想像して Weblog: ピョンスケさんの徒然blog racked: 2008-12-22 21:25
  • 「ハッピーフライト」

    Excerpt: 先日、『ハッピーフライト』(TOHOシネマズ岡南)劇場鑑賞しました。 矢口史靖監督ということで、かなり期待していましたが、見終わった後、何か物足りないものが・・・・・ そこそこは楽しめたのですが、.. Weblog: 映画のお友達 racked: 2008-12-23 15:29
  • ハッピーフライトを観てきた

    Excerpt: ハッピーフライト公式サイト http://www.happyflight.jp/index.html 余談:公式サイトに先ほどいったが、ガッカリした というのは ちょっとキャストを調べてみたくて公式サ.. Weblog: となみんPの語り箱 racked: 2008-12-25 09:23
  • 「ハッピーフライト」

    Excerpt: 「ハッピーフライト」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 矢口監督作品にハズレはないだろうと期待していました。 今回のテーマは飛行機。 この1回のフライトにどれだけの人間が動いているのかとすごく興味.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2008-12-25 21:53
  • 『ハッピーフライト』

    Excerpt: おもしろかったです。かるーいノリで気楽に楽しく見られる映画ですね。   宣伝では、綾瀬はるかのアップが多用されていたので、綾瀬はるか主演の青春ドタバタドラマかと、思っていたのですが、思ったほど、綾瀬は.. Weblog: ふつうの生活 ふつうのパラダイス racked: 2008-12-27 14:42
  • ハッピーフライト

    Excerpt: ハッピーフライト(2008) Director : John Woo Cast : 田辺誠一 、時任三郎 、綾瀬はるか 、吹石一恵 Genre : ドラマ/青春/コメディ Runtime :.. Weblog: RE:ねこのうたたね racked: 2009-01-09 05:00
  • 「ハッピーフライト」 次は安心して乗れそうです

    Excerpt: 「フライング☆ラビッツ」は東映&JALでしたが、こちら「ハッピーフライト」は東宝 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-01-26 19:10
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 若者の成長物語に味をしめ、 金儲けの臭いがする監督の矢口史靖氏が好きじゃないのですが、 予告編が面白そうだったので観ることにしました。 ホノルル行きの飛行機。 その飛行機を安全に運航させ.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2009-07-14 18:22
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 【ハッピーフライト】 田辺誠一主演の飛行機もののコメディー映画。 機長への最終試験で実践飛行を初.. Weblog: ピースのAMEBLO CANTABILE racked: 2009-07-28 15:29
  • ハッピーフライト

    Excerpt: あの「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督が、今度は空を舞台。綾瀬はるか等でナニをみせてくれるのかな?という興味から、見てみました 最初は、ちょっとドジな新米・キャビン・アテ.. Weblog: のほほん便り racked: 2009-11-04 13:29
  • 映画 ハッピーフライト 感想

    Excerpt: 昨夜、フジテレビ系で放送されていた映画「ハッピーフライト」の感想など。昨年にテレビ放送された時にも見ましたので、今回で見るのは2度目になります。だけど、2回見ても面白さが衰えることは無かった。ストーリ.. Weblog: オタクと呼ばないで racked: 2011-02-06 06:20
  • ハッピーフライト

    Excerpt: 田辺誠一さん目当てで見てみました。航空業界の裏事情や混乱をコメディ化して描いた作品。飛行機は確率上世界で一番安全な乗り物ともいわれていますが、その「安全」を守る為、多くのプロ達が様々に働いてい.. Weblog: いやいやえん racked: 2011-12-22 09:24
  • ハッピーフライト(’08)

    Excerpt: 先週土曜に放映あった「ハッピーフライト」、未見の矢口史靖監督作で、やはり先週の「SONG」にジュリーと共に、元タイガースメンバーとして出てた岸部一徳が出てる、というのもあって、一部オンタイムと録画で見.. Weblog: Something Impressive(KYOKOⅢ) racked: 2012-01-29 17:31