映画:感染列島



 ウイルスものが好きなので、感染列島を観てきました。企画の段階ですでにハリウッドからリメイクのオファーが、そして20ヶ国で配給のオファーが来ているほどの作品なので、期待して観に行ってきました。


●ストーリー(ネタバレあり)
 正月明けの東京都いずみ野市の市立病院。風邪の症状で1人の男性が診察に訪れた。救命救急医の松岡剛医師(妻夫木聡)が診察を担当したが、その症状はただの風邪。一応インフルエンザの検査をしたが結果は陰性。結局風邪と診察し、その男性を帰宅させた。ところが翌日その男性が救急車で運ばれてきた。高熱、けいれん、吐血、そして多臓器不全。やむなくその男性は死亡。その男性を看た医師・安藤(佐藤浩市)は処置中にその男性の血を浴びてしまう。その男性に付き添ってきた真鍋麻美(池脇千鶴)も発症。
 一方、冬休みを利用して渋谷に遊びに来ていた中学生、神倉茜(夏緒)と本橋研一(太賀)は渋谷でニュースを見た。神倉の実家がいずみ野市で経営している養鶏場でトリインフルエンザが発見され、すべてのニワトリを殺し、消毒している映像だった。

 市立病院には同じ症状の患者が殺到。さらには最初の患者の血を浴びた安藤医師も発症してしまう。外来だけでなく院内感染も引き起こした。タミフルを投与するも全く効果が得られない。病院内はパニック状態へと発展してしまう。正月休みが終わり、普段の生活が始まれば人の往来も激しくなる。そうなれば全国に感染が拡がってしまう。
 そんな時、事態を収拾するためにWHOからメディカルオフィサーの小林栄子(檀れい)が派遣されてきた。彼女の姿を見て動揺する松岡。二人はかつて恋人同士だったが、栄子の海外赴任をきっかけに別々の道を歩むことにしたのだった。
 栄子は病院内を見て回る。すでに病院内は新たな患者を受け入れられる資材も人材もなかった。栄子は新たな患者を拒否し、隔離病棟にした。そしてトリアージ(重症度や緊急度、そして助かる見込みによって治療の優先順位を決める。)をすすめる。その強引な方法は、松岡も他のスタッフも受け入れられなかったが、彼女を信じるしか道はなかった。
 手を尽くしても手を尽くしても、患者はどんどん死んでしまう。「不思議だ。今まであんなに人の死を見てきたのに自分の番になると怖い。」安藤の家族が病院に呼ばれた。愛する夫、愛する父親の手を握る事もできずに、隔離された病室の窓ガラス越しに死を看取るだけだった。
 学校も始まり、茜も学校に行くが、机や黒板には茜のところの養鶏所の所為と、嫌がらせを受けた。悔し身と悲しみに暮れて学校から帰ってくると、倉庫の扉が開いていた。茜が不思議に思って倉庫に入ると、父親の神倉章介(光石研)が首を吊って死んでいた。このパンデミックの責任を感じて自殺を図ったのだ。
 養鶏場を調査に来ていたインフルエンザの権威・仁志稔教授は、もし今回のウイルスパンデミックの正体がこの養鶏場のインフルエンザなら、章介が真っ先に感染するはずだ。今回のパンデミックとこの養鶏場は関係ないだろうと言うが、患者からそのウイルスが発見されない限り、断言できない。
 ウイルスの猛威はとどまるところを知らない。このウイルスに罹患した患者も回復する者もいた。麻美もその1人だが、致死率は60%。このままでは数日後に感染者数は数千万、死者も数百万になるという。政府は交通は凍結され、経済は大混乱。海外から日本に進出している企業も日本から撤退し始めた。
 フリーのウイルス研究者・鈴木浩介(カンニング竹山)は、独自に研究をするためサンプル提供を求めるために松岡に接触。最初は断った松岡だが、少しでも可能性があるならと患者のサンプルを鈴木に提供する。もし未知のウイルスを外部に提供したことがばれたら松岡もただではすまされない。
 数日後、鈴木はこのサンプルからウイルスを発見。インフルエンザとは関係ない未知のウイルスだった。政府はこのことを公表するが、薬やワクチンができるのは早くて半年後だという。このニュースを聞いた茜は、「人殺し!みんな人殺しだ!」と叫ぶ。父親は全く関係ないウイルスの所為で自殺に追い込まれたのだ。
 このウイルスがインフルエンザでないとすると最初に発症した男性の足取りをたどり、宿主を探す必要がある。栄子と松岡は麻美のもとを訪ねる。麻美の話では、海外の村で医者をしている父親・立花修治(嶋田久作)が結婚を祝福するために帰国したという。その時、風邪のような症状があったような気がするという。
 立花がいた国はアジアにあるアボンという島国。政府もどのくらいの島があるかも把握し切れておらず、国連にも加盟していないためWHOでも実態を把握できていない小さな国だ。松岡と仁志は、早速アボンに飛ぶ。そこでは、エビの養殖のためにマングローブを伐採し、エビの養殖場を作っていた。そしてエビが感染症にならないように抗生物質を多く使っていた。そこで謎の感染症が発症していた。二人は立花の手記を入手した。二人は感染源を特定することに成功したのだ。
 二人は日本に帰国するが、相変わらずウイルスは猛威をふるっていた。そんな中、栄子は長野の病院に派遣が決まった。しかしそこに向かう途中、栄子は鼻から出血をする。栄子も感染してしまったのだ。
 一方、茜も感染してしまう。研一は救急車を呼び一緒に病院に向かうが、隔離病院となった市立病院には入れず、入口でずっと待っていた。病院内は戦争状態。診る患者診る患者次から次へと患者は死んでいく。そんな時、松岡の耳にも栄子が感染し倒れたという情報が届く。栄子は感染したが回復した人の血を遠心分離し、その上澄みである血清を輸血するという治療法を試すという。もちろんこの方法は認可された方法ではなく、実験段階の治療法。だが、残された道はこれしかない。
 治療らしい治療ができないこの状況下では、この方法に頼るしかない。松岡は茜と血液型が同じで回復した麻美から血液を採取し、その方法を試す。なんとか茜は回復するが、栄子は死んでしまう。
 半年後、ワクチンが作られ、このパンデミックは収拾したが、日本は甚大な被害を受けてしまった。





●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 う~ん、やっぱり期待するとダメなんですね。上映時間138分とちょっと長めの作品ですが、実際長く感じました。患者を診察している時間が長くて、時間のわりにストーリーに厚味がないんですよね。
 この映画はいろいろな意味で警告をしていると思います。

 医療従事者じゃないので、感染症の薬をどうやって作るか詳しいことはわかりませんが、回復した人の血液からどうして血清を調べないんだろう?と思っていました。なんならその血清を輸血すれば?でも、患者数が多すぎるか。血清から抗体を分離して作る方法はインフルエンザのように変異が激しいウイルスや菌には適用できないので、そのためかなとも思いましたが、目から出血している時点でインフルエンザの可能性は低いとと思っていました。
 新型インフルエンザは、通常に知られているインフルエンザの症状、すなわち高熱、筋肉痛、咳、頭痛などに加えて、下痢、吐血、鼻血などがあると言われていますが、今のところ目から出血することは警告されていません。新型なので絶対ないと言えませんが。
 おそらく、近隣で鳥インフルエンザが発見されたこと、前日診察した時は風邪もしくはインフルエンザの症状だったことで、松岡医師は現在の患者の症状を見ずに、思いこみで新型インフルエンザと思いこんでしまったのではないでしょうか。
 いろんなところで、新型インフルエンザのパンデミックの訓練等が行われています。良いことだと思いますが、それがアダとなって症状を見ずにインフルエンザと決めつけることがあってはならないと思います。1つ目は医療関係者への警告でしょうか。
 順番が逆になっちゃいますが2つめは、患者に対する警告。最初の患者、どう見てもまだ元気。なのになぜ救急救命に来ているの?今問題となっている、大した病気や怪我じゃないのに救急車をタクシー代わりに呼んでいたと言うことでしょうか。行けませんねぇ~。
 3つめの警告も医療関係者へ。あれだけ院内感染が起こっているのに、治療中はマスクをしているけれど待合室などでは医師も看護師もマスクをしていない人もいる。特に、診察が終わった医者がマスクとゴーグルをはずして、手袋のまま顔をぬぐうシーンがありますが、あり得ません。なんのために今までマスクとゴーグルをしていたのか。診察を終えて気を抜いた時にこそ、感染の危険があります。
 そして4つ目は食糧問題。日本の食料自給率は40%(食糧自給率にも種類があるので一例です)。特にエビは90%が輸入だそうです。ただ、「食料自給率をあげるためにご飯を食べよう」と言うようなCMをやっていますが、ちょっと違うような気がします。うどんやパンなどに国民の食料が変わってきているのをお米に戻すのではなく、日本でも効率よく小麦を作れるようにするのが自給率を上げる方法なのではないかと思います。カメラはフイルムからデジカメに変わりましたが、メーカーがフイルムカメラを使いましょうと言ってもユーザーは聞く耳持たないでしょう。需要に会わせてデジカメを作るのがメーカーの責務。農業も同じで国民が小麦を食べたがっているのなら、需要にしたがって小麦を安く効率的に作るのが農業の責務ではないでしょうか。
 話がそれましたが、5つ目は環境問題。エビの養殖のためマングローブを伐採しているのは物語だけの話ではなく、環境関係の本を開けば書いてある事実のようです。
 6つめも食糧問題。特にエビをはじめとする養殖では抗生物質が多用されています。狭いところで過密状態で養殖するとエビもストレスを感じ病気になりやすくなりますし、大量に餌を与えるため菌も繁殖しやすく、そうした菌を殺すために抗生物質を投与しますが、そうすると体勢を持った菌やウイルスが発生します。そうした菌に感染したエビを食べた人間がその菌に感染すると抗生物質が効かないので治らないという循環になります。
 と言うわけでいろんな警告が含まれた映画だと思いますが、エンターテイメントとしては・・・微妙です。

 結局、アボンに行っても何も解決せず、環境問題や食糧問題の問題提起しただけで帰ってきました。例えばアボンで宿主を見つけそこから抗体を手に入れて薬が作れたとかならともかく、結局ストーリー的にはあまり関連性がなく、あそこだけ浮いているんですよね。しかも一介の医師が捜査まがいのことをやるなんて。自分の仕事をしろよ!って感じです。しかも交通規制が敷かれている中どうやってアボンまで行くのか?直行便はないでしょうからどこか経由で行くのでしょうが、そんなことになっている日本からの入国を認めるとは思えません。
 フリーの研究者の鈴木の存在も微妙。フリーの研究者って何?個人という意味ならば光学顕微鏡で見えない未知のウイルスを発見できる研究施設を個人で持てるのでしょうか。大学や研究機関、企業の研究部門に所属しているけれど、専門に研究しているわけではない人という意味?普通に大学の研究施設がウイルス発見しても、ストーリー的になんの問題もないのに、訳のわからない人物を登場させる意味もわからない。しかも細菌兵器として応用可能なそのサンプルを独断で渡してしまう松岡も問題があるような気がします。
 医者の行動も。。。ストーリーに関係ない患者からは生きていても呼吸器をはずしてしまうのに、ストーリーに関係する患者は死んだあともCPRやったりするのに、明らかに差別診療ですよね。
 で、どうやって解決するのかと思ったら、結局治った人の血清を使うという始末。結局、茜を救ったのは最初から僕が思っていた方法。当然この方法だと治った人からすべての患者の血清を作ることはできないのですが、これまでの方法で作られたワクチンができるまで何も打つ手無しという結末。
 と言うわけで、残念ながらリアリティもなく、期待を裏切るようなストーリーもなし。残念な映画でした。あっ、唯一リアリティがあったと思ったのは、栄子が死んだところでしょうか。ウイルスを題材にした映画のほとんどは、ウイルスに感染してもう今にも死にそうなくらい内臓が溶けた人がワクチンなり抗ウイルス剤を飲むと数時間後に回復してしまう。ウイルスは除去してもドロドロになった内臓は抗ウイルス剤では治らないので、回復するわけがないんですよね。しかも数時間で。でも、茜は復活したか。。。



観て良かった度:●●●○○ 3点










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

masya
2009年02月02日 21:49
長く、退屈な映画。
謎解きの楽しさがない。治療や、ウィルスの説明描写がしつこくて、辟易しました。
出演者は、まさに「旬の人たち」で期待感が大きかった為に、残念な印象です。また、最近の邦画の流れなんでしょうけど、「おわらい」の人たち、目だってますねえ。竹山氏も田中氏もいい役もらってます。普通に観る事が出来ました。
「生存者あり」と天秤にかけてみてました。どっちもどっちでしたね。
2009年02月02日 23:38
masyaさん、こんばんは。
そう、ちょっと退屈な場面もありましたよね。謎解きの楽しさと言うよりも、謎解きがなかったと言っていいと思います。期待していただけにちょっと残念。
僕的には生存者ありの方が良かったです。

この記事へのトラックバック

  • 【感染列島】たとえ明日地球が滅びようとも

    Excerpt: 感染列島 監督: 瀬々敬久 出演:  妻夫木聡、 檀れい、池脇千鶴、 国仲涼子、 田中裕二 公開: 2009年1月 たとえ明日地球が滅びようとも �... Weblog: 映画@見取り八段 racked: 2009-01-31 21:37
  • 映画『感染列島』(お薦め度★★★)

    Excerpt: 監督・脚本、瀬々敬久。2008年日本。パニック映画。出演、妻夫木聡(松岡剛・救命 Weblog: erabu racked: 2009-01-31 22:03
  • 感染列島☆独り言

    Excerpt: たとえ明日地球が滅ぶとも、今日君はりんごの木を植える彼女が医師になるきっかけを作った、彼女の弟が好きだったという言葉・・・”あきらめない”そんなメッセージはしっかり伝わってきました。『感染列島』を試写.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2009-01-31 23:23
  • 「感染列島」ただの細菌パニック映画ではなく・・・

    Excerpt: どうせ‘最近‘ブームの、‘細菌‘パニック&恋愛ものだろうけど、まあ妻夫木くんだし、観に行ってみようかな~ という軽いのりで行ってみたら・・・ 意外にも、チャラけたところはなく、きちんと真面目で誠実.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・ジャパン racked: 2009-02-01 01:21
  • 「感染列島」多くの犠牲の果てにみた新型ウイルスとの闘い

    Excerpt: 「感染列島」はある患者から発病した未知のウイルスにより日本が大パニックになり、都市が隔離され大混乱に陥る。その中で感染源の特定とウイルスと闘う医師の闘いを描いたストーリーである。新型インフルエンザが流.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2009-02-02 06:15
  • 『感染列島』・・・明日地球が滅びるとも今日君は

    Excerpt: ウィルス系バイオハザード物はこれまでにも傑作があるが、発端・パンデミック・終焉という基本構成に変わりはないはず。あとは人間ドラマとしての見応えや、科学・医学的観点でのリアルさとウソっぽさ(どちらも必要.. Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2009-02-02 07:16
  • 劇場鑑賞「感染列島」

    Excerpt: 「感染列島」を鑑賞してきました新型ウイルスによるパンデミック(感染爆発)の脅威が人類に襲いかかるパニック・ヒューマン・ドラマ。恐るべき致死率の未知のウイルスが日本列島に侵入、瞬く間に全国へと蔓延してい.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-02-02 07:18
  • 感染列島

    Excerpt: 公式サイト。瀬々敬久監督、妻夫木聡、檀れい、国仲涼子、田中裕二(爆笑問題)、池脇千鶴、カンニング竹山、光石研、佐藤浩市、藤竜也、嶋田久作。ついに評判の映画を見る。死者が増えるにつれ、医師たちは無力感に.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2009-02-02 08:24
  • 感染列島

    Excerpt: 「感染列島」監督瀬々敬久出演*妻夫木聡(松岡剛)*檀れい(小林栄子)*国仲涼子(三田多佳子)*田中裕二(三田英輔)*池脇千鶴(真鍋麻美)*カンニング竹山(鈴木浩介)*ダンテ・カーヴァー(クラウス・デビ.. Weblog: だめ男のだめ日記 racked: 2009-02-02 10:42
  • 感染列島/妻夫木聡、檀れい

    Excerpt: 人類を恐怖に陥れるウィルス感染を題材にした作品というのはちょっと前までは近未来SFやホラーの世界だった気がするけど、現在ではすっかり現実味を帯びてきた社会派テーマになってしまいました。それだけに私の関.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-02-02 11:11
  • 感染列島

    Excerpt: 原題:感染列島公開:2009/01/17製作国・年度:日本、2008年上映時間:138分鑑賞日:2009/01/17監督:瀬々敬久出演:妻夫木聡、檀れい、国仲涼子、田中裕二、藤竜也、佐藤浩市、池脇千鶴.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2009-02-02 13:46
  • 「感染列島」(2008)

    Excerpt: 最近、ウィルス感染の恐怖を描いたドラマや映画が多いですね。ウィルス・テロの恐怖は「24」や「ブラッディ・マンディ」が記憶に新しいのですが、テロはその感染理由がわかっているけれど、今回のようなどこの何が.. Weblog: choroねえさんの「シネマ・ノート」 racked: 2009-02-02 15:56
  • 映画感想『感染列島』 困ったなぁ、、、

    Excerpt: 内容正月早々、風邪気味の男・真鍋秀俊(山中聡)が妻・麻美(池脇千鶴)とともにいずみ野市立病院にやって来た。診察をした医師・松岡剛(妻夫木聡)は、インフルエンザの反応もなかったためタダの風邪と診察、夫婦.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-02-02 17:48
  • 感染列島

    Excerpt: 昨日はイオン下田に映画観に行ってきました~。 1本目に観たのは、「感染列島」。なんか Weblog: 欧風 racked: 2009-02-02 18:02
  • 【映画感想】 感染列島 

    Excerpt: 「感染列島」見てきました!救命救急医の松岡剛(妻夫木聡)のもとに1人の急患が運び込まれた。患者は、高熱、けいれん、吐血、全身感染を併発する多臓器不全を起こしており、これは人類が初めて遭遇する感染症状で.. Weblog: 掃き溜め日記-てれびな日々- racked: 2009-02-02 19:24
  • 映画 「感染列島」

    Excerpt: 映画 「感染列島」 Weblog: ようこそMr.G racked: 2009-02-02 23:55
  • 「感染列島」

    Excerpt: 「感染列島」試写会 よみうりホールで鑑賞 TVの動画などでもご存じと思いますが、鳥インフルエンザを想定したパニック映画かと思っていましたが、ちょっと違ったようで、それでも題名とか広告で判断して8.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2009-02-03 00:17
  • 【感染列島】

    Excerpt: 神に裁かれるのは人間か? ウイルスか?はやりモノにさっそく感染しに行って来ました[:拍手:]  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]【あら.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2009-02-03 08:46
  • 「感染列島」試写会、感想。

    Excerpt: 冒頭に「TBS」のロゴマークが。 そう言えば、自分、スクリーンでこれを見るのは「セカチュー」以来かも?何だろ、ディザスタームービーとしては「日本沈没」みたいな、荒唐無稽な感じじゃないですから、素材選び.. Weblog: Beinthedepthsofdespair racked: 2009-02-03 09:00
  • 感染列島

    Excerpt: 1月18日(日) 19:00~ キネカ大森1 料金:0円(キネカ大森ポイント使用) パンフレット:600円(買っていない) 『感染列島』公式サイト 何年か毎に登場するウィルスパニック映画。 たいて.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2009-02-03 11:33
  • 感染列島

    Excerpt: お正月から映画を見る気持ちになれなかったが、やっと行こうという段階になった。鳥インフルエンザが変異して、人から人へ感染するようになったのが新型インフルエンザだ。東南アジアで局所的な感染は起こったことが.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Hamazo racked: 2009-02-03 13:58
  • ★「感染列島」試写会♪

    Excerpt: 試写会行って来ました~ネタバレ注意「感染列島」PANDEMIC(パンデミック)出演妻夫木聡/檀れい池脇千鶴/国仲涼子/爆笑問題の田中裕二カンニング竹山/佐藤浩市/嶋田久作監督・脚本瀬々敬久救命救急.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2009-02-03 19:00
  • 試写会「感染列島」

    Excerpt: 仕事始めの日なのに、夜は試写会でした。一ツ橋ホールで「感染列島」を観てきました。ネタバレになるのであまり内容には触れませんが、空想的なお話のようだけど、実はここ数年のうちに起こってもおかしくはないとい.. Weblog: 流れ流れて八丈島 racked: 2009-02-03 19:57
  • 「感染列島」 今、そこにある危機

    Excerpt: ずいぶん前から劇場で予告がかかっていた本作ですが、こういう邦画大作は外すことが多 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-02-03 20:59
  • 09-18「感染列島」(日本)

    Excerpt: 今日、キミは林檎の樹を植える  新年を迎えた、いずみ野市立病院。救命救急医・松岡剛のもとに、一人の急患が運び込まれてくる。その患者は高熱に痙攣、吐血を催し、全身感染ともいえる多臓器不全に冒されていた.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2009-02-03 23:22
  • 【もうすぐ公開映画の予告編上映中!】『感染列島』(妻夫木聡主演)

    Excerpt: 【予告映画】 感染列島 Weblog: 映画+小説+家族=MyLife racked: 2009-02-03 23:54
  • 「感染列島」

    Excerpt: (2009年・東宝/監督:瀬々 敬久) 新型ウイルスが日本中に蔓延し、数百万人もの人が死滅する未曾有の事態の中で、人々を救う為に奮闘を続ける医師たちの姿を描いたパニック・サスペンス Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2009-02-04 16:06
  • 感染列島

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2009年1月17日 公開 ★★★☆☆ 星3っつです! この映画を観てる間は咳ができねぇ~ もし現代で、新型ウィルスが感染爆発(パンデミック.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2009-02-04 16:32
  • 感染列島

    Excerpt: 2009年23本目映画「感染列島」全世界震撼のウィルス・パニック、日本から[感染爆発]ストーリー救命救急医・松岡剛のもとに一人の急患が運び込まれてきた。高熱、痙攣、吐血、全身感染ともいえる多臓器不全….. Weblog: 腹黒い白猫は見た!! racked: 2009-02-04 20:07
  • 感染列島

    Excerpt: マスクは一人50枚は必要だよ。インフルエンザ注意報も出たと思ったら、新聞で今年のインフルエンザのうちで二番目に多いAソ連型インフルエンザでタミフルが効かない耐性ウィルスが97%占めたという話だ。インフ.. Weblog: ぷち てんてん racked: 2009-02-04 21:48
  • 感染列島

    Excerpt: 東京都内の養鶏場で鳥インフルエンザが発生。それと同時期に、いずみ野市立病院に搬送された患者が原因不明の症状で急死する。病院は新型のインフルエンザだと判断し、院内感染を防ごうとするが、病気は日本各地に広.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2009-02-05 21:01
  • 「感染列島」

    Excerpt:  恐るべき致死率の未知のウイルスが日本列島に侵入、人類は、未曾有の感染パニックに Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2009-02-07 08:50
  • 「感染列島」試写会

    Excerpt:  「感染列島」の試写会に行ってきた。初めて行くホールが会場で、仕事が片付かなくて会社を出るのが遅くなった上に、逆方向の電車に乗ってみたりして(> Weblog: 第1学区 学級日誌 racked: 2009-02-09 00:06
  • 映画「感染列島」

    Excerpt: 物語の主題は新型インフルエンザの感染爆発と思わされるけど、実はエボラ出血熱に似た新型ウイルスの脅威に立ち向かう人々の過酷な生と死がテーマ~ オープニングのフィリピンはパナウエ、世界遺.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2009-02-21 19:37
  • 感染列島

    Excerpt: 久しぶりの試写会♪妻夫木聡、壇れい出演の「感染列島」をみました。市立病院に務める松岡剛(妻夫木聡)の元に1人の急患が運ばれてきた。新型インフルエンザに類似する症状だがワクチンが通用せず、患者は死亡。や.. Weblog: ☆SunFlower☆ racked: 2009-02-23 22:49
  • ★「感染列島」

    Excerpt: 今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 NHKの大河ドラマも主演してるし、今年が頑張りドキな妻夫木聡の主演作・・・ この人・・・実は「泣きの演技」系が多い気が.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-03-14 01:19
  • mini review 09374「感染列島」★★★☆☆☆☆☆☆☆

    Excerpt: 人類が体験したことがない新型ウイルスが原因で起こる、感染拡大の恐怖と闘う人々の姿を描く、泣けるパニック・エンターテインメント。『泪壺』の瀬々敬久が脚本と監督を手掛け、新型ウイルスの爆発的な伝播が現実の.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2009-08-02 01:51
  • 感染列島

    Excerpt: 「感染列島」。 このシンプルなタイトルが逆に期待してしまいます。 正月明けのいずみ野市立病院に1人の急患が運ばれてくる。 診察した医師の松岡剛は、 インフルエンザの検査をするのだが陰性だっ.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2009-08-20 01:46
  • 感染列島

    Excerpt: 2009年:日本 監督:瀬々敬久 出演:妻夫木聡、池脇千鶴、田中裕二、檀れい、カンニング竹山、佐藤浩市、国仲涼子、藤竜也、小松彩夏 いずみ野市立病院の救命救急医・松岡剛のもとに、一人の急.. Weblog: mama racked: 2009-08-23 14:46
  • No.194 感染列島

    Excerpt: 鳥インフルエンザ、新型インフルエンザ… 現在、社会に蔓延している状況をこの映画を見ていると 思わず連想してしまう。 Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2009-09-24 00:16
  • 『感染列島』 ('09初鑑賞189・WOWOW)

    Excerpt: ☆☆--- (5段階評価で 2) 12月25日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2009-12-28 10:44
  • 映画『感染列島』を観て

    Excerpt: 9-5.感染列島■製作:東宝■製作年・国:2009年、日本■上映時間:118分■鑑賞日:1月17日、新宿アカデミー劇場(歌舞伎町)スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚本:瀬... Weblog: KINTYRE’SDIARY racked: 2011-03-12 21:25