インフルエンザにマスクを・・・




 フリーペーパーのR25を読んでいて、おもしろい広告を見つけました。映画・感染列島とコラボレーションしている白元快適ガードプロというマスク。

 話はちょっとそれますが、今まで防災用品の売れ行きランキングのトップは、乾パンや水などの非常食、懐中電灯や救急セットなどが入った防災セットが上位を占めていたのですが、最近では火災警報器マスクなどが上位を占めているそうです。

 [PR]楽天 防災グッズ特集

 地震などの災害の場合は救助が来るまでのだいたい1週間分の食料や水などを用意することが奨められています。それに対して新型インフルエンザのパンデミックの場合は最低でも2週間、できれば2ヶ月分のマスク、食料や飲用水を準備しておくことが奨められています。
 1週間分の乾パンなら、賞味期限が近づいてもおやつ代わりに食べることができますが、さすがに2ヶ月分となると賞味期限が近づいても処理できないですよね。そもそも2ヶ月分のマスクならともかく、2ヶ月分の食料や飲料水を保管しておく場所なんて、なかなか用意できないですよね。


 話を元に戻しますが、この広告(右)何がおもしろいかというと、「ウイルス・花粉を含む飛沫99%カット」なんですって。それは良いんですが、その注釈に「花粉・ウイルスを含む飛沫を5ミクロン以上とした場合」と書いてあるんです。
 何がおもしろいって、ほとんどのウイルスの大きさはだいたい0.3ミクロン以下です。大きいウイルスでも1ミクロンもなく、ほとんどの場合、電子顕微鏡でないと見えません。ノロウイルスはとても小さく0.04ミクロン。インフルエンザウイルスの大きさはだいたい0.1ミクロン。ちなみに細菌は1ミクロン以下くらい、菌は10ミクロン以下くらい。(菌、細菌は結構幅があるのでアバウトです。)

 5ミクロン以上の飛沫を99%カットできるかもしれませんが、5ミクロン以上のウイルスなんてそうそうありません。もちろんインフルエンザウイルスは素通りすることになるのではないのかなぁ?って思ったんです。
 で、調べてみると、インフルエンザウイルスって、空気感染ではないようです。空気感染ではなく飛沫感染。あっ!なるほど。僕としたことが・・・。
 空気感染とは、例えば感染者が咳やクシャミでウイルスが口から飛び立ちます。この時ウイルスが単体で漂うのではなく、唾液などの水分と一緒に飛び出します。空中で水分が蒸発するとウイルスなど病原体が単体で空気中を浮遊します。ウイルスは上述したように小さいので、空気中を漂います。これを他の人が吸って感染します。麻疹や結核などがそうです。
 飛沫感染とは、咳やクシャミなどで体外に出るまでは一緒ですが、ウイルスなど病原体そのものが他の人に吸われるのではなく、一度空気中のほこりなどの飛沫にウイルスがくっついて、それを吸い込むことで感染します。このほこりなどの大きさは一般に5ミクロン以上なので、ウイルスよりも断然大きなものしか防げないマスクでも大丈夫なんだそうです。

 ちなみにマスクには喉の乾燥を防ぐ効果もあります。通常、喉は繊毛というのがあり、異物を体外に排出しようとしますが、喉が渇くと繊毛がうまく動けず異物を排出できません。このため、感染しやすいんです。だから喉の乾燥を防ぐことが予防に効果があるんですね。
 ガーゼマスクなど“不織布”でないマスクは、防湿効果はあるものの、ウィルスを含む飛沫を防ぐ効果はほとんどないようです。

 マスクの有効性はわかりましたが、うざくってメガネは曇るし、なかなかする気にならないです。。。特に曇らないと謳っているマスクでも、バイクに乗るのでフルフェイスヘルメットをかぶるとまず曇っちゃうし・・・。
 でも、年をとってただの風邪をひいても治りが遅くなっちゃったし、やっぱり予防は大事かなぁ。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

masya
2009年02月08日 01:11
テレビで特殊撮影装置を使って、患者の菌(実際には口から出たもの)の広まる様子をビジュアルで示す実験結果を報告する番組を観ましたが、神経質な人は素手では何も触れなくなるような印象です。
普段は気にもかけてませんが、人間の菌に対する抵抗力は相当なものなんですね。
自分はマスクはしませんが(どうも、好きになれません)うがいと手洗いは意識してするようにしています。それでも、年に一度は風邪ひきますけどね。
2009年02月08日 03:54
masyaさん、こんばんは。
人間の免疫ってすごいですよ。感染を防ぐためのワクチンにしても結局自分の免疫に頼っているわけですから。
接客業こそ自営のためにマスクをしなくてはいけないと思うのですが、逆にお客の観点で見ると、店員やタクシードライバーがマスクをしていると、体調悪いなら接客するなよ!って思ってしまいますね。

この記事へのトラックバック