映画:誰も守ってくれない



 う~、記事にしていないタイトルが溜まってきてしまった。例によって、観てから記事にするまで1週間近くたってしまいましたが、今回は誰も守ってくれないです。
 観ようか迷っていたのですが、製作が亀山千広さん、世界の亀山品質ですからね。とりあえず観ることにしたんです。


●ストーリー(ネタバレあり)
 1月24日。警察車両がある一件の家の前で止まる。植木を踏み荒らしながら刑事らがその家の中に踏み込む。小学生終い殺人事件の容疑者としてこの家の長男・船村真人を逮捕しに来たのだ。
 その頃何も知らない妹・船村沙織(志田未来)は、体育の授業を終え、体操着から着替えて教室に向かうところだった。血相を変えた先生が駆けつけ、その事を告げる。
 平凡な四人家族を襲った突然の出来事だった。

 「出てきました!今、容疑者の少年が出てきました!」船村家の前はマスコミでいっぱいだ。「家族の写真あったら1万円で買うよ~!」と近隣住民に話しかける雑誌記者。「遺族に謝れ!」「人殺し!」近隣からの罵声も止まない。そこには新聞社の梅本(佐々木蔵之介)の姿もあった。
 詩織が家に帰ると、容疑者家族保護のマニュアルに乗っ取り手続きが行われていく。何が起こっているのかもわからずサインをする両親と詩織。あれよあれよという間に夫婦は離婚させられ、新たに婚姻して夫が妻の籍に入る。「これで君は船村から母親の旧姓に名前が変わりました。次はこの書類にサインをお願いします。」わけもわからないままサインをすると「これで就学義務免除の手続きが終わりました。学校には行かなくても良くなりました。」「なんで?なんで、学校に行っちゃいけないの?お兄ちゃんは?お兄ちゃんと名前が変わっちゃうの?家族なんだよ!」そんな声は警察には届かない。

 東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)と三島(松田龍平)は、坂本係長(佐野史郎)から容疑者家族の保護を命じられた。二人は詩織を事情聴取のために警察が手配したホテルへと護送することになった。勝浦らは詩織を車に乗せ出かけるが、マスコミが執拗に追いかけ、詩織の写真を撮ろうとする。「なんで私の写真を撮るの?」と叫ぶ詩織に、勝浦は「これからずっと追われることになる。」と答える勝浦。
 なんとかマスコミを振り切った勝浦らだが、すぐにそのホテルにもマスコミが押し寄せてきた。勝浦らは別の場所に詩織を護送することになるが、詩織の親戚の家にもマスコミは現れ、行き場を失う。上からの指示もなく、勝浦はとりあえず自分の家に彼女を連れて行くことにする。
 そこで詩織は携帯電話を家に忘れてきたことに気がつき、勝浦に家に戻りたいと言う。しかしマスコミの中に彼女を戻すわけにも行かない。勝浦は精神科医の尾上(木村佳乃)に彼女のことを頼み、家へと向かう。
 ところが勝浦が家に駆けつけると、母・船村澄江がトイレで首を吊って自殺を図った。勝浦は心肺蘇生を試みるが、澄江は息を引き取ってしまう。
 携帯電話を持って詩織をかくまっている家に戻る勝浦。勝浦は尾上に、母のことを告げるべきかを相談するが、精神安定剤のある尾上の家に向かうことにする。尾上が詩織に母が亡くなったことを告げようとするが、詩織の彼氏の園部(冨浦智嗣)からの電話で、母が亡くなったことを知ってしまう詩織。
 一方、新聞記者の梅本が勝浦の居場所を突き止めた。「遺族は容疑者だけでなくその家族にも罪を償って欲しいと願っている。死んで償えと思っている。」と勝浦に詰め寄る。

 勝浦は妻とうまく行っておらず、離婚の危機にあった。しかし娘の美菜が、妻とやり直すチャンスと家族旅行を計画してくれたのだ。しかしこのままでは旅行には行けそうもない。勝浦は詩織を連れ、旅行先である西伊豆のペンションへと連れて行くことにした。ペンションのオーナー・本庄圭介(柳葉敏郎)は、妻の久美子(石田ゆり子)と二人でこのペンションをやっている。昔、勝浦は麻薬の売人(柄本時生)を追っていたが上司の坂本の命令で彼を泳がし、組織ごとあげるようとしていた。ところが勝浦がちょっと目を離したすきにそいつは本庄の息子を殺してしまったのだ。勝浦はそれ以来毎年ここに線香をあげに来ているのだ。圭介と久美子はそんな勝浦と、容疑者の妹である詩織を温かく受け入れてくれた。

 ところが誰にも居場所を知らせていないのに、野次馬が現れ始めた。ネットの掲示板に居場所が書かれていたのだ。それだけではなく、勝浦の過去も梅本によって報道され、被害者ではなく容疑者の家族を守る警察、自殺を許した警察への非難も綴られていた。そんな時、美菜から勝浦に電話が入る。勝浦の実家にも野次馬が現れたのだ。勝浦は三島に家族の保護を要請する。三島はネットの管理者を逮捕するが、同じようなサイトはいくつも現れる。いたちごっこだ。
 詩織の居場所をネットに書き込んだのは、詩織自身だった。やり場のない怒りは勝浦を困らせたいという気持ちに変わったのだ。
 一方、坂本は勝浦に自供をとれと言う。自分のところで自供がとれれば坂本の昇進につながるからだ。自供したら母親の痛いに会わせてやると言う交換条件をつけてさっさと自供させろという坂本。
 その夜、園部がこのペンションを訪れた。詩織が心配で駆けつけたという。「僕が守ってやる」という園部の言葉に、詩織は園部とこのペンションを出ていってしまう。街に出た二人は少し休もうと、ホテルへと入っていく。園部は「何か買ってくるから、ここから動いちゃダメだよ。」と部屋を出て行く。その一部始終は、盗撮用に取り付けられたカメラからインターネットを通して全国に放映されていた。
 その頃、勝浦は行方のわからなくなったしおりを捜して走っていた。その時、ちょうど園部の姿を発見し、彼を捕まえると「人殺しの妹なんかとつきあえるかよ!」と、金のために詩織を売ったことを認めた。勝浦が詩織の居場所を聞き出し駆けつける。ところがカメラを取り付けた奴らが勝浦を襲い、殴る蹴るの暴行を受ける。彼らを取り逃がした勝浦は詩織を連れて浜辺へと向かう。勝浦は母親が自殺したときに握りしめていた写真を詩織に渡し、「これからは君が家族を守らなきゃいけないんだ。」と告げる。
 ペンションに戻った二人。詩織は事件のあった日、兄が血まみれで帰ってきた事を自供することにした。

 家族の元に戻ろうとする勝浦に、詩織は勝浦が忘れて行った娘へのプレゼントを手渡す。

 その頃、別の事件の容疑者が逮捕された。ネットの興味は詩織からそっちの容疑者へと移っていった。梅本は「ボールを蹴ったのは俺だったよな。俺はボールをキープしていると思っていた。でも気がついたら足下は坂になっていたんだよ。」とぼやく。





●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 映画の内容に関する感想じゃないんですが、ここに出てくるペンション見覚えがある!と思ったら泊まったことのあるとこじゃん!西伊豆、浮島にあるサンセットリゾート。2回しか行ったことないですが、料理はおいしかったし、温泉も良かった。そしてダイビングも、ウミウシいっぱい、地形もそこそこのポイントです。あ~!あそこで俺も食事した!というところに柳葉敏郎が!石田ゆり子が!別にたいしたことじゃないけれど、思い入れのある場所が出ていると感慨深いですよね。
 ちなみに、映画にはほとんど出てこなかったけれど、あそこの冬の夕焼けってすっっっっごく、きれいなんですよね~。(映画に出ていたシーンをより何倍もきれいです。)

 映画の感想ですが、どこまでホントなんでしょうかね。あんな危険なカーチェイスとかってあるんでしょうか。作品資料によると「今の日本で起きている、ありおままの状況を浮き彫りにしていく」とありますが、さすがに容疑者の家族をネットでライブ映像公開って・・・。手続きのために区役所の職員や裁判所の人たちまで一堂に会してなんて迅速なんだろうか。ネットは次の事件に興味が移ってしまうシーンが最後に描かれていましたが、ペンションがわかった時点でマスコミが現れなかったのは、ネットよりもマスコミの方が飽きやすいんじゃんと思います。

 で、見終わったあとの満足度は良かったんですが、記事にしようとしてよく考えると、結局何が言いたかったんだろう?結局、真人が犯人でひねりも何もなく詩織がその時の状況を自供。まぁ、この手の映画はどんでん返しを期待するのではなく、過程を観る映画だと思うのでその辺は良いのですが。ネットの匿名性の怖さ?無責任に騒ぐマスコミ?それを期待する一般人?
 この作品はこの作品でおもしろかったけれど、ちょっと物足りない感じがします。社会派映画は約2年前に観たそれでもボクはやってないの方が数段上に思えます。

 ちなみにどうでも良いことですが、ADSLや光、無線LANが主流の今の世の中で、インターネットの効果音が「ピーギャー」ってモデムを使っていた頃の音ってどうなの?音楽はリベラの歌声がとても素敵でした。


p.s.
 「誰も守れない」という本作品と連動企画のドラマがあったらしいのですが、観たかったなぁ~。こちらは本作品とは反対に被害者保護がテーマだそうです。



観て良かった度:●●●●○ 4点










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年02月15日 22:57
こんばんは~。
TBありがとうございました。
この作品は犯罪者を家族に持ってしまった、
「親」の目線で見てしまったので、
いろいろな意味で心が痛みました。
犯罪を犯してしまった少年と、
その家族として共に十字架を背負わされてしまった少女と。
彼らの未来を考えると暗澹としてしまいました。
自分の知らなかった世界。
自分では気付かなかった視点。
そういったものに触れさせてくれた作品です。

ドラマの「誰も守れない」は、
この映画の過去を描いていて、秀逸でしたよ。
話を映画に旨くつなげてあり、理解しやすくなっていました。
2009年02月16日 00:58
hyoutan2005さん、こんばんは。
いつもTBだけでコメント残さずすみません。
事件だけでなく、過ちを犯してしまったあとの事って教わる機械がないですよね。例えば教習所でも事故を起こしてしまったあとのことは教えてくれませんし、学校でも受験を受けるための勉強はするけど落ちてしまった時のことは感知せず。会社でもコンプライアンスを守れと言うけれど違反してしまった時のことは何もなし。事件ももし起こしてしまったあとのことは誰も教えてくれません。裁判員制度がそれなのかもしれませんが、実際に裁判員として参加する人は少ないですし。

「誰も守れない」は録画した人を見つけたのですが、ハードディスクには保存しているけれどDVDが壊れていてダビングしてもらえませんでした。。。(涙)
2009年02月17日 21:15
こんばんは。
TBありがとうございます。
被害者にも加害者にもなりたくないけど、こんな時代。何があってもおかしくないですね。そんな映画でした。
2009年02月18日 07:40
ここさん、コメントありがとうございます。
禁煙の場所でタバコを吸っているのを注意しただけなのに殴られたりと、ホントに何が起こるかわからないですよね~。

この記事へのトラックバック

  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 主演・佐藤浩市、志田未来。監督・君塚良一、製作・亀山千広というフジテレビの定番製作陣。コレだけ揃えばヒット確実と言えるメンツです。さて、ただいま1月24日の23時をまわったところ。本作の前番組『誰も守.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2009-02-14 14:15
  • 「誰も守ってくれない」

    Excerpt: 敢えて露骨な商魂に乗ってみるのも悪くない。どうやら結構近所に住んでいるらしい志田未来ちゃん。一度くらいビナウォークで見かけてもおかしくないと思うのだが、いたらいたで好奇の目で見てしまうのは間違いなく、.. Weblog: ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ racked: 2009-02-14 14:17
  • 『誰も守ってくれない/Nobody to watch over me』―池袋から伊豆、そして、「光」へ。

    Excerpt: 「好奇心」というものの、残虐性。 Weblog: トーキョーワッショイ - 東京人が一番見たい東京ネタ racked: 2009-02-14 16:51
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 公式サイト。君塚良一監督、佐藤浩市、志田未来、松田龍平、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、木村佳乃。予告編では殺人容疑者の少年の妹沙織(志田未来)が喚き散らしていたので少し引いたけれど、実は喚くのは.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2009-02-14 17:57
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 「誰も守ってくれない」監督君塚良一出演*佐藤浩市(勝浦卓美)*志田未来(船村沙織)*松田龍平(三島省吾)*石田ゆり子(本庄久美子)*佐々木蔵之介(梅本孝治)*佐野史郎(坂本一郎)*津田寛治(稲垣浩一).. Weblog: だめ男のだめ日記 racked: 2009-02-14 18:07
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 昨日はイオン下田に映画を観に行ってきました~。 今回観たのは、「誰も守ってくれない」。土曜の夜にその映画の前の話に当たる、ドラマ Weblog: 欧風 racked: 2009-02-14 20:06
  • 【誰も守ってくれない】人の心の痛みが解る時

    Excerpt: 誰も守ってくれない 監督: 君塚良一 出演:  佐藤浩市、志田未来、松田龍平、佐々木蔵之介、柳葉敏郎 公開: 2009年1月 第32回モントリ�... Weblog: 映画@見取り八段 racked: 2009-02-14 20:19
  • 『誰も守ってくれない』・・・救いのない中から見えてくる希望

    Excerpt: 事件の被害者ではなく加害者側、すなわち容疑者の家族を警察が守る場合があるという。警察は公に認めていないそうだが、その是非はともかくとしてこういう対応はあって当然な気がする。 Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2009-02-14 21:47
  • 誰も守ってくれない/佐藤浩市、志田未来

    Excerpt: 警察には犯罪者の家族を保護するという役割もあるそうで、その事を『踊る大走査線』の取材過程で知った君塚良一さんがテーマに据えて脚本、監督を務め作り上げた社会派ドラマです。予告編を見てもやっぱりTV色は感.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-02-14 21:48
  • 誰も守ってくれない (佐藤浩市さん)

    Excerpt: ◆佐藤浩市さん(のつもり)佐藤浩市さんは、現在公開中の映画『誰も守ってくれない』に勝浦卓美 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-02-14 22:07
  • *誰も守ってくれない*

    Excerpt: {{{   ***STORY*** 幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、中学生の妹・船村沙織の担当は刑事の.. Weblog: Cartouche racked: 2009-02-14 22:12
  • 映画「誰も守ってくれない」

    Excerpt: 映画「誰も守ってくれない」を鑑賞して来ました。 Weblog: FREE TIME racked: 2009-02-14 23:12
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 犯罪に係わる人間を描く秀作だが、何よりその視点がユニーク。殺人犯の妹の、15歳の少女・沙織を保護する刑事・勝浦は、彼女を世間やマスコミから守るためマニュアルに従い逃避行を続ける。警察が犯罪者の家族を保.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2009-02-14 23:59
  • 【映画】誰も守ってくれない

    Excerpt: ▼動機 時間的にこれしか合わなかったっていう話 ▼感想 マスコミの良心を信じようとした私がバカだった ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり やっぱり ▼あらすじ ニッポン放送株取引にて.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2009-02-15 00:10
  • 『誰も守ってくれない』 (2009)/日本

    Excerpt: 原題:Nobodytowatchoverme監督:君塚良一出演:佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、木村佳乃公式サイトはこちら。<Story>幼い姉妹の殺害事件で未成年の.. Weblog: NiceOne!! racked: 2009-02-15 00:30
  • 「誰も守ってくれない」加害者家族を守る刑事のみたマスコミとネット犯人たちの狂気

    Excerpt: 「誰も守ってくれない Nobody to watch over me」は殺人を犯した18歳の少年の加害者家族を守るために任命された警察官がマスコミ、一般市民の迫害から加害者家族を守っていくストーリーで.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2009-02-15 00:47
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: ■ストーリー■平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従っ.. Weblog: 映画君の毎日 racked: 2009-02-15 00:50
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 小学生姉妹殺害事件の容疑者として18歳の少年が逮捕された。警察はマスコミから容疑者の家族を守るために警護をつける。容疑者の妹・沙織の警護を言い渡された勝浦は、執拗に迫るマスコミやネットの誹謗中傷.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2009-02-15 07:39
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 監督・脚本: 君塚良一 キャスト 勝浦卓美(東豊島署刑事)☆佐藤浩市 船村沙織(中学三年生)☆志田未来 三島省吾(勝浦の後輩刑事)☆松田龍平 尾上令子(精神科医師)☆木村佳乃 本庄圭介.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2009-02-15 09:00
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 友人や彼氏に囲まれ、楽しい中学生活を送っていた船村沙織。けれど、幼い姉妹を刺し殺した事件で兄が逮捕され、彼女や両親の生活は一変します。自宅はマスコミに取り囲まれ、世間の厳しい目に晒され...。警察は、.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2009-02-15 09:31
  • 映画感想『誰も守ってくれない』 守ると言う事

    Excerpt: 内容明後日から休暇。離婚寸前の妻との関係を修復しようと娘・美菜が計画してくれた、知人のペンションへ向かう旅行。『もしかしたら。。。。』そんな期待を抱きながら、東豊島署の勝浦卓美刑事(佐藤浩市)は、同僚.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-02-15 09:44
  • 試写会「誰も守ってくれない」

    Excerpt: これから、一ツ橋ホールで試写会「誰も守ってくれない」を観ます。心に傷を抱えた刑事(佐藤浩市)が殺人犯の妹となった少女(志田未来)を守る。という「社会派ヒューマンエンターテイメント!!」だそうです。あま.. Weblog: 流れ流れて八丈島 racked: 2009-02-15 10:03
  • 試写会「誰も守ってくれない」

    Excerpt: ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「誰も守ってくれない」の試写会に出席してきました社会的に注目を集める殺人事件を巡って巻き起こるネットの暴走やマスコミ報道のあり方を、警察による容疑者家族の保護と.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-02-15 10:23
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 声を聞こう。人の声を。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-02-15 11:09
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: ある日当然、兄が殺人犯となったことで自身が殺人犯の妹となってしまった 少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会特有の動きを描いた 社会派ドラマ。 両親と兄とで何不自由なく暮らしていた15.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-02-15 11:30
  • 「誰も守ってくれない」

    Excerpt: 映画「誰も守ってくれない」を観に行きました。 Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2009-02-15 15:29
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 《誰も守ってくれない》 2008年 日本映画 - 英題 - NOBODY TO Weblog: Diarydiary! racked: 2009-02-15 15:58
  • 2009-23『誰も守ってくれない』を鑑賞しました。

    Excerpt: 映画を鑑賞しました。秊 2009-23『誰も守ってくれない』(更新:2009/01/25) * 評価:★★★★☆ 一ヶ月フ.. Weblog: はっしぃの映画三昧! racked: 2009-02-15 16:27
  • ★誰も守ってくれない(2008)★

    Excerpt: Nobodytowatchoverme<モントリオール映画祭・最優秀脚本賞受賞>殺人犯の妹となった少女と彼女を守る刑事の逃避行が始まる──。上映時間118分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月.. Weblog: CinemaCollection racked: 2009-02-15 17:19
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 「誰も守ってくれない」 製作:2008年、日本 118分 監督、脚本:君塚良一  Weblog: 映画通の部屋 racked: 2009-02-15 17:44
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt:  君塚良一監督の邦画、「誰も守ってくれない」です。TOHOシネマズ六本木のスクリーン6で観賞しました。  先週見逃したこの作品ですが、今日はちゃんと電車で行って観てきました。... Weblog: Men @ Work racked: 2009-02-15 18:05
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2009年1月24日 公開 ★★★★☆ 星4っつです。 マスコミより情報収集が早いネット社会・・・背筋が凍るねぇ。 最初にやや飛ばし過ぎという感.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2009-02-15 18:10
  • 『誰も守ってくれない』

    Excerpt:  殺人犯の妹となった少女と  彼女を守る刑事の逃避行が始まる。。。    個人評価 ★★★   Weblog: 『映画な日々』 cinema-days racked: 2009-02-15 19:14
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 誰も守ってくれない’09:日本 ◆監督・脚本: 君塚良一「MAKOTO」「容疑者 室井慎次」◆出演:佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之助、佐野史郎、木村佳乃 ◆STORY◆幼.. Weblog: ☆C'est joli~ここちいい毎日を~☆ racked: 2009-02-15 20:10
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 原題:Nobodytowatchoverme公開:2009/01/24製作国・年度:日本、2008年上映時間:118分鑑賞日:2009/01/24監督:君塚良一出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、石田.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2009-02-15 20:41
  • 「誰も守ってくれない」~家族が犯罪者に・・・ある日突然世界が変る。

    Excerpt: 『誰も守ってくれない』 Nobody to watch over me (公開200.. Weblog: ひょうたんからこまッ・Part2 racked: 2009-02-15 22:52
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 2月8日(日) 19:00~ 有楽座 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『誰も守ってくれない』公式サイト 踊る大捜査線コンビの映画。.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2009-02-15 23:29
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 今日は「誰も守ってくれない」の試写会をニッショーホールで観てきました。 佐藤浩市のファンなので、映画を観る前から高評価を付けちゃいますが、実際の映画もとてもよかったです。 心に深い傷を抱え.. Weblog: まぁず、なにやってんだか racked: 2009-02-16 17:50
  • 映画『誰も守ってくれない』

    Excerpt: 昨日前日譚『誰も守れない』をTV放映していた『誰も守って切れない』。ミント神戸にて鑑賞しました。監督は、『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一さん。 Story 幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が.. Weblog: 健康への長い道 racked: 2009-02-16 19:06
  • 『誰も守ってくれない』

    Excerpt: 誰も守ってくれないをみました。君塚良一監督、佐藤浩市、志田未来、松田龍平、石田ゆり子、佐々木蔵之助ほか。 ある日突然殺人犯の妹になってしまった15歳の少女は自分の置かれた状況を理解できずに社会か.. Weblog: Mooovingな日々 racked: 2009-02-17 06:31
  • 『誰も守ってくれない』試写会鑑賞

    Excerpt: 幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、中学生の妹・船村沙織の担当は刑事の勝浦に任される。ホテルや自宅アパート、.. Weblog: 映画な日々。読書な日々。 racked: 2009-02-17 20:59
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 久しぶりに1人で映画館に行きました。 私の好きなタイプの映画です。   誰も守ってくれない   平凡に暮らす船村家の長男が 小学生姉妹殺人事件の容.. Weblog: 毎日楽しいやん racked: 2009-02-17 21:13
  • 【誰も守ってくれない】

    Excerpt: 監督:君塚良一 出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎 「防犯課の刑事勝浦は、18歳の少年が二人の少女を殺害した罪で逮捕された船村家、容疑者家族の保護.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2009-02-18 15:00
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 映画「誰も守ってくれない」を観てきました!! 映画館で予告編を観てから、なかなか興味深い題材だなあと思って、公開されたら絶対に観に行こうと心に決めてたんですよ。 第32回モントリオール映画.. Weblog: Thanksgiving Day racked: 2009-02-18 22:54
  • 誰も守ってくれない☆独り言

    Excerpt: 公開当日にTVで『誰も守れない』というSPドラマ放映うまいな・・・やっぱりフジテレビ(笑)とはいえ、TVドラマのほうは、吸引力ではいま一つな感じでしたが・・・それぞれのキャラ紹介としてはいい感じの効果.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2009-02-18 23:44
  • 『誰も守ってくれない』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

    Excerpt: キャストが来なきゃ映画を見る気がしない(爆)「レッツハンサム!」からあまりインターバルを空けず、またまた舞台挨拶へ行ったのだが、忙しくてUP出来ず2週間が経過・・・ドラマ化まで決まってた(爆)今回の舞.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2009-02-22 22:51
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 誰も守ってくれない(OST)村松崇継 EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2009-01-21by G-Tools Weblog: 毎日が映画記念日 racked: 2009-02-25 20:04
  • 「誰も守ってくれない」 守ること、守られること

    Excerpt: 皆があたかもそう言っているかのように一方的に書くメディア。 他人の中傷ばかりをす Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-02-26 07:36
  • 誰も守ってくれない■これは、極めて悪質な映画である!

    Excerpt: 中学校の平和な日常風景。スポーツにおしゃべりに夢中になって楽しむ女の子の姿。一方で彼女の自宅へ殺到する警察やマスコミの車両。対照的な情景のカットバックの積み重ねが観客をドラマの中に引き込んでいく。テン.. Weblog: 映画と出会う・世界が変わる racked: 2009-03-03 00:59
  • 誰も守ってくれない <ネタバレあり>

    Excerpt: 試写会に当たったので お友達と観に行ってきましたが重い、実に重い内容ですこの映画は 容疑者の家族側の話になっているので 普段あまり知り得ないことや容疑者の家族が世間からどういう仕打ちを受けるのかという.. Weblog: HAPPYMANIA racked: 2009-03-17 05:18
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 製作年:2008年 製作国:東宝 監 督:君塚良一 それまで Weblog: いつか深夜特急に乗って racked: 2009-03-22 23:32
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 《誰も守ってくれない》 2008年 日本映画 - 英題 - NOBODY TO Weblog: Diarydiary! racked: 2009-03-25 15:10
  • 09-34「誰も守ってくれない」(日本)

    Excerpt: 私は悪くないのに  ある日突然、未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまった船村家。両親と15歳の妹・沙織は状況も分からぬままマスコミの好奇の目に晒され、激しいバッシングに追いつ.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2009-05-28 00:53
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 容疑者は18歳の少年だった。 マスコミから容疑者の家族を守るよう指示された勝浦刑事だったが。 冒頭から離婚届だのってあまりにも現実過ぎ... Weblog: 単館系 racked: 2009-07-13 14:52
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 加害者の家族に視点を当てた映画だということと タイトルに魅かれて観てみました。 幼い姉妹の殺害事件が起きる。 平凡な4人家族の船村家の未成年の長男が容疑者として連行される。 その瞬間から彼.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2009-10-12 11:27
  • 誰も守ってくれない

    Excerpt: 「誰も守ってくれない」(2009)を観ました。監督:君塚良一出演:佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、   石田ゆり子、佐々木蔵之助、佐野史郎、木村佳乃<内容>幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される.. Weblog: paseri部屋 racked: 2009-12-23 17:04
  • 【映画感想】誰も守ってくれない(佐藤浩市×志田未来)[2010-002]

    Excerpt: 殺人犯の妹。そんな立場に立たされた少女に向けられる、過酷で理不尽な世間からの風当たり。 佐藤浩市、志田未来主演の映画『誰も守ってくれない』は、殺人犯の家族という重いテーマを真正面から描いた社会派ドラ.. Weblog: 映画+小説+家族=MyLife racked: 2010-01-15 01:38