映画:チェンジリング



 久々に、たぶん1年以上ぶりに銀座で映画を観ることに・・・。知らない間に日劇がTOHOシネマズになっていて、14日だったので、TOHOの日ということで1,000円で鑑賞。最近はちょっとした繁華街に映画館が乱立されているので銀座で観る人って減っているのかと思いきや、かなりの人でした。と言うわけで、チェンジリングを観てきました。


●ストーリー(ネタバレあり)
 クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は電話会社に勤めるシングルマザー。ロサンゼルス郊外に9歳になる一人息子のウォルター(ガトリン・グリフィス)と二人で暮らしていた。父親の顔を知らないウォルターにつらい思いをさせまいと、クリスティンは多忙な日々を送っていた。

1928年3月10日
 仕事が忙しく、クリスティンは会社から呼び出しの電話を受ける。ウォルターを1人残すことを少し後ろめたく思いながらもクリスティンは職場へと出かけていった。
 夕方、ウォルターのことを心配して大急ぎで帰ってくるが、家の中はもぬけのから。近所を探すが一向にウォルターは見つからない。半分取り乱しながら警察に電話をかけるが、子どもの行方不明のほとんどは翌日に戻ってくることが多いという理由で、通報を受けてから24時間は捜索しない方針だと言われる。
 翌日から警察の捜索が始まったが、有力な手がかりは全く見つからない。事件なのか家出なのか、それすらもわからず時間だけが無情に過ぎ去る。
 クリスティンにできることは、毎日行方不明者相談所に電話をかけることだけだった。

5ヶ月後
 ウォルターが行方不明となってから、早5ヶ月。ロサンゼルス市警青少年課のジョーンズ警部(ジェフリー・ドノヴァン)らが職場にやってきた。ウォルターがイリノイ州で見つかったというのだ。会社の同僚も喜び涙した。
 ロサンゼルス市警は市民から怠慢だと言われていた。ロサンゼルス市警のデイヴィス本部長(コルム・フィオール)は、今回のウォルター発見を大々的にマスコミにアピールし、ロサンゼルス市警の評判を回復しようと、感動の母と息子の対面のセレモニーをセッティングした。
 いよいよ息子が帰ってくる日、多くの記者に囲まれながら駅で列車がやってくるのを待つクリスティン。ところが列車から降りてきた少年はウォルターではなかった。「息子じゃない。」と訴えるクリスティンだが、ジョーンズは「5ヶ月も経てば雰囲気も変わる。まだ同様しているだけだ。」とクリスティンの話を聞かない。強制的にその子を引き取るように言われる。

 自分のことを「ママ」と呼ぶこの少年(デヴォン・コンティ)は何ものなのか。クリスティンは仕方なくこの子を家に連れて帰ることにする。
 しかし翌日も人違いであることを警察にいいに行くが、全く取り合ってくれない。彼をウォルターだと認定した医学的証拠もあるという。しかし、彼がウォルターではないことは日々明白になっていく。言葉遣いが違うし、学校に行けば自分の席も覚えていない。歯医者に行けば歯並びがウォルターとは違うという。なにより壁につけていた身長よりも7cmも小さい。学校の教師も、歯医者もこの子がウォルターではないことを書面にしてくれるという。ロス市警の怠慢を日々訴えている神父(ジョン・マルコビッチ)も味方になってくれた。

 その事をふまえてクリスティンは再々ジョーンズ警部に訴えるが、ウォルターを診察した警察お抱えの医者は、極度の精神的ショックがあれば身長が縮むこともあり得る。警部は、「母親の責任から逃げようとしている」とクリスティンを非難し、さらに一歩も引かないクリスティンを、「自分の息子がわからない」と精神病院に入れてしまう。

 神父らに助ける間もなく病棟に送り込まれたクリスティンは、同じく警察に刃向かったために精神病の名の下この病棟に入れられたキャロル(エイミー・ライアン)と知り合う。彼女によると同じように警察を怒らせたことでここに入れられた人が大勢いることを聞かされる。キャロルは、ここで生き残る唯一の手段は、言うことに従うだけだと言われる。
 クリスティンは医師に「人違いの主張は間違えだったという書類にサインすれば、ここから出られる。」と言う。しかしクリスティンは、そんなウソの書類にサインはできないと、日々かたくなに断り続けていた。

 一方、警察はカナダからの違法滞在者である少年を発見した。彼をカナダに強制送還しようとしたところ、驚くべき告白をしたのだ。それは彼のいとこであるゴードン・ノースコット(ジェイソン・バトラー・ハーナー)が、少年達を誘拐し、そして殺害、その遺体を郊外の農場に埋めているというのだ。そしてその手伝いをさせられていたと言う。
 最初、彼の言うことを信じなかったロス市警だが、その少年の言う場所を掘り返すと白骨化した遺体が出てきた。その少年にウォルターの写真を見せると、ゴードンが殺害した少年の1人だという。
 さすがのロス市警も、ウォルターが人違いであることを認めざるを得なかった。
 その頃、クリスティンは反抗的な態度に電気ショックという虐待を受けようとしていた。そこに神父らが現れ、間一髪クリスティンを助け出した。

 ロス市警はウォルターが間違えだったことを認めたものの、さっさとこの事件を片付けるため、大した操作もせずにウォルターがゴードンによって殺されたと断定し、操作を終了してしまう。
 クリスティンはそんなロス市警とウォルターを取り戻すため再度戦うことを決意する。一方、神父の力で今まで市や警察を相手取って裁判をしたことのある弁護士を無料で雇うことができた。
 もし、警察が24時間待たずにすぐに捜査していたらウォルターは助かったかも知れない。。。そう訴えるクリスティンらは見事勝訴し、ジョーンズ警部は無期停職に。一方、ゴードンも死刑が確定した。

7年後
 7年間、ウォルターのことを忘れずに、行方不明者相談所に連絡を入れるクリスティンのもとに、一本の電話がかかってきた。殺されたと思っていた20人の少年の1人が保護されたのだ。彼の話ではゴードンの農場に捕まっていた少年らが脱走を企てたが、彼は足が引っかかって逃げ遅れてしまった。先に逃げ出したウォルターが彼を助けに戻ってくれたため脱走に成功したという。しかし、逃げ切るためにはみんなが違う方向に逃げざるを得なかった。そのため他の少年達がどうなったのかはわからないという。怖くて今まで名乗れないでいたが、両親に会いたくなるため名乗り出たというのだ。
 そしていよいよゴードンの処刑の日がやってきた。結局ゴードンはウォルターを殺したのか逃げたのかを白状せずに、13段の階段を上り、絞首刑が執行された。
 ウォルターはきっと生きている。クリスティンはそう信じてやまないでいた。




●感想、思ったこと(ネタバレなし)
 「息子がいなくなり、違う子がやってくる。」と聞いたとき、ジュリアン・ムーアフォーガットンを思い出しました。事もあろう事か、宇宙人オチで非常につまらなかった作品の一つです。しかも主演がアクション映画の得意なアンジェリーナ・ジョリーですからね~。
 でも、クリント・イーストウッド監督が、そんなB級映画を作るわけがない。。。と思っていたら、ネットの評判も上々。
 ちょっと長めの映画ですが、すっごく感動。何回か涙がこぼれてしまいました。特に7年後少年と両親の再会のシーンとか。観てから約1週間経っていますが、ストーリーを書いていると今でも目頭が熱くなってしまいました。
 特にこの作品の前に観た7つの贈り物が最悪だった(今年最悪になりそうな予感・・・。)のもあって、本作はおそらく今年一番の作品になる予感です。
 アンジェリーナ・ジョリーがまたこれまでの作品とは全く違う演技でこの作品に花を添えてますね。残念ながらアカデミー賞(R)の主演女優賞は逃しちゃったけれど。。。
 一緒に観に行った人の言葉ですが「さすがクリント・イーストウッドは映画をわかっている。」ですって。ホントに同感です。ちなみに僕が好きな映画ベスト5には、同じくクリント・イーストウッド監督作品のパーフェクト ワールドが入ってます。
 今回の感想では、映画の中身の話については全然触れていません。ホントに感動した作品なので、あえて中身には触れませんでした。(上記のストーリーではネタバレしていますけど・・・
 そんなわけで、まだ観ていない人は映画館での鑑賞をすっごくおすすめします。
 グラン・トリノも期待大です。



観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年03月20日 21:54
ご無沙汰してます。
今年一番の予感、ちょっと気が早いかもしれませんが確かにおっしゃるとおりですね。
私も今年劇場鑑賞した中では今のところ掛け値なしに一番の作品です!
2009年03月20日 22:33
SOARさん、コメントありがとうございます。
確かにちょっと気が早いかなとも思ったんですけどね~。
その予感が外れていて、もっと素敵な作品に出会えると嬉しいですけどね。
K
2009年03月20日 23:20
川崎でもやっているのに、なんで銀座????
銀座近辺の映画館がTOHOシネマズになって、ポイントが貯められるようになったのは、私的にかなり嬉しいです。特にシャンテで上映する映画は観たいのが多いから。
アンジェリーナって、アクション映画が多いけど、私は『チェンジリング』みたいな演技派女優だと確信しております。なにせお父様のジョン・ボイドの映画も普通に観ている世代なので、、、。
これより評価がいい『グラン・トリノ』の公開が待ち切れません!
"I want my son back!!"
2009年03月21日 02:01
Kさん、こんばんは。
> 川崎でもやっているのに、なんで銀座????
それは、今回連れがいたからです。。。
アンジェリーナって、前回のウォンテッドがおもしろくなかったので・・・。でもこの作品で見る目が変わりました。
グラン・トリノは、この作品よりも評判がいいんですか。楽しみですね。
2009年03月21日 12:25
TBありがとうございました。
歴史を紐解くとここまで予想できないことがあったのかと非常に驚かされました。
久しぶりに「衝撃」という言葉以外で表現できないものを感じましたよ。
2009年03月21日 13:06
にゃむばななさん、こんにちは。
そうですよね~。これが実話だというのだからホントに驚きです。実話だからこそ、これ以上ひどいことにはならないだろうと思っていた方向に話が進むと衝撃だし、実話だからこそウォルターが見つかって欲しいと思うけど、実際は。。。
最後に得たのは希望だと言うけど、あまりにもむごすぎるストーリーでした。
masya
2009年03月23日 17:18
Aジョリーって「フラッシュダンス」のJビールスに似てませんか?
Cウッドって監督一本でも大した人ですよねえ。この題材で、これだけの作品に昇華させた事だけでも脱帽です。
http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/
4/25公開の「グラントリノ」も楽しみにしてるんです。
マルコビッチっていい役者だああ。
米国の裁判や法改正ってナンか、あっという間に決まってしまう気がする。この間の生保会社の90%課税のニュースを聞いた時もそう思いました。この映画も80年も前の舞台なのに、今でもありそうな所が、本当に怖いです。
2009年03月23日 20:09
こんにちは、「明るくなるまで待って」のたまよと申します。
TBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただこうと思ったのですが、
なぜかbiglobeの記事にTBできないのですTT
残念です~。
「チェンジリング」本当によい映画でした。
大変なテーマなのに、まったくムダがなく完璧ともいえる仕上がりだったのではないでしょうか。
「グラントリノ」めちゃめちゃ期待してしまいます。
これからも更新楽しみにしています♪
2009年03月24日 00:12
●masyaさん、こんばんは。
マルコビッチはすごい役者さんですが、この映画では主役より目立たない、名脇役でしたよね。すみません。。。Jビールスさんは存じ上げません

●たまよさん、コメントありがとうございます。
大丈夫ですよ。ちゃんとTBできてますよ。gooとは相性が悪いのですが、cocologは時間かかるけどちゃんとTBしてもらえるみたいです。良かった~。
確かにちょっと長めの映画ですが、無駄な部分がいっさいない、へんに間延びしたりしてなくシェイプアップされた映画でしたよね。イーストウッドはホントにすごい人だ。。。
2009年04月04日 20:55
こんばんは。
どうしても母親目線で観てしまうので、
余計に辛く胸が締め付けられた作品でした。
イーストウッド監督の作品は期待を裏切らないので、
安心して観ていられますね。
「グラントリノ」もとても楽しみです。
アンジーは好演していたのにオスカーを逃して、
ちょっと残念でしたね。
2009年04月05日 03:58
hyoutan2005さん、こんばんは。
やはり家族を持っている方は“母親目線”で見ちゃう方が多いようですね。胸が締め付けられると言うより、僕は怒り半分でした。
オスカーは確かに残念。でも“アンジー”と言われると僕の中では、“アンジェラ・アキ”です。(笑)
2009年10月12日 11:48
TB有難うございました。
子供を想う母の心情をアンジーは
見事に再現していました。
最近のクリント・イーストウッドの作品は
重厚なテーマが続いていて、今回も
作品にどっぷり浸かってしまいました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
2009年10月12日 13:06
シムウナさん、コメントありがとうございます。
グラントリノとあわせて、とても感動する作品でした。イーストウッドはホントに人の心に突き刺さるポイントを押さえていますよね。
グラントリノはあまり有名でない俳優を使っていますが、この作品はアンジェリーナを使っていますよね。今までのアンジーの雰囲気とは全く違う役でしたが、とても良い演技でしたね。

この記事へのトラックバック

  • 『チェンジリング』・・・権力に屈しない正義

    Excerpt: 失踪した息子を捜すために腐敗しきった警察に立ち向かう母クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の強さにとにかく圧倒される。警察の信じられないような仕打ちの中で、決してあきらめない母の姿が強烈なインパク.. Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2009-03-20 21:54
  • チェンジリング

    Excerpt: 公式サイト。クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、エイミー・ライアン、コルム・フィオーレ、ジェフリー・ドノバン、マイケル・ケリー。1928年、暗黒の木曜日でア.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2009-03-20 22:36
  • 映画レビュー「チェンジリング」

    Excerpt: オリジナル・サウンドトラック Changeling◆プチレビュー◆古典の風格を持つ秀作。子供を捜し続ける母の強い愛が感動を呼ぶトゥルーストーリーだ。 【80点】 1928年のロサンゼルス。クリスティン.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2009-03-20 23:48
  • 映画「チェンジリング」

    Excerpt: 原題:Changeling 昔のことゆえ不条理な警察権力も行方不明も、驚くほど珍しいことではないかも知れないけど、児童20人が惨殺、我が子が替え玉だったという衝撃の事件~ 天使が住.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2009-03-21 00:25
  • 映画「チェンジリング」ブロガー試写会@東宝東和試写室

    Excerpt:  今回の試写は映画「チェンジリング」をブログで応援するブロガー50名程が集められた試写だ。客席は満席で椅子に座れないお客さんまで出てしまう大盛況だ。 映画の話 1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の.. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2009-03-21 00:29
  • 「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。

    Excerpt: [チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド、主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2009-03-21 02:00
  • チェンジリング

    Excerpt: クリント・イーストウッドが監督の映画『チェンジリング』を観てきた。主演のアンジェリーナ・ジョリーが、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたことでも注目されていた映画... Weblog: POCKET BASE racked: 2009-03-21 02:04
  • 「チェンジリング」

    Excerpt: 面倒を排斥しようとする愚かさは現代にも通じる。これが事実に基づいた話というのだから驚きだ。昔は良かったという人がいるがとんでもない。ひとたび権力に楯突けば、人を人と思わない仕打ちが待っていた時代である.. Weblog: ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ racked: 2009-03-21 02:16
  • チェンジリング

    Excerpt: 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2009-03-21 04:46
  • 劇場鑑賞「チェンジリング」

    Excerpt: 「チェンジリング」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪のの.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-03-21 07:07
  • チェンジリング

    Excerpt: ミリオンダラー・ベイビーも ミスティックリバーも 硫黄島も観てないわたしはこれがクリント・イーストウッド作品 初鑑賞でした。映画通と位置づけられる人は みなさんイーストウッドの映画を観ていらして誰もが.. Weblog: miu on miu* racked: 2009-03-21 09:05
  • チェンジリング

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2009年2月20日(金) 公開 ★★★★★ アクションもセクシーな魅力も封印して渾身の演技を見せてくれたアンジーが良かった 星5つ! 皆さん、これが.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2009-03-21 09:07
  • チェンジリング

    Excerpt: 実話を元に製作された映画作品。(実話を元にしているということを知らずに観たら、「リアリティのない設定」と感じたに違いありません。) ロサンゼルスの郊外で、シングルマザーのクリスティンは、息子のウ.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2009-03-21 09:53
  • 『チェンジリング』

    Excerpt: 衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2009-03-21 12:28
  • チェンジリング

    Excerpt: 2月22日(日) 18:55~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り券購入) パンフレット:未確認 『チェンジリング』公式サイト 巨匠クリント・イーストウッド先生の新作.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2009-03-21 12:46
  • 【映画】チェンジリング

    Excerpt: ▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2009-03-21 13:29
  • チェンジリング

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー    ジョン・マルコヴィッチ    ジェフリー・ドノヴァン  .. Weblog: Lovely Cinema racked: 2009-03-21 15:54
  • チェンジリング

    Excerpt: 「チェンジリング」 CHANGELING/製作:2008年、アメリカ 142分  Weblog: 映画通の部屋 racked: 2009-03-21 19:08
  • 『チェンジリング』 (2008)/アメリカ

    Excerpt: 原題:CHANGELING監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー公.. Weblog: NiceOne!! racked: 2009-03-21 19:52
  • ★★★★★ 『チェンジリング』

    Excerpt: 2008年。アメリカ。"CHANGELING".   クリント・イーストウッド監督・製作。 .. Weblog: 映画の感想文日記 racked: 2009-03-21 19:54
  • チェンジリング

    Excerpt: 《チェンジリング》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - CHANGELING Weblog: Diarydiary! racked: 2009-03-21 20:03
  • 「チェンジリング」

    Excerpt: 息子失踪の5か月後に見知らぬ少年を押し付けられた母親の物語。「チェンジリング」公式サイトクリント・イーストウッド監督なので覚悟してたつもりでしたが・・やっぱり し、しんどかったデス~~会社帰りにフンフ.. Weblog: かいコ。の気ままに生活 racked: 2009-03-21 21:02
  • チェンジリング

    Excerpt: チェンジリング True Stary 本当にあった話。 1928年シングルマザーのクリスティン、ある日、休日出勤を頼まれ仕事を終えて戻ってくると、息子のウォルターが消えていた。警察に届け出るが「朝に.. Weblog: 犬・ときどき映画 racked: 2009-03-21 21:07
  • チェンジリング見た。【ネタバレ】

    Excerpt: アンジェリーナ・ジョリー主演、クリント・イーストウッド監督のチェンジリングです... Weblog: 西麻布でランチとか東京散歩とか。 racked: 2009-03-21 21:28
  • チェンジリング

    Excerpt: 「チェンジリング」監督クリント・イーストウッド出演*アンジェリーナ・ジョリー(クリスティン・コリンズ)*ジョン・マルコヴィッチ(グスタヴ・ブリーグレブ牧師)*ジェフリー・ドノヴァン(J・J・ジョーンズ.. Weblog: だめ男のだめ日記 racked: 2009-03-21 21:43
  • 映画「チェンジリング」

    Excerpt: チェンジリング        映画館にて鑑賞 監督 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョン.. Weblog: <花>の本と映画の感想 racked: 2009-03-21 22:03
  • 「チェンジリング」

    Excerpt:  母親と言うのは、凄い生き物だと思います。子供のためなら自分の全てを差し出せる、その覚悟と、毅然とした態度。感情的だとか常軌を逸しているとか評されがちです(本編でもそういう扱いを受ける場面が多々ありま.. Weblog: 首都クロム racked: 2009-03-21 22:12
  • 映画感想『チェンジリング』母の想い

    Excerpt: 内容電話会社に勤めるクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、女手ひとつで、9歳になる息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と平和な日常を送っていた。ある日。同僚の頼みで、休みを取りやめた.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-03-21 22:20
  • チェンジリング

    Excerpt: //ストーリー//1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつか.. Weblog: 映画君の毎日 racked: 2009-03-21 22:43
  • チェンジリング

    Excerpt: 製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:クリント・イー Weblog: いつか深夜特急に乗って racked: 2009-03-21 23:32
  • チェンジリング

    Excerpt: 実話だというのが ホントに恐ろしいです。 理不尽にもほどがあります! 警察の横暴も凄いし それに精神病院も 酷すぎる・・・・。 でもそれだけではない、 クリント・イーストウッド作品は .. Weblog: ルナのシネマ缶 racked: 2009-03-21 23:45
  • 「チェンジリング」

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画  クリント・イーストウッド監督作品。今回のオスカーにアンジェリーナ・ジョリーが主演女優賞にノミネートされている本作品を、オスカーナイト前に観ておこうと、.. Weblog: ハピネス道 racked: 2009-03-22 00:14
  • 「チェンジリング」

    Excerpt: 「Changeling」 2008 USA “どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?”...名匠クリント・イーストウッドが描く感動のミステリー・ドラマ。 クリスティン・コリンズに「マイティ.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2009-03-22 00:32
  • 『チェンジリング』

    Excerpt: どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの―? Weblog: シネマのある生活~とウダウダな日々 racked: 2009-03-22 02:13
  • 「チェンジリング」

    Excerpt:  1920年代のアメリカ。 シングルマザーの息子が行方不明になり、警察の捜査で発 Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2009-03-22 05:01
  • チェンジリング/Changeling

    Excerpt: 土曜日が「はしご観キャンペーン」で、1ポイントもらえるということで。 まずは1本目に「チェンジリング .. Weblog: いい加減社長の日記 racked: 2009-03-22 07:12
  • チェンジリング

    Excerpt: 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 【キャスト】 クリスティン・コリンズ☆アンジェリーナ・ジョリー ウォルター・コリンズ☆ガトリン・グリフィス グスタブ・マルコヴィッチ☆ジョン.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2009-03-22 08:22
  • チェンジリング

    Excerpt: やっぱりクリント・イーストウッドだね! 1920年代の古きよき町並みもステキだし、 アンジェリーナ・ジョリーが地味なシングルマザーを好演している。 あまり物事を押し通すほうではなく、どち.. Weblog: 愛情いっぱい!家族ブロ! racked: 2009-03-22 08:48
  • 映画「チェンジリング」

    Excerpt: 観たい映画があっても時間的に合わない場合も多々ある。この作品「チェンジリング」は Weblog: 徒然なるままに racked: 2009-03-22 08:55
  • チェンジリング

    Excerpt: - ある日突然、消えた息子。 5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった -。 『チェンジリング』を観てきました! 実際に起こった事件がベースです。…真実の重みは違いますね。今年に入ってから劇場鑑賞した.. Weblog: Peaceナ、ワタシ! racked: 2009-03-22 10:17
  • チェンジリング

    Excerpt: ★★★★☆  信じられないが、これは1928年のロスで本当にあった話である。当時悪名高かったロス市警は、行方不明になったウォルター少年を探し出し、母親に引き渡すのだが…。シングルマザーのクリスティンは.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2009-03-22 10:46
  • 「チェンジリング」

    Excerpt: 「チェンジリング」 監督   クリント・イーストウッド 出演   アンジェリーナ・ジョリー  ジョン・マルコビッチ  ガトリン・グリフィス Weblog: 純愛シネマ racked: 2009-03-22 12:38
  • 「チェンジリング」

    Excerpt: 1928年。シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)とロサンゼルス郊外で暮らしていました。 電話会社で主任として働くクリ.. Weblog: 小さな街から racked: 2009-03-22 14:03
  • ★チェンジリング(2008)★

    Excerpt: CHANGELINGどれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?ある日突然、きえた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だったー。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。上映時間142分製作国ア.. Weblog: CinemaCollection racked: 2009-03-22 16:19
  • チェンジリング

    Excerpt: 1928年ロス郊外。シングルマザーのクリスティンは 9歳の息子ウォルターと暮らしていた。 彼女が仕事から帰ると家にいるはずのウォルターが行方不明に。 そして5ヵ月後警察がウォルターだといってつれ.. Weblog: 杏の休日 ★ 別館 ~映画館~ racked: 2009-03-22 17:22
  • Changeling(2008)

    Excerpt: オーストラリアからアメリカに帰って来て最初に映画館で観た映画は、 『Changeling』だった。監督は、ClintEastwood(クリント・イーストウッド)で、制作者の1人でもあり、音楽も担当して.. Weblog: 犬連れ国際結婚 racked: 2009-03-22 17:49
  • チェンジリング (2008・アメリカ)

    Excerpt: 超話題作 ようやく見てきました Weblog: 白ブタさん racked: 2009-03-22 18:08
  • チェンジリング

    Excerpt: 2009年61本目映画「チェンジリング」どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるのー?ストーリー1928年、ロサンゼルス。ある突然、クリスティン・コリンズの息子ウォルターが、姿を消す。5ヵ月後にイリノイ州で.. Weblog: 腹黒い白猫は見た!! racked: 2009-03-22 18:48
  • Changeling

    Excerpt: 「チェンジリング」をブロガー試写会にて鑑賞 ヤプログさんからのプレゼントです ありがとうございます!!! (同行者:以前からコレ見たいと言ってたBちゃん) (こちら、ブログ用素材に頂き.. Weblog: The Deepest DEPP racked: 2009-03-22 18:59
  • 2009-32『チェンジリング』を鑑賞しました。

    Excerpt: 映画を鑑賞しました。秊 2009-32『チェンジリング』(更新:2009/02/21) * 評価:★★★★☆(★★★★★との間) .. Weblog: はっしぃの映画三昧! racked: 2009-03-22 19:30
  • 映画『チェンジリング』

    Excerpt: 2009年、映画館で観る13作目はこちら。映画『チェンジリング』 1928年。ロ Weblog: いんどあかめさん日記 racked: 2009-03-22 20:54
  • 「チェンジリング」

    Excerpt:  2008年/アメリカ  監督/クリント・イーストウッド  出演/アンジェリーナ・ジョリー      ジョン・マルコヴィッチ  クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演作.. Weblog: It's a wonderful cinema racked: 2009-03-22 21:24
  • チェンジリング [ Changeling ]

    Excerpt: 「誘拐されて戻って来た息子が、本物じゃないのに警察が信じないなんてどういうこと!?」と思って観に行った映画、です。 1928年3月10日、クリスティン・コリンズの最愛の一人息子ウォルターが誘拐さ.. Weblog: ほめいがろぐ(ほめ映画LOGS) racked: 2009-03-22 21:28
  • 『チェンジリング』2009・3・1に観ました

    Excerpt: 『チェンジリング』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ(序盤) 1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、電話会社で交換.. Weblog: 映画と秋葉原と日記 racked: 2009-03-22 22:17
  • 『チェンジリング』を観たぞ~!

    Excerpt: 『チェンジリング』を観ましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマです>>『チェンジリング』関連原題: CHANGELINGジャンル: ミステリー.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2009-03-22 22:28
  • チェンジリング

    Excerpt: チェンジリング 245本目 2009-6 上映時間 2時間22分 監督 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ガトリン・グリフィス ジョン・マルコビッチ ジェフリー・.. Weblog: メルブロ racked: 2009-03-22 22:45
  • チェンジリング

    Excerpt:  クリント・イーストウッド監督の作品。最初、テーマが重そうで、あまり見たいと思わなかったのだが、夫が大絶賛し、もう一度見てもいいと言うので、一緒に行ってきた。  2時間以上ある映画は、長くてあま.. Weblog: 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) racked: 2009-03-22 23:24
  • 『チェンジリング』を観る

    Excerpt: アクション映画のジョリ姐出演作は勇んで観に行ってしまうのですが、アクション以外の Weblog: 雑記帳+ racked: 2009-03-22 23:34
  • チェンジリング

    Excerpt: 1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-03-23 01:02
  • 映画 「チェンジリング」

    Excerpt:  "I'm perfectly sane." 「私は完全に正気よ。」しかしもし警官と医者から「お前は狂っている。」と言われたら、どう抗議できるのだろう? そしてどんなに主張しても、.. Weblog: After the Pleistocene racked: 2009-03-23 07:43
  • 『チェンジリング』(2008 米)

    Excerpt: 原題:『CHANGELING』(142分) 監督:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 音楽:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー     .. Weblog: 映画の心理プロファイル racked: 2009-03-23 08:59
  • チェンジリング

    Excerpt:  クリント・イーストウッド監督の新作、「チェンジリング」です。TOHOシネマズ六本木のスクリーン5で観賞しました。  この作品、アカデミー作品賞にはノミネートされていないよう... Weblog: Men @ Work racked: 2009-03-23 10:17
  • チェンジリング (2008)

    Excerpt: CHANGELING / アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、 ジェフリー・ドノヴァン これが一番観たかった作品です。.. Weblog: カタヤマ 無断でブログ racked: 2009-03-23 12:56
  • チェンジリング

    Excerpt: 映画「チェンジリング」の感想です Weblog: ジャスの部屋 -映画とゲーム- racked: 2009-03-23 13:10
  • チェンジリング  CHANGELING  

    Excerpt: 完璧に再現された1920年代のロスアンゼルス、主演のアンジェリーナ・ジョリーの渾 Weblog: 明るくなるまで待って Wait until light racked: 2009-03-23 20:02
  • チェンジリング

    Excerpt: 明るい光が見えたかと思えば、すぐに奈落の底につき落とされる。 イーストウッド監督の作品は、常に緊張を強いられる。 Weblog: シェイクで乾杯! racked: 2009-03-23 21:04
  • チェンジリング

    Excerpt: 2008年 アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー    ジョン・マルコヴィッチ    ジェフリー・ドノヴァン    ジェイソン・バトラー・ハーナー .. Weblog: 菫色映画 racked: 2009-03-23 22:25
  • チェンジリング ★★★★★

    Excerpt: 公式サイト プラデラレビュー 1920年代~30年代のアメリカの光景の再現がしっかりしてるのは、この規模のハリウッド大作なら当然といえば当然だが、長いエンドロール時の映像にて、道路を車や人が絶え.. Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) racked: 2009-03-24 00:18
  • 【チェンジリング】

    Excerpt: 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ   どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―? 「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2009-03-24 15:37
  • チェンジリング

    Excerpt: 金曜の初日に張り切って観てきました。 イーストウッド監督の映画は、いつだって期待 Weblog: C note racked: 2009-03-24 18:23
  • チェンジリング☆独り言

    Excerpt: クリント・イーストウッドの監督する作品のテーマになる曲が・・・いつも心に残るんですよね。。。それも、かなり切なさを募らせる・・・『チェンジリング』は実話を元にした物語でした。電話交換の仕事にローラース.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2009-03-24 21:25
  • チェンジリング

    Excerpt:     これが神様の仕業だとしたら・・・    この試練をどう乗り越えろというのか・・・    これが運命なのだとしたら・・    この母に陽のさす日はくるのだろうか・・・              .. Weblog: カトリーヌの雨傘 racked: 2009-03-25 12:26
  • チェンジリング

    Excerpt: 【いくらなんでも、母親は解るよねぇ・・・(-"-;A】 2008年、アメリカ作品。クリント・イーストウッド監督の実話を映画化した作品。 1928年、ロサンゼルス。 クリスティン・コリンズ.. Weblog: まことのひとりごと racked: 2009-03-26 19:49
  • 「チェンジリング」

    Excerpt: 「チェンジリング」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 実話ということは知っていましたが、ここまでひどい事実があったとは。 戦争とか、テロとか国を巻き込む政治的な思想とかがあるわけでもなく、単に1個人.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2009-03-27 00:04
  • チェンジリング

    Excerpt: 1928年。ロサンゼルス郊外。シングルマザーのクリスティンは仕事をしながらも息子・ウォルターを愛し大事に育てていた。ある日ウォルターと映画を観に行こうとしてたところ、急に仕事の電話が入りウォルターを家.. Weblog: maemi's diary racked: 2009-03-28 13:43
  • 最高のスタッフ&キャストでグイグイ観せる!!☆ 『チェンジリング / CHANGELING』 ☆

    Excerpt: クリント・イーストウッドが作り上げる作品は、どれも心にずっしりとくる。 本作でもそれは例外じゃない。 でも、これまで私が観てきた彼の作品とはちょっと違ったところがあった。 それは、最後に微かな希.. Weblog: honu☆のつぶやき ~映画に恋して~ racked: 2009-03-29 00:04
  • チェンジリング

    Excerpt: とても力強く、そして怖い・・・ 重苦しい余韻の残る凄い作品でした。 実話だという・・・ 舞台はロサンゼルス、シングルマザーのクリスティンはせっかくの休暇なのに それを返上して職場へと出.. Weblog: future world racked: 2009-03-29 00:28
  • 「チェンジリング」 苦さの意味

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-04-02 21:07
  • どれだけ祈ればあの子は帰って来るの?~「チェンジリング」

    Excerpt: 『チェンジリング』 CHANGELING (2008年・アメ.. Weblog: ひょうたんからこまッ・Part2 racked: 2009-04-04 20:28
  • チェンジリング

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督の最新作です。 1928年、アメリカで実際に起こった事件を元に作られてます。 シングルマザーの主人公の息子が行方不明になり 五ヶ月後に戻ってきた息子は 別人だった.. Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日 racked: 2009-04-12 23:05
  • 『チェンジリング』

    Excerpt: ちょっと前に観ていたんですけど、なかなか忙しくて記事があげられずにいた『チェンジリング』の感想をあげますー。 思っていたよりも感情の抑揚が静かな映画だったかなーっていう印象が。 *******.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2009-04-24 03:10
  • チェンジリング

    Excerpt: 失踪した息子が無事に保護され戻って来た・・と思ったら、それは全くの別人だった・・ Weblog: rambling rose racked: 2009-04-25 13:33
  • チェンジリング

    Excerpt: 昨日は、現場が早朝からで、終わったのも10時頃やったんで、ラーメン食って、朝一の映画を観ることに♪ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ 今、人気の『チェンジリング 』。 さすが朝から.. Weblog: 兼松若人もやるときゃやるよ!!!ね? racked: 2009-06-18 15:34
  • チェンジリング

    Excerpt: 2008 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス ドラマ 作品のイメージ:泣ける、切ない、ドキドキ・ハラハラ 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴ.. Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート racked: 2009-07-18 18:13
  • 映画:「チェンジリング」CHANGELING 間違いなく今年有数の傑作。

    Excerpt: まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではない。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っているし、「ミリオンダ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2009-07-24 06:56
  • No.187 チェンジリング

    Excerpt: アンジェリーナ・ジョリーがアカデミー助演女優賞を獲得した 「17歳のカルテ」と同じぐらいに、 今回の演技は魅了されてしまった。 実話がベースになっていて、1920年代の警察の腐敗、 体質に驚か.. Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2009-08-02 15:35
  • 「チェンジリング」(CHANGELING)

    Excerpt: 「ダーティハリー」や「許されざる者」「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」などの作品で知られる米映画界大御所のクリント・イーストウッド(79)が2008年にメガホンを執ったミステリー・タッチ.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2009-08-04 02:29
  • 【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。

    Excerpt: 一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそ.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2009-10-11 03:48
  • チェンジリング/Changeling(映画/DVD)

    Excerpt: [チェンジリング] ブログ村キーワードチェンジリング(原題:Changeling)キャッチコピー:どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの?製作国:アメリカ製作年:2008年配給:東宝東和ジャンル�..... Weblog: 映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評 racked: 2010-02-05 00:15
  • チェンジリング

    Excerpt:  レンタルで借りて観賞。【新品DVD】【5000円以上送料無料】★20%OFF!★チェンジリング[新品]シングルマザーで息子と暮らすアンジェリーナ演じる クリスティン・コリンズ。女手で... Weblog: なりゆき散策日記 racked: 2010-04-21 22:22