映画:ダウト あるカトリック学校で



 当初見るつもりはなかったのですが、シネマソムリエが選ぶコダワリの映画に認定されたと言うことで、ダウト あるカトリック学校でを観てきました。


●ストーリー(ネタバレ少しあり)
 1964年、ニューヨーク・ブロンクスにあるカトリック学校セント・ニコラス・スクール。司祭を務めるフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)は「確信が持ていないとき、あなたならどうしますか?」と説教を始める。前年に起きたケネディ大統領暗殺事件に触れ、絶望感が人々を結びつけ、強力な絆になったと主張するフリン神父。「疑惑というものも強力な絆になりえるのです。」力強く語る神父を、厳格な校長シスター・アロイシス(メリル・ストリープ)は、冷徹なまなざしで見つめている。
 旧来の道徳観と篤い信仰心を持っている彼女は、新任教師のシスター・ジェイムズ(エイミー・アダムス)に、物事は疑惑の目で見なければならないと指導する。授業中、急に鼻血の止まらなくなった生徒は、授業をさぼるためにわざと鼻血を出したのではないかと疑うほどだ。
 一方、フリン神父は温厚な性格で、生徒達からの人望も厚い。学校が守り抜くストイックな風習に対して、現代的な開かれた教会を目指すべきだという持論を展開していた。
 正反対な性格の二人に躊躇するシスター・ジェイムズは、疑惑を持つことによって神様が遠ざかってしまうのを恐れるが、シスター・アロイシスは、悪事に立ち向かおうと一歩踏み出せば、それは神様から一歩遠ざかることになる。しかしそれは神のためになす行為なのだと説く。

 ある日、侍者(じしゃ:高僧に仕えて雑用をつとめる者)であるドナルド・ミラーがフリン神父に司祭館に呼び出され、そして酒臭い息で教室に戻ってきた。それを見たシスター・ジェイムズは、シスター・アロイシスに、フリン神父が彼に特別な感情を持っているのではないかと報告する。
 フリン神父を校長室に呼び出し、真相を追求するシスター・アロイシス。それに対してフリン神父は、祭壇用のワインを盗み飲んだ生徒を守っただけだと反論する。シスター・ジェイムズはフリン神父の言葉を信じ安堵するが、シスター・アロイシスは何の証拠もないまま疑惑を持ち続ける。シスター・ジェイムズは、校長はフリン新婦のことが嫌いなだけでは?と詰め寄るが、聞く耳を持たない。
 シスター・アロイシスの疑惑は深まる一方。彼女は、ミラーの母親(ヴィオラ・デイヴィス)を学校に呼び出し、事情を聞き出す。しかしミラー夫人は、ドナルドを守ってくださるのはフリン神父だけだという。フリン神父に感謝をしているし、ドナルドを気にかけてくれる人が必要だと、不適切な関係をほのめかすシスター・アロイシスに涙を流して訴える。そして何があっても今、学校をやめるわけにはいかないとシスター・アロイシスに答える。真実を聞けなかったシスター・アロイシスは苛立ちを覚える。
 一方、フリン神父はいつものように祭服をまとって大聖堂で説教を行っていた。女性がナイフでき開いた枕の羽根。それをすべて拾うことはできない。羽根を噂に例えた寓話である。そしてシスター・アロイシスに、ドナルドを守ろうとしているのは私だけだと改めて主張する。
 フリン神父が校長室へ入ってきた。ミラー夫人を呼んだことに激昂し、自分への根拠のない反対運動はやめるよう、アロイシスに強く迫る。しかしシスター・アロイシスは動じず、フリン神父が以前にいた教会に電話をしたとフリン神父に詰め寄る。そして司祭の職を辞すよう要求する。温厚なフリン神父も堪忍袋の緒が切れ、シスター・アロイシスに声を荒げる。
 “疑惑が支配する人間の心の闇”がシスター・アロイシスを襲う。




●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 見てから知ったのですが、トニー賞とピュリッツァー賞に輝く自身の舞台劇を映画化したものだそうです。
 舞台となった1964年のアメリカは、ケネディ大統領暗殺事件や公民権運動(1950年代から1960年代にかけてアメリカの黒人(アフリカ系アメリカ人)が公民権の適用を求めて行った大衆運動)など、激動の時を迎えており、戒律の厳しいカトリック教会にも確実に変革の波が押し寄せる時代だったそうです。そんな中、価値観の違うシスターと神父との舌戦を描いた映画です。
 ストーリーとしては、黒人生徒に特別な感情を抱いているという疑惑をかけられた神父と、それに詰め寄るシスターの物語で、神父が他の教会に異動するという、単なるそれだけの話。内容的にはたったそれだけの話を描いた105分の映画です。
 何が魅力かというと、15回目のアカデミー賞ノミネートを勝ち得たメリル・ストリープとアカデミー賞主演男優賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞などを受賞したフィリップ・シーモア・ホフマンとのバトル。確かに二人の熾烈な舌戦は、お互い表情、演技ともにすばらしいと思います。
 メリル・ストリープなんて、約2ヶ月前に観たマンマ・ミーア! と同一人物とは到底思えません。ホントに役者だなぁと感心です。すばらしい俳優ですよね~。
 キャストの演技力には脱帽ですが、あまりにも内容が少ないので、見ていて飽きてしまいました。と言うわけで、ストーリー従姉の僕としては残念ですが観て良かった度は最低である1点をつけさしてもらいました。ただし、この記事を書いている今時点でgoo映画の評価は79点と、かなり高得点ですよ。好みの問題ですね。

 ちなみに、日本でも教会と幼稚園、あるいはキリスト教系の学校があったり、仏教でも幼稚園や学校法人をもっているところがありますよね。この映画でも教会と学校が一緒になっていますし。以前から不思議だったんですが、どうやら宗教を広めるためには当然学問が必要になります。文字の読み書きができなければ聖書を読むことだってできません。そこで教会はキリスト教を教えるだけでなく、文字の読み書き、ひいては勉強を教えるようになり、それが学校や幼稚園を持つようになったそうです。

p.s.
 そう言えば、高校くらいの時、“ダウト”っていうトランプが流行っていました。雨が降った日のお昼休みは、ダウトか大貧民(大富豪)ばっかやってましたね~。



観て良かった度:●○○○○ 1点 最低1点、最高5点











この記事へのコメント

2009年04月02日 08:07
いつもお世話になっています。4月1日からブログタイトル変更しました。今後もよろしくお願いします。
2009年04月02日 08:42
TB恐縮です♪
ははは確かに「マンマ・ミーア!」で踊っていたひととは思えませんね(笑)
K
2009年04月02日 21:51
>シネマソムリエが選ぶコダワリの映画
私もこの言葉に弱くて、このマークがついている映画は、昔から大抵観てしまいます。
主役2人の演技を観るにはすごくいい映画だと思うんですが、映画として観るとなると、ちょっと疑問ですよね。
とくにラストがすっきりしない。
舞台が苦手なせいか、舞台を映画化したのも苦手な私です。
2009年04月03日 01:06
●佐藤秀さん、こんばんは。
ブログを記事のカテゴリで分けられたんですね。新しいブログも発展を願ってます。今後ともよろしくお願いします。

●別冊編集人さん、コメントありがとうございます。
歌って踊れるシスターですから。でも、シスターが同時期に3人と関係持っちゃまずいですよね。(笑) 冗談はさておき、メリル・ストリープはホントに芸幅が広いですよね。すごい女優です。

●Kさん、コメントありがとうございます。
そうですよね。主役2人の演技にはホントに魅せられます。元々が舞台劇だそうで、確かにそっちに向いていますが、映画にするとちょっと退屈ですよね。
もうじき、映画1,000円ですね。3週間の期間限定ですので、その期間にたくさん見ましょう!レディスデイや映画の日の1,000円の時はスタンプ押してもらえませんが、今回のキャンペーンでは1,000円でもスタンプ押してもらえるらしいですよ。
2009年04月05日 04:43
全編に緊張感みなぎるスゴい映画だと思って観ていたのですが‥‥。
ラスト直前まではあまり納得いかない結末だ‥‥と思っていたのが、フリン神父の最後の説法を聴くある生徒の軽蔑しきった微笑ですべてが納得。
シスター頑張った甲斐があったじゃん!生徒を救ったよ、あんた!!と‥‥。
1点の隙もない抜群の脚本だと思ったのですけど‥‥1点はヒドすぎません?
2009年04月05日 10:07
ふくすけさん、コメントありがとうございます。
> フリン神父の最後の説法を聴くある生徒の軽蔑しきった微笑
うわぁ~、そこまでチェックしてませんでした。あの説教のときそんな表情の生徒がいましたか。。。(汗)
劇として見たら脚本を含めすばらしい作品と思いますが、映画としては残念ながら…。キャストの演技はすばらしかったと思いますが。

続く。。。
2009年04月05日 10:07
ふくすけさん、続き。。。

> シスター頑張った甲斐があったじゃん!
> 生徒を救ったよ、あんた!!
当時はまだ黒人が今よりも平等に扱われていなかった時代だと思います。結局フリン神父がそう言うことをしていたのかはわかりませんでしたが、母親も言っていたようにあの生徒を気にかけてくれる人が学校から去ってしまったのは事実です。結局あの生徒は救われたのかも僕にはわかりませんでした。そう言う事実があったのかもわからない、結局見終わったあとに真実がわからないんです。ストーリー従姉で楽しんでいる僕としてはちょっと納得がいきませんでした。
結局真実がわからないので、証拠がないためにフリン神父に肩入れをする方、校長に肩入れをする方、さまざまだと思います。裁判員制度が始まりますが、校長のように感情だけで突っ走る人が裁判員になるとちょっと心配かも。
2009年04月05日 16:47
フリン神父は1人の生徒は救っていましたし、他の生徒にとっても良い教師である側面もありましたが、教師としては致命的な性的嗜好を持ち、恐らくソレが元で短期間で何校も渡り歩いてきた男。一方で校長は頑固一徹の鬼ババな描かれ方をしていましたが、老シスターの扱い等を見ても実は恩情にあふれたイイ人。
不祥事の発覚を恐れる学校の対応を予測し“カマをかけて”神父に迫り、まんまとソレにハマった神父。作劇としては神父の『有罪』確定です。それでも完璧な人間なんていないよ‥‥と神父に同情的な観客に“被害者候補”の生徒の冷笑を見せてダメ押し。その生徒の被害は“手を振払う”という描写だけだったので曖昧ですが、神父が危険人物である事を印象づけるには充分。
具体的な証拠はナニもないのです。だから神父は出世して余所に移ったという結末で、だから逆に恐いし、クビを賭けて立ち向かったシスターは凄かったという話だったのでは‥‥。
2009年04月06日 04:14
ふくすけさん、再々のコメントありがとうございます。こうして他の方と意見交換できるのはブログならではのことで、とても嬉しいです。

> 一方で校長は・・・恩情にあふれたイイ人。
これは同意見です。生徒のことを考えるが故に厳しい一面を持つ反面、情のある人だと思います。

> 作劇としては神父の『有罪』確定です。
これがふくすけさんと僕との意見の相違だったんですね。僕は神父が有罪確定だと思っていませんでした。証拠はないがグレーな神父と、確証はないが確信を持っているシスターとのやり取りが本作のテーマと思っており、そもそも神父が本当にそう言うことをしていたかしていないかは明らかにされていない上での劇だと思っておりました。
でもこれが、神父がフィリップ・シーモア・ホフマンのような甘いマスクを持った人物ではなく、八名信夫のような悪役面だったら、話はまた違うんだろうな(笑)
2009年04月06日 21:08
しつこいコメントにも丁重な応対ありがとうございます。
タイトルも『ダウト』ですし、真相は闇の中という事でよいのかもしれませんね。
どちらかと決めつけずに色々と考えるのが楽しかったりしますし。

ただ、神父がシロだと悲しいですね‥‥妄想に取り付かれたオバサンに嫌気がさして逃げ出した神父‥‥‥まぁ出世できたからヨシとするか。

よしなさん『ゆれる』は観ましたか?
もっと曖昧な展開で脳ミソが揺れまくりますよ。
2009年04月07日 02:07
ふくすけさん、こちらこそ貴重なご意見ありがとうございます。
確かに神父がシロだとすると、おっしゃるとおり妄想おばさんの嫌気がさして逃げたと言うことでイヤな展開ですね。逆にクロだとしても、以前ふくすけさんが書かれたように栄転と言うところもイヤな展開です。どちらにしても、すっきりする展開にはならないですね。。。
“ゆれる”は、実は見ていないんです。かなり評判高かった映画なので観たいとは思っていますけどね~。やはり、ふくすけさんもオススメでしょうか?

この記事へのトラックバック

  • ダウト~あるカトリック学校で~

    Excerpt: 公式サイト。原題:DOUBT。 ジョン・パトリック・シャンレィ監督、メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス。力関係が神父(フィリップ・シーモア・ホ.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2009-04-02 08:03
  • ダウト~あるカトリック学校で~

    Excerpt:  『それは、人の心に落とされた「疑惑」という名の一滴の毒… 神聖なはずのカトリック学校で、 何が起こったのか? トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、 衝撃の映画化。』  コチラの「ダウト~.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-04-02 09:10
  • ダウト~あるカトリック学校で~

    Excerpt: 疑惑を持ち続けるには確信がいる。しかし確信は不寛容を生み出す。そして不寛容は疑惑を増幅させる。 メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイビスという4人も.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2009-04-02 13:25
  • ダウト ~あるカトリック教会で~

    Excerpt: 主演は最近では『マンマ・ミーア』が記憶に新しいオスカー女優のメリル・ストリープ。共演にこれまたオスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマン。他にもエイミー・アダムスとヴィオラ・デイヴィス。驚嘆すべきは.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2009-04-02 20:12
  • ダウト ~あるカトリック学校で~

    Excerpt: 《ダウト ~あるカトリック学校で~》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - D Weblog: Diarydiary! racked: 2009-04-02 20:37
  • 映画「ダウト あるカトリック学校で」(2008年、米)

    Excerpt:      ★★★☆☆  John Patrick Shanley監督が トニー賞とピュリッツァー賞に輝く自身の舞台劇を映画化。 原題は「Doubt」。        1964年、ニューヨーク・ブロンク.. Weblog: 富久亭日乗 racked: 2009-04-03 07:02
  • 『ダウト~あるカトリック学校で~』 (2008)/アメリカ

    Excerpt: 原題:DOUBT監督・原作戯曲・脚本:ジョン・パトリック・シャンリィ出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトはこちら.. Weblog: NiceOne!! racked: 2009-04-03 07:27
  • ダウト -あるカトリック学校で-/メリル・ストリープ

    Excerpt: 前々から観たいと思っていた作品ですけど、先日の今年のアカデミー賞ではこの作品とメリル・ストリープの名前が何度も出てきたこともあって、この映画はそんなにスゴイの???と期待度急上昇しちゃいました。オリジ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-04-03 08:06
  • 【ダウト -あるカトリック学校で-】

    Excerpt: 監督:ジョン・パトリック・シャンリィ 出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス 「1964年、ニューヨークのブロンクスにあるカトリック.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2009-04-03 16:37
  • ダウト ~あるカトリック学校で~

    Excerpt: 「ダウト ~あるカトリック学校で~」DOUBT/製作:2008年、アメリカ 10 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2009-04-03 19:11
  • ダウト ~あるカトリック学校で~

    Excerpt: ジョン・パトリック・シャンリー監督 ケネディ大統領暗殺の翌年(1964年)、ブロンクス地区のカトリック学校において、進歩的なフリン神父と、厳格な校長シスター・アロイシアスは、時代の変化と宗教の教.. Weblog: BUNPITUノHIBI racked: 2009-04-03 20:51
  • ダウト あるカトリック学校で

    Excerpt: 製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ジョン・パトリ Weblog: いつか深夜特急に乗って racked: 2009-04-03 21:32
  • Doubt (2008)

    Excerpt: ハズのヴァケーションと、ゴールデン・グローブやオスカーなどの賞レースが今年早々あるのもあって高品質の映画が上映されているのとが重なって、私達は、ほとんど毎日、映画を観ている。『Doubt』は、去年の終.. Weblog: 犬連れ国際結婚 racked: 2009-04-04 08:03
  • 「ダウト あるカトリック学校で 」

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画  主要登場人物4人がアカデミー賞にノミネートされていた本作品、惜しくも受賞までには至りませんでしたが、前評判として聞こえてくるのは、そのクオリティの高さ.. Weblog: ハピネス道 racked: 2009-04-04 09:08
  • ★ダウト~あるカトリック学校で~(2008)★

    Excerpt: DOUBT神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか?トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、衝撃の映画化。上映時間105分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/03/.. Weblog: CinemaCollection racked: 2009-04-04 18:27
  • ダウト ~あるカトリック学校で~ (2008・アメリカ)

    Excerpt: 『マンマ・ミーア!』 のメリル・ストリープ主演作 Weblog: 白ブタさん racked: 2009-04-04 20:03
  • 「ダウト ~あるカトリック学校で~」

    Excerpt: 「ダウト ~あるカトリック学校で~」シャンテシネで鑑賞 これは話の筋がどうのとか、内容がどうのとかいうのではなく単純に俳優の演技をみるための作品。 若い人じゃ飽きちゃうだろうなあ。 カトリッ.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2009-04-04 23:59
  • 「ダウト ~あるカトリック学校で~」

    Excerpt:  生徒と不適切な関係にあるのでは?と疑いをかけられた進歩的な男性聖職者と、彼を執 Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2009-04-05 21:54
  • 「ダウト あるカトリック学校で」

    Excerpt: 確信なき信仰のぶつかり合い。M.ストリープとP.シーモア・ホフマンの競演と聞いただけで胸が躍るのだが、期待に違わぬ作品だった。冒頭にフリン神父が教会でとうとうと行う説教の場面。テーマはいきなり核心の「.. Weblog: ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ racked: 2009-04-12 08:44
  • ダウト~あるカトリック学校で~

    Excerpt: 疑惑が心を支配し、不快感の上に成り立つ名作、 名優同士のぶつかり合いも見事でした。 神聖なるカトリック学校で渦巻く疑惑・・・ とても厳しく周りからも恐れられてる校長シスター・アロイシアス.. Weblog: future world racked: 2009-04-26 23:10
  • ダウト あるカトリック学校で

    Excerpt: ★★★★ もともとが舞台劇だからか、心理戦が演劇っぽい。 いやはや、登場人物の語る姿を見ているだけで、非常に充実していた上映時間。「疑い」について、真面目に悩む作品だった。果たして真相は??? Weblog: 映画初日鑑賞妻 racked: 2009-04-27 18:15
  • ダウト ~あるカトリック学校で~

    Excerpt: 05年のトニー賞、ピュリッツァー賞をW受賞した戯曲「ダウト・疑いをめぐる寓話」を、原作者・ジョン・パトリック・シャンリィ自らが映画化。 Weblog: rambling rose racked: 2009-05-04 22:37
  • 『ダウト ~あるカトリック学校で~』

    Excerpt: ここ最近、映画の感想が観た直後にあげられていない作品がチラホラ。。。 ということでいまさら感はありますが、『ダウト ~あるカトリック学校で~』の感想をアップしまーす。 ************.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2009-05-19 15:58
  • ダウト ~あるカトリック学校で~

    Excerpt: 神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか? 発売予定日は2009年8月19日 Weblog: Addict allcinema 映画レビュー racked: 2009-08-18 12:48
  • 「ダウト ~あるカトリック学校で~」

    Excerpt: 主演二人のゾクッとくるくらいの名演技 Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2009-08-29 10:30
  • 【ダウト -あるカトリック学校で-】裏付けのない疑惑

    Excerpt: ダウト -あるカトリック学校で-~DOUBT~ 監督: ジョン・パトリック・シャンレイ    出演: メリル・ストリープ、フィリップ・シーモ�... Weblog: 映画@見取り八段 racked: 2010-01-24 01:49
  • 『ダウト あるカトリック学校で』'08・米

    Excerpt: あらすじ1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長のアロイシス(メリル・ストリープ)は、厳格な人物で生徒に恐れられていた。人望のあるフリン神父(フィリップ・シー... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2010-05-26 20:23