映画:おっぱいバレー



 もうすぐ公開終了ですが、やっとおっぱいバレーを観てきました。


●ストーリー(ネタバレ少しだけあり)
 1979年、北九州市。自転車に乗った少年たちは、猛スピードを出したかと思うと手のひらを広げ空気を感じていた。時速80kmを越えると空気の感触が、女性のバストと同じ感触になると言う噂を試すためだ。自転車ではその速度に達しないことを悟った彼らは自転車を改造し、急な下り坂を駆け下りるが、ブレーキが壊れ崖から真っ逆さまに。ところが彼らは時速80kmのその感触を楽しんでいた。
 ある日、彼らの通う戸畑第三中学校に新しい国語の教師寺嶋美香子(綾瀬はるか)が赴任してきた。朝礼での彼女の挨拶。国語教師として自分が好きな高村光太郎の詩集・道程(どうてい)を紹介する。美香子が「どうてい」と連発すると彼らは興奮し、そのうちの一人が鼻血を出して倒れてしまう。
 美香子は、中学の頃に万引きをして捕まり、毎日、生徒が忘れたという本を読み、感想文を書くというお仕置きを受けていた。その時に読んだのがこの道程だった。その時の原田先生に「お前は教師に向いている。」と言われ、教師を目指すことになったのだ。ところが前の学校である事件で生徒の信頼を失い、教師という仕事への希望を失っていたのだ。美香子は新しく赴任した戸畑第三中学校で心機一転、再スタートを切り、原田先生のお墓に胸を張って報告できるようにと張り切っていた。
 教頭先生(光石研)から男子バレーボール部の顧問をすすめられ、美香子はそれを引き受けた。ところがそのバレー部は「バカ部」と呼ばれる女の子のことしか頭にない、例の5人組だった。彼らはまともにバレーボールにも触ったことがない。
 美香子は彼らのやる気を出すため、試合に勝ったらなんでもすると宣言する。「じゃあ、試合に勝ったら先生のおっぱいを見せて下さい!」美香子は断ろうとするが、「先生の嘘つき・・・。」という言葉に反応し、何となくその場の流れで、その約束を承諾してしまう。
 そんな夢のようなおっぱいの約束を前に、彼らは今までとは別人のように練習に励む。美香子もバレーボールの練習法を勉強して彼らを猛特訓する。約束は実現させたくないが、部員達に勝つ喜びを教えたという矛盾に葛藤する美香子。
 「ねぇ、おっぱいの約束なんてなくても、勝ちたいと思うようになってきた?」「全然!」
 生徒達との信頼関係が築き上げられるにしたがって、美香子も教師としての自信も取り戻していく。

 いよいよ、試合当日。勝って欲しいけど、勝って欲しくない。複雑な心境の美香子。
 しかし試合は不戦勝。「不戦勝でも勝ちは勝ち」と喜ぶ彼らだが、「先生が気持ちよくおっぱいを見せられるように、正々堂々と戦って勝った上でおっぱいを見よう!」ということになる彼ら。

 ところが第2試合を間近に控えたある日、学校に“おっぱいの約束”がばれてしまう。当然大問題に。美香子は辞職を迫られる。そして、一人前の教師になって恩師に報告したいと思いながら、再び自信を喪失してしまう。そんな彼女は原田先生の墓前で原田先生の妻(市毛良枝)に出会う。そこで彼女は夫人から中学時代のことを聞く。誰かの忘れ物と言って手渡された本は、原田先生の本で、毎日どの本を持って行こうか悩んでいたこと、美香子が書いた感想文がコンクールで優勝したこと、自分の言葉がきっかけで美香子が教師になったのをとても喜んでいたこと。そんな話を聞いた美香子は、ここでバレー部から逃げたら、それが一番生徒からの信頼を裏切ることになると、試合会場に向かう。
 自分たちの所為で美香子先生がクビになった彼らはまるでやる気がなく、相手の竜王中男子バレー部にこてんぱんにやられていた。そんな彼らに檄(げき)を飛ばす美香子。「美香子先生が帰ってきた!」彼らの動きが変わった。なんと優勝候補の竜王中に1セットとることに成功。ところが竜王中のコーチ(田口浩正)から信じられない言葉が・・・。「なにやってんだ!お前ら全員交代!おい!一軍!」
 「えっ、え~~。」彼らが1セットとった相手は二軍だったのだ。彼らの努力もむなしく、戸畑第三中学校バレー部は退廃。「先生。俺らくやしぃよ~。」と先生に抱きよる彼ら。。。おっぱいが見られない彼らの第二作戦、抱きついておっぱいを触る作戦にまんまとひっかかる美香子だった。

 数日後、先生はこの地をあとにする。バレーボールを胸に入れた彼らに見送られながら。「おっぱい大きすぎでしょう(笑)。」と笑う美香子だった。





●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 あははは~!やったやった!と思ったのは僕だけでしょうか。大学の頃に車の免許をとり、友達同士で出かけたとき、誰かが言ったことをみんなで実施してみました。時速100km出して窓から手を出して、その感触を確かめました・・・(笑)。男ってアホですね~。
 でも、そんなアホがいないと・・・。ビデオやDVD、インターネットなどの普及には“エロ”が貢献していると言われていますから、もしこんなアホな男どもがいなければ、今頃はBlu-rayやDVD、インターネットなんてこんなに普及していない時代だったかも知れません。エロがこの世をつくっているんです!ホントかよ?!
 ストーリーですが、「このタイトルでまさかの涙!満足度90%オススメ度95%」と言う文句に惹かれて観に行きましたが、う~ん、涙はないし、オススメもそれほどできないちょっと残念な映画でした。綾瀬はるかも彼女の魅力を引き出しているとも言い難く、僕の彼女はサイボーグをはじめとする他の映画の方が魅力的でしたね~。逆に僕の彼女はサイボーグの方がおっぱいが強調されていたように思います。
 結局なんか、中途半端な映画でしたね~。ホントに海猿シリーズの羽住英一郎が監督なの?と疑ってしまう作品です。

 ところで、舞台は1979年。黒板には7/19(月)と書かれていましたが、実際11979年の7/19は木曜日でしたよ~~!



観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点











この記事へのコメント

masya
2009年06月04日 10:31
原作は読まずに劇場で観ました。
時代設定から、部員の生徒たち、自分と同じ世代なのだとわかりまして、感情移入がしやすかったですね。
部室に貼られた「榊原郁恵のポスター」。街中を走る古い自動車たち。美香子の部屋のブラウン管のTV。自転車もあんなふうにして乗ってたなあ。
子供たちは携帯もピッチもポケベルも持ってません。でも、それなりに楽しそう。成人雑誌を見つけるシーンなんか、「そうそう」って思いましたよ。
お馬鹿な「男子」と、新米女教師の成長物語は、まさに私自身の過ごした時代背景でした。
特におかしな設定もなく(目立たず?)、いい青春コメディーに仕上がった佳作だと思います。
それにしても綾瀬はるか。サイボーグやったり、盲目の按摩剣士をやったりして、器用な女優さんです。特段、美人ではないと思いますが、かわいらしく、親しみやすいキャラは今後も期待です。


2009年06月04日 14:11
私も男なのでやりましたよ。車から手を出してのおっぱい疑似体験。あれは車の免許を取った男なら誰もがやるべきですよね♪

エロが世界を作るというのはまさにその通りだと思います。
よく言われることですが、ビデオやDVDが今日のような市民権を得たのもエロビデオやエロDVDが見れるという噂が広まったおかげですからね。
2009年06月08日 07:58
●masyaさん、コメントありがとうございます。
旅行中だったので返事が遅くなりました。すみません。
masyaさんってこのあたりの時代だったんですか。僕はもう少し後の世代ですが、中学生の頃は携帯やポケベルもない時代でしたので、似たような世代だったと思います。
こういうちょっと昔が舞台の映画って、自動車や町並み、小道具などどうやって撮影しているんだろうって思ってしまいます。昭和の時代背景が見事に描かれていましたよね。
綾瀬はるかは白夜行というドラマで知ったのですが、好きな俳優さんの一人です。ICHIとかよかったですよね。

●にゃむばななさん、コメントありがとうございます。旅行中だったので返事が遅くなりまして申し訳ありません。
やっぱり車から手を出すのやったんですね(笑)。公園とかに雑誌が落ちているとドキドキしちゃいましたよね。
Blu-rayの普及が遅いのは、やっぱりそういうのがないからなんでしょうかね?
2009年12月13日 00:42
こんばんわ~♪

>時速100km出して窓から手を出して、その感触を確かめました・・・(笑)。

本当にやるんですね~(^▽^
それって有名な逸話なんでしょうか?
最初に考え出したのは誰なんだろ^^;

ネットで簡単におっぱいが見れない素朴な時代のお話。
懐かしさに溢れる物がありましたね。
でも、もっと笑えたり泣けたりするのかな、と思っていたので、
ちょっと中途半端な気持ちで終わっちゃいました^^;

綾瀬はるかちゃんが先生役だからこそ、成立した映画でした♪
2009年12月13日 10:24
くうさん、コメントありがとうございます。
有名かどうかわかりませんが、大学時代にキャンプに
行く時に誰かが言い出しました。男ってアホですね。
確かにもっと感動できる作品かと思っていましたが、
正直あっさりした感じでした。個人的にはフレフレ
少女が感動だったのでこの作品も頑張って欲しかっ
たです。

この記事へのトラックバック

  • おっぱいバレー

    Excerpt: 「おっぱいバレー」監督羽住英一郎出演*綾瀬はるか(寺嶋美香子)*青木崇高(堀内健次)*仲村トオル(城和樹)*石田卓也(バレー部先輩)*大後寿々花(美香子(中学時代))*福士誠治(美香子の元カレ)*光石.. Weblog: だめ男のだめ日記 racked: 2009-06-03 12:30
  • 【映画評】<!-- おっはいはれー -->おっぱいバレー

    Excerpt: 思春期まっただ中の男子バレー部員たちに「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」と約束させられた悩める美人女性教師を綾瀬はるかが演じる青春コメディ。 Weblog: 未完の映画評 racked: 2009-06-03 13:34
  • おっぱいバレー

    Excerpt: 監督: 羽住英一郎 キャスト 寺嶋美香子☆綾瀬はるか 堀内健次☆青木崇高 城和樹☆仲村トオル バレー部の先輩☆石田卓也 寺嶋美香子(中学時代)☆大後寿々花 美香子の元カレ☆福士.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2009-06-03 14:41
  • おっぱいバレー見てきた【ネタバレ】

    Excerpt: 丸の内TOEI1でおっぱいバレーを見てきました。1979年、北九州市の公立中学... Weblog: 西麻布でランチとか東京散歩とか。 racked: 2009-06-03 14:46
  • 映画感想『おっぱいバレー』 青春だねぇ。。。

    Excerpt: 内容1979年戸畑第三中学に1人の女性教師が赴任してきた。寺嶋美香子(綾瀬はるか)は、以前いた学校で、事件が起きて生徒たちとの関わりに苦しんでいた。。。。それでも“今度こそは!”と意気込み、全校生徒の.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-06-03 17:56
  • 「おっぱいバレー」

    Excerpt: 試写会で 観てきました。「おっぱいバレー」公式サイト水野宗徳による実話を基にした同名小説を映画化。当日監督と綾瀬はるかの舞台挨拶がありました。僕の彼女はサイボーグの時より、彼女太った気が・・気のせい?.. Weblog: かいコ。の気ままに生活 racked: 2009-06-03 21:25
  • ★ 『おっぱいバレー』

    Excerpt: 2008年。「おっぱいバレー」製作委員会。   羽住英一郎監督。  1979年の北九州を舞台に、新任の女教師とバレーボール部.. Weblog: 映画の感想文日記 racked: 2009-06-03 21:46
  • 劇場鑑賞「おっぱいバレー」

    Excerpt: おっぱいバレーオリジナル・サウンドトラック「おっぱいバレー」を鑑賞してきました実話を基にした水野宗徳の同名青春小説を「ハッピーフライト」の綾瀬はるか主演で映画化。70年代後半の中学校を舞台に、新任女性.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-06-03 21:55
  • おっぱいバレー (綾瀬はるかさん)

    Excerpt: ◆綾瀬はるかさん(のつもり)綾瀬はるかさんは、現在公開中の映画『おっぱいバレー』に寺嶋美香子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-06-03 22:02
  • 「おっぱいバレー」プチレビュー

    Excerpt: 数か月前に、「おっぱいバレー」というタイトルの映画が 公開されるという情報を耳にして、いったんどんな映画?と ずっと気になっていた。 綾瀬はるか出演!?でまさか・・・ と思って見たら、以外な事.. Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2009-06-03 22:31
  • おっぱいバレー/綾瀬はるか、青木崇高

    Excerpt: このタイトルばかりが話題先行しちゃってるようですけど、確かに思春期の男の子にはインパクト大みたいで先日『ドロップ』を観に行ったときにこの映画の予告編がかかると、いかにもヤンキールックでの中学生男子たち.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-06-03 22:56
  • 試写会「おっぱいバレー」

    Excerpt: 先週末の過酷なスケジュールの疲労を色濃く残したまま、4月の第2週もスタートしました。そんなヘロヘロな今日も、仕事帰りの試写会です。これから、九段会館で試写会「おっぱいバレー」を観ます。綾瀬はるか主演で.. Weblog: 流れ流れて八丈島 racked: 2009-06-03 23:40
  • おっぱいバレー

    Excerpt: 綾瀬はるか主演の映画は「ICHI」と「ハッピーフライト」を見ているけど、これは不純な動機で劇場に行った。「先生、おっぱいを見せてください。」と言われた新任教師が、どう対処するかそれが楽しみだった。とこ.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2009-06-03 23:48
  • 映画 「おっぱいバレー」

    Excerpt: 映画 「おっぱいバレー」 Weblog: ようこそMr.G racked: 2009-06-04 00:19
  • おっぱいバレー

    Excerpt: 実話を基にした同名青春小説を『海猿』シリーズや『銀色のシーズン』の 羽住英一郎監督が『ハッピーフライト』、『ICHI』の綾瀬はるかを主演で 映画化。70年代後半の九州の中学校を舞台に新任女性教師と.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-06-04 00:47
  • おっぱいバレー

    Excerpt: 4月25日(土) 13:55~ TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『おっぱいバレー』公式サイト 作風の変わった東映。これも最近の路線を.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2009-06-04 00:50
  • 映画「おっぱいバレー」@ワーナー試写室

    Excerpt:  映画の話 赴任早々、廃部寸前の弱小男子バレーボール部の顧問になった女性教師・寺嶋美香子(綾瀬はるか)。ある日彼女は、やる気のない部員たちに、「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」という、とんでもない約.. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2009-06-04 00:59
  • 「おっぱいバレー」

    Excerpt: ここ最近観た映画が力作続きだったので、こちらも力を入れて観なくてはならず、いささか疲れてきたので脱力系(と思われる)の作品が観たくなって、選んだのがこの『おっぱいバレー』。それにしても恥ずかしいタイト.. Weblog: 古今東西座 racked: 2009-06-04 07:51
  • ★「おっぱいバレー」試写会♪

    Excerpt: 試写会で「おっぱいバレー」観て来ました。■出演■綾瀬はるか青木崇高仲村トオル他赴任早々男子バレー部の顧問になった美香子先生(綾瀬はるか)。。練習なんてまったくしないでおっぱいのことばっかり考えてる連中.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2009-06-04 08:20
  • おっぱいバレー

    Excerpt:  レディースデーに鑑賞。脚本の岡田惠和は結構好きなのだけれど、やっぱりいい感じに仕上がっていたかな。  中学生の男の子たちのHなことに興味津々なバカっぽさの中に、不純な動機ながらも何かに必死に取.. Weblog: 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) racked: 2009-06-04 10:53
  • 【おっぱいバレー】

    Excerpt: 監督:羽住英一郎 出演:綾瀬はるか、仲村トオル、青木崇高、石田卓也、大後寿々花 「1979年、九州にある公立中学校に赴任してきた新任教師の美香子は男子バレー部の顧問になった。 部員全員やる気.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2009-06-04 12:54
  • 『おっぱいバレー』

    Excerpt: ナイスおっぱい!そう言いたくなるほど楽しい映画でした。実話を基にした青春コメディとはいえ、笑えるだけでなく感動もさせてくれる、まさにお疲れ気味の日本にぴったりの元気映画。 私も中学生男子を経験してき.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2009-06-04 14:12
  • 「おっぱいバレー」

    Excerpt: 「おっぱいバレー」完成披露試写会 C,C、lemonホールで鑑賞 開演と同時に幕が上がりあらわれたのは Caocao のふたり。 と言ってもCaocaoが何だか分らない私は連れの若いお嬢さんに.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2009-06-04 21:53
  • おっぱいバレー 

    Excerpt: ★★★★  かなり気になるタイトルが話題を呼んでいる反面、逆に引いてしまう女性たちも多いようだ。だからかチケットを買うときに恥かしい人のため、「0PV」でOKという配慮がされているという。 映画の中身.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2009-06-04 22:16
  • 「おっぱいバレー」いっぱいリアル

    Excerpt: 中学三年生のしかもビデオもない時代、エッチ好きの男の子の性の情報源は、打ち捨てられた週刊誌、その中の平凡パンチや数多くの名もない青年漫画雑誌であった。ときたま手にする月刊プレイボーイの目もくらむような.. Weblog: 再出発日記 racked: 2009-06-04 22:37
  • 『おっぱいバレー』 おっぱいの行方、青春の彼方-。

    Excerpt: 『おっぱいバレー』 監督: 羽住英一郎 原作: 水野宗徳 脚本: 岡田惠和 撮影: 西村博光 美術: 北谷岳之 音楽: 佐藤直紀 キャスト: 綾瀬はるか 青木崇高 仲村トオル.. Weblog: ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー racked: 2009-06-04 23:31
  • 『おっぱいバレー』・・・「道程」そして「道標ない旅」

    Excerpt: ただただおバカなだけの映画だろうと予定に入れてなかったのだが、日頃お世話になってる映画ブロガー諸氏、特に私と世代の近い男性陣がまずまずの評価をされているので、ワーナーマイカルの千円の日を利用して観るこ.. Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2009-06-05 00:19
  • おっぱいバレー【映画】

    Excerpt: おっぱいバレー、 色々と宣伝がうまく ・・・・・観に行っちゃいましたf^_^; Weblog: つれづれ帳 racked: 2009-06-05 11:03
  • 『おっぱいバレー』 (2009)/日本

    Excerpt: 監督:羽住英一郎原作:水野宗徳出演:綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也、大後寿々花公式サイトはこちら。<Story>1979年、北九州市の公立中学校。新任教師、美香子(綾瀬はるか)は赴任早々、.. Weblog: NiceOne!! racked: 2009-06-06 08:59
  • おっぱいバレー

    Excerpt: 映画「おっぱいバレー」を観てきました!! なかなか衝撃的な題名ですよね。 でもそんなにふざけた内容ではなく、笑いあり感動ありの楽しい映画でしたよ。 あ、こんなあらすじです。 ↓↓↓ .. Weblog: Thanksgiving Day racked: 2009-06-06 10:01
  • 「おっぱいバレー」見る事を夢見て目標へ向かってがんばる事を知った青春バレー

    Excerpt: 「おっぱいバレー」は23歳の新任女性教師が赴任した学校のバレーボール部でやる気のない部員に勝ったら何でもするという約束に部員たちが「おっぱい見せてください」というとんでもない約束をさせられ部員たちが目.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2009-06-07 11:12
  • おっぱいバレー

    Excerpt: 製作年:2008年 製作国:日本 監 督:羽住英一郎 「試合 Weblog: いつか深夜特急に乗って racked: 2009-06-07 22:30
  • おっぱいバレー

    Excerpt: タイトルに惹かれて見てしまった人・・・いるかも(笑) インパクトあるもんなぁ~タイトル! 原作は水野宗徳の同名小説です。 監督は「海猿」シリーズ、「逆境ナイン」の羽住英一郎。 羽住監督.. Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日 racked: 2009-06-10 20:56
  • おっぱいバレー

    Excerpt: 脚本ゼミでの映画を観る会で候補に挙がった作品ですが却下。 でも結構評判よいですよね。(^^) 映画の紹介番組でも面白そうだったので 観てみました。 1979年、北九州市の公立中学校。 寺.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2009-11-10 17:05
  • 【おっぱいバレー】私の胸は、みんなの夢なの!

    Excerpt: おっぱいバレー 監督: 羽住英一郎    出演: 綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也、市毛良枝 公開: 2009年4月 試合に一勝し... Weblog: 映画@見取り八段 racked: 2009-12-12 03:11
  • おっぱいバレー

    Excerpt: 自分なら映画館でチケットを購入する際、そう言っちゃうよなぁ。 綾瀬はるかの噂のFカップが拝める?「おっぱいバレー」に主演! http://eiga.c... Weblog: 単館系 racked: 2009-12-17 01:26
  • おっぱいバレー-(映画:2009年鑑賞)-

    Excerpt: 監督:羽住英一郎 出演:綾瀬はるか、大後寿々花、木村遼希、橘義尋、高橋賢人、田口浩正、市毛良枝、仲村トオル 評価:82点 受け狙いに見せかけて結構ぐっとくる青春もの。 そんなと.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2009-12-30 00:26
  • おっぱいバレー

    Excerpt: もう、ひたすら、綾瀬はるかを眺めてるだけで満足。ごく気楽に楽しめる作品でした。 素朴な北九州の風景。作りこんだ「ひと昔前」の背景や音楽も味でした。期待しすぎるとナニかもしれないけれど、こういう作.. Weblog: のほほん便り racked: 2012-01-16 09:19