映画:MW -ムウ-



 手塚治虫原作のMW -ムウ-を観てきました。


●ストーリー(ネタバレあり)
 16年前、沖之真船島で、一夜にして島民全員が虐殺されるという事件が発生する。ところが奇跡的に助かった少年、2人がいた。そしてこの事件はある大物政治家によって闇に葬られ、真相を追っていた新聞記者は交通事故で死亡してしまっていた。
 そして現代、タイで日本の建設会社の役員・岡﨑(中村育二)の娘が何ものかに誘拐される事件が発生する。日本との友好関係を築きたいタイの警察はこの事件を全力で捜査する。日本からも沢木刑事(石橋凌)らが応援に駆けつけた。彼らの必死の捜査にもかかわらず、犯人は見事逃げだし、身代金1億を奪っていった。
 犯人に出し抜かれた沢木はバンコク警察に戻るが、そこで出会ったのは一億の身代金を提供したというLA新世紀銀行の結城(玉木宏)だった。結城は紙幣の番号を控えたリストを手渡すために銀行に訪れたが、沢木は刑事の勘で結城が犯人ではないかとにらむ。
 岡﨑は娘が監禁されている現場へと向かうが、そこにいたのは犯人である結城と娘。娘はお金欲しさに結城と共謀していたのだ。しかし結城は娘を殺し、岡﨑にも銃口を向ける。「考えたんだよ。娘の前で父親を殺すのと、父親の前で娘を殺すのとどちらがおもしろいかってね。間違ってなかったよ。」そう言うと結城は父親をも殺害してしまう。

 東京に戻った結城は教会へと向かう。賀来神父(山田孝之)は結城の犯罪の片棒をかついでいたが、これ以上犯行を続けるのをやめさせたいと思っていた。16年前、賀来と結城は16年前の沖之真船島の生き残りの少年だった。賀来はその時結城に命を救われ、それが原因で毒ガスを吸ってしまいその後遺症に悩まされていたのだ。それを知っている賀来は結城の犯行を止められないでいた。
 しかし賀来は結城が寝たのを見計らって彼を殺そうとナイフを手にするもののそれができないでいた。そんな彼は警察に電話をする。それを察知した結城は話を聞きに来た沢木の部下である橘刑事(林康文)を拉致してある仕掛けをする。遅れて橘に話しに来た賀来が体を縛られ口をふさがれた橘を発見する。賀来は橘の口に撒かれたテープを取るとそれが引き金となり橘の頸動脈が切れてしまう。
 賀来は結城の犯罪を止めその魂を救おうとするが、毎回結城に翻弄され自らも犯罪に荷担してしまいその度に懺悔を繰り返す。そんな二人は唯一の島の生き残り。固い絆で結ばれていた。

 一方、東京中央新聞の記者である牧野(石田ゆり子)はあるスクープをものにしていた。それは今回の被害者である岡﨑が裏金を作っているというのだ。しかし世論は岡﨑に同情を寄せていた。そこにこんな記事を書けば世論からたたかれる可能性があると編集長は判断し、牧野の記事を没にしてしまう。
 悔しがる牧野だが、別の殺人事件の被害者と岡﨑の共通点を偶然知ることになる。それは二人とも沖之真船島出身だと言うことだ。この事件には何か裏がある。そうにらんだ牧野は部下の溝畑(山本裕典)と一緒に沖之真船島のことを調べ始める。

 結城はLA新世紀銀行の東京支社へと出勤する。隣では山下本部長(半海一晃)が電話をしていた。その電話は望月大臣(品川徹)とその秘書(鶴見辰吾)からの電話で、金の無心だと察知した結城は、岡﨑の隠し金を使って記録は消去すれば誰にもわからないと進言する。山下本部長は結城のその提案を呑むことにする。

 ある日、結城と賀来の前に牧野が現れる。16年前の事故を調べていたベテラン記者の手帳を見つけた牧野はその手帳に書いてあった二人の少年結城と賀来のことを知ったのだ。そしてその手帳には“MW”という単語が綴られていた。
 事件の鍵を握るそのMWとは、某国と日本が開発した化学兵器だった。その兵器は沖之真船島で研究されていたが、16年前それが外に漏れてしまう。情報が外部に漏れることを危惧した政府は島民全員を殺害するという暴挙に出たのだ。それを指示したのが望月大臣だ。結城は島民の虐殺と隠蔽に荷担した人物に復讐していたのだ。
 そんなことを知らない牧野は賀来と結城と3人で無人島となった沖之真船島に向かう。その手帳を頼りに今でもMWが保管されているという島の湖に向かう。MWは水に濡れると無毒化するため、もし漏れ出しても水の中ならば安全なのだ。結城は潜ってMWを探すが、容器は空だった。しかもそこには探知機や監視カメラが仕込まれていた。数分後にはヘリが出動し、彼らを追う。
 牧野はヘリの銃撃に倒れ、賀来と結城は二人ボートで戻る。これ以上の犯行をやめようという賀来を東京湾に落とし一人寄港する結城。結城は手帳から東京基地に今でもMWが眠っていることを突き止め、基地に侵入する。
 一方、なんとか陸まで泳いで戻った賀来は警察に電話をし、一部始終を告白する。ところがすでにその頃には結城は教会に併設される養護施設の子ども達と世話をしている美香(山下リオ)を人質に基地に侵入し、MWを奪っていた。
 結城は自分を、親を、島民を殺害したMWを奪って飛行機で逃亡を図る。一方その飛行機には警察の協力で賀来が忍び込んでいた。結城を説得しようとする賀来だが、結城はMWを国外に売りさばこうとしていた。
 見かねた賀来はMWを抱きしめ飛行機から飛び降りてしまう。それを確認した某国の攻撃機がその飛行機を爆撃してしまう。

 数日後、沢木刑事のもとに結城から電話が入ってくる。。。







●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 結構評判の良い映画ですが、ちょっと微妙。ストーリーはとてもおもしろく釘付けなんですが、どうも映画としてみるとしっくり来ません。
 まず、結城と沢木との捕り物劇ですが、それまで公衆電話や携帯電話を駆使して警察を欺いたりと念入りに計画しているのに、リネンシュートから金の入った鞄を落として素直にリネン室に犯人が現れるわけないじゃん。って思っていたら案の定・・・。それまでの部分もスリルがないんですよね。
 山田孝之は好きな俳優の一人ですが、彼の魅力を全然引き出し切れていない。賀来神父の苦悩や葛藤などが全然伝わってこない。
 無駄に長い追いかけっこを見せられるより、生き残った子ども二人が生きていくのって苦労していると思うんです。だからこそ二人の絆が築かれたんだと思うんです。そう言うのを見せてくれないと二人の絆に感情移入しませんって。
 基地への侵入だって、結城一人ならともかく子ども達を連れてどうやって侵入するって言うんだ。某国の基地、警備薄すぎ。最後のシーンだってパラシュートで脱出したらそれは将軍じゃなくて普通は犯人って考えると思うのだが。。。
 湖に潜るのにあんなレギュレーターを用意しているのにフィンも用意していないって不自然ですし、その他にも詰めが甘い部分とかもたくさんあります。
 ストーリー的には良かったですが、脚本や監督が力不足だったかなぁという気がします。ネットでの評判はかなり良いのですが、僕的にはちょっと期待したほどではなかったという印象で、残念でした。



観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点






※キャンペーンは本記事掲載時のものです。実際のキャンペーン内容は各サイトでご確認の上ご利用ください。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

masya
2009年08月03日 19:48
過去、何度も制作されようとしてされなかった理由として、スポンサーからの強い要望が邪魔をして頓挫してしまっていたと聞いてました。
ホモセクシャルな雰囲気プンプンの原作と比べて何か中途半端な、説得力に欠ける映画になってしまったなあと感じました。
公開日前にTV版も観ましたが、自分は劇場版より夢中になりましたよ。
全体的にテンポが今ひとつで、ちょっと疲れて劇場を後にしました。
期待度が高かっただけに、残念。(ベンジャミン・バトンと同じくらい気落ちしました。)☆、2つかな。
2009年08月04日 23:36
masyaさん、こんばんは。
テレビ版(?)は観てないんですよ。最近テレビはほとんど見ていません。最近の若い人は僕以上にテレビを観ていないという話ですし、2011年にデジタル化されても2021年にはテレビ放送自体があるかが危ういんじゃないかと考えてしまいます。
MWが公開される前からmasyaさんはMWを楽しみにしているコメントをいただいていたと思いますが、ちょっと期待はずれだったみたいで残念でしたね。

この記事へのトラックバック

  • 【MW -ムウ-】ダークサイドのヒーロー

    Excerpt: MW -ムウ- 監督:  岩本仁志 原作: 手塚治虫 出演:  玉木宏、山田孝之、石橋凌       公開: 2009年7月 先日テレビドラマで「エピ... Weblog: 映画@見取り八段 racked: 2009-08-01 02:15
  • 劇場鑑賞「MW-ムウ-」

    Excerpt: MW-ムウ-オリジナルサウンドトラック「MW-ムウ-」を劇場鑑賞してきました1970年代に『ビッグコミック』で連載され、その過激な描写から他の手塚治虫作品とは一線を画す禁断のピカレスク・コミックを、手.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-08-01 05:45
  • 映画感想『MW-ムウ-』復讐モンスター

    Excerpt: 内容タイのバンコクにおいて旅行中だった竹菱建設の役員・岡崎俊一(中村育二)の娘・愛子(小松彩夏)が誘拐された。会社が用意した身代金を持ち、相手の出方を待つ岡崎と日本から捜査協力で派遣された2人の刑事。.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-08-01 08:14
  • 【MW-ムウ-】

    Excerpt: 監督:岩本仁志 出演:玉木宏、山田孝之、石橋凌、石田ゆり子、鶴見辰吾、風間トオル    世界を変えるのは、          破壊か。祈りか。 「16年前、島民全員が死亡する事件が.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2009-08-01 11:16
  • 「MW-ムウ-」

    Excerpt: 試写会で 観てきました。「MW-ムウ-」公式サイト手塚治虫 禁断の問題作「MW(ムウ)」を映画化。原作は未読です。大量虐殺から生き残った子供二人、一人は神父に、一人は殺人鬼に・・ていう設定からして わ.. Weblog: かいコ。の気ままに生活 racked: 2009-08-01 11:57
  • MW(ムウ)

    Excerpt: 自らを 無くか有りかの 存在論  いきなり「MW」(ムウ)を観てきた。いくら手塚治虫生誕80周年の映画化だとしても、この作品がロングランになるとは思えない。手塚ファンでも、大人向け作品を嫌う.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2009-08-01 13:33
  • 「MW -ムウ-」 存在し続ける陰

    Excerpt: 実はまったく期待をしていなかったので観賞が後回しになっていた作品だったのですが、 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-08-01 17:18
  • 「MW-ムウ-」試写会、感想。

    Excerpt: 今月に入って、初めての試写会。 どんだけよ、一日からの日記の空白期間が虚しく、真っ白…で、肝心の映画ですが、「無理矢理スケールを大きくしたかったけど、失敗しましたごめんなさいごめんなさい.. Weblog: Beinthedepthsofdespair racked: 2009-08-01 19:54
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 公式サイト。手塚治虫原作、岩本仁志監督。玉木宏、山田孝之、石田ゆり子、石橋凌、山本裕典。米軍の毒ガス兵器奪って世界破滅願望を夢見るというのは村上龍の「コインロッカー・ベイビーズ」もそうだった。やはりコ.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2009-08-01 22:01
  • 「MW -ムウ-」

    Excerpt:  初日。ご自身が手?世代の方から、親が手?世代であろう高校生まで、幅広い年齢層で座席が埋まっていました。終了時間が20時を少し回る遅めの回でありながら、前方の数列を除き端席までほぼ満席。手?作品の持つ.. Weblog: 首都クロム racked: 2009-08-01 22:29
  • 試写会「MW-ムウ-」

    Excerpt: 今晩は仕事帰りに新宿厚生年金会館で試写会「MW-ムウ-」を観てきました手塚治虫ファンとしては、見逃すわけにはいきませんそれだけに期待が大きすぎたのか、いまひとつという感じでしたしかも、これまた続きそう.. Weblog: 流れ流れて八丈島 racked: 2009-08-01 22:38
  • MW-ムウ- [映画]

    Excerpt: 公開:2009/07/04製作国:日本 PG12上映時間:130分鑑賞日:2009/07/04監督:岩本仁志出演:玉木宏、山田孝之、山本裕典、山下リオ、風間トオル、鶴見辰吾、林泰文、石田ゆり子、石橋凌.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2009-08-01 23:06
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 日本が誇る漫画家・手塚治虫の偉大さは確認できても、映画化が成功したとは言い難い。物語は、16年前、ある島の島民全員が死滅した事件を発端に、生存者の壮絶な復讐と、鍵である謎の物質“ムウ&rd.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2009-08-01 23:51
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 1970年代に連載されていた手塚治虫の漫画を生誕80周年を記念して実写化した作品。主演は『真夏のオリオン』が公開中の玉木宏と『鴨川ホルモー』の山田孝之。共演に石橋凌、石田ゆり子、品川徹、半海一晃、鶴.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2009-08-02 00:21
  • 手塚治虫原作*玉木&山田熱演!!☆映画 『MW -ムウ-』 ☆

    Excerpt: 手塚治虫氏の生誕80周年記念作品。 いつもなら悪役を演じる山田孝之が善人で、玉木宏が悪役っていう意外なキャスティング。 役作りの為に7kgダイエットした玉木さんの殺人鬼役は、人を殺すことになん.. Weblog: honu☆のつぶやき ~映画に恋して~ racked: 2009-08-02 00:57
  • MW-ムウ-

    Excerpt: - 世界を変えるのは、破壊か。祈りか。 - 『MW-ムウ-』を観てきました! 先月放送のスピンオフドラマ『MW-ムウ-第0章 悪魔のゲーム』が、意外とおもしろかったので、つい映画館へ・笑 原.. Weblog: Peaceナ、ワタシ! racked: 2009-08-02 12:00
  • MW-ムウ-■つまらない!

    Excerpt: 物語としては手塚治虫の原作があり、内容は米国もからんだ国家謀略、毒ガス兵器、復讐、主人公は聖と邪を象徴する二人。真相を追究する新聞記者。これだけの素材が揃っていて、これほど面白くない凡庸な映画に仕上げ.. Weblog: 映画と出会う・世界が変わる racked: 2009-08-02 13:56
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 「MW-ムウ-」監督岩本仁志原作手塚治虫出演*玉木宏(結城美智雄)*山田孝之(賀来裕太郎)*山本裕典(溝畑)*山下リオ(美香)*風間トオル(三田)*鶴見辰吾(松尾)*林泰文(橘誠司)*中村育二(岡崎俊.. Weblog: だめ男のだめ日記 racked: 2009-08-02 14:30
  • MW

    Excerpt: ★★★★ 玉ちゃん、売れてますねぇ~ 監督:岩本仁志 原作:手塚治虫 出演:玉木宏 山田孝之 石橋凌 ストーリー 16年前、ある島で島民全員が死亡する事件が発生 が、2人の少.. Weblog: こんな会社でごめんあそばせ racked: 2009-08-02 15:39
  • 『MW -ムウ-』 ('09初鑑賞87・劇場)

    Excerpt: ☆☆--- (5段階評価で 2) 7月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2009-08-02 16:20
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 監督: 岩本仁志 キャスト 結城美智雄☆玉木宏 賀来裕太郎☆山田孝之 溝畑☆山本裕典 山下孝志☆半海一晃 美香☆山下リオ 三田☆風間トオル 松尾☆鶴見辰吾 岡崎俊一☆中村.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2009-08-02 17:03
  • MW-ムウ-/玉木宏、山田孝之

    Excerpt: 最初に劇場予告編を目にしたときに、そういえば手塚治虫作品に『MW』というのがあったよね、というくらいの知識しかなくて内容については全く知りませんでした。そして公開日が近づくにつれて映画の概要や原作につ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-08-02 17:48
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 手塚治の同名漫画を映画化した作品。原作は未読です。 タイで日本人の誘拐事件が起きます。タイ警察の大規模な捜査、日本から派遣された刑事、沢木らの活躍もむなしく、結局、被害者親子が殺され、身代金も奪.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2009-08-02 18:45
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 玉木宏さんが、悪役に挑戦し、原作は手塚治虫さん、楽しみにしていた「MW-ムウ- 」を、いつもの土曜日のレイトショーで鑑賞。 .. Weblog: いい加減社長の日記 racked: 2009-08-02 18:49
  • 「MW-ムウ-」復讐の限りを尽くそうとした先に待っていた救った親友の復讐阻止劇

    Excerpt: 「MW-ムウ-」(PG12指定)は手塚治虫原作の映画で映像化不可能と言われた作品で、16年前にある島の住人600人が忽然と消え、その仕業は政府によってもみ消された。そしてその島には2人の少年が生き延び.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2009-08-02 19:13
  • 【映画評】<!-- むう -->MW -ムウ-

    Excerpt: 巨匠・手塚治虫が遺した禁断の問題作を映画化した、島民600人の命を奪った“MW(ムウ)”を巡る復讐劇。 Weblog: 未完の映画評 racked: 2009-08-02 19:36
  • MW-ムウ-見てきた【ネタバレ】

    Excerpt: 市川妙典のワーナーマイカルで手塚治虫原作、玉置宏主演のMW-ムウ-を見てきました。 Weblog: 西麻布でランチとか東京散歩とか。 racked: 2009-08-02 22:14
  • MW(ムウ)

    Excerpt: 日本が誇る天才・手塚治虫の生誕80周年を機に、圧倒的映像力と、緊張感あふれる多彩なアクション、これ以上ないキャスティングによって、日本映画史に新たなサスペンス・エンタテインメント超大作としてスク.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2009-08-03 00:02
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 巨匠・手塚治虫の作品の中でも過激な内容から問題作と呼ばれていた同名 漫画を手塚治虫生誕80周年を機に映画化。16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が起きる。 だが当時の政府はこの.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-08-03 01:23
  • 2009-57『MW-ムウ-』を鑑賞しました。

    Excerpt: &amp;#63704;映画を鑑賞しました。&amp;#63893; 2009-57『MW-ムウ-』(更新:2009/07/12) * 評価:★★★★☆ 上映直前にテレ.. Weblog: はっしぃの映画三昧! racked: 2009-08-03 13:37
  • 「MW-ムウ-」

    Excerpt:  手塚治虫先生は「鉄腕アトム」や「ブラック・ジャック」で有名だが、一方では青年誌 Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2009-08-03 22:18
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 【MW-ムウ-】 ★★★☆ 試写会(13) ストーリー 16年前、“沖之真船島”で島民全員が一夜にして虐殺される凄惨な事件が発生した。しかし Weblog: りらの感想日記♪ racked: 2009-08-04 19:56
  • 『MW-ムウ-』試写会鑑賞

    Excerpt: 16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。その一人でエリート銀行員となった結城美智雄の裏の顔は冷酷な殺人鬼で、神父となった賀来裕太郎は結城を.. Weblog: 映画な日々。読書な日々。 racked: 2009-08-05 21:21
  • 「MW-ムウー」胸騒ぎの2時間

    Excerpt: 原作ファンには酷評だったという、手塚治虫生誕80周年記念映画 「MW-ムウー」 渋谷のキュー2の巨大ポスターを見ては、「やっぱ、腐女子ねらいなんじゃ?」と、見ようかどうしようかずっと迷っていた。 .. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2009-08-05 23:34
  • 「MW-ムウ-」見てきた★

    Excerpt: 「MW-ムウー」見てきたよー!! :*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*: http://mw.gyao.jp/ なんだか映画館混んでたけど、な.. Weblog: +++turbo addiction+++ racked: 2009-08-09 22:56
  • MW -ムウ-

    Excerpt: 原作:手塚治虫監督:岩本仁志映画 日 09☆ 最初から1ミリも期待してません。T Weblog: TRUTH?ブログエリア racked: 2009-08-12 17:42
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 世界を変えるのは、破壊か、祈りか。 【関連記事】 「MW-ムウ- 第0章 ~悪魔のゲーム~」 発売予定日は2009年11月6日 Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2009-09-09 23:27
  • MW‐ムウ‐

    Excerpt: 漫画界の巨匠、手塚治虫が遺した作品の中でも、過激な内容から禁断の問題作と呼ばれてきた「MW(ムウ)」を映画化。少年時代に経験した事件の復讐(ふくしゅう)のため冷酷な殺人鬼となった主人公を、ドラマ「のだ.. Weblog: シネマDVD・映画情報館 racked: 2009-09-23 20:23
  • MW-ムウ-

    Excerpt: 手塚治虫“最大の禁忌(タブー)”と呼ばれた問題作の映画化だそうで。 原作は未読ですが、興味津津です。 16年前、ある島の島民全員が死亡する事件が発生。 その事実は、政府の手で隠ぺいされるが、.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2009-11-16 12:16
  • 「MW-ムウー」感想

    Excerpt:  キャスト 玉木宏 山田孝之 山本裕典 山下リオ 石田ゆり子 石橋凌   2009年の夏公開の作品。  あらすじ  16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が発生した。しかし、こ.. Weblog: Kanataのお部屋へようこそ racked: 2011-01-13 11:44