ブックレビュー:心霊写真をつくろう




 このブログでも何度か話題にしている深夜枠で5年間も続いたエンターテイメント番組やぐちひとり(C)(残念ながら打ち切りになってしまいました。)で紹介された誰でもカンタン 恐怖!爆笑!?心霊写真をつくろう!という本です。
 もちろんパソコンはいっさい不要。カメラと身近にあるものだけで撮影するテクニックが、奇妙なところに現れた生首、背後から現れた7本目の手など、13種類(+番外編)紹介されています。
 番組では矢口真里劇団ひとりが実際に、「あるはずのない足が消えている」と「エクトプラズムを出す女性」「火の玉が宙を舞う」など4種類に挑戦。一眼レフカメラの方が撮りやすいと思うけれど、コンパクトデジカメでやぐっちゃんの足が消えた写真を見事撮影。
 次にエクトプラズムですが、「倉庫みたいなところがまた雰囲気出てますよね。」と発言。実は著者であるゲスト・久門易さんのおうちの前で撮影したそうなんですが、人の家を倉庫と言い切るやぐっちゃんは、劇団ひとりに突っ込まれていました。久門さんも結構落ち込み気味でした。
 でも、この本自体は全くおもしろくないです。写真にちょっと詳しい人ならば写真を見ればすぐにどうやって撮ったかわかるようなものばかり。バラエティ番組でボケと突っ込みを入れられながら撮るのを見ていた方がよっぽどおもしろい。気の知れた仲間でやってみるとまたくだらなさとバカバカしさで笑えるかも知れません。
 ちなみに、黒墨で目の部分を消すのをお忘れなく、これが心霊写真っぽく見せる一番のコツだと思います。この本に出ているくだらない写真も目を黒墨で消すだけで心霊写真っぽく見えていましたから。(笑)




読んで良かった度:●○○○○ 1点







  • 「心霊写真をつくろう! 」のお求めはAmazon楽天ブックスe-honで。
  • 久門易著。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック