映画:2012



 前回が超単館系のマイナー映画だったので今回は超有名どころで。ローランド・エメリッヒ監督のパニックムービー2012を観てきました。


●ストーリー(ネタバレあり)
 2009年。科学者のエイドリアン(キウェテル・イジョフォー)はある調査結果を手にして議員・カール(オリバー・プラット)のパーティーに向かう。パーティーの途中だぞと怒るカールに対して、それでもこれを読むようにと詰め寄るエイドリアン。調査結果を読み終わったカールはエイドリアンにこういう。「汚い格好だな。これから大統領に会いに行くのに。」と。その時からアメリカをはじめ、世界各国が協力する巨大プロジェクトが開始された。
 場所は中国のチョーミン。ここに巨大ダムを造ると現地の中国人がたくさん採用され、このプロジェクトの作業員として雇われた。

 2012年。売れない作家ジャクソン(ジョン・キューザック)は男の子・ノア(リアム・ジェームズ)と女の子・リリー(モーガン・リリー)の父親。でも妻のケイトアマンダ・ピート)とは離婚し、離婚調停にしたがって時々子供たちと遊ぶ。今ではロシア人実業家のユーリ・カルポフ(ズラッコ・ブリッチ)のお抱え運転手をしている。一方ケイトは整形外科医のゴードン・シルバーマン(トーマス・マッカーシー)と一緒に暮らしていた。
 今日は休暇をもらって子供たちとイエローストーン国立公園にキャンプに行く大事な日。そんな大事な日に寝坊してしまったジャクソン。しかも自分の車はエンジンがかからない。ジャクソンは仕事用のリムジンでケイトの元を訪ねる。
 リリーはジャクソンが来るのを楽しみにしていたが、ノアはゴードンのことを好きで、ジャクソンとのキャンプを心待ちにしていたわけではなかった。
 イエローストーンに着いたジャクソンたちがケイトとの思い出の湖に行こうとすると軍によって閉鎖されていた。3人は柵を乗り越え湖に向かうがそこには湖はなかった。干上がってしまっていたのだ。ジャクソンが驚いているうちにどこからともなく軍のヘリとジープが現れ、3人は軍に捕まってしまう。それを影からこっそり見ていたのは、一人でラジオ放送をしている謎の男・チャーリー(ウディ・ハレルソン)だった。
 ジャクソンはこの湖を調べていたエイドリアンに会う。エイドリアンはジャクソンが書いた本を愛読しており、ここに近づくなという警告だけで帰された。そんなジャクソンらを待っていたのはチャーリー。軍の施設で何を見た?と執拗に質問するチャーリー。彼の話では地球の滅亡が近づいており、各国政府は宇宙船を建造して限られた人間を避難させようとしているというのだ。作家であるジャクソンは最初は興味津々に聞いていたが、余りに突拍子のない話にジャクソンはその場を離れる。

 翌日、ケイトとゴードンはスーパーに買い物に来ていた。突如襲った地震と地割れでスーパーは崩壊。奇跡的に死者は出なかったが、二人はジャクソンにすぐに戻るようにと言う。ノアとリリーをケイトの元に送り届けたジャクソンに、ユーリからすぐに請いという電話が入る。ジャクソンはユーリと恋人のタマラ(ベアトリス・ローセン)、双子の息子・アレック(アレキサンドレ・ハウスマン)とオレグ(フィリップ・ハウスマン)をリムジンに乗せて空港へと送り届ける。双子とがそりが合わないジャクソンは二人に「お前は乗船券がないからどうせ死ぬんだ。」と言われる。その言葉を聞いたジャクソンはピーターの話を思い出す。ジャクソンはプロペラ機の操縦士を雇うことにする。そして再びケイトの家に向かい、家が安全というケイトと子供、そしてゴードンを半強制的にリムジンに乗せて空港に向かう。彼らが家を出た瞬間家は崩壊。それどころか大地震によって街全体が崩壊していく。
 倒れる高速道路、ビルをよけながら空港に向かうが操縦士は地震に巻き込まれ死亡していた。昔、ちょっと操縦を習ったことのあるゴードンが操縦することにする。油圧のチェック・・・1つ1つマニュアルどおり点検を始めるゴードン。しかしそんなことをしている暇はない。もう滑走路も崩れかけているのだ。横からエンジンをスタートするジャクソン。彼らは間一髪飛び立つことに成功する。
 ジャクソンは政府が造っている船がどこにあるのかチャーリーに聞き出すために再びイエローストーンへと向かう。チャーリーのところに向かうジャクソンにリリーがついて行ってしまう。こんな状態になってもチャーリーはラジオ放送を続けていた。助かるつもりのないチャーリーは車に地図があることをジャクソンに伝える。チャーリーの車に戻ったジャクソンとリリーだが、その時火山が噴火。車を飛ばして飛行機の元に戻ろうとするが、火山弾によって車は崩壊。燃える車を運転してなんとか飛行機まで戻ることに成功する。
 ところが命をかけて手に入れた地図は中国の地図だった。プロペラ機では到底たどり着くことはできない。大型飛行機に乗るためにジャクソンはラスベガスへと向かう。ジャクソンは偶然ユーリたちと再開する。彼らもまたここで足止めをくらっていた。ユーリのパイロット・サーシャ(ヨハン・アーブ)は大型貨物飛行機を手配するが、それを飛ばすためには副操縦士が必要だという。ケイトはゴードンは飛行経験があると言い、ジャクソンらも一緒に乗せてもらえるようになる。
 彼らが飛び立った直後、ロサンゼルスも崩壊。この惨事は世界中で起きていた。

 ホワイトハウスではカールとエイドリアンが対立していた。人々は知る権利がある。もし知ることができれば家族と話をできる。と主張するエイドリアンに対して人々が知れば暴動が起き、避難の妨げになる可能性もあると。大統領(ダニー・グローヴァー)はエイドリアンの意見に賛同し、最後の会見を開こうとしていた。その間、カール、エイドリアン、そして大統領の娘・ローラは(タンディ・ニュートン)はエアーフォースワンに乗り込む。しかしエアフォースワンは大統領の到着を待たずして飛び立つ。大統領は最後までアメリカ合衆国の大統領として国民と最後を共にするつもりのだ。

 サーシャはこの飛行機は中国までの燃料がないことを知り、給油をするためにハワイへと向かう。しかしハワイもまた火山の噴火によって壊滅状態となっていた。そのまま中国へと向かうが給油のできなかった彼らは救命胴衣を身にまとう。ところが地上では2000km以上の地殻変動が起きており、海の真ん中に不時着するつもりだった彼らはすでに中国に着いていることに気がつく。彼らは氷河の上に低空飛行し、積んでいた高級車で脱出する。しかし、低空飛行を維持しなければいけないサーシャは飛行機と共に死亡してしまう。
 方舟に乗せるためにヘリコプターで多くの動物たちが運ばれていた。そのうちの一機がジャクソンらに気がつく。しかし1枚10億ユーロの乗船券を持っているユーリと子供たちしかヘリコプターに乗せてもらえなかった。恋人のタマラも置き去りだ。
 途方に暮れる彼らの前に1台の車が通る。それは巨大船の工場で働くテンジンの弟たちだった。テンジンの家族もまた乗船券を持っておらず、テンジンの手引きで船に忍び込む計画だった。僧侶である弟はジャクソンらを見捨てられず連れて行くことにした。
 数隻作られた巨大船の一隻が地震による天井崩壊で修復不能となっていた。それに乗る予定だったユーリらはまたもや足止めを食う。彼らやさらに工員らなど船に乗れなかった多くの群衆がエイドリアンやカール、そしてジャクソンらが乗り込んだ船に詰め寄る。
 カールは入口のハッチを閉めるように指示するが、エイドリアンはジャクソンの本を引用し各国首脳に呼びかける。「人間が助け合うことをやめたら人間ではなくなる。」と。ローラも、亡き父もそれに賛同するでしょうと付け加える。各国首脳もエイドリアンに賛同し、ハッチを開ける。
 ところが、機械室にいたゴードンはハッチのギアに挟まれ死亡してしまう。しかも電動ドライバーがギアに挟まりハッチが完全に閉まらなくなってしまう。とうとう津波が押し寄せてくる。メカニックが急いで修理に向かうが怒濤のように乗ってきた群衆で思うように移動できず機械室までたどり着けない。ハッチが閉まらず航行できない船にさらなる不幸が。津波に流されたエアフォースワンが船の固定ボルトに激突し、この船もまた流されてしまう。このままではヒマラヤ山脈に激突してしまう。
 ハッチから入ってきた水でおぼれそうになるリリーを助けようとするが、身代わりにタマラは溺死してしまう。ギアを調べるためにジャクソンが向かうが、ノアも後を追う。二人の活躍で挟まった電動ドライバーを取り除くことができ、間一髪船、致命的なダメージを回避することに成功する。
 0001年、多くの人を救ったエイドリアンとそれに賛同したローラとの間に新たな愛が芽生える。そして、地殻変動で世界一高くなったアフリカのタバナ・ヌトレニャナ山へと、生き残った3隻の船が向かう。




●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 いや~!‎すごかった。2時間38分と長めの映画ですが、なんかあっという間に終わってしまったという感じ。すごいスペクタル。最近の映画ってCGを多用するのですごい映像見せられてもあまり驚かないんですが、この映画は逆に笑っちゃうくらい映像がすごい。街が崩壊するシーン、飛行機のシーン、噴火のシーン。ホントにドキドキしちゃいます。
 長めの時間ですがもっと長くても良いんじゃないかと思うくらいです。地球崩壊の予兆が見え隠れする一番ドキドキするシーンにあまり時間を割いていないので、もっと丁寧に描いてもよかったと思います。日本で住んでいる息子とか、エイドリアンの友人とかのサブストーリーも少ないので、彼らが死んでしまう時にも感情移入ができません。
 映像はすごいんですが、ストーリー自体はひねりも新しさも感じられません。大統領が残るシーンとか、子供を助けるために身代わりになるとか、最後ジャクソンが機械室からなかなか出てこないけど助かるとか、他にもどこかで見たようなシーンがいっぱいです。
 まぁ、こんな映画ですから細かいところをつついても仕方ありませんが、あんな状態でよく携帯電話通じるよね。
 もう一つ。豪華客船が太平洋(たぶん)で津波に呑み込まれますが、その津波の原因となったのは日本海沖地震。日本海で起きた地震で太平洋の豪華客船を沈没させるほどの津波を引き起こすのだから相当すごい地震だったんでしょうね。で、日本海を英語では「Japan SeaかSea of Japan」と確か言っていたと思います。この映画、中国や韓国でもこのまま上映しているんですかね?韓国や朝鮮が“日本海”を“東海”“朝鮮海”“韓国海”などと改名しようとしており、日本ではマイナーですが韓国では結構それに関して大きな感心があるようですので。。。

 この映画以前から2012年に関する書物は多く出ているようですが、実際はどうなるんでしょうね。もう死語になりつつありますがノストラダムスの予言は何もありませんでしたしね。

 まぁ、今さら言うまでもないですが映画館での鑑賞をオススメする作品でした。ただ心に残るものはないので、数ヶ月したら忘れられそうな映画ですけどね。



観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点






※3/31までの期間限定キャンペーンです。実際の送料は注文時にご確認ください。




この記事へのコメント

2009年11月29日 22:57
ほんとにスゴイ映像でしたよね!
呆気に取られっぱなしでした(^^;)。
でも最初に“船”って聞いた時、宇宙船だと思いました(笑)。
2009年11月29日 23:20
マキサさん、こんばんは。
ホントにあっけにとられる映像でした。CGだとわかっていても興奮しちゃいますよね。
船は最初は本当に宇宙船と思わせる会話でしたよね。もしホントに宇宙船だったらちょっと引いちゃってかも知れませんね~。
2009年12月03日 21:00
こんばんはw
ド迫力な壊れっぷりでした。
多分自分が現実にあの場に居たら、絶対すぐ死ぬなー(^▽^;)
TBさせて頂きました。
2009年12月04日 09:30
ここさん、こんにちは。
僕だったら、すぐ死んじゃった方が楽かなぁ~って思っちゃいますね。でも子供がいると違うんでしょうね~。

この記事へのトラックバック

  • 映画「2012」(監督:ローランド・エメリッヒ)

    Excerpt: ■公開:2009年 ■監督:ローランド・エメリッヒ ■主演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、他 先日ボクが以前勤めていた会社のOB会がありました。いまから10年以上.. Weblog: 飾釦 racked: 2009-11-29 14:47
  • 2012

    Excerpt: <<ストーリー>>2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かってい.. Weblog: 映画君の毎日 racked: 2009-11-29 16:53
  • 2012

    Excerpt: 公式サイト。ローランド・エメリッヒ監督、ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、キウェテル・イジョフォー、ウディ・ハレルソン、ジョン・.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2009-11-29 17:51
  • 「2012」 良くも悪くもエメリッヒ

    Excerpt: 宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-11-29 18:12
  • 『2012』を見る

    Excerpt:  序  昨日、『2012』の前夜祭レイトショーを見てきた。  20時20分に上映 Weblog: ワノログ racked: 2009-11-29 18:40
  • 2012

    Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス - 映画のご紹介 (509) 2012 -ローランド・エメリッヒの新作はCG満載のエンターテーメント映画 この冬の最大の話題作ではないだ.. Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス racked: 2009-11-29 19:11
  • 『2012』 災厄でも助かる条件

    Excerpt:  フィリップ・ワイリーとエドウィン・バーマーの合作『地球最後の日』(1933年)は、1951年と1998年に映画化され(1998年版は『神の鉄槌』も混ざって�... Weblog: 映画のブログ racked: 2009-11-29 19:13
  • 2012

    Excerpt: 『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2009-11-29 21:44
  • 『2012』

    Excerpt: 『インデペンデンス・デイ』や『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ 監督が「これ以上の映画は作れない」と公言したディザスター・ムービー。 2012年の12月21日に地球が滅亡するというマヤ文明の.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-11-29 21:46
  • 本当に起こったら恐ろしい!!ディザスター・ムービー☆ 『2012』 ☆

    Excerpt: イヤー、すごい迫力だった! 予告映像でそうだろうとはある程度予想してたけど、実際は想像以上!! ローランド・エメリッヒといえば『インデペンデンス・デイ』や『デイ・アフター・トゥモロー』とい.. Weblog: honu☆のつぶやき ~映画に恋して~ racked: 2009-11-29 21:51
  • 2012年12月21日、世界が破滅する 古代マヤ暦

    Excerpt: 古代マヤ暦の2012年終末説。はたしてマヤ人の予言通り、地上 Weblog: ネット社会、その光と影を追うー racked: 2009-11-29 23:18
  • 2012

    Excerpt: 大迫力の映像。娯楽作品として楽しめました。 やはり、中国なのか・・・ 次から次へと押し寄せる地球崩壊の映像シーンに、圧倒されます�... Weblog: 映画通信みるみる racked: 2009-11-29 23:49
  • 2012

    Excerpt: 2012 289本目 2009-49 上映時間 2時間38分 監督 ローランド・エメリッヒ 出演 ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート オリヴァー・プラット ダニー・グロー.. Weblog: メルブロ racked: 2009-11-29 23:58
  • 『2012』・・・襲い掛かる国威の象徴

    Excerpt: 地球滅亡を描く作品のアイデアの限界を感じた。ディザスターの名手エメリッヒ監督といえど、さすがにもうネタ切れなのかもしれない。中味は薄っぺらで延々ひたすら映像勝負の2時間38分。後半は正直キツかった(汗.. Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2009-11-30 00:15
  • 映画「2012」@109シネマズ川崎

    Excerpt:  シアター6にて鑑賞、客入りは7~8割くらい。上映寸前に入ってきたアジア系外国人3人組が映画冒頭に大声で喋ってうるさい。  2012オリジナル・サウンドトラック 映画の話 2009年、リムジン運転手の.. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2009-11-30 00:47
  • 【2012】★ジョン・キューザック

    Excerpt: マヤ文明が予言した太陽系の惑星が直列し―世界終末の日が来る事を2012 HP2012シネマトゥデイ英題:2012製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年11月21日上映時間:2時間38.. Weblog: 猫とHidamariで racked: 2009-11-30 01:30
  • 2012

    Excerpt: 期待したどおりの大迫力のスペクタクル映像を堪能した。色々な人物像が丁寧に描かれているので、VFXだけが売りの映画になっていない。ニュートリノ天文学という小柴教授の研究成果が登場するのも、うれしいことだ.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2009-11-30 13:58
  • ★2012(2009)★

    Excerpt: 20122012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。メディア映画上映時間158分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/11/21ジャン.. Weblog: CinemaCollection racked: 2009-11-30 16:21
  • 2012

    Excerpt: 2009年11月20日(金) 20:00~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『2012』公式サイト フリーパス鑑賞17本目。 映画秘宝呼ぶところのエ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2009-11-30 17:01
  • 映画感想『2012』 こんな地球の壊し方してみました

    Excerpt: 内容2009年。アメリカ科学技術作成局の地質学者エイドリアンは、地質学者の友人サトナムのインドの研究所に呼び出されていた。サトナムに提示されたデータは、かつてない大きさの太陽フレアの情報と思われたが、.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-11-30 17:25
  • 【2012】モナリザは逃がしても人間は逃がさない

    Excerpt: 2012~2012~ 監督: ローランド・エメリッヒ    出演: ジョン・キューザック、エイドリアン・ヘルムズリー、アマンダ・ピート 公�... Weblog: 映画@見取り八段 racked: 2009-11-30 18:56
  • 「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。

    Excerpt: [2012] ブログ村キーワード  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。古代マヤ文明の予言~.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2009-11-30 20:15
  • 『2012』

    Excerpt: これは映画か?いえ、立体版ディザスターアクションゲームです。しかも自暴自棄になったローランド・エメリッヒ監督が作り上げた人間愛の欠片もない作品でツッコミどころ満載ですが、違う意味で凄く面白いです。 .. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2009-11-30 20:21
  • [映画『2012』を観た(幼女万歳!)]

    Excerpt: ☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ち.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2009-11-30 21:44
  • 映画『2012』

    Excerpt: どういうわけか、ディザスター(大災害)映画がわりに好きです。無論、本物の災害は歓迎しませんが・・・。単純に映像に興味があります。 『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』のローラ.. Weblog: 健康への長い道 racked: 2009-12-01 00:29
  • 2012

    Excerpt: 2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる──。 全世界60億人が直面する、世界終末の日。その時、あなたは──。 .. Weblog: 七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba racked: 2009-12-01 01:28
  • 映画 「2012」

    Excerpt: 映画 「2012」 Weblog: ようこそMr.G racked: 2009-12-01 02:00
  • 2012

    Excerpt: TOHOシネマズ 六本木ヒルズで観てきました ローランド・エメリッヒ監督のディザスターっぷりがハンパないことになってましたw 陸地が次々と崩壊していく映像を見ているだけで軽くご.. Weblog: ~映画盛り沢山~ racked: 2009-12-01 02:32
  • ★「2012」

    Excerpt: 久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-12-01 03:26
  • 『2012』 (2009)

    Excerpt: どんなところが楽しめたかってことだけど、主人公たちが災害を切り抜けていく数々のシーンの、あっけらかんとした調子良さです。「そりゃ、ないだろ」の強運シーンの連続。これでもかこれでもかと繰り返される天変地.. Weblog: よーじっくのここちいい空間 racked: 2009-12-01 04:31
  • 2012

    Excerpt: 「2012」監督:ローランド・エメリッヒ(『紀元前1万年』)出演:ジョン・キューザック(『エージェント・オブ・ウォー』『1408号室』)キウェテル・イジョフォー(『アメリカン・ギャングスター』『インサ.. Weblog: マー坊君の映画ぶろぐ racked: 2009-12-01 08:59
  • 映画「2012 字幕版」感想と採点 ※ネタバレあります

    Excerpt: 映画『2012 字幕版』を本日観て来た。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。 例えれば"大盛りで味の濃いコース料理"。観ている時は満腹になるけど、終わってみると食べ終えた満足感だけが残る.. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2009-12-01 08:59
  • 「2012」

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画  迫力オンリーの“ディザスター・ムービー”かと思ったら、案外ドラマとしても見どころがあり最後まで引きつけられました。ローランド・エメリッヒ監督作品という.. Weblog: ハピネス道 racked: 2009-12-01 10:02
  • 【2012】

    Excerpt: 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー    2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 「2012年、.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2009-12-01 11:48
  • 2012 (2009)

    Excerpt: 2012 アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、ウディ・ハレルソン、ダニー・グローヴァー、.. Weblog: 肩ログ racked: 2009-12-01 16:32
  • 『2012』 ('09初鑑賞171・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 11月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:35の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2009-12-01 20:31
  • 2012

    Excerpt: 《2012》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - 2012 2012年12月 Weblog: Diarydiary! racked: 2009-12-01 21:27
  • 2012

    Excerpt: 【2012】 ★★★★ 映画(34)ストーリー ロサンゼルスでリムジン運転手をしている売れない作家ジャクソン(ジョン・キューザック)は、別れ Weblog: りらの感想日記♪ racked: 2009-12-01 21:41
  • 2012☆独り言

    Excerpt: 2012年12月21日マヤ暦により地球の終わりまさに、そうなる予測が判明した2009年・・・その対策は世界の首脳たちを中心に秘密裏に事が運ばれていた。ジョン・キューザック主演でいいのかな?『2012』.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2009-12-01 21:59
  • 2012

    Excerpt: 2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 【感想】 古代マヤ人が予言した人類が滅亡する2012年のお話し。 64万年に一度起�... Weblog: Recommend Movies racked: 2009-12-01 23:30
  • 『2012』試写会。  『パイレーツ・ロック』よりスリルがある沈没しそうな描写

    Excerpt: 2012 2009/11/21公開 公式HP http://www.sonypictures.jp/movies/2012/ 本ブログ的にはエミー・ロッサム出演『デイ・アフター・トゥモロー』の.. Weblog: エミー・ファン!ブログ racked: 2009-12-02 00:25
  • 「2012」池袋東急にて鑑賞

    Excerpt: 後楽園ホールのキックボクシング観戦の帰りに、池袋で途中下車して東急株主優待券で「2012」を観てきましたさすが話題の超大作、土曜日ってこともあって池袋東急はほぼ満員でしたやっぱりヒットしてる映画は、間.. Weblog: 流れ流れて八丈島 racked: 2009-12-02 01:02
  • 2012

    Excerpt: 西暦2012年12月21日。それは古代マヤ文明が「世界が滅びる」と預言した日。偶然にもそれが事実である事を知った小説家のジャクソンは、家族と共に安全な場所へ避難しようとするが、世界の崩壊はすでに.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2009-12-02 07:41
  • 2012(評価:◎)

    Excerpt: 【監督】ローランド・エメリッヒ 【出演】ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ�... Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2009-12-02 15:25
  • 「2012」

    Excerpt:  2012年、大津波や大噴火など、あらゆる天変地異が世界中で発生、次々と地球を呑 Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2009-12-03 00:29
  • 2012

    Excerpt: 2012 (2009年) 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、キウェテル・イジョフォー、オリヴァー・プラット マヤ文明が予言した世界の終わりが迫る中、ある家族.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2009-12-03 01:39
  • 映画『2012』

    Excerpt: 予告編で見た時から「これは凄い映画になりそうだ」と思い、楽しみにしていたローラン Weblog: たまさんのHR/HM シネマカフェ racked: 2009-12-03 02:13
  • 2012

    Excerpt: 先日、映画を観てきました。 2012   古代マヤ人が2012年に終末を迎える予言をしたが その通り地球上の各地で地殻大変動が始まる。 &nbsp.. Weblog: 毎日楽しいやん racked: 2009-12-03 20:58
  • 2012

    Excerpt: ★★★☆  マヤ暦終末説によると、2012年12月21日に惑星直列と太陽フレアの影響で地球の温度が異常に上昇し、地震・津波などの大規模な地核変動が起こり、地球は終末を迎えるという。これは過去に何度も起.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2009-12-03 21:37
  • 映画「2012」

    Excerpt: 映画「2012」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2009-12-07 09:50
  • 「2012 」もしかしたら現実にありえるかも、大画面で見るべき

    Excerpt: 「2012」★★★★オススメ ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート出演 ローランド・エメリッヒ監督、158分 、公開:2009-11-21)、アメリカ .. Weblog: soramove racked: 2009-12-07 22:43
  • 映画『2012』観賞★超大盛りディザスターに満腹!!

    Excerpt:  ローランド・エメリッヒ監督の作品『2012』を観賞しました。  上映時間170分に及ぶド迫力の映像に、もうヘトヘト・・・。  この映画で、ストレスを発散できたような、ストレスが溜まったような・・.. Weblog: コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ racked: 2009-12-08 18:21
  • 2012

    Excerpt: こんばんは、龍司です 先日、Paris HiltonのTwitter を読んでましたら、 「Just saw the movie 2012,it was amazing!」と、 映画「2.. Weblog: ∞最前線 通信 racked: 2009-12-13 10:42
  • 「2012」を観る

    Excerpt: 映画を観る基準で、鑑賞しに行った映画館でたまたま観た予告編は結構大事。観た瞬間に「・・・!これは観ないとぉぉ~」だって思った「2012」観てきましたー。(わーい) スゴかったです、迫力満点!でもちょ.. Weblog: 紫@試写会マニア racked: 2009-12-13 19:13
  • 2012

    Excerpt: 2012’09:米 ◆原題:2012◆監督・脚 本: ローランド・エメリッヒ「紀元前1万年」「デイ・アフター・トゥモロー」◆出演: ジョン・キューザック 、 アマンダ・ピート 、 タンディ・ニュ.. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2009-12-16 15:14
  • 2012/ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー

    Excerpt: ハリウッドが得意とするところのSF超大作のディザスター・ムービー。監督は『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ。これまでの実績から映像的には十.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-12-18 07:12
  • 「2012」を見て、ローランド・エメリッヒ監督に何を期待する...

    Excerpt: ローランド・エメリッヒという監督は結局はホーム・ドラマの監督だと思う。クリス・コロンバスが撮った「ホーム・アローン」や「ミセス・ダウト」のような作品がもしかしたらぴったり合っているのではなかろうか?地.. Weblog: 映画と出会う・世界が変わる racked: 2009-12-18 09:58
  • 2012

    Excerpt: マヤの暦には2012年、12月21日までしかない…。 その事から、世界が2012年で滅亡するという説がある。 そんな説を元にした、ローランド・エメリッヒ監督によるディザスター・ムービ.. Weblog: まさとの素人映画レビュー racked: 2009-12-18 20:31
  • 2012【2009アメリカ】

    Excerpt: 原題:2012(2009年アメリカ)監督:ローランド・エメリッヒ出演:ジョン・キ Weblog: ピョンスケさんの徒然blog racked: 2009-12-18 22:21
  • 2012

    Excerpt: 試写会にて、一足先に 鑑賞してきました。 マヤ暦による2012年終末説を 題材にした作品です。 まあ、NASAが滅亡説には 科学的な証拠はないと 反論しているらしいですが・・(笑) しか.. Weblog: ルナのシネマ缶 racked: 2009-12-18 23:59
  • 2012

    Excerpt: 破壊の限りをつくす大スペクタクル映像の連打に、唖然とさせられる。ディザスター・ムービーの第一人者であるローランド・エメリッヒ監督は、ついに地球をまるごとブッ壊してしまった。2012年に地球は滅亡すると.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2009-12-19 00:01
  • 「2012」

    Excerpt: 「2012」USA/カナダ ジャクソンに「理想の恋人.com/2005」「さよなら。いつかわかること/2007」「1408号室/2007」のジョン・キューザック。 科学者エイドリアンに「キンキ.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2009-12-19 01:00
  • 『2012』

    Excerpt: 2012 - オフィシャルサイト 監督:ローランド・エメリッヒ 脚本:ローランド・エメリッヒ 、ハラルド・クローサー 出演:ジョン・キューザック 、アマンダ・ピート 、タンデ.. Weblog: Rabiovsky計画 racked: 2009-12-19 12:47
  • 2012

    Excerpt: ローランド・エメリッヒ監督の超大作を観てきました。2009年、惑星直列により太陽の活動が活発化。そのときに発せられた放射線により地球の核の活動も活発化し、地球は終焉の時を迎える・・・このことに気付いた.. Weblog: がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記 racked: 2009-12-28 00:50
  • マヤの予言

    Excerpt: 神秘的ですね。私はこういうお話(神話なども)好きなので、突っ込みたくない派です。そこから、映画『2012』が生まれたのも運命だと思えるほどですもん。。。何と言ってもまず、あの迫力は圧巻でしたわ~。地球.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2009-12-28 13:23
  • 映画『2012』劇場鑑賞

    Excerpt:  先日のレディースデイ、ちょっと時間が空いたので「せっかくだから映画でも観るか…」と思い、丁度時間が合ったのが『2012』でした。これっ�... Weblog: 続・蛇足帳~blogばん~ racked: 2010-01-08 23:02
  • 『2012』

    Excerpt: 公開直後にずっと観たいと思っていたんだけれど、一緒に観ようと思っていた友達との都合が全然つかなくて観ないままに年越し。 さすがに上映終わっちゃうだろうってことで、やっとのことで観てきましたー。 新.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2010-01-08 23:27
  • 「2012」神も仏もない

    Excerpt: 2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていた.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2010-01-20 03:31
  • 『2012』を見る

    Excerpt:  序  昨日、『2012』の前夜祭レイトショーを見てきた。  20時20分に上映 Weblog: ワノログ racked: 2010-02-04 05:48
  • 2012

    Excerpt: ? ブログネタ:一発で気分転換できるもの 参加中 時々何も考えないでいい映画を観たくなりますが、 そういう映画って気分転換になるからなんですよね。 この映画はどうでしょう? 話題に.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-02-26 12:55
  • 2012

    Excerpt: 2012 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray] 「2012」 感想 すげぇー!!!!!!! お金かけたなぁー!! 沈んでく街の中をリムジンで走り抜�... Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく racked: 2010-03-23 16:43
  • 2012(映画/DVD)

    Excerpt: [2012] ブログ村キーワード2012キャッチコピー:2012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。製作国:アメリカ製作年:2009年配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテイメントジャンル:.. Weblog: 映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評 racked: 2010-06-22 22:29