映画:正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官



 最近、映画が激減。最近は見たい映画も出てきましたが、ちょっと前まで見たいと思う映画がありませんでした。
 この映画もたまたま知ったのですが、日本で29館でしか上映していない映画です。でも主役はあのハリソン・フォードハリソン・フォード主演でなぜこんなマイナー扱いなんだろう?と言うわけで今回は正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官です。


●ストーリー(ネタバレあり)
 カリフォルニア州ロサンゼルス市内の港町・サンペドロ。ICE(移民・関税執務局)の拘留所には逮捕された不法滞在者などが移送されてくる。ICEの捜査官・マックス・ブローガン(ハリソン・フォード)は良心が強く、逮捕した不法滞在者の健康を気遣って拘留所にも足を運ぶ。仲間からは処分が軽すぎると言われることも多々あった。
 ある日、マックスらは市内の縫製工場の不法滞在者を取り締まるべく一斉捜査に踏み切った。メキシコから国境を越えてきた女性・ミレヤ(アリシー・ブラガ)もICE捜査官に捕まってしまう。ミレヤは知人に子どもを預けて仕事に来ている。このまま自分が捕まれば子どもは追い出されてしまう。ミレヤはマックスに助けを求めるが、マックスは部下たちに人道的すぎると言われ、彼女から手渡された住所を捨ててしまう。
 ミレヤに即強制送還の処分が下った。それを知ったマックスは夜中に縫製工場に戻って彼女からのメモを探す。そのメモを頼りにミレヤの子ども・ホアンに会ったマックスは仕事の休みの日に自分の車でメキシコへと向かう。
 ミレヤの両親の話によるとメキシコに戻ったミレヤはホアンのことが心配で、マックスがやってくる前の晩に一人アメリカへと向かったというのだ。マックスはアメリカに戻りミレヤのゆくえを調べるが国境で捕まったという情報はなく、心配はするがどうにもできない自分に苛立ちを覚える。

 プロのミュージシャン志望で南アフリカからやってきたギャビン(ジム・スタージェス)は、コネでユダヤ人学校の講師という職を得た。実際はユダヤ教徒でもなくヘブライ語もわからないギャビンだが、宗教関係者と認められれば永住ビザであるグリーンカードを得ることができるのだ。まず永住権を獲得して生活を安定させ、その後音楽の世界に入ろうと考えている。
 一方ギャビンの恋人であるクレア(アリス・イヴ)はオーストラリア出身の女優志望でハリウッド女優を目指している。実際はオーストラリアで1,2度、エキストラとして出演したのみで、アメリカでの労働ビザが下りない。せっかく主役級のチャンスを得た彼女だが、その条件は労働ビザを得ること。焦った彼女は彼女は労働ビザの偽造を頼むことにする。
 しかし偽造がばれれば十年間アメリカに入国することもできない。できれば本物のビザをとりたい彼女は入国管理課に訪れるが滞在延長の申請書は受理もされていないという。苛立ちを隠せない彼女はその帰りに自動車事故を起こしてしまう。その相手はなんと移民判定官のコール(レイ・リオッタ)だった。
 話を聞いたコールは彼女の弱みを見抜き、偽造はできないが経歴を偽って申請すれば何とかするという。条件は申請が降りる2ヶ月間彼女の体を自由にすること。拒めば事故の処理もしなくてはならない。彼女はコールの申し出を受けるしかなかった。コールが満足した後、一人バスルームですすり泣くクレアがそこにいた。

 バングラデシュ出身の高校生タズリマ(サマー・ビシル)は、3歳の頃に両親に連れられてアメリカにやって来た。熱心なイスラム教徒である彼女はいつもヘジャブ(ベール)を着用するまじめな少女だ。ある日、9・11に関する論文を発表する授業で、9・11の実行犯をマスコミは殺人鬼扱いしているが人間扱いするべきだ。手段は間違っていたが、今まで誰も彼らの声をあの事件以来世界は聞くようになったと発表し、クラス中から非難を受ける。クラスメイトは彼女の話を全く聞こうとはしない。9・11の犯人の主張のように。
 その日の夜、彼女の家にFBIとICEの捜査官が彼女の家にやってきた。学校の先生が彼女はテロを指示する危険分子だと通報したためだ。彼女の弟と妹はアメリカで生まれたため市民権を持っているが、3歳でやって来たダズリマと両親は不法滞在者であり、家族を代表してタズリマが捕まれば両親は見逃すことを約束すると言われ、タズリマは一人拘留施設へと向かう。
 移民弁護士であるデニス(コールの妻)(アシュレイ・ジャッド)は不幸な境遇に陥っている不法移民に対して手をさしのべる人道的な弁護士だ。しかしFBIとICEはダズリマに対して厳しい態度を曲げようとしない。デニスはタズリマの家族に対して3つの選択肢を示すことしかできなかった。1つは家族全員でアメリカから退去する、2つ目は強制退去になる可能性が高いが裁判で争う。そして3つ目はタズリマと両親のどちらかがアメリカから離れ、もう一方の親と弟、妹はアメリカに残ること。タズリマは3歳でアメリカに来たため英語しか話せず母国語は話せない。タズリマがアメリカから去る時はICEの捜査官が立ち会うため、残った家族はタズリマに会うこともできないのだ。
 家族は3つ目の選択肢を選ぶ。最後の別れを偲ぶ家族だが、会える時間は長くはない。「時間です」の言葉と共に引き裂かれる家族の姿があった。

 ロサンゼルスに家族4人で暮らす韓国出身の一家は市民権取得式典への出席を目前に控えていた。アメリカの市民権を得ることの名誉に喜ぶ両親に対して高校生のヨン(ジャスティン・チョン)はその意味が全くわからない。韓国系の不良グループからの誘いを断れないヨンは、コリアンタウンのリカーショップに強盗に連れて行かれる。
 たまたまそこに居合わせたマックスの相棒・ハミード(クリフ・カーティス)は持っていた銃で応戦。不良グループを銃撃してしまう。
 ヨンは店の奥さんを人質に取るが、もうすぐアメリカ市民権を得て市民権取得式典に参加することを知ったハミードは自分と重ね合わせる。ハミードもまたイラン出身者でアメリカに帰化していたのだ。自分が市民権取得式典に出席した頃を思い出し、ヨンを説得する。市民権取得式典に参加したヨンは二度と過ちを犯さないと判断したハミードはわざと彼を見逃す。

 ハミードと兄弟はすでに帰還していたが父親も今度の土曜に市民権を取得することが決まっていた。マックスはその祝賀会に呼ばれ、そこで妹のザーラ(メロディ・カザエ)を紹介される。アメリカで生まれた彼女は生まれながらに市民権を得ており、兄弟の中でちょっと浮いた存在だ。
 そんなザーラは勤務先の店長と不倫中。ところが翌日その店長が死体となって発見される。しかも彼は偽造グリーンカードを持っていた。この事件に不法移民ビジネスの匂いを感じたマックスは独自に捜査に乗り出す。

 偽造グリーンカードにはクレアのものがあった。しかしクレアはすでに本物のグリーンカードを得ていた。不審に思ったICEがクレアを詰問すると、クレアは真実を話し、コールは逮捕されてしまう。
 ギャビンはグリーンカードの申請をするが、判定官に本当に宗教関係者なのかの試験を受けさせられることにある。本物の神父の前で祈りを捧げるように言われるギャビンは練習の通りに祈りを捧げる。神父は判定官に彼は本物であると嘘の証言をし、晴れてギャビンはグリーンカードを手に入れることができた。しかし、不正を働いて労働ビザを得た恋人のクレアは強制館となってしまう。
 ICE捜査官に付き添われて空港へと向かうタズリマと母親。もし見つかったら自分も強制送還になってしまう父親は危険を冒してアメリカ人の格好をして二人を見守っていた。
 メキシコとアメリカの国境。一人の死体が発見された。国境を越えさせる運び屋とのいざこざの結末だろうか。その死体の身元はミレヤだった。
 その情報を聞いたマックスは、自分自ら両親に報告することを決める。


●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 自分の人生の中でベスト5に入るほど感動した映画でした。なぜこの映画が日本で29館しかやらないほどマイナーなのか。今までウルウルする映画やしくしく涙する映画、など観ても涙する映画はありましたが、恥ずかしながら声を出して泣きそうになった映画はこの映画が初めてです。
 特にタズリマのエピソードが激泣きです。日常生活でも自分がしゃべっている時に遮られたり全く聞いてもらえないと怒りますよね。タズリマはそれを指摘しただけ。ただその相手がテロリストだった。タズマリはそう指摘しただけで自分の言葉を誰にも聞いてもらえなかった。学校や会社で自分の言葉を誰も聞いてもらえなかったら・・・。かなり悲しいし、登校拒否・出社拒否になってしまうかもしれません。テロリストもある意味そういう状況なのかも知れません。しかもバングラデシュ人の9割はイスラム教徒でその数は1億人以上。ジャブ(ベール)を身にまとうのは恐らく僕らが服を着るのと同じくらい一般的なことなんでしょう。ジャブを身にまとうと言うだけで危険分子と見なされ、言葉も話せない言葉を勉強する時間もなく、家族とも会う暇もなく強制送還です。父親がアメリカ人の格好をして捜査官に見つからないように空港に現れるシーンは涙が止まりません。
 ミレヤもメキシコの普通の生活と、アメリカの貧乏を比べたらアメリカの貧乏の方がマシだという経済格差。日本の国境と違って陸続きなアメリカとメキシコでは、アメリカのテレビがメキシコでも見られる。アメリカの裕福な暮らしをテレビをつければ見られるメキシコ人がアメリカに夢を見て危険を冒してわたるのも想像ができます。
 ニコール・キッドマンもオーストラリア出身の女優。特にオーストラリア人はアメリカと同じ英語を話せるので、観光ビザでもアメリカに行けば後は何とかなるだろうと軽い気持ちの人もいるとか。
 日本にいると移民とか難民とか正直よくわからない分野ですが、この映画はそう言うことに興味がない人でも十二分に泣ける映画だと思いますし、そう言うことを知るきっかけの一つになればと思います。え~、重いじゃんっていう感じもするかもしれませんが、サスペンスの要素もありエンターテイメント性もあります。(だからこそこの作品が名作だと思う理由の一つです。)
 2009年は良い映画はいくつかあるけど、これぞ!!!という映画がなかったんですが、この映画は単館系ですが本当に名作だと思います。

 東京は日比谷だけ。しかも11/6まで。関東はそれ以降千葉と浦和しかやっていないので劇場で観るのは難しいかも知れませんが、ぜひDVDででも観てください。




観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

ながる
2009年11月02日 15:11
初めまして。
熊本はシネパラダイスで正月公開予定です。
ハリソン主演なのに、単館順次上映が残念です。
2009年11月09日 07:51
ながるさん、お返事遅くなってすみません。
そうなんですよね~。ハリソン・フォードのファンって日本でも多いのに、こんな隅に追いやられるなんて。ちょっと重いテーマではありますがとても感動した作品です。来春になったらぜひ観に行ってみてください。

この記事へのトラックバック

  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

    Excerpt: ハリソン・フォード最新作。監督は『ワイルド・バレット』のウェイン・クラマー。監督自身も南アフリカ出身でグリーンカードを取得した移民なのだそう。共演にレイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2009-11-02 03:32
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

    Excerpt:  『アメリカを守る正義か。 人々を救う正義か。』  コチラの「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」は、全米に1,100万人いると言われる不法滞在者問題を真摯に受け止め描いた9/19公開のPG-.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2009-11-02 06:22
  • 試写会「正義のゆくえI.C.E.特別捜査官」

    Excerpt: 新宿明治安田生命ホールで、試写会「正義のゆくえI.C.E.特別捜査官」を観てきました不法滞在の問題を扱った社会派ヒューマンドラマです。ハリソン・フォードが移民局の捜査官を熱演してます。レビューは、後ほ.. Weblog: 流れ流れて八丈島 racked: 2009-11-02 06:35
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

    Excerpt: 監督・製作・脚本: ウェイン・クラマー キャスト マックス☆ハリソン・フォード コール☆レイ・リオッタ デニース☆アシュレイ・ジャッド ギャビン☆ジム・スタージェス ハミッド☆クリ.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2009-11-02 07:03
  • 正義のゆくえ I.C.E特別捜査官

    Excerpt: 公式サイト。原題:CROSSING OVER。ウェイン・クラマー監督、ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティス、サマー・ビシル、アリシー・ブラガ.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2009-11-02 08:19
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官/ハリソン・フォード

    Excerpt: 結局、一度も劇場予告編を目にすることは出来ませんでしたけど、ハリソン・フォード主演作ならとにかく観ておかなくっちゃなんですよね。共演がレイ・リオッタというのもそそられます。今作でハリソン・フォードが演.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-11-02 08:55
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

    Excerpt: LA移民局ベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は、不法滞在の移民たちを取り締まる立場だが、彼らの境遇に同情的だった。 縫製工�... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2009-11-02 09:30
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官見てきた。

    Excerpt: 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官をTOHOシネマズ シャンテで見てきました。 Weblog: 西麻布でランチとか東京散歩とか。 racked: 2009-11-02 10:24
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

    Excerpt: 2009年10月10日(土) 16:25~ TOHOシネマズ シャンテ3 料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) パンフレット:700円(買っていない) 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2009-11-02 13:46
  • 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』

    Excerpt: YAHOO!動画のオンライン試写会で当たったので、ハリソン・フォードの最新主演作『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』をストリーミングで視聴しました。 24時間以内に視聴しなくてはならないから、映.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2009-11-02 19:56
  • 正義のゆくえ I.C.E特別捜査官

    Excerpt: 不自由の国アメリカ。本来ならイスラム、ユダヤ、アジア、アフリカン、アングロ・サクソンなど様々な人種が「星条旗」という国旗と国歌の下で一つにまとまるはずの国アメリカ。でも現状は人種によって主張する正義が.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2009-11-02 20:45
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

    Excerpt: 9.11以降、米国の移民を描く作品には強い問題意識がある。そこには自由の国であるための不自由があり、移民で構成された国ゆえの苦悩が見えるかのようだ。LA移民局のベテラン捜査官マックスは、不法滞在の移民.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2009-11-02 23:38
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(試写会) CROSSINGOVER

    Excerpt: 移民大国アメリカの問題点を照らし出す社会派サスペンス!移民局の捜査官マックス・ブローガン(ハリソン・フォード)は、日々不法移民の摘発をしている。その日も摘発に踏み込んだ工場で、拘束したミレヤから息子の.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2009-11-02 23:43
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

    Excerpt: 現代アメリカの抱える移民問題をハリソン・フォード主演で、不法移民達が 置かれた過酷な状況と様々な問題を描いた社会派ドラマ。ロサンゼルスのI.C.E(移民税関捜査局)捜査官のマックスは不法就労者の .. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-11-03 00:32
  • 映画 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」

    Excerpt: 映画 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 Weblog: ようこそMr.G racked: 2009-11-03 03:52
  • 『正義のゆくえ I.C.E. 特別捜査官』 (Crossing Over)

    Excerpt: 多様な人種、さまざまな事情を抱えた移民が世界中から集まってくるロサンゼルス。・・・より良い未来を夢見て。しかしそのためには犠牲が伴う。 移民局I.C.E.所属のベテラン捜査官マックス・ブローガンは不.. Weblog: Mooovingな日々 racked: 2009-11-03 03:57
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

    Excerpt: ロサンゼルス、移民・関税執行局(I.C.E)のベテラン捜査官、マックス・ブローガンは、不法滞在の移民たちを取り締まることを仕事にしていますが、彼らの境遇に対し、同情してもいました。メキシコから不法入国.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2009-11-03 08:37
  • 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」感想

    Excerpt: 9月公開の映画。ヤフー無料試写に当たりました(^○^)♪ この映画の事は全然知らなかったのですが、映画の内容は、アメリカの不法労働者... Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫 racked: 2009-11-03 08:41
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

    Excerpt: グリーンカードを巡って 【Story】 ロサンゼルスの移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は不法就労者の取り締まりが�... Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2009-11-03 11:29
  • 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」

    Excerpt: 「Crossing Over」2009 USA   マックスに「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」のハリソン・フォード。 ハミードに「ファウンテン 永遠につづく愛/20.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2009-11-03 20:28
  • 正義のゆくえ I.C.E特別捜査官・・・・・評価額1600円

    Excerpt: 「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」といういかにもな邦題と、ハリソン・フォード主演という事で、殺人事件をモチーフにしたハリウッド製エンタ... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2009-11-03 22:58
  • 09-281「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(アメリカ)

    Excerpt: 開かれた国、アメリカ  ロサンジェルスでICEの捜査官として働くマックスは、密入国や不法就労者の取り締りに当たりながらも彼らにしばしば同情的で、同僚からも呆れられるほど誠実な男。  そんなある日、.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2009-11-05 13:03
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

    Excerpt: アメリカを守る正義か。 人々を救う正義か。 ロサ.. Weblog: 七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba racked: 2009-11-07 01:53
  • 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 試写会鑑賞

    Excerpt: 多様な人種、さまざまな事情を抱えた移民が集まってくるロサンゼルス。移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックスは不法就労者の取り締まりが任務だが、彼らの立場に同情的なため、つい彼らの事情を気遣ってしまう.. Weblog: 映画な日々。読書な日々。 racked: 2009-11-07 01:53
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官☆独り言

    Excerpt: ハリソン・フォードが出演・・・でもメジャーなエンタメ作品じゃなかったのがこの作品。移民・関税捜査局の捜査員マックス・ブローガンが出会い救えた人と、救えなかった人。。。彼のアラブ系の同僚が失った愛する家.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2009-11-07 10:21
  • 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 社会について考えるきっかけを与えてくれる

    Excerpt: 映画というのは純粋にエンターテイメントであるという側面もありますが、社会について Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-11-08 20:00
  • 正義のゆくえI.C.E.特別捜査官■誰のための正義?

    Excerpt: 捜査官たちは一体何の為に、誰の為に不法滞在者たちを取り締まっているのであろうか?もちろん、捜査官たちの背景にはアメリカという国家があり、その意思がある。国家のいう「正義」が、その国に生きるすべての人た.. Weblog: 映画と出会う・世界が変わる racked: 2010-01-03 15:24
  • 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(CROSSING OVER)

    Excerpt: 9・11同時テロ多発事件以降、深刻化する米国の不法移民問題をハリソン・フォード主演で描く社会派サスペンス「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(2009年、米、113分)。この映画は、様々な人種の移.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2010-07-19 00:51