映画:書道ガールズ!!わたしたちの甲子園



 公開初日に舞台挨拶つきで書道ガールズ!!わたしたちの甲子園を観てきました。舞台挨拶の時の記事はこちらにアップしていますので、今回はいつものように映画の感想を記事にします。



●ストーリー(ネタバレあり)
 日本一の紙の生産量を誇る小さな町、愛媛県四国中央市。不況のため町の商店街のお店は一件、また一件と店をたたみ、閑散としていた。そんな中、四国中央高校の書道部にも危機が迫っていた。部長・早川里子(成海璃子)は書道展でいくつか賞をもらうほどの実力の持ち主。ところが書道家の父は里子のことを認めてくれない。この日も書道展に出す作品を「なんだこれは!」と破り捨てられてしまう。そんな里子は部員にも厳しく、その厳しさに退部希望者が続出し、部員はとうとう7人に。書道部のムードメーカーである篠森香奈(桜庭ななみ)は今日も退部希望者を思いとどまらせようと頑張っている。
 ある日、香奈は「3年間頑張った証しに書道展の団体戦で賞が欲しい。」と里子に言う。しかし里子は「書道とは己と向き合うもの。」と、団体戦であれ、要は一人ひとりの実力と、これまでのやり方を変えようとしない。最近では才能のあった岡崎美央(山下リオ)も部活に出てこない。それどころかスナックでアルバイトをしてばかり。清美は部活中にお菓子を食べたり、好き勝手書いたりしているし、山本小春(小島藤子)はいつもヘッドフォンをしてほとんどしゃべらない。後輩の男子達はちゃらちゃらして先輩の女子を怖がっているし、団体戦とはほど遠い。
 そんな時、部室の準備室で物音が。里子と香奈が準備室に駆け込むと、見知らぬ男が部費の入った箱を漁っている!「どろぼう!」と香奈が叫び、里子は持っていた墨汁をかける。
 その男は池澤(金子ノブアキ)という臨時の教師。しかも今日から書道部の顧問になったのだ。その日の朝礼では池澤先生は墨汁で汚れた服で挨拶をし、生徒がざわめく。
 しかし池澤先生は教える気全くなし。里子の字を「つまらん字だ。」とけなす。里子は「どこがどうつまらないのか教えてください。」と聞くが、「泥棒に間違えられるような人格の持ち主には教える資格がない。」と墨汁をかけられたことを根に持っている。
 それどころか、校庭に大きな紙を広げ、音楽に合わせて字を書く「書道パフォーマンス」で部員を集めようとする。里子は「書道は静かに己と向き合うものなんよ!」と池澤先生に反発するが、清美はなんと一目惚れ。部室で音楽に合わせて「」と練習し、部室は墨汁で真っ黒。「好きになるのは構わないけど、そんなのは書道ではない」と怒る里子。そんな清美はきょと~ん。
 次の日から清美は部活に来なくなった。心配する里子と香奈の前に現れたのは清美の父親だった。清美の父は商店街で文房具店をやっているが、お客は誰も来ずこれ以上続けることが出来なくなった。書道の道具も安売りしようとかと考えたが、清美がいつもお世話になっている書道部で使って欲しいと、書道の道具を差し入れに来たのだ。清美は書道部に入ってから毎日が楽しそう。家でも書道部の話ばかりしている。父は書道部に、書道部のみんなに感謝しても仕切れないのだ。
 清美は一人公園で大きな紙を広げて書道パフォーマンスの練習。里子と香奈が清美に会いに行くが、清美が一目惚れしたのは池澤先生ではなく、書道パフォーマンスだった。文具店の閉店セールで書道パフォーマンスをやって盛り上げたいというのだ。
 里子も香奈も協力して閉店セールで書道パフォーマンスをやることに。清美のためにやった初めての書道パフォーマンスはみんなの気持ちがバラバラ。しかも緊張した清美は力が入りすぎて墨汁の入ったバケツを飛ばしてしまい、観客に墨汁が!怒った観客はみんな帰ってしまい大失敗。
 それでも清美の父は、これまで店をやっていてこれほどお客さんが来てくれたことはない。これ(みんなが書いた書)は、お父さんの一番の宝だ。と暖かい声をかける。里子も、最初は乗り気がしなかったけど、やっぱり失敗すると悔しいと言う。
 店を閉めた清美の家族は引っ越すことに。「この町はどこにいても製紙工場の煙突が見えるんですね。」そう言って去っていく清美。里子の心の中にも穴が空いてしまう。
 里子と美央は昨年の書道展で金賞をもらった。しかし里子の父は美央の書を褒めてばかり。自分も金賞をもらったのに。里子にとって美央はライバル。しかし美央は書道部を去っていく。しかし美央の母親が入院し、父のいない美央は入院費と生活費を稼ぐためにバイトを始め、書道どころではなくなったという。近々高校も中退して就職しようとしているのを香奈が話してくれた。
 一方、ほとんどしゃべらない小春は中学時代いじめを受け心を閉ざし、書道だけが小春の救いだった。
 里子の幼なじみの高田智也(市川知宏)の家は半紙を造っているが、ものはいいがコストが高い。そんな半紙は今の時代なかなか売れず、智也の祖父は作った半紙を、涙を流しながら燃やしてしまう。その日は工房に飛び火し、工房が全焼してしまう。
 商店街はほとんど店を閉め、そんな町と人を製紙工場の煙突が見守っている。人それぞれ何かしら背負っているのだ。里子は忘れていた何かを思い出した。

 商店街を、この町を守りたい。

 書道パフォーマンスが成功すれば町に活気が戻ってくるかも?!里子と香奈は“書道パフォーマンスで町おこし”を合い言葉に“書道パフォーマンス甲子園”を実施しようとする。
 商店街にビラを配り、市役所の前や広場でパフォーマンスをしてみんなの協力を仰ぐ。それはテレビにも取り上げられ、全国で認知されるようになった。出場校もちらほらと名乗りを上げてくれた。
 里子と香奈は池澤先生に相談し、「俺には教える資格ないからなぁ。」と言いつつも、清美のための書道パフォーマンスの時も陰ながら見守っている池澤先生。そんな池澤先生の猛特訓が始まる。まずはランニング。「陸上部に負けるなぁ!」とランニングどころか猛ダッシュ。「うちら、書道部よなぁ~」と香奈もヘトヘト。
 体育館での練習でも里子以外は疲れて寝てしまう。しかし里子は一人練習。「先生、私の字どこがつまらないんですか。」「おまえ、つまらないと思って書いてるだろ。だから見ている人もつまらないんだ。」書道展で賞をもらうこと、父親に褒められること、そんなことばかり気にして書いている書道なんて楽しいと思ったことなんかない。好きだった書道がつまらなくなっていることに気がついた里子。

 そんな時、里子の父親が書道パフォーマンスのことを知り、反対する。父親は学校まで乗り込み、池澤先生に中止させるように言う。池澤先生は書道パフォーマンスで里子が書いた書を見せる。「おもしろい書でしょう。」自分は書道家を目指していたが、早く認められたくてコンクールで賞をもらうことばかり考えるようになった。どうすれば審査官の目にとまるか。そんなことしか考えられなくなった。そんな書を「つまらない。」と言われ、自分がなんのために書いているのかわからなくなってしまった。里子達にはそうなって欲しくないと語る。

 里子らは病院に向かう。美央は母親に学校をやめて就職することを悲しそうに打ち明ける。母親は「あんたの決めたことにとやかく言う気はない。でも、そんな顔だけはしないで。」と言う。里子らは病院の駐車場に紙を広げ、部員一人ひとりの名前を書く。しかし1人分だけ空欄だ。美央は病室から出てきて自分の名前を書き、一緒に書道パフォーマンスに参加することにする。

 字の大きさもバランスも、書く速度もバラバラ。香奈に至っては時間内に全部書き終わることすら出来ていない。池澤先生の猛特訓は続く。

 そしていよいよ“書道パフォーマンス甲子園”の日。里子の父親は会場に向かう里子らを呼び止める。「これを使いなさい。」智也の祖父に頼んで巨大な紙を作ってもらっていたのだ。品質は文字通り折り紙付き。
 会場では全国から集まった高校の書道部が派手なパフォーマンスと鮮やかな書で観客を魅了する。そして最後は四国中央高校。「うちら一番地味やん。」と香奈がびびっているが里子は自信満々。
 水色で波を表現し、灰色で煙突を表現し、そしていよいよ書が始まる。清美も応援のために駆けつけていた。着々と書は進み、いよいよ最後の「再生」という字を。
 ところが里子が足を滑らせて転んでしまう。それを助けに行こうとした男子が墨汁の入ったバケツを倒してしまい、紙の上は真っ黒に。会場が沈黙に包まれる。

 音楽も終わり、静寂な会場。そんな中「拝啓、ありがとう~♪15のあなたに~伝えたいことがあるのです~♪」と清美が歌い始める。会場がそれに続く。どうしていいのかわからなくなってしまった里子も起き上がり、香奈と続きを書き始める。この曲は小春がいつも聴いている曲。いじめから救った曲。そして町を、絆を「再生」させたいという思い。墨をこぼしてしまってはいるけれどみんなの思い出かき上げた書が完成した。
 優勝は出来なかったけれど、みんなの気持ちが一つになったパフォーマンスだった。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 墨なんて中学校以来触ってないですよね~。結婚式とかは筆ペンだし。高畑充希の舞台挨拶があるという理由だけでチケットを買いましたが、マリと子犬の物語猪股隆一監督なんですね。マリと子犬の物語がとても感動したので、本作も映画自身も楽しみにしていました。顔が墨で汚れるシーンとかは笑いあり(笑いがあるのはそう言うシーンだけでしたが)、そして「頑張れ~!」と心が熱くなるシーン、そして感動するシーンありでとても楽しい作品でした。
 舞台挨拶のインタビューを聞いていると撮影も大変だったようですが、楽しい現場だったのが伝わってきますし、映画の中だけでなく本当に絆が深まったそうです。舞台挨拶で監督も話していましたが、映画ではなく本当の意味で書道ガールズになったのが伝わってきました。
 日本での公開から2日後、第63回カンヌ映画祭で成海璃子と映画のもととなった愛媛県立三島高校書道部の6名の部員ほか総勢9名で、カンヌの海をバックに書道パフォーマンスを行ったそうです。でもカンヌ映画祭の正式出品作品ではないんですね。日本の書道が海外でどう伝わるか、心配でもあり楽しみでもありますね。

 細かいことを言うと病院の駐車場に車がいないのは不自然ですし、「病院ではお静かに!」と看護師は注意しに駐車場に走っては来ないんじゃない?普通注意しに来るとしたら事務員とかでは・・・。そして日向高校は選手入場のときより、実際にパフォーマンスしている人が圧倒的に多いのもおかしいですし、墨をかけられて怒った商店街の人が、裏を返したように書道パフォーマンス甲子園に協力的なのかも不自然ですけどね。
 あとは後輩の男子達が、あそこまで脇役じゃなくても・・・。書道パフォーマンス甲子園の時の踊りは、かなりわびしくてかわいそうになっちゃいました。

 まぁ、細かいことは置いておいてもとても感動した作品でした。舞台挨拶の時の記事も呼んでね。

 最後に・・・。

 拝啓 この手紙、読んでいるあなたが幸せなことを願います~~♪
手紙~拝啓 十五の君へより。




観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点






※終了期間未定の期間限定キャンペーンです。実際の送料は注文時にご確認ください。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年05月22日 22:31
こんにちは。
よかったですねぇ。
王道の部活青春映画なんだけど、思いのほか感動させられました。
前半のキーパーソン、チャーミングな高畑充希ちゃんが早々と退場してしまったので残念に思いながら観ていたのですが、最後はきっちり“みんな”で書き上げてくれ、嬉しかったです。
個人的には今年前半のベスト映画ですわ。
2010年05月23日 11:56
かみぃさん、コメントありがとうございます。
高畑充希ちゃんがまさか途中で引っ越してしまうとは思いませんでしたが、最後は良いところを持って行ったって感じですね。でも歌手でもある高畑充希ちゃんですが、“手紙”はイマイチでした。。。
2010年06月06日 22:58

 ご無沙汰しています。
トラックバック、コメント、ありがとうございました。
こちらからのトラックバックが反映しないようで、すみません。

 細かなことを言えば、それぞれのエピソードに深みがないのですが、それを黙らせてしまう力が本作にはありました。総じて良かったと言える逸品ですね。

 とても読み応えのあるレビューですね。読ませていただきました。ありがとうございます。
2010年06月06日 23:40
冨田弘嗣さん、コメントありがとうございます。
前回もトラックバックがうまくいきませんでしたね。スパムトラックバックとしてはじかれているわけでもありませんでしたし、以前は冨田さんのブログからも正常に出来ていたのに、寂しいですね。
近くの映画館では今週で上映終了のようです。良い作品なのに残念だなぁ。もっとたくさんの人に見てもらいたい作品なのに・・・。

この記事へのトラックバック

  • 映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園...

    Excerpt:  客入りは7割くらい、客層はお子さんから年配の方まで幅広い、試写会の主催は日本テレビさんだ。 書道ガールズ!!わたしたちの甲子園オリジナル・サウンドトラック 映画の話 紙... Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2010-05-22 16:20
  • 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園・・・・・評価額1600円

    Excerpt: 「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」に描かれるのは、一人心静かに紙と向かい合う、伝統的な書道ではない。 部屋ほどもある大きな和紙に、... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2010-05-22 17:37
  • 映画 「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 」

    Excerpt: 映画 「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 」 Weblog: ようこそMr.G racked: 2010-05-22 18:04
  • 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

    Excerpt: 試写会で見ました。このポスター見る限り、正直、見なくても・・・・と思いましたが、 Weblog: うろうろ日記 racked: 2010-05-22 18:41
  • 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

    Excerpt: 公式サイト。猪股隆一監督、成海璃子、山下リオ、高畑充希、小島藤子、桜庭ななみ、 金子ノブアキ、市川知宏、森崎ウィン、森岡龍、坂口涼太郎、宮崎美子、朝加真由美、おかやまはじめ、山田明郷、森本レオ、織本順.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-05-22 18:43
  • 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

    Excerpt: 大きな紙の上で音楽に合わせて文字や簡単な絵をしたためる「書道パフォーマンス甲子園」。愛媛県四国中央市で開催されたこのイベントの誕生と、それにかける高校書道部の男女を描いた青春ドラマだ。主演は『武士道シ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-05-22 21:09
  • 書道ガールズ!!わたしたちの甲子園

    Excerpt: “書道パフォーマンス”が町興しに一役買ったという痛快な実話は、高校生が書道を通して自分たちが住む町への愛情を再確認し、成長していくプロセスがさわやかだ。愛媛県四国中央市は紙の生.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2010-05-23 00:06
  • 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

    Excerpt: ★★★★  先日剣道部の女子高生を描いた『武士道シックスティーン』を観たばかり。今度は剣を筆に変えた書道部の女子高生を描いた『書道ガールズ』である。そして主演は何とまた『武士道シックスティーン』の成海.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2010-05-23 10:10
  • 『書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-』(2010)...

    Excerpt: 監督:猪股隆一脚本:永田優子出演:成海璃子、山下リオ、桜庭ななみ、高畑充希、小島藤子、金子ノブアキ試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Story>日本一の紙の生... Weblog: NiceOne!! racked: 2010-05-23 10:50
  • 「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」

    Excerpt: また成海。前の記事で魅力を感じないとか書いときながら、また成海璃子主演映画『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』を観てしまったのである。早川里子(成海璃子)は書道展に入選するなど、凄い実績をもった書.. Weblog: 古今東西座 racked: 2010-05-23 13:22
  • 映画「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」

    Excerpt: 映画「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2010-05-23 13:37
  • 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

    Excerpt: 5月6日(木)@ニッショーホールで鑑賞。 葉書1枚しか応募していないのに、何故か招待状が2枚も来た。 おかげさまで妻、次女、三女の4人で観る事ができた。 せっかく良い題材の映画を観たのにポン助娘.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2010-05-23 13:59
  • 試写会「書道ガールズ!!-わたしたちの甲子...

    Excerpt: 本日2本目は、お馴染み九段会館で「書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-」の試写会でしたこのところ、青春感動ムービーが続いてるけど、これまた不覚にも泣かされてしまいました... Weblog: 流れ流れて八丈島 racked: 2010-05-23 15:31
  • 書道ガールズ!! (成海璃子さん)

    Excerpt: 成海璃子さんは、現在公開中の映画『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』に早川里子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 Weblog: yanajun racked: 2010-05-23 15:46
  • 『書道ガールズ!! ~わたしたちの甲子園~』

    Excerpt: '10.04.27 『書道ガールズ!! ~わたしたちの甲子園~』(試写会)@九段会館 yaplog!で当選。いつもありがとうございます。女子高生が書道をするということと、実話ベースであるということに.. Weblog: ・*・ etoile ・*・ racked: 2010-05-23 16:54
  • 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-/成海璃子、桜庭ななみ

    Excerpt: 私の大好きな青春部活映画。主演は前作も青春部活映画『武士道シックスティーン』だった成海璃子ちゃん。書道は部活動ではやってませんけど子供の頃に隣家のおじいちゃんが営むお習字教室に通っていたこともあって親.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-05-23 18:34
  • 「書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-」

    Excerpt:  大きな紙の上で、音楽に合わせて身体全体を使って書道を行う書道パフォーマンスをす Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2010-05-23 19:42
  • 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

    Excerpt: 音楽に合わせて、大きな紙に書をしたためて、パフォーマンスと書の腕前を 競う“書道パフォーマンス甲子園”。紙の生産高日本一の四国中央市で開催 され、いまや全国規模のイベントになった同大会の誕生に携わ.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-05-23 22:20
  • 書道ガールズ!!わたしたちの甲子園

    Excerpt: 武士道シックスティーンの成海璃子さん主演。 実話を元にした映画だそうですが「とめはねっ」とは無関係? っていうか http://shodo-performance.... Weblog: 単館系 racked: 2010-05-24 02:45
  • *書道ガールズ!!わたしたちの甲子園*

    Excerpt: [[attached(0,class=popup_img_500_333 width=360 height=240)]] 日本一の紙の生産量を誇る小さな町、愛媛県四国中央市。不況のため町.. Weblog: Cartouche racked: 2010-05-24 19:42
  • 映画『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』

    Excerpt: 愛媛県立三島高校の書道部の活動から生まれた『書道パフォーマンス甲子園』。その実話に基づく映画だそうです。今年はNHKで河合克敏の書道漫画『とめはねっ! 鈴里高校書道部』がドラマ化されましたし、書道ネ.. Weblog: 健康への長い道 racked: 2010-05-25 23:39
  • 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園

    Excerpt: 折から続く世界的不況で、日本全体が暗いムードが立ち込める昨今。日本一の紙の生産高を誇る“紙の町”、四国中央市にもどんよりと暗雲が漂っていた。どんどんさびれていく、大好き... Weblog: やっぱり邦画好き… racked: 2010-05-27 06:53
  • 10-126「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」(日本)

    Excerpt: 好きなもののために書く  “紙の町”愛媛県四国中央市。四国中央高校の3年生、早川里子は、書道家を父に持つ書道部部長。しかし、部員たちの心はバラバラでいまや廃部寸前、里子自身も紙と向き合いながらも満た.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2010-05-29 00:23
  • 映画「書道ガールズ!! -わたしたちの甲子園- 」表現することは競うことじゃない

    Excerpt: 「書道ガールズ!! -わたしたちの甲子園- 」★★★☆ 成海璃子、山下リオ、高畑充希、小島藤子、桜庭ななみ 出演 猪股隆一監督、120分、2010年5月15日公開、2010,日本,ワーナー・ブラザース.. Weblog: soramove racked: 2010-05-30 19:59
  • 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園

    Excerpt: [書道ガールズ!!わたしたちの甲子園] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年38本目(36作品)です。 【あらすじ】 愛媛県立四国中央.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2010-06-03 23:56
  • 『書道ガールズ』スペシャルイベント@サンシャインシティ噴水広場&完成披露試写会@シネマサンシャイン池袋

    Excerpt: 『書道ガールズ』初日舞台挨拶@新宿バルト9成海璃子、山下リオ、桜庭ななみ、高畑充希、小島藤子、市川知宏、森岡龍、坂口涼太郎、猪股隆一監督登壇。5/15から公開される『書道ガールズ!!-わたしたちの甲子.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2010-06-04 19:31
  • 「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」

    Excerpt: こんな書道なら楽しい! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2010-06-06 05:07
  • 「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」

    Excerpt: 2010年・日本:日本テレビ=ワーナー監督:猪股 隆一脚本:永田 優子 四国・愛媛県で、高校書道部の生徒たちが、地元の町興しのために「書道パフォーマンス甲子園」を発案し、評判を呼んだ実話を元に、「マリ.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2010-06-07 10:52
  • 「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」 あきらめるわけにはいかない

    Excerpt: 感動した!! 観る前は、「スウィングガールズ」のヒットからあとによく作られるよう Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-06-07 22:45
  • 『書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-』 試写会鑑賞

    Excerpt: 紙の生産高日本一を誇る愛媛県四国中央市では、不況が原因で町の商店街は閑散としていた。四国中央高校の書道部部長・里子は、ある日音楽に合わせ大きな半紙に文字を書く臨時顧問・池澤の姿を目にする。その様子に衝.. Weblog: 映画な日々。読書な日々。 racked: 2010-06-08 09:20
  • 書道ガールズ(上)

    Excerpt:  世評の高い『書道ガールズ!!わたしたちの甲子園』を、遅ればせながらシネマート新宿で見てきました。平日の夕方でしたが、観客はまだかなり入っていたのには驚きました。 (1)『書道ガールズ』のタイトルか.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2010-06-27 05:34
  • [映画]書道ガールズ!!わたしたちの甲子園

    Excerpt: 寂れていく町の現実に、自分たちなりに向き合い 書道パフォーマンスという答えを見出していく過程が 素朴ながら胸を打つ。 好きなものはみんなこの町にあると言った主人公の 若い正直さ、文具屋の娘の孝行に正.. Weblog: 余白日記 racked: 2010-07-04 23:12
  • 書道ガールズ!!わたしたちの甲子園

    Excerpt: 書道を題材にしたドラマが、 書道のうんちくが興味深くて、しばらく見ていたのですが、 大人たちの大仰な演技に辟易して脱落。 でも書道には興味あり。 この手の青春モノはもういいかな、とも思うのです.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-10-18 00:31
  • 【書道ガールズ】にとっても感動した!

    Excerpt: ひと筆にかけた思いがある。その筆で書かれた文字は、、、「再生」  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】四国中央高校・書道部の部長を務める里子は、書道家である父に認められ.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2011-02-05 15:49