アン王女の復讐号(パイレーツ・オブ・カリビアン)出現




 会社の先輩がハワイに旅行に行ってきました。オアフ島のカネオヘというところでパイレーツ・オブ・カリビアンの次回作の撮影が行われているらしい。その先輩が「ブラックパール号撮ってきたから、ブログに載せて~。」とのこと。お言葉に甘えさせていただきますが、調べてみると“ブラックパール号”ではなく、“Queen Anne's Revenge (アン王女の復讐)号”なんだそうです。
 撮影は主に夜に行われているらしいのですが、夜の撮影にそなえて昼も移動したりしているそうです。ただ、Queen Anne's Revenge号様が移動している時には他の船はいっさい動いてはいけないらしく、ダイビングに向かう先輩のボートも動けず。
 もし万が一ぶつかったりなんかしたら、それこそ沈船のお宝探しという海賊っぽくなっちゃいますものね。


 本物や!写真だけでも迫力が伝わってきます。
 アメリカ本国で作られ、ハワイまで航海してきたらしいです。こういうセットってエンジンはついていなくて、引っ張られてくるのかなぁ?って思っていたんですが、先輩の話では自力で動いていたとのことです。


 遠くから見るとこんな感じ。ちょっと興ざめですね。
 ちなみに、噂ではオーランド・ブルームキーラ・ナイトレイも出ないんだとか・・・。チェッ。


当ブログのパイレーツ・オブ・カリビアンの映画感想記事はこちら。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年08月08日 12:06
こんにちは
すごいですね~
やっぱり、セットとはいえしっかり作ったら帆船として
航海までできちゃうんですかね~
この映画のシリーズを実はどれもまともに見たことが無いのですが
船のすごさは写真からしっかり伝わってきますね
2010年08月08日 15:38
瀧さん、たくさんコメントありがとうございます。
これが実際に風邪の力とエキストラ分する海賊達が小口からだけでアメリカ本土からやって来たのならすごいですけどね(笑)。
僕もこのシリーズは別に好きではないんですけどね。なんとなく見てしまいます。前作は覚えていないけどきっと4作目も見に行っちゃうんだろうなぁ。
2011年05月08日 16:37
TBありがとうございます。
本当に撮影で使われた船なんですね~!

これ、もしかして後ろの部分は船の形してない?
その辺が撮影用の、って感じがして私は好きかも。
なかなか観られない貴重な写真ありがとうございます!
2011年05月08日 21:56
SUZUさん、こんばんは。
3枚目の写真、船が黒くなってどこまでがアン王女の復讐号で、どこからがクレーン船なのかがわかんないですよね。でも、自走できるらしいので、後ろの方は近代的な船なのかも知れませんね。
アメリカは映画のためななら、他の船の航行を止めたり、大通りでも貸し切ったり映画に開けた国ですよね。日本じゃレインボーブリッジも封鎖できなかったのに。

この記事へのトラックバック