映画:インシテミル 7日間のデス・ゲーム



 藤原竜也好きなんですよね~。と言うわけで今回の記事はインシテミルです。



●ストーリー(ネタバレあり)
 フリーターの理久彦(藤原竜也)はコンビニでバイト情報誌を立ち読みしている。すると元OLの祥子(綾瀬はるか)が話しかけてきた。「アルバイトとか詳しいですか?これってどう思います?」と見せられたのは彼女の携帯電話。そこには時給1,120百円のバイトの情報が。つまり時給11万2000円。「こんなバイト怪しいですよ。」という理久彦だが、そのあまりにも高額なバイト代につられて祥子と2人、応募してしまう。
 他にもこのバイトに応募してきたのは8人の男女がいた。アル中の元社長の安東(北大路欣也)は事業に失敗し借金を返すために、リストラにあえぐ中年の西野(石井正則)、病気のこどもの手術費用を稼ごうというWebデザイナーの関水(石原さとみ)、株で大損してしまった医学生の大迫(阿部力)とその彼女の橘若菜(平山あや)、ミステリーマニアの専業主婦・佐和子(片平なぎさ)ら、合計10名は、暗鬼館と呼ばれる館に連れて行かれる。そこでは、男女10人が共同で7日間暮らすという心理実験が行われる。
 この暗鬼館の中では不道徳なことが容認され、一度中に入ると7日間は出られないという。みんな不安になりながらも階段を下りていく。
 みんなが扉を開けて中に入るとごちそうが用意されていた。食卓には奇妙な人形(声:日村勇紀)が置いてあり、この暗鬼館でのルールが説明された。夜、10時に消灯し、その後翌朝6時までは個室から出ないこと。そして7日間の共同生活の中で事件が起きた場合は、探偵役が事件を捜査し、容疑者以外でその推理が妥当かどうかを多数決で決める。多数決が有効になり犯人が確定されるとその犯人は排除される。そして探偵、犯人、そして死体となった者は特別ボーナスが支給されるのだ。そう、死体にも。
 つまりこの暗鬼館の中では金欲しさに人を殺しても良いと言うことになる。理久彦は、事件さえ起きなければいいと、平和協定を持ちかける。一同もそれに賛同する。
 夜になり、理久彦が個室に行くと1つの箱があった。恐る恐る開けてみると火かき棒が中に入っており、また「撲殺」と書かれた紙が入っていた。これは凶器なのか。理久彦は恐ろしくなって箱をしめる。
 翌朝、廊下では西野の死体が転がっていた。銃殺されたのだ。
 大迫は探偵を買って出、無口で自分のことを語らない岩井(武田真治)が犯人だという。暗鬼館では公正な判決は不要なのだ。多数決だけがすべてだからだ。大迫の彼女である若菜も賛同する。一方、なんの根拠もなく岩井を犯人にしようとする大迫に理久彦は反対をする。賛成4人、反対3人。まだ判断を決めていないのは祥子ただ一人。彼女が反対をすればこの判決は無効となる。しかし彼女は棄権をしたことで、判決は有効となる。
 判決が有効となった瞬間、身の回りの世話をすると言われていたガードと呼ばれるロボット(声:チョー)が岩井を監房に連れて行く。一方西野の遺体は安置所へと運ばれていった。
 改めて各自が持っている凶器を見せ合って平和協定を結ぼうとする理久彦だが、凶器をさらけ出せば抑止力を奪われることになると反対され、協定は破棄される。一方、残された8人は、岩井が本当に犯人だったのかを確かめるために岩井の部屋にある箱を開ける。しかし銃は見つからなかった。残り6日間どう過ごすか、何気なく理久彦が自分の部屋の箱を開けると、そこには銃が。しかし不思議なことにその銃は使われた形跡がなかった。
 翌朝、また遺体が見つかった。今度は渕だ。背後から釘打ち銃で撃たれていた。祥子が疑われたが理久彦がそれをかばい、とりあえず今回の犯人当ては保留となる。その夜、遺体安置所にいた大迫の頭上につり天井が落ち、圧死してしまう。廊下ではつり天井のリモコンを持つ真木(大野拓朗)の姿が。廊下で拾ったんだという真木だが、恋人を失って正気を失った若菜がオノで真木を殺し、自分の頸動脈を切って自殺してしまう。
 一方、こどもの手術のために少しでもお金が欲しい関水は、理久彦に筋弛緩剤を飲ませる。釘打ち銃で襲う関水から逃れようとする理久彦。そこにやって来たのは見回りに来たガード。理久彦は間一髪部屋に入ることが出来たが、関水はガードに撃ち殺されてしまう。
 最初から殺人なんてなかったんだ。西野さんは廊下に出ていてガードに殺されたんだ。そうつぶやく理久彦に、人形は言う。「その推理は可決されました。おめでとう。報酬が2倍だよ~♪」その声に理久彦の怒りは頂点に達する。
 恐怖が伝染し殺人を産む。しかし最初から殺人なんてなかったんだ。理久彦、祥子、安東は自分たちが持っている武器をラウンジに置き、お互いを信じ合うことにする。安東の息子はこのアルバイトに参加して死んだというのだ。安東はここで何が行われているのかを知るために参加したのだという。そして自分はなんとしても生き残ると決意する。
 ところが翌朝、安東は遺体安置所で血を流して横たわっていた。そしてラウンジに置いてあったはずの銃が消えている。その銃を持っていたのは留置所に入れられていたはずの岩井だった。
 祥子と理久彦もまた殺されてしまうのか。そしてこの実験を行っている実務連絡機構の目的とは。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 まず気になったのが、出演者11人全員がホリプロなこと。ただし日村勇紀はホリプロの完全子会社のプロダクション会社。制作費はかかっていなそうですが、そこそこヒットしているようなので、この映画で一番稼いでいるのはもしかしてゲームに生き残った理久彦よりもホリプロかも。
 報酬と言えば、最後に生き残った安東はなぜもらわなかったんですかね?そして機構の人間だと言う祥子の報酬も気になりますね。自分も殺される可能性があるわけですから、他の被験者よりも高額な報酬をもらっているはず。
 そう言えばラウンジに表示されている数字が、この様子を見ている人の数で、その視聴料からバイト代や機構の運営費がまかなわれているのではないかと安東が言ってましたね。この映画は公開初日の2日間の観客動員数は15万人を超え、興行収入は2億円を超えているそうです。まさしく見ている人からの収入で成り立っているというのがちょっと笑えた。
 映画の内容も最初からどうなるんだろうという期待感、そして結末はどんなどんでん返しが?と最初から最後まで楽しめました。他のブロガーの人たちからはあまり評判よくないみたいですけどね。昨年のカイジ ~人生逆転ゲーム~と比べると雲泥の差でした。
 そう言えば、藤原竜也と言えば、今度バトルロワイヤルが3Dで再公開されるんですね。この映画はDVDで観ましたが、これもとても楽しかった。(2作目はいただけなかったけど。)劇場で観ればよかったと思ったけど、3Dだと観る気がしないなぁ~。
 それにしても2Dから3Dへの変換ってどういう風にやるんだろう。








観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 人気ミステリー作家・米澤穂信の同名小説の映画化。時給11万2千円という高額に惹かれて集まった男女10人が、一人づつ死んでいく…。疑心暗鬼に陥る人間の心理描写に注目だ。ホリプロ50周年記念作品だけに、藤.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-11-14 22:36
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: ミステリー作家・米澤穂信の同名小説を『リング』の中田秀夫監督が映画化。 時給11万2千円という破格な報酬につられてある団体の心理実験に参加した 10人の男女が、心理ゲームを行っているうちに互いに疑.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-11-14 23:55
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: どうしようか迷ってた作品だけど。 今週の「UCとしまえん 」での新規公開が、「雷桜」だけで。 蒼井優ちゃんは好きだけど、禁断の恋、とい.. Weblog: いい加減社長の日記 racked: 2010-11-15 05:31
  • 劇場鑑賞「インシテミル7日間のデス・ゲー...

    Excerpt: 「インシミテル7日間のデス・ゲーム」を鑑賞してきました人気ミステリー作家・米澤穂信の『インシテミル』を「リング」の中田秀夫監督の下、藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみはじ... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-11-15 06:17
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 公式サイト。米澤穂信原作、中田秀夫監督、藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、武田真治、平山あや、石井正則、大野拓朗、片平なぎさ、北大路欣也。タイトルの「インシテミル」は英語表記では“incite.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-11-15 06:45
  • 本:「インシテミル」♪。&映画:「インシテミル」♪。

    Excerpt: 平成22年7月6日(火)。(10月17日(日):映画の感想を追記。)。 本:「インシテミル」。 著者:米澤穂信 【ストーリー】 コンビニでアルバイト雑誌をめくってい.. Weblog: ☆みぃみの日々徒然日記☆ racked: 2010-11-15 11:30
  • 映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」

    Excerpt: 映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」を鑑賞。 Weblog: FREE TIME racked: 2010-11-15 22:28
  • 「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」疑心暗鬼に襲われ続けた先にみた最初から犯人はいないサスペンスゲーム

    Excerpt: 10月16日公開の映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」を鑑賞した。 この映画は時給11万2千円の高級バイト料で 7日間の心理実験を行うが、 そこで殺人事件が発生し事件の犯人捜しと生き残るた.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-11-15 22:43
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: インシテミル (文春文庫)密室での殺人ゲームを描く推理劇だが、過去の映画で見たことがあるような設定の寄せ集めに苦笑する。何より人間描写があまりに薄い。時給11万2千円という高額で怪しい求人広告につられ.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2010-11-15 23:57
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 人気ミステリー作家・米澤穂信の同名小説の映画化。時給11万2千円という高額に惹かれて集まった男女10人が、一人づつ死んでいく…。 物語の設定を見て思い出したのが極限推理コロシアム.. Weblog: 単館系 racked: 2010-11-16 02:53
  • 「インシテミル 7日間のデス・ゲーム 」 疑心暗鬼はどこにでもある

    Excerpt: 「デスノート」「カイジ」などと出演が続く藤原竜也さん、もう心理ゲーム系作品の顔で Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-11-16 20:27
  • インシテミル 7日間のデスゲーム・・・・・評価額1200円

    Excerpt: 「インシテミル 7日間のデスゲーム」というタイトル通り、近頃流行の不条理デスゲーム物。 大金のかかった心理実験で極限状態に置かれた人間達が、疑心暗鬼から自滅してゆくという、なんだか「ライアーゲー.... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2010-11-16 22:55
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 『リング』の中田秀夫監督ということで、楽しみにしてました。 ※ヤブシネマージュ様→綾瀬はるかスペシャルインタビュー いんする 【淫する】とは 度をすごして物事に熱中する。耽溺する。お.. Weblog: 映画通信みるみる racked: 2010-11-17 01:23
  • 《 インシテミル 7日間のデス・ゲーム 》

    Excerpt: 「死ぬか、稼ぐか。」 [Official] 米澤穂信による原作「インシテミル」の映像化作品。原作は未読ですが、こういった深層心理を弄る"ゲーム"を題材にした作品には目がないので鑑賞しました。登場.. Weblog: 映画 - K'z films - racked: 2010-11-17 06:43
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: ホリプロ50周年記念作品。 2010年10月16日に丸の内ピカデリー3、新宿ピカデリー、渋谷TOEI2、シネリーブル池袋ほか全国松竹系で公開。 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2010-11-17 07:53
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の原作者は、「このミステリーがすごい!」2010年度版で、作家別投票第一位に輝いたミステリー界の俊英・米澤穂信。江戸川乱歩、コナン・ドイル、アガサ・クリスティ.. Weblog: やっぱり邦画好き… racked: 2010-11-17 10:35
  • 【インシテミル 7日間のデス・ゲーム》】

    Excerpt: 監督:中田秀夫 出演:藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、北大路欣也、片平なぎさ、武田真治、平山あや  ようこそ、暗鬼館へ。 「24時間監視されながら7日間過ごすという怪しいバイト.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2010-11-17 10:38
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム/藤原竜也、綾瀬はるか

    Excerpt: これは楽しみにしてましたヨ。原作は未読ですが人気ミステリー作家・米澤穂信の同名小説を『リング』『L change the WorLd』の中田秀夫監督が映画化した作品です。劇場予告編にもあった通り時給1.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-11-17 11:39
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 2010/10/16公開 日本 107分監督:中田秀夫出演:藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、武田真治、平山あや、石井正則、大野拓朗、片平なぎさ、北大路欣也死ぬか、稼ぐか。時給11万2000円.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2010-11-17 12:59
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 米澤穂信の「インシテミル」という小説を、ホラー映画の大家中田秀夫監督が映画化した。見終わったときはすごいものを見てしまったと思った。高額な報酬につられてやってきた男女10人が、密室で疑心暗鬼に取り付か.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2010-11-17 13:39
  • 「インシテミル7日間のデス・ゲーム」感想

    Excerpt:  時給11万2千円の高額バイトを目当てに、謎の施設「暗鬼館」へと集められた男女10人は、「7日間の心理的実験」として「不穏当かつ非倫理的な事件」を解決するように支持され... Weblog: 狂人ブログ ~旅立ち~ racked: 2010-11-17 18:27
  • 映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』

    Excerpt:  綾瀬はるかと石原さとみが共演してるなんて珍しいな、と思ったら、本作はホリプロ50周年記念作品なんだそうです。てな訳で、出演者全員がホリプロ所属という、ホリプロ超オールスター映画。映画の中での扱い.... Weblog: 闘争と逃走の道程 racked: 2010-11-17 22:07
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 2010年10月31日(日) 18:15~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』公式サイト フリーパス2本目。 外国映画.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2010-11-18 16:44
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 《インシテミル 7日間のデス・ゲーム》 2010年 日本映画 自給11万2千円、 Weblog: Diarydiary! racked: 2010-11-18 19:19
  • ★インシテミル 7日間のデス・ゲーム(2010)★

    Excerpt: 死ぬか、稼ぐか。上映時間107分製作国日本公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2010/10/16ジャンルサスペンス/ミステリー映倫G【解説】人気ミステリー作家・米澤穂信の『インシテミル... Weblog: CinemaCollection racked: 2010-11-20 01:20
  • ★ 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』

    Excerpt: 2010年。「インシテミル」製作委員会。   中田秀夫監督。米澤穂信原作。  藤原竜也と綾瀬はるかと.. Weblog: 映画の感想文日記 racked: 2010-11-20 07:17
  • インシテミル 7日間のデスゲーム

    Excerpt: 「自給11万2千円」という心理学の実験を行うアルバイトに参加した10人の男女。地下施設に7日間閉じ込められることになった彼らに与えられたのは、事件が起こったら解決しろという指示と、それぞれ異なる10種.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2010-11-20 20:23
  • インシテミル7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 原作者は「このミステリーがすごい!」2010年度版で、作家別投票第一位に輝いたミステリー界の俊英・米澤穂信。物語:史上最恐の高額バイト!?時給112,000円の想像を絶するほど高額バイト料を目当てに、.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2010-11-20 23:43
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 【インシテミル 7日間のデス・ゲーム】 ★★★★ 試写会(12)ストーリー フリーターの青年・結城(藤原竜也)をはじめ、ワケあって大金を必要 Weblog: りらの感想日記♪ racked: 2010-11-21 20:38
  • 「インシテミル」見てみた

    Excerpt: 「インシテミル」見てきたー!! http://wwws.warnerbros.co.jp/incitemill/ ゚*。イェイd(d∀゚)(゚∀b)bイェイ。*゚ 気になってたんだよねぇ~♪ Weblog: +++turbo addiction+++ racked: 2010-11-21 21:51
  • インシテミル 七日間のデスゲーム☆独り言

    Excerpt: あたたたたぁ、、、危惧してた通りになっちゃった^^;『インシテミル』観てきました。そして誰もいなくなったかぁ~っと思いながら観ていましたが・・・ほんっとそんな感じ、、、勿論藤原くんが生き残るのは当たり.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2010-11-22 22:51
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 死ぬか、稼ぐか。 死の推理ゲームを制し、生き残って大金を得るのは、誰だ? .. Weblog: 『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba racked: 2010-12-01 01:06
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 2010年度作品/日本 <監督> 中田秀夫 <原作> 米澤穂信 <出演> 藤原竜也 綾瀬はるか 石原さとみ 阿部力 武田真治 平山あや(「陰日向に咲く」) 石井正則(「少林少女」).. Weblog: みるき~うぇい racked: 2010-12-08 17:10
  • 映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』試写会にて鑑賞。

    Excerpt: 名古屋駅前一等地にある「産業労働センター・ウインクあいち」 [E:one]周年記念事業の「試写会[E:slate]」に当 Weblog: ほし★とママのめたぼうな日々♪ racked: 2010-12-17 19:49
  • ■映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』

    Excerpt: ホリプロ50周年記念作品ということで、ホリプロの俳優陣が顔を揃えた密室サスペンス『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』。 いや、ありえないっちゃあありえない設定のオンパレードなのですが、俳優たち.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2010-12-18 02:40
  • 【映画】インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: <インシテミル 7日間のデス・ゲーム を観ました> 製作:2010年日本 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 公開してたときから、テレビでも散々CMしていて、大好きな藤原竜也くんが主演という.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2011-02-24 00:43
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 10年/日本/107分/サスペンス・ミステリー/劇場公開 監督:中田秀夫 原作:米澤穂信『インシテミル』 主題歌:May'n『シンジテミル』 出演:藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-02-25 00:10
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 藤原竜也、北大路欣也、片平なぎさ、武田真治、 石井正則、平山あや、石原さとみ、綾瀬はるか等、 ともかく超豪華キャストの密室ミステリーで、 監督は中田秀夫と聞けば、 もう絶対観たい感じ。 しか.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-03-10 20:31
  • 映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム 」

    Excerpt: インシテミル 7日間のデス・ゲーム ブログ - goo 映画 映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」公式サイト インシテミル - Wikipedia インシテミル 7日間のデス・ゲーム(映画.co.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2011-10-23 20:06
  • インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    Excerpt: 2010年:日本 原作:米澤穂信 監督:中田秀夫 出演:藤原竜也、綾瀬はるか、北大路欣也、石原さとみ、阿部力、武田真治、平山あや、石井正則、大野拓朗、片平なぎさ フリーター ... Weblog: mama racked: 2013-01-17 05:26