映画:リミット



 主人公が動ける範囲、約0.4m3。限られた場所、限られた時間、極限の状態を描いたリミットを観てきました。



●ストーリー(ネタバレあり)
 男が目をさますとそこは棺の箱の中だった。手は縛られ、助けを呼ぶも誰も来ない。しかもその棺は土に埋められていたのだ。男の名は。ポール・コンロイ(ライアン・レイノルズ )。アメリカ人だが今はイラクでトラックの運転手をしている。彼は仕事でトラックを運転している最中に、子どもたちが飛び出してきたためトラックを止めた。次の瞬間何者かに襲われたのだ。
 手を縛っている紐をはずして回りを手探りで探す。そこにはジッポーライターと携帯電話。現地で何かあった時にかけろと言われている電話番号をメモした紙は犯人に抜き取られていた。ポールは国際電話でアメリカの警察911にかけるが、相手にしてもらえない。恋人は留守だが、彼女のルームメイトも相手にならない。
 突如なり出す携帯電話。相手は犯人からだ。時間内に大使館が身代金を払えば助けるという。
 番号案内でFBIにかけるポール。FBIは捜査を開始するが、テロリストには金を払わないという。そしてうまく助けられる確率はそれほど高くないという。しかし以前にも拉致された学生を無事に助けた成功例もある。ポールはその学生の名を教えればあんたを信用するという。するとFBIはその学生の名は、マーク・ホワイト。今頃はアメリカのキャンパスで授業を受けているだろうという。ポールはFBIを信用し、一度電話を切る。
 すると、犯人は今自分が置かれている状況をビデオに撮って送れと言う。最初は断るポールだが、メールで送られてきたのは同僚で仲の良い女性の映像だった。言うことを聞かなければ彼女を殺すというのだ。ポールは今置かれている状況を携帯電話で撮影して送る。犯人はそのビデオをインターネットを使って世界中にばらまく。
 会社に電話をするポールは、会社から信じられないことを言われる。社内規定を破ったため、今朝の時点で君を解雇するという内容だ。したがって今起きていることは会社には関係ないという内容だ。会社はポールを見捨て、もしポールが死んでも手当を払いたくないのだ。
 そんな時、激しい音と共に衝撃が走る。空爆の音だ。棺が壊れ上部から砂が落ちてくる。絶望したポールは、痴呆症の母親に電話をする。何を言っても同じことしか言わない母だが、懐かしい声を聞いてポールは涙する。
 FBIから電話が入る場所を特定し、今救助に向かっているというのだ。もう少しの辛抱だという電話の向こうの男に希望を託すが、その希望は打ちひしがれてしまう。「すまない、ポール。ホワイトの棺だった。」としてポールは砂に埋まっていく。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 物語は棺の中だけで繰り広げられます。ワン・シチュエーション・ドラマというそうです。スリラーの場合は、ワン・シチュエーション・スリラー、サスペンスの場合はワン・シチュエーション・サスペンス、コメディの場合はワン・シチュエーション・コメディというらしいです。棺以外が出てくるのは、同僚の女性が携帯電話に映し出されるシーンのみ。と言っても撮影は横が開かれているものや、ふたが開いている棺など、いくつかの棺が用意されているみたい。
 カメラワークがすばらしくて、本当に棺に閉じこめられたかのような閉塞感。そして主人公と一緒に、どうすればいいのかと考えてしまうリアリティは脚本がすばらしいからか。95分があっという間。ただリアリティがないと思ったのが、棺をたたいた音。あの音は棺の向こうは空洞だと思われるような音でした。だから最初は棺の中だけど埋められてはいないのだろうと思っていました。
 次第に本当に埋められていると言うことがわかったのですが、だとしたら犯人は身代金を払ってもポールを助ける気など全くないとわかってきます。
 そしてたぶん、この映画を観た人が誰もが思うと思うのですが、空爆で壊れた棺からなら埋まっている数十センチ程度ならなんとか抜け出せないものなのか。でも砂風呂に入った方ならわかると思いますが、たかが数センチの砂を上に乗せられただけで起きられなくなっちゃいます。その10倍もの土をはねのけて立てるものなのか。
 最後は助かるのか、間に合うのか・・・。緊張の末、見つけた棺はポー角ではなく、マーク・ホワイトのものだというのですが、じゃあFBIが助けたと思っていたマークは誰だったのか?助けたというのははったりだったのでしょうか。気になるところですね。




観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • [リミット]

    Excerpt: イラクで民間企業の運転手として働いていた男が目覚めるとそこは棺の中だった…。生き埋めにされた彼が棺の中にある僅かな道具で脱出を試みるというワンシチュエーション・スリラーだ。主演は『あなたは私の婿になる.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-12-16 22:07
  • 「[リミット]」

    Excerpt: テレフォンボックスは遺物として埋もれる。 「SAW」シリーズで使われているソリッドシチュエーションホラーという言葉があるが、本作もその系譜に連なる作品なのであろう。何しろ舞台を... Weblog: Con Gas, Sin Hielo racked: 2010-12-18 03:51
  • [リミット] 【埋められる 男も事件も 真実も】

    Excerpt: 『[リミット]』 BURIED 2010年・スペイン=アメリカ=フランス 生き埋めにされた男のソリッド・シチュエーション・スリラー。  サンダンス映画祭で絶賛され、速攻買い手がついたことで話.. Weblog: 猫の毛玉 映画館 racked: 2010-12-18 14:23
  • リミット

    Excerpt: (C) 2009 Versus Entertainment S.L. All Rights Reserved. 英題: BURIED 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開:.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2010-12-18 17:54
  • [リミット]~携帯不条理劇「救出を待ちながら」

    Excerpt: 公式サイト。原題:BURIED。ロドリゴ・コルテス監督、ライアン・レイノルズ、ロバート・パターソン、ホセ・ルイス・ガルシア・ペレス、スティーヴン・トボロウスキー、サマンサ・マシ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-12-18 18:33
  • 【映画】[リミット]

    Excerpt: <[リミット] を観て来ました> 原題:Buried 製作:2009年スペイン ←クリックしてね♪ランキング参加中 目覚めたら、土の中… そんなキャッチコピーが目を引いたこの作品。 主演は「.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2010-12-18 18:36
  • 2010年11月3日 『リミット』 シネマート六本木

    Excerpt: 本日は、『リミット』 を試写化で鑑賞です。 映画上映前にイベントがあり、ゲストが来ました 映画と同じく、箱に入っての登場です。 なんと ほしのあき さんでした とてもスタイル良く、顔が小さく、かわい.. Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2010-12-18 20:30
  • [リミット]/ライアン・レイノルズ

    Excerpt: ここ何年かでシチュエーション・スリラーにはすっかりハマってしまった感がありますが、今作の舞台はなんと地中に埋められた棺の中という何とも奇抜な設定でそれだけで私は興味津 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2010-12-18 21:27
  • 「リミット」:絶望的シチュエーション

    Excerpt: 映画『リミット』、原題は“Buried”(埋められて)ですよ。キャッチコピーは「 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2010-12-18 23:15
  • [リミット]

    Excerpt: 公式サイト究極の一人芝居で描く生き埋め脱出劇だが、緊張感が持続して、まったく退屈しない。米国人の運転手コンロイは、土の中に埋められた箱の中で目を覚ます。そこにはライタ ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2010-12-18 23:23
  • 「Buried」(邦題 リミット)閉所の恐怖

    Excerpt: 時間があったらもう1本観よう♪ということで、migちゃんとのロンドンデートの最後を飾ったのが、この映画。 ロンドンフィルムフェスティバルにも出品される異色サスペンス・ドラマ、私も注目していたのだけど.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2010-12-19 03:32
  • [リミット] BURIED 

    Excerpt: イラクでテロリストに襲撃されて、棺に入れられて生き埋めにされたアメリカ人トラックドライバーの一人芝居。持ち物は携帯電話とジッポ、酒、鉛筆くらい。アメリカにいる家族は留守... Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2010-12-19 10:43
  • [リミット]

    Excerpt: イラクで運転手として働くポールは突然何者かの襲撃に遭い・・・・・目覚めた時、そこは地中に埋められた箱の中だった。 Weblog: rambling rose racked: 2010-12-29 12:17
  • [リミット]

    Excerpt: 充電切れ間近の携帯 オイルの尽きかけたライター 残り90分の酸素 目覚めたら土の中 .. Weblog: 『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba racked: 2011-01-20 00:11
  • [リミット] (Buried)

    Excerpt: 監督 ロドリゴ・コルテス 主演 ライアン・レイノルズ 2010年 スペイン/アメリカ/フランス映画 94分 サスペンス 採点★★★ 若手監督の意欲と野心が前面に押し出された作品って、若い頃はその意欲.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-04-18 13:01
  • [リミット]

    Excerpt: 何者かにひつぎに入れられたまま地中に生き埋めにされた男が、手元にある 道具だけを頼りに脱出を試みるシチュエーション・スリラー。 新鋭監督ロドリゴ・コルテスが、ほぼ全編を通して暗闇状態でドラマを進め.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-04-21 00:09
  • [リミット]

    Excerpt: 【BURIED】 2010/11/06公開 スペイン 94分監督:ロドリゴ・コルテス出演:ライアン・レイノルズ声の出演:ロバート・パターソン、ホセ・ルイス・ガルシア・ペレス、スティーヴン・トボロウ.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-05-02 10:17
  • 映画『リミット』を観て

    Excerpt: 10-68.リミット■原題:Buried■製作年・国:2009年、スペイン■上映時間:95分■字幕:アンゼたかし■鑑賞日:11月6日、シネセゾン(渋谷)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名) .. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2011-05-15 18:58
  • 映画レビュー 「リミット」

    Excerpt: リミット  原題:Buried 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 終始棺桶の中というシチュエーションで、ある男の脱出劇を描く、チャレンジングなスリラー。主演.. Weblog: No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) racked: 2011-05-16 02:45