映画:パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT



 怖いと評判だった低予算映画パラノーマル・アクティビティの日本版パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHTを観てきました。なおこの作品は、第2章となっていますが、パラノーマル・アクティビティ2ではありません。パラノーマル・アクティビティ2は2011年2月公開予定です。



●ストーリー(ネタバレあり)
 アメリカ旅行中、両足複雑骨折してしまった山野春花(青山倫子)が帰ってきた。それを出迎えたのは弟の幸一(中村蒼)だった。幸一は姉が旅行中に新しいビデオカメラを買い、ちょっとしたことでも撮影していた。当然、春花が帰ってきたこの日も新しいカメラでその様子を撮影していた。
 ある日、春花が目をさますとベッドのすぐ脇に置いてあった車椅子が窓の方にずれていた。弟のいたずらだろうと思った春花だが、幸一は冗談半分で何かいるんだよと、気持ち悪いから辞めてという春花を押し切って春花の部屋に盛り塩をする。しかも春花に内緒でベッドの下にカメラを仕掛けた。
 翌日、盛り塩が崩されていた。恐る恐るビデオを再生してみると、何も移っていないのに突如崩れる盛り塩。しかもその後も少しずつ動いている塩。
 幸一は高校の頃の友達である名越潤(鯨井康介)とその彼女・矢口麻衣(守永真彩)を家に呼んだ。と言うのは麻衣の友達・呉美鈴(吉谷彩子)が霊感に強いため、彼女に春花の部屋を見てもらおうと思ったのだ。
 3人は盛り塩のビデオを見た後、春花の部屋へと向かう。リビングに戻った美鈴は急に口から泡を吹き出し、逃げるように家を出て行った。
 幸一と春花は出張に行っている父・繁幸(津村和幸)に電話するが、4,5日は帰れないという。そこで幸一はインターネットを調べて霊媒師を家に呼ぶ。
 早速来てくれた霊媒師(山田登是)は助手(松林慎司)と共にお祓いをする。「もう大丈夫です。」と言う霊媒師の言葉をいまいち信じられない幸一と春花。しかしこの日の夜は何事もなかった。次の日も、その次の日も。取り憑いていた何かは去っていったかのように思えた。父親も仕事先から帰ってきて平和な日を過ごした。しかし翌日早朝に仕事に戻らなければいけないと言う父。
 ところが翌日の夜またもや異変が起きた。幸一は霊媒師に電話をかけるが、お祓いに来てくれた日の夜、霊媒師は心筋梗塞で亡くなったという。
 春花は幸一にこう言う。実は春花がアメリカで跳ねたのは殺人犯だったというのだ。アメリカで入院中も異変はあったが、それは病院に取り憑いていたものだと思っていたと言う。家に取り憑いているのではなく私に取り憑いているのかも知れない。もし何かあったら、幸一一人で逃げなさいと。
 姉の心配をよそに、徐々にエスカレートしていく超常現象。
 そして幸一が押し入れで見たものは、父親の死体だった。恐ろしくなった幸一は夜中、一人で家から逃げ出す。ちょうど通りがかったタクシーに乗って逃げようとする幸一だが、そのタクシーの目の前に春花が飛び出してくる。タクシーはそのまま春花をひいてしまう。
 幸一は警察に連れられて遺体安置所に向かう。しかしそこで見たものは・・・!



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 いや~、怖かった。オリジナル版は怖かったものの、何でそうなったか何も解明されないまま淡々と話が進んでいくため途中で飽きてしまいました。しかしこちらの作品はアメリカで姉が殺人犯をひいてしまうという事故があり、それから呪われたのか?とか原因を考えながら見ていくので飽きませんでした。そして生活様式もやっぱり日本人的なので共感できるし・・・。
 まぁ、あんな状況で冷静にカメラ手に出来るのかなぁとか、電気をつけずにカメラの照明だけを頼りにするかなぁ?とかいろいろ突っ込みどころは相変わらず満載なんですけれどね。
 ちなみに高そうなカメラのメーカーはわからなかったけれど、小さいビデオカメラはソニーとキヤノン。あのタイプでカメラってパソコンにつなげてリアルタイムでパソコンに画面を表示できたっけなぁ?
 そして気になって、気になってしょうがなかったのが、時間の表示。「12:?? AM」って時刻の表示は何?表記がそもそもおかしいけれど、少なくともそれ、夜中の時間じゃないだろ~。
 オリジナルよりはおもしろかったけれど、所詮は二番煎じですね。




観て良かった度:●●●●○ 4点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画「パラノーマル・アクティビティ 第2...

    Excerpt:  プレミアスクリーンの客入りは3~4割ほど。「高校生¥1000」キャンペーンを行っているせいか客年齢は若い。一番後ろの席に陣取った女子高生と思われる若い女子集団が上映中... Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2010-12-18 23:52
  • パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT

    Excerpt: 公式サイト。長江俊和監督、中村蒼、青山倫子。「パラノーマル・アクティビティ」の焼き直し東京版。基本構造はオリジナルと何も変わっていない。共通するのは、警察なぜ呼ばない ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-12-19 00:06
  • パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT

    Excerpt: 低予算で作られ少ない上映館での公開から口コミで全米で大ヒットし、その 後、世界中でも大ヒットしたホラー映画『パラノーマル・アクティビティ』 の日本版続編。東京の一軒家を舞台に、そこで暮らす姉弟の身.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-12-19 01:53
  • 劇場鑑賞「パラノーマル・アクティビティ第...

    Excerpt:  「パラノーマル・アクティビティ第2章TOKYONIGHT」を鑑賞してきました超低予算の自主制作作品にもかかわらず、そのユニークな手法が評判を呼び全米で大ヒットを記録し、日本をはじ... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-12-19 06:41
  • パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT/中村蒼、青山倫子

    Excerpt: 『パラノーマル・アクティビティ』の日本版続編だそうです。日本版というのはこれとは別に米国版の第二弾もあるんですよね。ややこしいなぁ。第一作目のときは劇場予告編に煽られ ... Weblog: カノンな日々 racked: 2010-12-19 10:31
  • パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT

    Excerpt: 怖ぇ~よ,おい! じわじわ来る! Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-12-19 11:03
  • 「パラノーマル・アクティビティ第2章/T...

    Excerpt:  超低予算ながら、全米で大ヒットを記録したホラームービー。その続編を、日本人キャストとスタッフで制作。  正直、言うこともそんなにないんで、単刀直入に書くと、思ったより... Weblog: 狂人ブログ ~旅立ち~ racked: 2010-12-19 20:04
  • パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT

    Excerpt: 10年/日本/90分/ホラー/劇場公開 監督:長江俊和 脚本:長江俊和 出演:中村蒼、青山倫子、吉谷彩子、鯨井康介 <ストーリー> アメリカ旅行中に事故に遭い車椅子生活を余儀なくされていた春花は、.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-03-06 02:42