映画:キス&キル



 2011年最初に見た映画はもう終わりかけのキス&キルでした。
 2011年になって早2週間経っていますが、まだこの1作しか見てないんです。ストレス~!



●ストーリー(ネタバレあり)
 ジェン(キャサリン・ハイグル)は失恋したばかりの女性。その傷を癒しきれないまま両親に連れられて南フランス旅行にやってくる。過保護な両親は、飛行機でもシートベルトをしろとしつこく、ホテルではジェンの部屋は両親の部屋の隣にしろとホテルに交渉する。
 ホテルのエレベーターに独りで乗っていると、そこにハンサムな容貌のスペンサー(アシュトン・カッチャー)が乗ってくる。ジェンは彼に惹かれるもフランス語がわからない。何か話しかけてくるがとりあえずうなずいたり笑顔で答えたりする。しかも彼はジェンの後をついて海辺までやって来た。
 ジェンは英語でなぜついてくるのか訪ねるが、彼は英語も喋れたのだ。フィンをジェンに見せ、もともと海に行くつもりだと答える。最後にスペンサーはあとで食事でもジェンを誘った。
 ジェンは急いでスーツケースを見るが、ただの旅行のつもりだったのでドレスなんて持っていない。ジェンは街に出向いてかわいいドレスを探しに行く。
 その頃スペンサーは、フィンを履き、エアーフィン(簡易型エアタンク)で沖に停泊している船へと向かう。錨の部分を登って侵入したスペンサーはヘリコプターに爆弾をしかけ戻る。そのヘリコプターが爆発したことを確かめるとスペンサーはジェンと約束した店へと向かう。かれはCIAのエージェントだったのだ。
 楽しく食事する二人だが、1人の男が彼らを監視する。彼はスペンサーの上司であり、恋に落ちてスパイから足を洗うことは許されないとスペンサーに警告する。
 アメリカに戻ったジェンはその後もスペンサーとつきあい、とうとう厳格な父親(トム・セレック)の許しを得て、結婚することに。そして2人は郊外で幸せに暮らしている。スペンサーは建築会社を経営し、ジェンはセキュリティソフトの会社で営業を担当している。
 それから3年、スペンサーのオフィスに宅配が届く。フランスの旅行ガイドにはさまれた1枚のカード。それはCIA時代によく使った連絡方法だ。彼はカードに書かれた電話場号に電話するが、相手は元上司。それは再度の警告だった。
 その夜、家に帰ると、誰もいないはずの家の中から人の気配が感じられる。用心しながら部屋に入ると、スペンサーの誕生日を祝うサプライズパーティをジェンが計画していたのだ。友達や近所の人たちが集まってくれ盛大なパーティだったが、スペンサーは楽しめないでいた。もしかしたらこの中に自分を狙うエージェントがいるかもしれないし、もしそうでなくても攻撃されたらみんなの命も危ない。そんな彼を見てジェンは自分たちの結婚に問題があるのかと不安を募らせる。
 実は、ジェンはこのパーティーの日、仕事で出張を上司に言われていたのだ。しかし結婚生活のマンネリ打開のために出張を1日伸ばしてもらってパーティーを開いたのだ。そこまでしたのにスペンサーは楽しんでくれていない。ジェンはどこか寂しい気持ちでいたが、仕事のため飛行場まで行かなければならない。
 家では、パーティーで飲み過ぎた客を仕方なく泊めていた。スペンサーが様子を見に来るとその男はいきなりスペンサーを殺そうとする。
 ジェンは寂しさのあまり車からスペンサーに電話をかけるが出ない。もう一度声を聞きたいジェンは家に戻ることにする。ところが彼女が見た光景は、友達が夫を殺そうとしている光景だったのだ。パニックに陥ったジェンはスペンサーに言われるままにベッドサイドの引き出しから銃を持ってくる。「うちに銃があるの?!」と気が動転。そしてスペンサーは友達だったその男を射殺する。
 スペンサーは元CIAエージェンだと聞かされたジェンは驚きを隠せない。しかも彼の首には2,000万ドルの懸賞金がかけられ、次々と殺し屋が彼らを襲う。
 2人は車で逃げようとするが、そこにも友達を装っていた殺し屋が。予想しない事態について行けないジェンは1人立ち去る。しかしスペンサーのことが気がかりになり戻ってくると、またもや殺し屋がスペンサーを襲っていた。ジェンは殺し屋に車で体当たり。それがきっかけでジェンも銃をとって一緒に戦うことに。
 スペンサーは電話場号から上司の止まっているホテルへと向かうが、すでに何者かによって殺されていた。懸賞金をかけたのはCIAではなかったのだ。部下、友人、ご近所。みんなが彼らの敵。いつ誰に襲われるか全く予想の出来ない。そんな時、彼らの前に現れたのは懸賞金をかけた張本人だった。そう彼はジェンの父親。彼はフランス旅行でスペンサーが殺し損ねた敵だったのだ。父親は常にスペンサーを監視しており、彼に届いた小包が彼を殺す命令だったと勘違いしてスペンサーを殺させようとしたというのだ。
 そして彼らの交差する運命は。。。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 公開から1ヶ月でもう終了とは・・・。ブロガーの中でも評判は悪くはないけれど良くもないみたい。スパイ映画ではなくドタバタ・ラブコメディだと聞いていたので、そう言うつもりで見られたため、充分ありでした。
 射的のシーンで、お父さんが実は殺し損ねた敵なんじゃないかと感づき、CIAは抜け忍をあんなえげつなく殺そうとはしないだろうし、お父さんが黒幕じゃね?ストーリーはバレバレでしたが、友達が、ご近所さんが、次々と殺しに来て、それをいろんなかたちで返り討ちにするその爽快感は良かったです。
 心の残る作品ではなく、おそらく年末に今年1年に見た映画を振り返る時には、「どんなないようだっけ?」となりそうですが、それなりに楽しめる作品でした。知らずにスパイ映画(例えばトゥルーライズのように、結婚してもスパイ活動を続けるみたいな内容)を期待して観に行った人はがっかりだったでしょうね。2011年はまずまずのスタートを切れたと思います。
 そうそう、スペンサーが使ったエアーフィン(簡易型エアタンク)は、小さくて便利ですが、水深5mのところで3分が限度。船の停泊している場所と陸地の距離を考えると、あれで船までの往復をするのは難しいかと…。




観て良かった度:●●●●○ 4点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • キス&キル

    Excerpt: 平凡な女と、凄腕スパイの男が運命的な出会いして結婚。しかし突然夫に2000万ドルの賞金がかけられて命を狙われるはめに。妻や家族を巻き込んだ大騒動をコミカルに描き出したアクション・ラブコメディーだ。主演.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-01-16 20:38
  • キス&キル

    Excerpt: 旅行先で運命的な出会いをした男性と幸せな結婚生活を送っていると、 ある日突然、夫が殺し屋から命を狙われてしまい、そこから正体がバレた 夫とその騒動に巻きこまれた妻の逃避行の様をユーモラスに描いたア.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-01-19 01:40
  • KiSS&KiLL

    Excerpt: 「KiSS&KiLL」監督ロバート・ルケティック出演*アシュトン・カッチャー(スペンサー・エイムス)*キャサリン・ハイグル(ジェン・コーンフェルド)*トム・セレック(ミスタ... Weblog: だめ男のだめ日記 racked: 2011-01-22 19:57
  • 「キス&キル」 渡る世間は敵ばかり

    Excerpt: この手のロマンチック・アクション映画は好きなジャンルだったりします。 最近だと「 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-01-22 22:48
  • キス&キル

    Excerpt: 公式サイト新ラブコメの女王ことキャサリン・ハイグルと、これまた人気俳優アシュトン・カッチャーが組んで、一筋縄ではいかない夫婦間の秘密とその顛末を描くラブ・アクション・ ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2011-01-22 23:55
  • 映画「キス&キル」 感想と採点 ※ネタバレあります

    Excerpt: 映画『キス&キル』を、本日(12/3)初日第1回目で鑑賞。観客は10名ほど(少なっ!)。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点。「ここんとこ洋画を観てないから.. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2011-01-23 01:07
  • キス&キル

    Excerpt:  『恋は撃たれるほど強くなる。』  コチラの「キス&キル」は、アシュトン・カッチャーとキャサリン・ハイグル共演の12/3公開のロマンティック・アクション・コメディなのですが ... Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2011-01-23 06:37
  • キス&キル

    Excerpt: 監督: ロバート・ルケティック Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2011-01-23 06:56
  • キス&キル/Killers

    Excerpt: 「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」も気にはなってたけど。 はずしそうな気もしたので、単純に楽しめそうな「キス&キ.. Weblog: いい加減社長の日記 racked: 2011-01-23 07:27
  • 『キス&キル』・・・アクションや世界観は控えめながら

    Excerpt: それほど期待していなかったせいもあってか、なんだかんだでかなり面白かった。カップルの一方が実は凄腕の・・・というちょうどつい最近公開された『ナイト&デイ』と同じパターンの作品で、私にはあちらよりかえっ.. Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2011-01-23 09:20
  • キス&キル KiSS & KiLL

    Excerpt: 結婚3年目のけんか。の引き金をひくのは誰だ。 両親と出かけた家族旅行。お嬢様のジェン(キャサリン・ハイグル)は、ニースで理想の男性スペンサー(アシュトン・カッチャー)と出会い、あっという.. Weblog: 映画通信みるみる racked: 2011-01-23 10:41
  • *キス&キル*

    Excerpt:          ***STORY***                       2010年  アメリカ         両親とのバカンス中に素敵な男性.. Weblog: Cartouche racked: 2011-01-23 11:06
  • 『キス&キル』(2010)/アメリカ

    Excerpt: 原題:KILLERS/KISS&KILL監督:ロバート・ルケティック出演:アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル、トム・セレック、キャサリン・オハラ、キャサリン・ウィニック、ケヴィン・... Weblog: NiceOne!! racked: 2011-01-23 14:46
  • キス&キル

    Excerpt:   南フランスで、運命的な恋に落ちたスペンサー(アシュトン・カッチャー)とジェン(キャサリン・ハイグル)。幸せな結婚生活を送るかのように見えたが、スペンサーは誰にも言えない、あ.. Weblog: voy's room racked: 2011-01-23 15:26
  • キス

    Excerpt: ブルータス おまえもか 公式サイト http://kisskill.gaga.ne.jp12月3日公開監督: ロバート・ケルティック 「キューティ・ブロンド」「ラスベガスをぶっつぶせ」「男と女の不都合.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2011-01-23 15:48
  • 【映画】キス&キル

    Excerpt: <キス&キル を観て来ました> 原題:Kllers 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 日テレさんの試写会に当選して、一足早く鑑賞してきました。 予告やリーフレットを.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2011-01-23 20:29
  • キス&キル/アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル

    Excerpt: トム・クルーズとキャメロン・ディアスの共演でも良さそうなラブ・アクション・コメディです。『ナイト&デイ』と似たような設定に思えるんですけど気のせいですよね?(笑)。監督は ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-01-23 22:06
  • 「キス&キル」

    Excerpt: スパイの男と巻き込まれた女の話とあっては、最近観た『ナイト&デイ』が思い浮かぶのだが、この『キス&キル』はあちらよりもずっとラブコメ寄り。しかも…やけにユルい内容に欠伸が出かかったが、そのユルさが後半.. Weblog: 古今東西座 racked: 2011-01-23 22:16
  • キス&キル

    Excerpt: 【KILLERS】 2010/12/03公開 アメリカ 101分監督:ロバート・ルケティック出演:アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル、トム・セレック、キャサリン・オハラ、キャサリン・ウィ .. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-01-23 23:00
  • キス&キル

    Excerpt: キス&キル'10:米◆原題:KILLERS/KISS & KILL◆監督:ロバート・ルケティック「男と女の不都合な真実」「ラスベガスをぶっつぶせ」◆出演:アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハ.. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2011-01-23 23:14
  • キス&キル

    Excerpt: 最近公開のあの作品を意識? 【Story】 お嬢様のジェン(キャサリン・ハイグル)は、旅行先の南フランスで理想の男性スペンサー(アシュトン・カッチャー)と出会い、あっという間に結婚してしま.. Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2011-01-24 00:31
  • 「キス&キル」

    Excerpt: 複数形のさりげない"s"の効果。 設定がどうしても「ナイト&デイ」と被ってしまったというのは妻の意見。 A.カッチャーとK.ハイグルのコンビもいいが、キャリアに裏打ちされた華.. Weblog: Con Gas, Sin Hielo racked: 2011-01-24 00:41
  • キス&キル

    Excerpt: 2010年12月30日(木) 16:00~ TOHOシネマズ有楽座 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『キス&キル』公式サイト 若くなってスケールが小さ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-01-24 00:52
  • ★ 『キス&キル』

    Excerpt: 2010年。アメリカ。"KILLERS".   ロバート・ルケティック監督。  好きな俳優のひとりであるキャサリン・ハイグル主演の映画であるからには見逃.. Weblog: 映画の感想文日記 racked: 2011-01-24 08:17
  • キス&キル

    Excerpt: お嬢様のジェン(キャサリン・ハイグル)は、家族旅行先の南フランスでスペンサー(アシュトン・カッチャー)と出会う。 3年後、郊外で幸せな結婚生活を送るジェンだったが、ある日、命を狙われたスペンサ.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2011-01-24 11:23
  • キス&キル

    Excerpt: スパイ・アクションでありながらも、主演のアシュトン・カッチャー&キャサリン・ハイグルの魅力を活かしたラブ・コメディ&ファミリー・コメディでもある本作。 物語:両親との ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2011-01-24 18:38
  • キス

    Excerpt: こちら、映画館で見てきました。特に予備知識も無く観に行ったのですが、冒頭でスパイ Weblog: シネマクマヤコン racked: 2011-01-25 22:55
  • 【キス&キル】

    Excerpt: 監督:ロバート・ルケティック 出演:アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル   恋は撃たれるほど強くなる。 「失恋直後のジェンは両親とニースにバカンスにでかけた。そこで出会ったのは.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2011-02-03 15:04
  • ■映画『キス&キル』

    Excerpt: プレスを観ていて気付いたのだけど、キャサリン・ハイグルはちょっと木の実ナナに似ている…。 そんなじゃっかんカエル顔のキャサリン・ハイグルとアシュトン・カッチャーという、ゴージャスバディなカップルが繰.. Weblog: racked: 2011-02-13 16:26
  • キス&キル

    Excerpt: 恋は撃たれるほど強くなる。 .. Weblog: racked: 2011-02-16 22:42
  • キス&キル

    Excerpt: KILLERS/10年/米/101分/スパイアクション・コメディ/劇場公開 監督:ロバート・ルケティック 製作:アシュトン・カッチャー 出演:アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル、トム・セレ.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-05-05 01:18
  • 『キス&キル』'10・米

    Excerpt: あらすじ失恋の傷を癒すバカンス中に、優しくてハンサムなスペンサーに出会ったジェン Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2011-12-04 08:37
  • キス&キル

    Excerpt: ジャンル分けの難しい作品ですね~ラブ×アクションエンタテインメントってなんぞや。 アシュトン・カッチャー&キャサリン・ハイグルさんとあまり好きではない2人が主人公というところでレンタルしてな.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-02-18 11:06