よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:ウォール・ストリート

<<   作成日時 : 2011/03/05 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 42 / コメント 2



 ウォール・ストリートを観てきました。この作品を見る前に未鑑賞の前作品ウォール街を見ようと、TSUTAYAに何度か行ったのですが、1本しか在庫がなく、いつも貸し出し中。仕方なく前作は見ないでの鑑賞でした。公開から2週間もたっていないのに、シネコンの一番小さな劇場での上映でした。チケットを買う時に、間違えたのかと思い、「もう一番小さい劇場での上映なの?」と聞くと「はい。あまりお客さん入らないので。」と言ってました。えぇっええ〜〜!これから見ようとする人に、そんなに正直に答えるの???



●ストーリー(ネタバレあり)
 インサイダー取引で服役していたゲッコー・ゴードン(マイケル・ダグラス)は、刑期を終えて8年ぶりに外の世界に出てくる。
 それから7年後の2008年、ゴードンの娘であるウィニー(キャリー・マリガン)とつきあっているジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)は、投資銀行ケラー・ゼイベルに勤め、若くして経済的に成功していた。
 今、彼が注目しているのは次世代クリーンエネルギー。ところが開発は思うようにうまくいかず、追加の援助を要請されていた。最近のジェイクの功績は芳しくなかったが、彼が師のように慕う経営者であるルイス・ゼイベル(フランク・ランジェラ)は、ジェイクに多額のボーナスを支払う。ジェイクはケラー・ゼイベル投資銀行の株価が急落しているのに目をつけ、その金を友人に渡し、彼名義で投資させる。(自分で投資して利益が出るとインサイダーになるため。)
 ところが株価は下げ止まらず、ルイスは政府に支援を要請する。しかしその要請を断られたルイスは電車に飛び込んで自ら命を絶ってしまう。
 投資銀行は事実上倒産し、父のように慕っていたルイスを失ったことでジェイクは失意のどん底に落とされる。金も職も、心のよりどころも失ったジェイクは、最後の心の支えであるウィニーに結婚を申し込む。そしてその答えは「Yes」であり、ジェイクは救われた気分になる。

 ジェイクは出所したウォール街のカリスマであるゴードンの講演会に足を運ぶ。彼は現在のアメリカ経済を糾弾し、近々世界大恐慌以来の最悪の金融危機が起こることを予言する。ゴードンの講演に感銘を受けたジェイクはゴードンのもとに駆け寄るが、相手にされない。「ゲッコーさん、僕は娘さんと結婚します。」そうジェイクが言うとゴードンは足を止めた。
 ゴードンがインサイダー取引で有罪になって以来、ウィニーの兄はこの世を去り、家族はめちゃくちゃになってしまった。ウィニーは父親であるゴードンを深く憎み、絶縁状態にあったのだ。逆にゴードンはウィニーと和解したいと思っていた。その事を知ったジェイクはゴードンに取引を持ちかける。その取引とは、師であり父親のような存在であったルイスを自殺に追いやった銀行の頭取ブレトン・ジェームズ(ジョシュ・ブローリン)に復讐する手伝いをしてもらう代わりに、ウィニーとの仲を取り持つことだった。ブレトンはかつての不況で経営が行き詰まった時に支援を求めた。しかしルイスはそれを断ったことを根に持っていたのだ。

 後日、ジェイクの取り計らいで再会するウィニーとゴードン。ゴードンはウィニーに許しを請うが、ウィニーは今も昔と変わっていないゴードンを許すことは出来なかった。
 一方ジェイクは、ブレトンの経営する銀行にもぐりこむことに成功。次第に信用を得たジェイクは、ブレトンに彼の資産を吐き出させるよう仕組んだ投資話を持ちかけるが、手堅い彼はその話に乗ることはなく、復讐の計画を果たせないでいた。

 そんなとき、ゴードンの予想どおり金融パニックが起こった。信用度の低い人のための住宅ローンを商品化したハイリスク・ハイリターンのサブプライムローンが思うように売れなかったため、投資銀行はローリスク・ローリターンの投資商品にサブプライムローンを混ぜて販売していたのだ。その商品はさらに分割されて多の投資商品に組み込まれ・・・。そしてサブプライムローンが破綻した今、複雑になりすぎ、自分の保有している投資商品にサブプライムローンが入っているのかわからない投資家達は、すべての投資商品を一斉に手放しだしたのだ。このため、サブプライムローンだけでなく健全な会社の株までもが売られ、株や投資信託を含むほとんどすべての投資商品の価格が暴落。信用を失ったドルは売られ、世界の金はヨーロッパに流れた。ところがヨーロッパもEU加盟国の破綻を受けて信用は落ち始め、世界の金の行き場所がなくなってしまった。金は経済の血液のようなもの。金が動かなくなり経済はストップしてしまったのだ。
 その経済破綻はジェイクが投資してきた次世代クリーンエネルギーの開発も襲った。至急1億ドル追加援助しないと研究はストップしてしまう。

 そんな時、ジェイクはウィニーが妊娠したことを知らされる。またゴードンがウィニーのためにスイス銀行に1億ドルの口座を遺していたことも知る。ジェイクはその1億ドルを次世代クリーンエネルギーの投資に使いたい。その投資に賛成していたウィニーもその案に賛同するが、ゴードンはその1億ドルをまんまと横取りしてしまう。
 娘と和解したいというゴードンを信じていたジェイクは、裏切られたことを知って落胆する。それに加えて、ウィニーとの仲も悪くなってしまう。
 ジェイクは娘への愛を信じて、もう一度ゴードンに会いに行く。その頃、ゴードンはその1億ドルを元手に、すでに約9億ドルに増やしていた。ジェイクは「これを1億ドルで買って欲しい。」とDVDを手渡す。それを観たゴードンだが、そこには孫の超音波エコーの映像が流れていた。ゴードンはその取引を断り、ジェイクを追い返す。
 最後の手段もダメだったジェイクは、ウィニーに謝りに行くが、そこには許しを請いに来たゴードンの姿もあった。1億ドルを得たジェイクは早速エネルギー開発に支援する。一方、ブレトンが自分の復讐のために故意に投資銀行ケラー・ゼイベルの株価を操作していた証拠を手に入れることにも成功する。そしてブレトンは金融業界を追放された。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 この映画、周りでも評判良かったのですが、2月1日にその期待を打ち砕く事件が起こりました。本作のPRイベントが都内で行われ、ツイッターでの公式アカウントがその様子を呟いていました。
 ゲストは日本版ゴードンとして一番に名前が挙がったホリエモンこと堀江貴文と生徒代表として夏川純さん。
 堀江は<強欲は善だ>のキャッチフレーズに対して「チャレンジすることが大事だ。現状に満足せずに次を目指す。現状維持したままで、君たち(これを聞きに来ている就活中の学生)は人間か?と問いたい。」と語っていたそうです。
 僕は堀江に問いたい。粉飾決算でみんなに迷惑をかけたあんたは人間か?と。堀江、あんたは日本版ゴードンじゃなく、日本版ブレトンだ。粉飾決算で、もしかしたら誰かを自殺に追い込んだかも知れないんだぞ。

 劇中でもゴードンは「被害者のいない罪で8年も服役したんだぞ。」と言っています。被害者がいない???!何考えてるんだ!確かにインサイダー取引は、「被害者なき犯罪」と言われていますが、大勢が被害者になっているため直接的な被害者一人ひとりの被害額はわずかであるだけ。市場に出ているお金は変わらないので、誰かが不正に儲ければ、誰かが不当に損害を出す人がいる。つまり全員を相手に詐欺を働いているようなものなのにその悪質さが認識されていない犯罪。逆に言えば、悪質さが軽く見られているから、ローリスクハイリターンな犯罪なんです。
 また、直接関わっただけでなく、例えば日本でインサイダー取引が横行すれば海外の投資家は日本から出て行くかも知れません。そうなれば日本の信用も下がるし、日本経済にも関わる問題にもなります。
 ゴードンのように市場関係者がインサイダー取引を本当に被害者なき犯罪と考えているなら本当に残念です。

 それに1億ドルを元手に9億に増やしているなら、孫が出来た出来ないに関係なく1億くらい返してもいいんじゃない?
 確かに欲のない人は向上心も少ないのかもしれませんが、ここまで強欲になると人間性が欠如するんですね。見ていて反吐が出そうな映画でした。




観て良かった度:●○○○○ 1点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(42件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウォール・ストリート
1987年に公開された『ウォール街』の続編。同じオリヴァー・ストーン監督とマイケル・ダグラスのコンビが、今回は現代の金融事情をベースにマネー・ゲームの世界を描き出す。主演は「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ。共演に『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、フランク・ランジェラと若手とベテランが揃う。チャーリー・シーンのカメオ出演も見もの。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/03/05 23:58
「ウォール・ストリート」 信用は回復できるか?
僕はメーカーに勤めているもので、どうも金融という商売がうさんくさく見えて仕方があ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/03/22 22:19
映画「ウォール・ストリート」感想
映画「ウォール・ストリート」観に行ってきました。1987年公開映画「ウォール街」の続編作品。新エネルギーを開発するベンチャー企業を支援しようと奮闘するシャイア・ラブーフ... ...続きを見る
タナウツネット雑記ブログ
2011/03/23 08:06
ウォール・ストリート
公式サイト。原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS。オリバー・ストーン監督、マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、スーザン・サランドン ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/03/23 08:08
「ウォール・ストリート」感想
 1987年公開、実際の金融界にも影響を与えた大ヒット映画「ウォ−ル街」の続編。 本作に限った話しではないが、どうもこの手の「一部の頭のいい人向け」の映画は、高卒低所得... ...続きを見る
狂人ブログ 〜旅立ち〜
2011/03/23 19:22
ウォール・ストリート
「ウォール・ストリート」監督オリヴァー・ストーン出演*マイケル・ダグラス(ゴードン・ゲッコー)*シャイア・ラブーフ(ジェイコブ・ムーア)*ジョシュ・ブローリン(ブレトン・ジ... ...続きを見る
だめ男のだめ日記
2011/03/23 20:20
映画『ウォール・ストリート』を観て
11-12.ウォール・ストリート■原題:WallStreet,MoneyNeverSleeps■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:133分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月5日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ... ...続きを見る
KINTYRE’SDIARY
2011/03/23 22:54
「ウォール・ストリート」
1987年に公開された(日本での公開は88年)映画「ウォール街」 ...続きを見る
華麗なる人生を目指して 〜グルメとエンタ...
2011/03/24 00:06
ウォール・ストリート #21
&#8217;10年、アメリカ 原題:Wall Street : Money Never Sleeps 監督:オリバー・ストーン 製作:エドワード・R・プレスマン、エリック・コペロフ 製作総指揮:バ ド・カー、セリア・D・コスタス、アレックス・ヤング、アレッサンドロ・ケイモン 脚本:アレン・ローブ マイケル・ダグラス   : ゴードン・ゲッコー シャイア・ラブーフ   : ジェイコブ・ムーア ジョシュ・ブローリン  : ブレトン・ジェームズ キャリー・マリガン   : ウィニー・ゲッコー イーラ... ...続きを見る
レザボアCATs
2011/03/24 03:26
『ウォール・ストリート』は金融セカイ系ストーリーだよ。
 こんばんは。本日は『ウォール街』の24年ぶりの続編『ウォール・ストリート』の感想でございます。 ...続きを見る
かろうじてインターネット
2011/03/25 00:20
ウォール・ストリート お金は眠らない
前作ではインサイダー取引という古風な経済犯罪であったけど、今作で扱われるのは高度な金融工学を屈指したなんでもありのグレーな金の亡者たちの姿だ。非営利活動という新しい価値観を提示していることが高く評価できる。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2011/03/25 09:32
ウォール・ストリート
無駄に長いし,中身は生ぬるいし・・・   ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/03/25 10:09
ウォール・ストリート
【WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS】 2011/02/04公開 アメリカ 133分監督:オリヴァー・ストーン出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イ ... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2011/03/25 11:43
『ウォール・ストリート』
腐っても鯛、いや永遠に腐らない鯛、それがゴードン・ゲッコー。 欲に渦巻く金融業界への警鐘として作ったはずが逆に証券マンを目指す若者が増えてしまったという前作のリベンジ ... ...続きを見る
こねたみっくす
2011/03/25 16:00
映画「ウォール・ストリート」 感想と採点 ※ネタバレあります
映画『ウォール・ストリート』(デジタル上映)(公式)を、初日(2/4)鑑賞。初日の初回で観客は25名ほど。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog
2011/03/25 16:30
「ウォール・ストリート」欲望の亡者
私の生活とは縁もゆかりもない世界だから言うけど、恐ろしい世界である。 結果的に人が死のうが、傷つこうがお構いなし。 マネーゲームがもたらす修復不可能な深い溝が、そう簡単に埋められるとは到底思えないのだけど・・・・・ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・London
2011/03/25 19:12
ウォール・ストリート
前作「ウォール街」でメガホンを執った巨匠オリヴァー・ストーンとその 巧演でオスカー主演男優賞に輝いた名優マイケル・ダグラスが再びコンビを 組んだ23年ぶりの続編。 ある野望を秘めた若き銀行マンとその婚約者、そして復活を目論む元カリスマ 投資家それぞれの欲望… ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2011/03/26 01:07
帰ってきたゴードン・ゲッコー。『ウォール・ストリート』
※注・内容に触れています。『ウォール街』から約23年、オリヴァー・ストーン監督が21世紀のマネー・ゲームを描く『ウォール・ストリート』。元カリスマ投資家ゴードン・ゲッコーにマイケル・ダグラス。若きEト ...続きを見る
映画雑記・COLOR of CINEMA
2011/03/26 03:18
映画 「ウォール・ストリート」
映画 「ウォール・ストリート」 ...続きを見る
ようこそMr.G
2011/03/26 03:41
ウォール・ストリート
(C) 2010 TWENTIETH CENTURY FOX 英題: WALL STREET:MONEY NEVER SLEEPS 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年2月4日 ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2011/03/26 05:39
ウォール・ストリート
★★★  あの『ウォール街』から23年、時の経つのは早いものだが、マイケル・ダグラスも年を取ってしまったな・・・。本作はまさに前作『ウォール街』の続編であり、前作で逮捕されたゴードン・ゲッコーが、8年間の刑期を終えて淋しく出所するところから始まる。  まさ ...続きを見る
ケントのたそがれ劇場
2011/03/26 09:37
ウォール・ストリート/マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ
人気絶頂にあったチャーリー・シーンとマイケル・ダグラスが主演した旧作『ウォール街』からもう23年もの月日が経つんですねェ、なんかしみじみしちゃいますね(笑)。旧作『ウォール ... ...続きを見る
カノンな日々
2011/03/26 09:40
【映画】ウォール・ストリート
<ウォール・ストリート を観て来ました> ...続きを見る
★紅茶屋ロンド★
2011/03/26 11:39
進化のためのバブル〜『ウォール・ストリート』
 WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/03/26 13:09
ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps
もう、いくつ溜まってるんだろう、これも公開日に観たんだけど^^; ...続きを見る
いい加減社長の日記
2011/03/26 13:23
『ウォール・ストリート』('11初鑑賞16・劇場)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 2月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:10の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2011/03/26 17:39
【ウォール・ストリート】
監督:オリヴァー・ストーン 出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン ...続きを見る
日々のつぶやき
2011/03/26 18:51
ソーシャル・ネットワーク (試写会)
天才の考える事は凡人にはわかりませーん 公式サイト http://www.socialnetwork-movie.jp1月15日公開原作: 「facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」 ...続きを見る
風に吹かれて
2011/03/26 19:33
ウォール・ストリート
《バブルが人類の進化を促す》? 素晴らしく挑発的で刺激的な台詞である。 しかしだよ、あれほど世界を震え上がらせた世界同時暴落を題材にしながら、 作品にはほとんど緊張感がないのである。 欲望と葛藤と落胆をもう少しえぐるような切れ味を期待したのに。 《腑抜けたホームドラマ》のような軽さだった。 ...続きを見る
Art-Millー2
2011/03/26 22:57
ウォールストリート
2011年2月27日(日) 15:45〜 ユナイテッド・シネマ豊洲9 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『ウォールストリート』公式サイト バブル前夜期の「ウォール街」の続編。「ウォール街」は観ていない。本作前にレンタルしようと思ったが、3本ともレンタル中。 まあ、前作を観ていなくても対応できる内容だ。25年ほどたっているのだから、話に繋がりがあるほうが変というものだ。ただ、前作の主役級、奇行で知られるチャーリー・シーンが、ゲスト出演している。本... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2011/03/26 23:22
ウォール・ストリート
欲望の果てに ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2011/03/27 01:02
ウォール・ストリート
&amp;nbsp; 2001年、8年の服役を終えたゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)。カリスマ投資家の面影は消え、すっかり過去の人と成り果てていた。2008年、勤め先が経営破たんに追い込まれた電子取引トレーダー、ジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)は恋人ウィニー(キャリー・マリガン)の父親であるゲッコーに近づき、ある提案を持ちかける。『ウォール街』から約23年、オリヴァー・ストーン監督が21世紀のマネー・ゲームを描く人間ドラマ。かたや家族のために、一方は復讐(ふくしゅう)のために、... ...続きを見る
voy's room
2011/03/27 08:42
ウォール・ストリート
《ウォール・ストリート》 2010年 アメリカ映画 − 原題 − WALL ST ...続きを見る
Diarydiary!
2011/03/27 18:53
ウォール・ストリート
2001年、ウォール街のカリスマ投資家ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)は、8年の服役を終え出所した。 2008年、ニューヨーク。 投資銀行に勤めるジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)は、... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2011/03/27 19:17
ウォール・ストリート
非情なマネーゲームの行方を描いた「ウォール街」の続編。監督は同じく『プラトーン』『7月4日に生まれて』で2度のアカデミー賞に輝くオリバー・ストーンが担当。「ザ・センチネル ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2011/03/28 12:40
ウォール・ストリート<ネタバレあり>
欲望まで、愛せるか。・・・って 愛せねーよっ ゲッコーはぁぁなんなんだっ この親父はーっ 最低じゃねーかーっ (つい、言葉がきちゃなく・・・)実の娘 だまくらかして お... ...続きを見る
HAPPYMANIA
2011/03/29 06:30
ウォール・ストリート
『ウォール街』から約23年、 リーマンショックがあったから かもしれませんが、 何故、いまさらの続編なのか よくわからなかったです。 俳優人はそれなりに豪華でしたが なんかパンチは感じられませんでした。 ...続きを見る
ルナのシネマ缶
2011/03/30 03:41
★ 『ウォール・ストリート』
2010年。アメリカ。&quot;WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS&quot;. ...続きを見る
映画の感想文日記
2011/04/02 07:51
「ウォール・ストリート」に何故がっかりし...
正直言ってがっかりの内容だった。せっかく100年に一度の金融危機という舞台を得たゲッコーがそれを十二分に生かして大博打を打つという話かと思いきや、あるいは、もしかしたら... ...続きを見る
再出発日記
2011/04/03 22:00
ウォール・ストリート
欲望は、罪なのか。 ...続きを見る
『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』...
2011/04/04 22:39
ウォール・ストリート
ウォール・ストリート'10:米◆原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS◆監督:オリヴァー・ストーン「プラトーン」「ウォール街」◆出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブ ... ...続きを見る
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2011/04/06 22:07
ウォール・ストリート
WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS/10年/米/133分/ドラマ/劇場公開 監督:オリヴァー・ストーン キャラクター創造:オリヴァー・ストーン ...続きを見る
銀幕大帝α
2011/10/12 01:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつ頃みた作品か思い出せないくらい、いろんなことが有り過ぎます。こんな時こそ、自分の足元をてらせといいます。日常をしっかり生きることという意味でしょう。そういえば3.11以後、映画を見てない事に気づきました。京都の映画館はいつもどおり営業なんですが。この映画とは関係のないコメントですみません。よーし、近いうちに映画を観るぞー。
cochi
URL
2011/03/26 22:55
cochiさん、コメントありがとうございます。
直接の被害を受けていない人もメンタル面でストレスがたまったりして、映画などで楽しむ気分でないという人も多いですね。災害後4本映画を見ましたが、そのうち2本は映画館で映画を鑑賞中にも余震を感じたりと、映画を100%楽しむ感じではありませんでした。
cochiさんも、映画などで気分転換しないとストレスに押しつぶされちゃいますよ。東京は計画停電などで、買い物に行ってもお店がやっていない場合があったりと、まだまだ経済活動を支えられるほど復旧していません。京都や大阪などが日本を引っ張っていってください。
よしな
2011/03/27 09:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:ウォール・ストリート よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる