映画:ザ・ファイター



 ボクシングには全く興味がないので、スルーしようかと思っていたのですが、評判がいいので見に行く事に。と言うわけで今回の記事はザ・ファイターです。



●ストーリー(ネタバレあり)
 マサチューセッツ州の労働者の街ローウェルにディッキー・エクランド(クリスチャン・ベール)というボクサーがいた。かつては実力派ボクサーとして活躍していたが、現在は異父弟・ミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ)のトレーナーに専念していた。ディッキーはユーモアとカリスマ性に優れた男だが、傲慢で、数年前に手を出した麻薬にすっかり溺れており、弟のトレーニングに遅れて来る事もしょっちゅうだ。
 一方ミッキーは兄とは異なり地道な性格。母親でマネージャーのアリス(メリッサ・レオ)の言うままに試合をしているが、あきらかに不利なカードで一勝も出来ず不遇の日々を送っていた。
 そんなある日、バーで憂さ晴らしをしているミッキーはそのバーで働くシャリーンを見かける。声をかけたくてもかけられない内気なミッキーだが、彼女が酔っぱらいに絡まれ、それを助けて声をかける。ミッキーはシャリーンに良い所を見せたいが、今回の相手は急病で急遽別の対戦相手に変更となる。勝てるはずだったカードだが、今回の試合もボロ負け。週末はシャリーンとデートの予定だったが、彼女に電話も出来ないでいた。そんな時、シャリーンの方からミッキーの部屋を訪ねてきた。そんなこんなで二人はつきあう事に。
 一方、ディッキーは弟のトレーニングのために金が必要と、恐喝を始める。それが警察にバレ、すでに逮捕歴のある事などから実刑判決となり、監獄へと送られてしまう。ミッキーの父親は息子の将来を案じて別のトレーナーに話をつける。しかしマネージャーである母親はそれに激怒する。また新トレーナーとの契約条件には兄との決別も含まれていた。
 ミッキーは新しいトレーナーの元で訓練を続ける。そして対戦カードも功を奏してミッキーは連勝を重ねる。しかしその裏ではミッキーは兄に電話をしていた。兄のアドバイスを最初は聞かないミッキーだが、一方的にやられていたミッキーは兄のアドバイスに従う事で勝てていたのだった。
 一方、かつてのカリスマボクサーディッキーのテレビ番組が放送される。しかしそれは麻薬に手を出したカリスマボクサーの転落を描いたもので、ディッキーの別れた妻と実の息子もその番組を見ていた。ミッキーや家族もその番組を見て涙する。獄中でテレビを見ていたディッキーもその番組に怒りを隠せない。

 とうとうミッキーは世界タイトルマッチの切符を手に入れた。ちょうどその頃ディッキーも出所。早速ディッキーはミッキーのトレーニングに参加しようとするが、契約条件にもあり、ミッキーはもう兄とは一緒に組めないという。弟と一緒に世界を目指そうとしていたディッキーは、麻薬をやめる事も決心していたが、かつての悪友達の巣窟へと戻る。しかしディッキーは昔の仲間からの誘いを断る。ミッキーがディッキーを受け入れなかったのはシャリーンの差し金だと考えた母親や家族達はシャリーンを罵る。激しく言い争う双方。
 しかし一番苦しんでいたのはミッキーだった。新しいトレーナーの訓練もすばらしいが、兄の的確なアドバイスが無ければ勝てなかった。家族、シャリーン、そしてなによりボクシングへの思いが募れば募るほど、ディッキーに戻ってきて欲しいと言う気持ちが強くなる。悩んだ末、ミッキーは兄に戻ってきて欲しいと本心を語る。怒る新トレーナーやオーナーだが、ミッキーは兄・ディッキーと再び二人三脚で世界に向けて歩み始める。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 確かにボクシング映画と言うよりは家族のつながりを描いた作品でしたね。ただ、やっぱりアメリカ映画での家族のつながりは、日本ですべて受け入れられるものではないので正直感動しなかったなぁ。やっぱり(少なくとも僕の周り)では、麻薬は一般的でないし麻薬に溺れると言われてもピンと来ない。ディッキーの苦悩もイマイチ伝わってこないんですよね~。
 アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞をはじめ多くの賞をもらっているこの作品ですが、前者の2つの賞はクリスチャン・ベールの助演男優賞とメリッサ・レオの助演女優賞。それは大いに納得。特にディッキーを演じたクリスチャン・ベールは髪を抜いたり、減量したり、歯並びを変えたりと、文字通り体当たりの役作り。麻薬に溺れている頃と出所した頃の麻薬が抜けた所と、見た目も雰囲気もがらっと変わっていて、すげぇ~!と思います。ただ、助演なのに光りすぎて、ミッキーに光があまり当たっていない。地味なミッキーだからそう演出しているのかも知れないけれど、なんかちょっと物足りない感じも。
 残念ながら僕にはあわない作品でした。。。





観て良かった度:●●○○○ 2点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2011年05月04日 13:23
よしなさん、初めまして。
TBありがとうございました☆

私は単純なもんで結構楽しめました~
確かにCベールがすごすぎてミッキーの影はうすくなっちゃてましたが、、
どうぞよろしくお願いします^^
2011年05月05日 11:13
tomocoさん、コメントありがとうございます。
> 私は単純なもんで結構楽しめました~
いえいえ、tomocoさんの記事には感動したポイントとか楽しかったポイントとか、綴られていて、なんかもう一度見直したくなりました。これからもよろしくです。
2011年05月10日 21:55
はじめまして♪
先日はTBいただき、ありがとうございました。

確かにこの映画自体も楽しめたのですが、
実はアカデミー賞の時のクリスチャン・ベイルの
【あついキャラクター】の方が私には楽しめました(笑)
今まで彼のイメージを「クール」だと勝手に思い込んでいたので
喋りまくるベイルを見てビックリしてしまいました^^;
こうなってくると、どちらが主役と見るのか
ちょっと微妙な感じもしてしまいました(笑)


2011年05月10日 23:58
マクビールさん、コメントありがとうございます。
> 今まで彼のイメージを「クール」だと勝手に思い込んで
> いたので
バットマンの影響ですかねぇ。確かに今までのイメージと違いましたよね。来年アメリカ公開予定のバットマンも楽しみ~♪

この記事へのトラックバック

  • 「ザ・ファイター」 愛情からの自己投影、または自己投影からの愛情

    Excerpt: 本作はボクシングを題材にした作品ですが、「ロッキー」のようなサクセスストーリーで Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-05-01 19:37
  • ザ・ファイター

    Excerpt: 実在したアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの半生を描いたスポーツ伝記ドラマだ。主演に『ディパーテッド』のマーク・ウォールバーグ。共演のクリスチャン・ベイルとメリッサ・レオは今年のアカデミー賞助.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-05-02 00:06
  • ★ 『ザ・ファイター』

    Excerpt: 2010年。アメリカ。"THE FIGHTER".   デヴィッド・O・ラッセル監督。マーク・ウォールバーグ製作・.. Weblog: 映画の感想文日記 racked: 2011-05-02 07:37
  • ザ・ファイター

    Excerpt: 3月26日(土)@丸の内ピカデリー1。 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2011-05-02 16:31
  • 『ザ・ファイター』は俺たちがヒーローだよ。

    Excerpt:  今回は世のボンクラ男子に圧倒的支持を得ているのではないかと勝手に推測している『ザ・ファイター』の感想です。  観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。  アカデミー賞にノミネ.. Weblog: かろうじてインターネット racked: 2011-05-02 16:31
  • 「ザ・ファイター」:こんな家族は嫌だ

    Excerpt: 映画『ザ・ファイター』は、アメリカ映画らしさをたっぷりしたたらせた上出来のボクシ Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2011-05-03 00:34
  • ザ・ファイター

    Excerpt: 公式サイトボクシング映画にハズレなしというが、本作でもまたそのことが証明された。ボクシングというストイックなスポーツの魅力と、労働者階級出身のボクサーが抱える問題だら ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2011-05-03 09:11
  • ザ・ファイター・・・・・評価額1600円

    Excerpt: ボクシングの元スーパーライト級の名選手、ミッキー・ウォードと兄のディッキー・エクルンドの半生を描く、実話ベースの人間ドラマ。 複雑に入り組んだ家族の葛藤を、マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・.... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2011-05-03 10:42
  • 『ザ・ファイター』

    Excerpt: ボクシングもチームプレイ。ボクサー、セコンド、恋人、家族それぞれが自分の役割を果たした時、全員がファイターとなる。 第83回アカデミー賞でクリスチャン・ベイルとメリッサ・ ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-05-03 12:56
  • ザ・ファイター

    Excerpt: マーク・ウォルバーグ自ら製作と主演をして本格的なトレーニングをしているし、クリスチャン・ベイルにいたっては元ボクサーと薬物中毒という役になりきっている。試合のシーンはボクシング中継を見ているようだし、.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-05-03 13:38
  • ザ・ファイター

    Excerpt: 低所得の労働者階級が暮らすマサチューセッツ州、ローウェル。 兄ディッキー(クリスチャン・ベイル)は、天才ボクサーとしてスポットライトを浴びたものの、ドラッグで身を崩し、かつての栄光にしがみつ... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2011-05-03 22:43
  • ザ・ファイター/マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル

    Excerpt: アカデミー賞でも注目の作品となり結果クリスチャン・ベイルが助演男優賞、メリッサ・レオが助演女優賞を受賞しましたね。実は全くノーマークと言いますかそんなスゴイ作品だった ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-05-03 23:12
  • ザ・ファイター

    Excerpt: 2011年4月1日(金) 18:30~ 丸の内ピカデリー1 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:700円(買っていない) 『ザ・ファイター』公式サイト ロッキーみたいにホワイト・ト.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-05-04 00:09
  • 「ザ・ファイター」

    Excerpt:  2010年/アメリカ  監督/デヴィッド・O・ラッセル  出演/マーク・ウォールバーグ     クリスチャン・ベール  実話を基にした物語。実在したボクサー、ミッキー・ウォードとその兄デ.. Weblog: It's a wonderful cinema racked: 2011-05-04 02:14
  • 『ザ・ファイター』

    Excerpt:    ここ最近で一番観たかったのがこれ。 上のポスターにもあるように、作品賞こそ逃したものの、 ゴールデングローブ賞に続きアカデミー賞でも助演男優、女優賞共に受賞  あんまり前情報には.. Weblog: まいふぇいばりっと ゆる日記 racked: 2011-05-04 13:21
  • ザ・ファイター

    Excerpt: 勝つために 公式サイト http://thefighter.gaga.ne.jp実話の映画化監督: デヴィッド・O・ラッセル  「スリー・キングス」マサチューセッツ州ローウェルに住むプロボクサーのミッ.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2011-05-04 16:11
  • 【映画】ザ・ファイター

    Excerpt: <ザ・ファイター を観て来ました> 原題:The Fighter 製作:2011年アメリカ ヤプログさんの試写会に当選していたんだけど、3月11日の地震の影響で中止になってしまいました。 見.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2011-05-04 17:47
  • ■映画『ザ・ファイター』

    Excerpt: 相変わらずのカメレオンぶりのクリスチャン・ベールの怪演と、メリッサ・レオのモンスター・マザーな演技でアカデミー賞助演男優&女優賞獲得の本命とも言われている映画『ザ・ファイター』。 ちなみに、アカデミ.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-05-05 01:43
  • 「ザ・ファイター」感想

    Excerpt: 過去の栄光にすがるヤク中の兄を演じるクリスチャン・ベールが凄い。 Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫 racked: 2011-05-05 13:22
  • このクリスチャン・ベイルを観よ!!~『ザ・ファイター』

    Excerpt:  THE FIGHTER  1993年、マサチューセッツ州ローウェル。父親の違う兄弟、ディッキー・エ クランド(クリスチャン・ベイル)とミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ).. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-05-05 18:25
  • ザ・ファイター

    Excerpt: ★★★★  貧しい家庭に育った兄弟がボクシングに挑戦して、世界チャンピオンにまで昇り詰めるという、よくあるアメリカンドリーム物話だが、これは実話であり現在も伝説の兄弟は健在だという。 兄ディッキーは才.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2011-05-05 18:40
  • ザ・ファイター

    Excerpt: ローウェルの誇り。ヘッド&ボディ。一発逆転。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2011-05-05 18:49
  • 映画『ザ・ファイター』を観て。。。管理人「ぴあ」に4度目の登場!

    Excerpt: 11-26.ザ・ファイター■原題:The Fighter■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:116分■字幕:林完治■鑑賞日:3月26日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円スタッフ・キ.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2011-05-08 09:59
  • ザ・ファイター

    Excerpt: 「ザ・ファイター」監督:デヴィッド・O・ラッセル声の出演:マーク・ウォールバーグ(『ラブリーボーン』『ハプニング』)クリスチャン・ベイル(『ターミネーター4』『ダークナ ... Weblog: マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) racked: 2011-05-10 09:16
  • 『ザ・ファイター』 (2010/アメリカ)

    Excerpt:    ●原題:THE FIGHTER ●監督:デヴィッド・O・ラッセル ●出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ、ジャック・マクギー 他 ●マサ.. Weblog: ★Go!Go! Cinema★私の映画日記 racked: 2011-05-10 21:49
  • 『ザ・ファイター』お薦め映画

    Excerpt: 家族と別れて成功したとして、果たして彼は幸せになれるだろうか? 勝利の瞬間、そこに喜びを分かち合う家族はいないのだ。家族を選ぶか、成功を選ぶか、それとも両方を手にするか? 兄弟愛に泣く、お薦め作品だ。.. Weblog: 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ racked: 2011-05-10 23:52
  • ザ・ファイター

    Excerpt: マサチューセッツの寂れた街、ローウェル。ボクサーとして地道に活躍しているミッキーには仲の良い兄ディッキーがいる。しかし彼は、過去の脚光にこだわってばかりで今は自堕落な生活を送っていた。 Weblog: rambling rose racked: 2011-05-14 15:19
  • ザ・ファイター

    Excerpt: ザ・ファイター(原題:THE FIGHTER) 355本目 2011-15 上映時間 1時間56分 監督 デヴィッド・O・ラッセル 出演 マーク・ウォールバーグ(ミッキー・ウォード) 、 クリス.. Weblog: メルブロ racked: 2011-05-15 18:25
  • 「ザ・ファイター」感想

    Excerpt:  「スリー・キングス」のデヴィット・O・ラッセル監督最新作。実在のプロボクサーミッキー・ウォードと、その兄ディッキー・エルクンドの半生を、マーク・ウォールバーグ主演で映画化。  実話がベース.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2011-05-19 18:54
  • ザ・ファイター

    Excerpt: ザ・ファイター'10:米◆原題:THE FIGHTER◆監督:デヴィッド・O・ラッセル「ハッカビーズ」「スリー・キングス」◆出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダム .... Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2011-07-26 16:10
  • ザ・ファイター

    Excerpt: THE FIGHTER/10年/米/116分/伝記スポーツ・ドラマ/PG12/劇場公開 監督:デヴィッド・O・ラッセル 製作:マーク・ウォールバーグ 製作総指揮:ダーレン・アロノフスキー 出演:マー.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-10-04 03:00
  • ザ・ファイター (The Fighter)

    Excerpt: 監督 デヴィッド・O・ラッセル 主演 マーク・ウォールバーグ 2010年 アメリカ映画 116分 ドラマ 採点★★★★ よその家族って、とっても奇異な感じに映る事ってありますよねぇ。たまに遊びに行っ.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-12-02 19:36