映画:孫文の義士団



 どんな映画か全然知らなかったんですが、ツイッターで評判がいいので観に行くことに。と言うわけで今回の記事は孫文の義士団です。



●ストーリー(ネタバレあり)
 1906年イギリス領香港。民主主義を目指した革命が行われようとしていた。革命を支持する大物実業家・ユータン(ワン・シュエチー)は新聞社社長で中国同盟会の香港支部長・シャオバイ(レオン・カーフェイ)に資金援助の要請を受けるが、これ以上の援助には結果を伴わなければ出せないという。するとシャオバイは、一時日本に逃れていた孫文が中国に戻ってくることになっていることを告げる。腐敗した清朝打倒を掲げる革命家である孫文の目的は、武装蜂起のための同志との密談だ。各支部が単独で活動しても効果がないため、孫文は中国全土の支部が戦略的に活動することで清朝を倒すことができると考え、戦略をまとめに来るというのだ。それを聞いたユータンは出資を決める。
 一方、ユータンの長男であるリー・チョングアン(ワン・ボーチェ)も父親同様に革命を目指していた。しかし革命には命の危険があるため、チョングアンが革命活動に参加することをユータンは反対していた。
 ユータンの妻・ユエル(ファン・ビンビン)の元夫・チョンヤン(ドニー・イェン)は賭け事が大好きで、それが原因で落ちぶれた今は暗殺集団首領のシャオグオ(フー・ジュン)のスパイをしていた。シャオグオは西太后の指令により革命を企む者を次々と暗殺していった。次のターゲットは元将軍のファン・ティアン(サイモン・ヤム)だった。ファンは一人娘であるファン・ホン(クリス・リー)を逃すことに成功するが、ティアンや仲間たちは全員殺されてしまい、シャオバイも捕らえられてしまう。一人残されたホンは復讐を誓う。
 行方不明となったシャオバイに変わってユータンは孫文を守る義士団を結成させることにする。少林寺で学んだ大男(メンケ・バータル)、路上生活者のリウ(レオン・ライ)、自ら義士団に入ることを決めたユータンの車夫・アスー(ニコラス・ツェー)たち。
 アスーは愛する人がいた。写真屋の娘・アーチュン(チョウ・ユン)だ。ユータンは結納金を払ってアスーと婚約させる。
 脱走に成功したシャオバイが戻ってくるが、彼は孫文の影武者を仕立てることを提案する。影武者はくじ引きで選ばれることになったが、選ばれたのはなんとチョングアンだった。しかし一度決まったことは覆せない。チョングアンが影武者をやることになる。
 一方、ユエルは元夫のチョンヤンに、自分の娘のためにユータンを守って欲しいと言う。元妻が今の夫の身を守って欲しいと言うのだ。最初は断るチョンヤンだが、娘のために引き受けることにする。
 そして孫文が中国に戻ってくる日、彼の護衛のための義士団と影武者のチョングアン。チョングアンが孫文であると暗殺集団に信じ込ませ、彼らが長く生きればそれだけ密会が成功する可能性が高まる。1時間。チョングアンを守ればよいのだ。
 いよいよだ。見事一行は影武者のチョングアンを孫文だと暗殺集団に信じ込ませることに成功する。しかし暗殺集団は500人もいる。一方こちらは100人にも満たない。アスーはチョングアンを人力車に乗せ、暗殺集団から逃げるため精一杯走る。一人ひとり暗殺集団をやっつける義士団だが、数には勝てない。一人ひとり、やられていく。追い詰められる義士団は、本物の孫文のために1分でも稼ごうと翻弄するのだった。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 前半は様々な交渉や駆け引きが行われ、そのやり取りがおもしろく、後半はがらりと雰囲気が変わり、義士団が暗殺集団から逃げるそのアクションが楽しめる。後半と前半で全く感じが違うんですよね。なのでホント飽きさせない作り。
 あの大男すげ~!2階までジャンプして市場で売っていた瓜で敵の頭をぶん殴る。飛び散る瓜!その映像がすごく迫力なんだけど、よく考えたら別に売りとらなくても素手でいいじゃん(汗)。いや、演出がすごいんですよ。かっこいいし、迫力もあるし。
 ファン・ホンもすごい!スピード感あるアクション。爆発で自分が死ぬのがわかってながら敵を全滅に追い込む、文字通り決死の戦い。
 そして物乞いだったリウ。メッチャ強い!そしてやられてもやられてもあきらめない姿。もう、これが男や!
 殺されるのがわかっていながら自分は人力車に乗っているしかないチョングアン。そして彼を守るために、そいつは影武者であると訴えるシャオバイ。演出過剰なんだけど興奮してしまいます。今ならネットで暗号化してやり取りできるんでしょうけど、当時は会って話し合うしかなかったんですね。
 ただ孫文の偉大さが伝わって来ず、多くの命を犠牲にする価値があるのかが伝わって来なかったため、正直犬死に感が否めなかったのが残念だった。




観て良かった度:●●●●○ 4点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年05月18日 23:55
ドニー・イェンが傍迷惑にも人の頭の上を飛び回るアクションもたまらない。姉ちゃんもみんな綺麗だった。
2011年05月20日 00:30
ふじき78さん、こんばんは。
ふじき78さん、メッチャお気に入りみたいですね。前半は交渉術がメインで、後半は手に汗握るアクションがすばらしい作品でしたね。

この記事へのトラックバック

  • 孫文の義士団

    Excerpt: 辛亥革命前の香港を孫文が訪れる。しかし清の西太后は彼の暗殺を命令するのだった。暗殺団500人を相手に名もなき8名の義士が立ち向かう姿を描いた歴史アクションが本作だ。出演はドニー・イェン、レオン・ライ、.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-05-13 03:04
  • 孫文の義士団

    Excerpt: ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェーはじめアジアを代表する 豪華スターの競演で贈るサスペンス・アクション。 辛亥革命前夜の香港を舞台に、王朝打倒を掲げる革命家“孫文”を守るため、 西太后.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-05-16 00:21
  • 『孫文の義士団』 孫文は日比谷でカレーを食べる?

    Excerpt:  日比谷公園の中には、数軒のレストランが樹木の陰に隠れるように建っている。それぞれ木々や池に馴染んでおり、風情のある趣きである。  そのひとつ松本楼は、100年以上にわたってこの地にあり、2008年.. Weblog: 映画のブログ racked: 2011-05-18 02:19
  • 100,000年後の安全/孫文の義士団

    Excerpt: 5月4日(水)@ヒューマントラストシネマ有楽町二本立て上映会。 とは言っても、意図せざる緊急避難的二本立て。 シネカノンがヒューマントラストシネマに変わってからは、この映画館で映画を観るのは初めて.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2011-05-18 05:34
  • 孫文の義士団

    Excerpt: 公式サイト辛亥革命前夜の香港を舞台にした歴史娯楽映画は、孫文を暗殺団から守るために命をかけた人々の活躍を描くフィクションで、武侠アクションとして楽しめる。1906年の中国。 ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2011-05-18 08:50
  • 孫文の義士団/ドニー・イェン、レオン・ライ

    Excerpt: 華流スターたちの豪華競演ッ。このキャスティングならとりあえず絶対観るに決まってるでしょうにね(笑)。こんな豪華メンバーなのに単館なのが気になりますが、ワタシ的には贅沢感 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-05-18 09:50
  • 『孫文の義士団』('11初鑑賞59・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月29日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター3にて 15:20の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-05-18 20:17
  • 孫文の義士団・・・・・評価額1800円

    Excerpt: 辛亥革命の指導者・孫文の暗殺を狙う刺客軍団と、彼を守る名も無き義士団の戦いを描いた、重量級の歴史アクション大作。 監督はジャッキー・チェン主演の「アクシデンタル・スパイ」で知られるテディ・チャン。 .. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2011-05-18 21:09
  • 【映画】孫文の義士団

    Excerpt: <孫文の義士団 を観て来ました> 原題:十月圍城 製作:2009年中国・香港合作 前にミニシアターで予告を観ました。 正直、孫文…歴史もの…ちょっと苦手だな~って思ったけど、予告編で繰り広げ.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2011-05-18 23:08
  • 『孫文の義士団』は日常的な大事件だよ。

    Excerpt:  たまには更新するよ。  更新しないで申し訳ありません。本日は『孫文の義士団』の感想でございます。  観に行った映画館はシネマスクエアとうきゅう。客層は年配の方が多め。この映画館は作品に限.. Weblog: かろうじてインターネット racked: 2011-05-18 23:47
  • 『孫文の義士団』をシネマスクエアとうきゅうで観て狂喜ふじき☆☆☆☆☆

    Excerpt: 五つ星評価で【☆☆☆☆☆娯楽は全てを凌駕する】 こんなん面白くない言う奴は馬鹿扱いじゃ。 そんな風に思えるくらいの大傑作。 ドニー・イェンは『イップ・マン』でも気を吐 ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2011-05-18 23:54
  • 孫文の義士団

    Excerpt: 2011年4月16日(土) 18:55~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Clib-C会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『孫文の義士団』公式サイト 辛亥革命前.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-05-19 01:25
  • 辛亥革命前夜~『孫文の義士団』

    Excerpt:  十月圍城  BODYGUARDS AND ASSASSINS  20世紀初頭、清朝末期。大英帝国の統治下にある香港では、中国の未来を 憂える人々が革命を切望していた。そ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-05-20 09:09
  • 孫文の義士団

    Excerpt: 4/16に観賞。記事はこちら。 Weblog: がらくた新館 racked: 2011-05-23 23:32
  • 「孫文の義士団」 いわば中国の幕末もの

    Excerpt: 辛亥革命の指導者となる孫文。 彼が香港を訪れることを知った清朝は暗殺者を送り込む Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-05-28 09:51
  • 孫文の義士団

    Excerpt: その1時間。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2011-05-31 00:14
  • 孫文の義士団

    Excerpt: 孫文の義士団(原題: 十月圍城/BODYGUARDS AND ASSASSINS)  357本目 2011-17 上映時間 2時間18分 監督 テディ・チャン 出演 ドニー・イェン(シェン・チャ.. Weblog: メルブロ racked: 2011-06-05 00:29
  • 孫文の義士団

    Excerpt: ★ネタバレ注意★  テディ・チャン監督の、中国と香港の合作映画。言語は北京語です。  とにかく、キャストが豪華であります。ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、.. Weblog: キノ2 racked: 2011-06-05 18:33
  • 「孫文の義士団」感想

    Excerpt:  20世紀初頭、後に清朝を打倒し、共和制国家を樹立させる「辛亥革命」の先導者となる革命家・孫文を暗殺から護るべく、命がけで戦った名もなき義士達の姿を描く大河アクションストーリー。  シンプル.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2011-06-22 18:41
  • 孫文の義士団

    Excerpt: 清朝末期の中国。腐敗した清朝に反旗を翻す革命家・孫文が香港を訪れるという情報が流れ、清朝は暗殺団を差し向ける。一方、革命を目指す同志達は、孫文を守るためにつわもの達を ... Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2011-06-23 08:57
  • 映画「孫文の義士団」歴史的事実には疎いがアクションには熱くなれる!

    Excerpt: 「孫文の義士団 」★★★★★ ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、 ファン・ビンビン、ワン・シュエチー、 レオン・カーフェイ、フー・ジュン、エリック・ツァン、 リー・ユーチュン、サイモン・.. Weblog: soramove racked: 2011-07-01 20:55
  • 孫文の義士団

    Excerpt: 1時間、その男を守りぬく 孫文暗殺を阻止すべく選ばれた名もなき8人。敵は、500人の暗殺団。 .. Weblog: 『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba racked: 2011-07-05 00:12
  • 「孫文の義士団」滅びの美学

    Excerpt: 北方謙三の「水滸伝」という小説がある。この小説の最大の特徴はその「滅びの美学」にあった。梁山泊に集まった100人以上の英雄たちが、様々な出自を持った漢(おとこ)たちが、たった一つの目的のために.. Weblog: くまさんの再出発日記 racked: 2011-09-18 14:21
  • 孫文の義士団 -ボディガード&アサシンズ-

    Excerpt: 十月圍城 BODYGUARDS AND ASSASSINS/10年/中国・香港/138分/歴史アクション/R15+/劇場公開 監督:テディ・チャン 出演:ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-11-03 01:56
  • 孫文の義士団 -ボディガード&アサシンズ

    Excerpt: レッドクリフpart2を抜いた興行成績だったとかなんとか聞いてます。ドニー・イェン、ニコラス・ツェー、レオン・ライ、ワン・シュエチー、レオン・カーフェイ、ファン・ビンビンさん。「三国志」の趙雲.. Weblog: いやいやえん racked: 2011-11-06 09:48
  • 孫文の義士団☆1時間、その男を守りぬく

    Excerpt: 映画史上、最も過酷な1時間 Weblog: ☆お気楽♪電影生活☆ racked: 2011-11-30 20:36
  • 孫文の義士団 (十月圍城)

    Excerpt: 監督 テディ・チャン 主演 ドニー・イェン 2009年 中国/香港映画 139分 アクション 採点★★ 冷戦の緊張の高まりと宇宙開発競争の激化が、人々の恐怖の対象を“空から来る何か”に向けさせ、それ.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-12-23 16:22
  • 孫文の義士団(DVD)

    Excerpt: 辛亥革命前夜の香港を舞台に、未来を変えるために立ちあがった名もなき義士たちの壮絶な戦いを描く歴史アクション。監督は「アクシデンタル・スパイ」のテディ・チャン。出演は「 ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2012-01-13 21:31
  • 孫文の義士団

    Excerpt: 孫文の義士団 / 十月囲城 2009年 香港 中国 合作映画  監督:テディ・チャン アクション監督:トン・ワイ 製作:ピーター・チャン 撮影:アーサー・ウォン .. Weblog: RISING STEEL racked: 2012-04-05 20:19