映画:八日目の蝉



 久々の映画記事。見たけど記事にしていない作品が溜まってきた。今週末はブログに専念したい。と言うわけでその1弾は八日目の蝉です。



●ストーリー(ネタバレあり)
 1995年10月東京地裁。秋山丈博(田中哲司)、恵津子(森口瑤子)夫婦の間に生まれた生後6カ月の恵理菜を誘拐、4年間逃亡した野々宮希和子(永作博美)への論告求刑が告げられた後、希和子は静かにこう述べた。「四年間、子育ての喜びを味わわせてもらったことを感謝します」と……。「感謝だけ?謝罪はないのか?」と罵声を浴びるが、静かに頭を下げる希和子。
 希和子は会社の上司で妻帯者である丈博を愛し、彼の子どもを身ごもるが、産むことは叶えられなかった。そんな時、丈博から妻の恵津子に子どもができたことを知らされた希和子は、その幸せな丈博の家族を一目見たくなる。大雨のその日、希和子の目に飛び込んだのは丈博と恵津子が車で出かける姿だった。希和子が窓から中を覗くと2人の子供・恵理菜ちゃんがいた。しかも窓は開いている。出来心で希和子はその赤ん坊を抱きかかえ、家を飛び出す。
 希和子はその子に薫と名付け、育てることを決意する。友人に子育てのことを教えてもらい、育児書を買い。。。しかしニュースでは赤ちゃんが誘拐されたこと、その容疑者が希和子であることを報じていた。希和子は髪を短くし、ニュース、新聞、手配書のポスターに怯えながら各地点々としながらその子を育てることにする。

 21歳になった秋山恵理菜(井上真央)は家を飛び出し、アルバイトをして学費や生活費を稼ぎながら大学に通う女子大生となっていた。彼女は4歳になって実の母親と父親のもとに戻されたが、幼い彼女にとっては希和子が実の母であり、恵津子や丈博は知らない他人なのだ。親の目を盗んでは、知らない人に捕まっていると交番に逃げ込む恵理菜。「お星様の歌を歌って♪」と恵津子に言うと恵津子は「きらきら光る、夜空の星よ♪」と歌う。しかし幼い彼女は「それじゃない。」と無邪気に言う。しかしその言葉は恵津子を苦しめていた。「顔を見ると、あの女を思い出す。どうして私ばかりこんなつらい思いをしなければならないのか。」と苛立ちを隠せない。恵理菜は自分に責任があると思い、次第に恵津子の顔色を見て行動するようになってしまう。世間からはいわれのない中傷を受け、無神経な記事がかき立てられ、一家はすっかり疲弊してしまっていた。
 女子大生になっても彼女は希和子を憎むことで自分を押し殺し、誰にも心を開かないでいた。そんな彼女は岸田(劇団ひとり)とつきあっていた。岸田も妻帯者で、自分のことを根掘り葉掘り聞かないところが居心地が良かったのだ。
 そんな彼女の前に現れたのはフリーのルポライターという安藤千草(小池栄子)だ。妙になれなれしい彼女は、恵理菜に当時に新聞記事のスクラップを見せ、何か思い出したら教えて欲しいと言う。うざく思う恵理菜だが、なぜか千草を拒絶できないでいた。

 各地点々として暮らす希和子と幼い薫(渡邉このみ)。お金もつき、その日食べるものもままならない彼女は、悩みを抱える女性たちが自給自足をして暮らすエンジェルホームという宗教団体に入団し、そこで暮らすことにする。エステル(市川実和子)と呼ばれる女性と親しくなった希和子。薫もまたエステルの子と仲良くなっていた。
 宗教に違和感を感じながらも行き場所のない希和子はしばらくここで暮らすことにする。しかし妻を宗教にとられたと訴える男性が現れ、この場所も警察の家宅捜査が行われることになる。警察に見つかれば誘拐犯として捕まるばかりか、唯一の心のよりどころである薫も奪われてしまう。そう考えた希和子はこの宗教団体から逃げることにする。その時、エステルは自分の両親の住所を希和子に手渡していた。

 21歳の恵理菜は、岸田の子を身ごもっていることに気がつく。産みたい。そして育てたい。そう思った恵理菜は両親に報告しに行くが、恵津子はお金なら出すから中絶しなさいと言う。もしおろしたら自分も希和子のようになるかも知れないと彼女の決心は固かった。そして自分は希和子のようにならないと、岸田と別れることを決意する。千草に励まされた彼女は、今までの人生を確認するかのように、希和子との逃亡生活を振り返る旅に出る。

 宗教団体を出た希和子はエステルの両親が住む小豆島へと向かう。エステルの母親・沢田昌江(風吹ジュン)は暖かな女性で、希和子が行き場所のないことを悟った彼女は仕事と住む場所を提供することにする。夫・雄三(平田満)が経営するそうめん工場で働きながら薫を育て、幸せな毎日を過ごしていた。
 いつしか薫も4歳になっていた。友達は今年から小学生。薫もランドセル欲しい。と無邪気にはしゃぐ薫。
 そして中山千枚田では豊作を祈願する「虫送り」が行われていた。最初は火を怖がった薫も、希和子と一緒にたいまつを持って害虫を追い払う行列に参加する。「きれいだねぇ。」と喜ぶ2人だった。

 希和子との逃亡生活を振り返る旅に出た恵理菜は、エンジェルホームの跡地へとむかう。そこで千草から「見覚えはない?」と聞かれる。「私たち会ったことあるのよ。」そう千草もまたこのエンジェルホームにいたことがあったのだ。そうエステルの娘だったのだ。
 そして2人は姫路へと向かう。タクシーの運転手(徳井優)に「東京から来たのか?」と聞かれ会話をしながら姫路港へと向かい、そこから小豆島の福田港へと向かう。

 虫送りからしばらくして昌江から、新聞を見せられる。写真コンクールで入賞した作品に希和子と薫の姿が写っていたからだ。希和子は薫に「家族写真を撮ろう。」と写真館に向かう。泣きそうになるのを必至でこらえながら写る希和子。そして薫に動物園に行こうと身支度をさせ、この島を出ることにする。
 希和子と薫が福田港にやってくると、そこには警察が待ち構えていた。「ママ-!」と叫ぶ薫に警察は「もう大丈夫だよ。」と言い聞かせる。希和子は泣きながら警察に連行されていく。

 福田港にやって来た恵理菜は、見覚えのある風景、見たことのある港、懐かしい町並み。恵理菜は見覚えのある写真館にかけいる。そこの店主(田中泯)に、私、ここで写真を撮ったことがあるんですと、半ば叫ぶような声で話しかける恵理菜。店主の滝は恵理菜の目を見ると、1枚のネガを取り出す。写真はしばらく前に女性が取りに来たがネガは保存していたのだ。滝は恵理菜のために暗室へと入り、焼き増しをしてくれた。
 そこには泣きそうな顔をした希和子と、幼いころの恵理菜が写っていた。その写真を見た恵理菜は押さえられない感情がこみ上げてくる。この子に美しい世界を見せてあげたい。千草にもたれかかり、涙を流しながらそう決意する恵理菜だった。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 原作を知らないでの鑑賞なので、ストーリーもどうなるんだろうかと期待大です。宗教団体が出てきた時は、えっ?そっち方面に行くの?と心配になりました。正直、淡々と進むストーリーに半ば中だるみしましたが、どうまとめるのかドキドキ。ネットの評判ではラストは感動の渦だと言うことでした。ただ・・・。
 「八日目の蝉」とは、地上に出てきて7日で死んでしまう蝉。8日目に生きていたら、仲間もおらずかわいそうという恵理菜に、千草は誰も見たことない世界を見られる幸せな蝉だという。ラストは、この美しい世界を自分の子供にも見せたいと、希和子から注がれた愛情を自分の子にも注ぐことを決意するのですが、ジーン・ワルツの、大脳のない病気の赤ちゃん、産まれてもすぐに死んでしまう運命の赤ちゃんに「光を見せてあげたい。」と両親が言うシーンが重なってしまい、正直二番煎じの感じがしました。もちろん、言葉は似ているけれど意味合いは全然違うんですけどね。
 それでも目頭が熱くなったのは井上真央の熱演のおかげでしょうね。花より男子のころは、勢いだけの演技で好きじゃなかったんですが、確実にうまくなってるような気がします。
 小池栄子も過去にトラウマを抱え、ひとクセある役を見事に演じていましたね。なのに、なのに、なんで劇団ひとり?お笑いは好きじゃないんですが、唯一なぜか劇団ひとりだけは好きなんです。でもあの演技はないよなぁ~。ぶちこわしとまでは言いませんが、かなりマイナスポイント。芸人から俳優に転身して、見事に演技している人は数多くいますが、正直劇団ひとりは、演技には向いてないと思います。
 永作博美はすごいねぇ。演技はもちろんだけど、40歳とは思えない美しさ。

 ところで、最近見たディズニー映画・塔の上のラプンツェル。これも幼い娘が誘拐されてしまう映画でした。この感想で「そう簡単に受け入れられないだろ~。今まで『自分が娘です。』と偽物だって大勢現れただろうし。」と書いたのですが、やっぱり普通に考えれば、この映画のように再会してもすぐに家族には慣れないですよね~。ラプンツェルなんて18歳ですし。

 そうそう、NHKでドラマ版の再放送をやっていたので録画したんです。これも見なくちゃ。でも時間が・・・。




観て良かった度:●●●●○ 4点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ふじき78
2011年06月18日 16:08
> 誰も見たことない世界を見られる幸せな蝉だという。

最近、じゃ『北斗の拳』のケンシロウやモヒカンに虐められる人たちは皆、幸せなんだろうかという疑問を持ちました。
2011年06月20日 08:02
ふじき78さん、コメントありがとうございます。
猿の惑星で、猿に狩られる人間とか?
2012年12月29日 20:11
お邪魔します。
お書きになられた「ストーリー」が丁寧で深く、納得しながら拝見しました。
ボクも今作のレビューを書いておりますので、何卒、トラックバックをさせてくださいませ。
2012年12月30日 05:26
マーク・レスターさん、こんにちは。
TBありがとうございます。マーク・レスターさんの記事もとても解説が詳しいですね。もう1年以上前の作品でどんなことを想いながら観ていたのか忘れかけていましたが、なるほど!と想いながら呼ばせていただきました。
ありがとうございました。

この記事へのトラックバック

  • 八日の目の蝉(2011-027)

    Excerpt: 角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。 生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、 誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマ。 不倫相手の子供を生まれて.. Weblog: 単館系 racked: 2011-06-04 23:30
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-06-05 01:00
  • 映画『八日目の蝉』 | 永作博美と小池栄子が素晴らしいです。

    Excerpt: 2分でわかる『八日目の蝉』あらすじ紹介いってみます。 (ネタバレ注意!) 希和子(永作博美)は不倫相手である秋山丈博 (田中哲司)の子どもを身ごもります。 「いつか ... Weblog: 23:30の雑記帳 racked: 2011-06-17 05:17
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 公式サイト。角田光代原作、成島出監督、井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン。生まれたばかりの ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-06-17 06:09
  • 『八日目の蝉』 踏みとどまるために必要だったのは?

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。  母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」  この映画に、.. Weblog: 映画のブログ racked: 2011-06-17 08:24
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 「八日目の蝉」 監督 成島出 出演 井上真央(秋山恵理菜=薫) 永作博美(野々宮希和子) 小池栄子(安藤千草) 森口瑤子(秋山恵津子) .. Weblog: だめ男のだめブログ racked: 2011-06-17 11:04
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 試写会で見ました。原作を読んでから見たので、あーこの辺削ったかーと本と比べてしま Weblog: うろうろ日記 racked: 2011-06-18 01:11
  • 2011年3月24日 『八日目の蝉』 一ツ橋ホール

    Excerpt: 震災後初の試写会鑑賞です。 今までとは違う何かを感じて・・・ 『八日目の蝉』 【ストーリー】  子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない希和子(永作博美)は、ちょうど同.. Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2011-06-18 08:36
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 公式サイト母性というものの無条件の強さを感じさせる物語だ。原作よりも、娘からの視点が強調されていることから、新しい世代に希望をつなぐメッセージが感じられる。不倫相手の ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2011-06-18 09:20
  • 映画「八日目の蝉」

    Excerpt: 映画「八日目の蝉」を鑑賞。 Weblog: FREE TIME racked: 2011-06-18 10:55
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 不実な男を愛し子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻との間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子(永作博美)と、その誘拐犯に愛情いっぱいに4年間育てられた女、秋山恵理菜(井上真央.. Weblog: voy's room racked: 2011-06-18 15:21
  • 「八日目の蝉」感想

    Excerpt:  角田光代原作のサスペンス小説を、「孤高のメス」の成島出監督、「サマーウォーズ」の奥寺佐渡子脚本で映画化。    とにかく、何をさしおいても女優陣、特に主要人物を演じる3人の演技がハンパなく素.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2011-06-18 15:24
  • 『八日目の蝉』をパルコ調布キネマで観て、役者がみんないいわあふじき☆☆☆☆

    Excerpt: 五つ星評価で【☆☆☆☆役者と脚本】 ●井上真央、意外にいいなあ。銀行の手先CMより何倍もいい。『おひさま』は見とらんから知らん。名前を与えられたり、余計に振られたり、 ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2011-06-18 16:04
  • 映画『八日目の蝉』

    Excerpt: なんとなくあらすじを知っていて、見ないだろうと思ってた。 去年NHKのドラマでやってた時、知らなくて、 ちょうど『Mother』にはまっていた頃に、似たようなテーマのドラマを やっ.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2011-06-18 16:42
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 不倫相手の赤ちゃんと誘拐した母と、16年後に母と同じように妻子ある男と不倫して妊娠した娘の人生をうまく交差させた物語になっている。ごく普通の家庭で育つことができなかっただけで、こんな悲しい経験をするの.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-06-18 20:34
  • 「八日目の蝉」、井上真央と永作博美の宿命

    Excerpt: 直木賞作家、角田光代原作の母性をテーマにしたヒューマンサスペンスドラマ 出演者 野々宮希和子/宮田京子: 永作博美 秋山恵理菜/宮田薫: 井上真央 安藤千草: 小池栄子 秋山丈博: .. Weblog: カサキケイの映画大好き! racked: 2011-06-19 12:08
  • 『八日目の蝉』('11初鑑賞65・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 5月6日(金) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:00の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-06-19 14:59
  • 映画「八日目の蝉」@よみうりホール

    Excerpt:     Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2011-06-19 16:32
  • 「八日目の蝉」誘拐した育ての母の足跡を辿った先にみた4年間の愛情と同じ過ちを繰り返さないでほしい想い

    Excerpt: 映画「八日目の蝉」は角田光代原作の「八日目の蝉」を映画化した作品で、生まれたばかりの頃から4歳まで誘拐犯に育てられた娘が大学生となり、その事件と向き合いながら自身も誘 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-06-19 16:35
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 3月24日(木)@一ツ橋ホール。 ほぼ2週間ぶりの一般試写会。 この間ムダになった試写状たくさん。 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2011-06-19 19:16
  • 八日目の蝉/井上真央、永作博美、小池栄子

    Excerpt: 直木賞作家の角田光代さんの同名小説を映画化したサスペンス・ヒューマンドラマです。NHKでドラマ化されたときにうっかり観逃してしまったんですよね。やっぱり最初から観てないと ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-06-19 22:32
  • 八日目の蝉

    Excerpt:  4月20日(水)ニッショーホールにて試写会「八日目の蝉」を鑑賞。  4月も下旬だというのに、まだ少し肌寒いこの頃、気持ち厚めのパーカーを着込んで虎ノ門へ。  上映開始15分前に会場入りし.. Weblog: 気ままにブログ racked: 2011-06-20 07:36
  • 映画 「八日目の蝉」

    Excerpt: 映画 「八日目の蝉」 Weblog: ようこそMr.G racked: 2011-06-20 12:34
  • 【八日目の蝉】

    Excerpt: 監督:成島出 出演:永作博美、井上真央、小池栄子、田中哲司、森口瑤子 優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 「不倫相手との子供を堕胎したことでもう子供を持つことは出来なくなってし.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2011-06-20 15:26
  • 八日目の蟬

    Excerpt: 2011年5月3日(火) 15:25~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:未確認 『八日目の蟬』公式サイト 檀れい主演のドラマを一話だけ観た。小説は、例.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-06-20 16:30
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 角田光代原作の同名小説を映画化したヒューマン・サスペンス。誘拐された少女と犯人の女との逃亡劇、その後の運命を描く。監督は「孤高のメス」の成島出。出演は「太平洋の奇跡  ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2011-06-20 16:39
  • 八日目の蝉 (2011)

    Excerpt: 日本 監督:成島出 原作:角田光代 出演: 井上真央、永作博美、小池栄子、渡邉このみ、森口瑤子、田中哲司、劇団ひとり、余貴美子、風吹ジュン、市川実和子、他 久しぶりの劇場鑑賞 しかも邦画 そし.. Weblog: 肩ログ racked: 2011-06-20 18:06
  • 「八日目の蝉」(日本 2011年)

    Excerpt: お星さまのうた。 家族写真。 八日目の蝉が見るもの。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2011-06-20 21:37
  • 八日目の蝉

    Excerpt: ★★★★  自分は堕胎したため、子供の産めない体になってしまった希和子。そして捨てられた愛人の本妻には、可愛い女の子が産まれる。 ある雨の日のことである。愛人の家に不法侵入した希和子は、赤ん坊を誘拐し.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2011-06-21 09:41
  • 八日目の蝉

    Excerpt: Listen To Your Heartbeat Weblog: sailor's tale racked: 2011-06-21 21:45
  • 八日目の蝉☆独り言

    Excerpt: うう、、、どうしよう2時間越えのこの作品^^;っと思ったのは正直なところ。腰が引けている間に公開から時間が経ち、上映時間もそろそろ減ってきてしまうのと木曜レディースデイに背中押されての鑑賞です。『おひ.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2011-06-21 22:38
  • 「八日目の蝉」

    Excerpt: 2011年・日本/松竹=日活・配給:松竹監督:成島 出原作:角田 光代脚本:奥寺 佐渡子 直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を、「孤高のメス」の成島出監督により映画化。脚本は「時をかける少女」.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2011-06-22 01:06
  • ■映画『八日目の蝉』

    Excerpt: どうしようもない男とのどうしようもない不倫に傷ついた女性が、不倫相手の男性と奥さんの間に生まれた赤ちゃんを誘拐したことから起こる悲しい物語を描いた映画『八日目の蝉』。 誘拐犯の女性・野々宮希和子.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-06-22 12:55
  • 映画『八日目の蝉』劇場鑑賞。

    Excerpt: ちょうど1年前、ドラマの第1回が放映された後 多くのネッ友さんからお薦めいただいて 1週遅れて見始めて、すっかりはまって Weblog: ほし★とママのめたぼうな日々♪ racked: 2011-06-22 20:15
  • 八日目の蝉 2011.4.4

    Excerpt: タイトル:「八日目の蝉」 Yahoo!映画:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id338475/ 日にち:2011年4月4日(月) 場所:都内試写室.. Weblog: Penguin Cafeのいろいろ感想文 racked: 2011-06-22 20:20
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 《八日目の蝉》 2011年 日本映画 産まれてすぐに父親の愛人に誘拐された恵理菜 Weblog: Diarydiary! racked: 2011-06-22 21:11
  • 八日目の蝉

    Excerpt: ★★★★ エンゼルたちのウォーズ 二人の女性の違いは、人と魂で向き合っているかどうかである。 エンゼルさんが希和子に語った言葉が真理だ。 実母は娘の心を理解しようとせず.. Weblog: スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 racked: 2011-06-24 00:16
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-06-24 01:50
  • 成島出監督 「八日目の蝉」 (2011年5月6日の記事を再記述)

    Excerpt: 一旦、書いたレビューですが、TB送信をしようとしブログ編集画面の再投稿をクリックしたら記事内容が消失してしまいました。 どういうことか?goo事務局へ質問しましたら、丁寧な解答を戴きました↓ >お.. Weblog: 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。 racked: 2011-06-25 11:26
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 2011年 監督:成島出 出演:井上真央    永作博美 無責任な男によって、人生を大きく狂わされた女たち。 もう男に何も期待してない。 女の世界だけで、苦しみや恨み、様々.. Weblog: えいがの感想文 racked: 2011-06-29 14:57
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 優しかったお母さんは、 私を誘拐した人でした。 21年前の誘拐事件。 犯人は、父の愛人。 .. Weblog: 『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba racked: 2011-07-05 00:44
  • 「八日目の蟬」

    Excerpt: 「八日目の蟬」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 2011-039 角田光代さんの同名小説。 蝉は7日間しか生きられない。 8日目を生きればみなくてもいいものを見てしまう。 というような事を言.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2011-07-22 11:04
  • 八日目の蝉

    Excerpt: テレビシリーズは良かったけれど、 キャストを変えて映画化すると聞いても 何度も観たいという話ではなかったので 観る気はありませんでした。 丁度公開している時に、 テレビで数人の映画評論家が .. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2012-01-17 10:25
  • 八日目の蝉 【映画】

    Excerpt: どうにも身動きができない どうやって出てゆけばいいんだろう あんたとなら出ていける気がする 大人になってから 感情のラインにくっきりと溝をみる時がある 愛について不満が出るときは相手に自.. Weblog: as soon as racked: 2012-01-18 03:26
  • 完成! 「八日目の蝉」

    Excerpt:   懸念材料を逆手に取って、鑑賞動機に結び付けた      演出手腕は、確かに見事                            .. Weblog: ポータブルDVDによる 車内鑑賞レビュー racked: 2012-12-29 20:12