映画:プリンセス トヨトミ



 映画ブログのくせして、映画の記事を書くのは久々。久々の記事はこちら、プリンセス トヨトミです。



●ストーリー(ネタバレあり)
 7月4日(月)、東京霞ヶ関から新橋まで歩く3人の姿があった。彼らは会計検査院の調査員、松平元(堤真一)、鳥居忠子(綾瀬はるか)、旭ゲーンズブール(岡田将生)。彼らの仕事は、国家予算が正しく使われているか、国が出資している団体や助成している団体を調査すること。今回の調査は、大阪にある学校や、財団法人OJO(大阪城跡整備機構)など。そのため、3人は新幹線を利用して大阪に向かう。
 松平は国家I種試験を全国トップでパスしたエリートで税金の無駄遣いを許さず調査対象を徹底的に調査して追い詰める。その姿から“鬼の松平”と呼ばれていた。所長となった彼だが、大阪にちょっとした思い入れがあり、今回の調査は自分も出向くことにしたのだ。
 鳥居は一見頼りないが、天性の勘で大きな不正を暴くこともあった。そのため“ミラクル鳥居”と呼ばれていた。
 もう1人は日仏ハーフでイケメン。さらに本省から出向してきたエリートで、超一流エリートの松平に憧れていた。

 3人は大阪府庁の調査を終え、次の大阪市立空堀中学校へ向かう。そこにはセーラー服を着た学生がいじめられていた。鳥居が近づくといじめっ子たちは去っていったが石灰をかけられたその学生はなんと男子だった。彼の名は真田大輔(森永悠希)。彼は性同一性障害で自分は女性だと言うのだ。そんな彼を助けたのは幼なじみの橋場茶子(沢木ルカ)だった。
 鳥居は彼らのことが気がかりではあったが、時間が押していることもあり中学校の監査に向かう。そこで鳥居はトイレで不正が隠されている事を話す声を聞く。そんな鳥居のお手柄で不正を見つけることができた3人だが、ゲーンズブールは、ただのラッキーでそんなのは彼女の成果だとは認められないという。
 予定の時間よりもちょっと早く次の調査対象である財団法人OJOに到着した3人。ところが呼び鈴を鳴らしても誰も出てこない。ようやく出てきたのはOJOの公認会計士の長曽我部(笹野高史)。OJOの資料は完璧そのもの。非の打ち所のない会計報告書であった。
 3人はOJOをあとにし、目の前のお好み焼きやで食事をすることに。ブタ玉、スジ玉、無邪気にお好み焼きを頼む鳥居だが、松平はOJOに携帯電話を忘れたことに気がつき、OJOに引き返す。ところが中には誰にもいなかった。入口は一箇所しかないのに誰の出入りもなかった。不審に思った松平が机の引き出しを開けるが、中身は空。電話の受話器を上げるが音は鳴らない。さっきまで職員が仕事をしていたのに、そこは人のいた気配が全くない。不審に思う松平だった。

 翌日、松平は再びOJOを訪ね、長曽我部に説明を求めるが、言いくるめられてしまう。何か隠している、そう確信した松平は徹底的にOJOを調査することを決意する。しかしいくらつついてもボロは出ない。ボランティアスタッフにも電話するが、帳簿とスタッフの食事代や交通費、すべてが一致する。「これでもしOJOが嘘をついているとしたら、大阪中が口裏を合わせていることになっちゃいますよぉ。」とさすがの鳥居も不満を漏らす。しかしあまりにも完璧すぎる。松平は、大阪中の人間が口裏を合わせているのではないかと思い始める。
 そして松平は1つの扉を見つける。その中を見たいという松平に、今まで丁寧な口調だった長曽我部が大声を上げてそんな権限はないはずや!と怒鳴る。そこに現れたのは向かいのお好み焼き屋の店主、真田幸一(中井貴一)だった。「私が案内しましょう。」
 幸一の案内で扉に入ると、そこには長い長い一本道があった。底を歩く幸一と松平。その先にあったのは国会議事堂そっくりの部屋だった。そして幸一は改めて自分の身分を明かす。「大阪国総理大臣・真田幸一です。」と。「大阪国?」松平は何を話しているのか理解できず呆然とする。
 幸一の話では、それは400年前にさかのぼる。大阪夏の陣で徳川は豊臣勢を破る。その後徳川は豊臣の残党を根絶やしにしようとする。しかし実は国松(加賀瀬翔)は生存しており、代々その国松とその祖先を守るために大阪は一致団結してきた。その大阪の結束が強く大阪は日本国政府に幾度となく独立を求めてきた。
 何度も交渉は決裂したが、明治維新日本国政府はアジアで最初の西洋近代国家を目指したが、その資金不足となり、大阪から多額の融資を受けることになる。その見返りとして太政官政府は大阪国の独立を認めたのだ。しかしそれは日本国民には秘密裏に進めることが条件だったのだ。こうして独立した大阪国は日本国から借金の返済を毎年財団法人OJOへの融資という形で受け取っていたのだ。到底信じられない史実をすぐには受け入れられない松平は困惑する。

 一方、大輔へのいじめはエスカレートする。いじめっ子のリーダー的存在である蜂須賀勝(上村響)は、父親(ト字たかお)が組長をしている暴力団を襲撃すれば許してやると言う。その事を聞きつけた茶子は大輔を助けるため、一人暴力団事務所を襲撃することにする。しかしその事を事前に知った鳥居は彼女を無理矢理タクシーに乗せ、泊まっているホテルに連れて行く。
 そんなこととは知らない大輔も事務所を襲撃する。大輔は父親である幸一から、大阪国の存在を聞き、自分が大阪国総理大臣の息子で、豊臣家の生き残りである茶子を守っていかなければならないことを聞かされていた。今までのようにいじめられてばかりいてはいけないと考えたのだ。ところが大輔は警察に捕まってしまう。

 松平は日本国の税金を大阪国につぎ込むことが、合法で正当な税金の使い方なのか悩む。そんな時、幸一から電話がある。鳥居がプリンセスである茶子を誘拐したというのだ。すぐに茶子を解放しなければ大阪国は立ち上がると言う。何が起きているのかわからない松平は困惑する。
 幸一が合図をすると、いたる所にひょうたんが掲げられた。そして大阪では電車が止まり、商店街はからになり、すべての大阪国民が大阪府庁前に終結した。大阪城は赤くライトアップされた。大阪国が立ち上がる合図なのだ。7月8日金曜日、午後4時――大阪が全停止した。
 大阪府庁前に集まった群衆の前で松平と大阪国総理大臣・真田幸一が討論をおこなう。松平は会計検査院は大阪国を認めないという。
 大阪国の存在は父から子へと伝えられる。父が自分の命が長くないと悟った時に伝えられるのだ。もともと大阪出身である松平は、昔、父親(平田満)から電話がかかってきたとき、仕事が忙しく父親の話を聞こうとしなかった。その直後父親は死んでしまう。あの時、話があると言っていたのは、大阪国の話を伝えたかったのかと、冷たくあしらった当時の行動を後悔する。
 そして、次の瞬間松平は何者かに狙撃されてしまう。
 病院で目をさました松平だったが、父親のことを思い出し、この制度があるからこそ子供は父親の重さを知ることができる。そして松平は、何度調べても帳簿に不正は見つからなかったと幸一に述べ、3人は大阪国をあとにした。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 堤真一の「大阪国…?!」という予告編のフレーズだけでもどんなストーリーなのか気になって気になって...。期待大の作品なのですが、いざふたを開けてみると、みんなからあまり期待しない方がいいとの声が。ええ~!予告編はあんなにおもしろそうなのに!
 確かに前半は、どうなっちゃうんだろう?全面戦争?なんて期待させてくれるのですが、後半はちょっと物足りない。特に上のストーリーでは触れていませんが、ゲーンズブールくんの野望が微妙。松平がゲーンズブールの奇妙な言動に気がつく所は僕も気づいてしまったので、スパイなのか?とドキドキしていたのに、あっ、それだけ?という感じ。前半の盛り上げ方はとてもすごいのに、後半はやりきれない・・・。
 映画では大阪に来てから全停止まで4日ですが、原作では10日くらいあってもっといろんな事を描いているみたいなんですね。原作では女性や子供は大阪国を知らないことになっているけれども、映画では女性も知っていることになっている。でも父親が健全な子供は大人であっても知らないことになっているのに、立ち上がるシーンでは大阪は空になってしまうという矛盾は原作ではうまく表現しているのだろうか。。。
 そしてもう1つの評判は、綾瀬はるかが走るシーンは見物だよと(笑)。確かにこれは~~!必見。そして綾瀬はるかが「スジ玉も!」というとちょっとエッチなことを想像してしまいます(汗)。

 この映画のもう1つの楽しみ方は出てくる広告とかでしょうかね。「あかん、オカン、それはさん」の標語は見てから1ヶ月たってもなぜか頭に残ってます。たこ焼きやお好み焼きを食べたくなっちゃいますが、ゆるキャラの“たこ焼きコスモくん”ってなんやねん?ほんまにあるんかいな?そしてそして、ギガビール1,250円、メガビール1,000円ってどんだけでかいの?飲んでみたいよ~!





観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

ふじき78
2011年07月18日 09:31
やはり、綾瀬はるかが走るシーンだけのスピンオフ映画を・・・
2011年07月18日 10:21
ふじき78さん、こんにちは。
でも、それじゃ映画じゃなく、全力坂じゃ…。
綾瀬はるかじゃないけど、長澤まさみって全力坂に出てたんですね!
愛知女子
2011年07月28日 12:58
よしなさん、こんにちは!トラックバックとアンダルシアの感想賜りましてありがとうございます!

何気なく書いてあるものがおかしくて笑えましたね。
しかし、よく覚えていらっしゃいます…。
団結して集まって来てからどうなるのか…。
確かに最後は尻すぼみ…平和ボケな感じで終わりました…。
しかし、まあまあ楽しかったです。


2011年07月29日 00:51
愛知女子さん、こんばんは。
ですよね~。所々にある小ネタでクスクス笑っちゃいました。府庁の前で群衆がいろんなものを投げてましたよね。この映画を見た後で東京電力の株主総会に行ったのですが、こんな風にものを投げる人出てくるかなぁ?と思ったら、野次は飛ばすけどものを飛ばす人はいませんでした。実際の日本人(大阪国国民も含む)はもっとマナーは守る人ばかりだと、安心しました。

この記事へのトラックバック

  • 「プリンセストヨトミ」感想

    Excerpt:  万城目学原作の長編小説を映画化。実地調査のために大阪を訪れた会計検査院の3人は、歴史の闇に隠された、重大な秘密を目の当たりにする。    アイディアは面白い。「なるほど」と唸る部分も多々ある.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2011-07-17 10:21
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: 「鴨川ホルモー」で知られる人気作家・万城目学の同名小説を映画化。会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語だ。メイ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-07-17 12:28
  • プリンセス トヨトミ(2011-035)

    Excerpt: 万城目学の同名小説を映画化。 会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、 大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語。 予告観ただけで楽しみにして.. Weblog: 単館系 racked: 2011-07-17 23:05
  • 『プリンセストヨトミ』を池袋ヒューマックスシネマズ4で観て、ゆっさゆっさの話題中心ふじき☆☆☆

    Excerpt: 五つ星評価で【☆☆☆ゆっさゆっさはOKだ】 ツイッター上で、 映画はともかく「綾瀬はるかの胸揺れが凄い」と評判になった映画。 評判通りであった。 っつか、胸揺れみじけ ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2011-07-18 09:32
  • 「プリンセス トヨトミ」 父親と息子

    Excerpt: 万城目学さんの作品は「鴨川ホルモー」を映画で観て、さらに原作を読みました。 本作 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-07-18 19:20
  • 映画「プリンセス トヨトミ」

    Excerpt: や~と、見に行けた、映画「プリンセス トヨトミ」です。 Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2011-07-21 14:11
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: (仮)映画オリジナル・サウンドトラック「PRINCESS TOYOTOMI」荒唐無稽で壮大なホラ話系エンタテインメントだが、父と子の絆が謎解きの鍵。中井貴一の存在感が ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2011-07-21 23:45
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: 「プリンセス トヨトミ」 監督 鈴木雅之 原作 万城目学 出演 堤真一(松平元) 綾瀬はるか(鳥居忠子) 岡田将生(旭ゲンズブール) .. Weblog: だめ男のだめブログ racked: 2011-07-22 00:38
  • 映画「プリンセス トヨトミ」

    Excerpt: 映画「プリンセス トヨトミ」を鑑賞。 Weblog: FREE TIME racked: 2011-07-23 09:24
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: 試写会で観ました。大阪城 西の丸庭園で初(映画上映)だそうです。私、屋外って初め Weblog: うろうろ日記 racked: 2011-07-23 09:38
  • プリンセス・トヨトミ

    Excerpt: 面白味が伝わらん・・・。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-07-23 10:12
  • 映画『プリンセス トヨトミ』

    Excerpt: ↑この画像がね、原作の表紙とそっくりで、原作が好きなんだな~と、愛情感じます(^^) ちなみに原作本はこちら↓そして記事も書いてます。 プリンセス・トヨトミ (文春文庫)(2011/04/.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2011-07-23 10:37
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: 2011年5月29日(日) 18:50~ TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『プリンセス トヨトミ』公式サイト 「世にも奇妙な物語」長.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-07-23 11:54
  • 『プリンセス トヨトミ』 その仕事の費用対効果は?

    Excerpt:  世の中には、その実態があまり知られていない職業、あるいは誤解されている職業が少なくない。会計検査院の仕事も、そんな一つかもしれない。  『プリンセス トヨトミ』のように会計検査院の調査官が主... Weblog: 映画のブログ racked: 2011-07-23 12:18
  • 『プリンセス トヨトミ』

    Excerpt: 人情の街・大阪。歴史と着倒れの街・京都や海港と履き倒れの街・神戸とは違い、形がないものや残らないものを大切にする食い倒れの街・大阪。 そんな大阪に桂三度さんが大統領の ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-07-23 16:48
  • 『プリンセス トヨトミ』('11初鑑賞74・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆-- (10段階評価で 6) 5月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:10の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-07-23 17:25
  • 大阪国国民、蜂起せよ~『プリンセス・トヨトミ』

    Excerpt:  会計検査院の調査官、松平(堤真一)、鳥居(綾瀬はるか)、旭ゲンズブール(岡 田将生)の3人は、新幹線で大阪に向かう。OJOという名の財団法人を調査中、松 平はある違和感に囚われる。  .. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-07-23 17:34
  • 「プリンセストヨトミ」、息子へ受け継がれてゆくもの

    Excerpt: 東京から大阪へ三人の会計監査院調査官がやってくる。 その三人とは、 堤真一演じる鬼の調査官と呼ばれている、リーダーの松平、 天性の勘を頼りに何とかやっている綾瀬はるか演じる感の鳥居、 そして日.. Weblog: カサキケイの映画大好き! racked: 2011-07-23 17:52
  • 【プリンセス トヨトミ】を映画鑑賞!

    Excerpt: 父から子へ、代々受け継がれていくものとは!?  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】国家予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査官3人が、東京から大阪にやって.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2011-07-23 19:13
  • 映画『プリンセストヨトミ』劇場鑑賞。

    Excerpt: 公開4週、なかなかタイミングが合わず 先日もネッ友さんと話して、これはDVD鑑賞に回す予定でしたが 更新でもらった今月期 Weblog: ほし★とママのめたぼうな日々♪ racked: 2011-07-23 20:59
  • プリンセス トヨトミ/堤真一、綾瀬はるか、岡田将生

    Excerpt: 人気作家・万城目学さんの同名小説を原作に『HERO』の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリーです。伊坂幸太郎さんの小説と一緒で万城目学さんの作品もまだ一度も読んだことがない ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-07-23 21:56
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: 万城目学の同名小説を、堤真一・綾瀬はるか・岡田将生主演で映画化された作品だ。携帯電話を忘れたことから大阪国の存在が明らかになるけど、もう少し物語の展開にひねりが欲しかった。実際に奇想天外な知事がいるの.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-07-23 22:25
  • 映画『プリンセス トヨトミ』(お薦め度★★)

    Excerpt: 監督、鈴木雅之。脚本、相沢友子。原作、万城目学。2011年日本。ファンタジー映画 Weblog: erabu racked: 2011-07-24 00:33
  • 映画 「プリンセス トヨトミ」

    Excerpt: 映画 「プリンセス トヨトミ」 Weblog: ようこそMr.G racked: 2011-07-24 02:24
  • プリンセス・トヨトミ

    Excerpt: 監督鈴木雅之 出演堤真一(松平元) 綾瀬はるか(鳥居忠子) 岡田将生(旭ゲーンズブール) 沢木ルカ(橋場茶子) 森永悠希(真田大輔) 映画は「大阪夏の陣」から始まる。 .. Weblog: tom's garden racked: 2011-07-24 13:04
  • プリンセス トヨトミ 2011.5.17

    Excerpt: タイトル:「プリンセス トヨトミ」 Yahoo!映画:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id338644/ 日にち:2011年5月17日(火) 場所.. Weblog: Penguin Cafeのいろいろ感想文 racked: 2011-07-24 17:08
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: 大阪国八百長説 公式サイト。万城目学原作、鈴木雅之監督、堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一、笹野高史、江守徹、菊池桃子、平田満、玉 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-07-24 21:39
  • プリンセストヨトミ☆独り言

    Excerpt: 映画が公開になると去年知って、即座に原作読んでしまいました。ちなみに読書後の感想はこちらそこで映画のキャスティング確認したら・・・ミラクル鳥居と旭ゲンズブールの性別が逆転してるじゃないですか^^;えー.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2011-07-24 23:22
  • 『プリンセス トヨトミ』 試写会

    Excerpt: 大阪全停止。 その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。   「鴨川ホルモー」などで知られる人気作家・万城目学の直木賞候補にもなった小説を、『HERO』の鈴木雅之監督が.. Weblog: 大阪LOVER racked: 2011-07-25 12:44
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: 大阪の男とは公式サイト http://www.princess-toyotomi.com万城目学の同名小説の映画化2011年7月8日金曜日、大阪が全停止した。4日前の月曜日、東京から会計検査院の松平元.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2011-07-25 15:37
  • プリンセストヨトミ

    Excerpt: 「鴨川ホルモー」の万城目学による同名小説を、「HERO」の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリー。東京から大阪にやって来た3人の会計検査院調査官が遭遇する大騒動を描く。出演 ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2011-07-25 16:25
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: 【プリンセス トヨトミ】 ★★★☆ 映画(31) エンドロールの最後まで観ることをオススメします[E:happy01]ストーリー 東京から大 Weblog: りらの感想日記♪ racked: 2011-07-25 21:35
  • 映画「プリンセス トヨトミ」感想 【ネタばれあり】

    Excerpt: 「プリンセス トヨトミ」(2011年05月28日公開 監督:鈴木雅之 脚本:相沢友子 原作:万城目学) 俺:30歳 観てきましたー 公開日にもかかわらず・・・空いてました →公.. Weblog: メディノービス racked: 2011-07-25 23:43
  • プリンセス トヨトミ/PRINCESS TOYOTOMI

    Excerpt: 派手さやインパクトのあるようなこともなく、会計検査院が検査先の企業を訪問し検査をしていくという、淡々としたストーリーが進んで行きますが、ある訪問先で奇妙な出来事が起こり、ストーリーが思いもよらない方.. Weblog: 継続は力なり!なのか? racked: 2011-07-26 07:26
  • 2011年5月29日 『プリンセス・トヨトミ』 TOHOシネマズ有楽座

    Excerpt: 今日は、2本鑑賞 先ず、1本目は、『プリンセス・トヨトミ』  雨が降っていたので空いているだろうとたかを括っていましたが混んでいました なんとか、前列3列目で座れました。 スクリーン近すぎて疲れま.. Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2011-07-26 07:36
  • 映画鑑賞【プリンセス トヨトミ】あなたもプリンセスかもよ?

    Excerpt: いや、楽しかった。 個人的には真田息子が気持ち悪かった(笑) 一体誰がプリンセスやねん!? て楽しく観るはずの映画なのですが、予告編でネタバレし過ぎて観る前からバレバレでした…。あとプリン.. Weblog: 愛知女子気侭日記 racked: 2011-07-26 10:33
  • プリンセストヨトミ

    Excerpt: ひたすら綾瀬さんがかわいかった。さらに父子ものもねらったようで、欲張りですなあ~(爆 Weblog: エリのささやき racked: 2011-07-26 19:02
  • 『プリンセス トヨトミ』

    Excerpt: 『プリンセス トヨトミ』公式サイト 監督:鈴木雅之 出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一 2011年/日本/119分 おはなし Yahoo!映画 会計検査.. Weblog: Rabiovsky計画 racked: 2011-07-26 19:06
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: まあ、原作が万城目学だから 荒唐無稽なストーリーは わかるけど、ネットでは 綾瀬はるかの乳揺れ?が (この表現もどうかと思うけど・・) 話題になっていた作品です。 俳優人は豪華です! .. Weblog: ルナのシネマ缶 racked: 2011-07-27 01:06
  • プリンセストヨトミ

    Excerpt: 《プリンセストヨトミ》 2011年 日本映画 会計検査院調査官の鬼の松平、財団法 Weblog: Diarydiary! racked: 2011-07-27 21:19
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: 「鴨川ホルモー」の人気作家・万城目学が大阪を舞台に描いた同名ベスト セラーを豪華キャストで映画化した奇想天外エンタテインメント・ムービー。 大阪を訪れた会計検査院の3人の調査官が、ひょんなことから.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-08-02 01:44
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: プリンセス豊臣?豊臣の遺児という設定はワクワクさせられるものだけど、出来ればタイトルでは隠して欲しかったな。 会計検査院による査察をきっかけに、約400年間守られてきた秘密が明らかになり、大.. Weblog: いやいやえん racked: 2011-11-23 10:39
  • 大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。「プリンセス トヨトミ」

    Excerpt: Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2011-12-20 23:28
  • 映画『プリンセス・トヨトミ』

    Excerpt: 監督 鈴木雅之 堤真一 (松平元)綾瀬はるか (鳥居忠子)岡田将生 (旭ゲーンズブール)沢木ルカ (橋場茶子)森永悠希 (真田大輔) 国家予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査.. Weblog: 虎犇秘宝館 racked: 2012-01-24 06:46
  • プリンセス トヨトミ

    Excerpt: 「鹿男あをによし」の万城目学の直木賞候補となったベストセラー小説に基づくユーモラスなファンタジー 他の地ならともかく「なるほど。大阪なら、ありえるかも…」と思わせる大胆設とストーリー展開が、突き.. Weblog: のほほん便り racked: 2012-04-23 14:06
  • 『プリンセス トヨトミ』'11・日

    Excerpt: あらすじ会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子旭ゲーンズブールの3人は、府庁など団体の実地調査のため東京から大阪にやってきたが・・・。解説地上波放送を前に、WOWOW... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-05-18 22:58